Azure の Visual Studio で IIS 上の ASP.NET Core をリモート デバッグするRemote Debug ASP.NET Core on IIS in Azure in Visual Studio

このガイドでは、Visual Studio ASP.NET Core アプリを設定して構成し、Azure を使用してアプリを IIS に配置して、Visual Studio からリモート デバッガーをアタッチする方法について説明します。This guide explains how to set up and configure a Visual Studio ASP.NET Core app, deploy it to IIS using Azure, and attach the remote debugger from Visual Studio.

Azure 上でリモート デバッグする際の推奨される方法は、シナリオによって異なります。The recommended way to remote debug on Azure depends on your scenario:

  • Azure App Service 上で ASP.NET Core をデバッグするには、スナップショット デバッガーを使用した Azure アプリのデバッグに関するページを参照してください。To debug ASP.NET Core on Azure App Service, see Debug Azure apps using the Snapshot Debugger. これが推奨される方法です。This is the recommended method.

  • 従来のデバッグ機能を使用して Azure App Service 上で ASP.NET Core をデバッグするには、このトピックの手順を実行してください (Azure App Service 上のリモート デバッグに関するセクションを参照してください)。To debug ASP.NET Core on Azure App Service using more traditional debugging features, follow steps in this topic (see the section Remote debug on Azure App Service).

    このシナリオでは、Visual Studio から Azure にアプリを配置する必要がありますが、次の図に示すように、IIS またはリモート デバッガー (これらのコンポーネントは点線で表されています) を手動でインストールまたは構成する必要はありません。In this scenario, you must deploy your app from Visual Studio to Azure but you do not need to manually install or configure IIS or the remote debugger (these components are represented with dotted lines), as shown in the following illustration.

    リモート デバッガーのコンポーネントRemote debugger components

  • Azure VM 上で IIS をデバッグするには、このトピックの手順を実行してください (Azure VM 上のリモート デバッグに関するセクションを参照してください)。To debug IIS on an Azure VM, follow steps in this topic (see the section Remote Debug on an Azure VM). これにより、IIS のカスタマイズされた構成を使用できますが、設定と配置の手順はより複雑になります。This allows you to use a customized configuration of IIS, but the setup and deployment steps are more complicated.

    Azure VM の場合は、次の図に示すように、アプリを Visual Studio から Azure に配置する必要があります。また、IIS ロールとリモート デバッガーを手動でインストールする必要もあります。For an Azure VM, you must deploy your app from Visual Studio to Azure and you also need to manually install the IIS role and the remote debugger, as shown in the following illustration.

    リモート デバッガーのコンポーネントRemote debugger components

  • Azure Service Fabric 上で ASP.NET Core をデバッグするには、「リモートの Service Fabric アプリケーションをデバッグする」を参照してください。To debug ASP.NET Core on Azure Service Fabric, see Debug a remote Service Fabric application.

警告

このチュートリアルの手順を完了したら、作成した Azure リソースを必ず削除してください。Be sure to delete the Azure resources that you create when you have completed the steps in this tutorial. これで、不要な料金の発生を回避できます。That way you can avoid incurring unnecessary charges.

必須コンポーネントPrerequisites

この記事に記載されている手順を実行するには、Visual Studio 2019 が必要です。Visual Studio 2019 is required to follow the steps shown in this article.

この記事に記載されている手順を実行するには、Visual Studio 2017 が必要です。Visual Studio 2017 is required to follow the steps shown in this article.

ネットワーク要件Network requirements

プロキシ経由で接続された 2 台のコンピューター間のデバッグはサポートされていません。Debugging between two computers connected through a proxy is not supported. 待機時間の長い接続や低帯域幅の接続 (ダイヤルアップ インターネットなど)、または国をまたぐインターネット経由のデバッグは推奨されません。これらは、障害が発生するか、または過度に低速になる可能性があります。Debugging over a high latency or low bandwidth connection, such as dialup Internet, or over the Internet across countries is not recommended and may fail or be unacceptably slow. 詳細な要件の一覧については、「要件」を参照してください。For a complete list of requirements, see Requirements.

Visual Studio コンピューター上で ASP.NET Core アプリケーションを作成するCreate the ASP.NET Core application on the Visual Studio computer

  1. 新しい ASP.NET Core アプリケーションを作成します。Create a new ASP.NET Core application.

    Visual Studio 2019 で Ctrl + Q キーを押して検索ボックスを開き、「asp.net」と入力し、 [テンプレート] を選択してから、 [新しい ASP.NET Core Web アプリケーションの作成] を選択します。In Visual Studio 2019, type Ctrl + Q to open the search box, type asp.net, choose Templates, then choose Create new ASP.NET Core Web Application. 表示されるダイアログ ボックスで、プロジェクトに「MyASPApp」という名前を付け、 [作成] を選択します。In the dialog box that appears, name the project MyASPApp, and then choose Create. 次に、 [Web アプリケーション (Model-View-Controller)] を選択し、 [作成] を選択します。Next, choose Web Application (Model-View-Controller), and then choose Create.

    Visual Studio 2017 で、 [ファイル] > [新規] > [プロジェクト] を選択し、次に [Visual C#] > [Web] > [ASP.NET Core Web アプリケーション] を選択します。In Visual Studio 2017, choose File > New > Project, then select Visual C# > Web > ASP.NET Core Web Application. ASP.NET Core テンプレート セクションで、 [Web アプリケーション (モデル ビュー コントローラー)] を選択します。In the ASP.NET Core templates section, select Web Application (Model-View-Controller). ASP.NET Core 2.1 が選択されていること、 [Docker サポートを有効にする] がオフであること、 [認証][認証なし] に設定されていることを確認します。Make sure that ASP.NET Core 2.1 is selected, that Enable Docker Support is not selected and that Authentication is set to No Authentication. プロジェクトに「MyASPApp」と名前を付けます。Name the project MyASPApp.

  2. About.cshtml.cs ファイルを開き、OnGet メソッドにブレークポイントを設定します (以前のテンプレートでは、代わりに HomeController.cs を開き、About() メソッドにブレークポイントを設定します)。Open the About.cshtml.cs file and set a breakpoint in the OnGet method (in older templates, open HomeController.cs instead and set the breakpoint in the About() method).

