自動シード処理を使用して、Always On 可用性グループのセカンダリ レプリカを初期化するUse automatic seeding to initialize a secondary replica for an Always On availability group

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

SQL Server 2012 および 2014 では、SQL Server Always On 可用性グループでセカンダリ レプリカを初期化する唯一の方法はバックアップ、コピー、および復元を使用することです。In SQL Server 2012 and 2014, the only way to initialize a secondary replica in a SQL Server Always On availability group is to use backup, copy, and restore. SQL Server 2016 では、セカンダリ レプリカを初期化するための自動シード処理という新機能が導入されています。SQL Server 2016 introduces a new feature to initialize a secondary replica - automatic seeding. 自動シード処理ではログ ストリーム トランスポートを使用して、VDI を使用するバックアップを、構成済みのエンドポイントを使用する可用性グループの各データベースのセカンダリ レプリカにストリーミングします。Automatic seeding uses the log stream transport to stream the backup using VDI to the secondary replica for each database of the availability group using the configured endpoints. この新機能は、可用性グループの最初の作成時やデータベースの追加時に使用できます。This new feature can be used either during the initial creation of an availability group or when a database is added to one. 自動シード処理は、Always On 可用性グループをサポートする SQL Server のすべてのエディションで、従来の可用性グループと分散型可用性グループの両方で使用できます。Automatic seeding is in all editions of SQL Server that support Always On availability groups, and can be used with both traditional availability groups and distributed availability groups.

SecuritySecurity

セキュリティのアクセス許可は、初期化されるレプリカの種類によって異なります。Security permissions vary depending on the type of replica being initialized:

  • 従来の可用性グループの場合、セカンダリ レプリカは可用性グループに結合されているため、その可用性グループにアクセス許可を与える必要があります。For a traditional availability group, permissions must be granted to the availability group on the secondary replica as it is joined to the availability group. Transact-SQL では、コマンド ALTER AVAILABILITY GROUP [<AGName>] GRANT CREATE ANY DATABASE を使用します。In Transact-SQL, use the command ALTER AVAILABILITY GROUP [<AGName>] GRANT CREATE ANY DATABASE.
  • 作成されるレプリカのデータベースが 2 番目の可用性グループのプライマリ レプリカにある分散型可用性グループの場合、既にそれはプライマリであるため、余分なアクセス許可は必要ありません。For a distributed availability group where the replica's databases that are being created are on the primary replica of the second availability group, no extra permissions are required as it is already a primary.
  • 分散型可用性グループの 2 番目の可用性グループのセカンダリ レプリカの場合は、コマンド ALTER AVAILABILITY GROUP [<2ndAGName>] GRANT CREATE ANY DATABASE を使用する必要があります。For a secondary replica on the second availability group of a distributed availability group, you must use the command ALTER AVAILABILITY GROUP [<2ndAGName>] GRANT CREATE ANY DATABASE. このセカンダリ レプリカは 2 番目の可用性グループのプライマリからシード処理されます。This secondary replica is seeded from the primary of the second availability group.

プライマリ レプリカへのパフォーマンスおよびトランザクション ログの影響Performance and transaction log impact on the primary replica

自動シード処理は、データベースのサイズ、ネットワーク速度、およびプライマリ レプリカとセカンダリ レプリカの間の距離に応じて、セカンダリ レプリカを初期化するのに実用的である場合とそうでない場合があります。Automatic seeding may or may not be practical to initialize a secondary replica, depending on the size of the database, network speed, and distance between the primary and secondary replicas. 以下に例を示します。For example, given:

  • データベース サイズが 5 TB である。The database size is 5 TB
  • ネットワーク速度が 1Gb/秒である。The network speed is 1Gb/sec
  • 2 つのサイト間の距離が 1000 マイルである。The distance between the two sites is 1000 miles

