応答ファイルにデバイス ドライバー パスを追加する

次の手順では、Windows® システム イメージ マネージャー (Windows SIM) を使用して応答ファイルにデバイス ドライバー パスを追加する方法について説明します。

このデバイス ドライバー パスは、Windows セットアップ中に追加の非インボックス デバイス ドライバーを処理する際に使用されます。 非インボックス デバイス ドライバーは、WindowsPE 構成パスの間に Windows イメージにコピーすることができます。 この構成パス内で、イメージのインストール前に、起動に不可欠なドライバーを Windows イメージに追加することができます。

Note

auditSystem 構成パスの間に、さらに多くのドライバーを Windows インストールに追加できます。

ドライバー パスを選ぶときは、.inf ドライバーが 1 つ以上含まれているフォルダーを選びます。 フォルダー パスが応答ファイルに追加され、そのパスを参照して無人インストール中にすべてのドライバーが検索され、ドライバーがインストールされます。

この手順を使用して Windows イメージに追加できるのは、.inf 形式のドライバーのみです。 .exe ファイルや他の種類のファイルとしてパッケージ化されたドライバーは、実行中の Windows オペレーティング システムにインストールする必要があります。

応答ファイルにデバイス ドライバー パスを追加するには:

  1. Windows SIM を開きます。

  2. 応答ファイルを作成するか開きます。 詳細については、「応答ファイルを作成または開く」を参照してください。

  3. [挿入] メニューの [ドライバーへのパス] をクリックします。

  4. ドライバーをインストールする構成パスを選びます。 windowsPE または auditSystem 構成パスを指定できます。

    Note

    ドライバーを auditSystem 構成パスに追加すると、ドライバーは監査モードの間にのみ処理されます。

  5. [フォルダーの参照] ダイアログ ボックスが表示されます。 応答ファイルに追加するドライバー パスを選び、[OK] をクリックします。 ドライバー パスが、選んだ構成パスの下にある応答ファイルに追加されます。 ドライバー パスは、選択した構成パスに応じて、次に示すいずれかのコンポーネントの一覧の項目として組み込まれます。

    • windowsPE 構成パスの場合は Microsoft-Windows-PnpCustomizationsWinPE

    • auditSystem 構成パスの場合は Microsoft-Windows-PnpCustomizationsNonWinPE

      Note

      [配布共有] ペインの [Out-of-Box Drivers](非インボックス ドライバー) フォルダーから、[応答ファイル] ペインの windowsPE または auditSystem 構成パスに、ドライバーをドラッグすることもできます。 または、右クリックして追加します。

Windows システム イメージ マネージャーの操作方法に関するトピック

応答ファイルを作成または開く

応答ファイルのコンポーネントと設定の構成

応答ファイルの検証

応答ファイル内の機密データを非表示にする

応答ファイルへのパッケージの追加

応答ファイルへのカスタム コマンドの追加

Windows SIM でのコンポーネント、設定、パッケージの検索