Azure App Service 上で ASP.NET Core をリモート デバッグするRemote Debug ASP.NET Core on an Azure App Service

Visual Studio から、IIS の完全にプロビジョニングされたインスタンスにアプリをすばやく発行してデバッグできます。From Visual Studio, you can quickly publish and debug your app to a fully provisioned instance of IIS. ただし、IIS の構成は事前設定されており、カスタマイズすることはできません。However, the configuration of IIS is preset and you cannot customize it. 詳細な手順については、「Visual Studio を使用して Azure に ASP.NET Core アプリを発行する」を参照してくださいFor more detailed instructions, see Deploy an ASP.NET Core web app to Azure using Visual Studio. (IIS をカスタマイズする機能が必要な場合は、Azure VM 上でデバッグしてみてください)。(If you need the ability to customize IIS, try debugging on an Azure VM.)

Cloud Explorer を使用してアプリを配置してリモート デバッグするにはTo deploy the app and remote debug using Cloud Explorer

  1. Visual Studio で、プロジェクト ノードを右クリックし、 [発行] を選択します。In Visual Studio, right-click the project node and choose Publish.

    以前に発行プロファイルを構成してある場合、 [発行] ウィンドウが表示されます。If you have previously configured any publishing profiles, the Publish pane appears. [新しいプロファイル] をクリックします。Click New profile.

  2. [発行] ダイアログボックスから Azure App Service を選択し、 [新規作成] を選択して、画面の指示に従ってプロファイルを作成します。Choose Azure App Service from the Publish dialog box, select Create New, and follow the prompts to create a profile.

    詳細な手順については、「Visual Studio を使用して Azure に ASP.NET Core アプリを発行する」を参照してください。For detailed instructions, see Deploy an ASP.NET Core web app to Azure using Visual Studio.

    Azure App Service に発行する

  3. [発行] ウィンドウで、 [構成の編集] を選択し、[デバッグ構成] に切り替えて、 [発行] を選択します。In the Publish window, choose Edit Configuration and switch to a Debug configuration, and then choose Publish.

    [デバッグ構成] はアプリをデバッグするために必要です。A Debug configuration is required to debug the app.

  4. Cloud Explorer ( [表示] > [Cloud Explorer] ) を開き、App Service インスタンスを右クリックして、 [デバッガーのアタッチ] を選択します。Open Cloud Explorer (View > Cloud Explorer), right-click on the App Service instance and choose Attach Debugger.

    Cloud Explorer を使用できない場合は、代わりにサーバー エクスプローラーを開きます。If Cloud Explorer is not available, open Server Explorer instead. 次に、サーバー エクスプローラーで App Service インスタンスを右クリックし、 [デバッガーのアタッチ] を選択します。Then, right-click on the App Service instance in Server Explorer and choose Attach Debugger.

  5. 実行中の ASP.NET アプリケーションで、 [バージョン情報] ページのリンクをクリックします。In the running ASP.NET application, click the link to the About page.

    Visual Studio で、ブレークポイントにヒットするはずです。The breakpoint should be hit in Visual Studio.

    これで完了です。That's it! このトピックの残りの手順は、Azure VM 上のリモート デバッグに適用されます。The rest of the steps in this topic apply to remote debugging on an Azure VM.

Azure VM 上で ASP.NET Core をリモート デバッグするRemote Debug ASP.NET Core on an Azure VM

Windows Server 用の Azure VM を作成し、IIS とその他の必要なソフトウェア コンポーネントをインストールして構成することができます。You can create an Azure VM for Windows Server and then install and configure IIS and the other required software components. これには Azure App Service への配置よりも時間がかかります。また、このチュートリアルの残りの手順に従う必要があります。This takes more time than deploying to an Azure App Service and requires that you follow the remaining steps in this tutorial.

これらの手順は、次のサーバー構成でテストされています。These procedures have been tested on these server configurations:

  • Windows Server 2012 R2 および IIS 8Windows Server 2012 R2 and IIS 8
  • Windows Server 2016 および IIS 10Windows Server 2016 and IIS 10
  • Windows Server 2019 および IIS 10Windows Server 2019 and IIS 10

アプリは Azure VM 上の IIS で既に実行されていますか?App already running in IIS on the Azure VM?

この記事には、Windows サーバー上で IIS の基本構成を設定し、Visual Studio からアプリを配置する手順が含まれています。This article includes steps on setting up a basic configuration of IIS on Windows server and deploying the app from Visual Studio. これらの手順は、サーバーに必要なコンポーネントがインストールされていること、アプリを正しく実行できること、およびリモート デバッグの準備ができていることを確認するために含まれています。These steps are included to make sure that the server has the required components installed, that the app can run correctly, and that you are ready to remote debug.

  • アプリが IIS で実行されていて、リモート デバッガーをダウンロードしてデバッグを開始するだけの場合は、「Windows Server 上でリモート ツールをダウンロードしてインストールする」を参照してください。If your app is running in IIS and you just want to download the remote debugger and start debugging, go to Download and Install the remote tools on Windows Server.

  • アプリが IIS で正しく設定、配置、および実行されていることを確認してデバッグできるようにするためにヘルプが必要な場合は、このトピックのすべての手順に従ってください。If you want help to make sure that your app is set up, deployed, and running correctly in IIS so that you can debug, follow all the steps in this topic.

    • 開始する前に、IIS のインストールと実行に記載されているすべての手順を実行します。Before you begin, follow all the steps described in Install and run IIS.

    • ネットワーク セキュリティ グループでポート 80 を開くときは、リモート デバッガー用の適切なポート (4024 または 4022) も開きます。When you open port 80 in the Network security group, also open the correct port for the remote debugger (4024 or 4022). こうすることで後で開く必要がなくなります。That way, you won't have to open it later. Web 配置を使用している場合は、ポート 8172 も開きます。If you're using Web Deploy, also open port 8172.

Windows Server 上でブラウザーのセキュリティ設定を更新するUpdate browser security settings on Windows Server

Internet Explorer で [セキュリティ強化の構成] が有効な場合は (既定値は有効です)、一部のドメインを信頼済みサイトとして追加し、一部の Web サーバー コンポーネントをダウンロードできるようにする必要があります。If Enhanced Security Configuration is enabled in Internet Explorer (it is enabled by default), then you may need to add some domains as trusted sites to enable you to download some of the web server components. 信頼済みサイトを追加するには、 [インターネット オプション] > [セキュリティ] > [信頼済みサイト] > [サイト] に移動します。Add the trusted sites by going to Internet Options > Security > Trusted Sites > Sites. 次のドメインを追加します。Add the following domains.