全帯域を使用可能な場合、1Gb/秒のネットワークは 125 MB/秒の持続スループットを提供できます。この例では、自動シード処理時間が 11 時間をわずかに超えます。If the full bandwidth is available, 1Gb/sec network can provide sustained throughput of 125 MB/sec. In this example, automatic seeding would take just over 11 hours. 実際に、距離が長いほどネットワーク信号が弱くなり、リンクはネットワーク上の他のリソースと共有されるため、自動シード処理プロセスの速度は低下します。In practice, the automatic seeding process is slower, as network signals degrade over longer distances and the link is shared with other resources on the network. シード処理中に、プライマリ レプリカでのデータベースのトランザクション ログは増大し続け、データベースの自動シード処理が完了するまで切り捨てることはできません。During seeding, the transaction log on the database at the primary replica continues to grow and cannot be truncated until automatic seeding of that database is complete. そのため、トランザクション ログを切り捨てる場合はトランザクション ログ バックアップを使用します。The transaction log can then be truncated using a transaction log backup.

自動シード処理は、最大 5 つのデータベースを処理できるシングル スレッド プロセスです。Automatic seeding is a single-threaded process that can handle up to five databases. シングル スレッドは、可用性グループに複数のデータベースがある場合は特に、パフォーマンスに影響する可能性があります。The single-threading affects performance, especially if the availability group has more than one database.

自動シード処理では圧縮を使用できますが、既定では使用不可になっています。Compression can be used for automatic seeding, but it is disabled by default. 圧縮を有効にすると、ネットワーク帯域幅が減り、プロセス速度が上がる可能性はありますが、その代りにプロセッサのオーバーヘッドが増えます。Turning on compression reduces network bandwidth and possibly speeds up the process, but the tradeoff is additional processor overhead. 自動シード処理中に圧縮を使用するには、トレース フラグ 9567 を有効にします (「可用性グループの圧縮の調整」を参照)。To use compression during automatic seeding, enable trace flag 9567 - see Tune compression for availability group.

ディスク レイアウト

Disk layout

SQL Server 2016 以前では、自動シード処理でデータベースが作成されるフォルダーが既に存在しており、プライマリ レプリカのパスと同じである必要があります。In SQL Server 2016 and before, the folder where the database is created by automatic seeding must already exist and be the same as the path on the primary replica.

SQL Server 2017 では、可用性グループに参加するすべてのレプリカで同じデータとログ ファイルのパスを使用することをお勧めしますが、必要に応じて別のパスを使用することもできます。In SQL Server 2017, Microsoft recommends using the same data and log file path on all replicas participating in an availability group but you can use different paths if necessary. たとえば、クロス プラットフォーム可用性グループの場合、SQL Server のあるインスタンスは Windows 上に、SQL Server の別インスタンスは Linux 上に展開することができます。For example, in a cross-platform availability group one instance of SQL Server is on Windows and another instance of SQL Server on is on Linux. プラットフォームによって、既定のパスは異なります。The different platforms have different default paths. SQL Server 2017 は、既定のパスが異なる SQL Server のインスタンス上にある可用性グループ レプリカをサポートしています。SQL Server 2017 supports availability group replicas on instances of SQL Server with different default paths.

次の表は、自動シード処理に対応できるサポート対象のデータ ディスク レイアウトの例をまとめたものです。The following table presents examples of supported data disk layouts that can support automatic seeding:

[プライマリ インスタンス]Primary instance
既定のデータ パスDefault data path
セカンダリ インスタンスSecondary instance
既定のデータ パスDefault data path
[プライマリ インスタンス]Primary instance
ソース ファイルの場所Source file location
セカンダリ インスタンスSecondary instance
ターゲット ファイルの場所Target file location
c:\datac:\data\ /var/opt/mssql/data//var/opt/mssql/data/ c:\datac:\data\ /var/opt/mssql/data//var/opt/mssql/data/
c:\datac:\data\ /var/opt/mssql/data//var/opt/mssql/data/ c:\data\group1c:\data\group1\ /var/opt/mssql/data/group1//var/opt/mssql/data/group1/
c:\datac:\data\ d:\datad:\data\ c:\datac:\data\ d:\datad:\data\
c:\datac:\data\ d:\datad:\data\ c:\data\group1c:\data\group1\ d:\data\group1d:\data\group1\

プライマリおよびセカンダリのレプリカ データベースの場所がインスタンスの既定のパスではないシナリオは、この変更の影響を受けません。Scenarios where primary and secondary replica database location are not the instance default paths are not impacted by this change. セカンダリ レプリカ ファイルのパスをプライマリ レプリカ ファイルのパスと合わせるという要件は同じままです。Requirements for secondary replica file paths to match the primary replica file paths remain the same.

