PsTools

Mark Russinovich

公開日: 2021 年10月12日

ダウンロードPsTools Suiteダウンロード(4.2 MB)

はじめに

Windows NT および Windows 2000 リソースキットには、Windows NT/2k システムの管理に役立つ多数のコマンドラインツールが付属しています。 時間の経過と共に、リソースキットに含まれていないものも含めて、同様のツールのコレクションを拡張しました。 これらのツールを使用すると、リモートシステムとローカルのシステムの両方を管理できます。 スイートの最初のツールは PsList です。これは、プロセスに関する詳細情報を表示できるツールであり、スイートは継続的に拡大しています。 pslist の "ps" プレフィックスは、コマンドラインツールの標準的な UNIX プロセス一覧に "ps" という名前が付けられているという事実に関連しています。そのため、 PsToolsという名前の一連のツールにそれらを関連付けるために、すべてのツールにこのプレフィックスを採用しました。

Note

ウイルス対策スキャナーの中には、1つまたは複数のツールが "リモート管理" ウイルスに感染していることを報告しているものがあります。 どの PsTools にもウイルスは含まれていませんが、ウイルスによって使用されているので、ウイルスの通知をトリガーするためです。

パッケージとしてダウンロードできる PsTools suite に含まれるツールは次のとおりです。

  • PsExec -プロセスをリモートで実行する
  • Psfile -リモートで開かれたファイルを表示します
  • Psgetsid -コンピューターまたはユーザーの sid を表示します
  • Psinfo -システムに関する情報を一覧表示します。
  • Psping -ネットワークパフォーマンスの測定
  • Pskill -名前またはプロセス ID でプロセスを強制終了する
  • Pslist -プロセスに関する詳細情報を一覧表示します。
  • PsLoggedOn -ローカルにログオンしているユーザーとリソース共有 (完全なソースが含まれているもの) を確認します。
  • Psloglist -イベントログレコードのダンプ
  • Pspasswd -アカウントのパスワードを変更する
  • Psservice -サービスの表示と制御
  • Psshutdown -シャットダウンし、必要に応じてコンピューターを再起動します。
  • PsSuspend -プロセスを中断します
  • Psuptime -前回の再起動以降にシステムが実行されていた時間を表示します (の機能はpsinfoに組み込まれています)。

PsTools download パッケージには、すべてのツールの使用状況に関する情報が記載された HTML ヘルプファイルが含まれています。

ダウンロードPsTools Suiteダウンロード(4.2 MB)

実行日:

  • クライアント: Windows Vista 以降
  • サーバー: Windows server 2008 以降
  • Nano Server: 2016 以降

インストール

どのツールでも特別なインストールは必要ありません。 また、対象とするリモートコンピューターにクライアントソフトウェアをインストールする必要もありません。 名前と必要なコマンドラインオプションを入力して実行します。 使用状況に関する詳細情報を表示するには、「-?」を指定します。 "コマンドラインオプション。 質問や問題がある場合は、 Sysinternals PsTools フォーラムにアクセスしてください。

PsTools: Wes 明美の概要については、TechNet マガジンのコラムの3月のコラムで Sysinternals PsTools の概要を示します。