  • microsoft.commicrosoft.com
  • go.microsoft.comgo.microsoft.com
  • download.microsoft.comdownload.microsoft.com
  • iis.netiis.net

ソフトウェアをダウンロードすると、さまざまな Web サイトのスクリプトとリソースを読み込むためのアクセス許可を付与する要求を受け取る場合があります。When you download the software, you may get requests to grant permission to load various web site scripts and resources. これらのリソースの一部は不要ですが、プロセスを簡略化するために、プロンプトが表示されたら [追加] をクリックします。Some of these resources are not required, but to simplify the process, click Add when prompted.

Windows Server に ASP.NET Core をインストールするInstall ASP.NET Core on Windows Server

  1. ホスト システムに .NET Core ホスティング バンドルをインストールします。Install the .NET Core Hosting Bundle on the hosting system. このバンドルをインストールすることで、.NET Core ランタイム、.NET Core ライブラリ、ASP.NET Core モジュールがインストールされます。The bundle installs the .NET Core Runtime, .NET Core Library, and the ASP.NET Core Module. 詳細な手順については、IIS への発行に関するページを参照してください。For more in-depth instructions, see Publishing to IIS.

    .NET Core 3 の場合は、.NET Core ホスティング バンドルをインストールします。For .NET Core 3, install the .NET Core Hosting Bundle. .NET Core 2 の場合は、.NET Core Windows Server ホスティングをインストールします。For .NET Core 2, install the .NET Core Windows Server Hosting.

    注意

    システムにインターネット接続が設定されていない場合は、.NET Core Windows Server ホスティング バンドルをインストールする前に、 Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージ を入手してインストールしてください。If the system doesn't have an Internet connection, obtain and install the Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable before installing the .NET Core Windows Server Hosting bundle.

  2. システムを再起動します (または、コマンド プロンプトから net stop was /y の後に続けて net start w3svc を実行して、システム PATH への変更を適用します)。Restart the system (or execute net stop was /y followed by net start w3svc from a command prompt to pick up a change to the system PATH).

配置オプションを選択するChoose a deployment option

IIS へのアプリの配置についてヘルプが必要な場合は、次のオプションを検討してください。If you need help to deploy the app to IIS, consider these options:

  • IIS で発行設定ファイルを作成し、Visual Studio に設定をインポートして配置します。Deploy by creating a publish settings file in IIS and importing the settings in Visual Studio. シナリオによっては、この方法でアプリを迅速に配置できます。In some scenarios, this is a fast way to deploy your app. 発行設定ファイルを作成すると、IIS でアクセス許可が自動的に設定されます。When you create the publish settings file, permissions are automatically set up in IIS.

  • ローカル フォルダーに発行し、適切な方法で出力を IIS 上の準備されたアプリ フォルダーにコピーすることで配置します。Deploy by publishing to a local folder and copying the output by a preferred method to a prepared app folder on IIS.

(省略可能) 発行設定ファイルを使用してデプロイする(Optional) Deploy using a publish settings file

このオプションを使用すると、発行設定ファイルを作成し、それを Visual Studio にインポートすることができます。You can use this option create a publish settings file and import it into Visual Studio.

注意

この配置方法では Web 配置を使用するため、サーバーに Web 配置がインストールされている必要があります。This deployment method uses Web Deploy, which must be installed on the server. 設定をインポートするのではなく、Web 配置を手動で構成する場合は、ホスティング サーバー用 Web 配置 3.6 ではなく、Web 配置 3.6 をインストールすることができます。If you want to configure Web Deploy manually instead of importing the settings, you can install Web Deploy 3.6 instead of Web Deploy 3.6 for Hosting Servers. ただし、Web 配置を手動で構成する場合は、サーバー上のアプリ フォルダーが正しい値とアクセス許可で構成されていることを確認する必要があります (ASP.NET Web サイトの構成に関するセクションを参照してください)。However, if you configure Web Deploy manually, you will need to make sure that an app folder on the server is configured with the correct values and permissions (see Configure ASP.NET Web site).

ASP.NET Core Web サイトを構成するConfigure the ASP.NET Core web site

  1. IIS マネージャーの左側のウィンドウで、 [接続][アプリケーション プール] を選択します。In IIS Manager, in the left pane under Connections, select Application Pools. DefaultAppPool を開き、 [.NET CLR バージョン][マネージド コードなし] に設定します。Open DefaultAppPool and set the .NET CLR version to No Managed Code. これは ASP.NET Core に必要です。This is required for ASP.NET Core. 既定の Web サイトで DefaultAppPool が使用されます。The Default Web Site uses the DefaultAppPool.

  2. DefaultAppPool を停止して再起動します。Stop and restart the DefaultAppPool.

Windows Server にホスティング サーバー用 Web 配置をインストールして構成するInstall and configure Web Deploy for Hosting Servers on Windows Server

ホスティング サーバーの Web 配置 3.6 では、UI から発行設定ファイルの作成を有効にする追加の構成機能を提供しています。Web Deploy 3.6 for Hosting Servers provides additional configuration features that enable the creation of the publish settings file from the UI.

  1. Windows Server に Web 配置を既にインストールしている場合は、 [コントロール パネル] > [プログラム] > [プログラムのアンインストール] を使用してアンインストールします。If you have Web Deploy already installed on Windows Server, uninstall it using Control Panel > Programs > Uninstall a Program.

  2. 次に、Windows Server にホスティング サーバーの Web 配置 3.6 をインストールします。Next, install Web Deploy 3.6 for Hosting Servers on Windows Server.

    ホスティング サーバーの Web 配置をインストールするには、Web Platform Installer (WebPI) を使用します。To install Web Deploy for Hosting Servers, use the Web Platform Installer (WebPI). (IIS で Web Platform Installer のリンクを見つけるには、サーバー マネージャーの左側のウィンドウで [IIS] を選択します。(To find the Web Platform Installer link from IIS, select IIS in the left pane of Server Manager. サーバー ウィンドウで、サーバーを右クリックして [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] を選択します。In the server pane, right-click the server and select Internet Information Services (IIS) Manager. 次に、 [アクション] ウィンドウの [Get New Web Platform Components] (新しい Web Platform コンポーネントの取得) リンクをクリックします)。Web Platform Installer (WebPI) はダウンロードから入手することもできます。Then use the Get New Web Platform Components link in the Actions window.) You can also obtain the Web Platform Installer (WebPI) from downloads.