[プライマリ インスタンス]Primary instance
既定のデータ パスDefault data path
セカンダリ インスタンスSecondary instance
既定のデータ パスDefault data path
[プライマリ インスタンス]Primary instance
ファイルの場所File location
セカンダリ インスタンスSecondary instance
ファイルの場所File location
c:\datac:\data\ c:\datac:\data\ d:\group1d:\group1\ d:\group1d:\group1\
c:\datac:\data\ c:\datac:\data\ d:\datad:\data\ d:\datad:\data\
c:\datac:\data\ c:\datac:\data\ d:\data\group1d:\data\group1\ d:\data\group1d:\data\group1\

プライマリ レプリカとセカンダリ レプリカで既定のパスと既定以外のパスを混合していると、SQL Server 2017 は以前のリリースと異なる動作になります。If you mix default and non default paths on the primary and secondary replicas, SQL Server 2017 behaves differently than previous releases. 次の表は、SQL Server 2017 の動作の一覧です。The following table shows the SQL Server 2017 behavior.

[プライマリ インスタンス]Primary instance
既定のデータ パスDefault data path
セカンダリ インスタンスSecondary instance
既定のデータ パスDefault data path
[プライマリ インスタンス]Primary instance
ファイルの場所File location
SQL Server 2016SQL Server 2016
セカンダリ インスタンスSecondary instance
ファイルの場所File location
SQL Server 2017SQL Server 2017
セカンダリ インスタンスSecondary instance
ファイルの場所File location
c:\datac:\data\ d:\datad:\data\ c:\datac:\data\ c:\datac:\data\ d:\datad:\data\
c:\datac:\data\ d:\datad:\data\ c:\data\group1c:\data\group1\ c:\data\group1c:\data\group1\ d:\data\group1d:\data\group1\

SQL Server 2016 以前の動作に戻すには、トレース フラグ 9571 を有効にします。To revert to the behavior for SQL Server 2016 and before, enable trace flag 9571. トレース フラグを有効にする方法については、「DBCC TRACEON (Transact-SQL)」を参照してください。For information about how to enable trace flags see DBCC TRACEON (Transact-SQL).

自動シード処理で可用性グループを作成するCreate an availability group with automatic seeding

Transact-SQL または SQL Server Management Studio (SSMS、バージョン 17 以降) で自動シード処理を使用して、可用性グループを作成します。You create an availability group using automatic seeding with either Transact-SQL or SQL Server Management Studio (SSMS, version 17 or later). SSMS で可用性グループ ウィザードを使用するには、これらの手順に従います。手順 9 に進むと、最初の既定のオプションとして自動シード処理が示されます。To use the Availability Group Wizard in SSMS, follow these instructions - when you get to Step 9, notice automatic seeding is the first, and default, option.

最初のデータ同期を選択

次の例では、Transact-SQL の自動シード処理を使用して可用性グループを作成します。The following example creates an availability group with automatic seeding using Transact-SQL. 可用性グループの作成 (Transact-SQL)」も参照してください。See also the topic Create an Availability Group (Transact-SQL). シード処理は、SEEDING_MODE オプションを AUTOMATIC に設定することでセカンダリ レプリカで使用可能になります。Seeding is enabled on a secondary replica by setting the SEEDING_MODE option to AUTOMATIC. 既定の動作は MANUAL です。これは、SQL Server 2016 より前の動作であり、プライマリ レプリカでのデータベースのバックアップ作成、セカンダリ レプリカへのバックアップ ファイルのコピー、および WITH NORECOVERY を指定したバックアップの復元が必要です。The default behavior is MANUAL, which is the pre-SQL Server 2016 behavior - requiring a backup of the database to be made on the primary replica, a copy of the backup file to the secondary replica, and a restore of the backup WITH NORECOVERY.

