Errors コレクション (ADO)Errors Collection (ADO)

すべてが含まれています、エラー単一のプロバイダーに関連の障害への応答で作成されたオブジェクト。Contains all the Error objects created in response to a single provider-related failure.

コメントRemarks

ADO オブジェクトに関連するすべての操作には、1 つまたは複数のプロバイダー エラーを生成できます。Any operation involving ADO objects can generate one or more provider errors. 各エラーが発生すると、1 つまたは複数エラーでオブジェクトを配置できる、エラーのコレクション、接続オブジェクト。As each error occurs, one or more Error objects can be placed in the Errors collection of the Connection object. ADO の別の操作は、エラーを生成するときに、エラーコレクションをクリアし、一連の新しいエラーでオブジェクトを配置できる、エラーコレクション。When another ADO operation generates an error, the Errors collection is cleared, and the new set of Error objects can be placed in the Errors collection.

エラーオブジェクトは ADO エラーではなく、特定のプロバイダー エラーを表します。Each Error object represents a specific provider error, not an ADO error. ADO エラーは、実行時の例外処理機構に公開されます。ADO errors are exposed to the run-time exception-handling mechanism. Microsoft Visual Basic では、ADO 固有エラーの発生がトリガーなど、 onErrorイベントに表示し、 Errオブジェクト。For example, in Microsoft Visual Basic, the occurrence of an ADO-specific error will trigger an onError event and appear in the Err object.

エラーを生成しない ADO 操作があるない影響、エラーコレクション。ADO operations that don't generate an error have no effect on the Errors collection. 使用して、オフ手動でクリアする方法、エラーコレクション。Use the Clear method to manually clear the Errors collection.

一連のエラー内のオブジェクト、エラーコレクションが 1 つのステートメントへの応答で発生したすべてのエラーについて説明します。The set of Error objects in the Errors collection describes all errors that occurred in response to a single statement. 特定のエラーを列挙する、エラーコレクションにより、エラー処理ルーチンより正確に、原因と、エラーの発生源を判断し、回復する適切な手順を実行します。Enumerating the specific errors in the Errors collection enables your error-handling routines to more precisely determine the cause and origin of an error, and take appropriate steps to recover.

プロパティとメソッドの一部として表示される警告を返すエラー内のオブジェクト、エラーコレクションが、プログラムの実行は停止しないでください。Some properties and methods return warnings that appear as Error objects in the Errors collection but do not halt a program's execution. 呼び出す前に、再同期UpdateBatch、またはCancelBatchメソッド、レコード セットオブジェクト、 を開くメソッドを接続オブジェクト、または設定、フィルタープロパティをレコード セットオブジェクトを呼び出し、 をオフにメソッドをエラーコレクション。Before you call the Resync, UpdateBatch, or CancelBatch methods on a Recordset object, the Open method on a Connection object, or set the Filter property on a Recordset object, call the Clear method on the Errors collection. その方法を読み取ることができます、カウントのプロパティ、エラーコレクションをテストするには、警告が返されます。That way you can read the Count property of the Errors collection to test for returned warnings.

注意

参照してください、エラーオブジェクトについての 1 つの ADO 操作で複数のエラーを生成できる方法について詳しく説明します。See the Error object topic for a more detailed explanation of the way a single ADO operation can generate multiple errors.

このセクションには、次のトピックが含まれています。This section contains the following topic.

関連項目See Also

Error オブジェクト Error Object
付録 A: プロバイダーAppendix A: Providers