    Web Platform Installer の [アプリケーション] タブで、 [Web Deploy 3.6 for Hosting Servers](ホスティング サーバーの Web 配置 3.6) を見つけます。In the Web Platform Installer, you find Web Deploy 3.6 for Hosting Servers in the Applications tab.

  3. [IIS 管理スクリプトおよびツール] をまだインストールしていない場合は、今すぐインストールします。If you did not already install IIS Management Scripts and Tools, install it now.

    [サーバーの役割の選択] > [Web Server (IIS)] > [管理ツール] の順に移動して、 [IIS 管理スクリプトおよびツール] の役割を選択し、 [次へ] をクリックしてその役割をインストールします。Go to Select server roles > Web Server (IIS) > Management Tools, and then select the IIS Management Scripts and Tools role, click Next, and then install the role.

    IIS 管理スクリプトおよびツールのインストール

    発行設定ファイルの作成を有効にするには、このスクリプトとツールが必要です。The scripts and tools are required to enable the generation of the publish settings file.

  4. (省略可能) [コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [管理ツール] > [サービス] を開くことで、Web 配置が正常に実行されていることを確認した後、以下を確認します。(Optional) Verify that Web Deploy is running correctly by opening Control Panel > System and Security > Administrative Tools > Services, and then make sure that:

    • Web Deployment Agent Service が実行されている (古いバージョンではサービス名が異なります)。Web Deployment Agent Service is running (the service name is different in older versions).

    • Web 管理サービスが実行されている。Web Management Service is running.

    いずれかのエージェント サービスが実行されていない場合は、Web Deployment Agent サービスを再起動します。If one of the agent services is not running, restart the Web Deployment Agent Service.

    Web Deployment Agent サービスがまったく表示されない場合は、 [コントロール パネル] > [プログラム] > [プログラムのアンインストール] の順に移動し、 [Microsoft Web Deploy <version>] を見つけます。If the Web Deployment Agent Service is not present at all, go to Control Panel > Programs > Uninstall a program, find Microsoft Web Deploy <version>. インストールの [変更] を選び、Web 配置コンポーネントに [Will be installed to the local hard drive](ローカル ハード ドライブにインストール) を選択していることを確認します。Choose to Change the installation and make sure that you choose Will be installed to the local hard drive for the Web Deploy components. インストールの変更手順を完了します。Complete the change installation steps.

Windows Server 上の IIS に発行設定ファイルを作成するCreate the publish settings file in IIS on Windows Server

  1. IIS 管理コンソールを閉じて、もう一度開き、UI の更新された構成オプションを表示します。Close and reopen the IIS Management Console to show updated configuration options in the UI.

  2. IIS で [既定の Web サイト] を右クリックして、 [展開] > [Web 配置による発行の有効化] の順に選びます。In IIS, right-click the Default Web Site, choose Deploy > Configure Web Deploy Publishing.

    Web 配置の構成

    [配置] メニューが表示されない場合は、前のセクションを参照して Web 配置が実行されていることを確認します。If you don't see the Deploy menu, see the preceding section to verify that Web Deploy is running.

  3. [Web 配置による発行の有効化] ダイアログ ボックスで、この設定を確認します。In the Configure Web Deploy Publishing dialog box, examine the settings.

  4. [設定] をクリックします。Click Setup.

    [結果] パネルで、出力に特定のユーザーに付与されているアクセス権が示され、 .publishsettings のファイル拡張子が付いたファイルがダイアログ ボックスで示されている場所に作成されています。In the Results panel, the output shows that access rights are granted to the specified user, and that a file with a .publishsettings file extension has been generated in the location shown in the dialog box.

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <publishData>
      <publishProfile
        publishUrl="https://myhostname:8172/msdeploy.axd"
        msdeploySite="Default Web Site"
        destinationAppUrl="http://myhostname:80/"
        mySQLDBConnectionString=""
        SQLServerDBConnectionString=""
        profileName="Default Settings"
        publishMethod="MSDeploy"
        userName="myhostname\myusername" />
    </publishData>
    

    ご利用の Windows Server と IIS の構成によって、XML ファイルには異なる値が表示されます。Depending on your Windows Server and IIS configuration, you see different values in the XML file. 表示される値に関する詳細のいくつかを次に示します。Here are a few details about the values that you see:

    • publishUrl 属性で参照されている msdeploy.axd ファイルは、Web 配置用に動的に作成された HTTP ハンドラー ファイルです。The msdeploy.axd file referenced in the publishUrl attribute is a dynamically generated HTTP handler file for Web Deploy. (テスト目的で、通常、http://myhostname:8172 も動作します。)(For testing purposes, http://myhostname:8172 generally works as well.)

    • publishUrl ポートは、Web 配置の既定値であるポート 8172 に設定されます。The publishUrl port is set to port 8172, which is the default for Web Deploy.

    • destinationAppUrl ポートは、IIS の既定値であるポート 80 に設定されます。The destinationAppUrl port is set to port 80, which is the default for IIS.

    • (後の手順で) Visual Studio でホスト名を使用してリモート ホストに接続できない場合は、ホスト名の代わりに IP アドレスでテストします。If you are unable to connect to the remote host in Visual Studio using the host name (in later steps), test the IP address in place of the host name.

      注意

      Azure VM で実行されている IIS に発行する場合は、ネットワーク セキュリティ グループの Web 配置ポートと IIS ポートを開く必要があります。If you are publishing to IIS running on an Azure VM, you must open the Web Deploy and IIS ports in the Network Security group. 詳細については、IIS のインストールと実行に関するページを参照してください。For detailed information, see Install and run IIS.

  5. Visual Studio を実行しているコンピューターにこのファイルをコピーします。Copy this file to the computer where you are running Visual Studio.

Visual Studio で発行設定をインポートして配置するImport the publish settings in Visual Studio and deploy

  1. Visual Studio で ASP.NET プロジェクトを開いているコンピューターで、ソリューション エクスプローラーのプロジェクトを右クリックし、 [発行] を選択します。On the computer where you have the ASP.NET project open in Visual Studio, right-click the project in Solution Explorer, and choose Publish.

  2. 以前に発行プロファイルを構成してある場合、 [発行] ウィンドウが表示されます。If you have previously configured any publishing profiles, the Publish pane appears. [新しいプロファイルの作成] をクリックします。Click Create new profile.

  3. [発行先を選択] ダイアログ ボックスで [プロファイルのインポート] を選択します。In the Pick a publish target dialog box, click Import Profile.