CREATE AVAILABILITY GROUP [<AGName>]
  FOR DATABASE db1
  REPLICA ON N'Primary_Replica'
WITH (
  ENDPOINT_URL = N'TCP://Primary_Replica.Contoso.com:5022', 
  FAILOVER_MODE = AUTOMATIC, 
  AVAILABILITY_MODE = SYNCHRONOUS_COMMIT, 
),
  N'Secondary_Replica' WITH (
    ENDPOINT_URL = N'TCP://Secondary_Replica.Contoso.com:5022', 
    FAILOVER_MODE = AUTOMATIC, 
    SEEDING_MODE = AUTOMATIC);
 GO

CREATE AVAILABILITY GROUP ステートメントの実行中にプライマリ レプリカで SEEDING_MODE を設定しても、プライマリ レプリカには既にデータベースの主要な読み取り/書き込みコピーが含まれているため、効果はありません。Setting SEEDING_MODE on a primary replica during a CREATE AVAILABILITY GROUP statement has no effect since the primary replica already contains the main read/write copy of the database. SEEDING_MODE が適用されるのは、別のレプリカがプライマリになっており、データベースが追加されている場合のみです。SEEDING_MODE would only apply when another replica was made the primary and a database was added. シード処理モードは後で変更できます (「レプリカのシード処理モードを変更する」を参照)。The seeding mode can be changed later - see Change the seeding mode of a replica.

セカンダリ レプリカになるインスタンスの場合、インスタンスが結合されると、SQL Server ログに次のようなメッセージが追加されます。On an instance that becomes a secondary replica, once the instance is joined the following message is added to the SQL Server Log:

可用性グループ 'AGName' のローカル可用性レプリカには、データベースの作成アクセス許可は与えられていませんが、SEEDING_MODEAUTOMATIC になっています。Local availability replica for availability group 'AGName' has not been granted permission to create databases, but has a SEEDING_MODE of AUTOMATIC. ALTER AVAILABILITY GROUP ... GRANT CREATE ANY DATABASE コマンドを使用して、プライマリ可用性レプリカによってシード処理されるデータベースを作成できるようにします。Use ALTER AVAILABILITY GROUP ... GRANT CREATE ANY DATABASE to allow the creation of databases seeded by the primary availability replica.

セカンダリ レプリカの CREATE DATABASE アクセス許可を可用性グループに付与する

Grant create database permission on secondary replica to availability group

参加後に、SQL Server のセカンダリ レプリカ インスタンスでデータベースを作成するアクセス許可を可用性グループに付与します。After joining, grant the availability group permission to create databases on the secondary replica instance of SQL Server. 自動シード処理が動作するには、データベースを作成するアクセス許可が可用性グループに必要です。In order for automatic seeding to work, the availability group needs permission to create a database.

ヒント

可用性グループがセカンダリ レプリカにデータベースを作成すると、データベース所有者の所有者として "sa" (さらに具体的には sid が 0x01 のアカウント) が設定されます。When the availability group creates a database on a secondary replica, it sets "sa" (more specifically account with sid 0x01) as the owner of the database owner.

セカンダリ レプリカにデータベースが自動的に作成された後にデータベース所有者を変更するには、ALTER AUTHORIZATION を使用します。To change database owner after a secondary replica automatically creates a database use ALTER AUTHORIZATION. ALTER AUTHORIZATION (Transact-SQL)」を参照してください。See ALTER AUTHORIZATION (Transact-SQL).

次の例では、このアクセス許可を AGName という可用性グループに付与します。The following example grants this permission to an availability group called AGName.

ALTER AVAILABILITY GROUP [<AGName>] 
    GRANT CREATE ANY DATABASE
 GO

必要に応じて、セカンダリ レプリカのデータベース所有者を設定します。If necessary set the owner of the database on the secondary replica.