    [発行] を選択する

  4. 前のセクションで作成した発行設定ファイルの場所に移動します。Navigate to the location of the publish settings file that you created in the previous section.

  5. [発行設定ファイルのインポート] ダイアログで、前のセクションで作成したプロファイルに移動して選択し、 [開く] をクリックします。In the Import Publish Settings File dialog, navigate to and select the profile that you created in the previous section, and click Open.

    Visual Studio で配置プロセスを開始します。[出力] ウィンドウに進行状況と結果が表示されます。Visual Studio begins the deployment process, and the Output window shows progress and results.

    配置エラーが発生した場合は、 [設定] をクリックして設定を編集します。If you get an any deployment errors, click Settings to edit settings. 設定を変更し、 [検証] をクリックして新しい設定をテストします。Modify settings and click Validate to test new settings. ホスト名が見つからない場合は、 [サーバー] フィールドと [参照先 URL] フィールドにホスト名ではなく IP アドレスを入力してみてください。If the host name is not found, try the IP address instead of the host name in the Server and Destination URL fields.

    発行ツールで設定を編集する

注意

Azure VM を再起動すると、IP アドレスが変更される可能性があります。If you restart an Azure VM, the IP address may change.

アプリが正常に配置されたら、自動的に起動されます。After the app deploys successfully, it should start automatically. Visual Studio からアプリが起動しない場合は、IIS でアプリを起動し、正常に動作することを確認します。If the app does not start from Visual Studio, start the app in IIS to verify that it runs correctly. ASP.NET Core の場合は、DefaultAppPool の [アプリケーション プール] フィールドが [マネージド コードなし] に設定されていることも確認する必要があります。For ASP.NET Core, you also need to make sure that the Application pool field for the DefaultAppPool is set to No Managed Code.

  1. [設定] ダイアログ ボックスで、 [次へ] をクリックしてデバッグを有効にし、 [デバッグ] 構成を選択し、 [ファイル発行オプション][発行先の追加ファイルを削除する] を選択します。In the Settings dialog box, enable debugging by clicking Next, choose a Debug configuration, and then choose Remove additional files at destination under the File Publish options.

    重要

    リリース構成を選択した場合、発行時に web.config ファイルのデバッグを無効にします。If you choose a Release configuration, you disable debugging in the web.config file when you publish.

  2. [保存] をクリックしてアプリを再発行します。Click Save and then republish the app.

(省略可能) ローカル フォルダーに発行して配置する(Optional) Deploy by publishing to a local folder

PowerShell、RoboCopy を使用してアプリを IIS にコピーする場合、またはファイルを手動でコピーする場合は、このオプションを使用してアプリを配置できます。You can use this option to deploy your app if you want to copy the app to IIS using PowerShell, RoboCopy, or you want to manually copy the files.

Windows Server コンピューター上で ASP.NET Core Web サイトを構成するConfigure the ASP.NET Core Web site on the Windows Server computer

発行設定をインポートする場合は、このセクションをスキップできます。If you are importing publish settings, you can skip this section.

  1. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー を開き、 [サイト] に移動します。Open the Internet Information Services (IIS) Manager and go to Sites.

  2. [既定の Web サイト] ノードを右クリックして、 [アプリケーションの追加] を選択します。Right-click the Default Web Site node and select Add Application.

  3. [エイリアス] フィールドを「MyASPApp」に、[アプリケーション プール] フィールドを [マネージ コードなし] に設定します。Set the Alias field to MyASPApp and the Application pool field to No Managed Code. [物理パス]C:\Publish に設定します (後でここに ASP.NET Core プロジェクトを配置します)。Set the Physical path to C:\Publish (where you will later deploy the ASP.NET Core project).

  4. IIS マネージャーでサイトを選択した状態で、 [アクセス許可の編集] を選択し、IUSR、IIS_IUSRS、またはアプリケーション プール用に構成されたユーザーが、読み取りと実行の権限を持つ承認済みユーザーであることを確認します。With the site selected in the IIS Manager, choose Edit Permissions, and make sure that IUSR, IIS_IUSRS, or the user configured for the Application Pool is an authorized user with Read & Execute rights.

    これらのアクセス権を持つユーザーが 1 人も表示されない場合は、読み取りおよび実行アクセス権を持つユーザーとして IUSR を追加する手順を実行します。If you don't see one of these users with access, go through steps to add IUSR as a user with Read & Execute rights.

(省略可能) Visual Studio からローカル フォルダーに発行してアプリを発行および配置する(Optional) Publish and Deploy the app by publishing to a local folder from Visual Studio

Web 配置を使用していない場合は、ファイル システムまたはその他のツールを使用して、アプリを発行して配置する必要があります。If you're not using Web Deploy, you must publish and deploy the app using the file system or other tools. まず、ファイル システムを使用してパッケージを作成し、パッケージを手動で展開するか、PowerShell、RoboCopy、XCopy などの他のツールを使用します。You can start by creating a package using the file system, and then either deploy the package manually or use other tools like PowerShell, RoboCopy, or XCopy. このセクションでは、Web 配置を使用していない場合は、パッケージを手動でコピーすることを前提としています。In this section, we assume you are manually copying the package if you are not using Web Deploy.

  1. ソリューション エクスプローラーで、プロジェクト ノードを右クリックし、 [発行] (Web フォームの場合は [Web アプリの発行] ) を選択します。In the Solution Explorer, right-click the project node and select Publish (for Web Forms, Publish Web App).

    以前に発行プロファイルを構成してある場合、 [発行] ウィンドウが表示されます。If you have previously configured any publishing profiles, the Publish pane appears. [新しいプロファイル] をクリックします。Click New profile.

  2. [発行] ダイアログ ボックスで [フォルダー] を選択し、 [参照] をクリックして、新しいフォルダー C:\Publish を作成します。In the Publish dialog box, select Folder, click Browse, and create a new folder, C:\Publish.

    RemoteDBG_Publish_LocalRemoteDBG_Publish_Local

    Web フォーム アプリの場合は [発行] ダイアログ ボックスで [カスタム] を選択し、プロファイル名を入力して [OK] を選択します。For a Web Forms app, choose Custom in the Publish dialog box, enter a profile name, and choose OK.

  3. ドロップダウン リストの [プロファイルの作成] をクリックします ( [発行] が既定値です)。Click Create profile in the drop-down list (Publish is the default value).

  4. [発行] ダイアログ ボックスで [設定] リンクをクリックし、 [設定] タブを選択します。In the Publish dialog box, click the Settings link, and then select the Settings tab.

  5. 構成を [デバッグ] に設定し、 [発行前に既存のファイルをすべて削除する] を選択してから [保存] をクリックします。Set the configuration to Debug, select Delete all existing files prior to publish, and then click Save.

    注意

    リリース ビルドを使用する場合は、発行時に web.config ファイルでデバッグを無効にします。If you use a Release build, you disable debugging in the web.config file when you publish.

  6. [発行] をクリックします。Click Publish.

    RemoteDBG_Publish_Debug_ConfigRemoteDBG_Publish_Debug_Config

    アプリケーションによって、プロジェクトの [デバッグ] 構成がローカル フォルダーに発行されます。The application publishes a Debug configuration of the project to the local folder. 出力ウィンドウに進行状況が表示されます。Progress shows in the Output window.

  7. Visual Studio コンピューターの ASP.NET プロジェクト ディレクトリを、Windows Server コンピューター上の ASP.NET アプリ用に構成されたローカル ディレクトリ (この例では C:\Publish) にコピーします。Copy the ASP.NET project directory from the Visual Studio computer to the local directory configured for the ASP.NET app (in this example, C:\Publish) on the Windows Server computer. このチュートリアルでは、手動でコピーすることを想定していますが、PowerShell、Xcopy、Robocopy などの他のツールを使用することもできます。In this tutorial, we assume you are copying manually, but you can use other tools like PowerShell, Xcopy, or Robocopy.

    注意事項

    コードの変更やリビルドが必要な場合は、再発行してこの手順を繰り返す必要があります。If you need to make changes to the code or rebuild, you must republish and repeat this step. リモート コンピューターにコピーした実行可能ファイルは、ローカルのソースとシンボルに正確に一致している必要があります。The executable you copied to the remote machine must exactly match your local source and symbols. これを行わないと、プロセスをデバッグしようとしたときに Visual Studio で cannot find or open the PDB file の警告が表示されます。If you do not do this you will receive a cannot find or open the PDB file warning in Visual Studio when you attempt to debug the process.

  8. Windows Server 上のブラウザーでアプリを開いて、アプリを正しく実行できることを確認します。On the Windows Server, verify that you can run the app correctly by opening the app in your browser.

    アプリが正常に動作しない場合は、サーバーにインストールされている ASP.NET のバージョンと Visual Studio マシンのバージョンが一致していないか、IIS または Web サイトの構成に問題がある可能性があります。If the app doesn't run correctly, there may be a mismatch between the version of ASP.NET installed on your server and your Visual Studio machine, or you may have an issue with your IIS or Web site configuration. 前述の手順を再確認してください。Recheck earlier steps.

Windows Server 上でリモート ツールをダウンロードしてインストールするDownload and Install the remote tools on Windows Server

Visual Studio のバージョンと一致するバージョンのリモート ツールをダウンロードします。Download the version of the remote tools that matches your version of Visual Studio.

Visual Studio マシンではなく、デバッグするリモート デバイスまたはサーバーで、次の表のリンクから適切なバージョンのリモート ツールをダウンロードしてインストールします。On the remote device or server that you want to debug on, rather than the Visual Studio machine, download and install the correct version of the remote tools from the links in the following table.

  • お使いのバージョンの Visual Studio 用の最新のリモート ツールをダウンロードします。Download the most recent remote tools for your version of Visual Studio. 最新バージョンのリモート ツールは、以前のバージョンの Visual Studio と互換性がありますが、以前のバージョンのリモート ツールは、以降のバージョンの Visual Studio と互換性がありませんThe latest remote tools version is compatible with earlier Visual Studio versions, but earlier remote tools versions aren't compatible with later Visual Studio versions. (たとえば、Visual Studio 2017 を使用している場合、Visual Studio 2017 用のリモート ツールの最新の更新プログラムをダウンロードします。(For example, if you are using Visual Studio 2017, download the latest update of the remote tools for Visual Studio 2017. このシナリオでは、Visual Studio 2019 用のリモート ツールをダウンロードしないでください)。In this scenario, do not download the remote tools for Visual Studio 2019.)
  • インストール先のマシンと同じアーキテクチャを持つリモート ツールをダウンロードします。Download the remote tools with the same architecture as the machine you're installing them on. たとえば、64 ビットのオペレーティング システムを実行しているリモート コンピューターで 32 ビット アプリをデバッグする場合は、64 ビットのリモート ツールをインストールします。For example, if you want to debug a 32-bit app on a remote computer running a 64-bit operating system, install the 64-bit remote tools.
バージョンVersion LinkLink メモNotes
Visual Studio 2019Visual Studio 2019 リモート ツールRemote tools すべてのバージョンの Visual Studio 2019 と互換性があります。Compatible with all Visual Studio 2019 versions. デバイスのオペレーティング システム (x86、x64、または ARM64) に一致するバージョンをダウンロードします。Download the version matching your device operating system (x86, x64, or ARM64). Windows Server の場合、リモート ツールのダウンロードについては、ファイルのダウンロードのブロック解除に関するページを参照してください。On Windows Server, see Unblock the file download for help downloading the remote tools.
Visual Studio 2017Visual Studio 2017 リモート ツールRemote tools すべてのバージョンの Visual Studio 2017 と互換性があります。Compatible with all Visual Studio 2017 versions. デバイスのオペレーティング システム (x86、x64、または ARM64) に一致するバージョンをダウンロードします。Download the version matching your device operating system (x86, x64, or ARM64). Windows Server の場合、リモート ツールのダウンロードについては、ファイルのダウンロードのブロック解除に関するページを参照してください。On Windows Server, see Unblock the file download for help downloading the remote tools.
Visual Studio 2015Visual Studio 2015 リモート ツールRemote tools Visual Studio 2015 用のリモート ツールは My.VisualStudio.com で入手できます。Remote tools for Visual Studio 2015 are available from My.VisualStudio.com. メッセージが表示されたら、無料の Visual Studio Dev Essentials プログラムに参加するか、または Visual Studio サブスクリプション ID でサインインします。If prompted, join the free Visual Studio Dev Essentials program, or sign in with your Visual Studio subscription ID. Windows Server の場合、リモート ツールのダウンロードについては、ファイルのダウンロードのブロック解除に関するページを参照してください。On Windows Server, see Unblock the file download for help downloading the remote tools.
Visual Studio 2013Visual Studio 2013 リモート ツールRemote tools Visual Studio 2013 ドキュメントのダウンロード ページDownload page in Visual Studio 2013 documentation
Visual Studio 2012Visual Studio 2012 リモート ツールRemote tools Visual Studio 2012 ドキュメントのダウンロード ページDownload page in Visual Studio 2012 documentation
バージョンVersion LinkLink メモNotes
Visual Studio 2017Visual Studio 2017 リモート ツールRemote tools すべてのバージョンの Visual Studio 2017 と互換性があります。Compatible with all Visual Studio 2017 versions. デバイスのオペレーティング システム (x86、x64、または ARM64) に一致するバージョンをダウンロードします。Download the version matching your device operating system (x86, x64, or ARM64). Windows Server の場合、リモート ツールのダウンロードについては、ファイルのダウンロードのブロック解除に関するページを参照してください。On Windows Server, see Unblock the file download for help downloading the remote tools. 最新バージョンのリモート ツールについては、Visual Studio 2019 ドキュメントを開きます。For the most recent version of the remote tools, open the Visual Studio 2019 doc.
Visual Studio 2015Visual Studio 2015 リモート ツールRemote tools Visual Studio 2015 用のリモート ツールは My.VisualStudio.com で入手できます。Remote tools for Visual Studio 2015 are available from My.VisualStudio.com. メッセージが表示されたら、無料の Visual Studio Dev Essentials プログラムに参加するか、または Visual Studio サブスクリプション ID でサインインします。If prompted, join the free Visual Studio Dev Essentials program, or sign in with your Visual Studio subscription ID. Windows Server の場合、リモート ツールのダウンロードについては、ファイルのダウンロードのブロック解除に関するページを参照してください。On Windows Server, see Unblock the file download for help downloading the remote tools.
Visual Studio 2013Visual Studio 2013 リモート ツールRemote tools Visual Studio 2013 ドキュメントのダウンロード ページDownload page in Visual Studio 2013 documentation
Visual Studio 2012Visual Studio 2012 リモート ツールRemote tools Visual Studio 2012 ドキュメントのダウンロード ページDownload page in Visual Studio 2012 documentation