自動シード処理を確認するVerify automatic seeding

成功した場合、次のいずれかの状態のセカンダリ レプリカでデータベースが自動的に作成されます。If successful, the database(s) are automatically created on the secondary replica with a state of either:

  • SYNCHRONIZED: セカンダリ レプリカが同期されるように構成されており、データが同期されている場合。SYNCHRONIZED if the secondary replica is configured to be synchronous and the data is synchronized.
  • SYNCHRONIZING: セカンダリ レプリカが非同期データ移動で構成されているか、同期で構成されているが、プライマリ レプリカとはまだ同期していない場合。SYNCHRONIZING if the secondary replica is configured with asynchronous data movement, or when configured with synchronous but not yet synchronized with the primary replica.

以下に示す動的管理ビューに加え、自動シード処理の開始および完了を SQL Server ログで確認することができます。

In addition to the Dynamic Management Views described below, the start and completion of automatic seeding can be seen in the SQL Server Log:

SQL Server ログ

バックアップおよび復元を自動シード処理と組み合わせるCombine backup and restore with automatic seeding

従来のバックアップ、コピー、および復元を自動シード処理と組み合わせることができます。It is possible to combine the traditional backup, copy, and restore with automatic seeding. その場合は、まず、すべての使用可能なトランザクション ログを含め、セカンダリ レプリカでデータベースを復元します。In this case, first restore the database on a secondary replica including all available transaction logs. 次に、ログ末尾のバックアップの復元の場合と同じように (「ログ末尾のバックアップ (SQL Server)」を参照)、セカンダリ レプリカのデータベースを "キャッチアップ" するための可用性グループを作成する際に自動シード処理を有効にします。Next, enable automatic seeding when creating the availability group to "catch up" the secondary replica's database, as if a tail-log backup were restored (see Tail-Log Backups (SQL Server)).

自動シード処理で可用性グループにデータベースを追加するAdd a database to an availability group with automatic seeding

Transact-SQL または SQL Server Management Studio (SSMS、バージョン 17 以降) で自動シード処理を使用して、可用性グループにデータベースを追加することができます。You can add a database to an availability group using automatic seeding using Transact-SQL or SQL Server Management Studio (SSMS, version 17 or later). セカンダリ レプリカで、可用性グループへの追加時に自動シード処理が使用された場合は、何もする必要はありません。If the secondary replica used automatic seeding when it was added to the availability group, nothing additional needs to be done. セカンダリ レプリカで、バックアップ、コピー、および復元が使用された場合は、まず、シード処理モードを変更し (次のセクションを参照)、データベースを追加する際に GRANT ステートメントを使用します (「可用性グループ - データベースの追加」を参照)。If the secondary replica used backup, copy, and restore, first change the seeding mode (see next section) and then when adding the database use the GRANT statement - see Availability Group - Add a Database.

レプリカのシード処理モードを変更するChange the seeding mode of a replica

可用性グループの作成後にレプリカのシード処理モードを変更できます。したがって、自動シード処理を有効または無効にすることができます。A replica's seeding mode can be altered after the availability group is created, so automatic seeding can be enabled or disabled. 作成後に自動シード処理を有効にすれば、バックアップ、コピー、および復元で作成する場合と同じように、自動シード処理を使用して可用性グループにデータベースを追加できます。Enabling automatic seeding after creation allows a database to be added to the availability group using automatic seeding if it was created with backup, copy, and restore. 次に例を示します。For example:

ALTER AVAILABILITY GROUP [AGName]
  MODIFY REPLICA ON 'Replica_Name'
  WITH (SEEDING_MODE = AUTOMATIC)

自動シード処理を無効にするには、MANUAL の値を使用します。To disable automatic seeding, use a value of MANUAL.