リモート デバッガーを実行するには、リモート ツールをインストールするのではなく、msvsmon.exe をリモート コンピューターにコピーします。You can run the remote debugger by copying msvsmon.exe to the remote computer, rather than installing the remote tools. ただし、リモート デバッガー構成ウィザード (rdbgwiz.exe) は、リモート ツールをインストールした場合にのみ使用できます。However, the Remote Debugger Configuration Wizard (rdbgwiz.exe) is available only when you install the remote tools. リモート デバッガーをサービスとして実行する場合は、構成にウィザードの使用が必要になることがあります。You may need to use the wizard for configuration if you want to run the remote debugger as a service. 詳細については、「(オプション) リモート デバッガーをサービスとして構成する」を参照してください。For more information, see (Optional) Configure the remote debugger as a service.

注意

  • ARM デバイスで Windows 10 アプリをデバッグするには、最新バージョンのリモート ツールで使用できる ARM64 を使用します。To debug Windows 10 apps on ARM devices, use ARM64, which is available with the latest version of the remote tools.
  • Windows RT デバイスで Windows 10 アプリをデバッグするには、ARM を使用します。これは、Visual Studio 2015 リモート ツールのダウンロードでのみ使用できます。To debug Windows 10 apps on Windows RT devices, use ARM, which is available only in the Visual Studio 2015 remote tools download.

Windows Server 上でリモート デバッガーを設定するSet up the remote debugger on Windows Server

  1. リモート コンピューター上の [スタート] メニューで、 [リモート デバッガー] を見つけて起動します。On the remote computer, find and start the Remote Debugger from the Start menu.

    リモート コンピューターに対する管理アクセス許可がない場合は、 [リモート デバッガー] アプリを右クリックし、 [管理者として実行] を選択します。If you don't have administrative permissions on the remote computer, right-click the Remote Debugger app and select Run as administrator. それ以外の場合は、通常どおり開始します。Otherwise, just start it normally.

    管理者として実行されているプロセス、または別のユーザー アカウント (IIS など) で実行されているプロセスにアタッチする場合は、 [リモート デバッガー] アプリを右クリックし、 [管理者として実行] を選択します。If you are planning to attach to a process which is running as an administrator, or is running under a different user account (such as IIS), right-click the Remote Debugger app and select Run as administrator. 詳細については、「管理者としてリモート デバッガーを実行する」を参照してください。For more information, see Run the remote debugger as an administrator.

  2. リモート デバッガーを初めて (またはその構成を完了する前に) 開始すると、 [リモート デバッグの構成] ダイアログ ボックスが表示されます。The first time you start the remote debugger (or before you have configured it), the Remote Debugging Configuration dialog box appears.

    リモート デバッガーの構成Remote Debugger configuration

  3. Windows Web Services API がインストールされていない場合 (これは、Windows Server 2008 R2 でのみ発生します) は、 [インストール] ボタンを選択します。If the Windows Web Services API is not installed, which happens only on Windows Server 2008 R2, select the Install button.

  4. リモート ツールを使用するネットワークの種類を少なくとも 1 つ選択します。Select at least one network type you want to use the remote tools on. コンピューターがドメインを介して接続されている場合は、最初の項目を選択する必要があります。If the computers are connected through a domain, you must choose the first item. コンピューターがワークグループまたはホーム グループを介して接続されている場合は、必要に応じて、2 番目または 3 番目の項目を選択します。If the computers are connected through a workgroup or homegroup, choose the second or third item as appropriate.

  5. [リモート デバッグの構成] を選択してファイアウォールを構成し、リモート デバッガーを起動します。Select Configure remote debugging to configure the firewall and start the remote debugger.

  6. 構成が完了すると、 [リモート デバッガー] ウィンドウが表示されます。When configuration is complete, the Remote Debugger window appears.

    リモート デバッガー ウィンドウRemote Debugger window

    リモート デバッガーは接続を待機しています。The remote debugger is now waiting for a connection. 表示されているサーバー名とポート番号を使用して、Visual Studio でリモート接続構成を設定します。Use the server name and port number shown to set the remote connection configuration in Visual Studio.

リモート デバッガーを停止するには、 [ファイル] > [終了] を選択します。To stop the remote debugger, select File > Exit. リモート デバッガーを再起動するには、 [スタート] メニューを使用するか、またはコマンド ラインから次のコマンドを実行します。You can restart it from the Start menu, or from the command line:

<Remote debugger installation directory>\msvsmon.exe

注意

追加のユーザーのアクセス許可を追加し、認証モード、またはリモート デバッガーのポート番号を変更する必要がある場合は、「リモート デバッガーを構成する」を参照してください。If you need to add permissions for additional users, change the authentication mode, or port number for the remote debugger, see Configure the remote debugger.

Visual Studio コンピューターから ASP.NET アプリケーションにアタッチするAttach to the ASP.NET application from the Visual Studio computer

  1. Visual Studio コンピューター上で、デバッグ対象のソリューション (この記事の手順を実行している場合は、MyASPApp) を開きます。On the Visual Studio computer, open the solution that you are trying to debug (MyASPApp if you are following the steps in this article).

  2. Visual Studio で [デバッグ] > [プロセスにアタッチ] (Ctrl + Alt + P キー) をクリックします。In Visual Studio, click Debug > Attach to Process (Ctrl + Alt + P).

    ヒント

    Visual Studio 2017 以降のバージョンで以前にアタッチしたものと同じプロセスに再アタッチするには、 [デバッグ] > [プロセスに再アタッチする] (Shift + Alt + P キー) を使用します。In Visual Studio 2017 and later versions, you can re-attach to the same process you previously attached to by using Debug > Reattach to Process... (Shift+Alt+P).

  3. [修飾子] フィールドを <remote computer name> に設定し、Enter キーを押します。Set the Qualifier field to <remote computer name> and press Enter.

    Visual Studio で必要なポートがコンピューター名に追加されていることを確認します ( <remote computer name>:port という形式で表示されます)Verify that Visual Studio adds the required port to the computer name, which appears in the format: <remote computer name>:port

    Visual Studio 2019 では、 <remote computer name>:4024 が表示されますOn Visual Studio 2019, you should see <remote computer name>:4024

    Visual Studio 2017 では、 <remote computer name>:4022 が表示されますOn Visual Studio 2017, you should see <remote computer name>:4022

    ポートは必須です。The port is required. ポート番号が表示されない場合は、手動で追加します。If you don't see the port number, add it manually.

  4. [最新の情報に更新] をクリックします。Click Refresh. [選択可能なプロセス] ウィンドウにプロセスがいくつか表示されます。You should see some processes appear in the Available Processes window.

    プロセスが表示されない場合は、リモート コンピューター名ではなく IP アドレスを使用してみてください (ポートは必須です)。If you don't see any processes, try using the IP address instead of the remote computer name (the port is required). コマンド ラインで ipconfig を使用すると、IPv4 アドレスを取得できます。You can use ipconfig in a command line to get the IPv4 address.

    [検索] ボタンを使用する場合は、サーバー上で必要に応じて UDP ポート 3702 を開きます。If you want to use the Find button, you may need to open UDP port 3702 on the server.

  5. [すべてのユーザーからのプロセスを表示する] をオンにします。Check Show processes from all users.

  6. プロセス名の最初の文字を入力すると、アプリをすばやく見つけることができます。Type the first letter of your process name to quickly find your app.

    • IIS でインプロセス ホスティング モデルを使用している場合は、正しい w3wp.exe プロセスを選択します。If you're using the in-process hosting model on IIS, select the correct w3wp.exe process. .NET Core 3 以降では、これが既定値です。Starting in .NET Core 3, this is the default.

    • それ以外の場合は、dotnet.exe プロセスを選択しますOtherwise, select the dotnet.exe process. (これはアウト プロセス ホスティング モデルです)。(This is the out-of-process hosting model.)

    w3wp.exe または dotnet.exe を示す複数のプロセスがある場合は、 [ユーザー名] 列を確認します。If you have multiple processes showing w3wp.exe or dotnet.exe, check the User Name column. 一部のシナリオでは、 [ユーザー名] 列に IIS APPPOOL\DefaultAppPool などのアプリ プール名が表示されます。In some scenarios, the User Name column shows your app pool name, such as IIS APPPOOL\DefaultAppPool. アプリ プールが表示され、一意ではない場合は、デバッグするアプリ インスタンスの新しい名前付きアプリ プールを作成すると、 [ユーザー名] 列で簡単に見つけることができます。If you see the App Pool, but it's not unique, create a new named App Pool for the app instance you want to debug, and then you can find it easily in the User Name column.

    RemoteDBG_AttachToProcessRemoteDBG_AttachToProcess

    RemoteDBG_AttachToProcessRemoteDBG_AttachToProcess

  7. [アタッチ] をクリックします。Click Attach.

  8. リモート コンピューターの Web サイトを開きます。Open the remote computer's website. ブラウザーで、http://<remote computer name> に移動します。In a browser, go to http://<remote computer name>.

    ASP.NET の Web ページが表示されるはずです。You should see the ASP.NET web page.

  9. 実行中の ASP.NET アプリケーションで、 [バージョン情報] ページのリンクをクリックします。In the running ASP.NET application, click the link to the About page.

    Visual Studio で、ブレークポイントにヒットするはずです。The breakpoint should be hit in Visual Studio.

トラブルシューティング: Windows Server で必要なポートを開くTroubleshooting: Open required ports on Windows Server

ほとんどの設定では、ASP.NET とリモート デバッガーのインストールによって必要なポートが開かれます。In most setups, required ports are opened by the installation of ASP.NET and the remote debugger. ただし、配置の問題をトラブルシューティングしていて、アプリがファイアウォールの背後でホストされている場合は、必要に応じて正しいポートが開いていることを確認します。However, if you are troubleshooting deployment issues and the app is hosted behind a firewall, you may need to verify that the correct ports are open.

Azure VM では、ネットワーク セキュリティ グループを使用してポートを開く必要があります。On an Azure VM, you must open ports through the Network security group.

必要なポート:Required ports:

  • 80 - IIS に必要です80 - Required for IIS
  • UDP 3702 - (省略可能) 検出ポートを使用すると、Visual Studio でリモート デバッガーにアタッチするときに [検索] ボタンを使用できます。UDP 3702 - (Optional) Discovery port enables you to the Find button when attaching to the remote debugger in Visual Studio.

また、ASP.NET をインストールしている場合、これらのポートは既に開かれているはずです。In addition, these ports should already be opened by the ASP.NET installation:

  • 8172 - (省略可能) Web 配置で Visual Studio からアプリを配置する場合に必要です8172 - (Optional) Required for Web Deploy to deploy the app from Visual Studio