可用性グループの作成後の自動シード処理を防ぐPrevent automatic seeding after an availability group is created

セカンダリ レプリカで自動シード処理を完全に無効にはしないが、セカンダリ レプリカが一時的にデータベースを自動作成できないようにする場合は、可用性グループの CREATE アクセス許可を拒否します。If you do not want to disable automatic seeding completely for a secondary replica, but want to temporarily prevent the secondary replica from being able to automatically create databases, deny the availability group CREATE permission. これは、新しいデータベースは可用性グループに追加されるが、可用性グループがセカンダリ レプリカでデータベースを作成するのを許可すべきではない場合です。This is the case when a new database is added to the availability group, but the availability group should not be allowed to create the database on a secondary replica.

ALTER AVAILABILITY GROUP [AGName] 
    DENY CREATE ANY DATABASE
GO

自動シード処理を監視するMonitor automatic seeding

自動シード処理を監視してトラブルシューティングを行う方法には次の 4 つがあります。There are four ways to monitor and troubleshoot automatic seeding:

動的管理ビューDynamic Management Views

シード処理の監視に使用できる動的管理ビュー (DMV) には、sys.dm_hadr_automatic_seedingsys.dm_hadr_physical_seeding_stats の 2 つがあります。There are two dynamic management views (DMVs) for monitoring seeding: sys.dm_hadr_automatic_seeding and sys.dm_hadr_physical_seeding_stats.

  • sys.dm_hadr_automatic_seeding には自動シード処理の一般的な状態が含まれ、実行ごとに (成功したかどうかに関係なく) 履歴が保持されます。sys.dm_hadr_automatic_seeding contains the general status of automatic seeding, and retains the history for each time it is executed (whether successful or not). current_state 列には COMPLETED または FAILED の値が含まれます。The column current_state has either a value of COMPLETED or FAILED. 値が FAILED の場合は、failure_state_desc の値を使用します。これは、問題の診断に役立ちます。If the value is FAILED, use the value in failure_state_desc to help in diagnosing the problem. SQL Server ログに示されているものと組み合わせて問題を確認する必要がある場合があります。You may need to combine that with what it in the SQL Server Log to see what went wrong. この DMV はプライマリ レプリカとすべてのセカンダリ レプリカで設定されます。This DMV is populated on the primary replica and all secondary replicas.

  • sys.dm_hadr_physical_seeding_stats には、自動シード処理操作の実行時の状態が表示されます。sys.dm_hadr_physical_seeding_stats shows the status of the automatic seeding operation as it is executing. sys.dm_hadr_automatic_seeding と同様に、プライマリ レプリカとセカンダリ レプリカの両方について値を返しますが、その履歴は保存されません。As with sys.dm_hadr_automatic_seeding, this returns values for both the primary and secondary replicas, but this history is not stored. 値は現在の実行のみに関するものであり、保持されません。The values are for the current execution only, and is not retained. 関係する列には start_time_utcend_time_utcestimate_time_complete_utctotal_disk_io_wait_time_mstotal_network_wait_time_ms などがあり、シード処理操作が失敗した場合は failure_message になります。Columns of interest include start_time_utc, end_time_utc, estimate_time_complete_utc, total_disk_io_wait_time_ms, total_network_wait_time_ms, and if the seeding operation fails, failure_message.

バックアップ履歴テーブルBackup history tables

自動シード処理では、バックアップと復元の履歴を格納する msdb テーブルにもエントリが入力されます。Automatic seeding also puts entries into the msdb tables which store the history for backups and restores. 自動シード処理を受信するセカンダリ レプリカでは、backupmediafamily テーブルの physical_device_name 列にその値の GUID が示され、backupset の対応するエントリには server_name および machine_name のプライマリ レプリカの名前が示されます。On the secondary replica which is receiving automatic seeding, the backupmediafamily table's physical_device_name column has a GUID for its value, and the corresponding entry in backupset has the name of the primary replica for server_name and machine_name.

拡張イベントExtended events

自動シード処理には、初期化中の状態変更、エラー、およびパフォーマンス統計情報を追跡するための新しい拡張イベントが追加されています。Automatic seeding adds new extended events for tracking state change, failures, and performance statistics during initialization. たとえば、以下のスクリプトでは、自動シード処理に関連したイベントをキャプチャする拡張イベント セッションを作成します。For example, the following script creates an extended events session that captures events related to automatic seeding.

CREATE EVENT SESSION [AlwaysOn_autoseed] ON SERVER 
    ADD EVENT sqlserver.hadr_automatic_seeding_state_transition,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_automatic_seeding_timeout,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_db_manager_seeding_request_msg,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_physical_seeding_backup_state_change,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_physical_seeding_failure,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_physical_seeding_forwarder_state_change,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_physical_seeding_forwarder_target_state_change,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_physical_seeding_progress,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_physical_seeding_restore_state_change,
    ADD EVENT sqlserver.hadr_physical_seeding_submit_callback
    ADD TARGET package0.event_file(
        SET filename=N'autoseed.xel',
        max_file_size=(5),
        max_rollover_files=(4)
        )
    WITH (
        MAX_MEMORY=4096 KB,
        EVENT_RETENTION_MODE=ALLOW_SINGLE_EVENT_LOSS,
        MAX_DISPATCH_LATENCY=30 SECONDS,
        MAX_EVENT_SIZE=0 KB,
        MEMORY_PARTITION_MODE=NONE,
        TRACK_CAUSALITY=OFF,
        STARTUP_STATE=ON
        )
GO

ALTER EVENT SESSION AlwaysOn_autoseed ON SERVER STATE=START
GO

次の表に、自動シード処理に関連する拡張イベントを示します。The following table lists extended events related to automatic seeding.

NameName [説明]Description
hadr_db_manager_seeding_request_msghadr_db_manager_seeding_request_msg シード処理要求メッセージ。Seeding request message.
hadr_physical_seeding_backup_state_changehadr_physical_seeding_backup_state_change 物理シード処理のバックアップ側の状態変更。Physical seeding backup side state change.
hadr_physical_seeding_restore_state_changehadr_physical_seeding_restore_state_change 物理シード処理の復元側の状態変更。Physical seeding restore side state change.
hadr_physical_seeding_forwarder_state_changehadr_physical_seeding_forwarder_state_change 物理シード処理のフォワーダー側の状態変更。Physical seeding forwarder side state change.
hadr_physical_seeding_forwarder_target_state_changehadr_physical_seeding_forwarder_target_state_change 物理シード処理のフォワーダー ターゲット側の状態変更。Physical seeding forwarder target side state change.
hadr_physical_seeding_submit_callbackhadr_physical_seeding_submit_callback 物理シード処理のコールバック送信イベント。Physical seeding submit callback event.
hadr_physical_seeding_failurehadr_physical_seeding_failure 物理シード処理のエラー イベント。Physical seeding failure event.
hadr_physical_seeding_progresshadr_physical_seeding_progress 物理シード処理の進行状況イベント。Physical seeding progress event.
hadr_physical_seeding_schedule_long_task_failurehadr_physical_seeding_schedule_long_task_failure 物理シード処理のスケジュール長期タスク障害イベント。Physical seeding schedule long task failure event.
hadr_automatic_seeding_starthadr_automatic_seeding_start 自動シード処理操作が提出されるときに発生します。Occurs when an automatic seeding operation is submitted.
hadr_automatic_seeding_state_transitionhadr_automatic_seeding_state_transition 自動シード処理操作が状態を変更するときに発生します。Occurs when an automatic seeding operation changes state.
hadr_automatic_seeding_successhadr_automatic_seeding_success 自動シード処理操作が成功するときに発生します。Occurs when an automatic seeding operation succeeds.
hadr_automatic_seeding_failurehadr_automatic_seeding_failure 自動シード処理操作が失敗するときに発生します。Occurs when an automatic seeding operation fails.
hadr_automatic_seeding_timeouthadr_automatic_seeding_timeout 自動シード処理操作がタイムアウトになるときに発生します。Occurs when an automatic seeding operation times out.

参照See also

ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)

CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)

Always On 可用性グループのトラブルシューティングと監視のガイドAlways On Availability Groups troubleshooting and monitoring guide