WinPE オプションコンポーネント (OC) リファレンスWinPE Optional Components (OC) Reference

機能パッケージ (オプションコンポーネントとも呼ばれます) を Windows PE (WinPE) に追加します。Add feature packages, also known as optional components, to Windows PE (WinPE).

WinPE のオプションコンポーネントを取得する場所Where to get WinPE Optional Components

Windows アセスメント & amp; デプロイメントキット(ADK) を使用して Windows プレインストール環境 をインストールすると、WinPE のオプションコンポーネントが使用できるようになります。WinPE optional components become available when you install the Windows Preinstallation Environment with the Windows Assessment and Deployment Kit (ADK). Windows 10 バージョン1809以降、WinPE は、ADK をインストールした後に ダウンロード してインストールする adk のアドオンです。Starting with Windows 10, version 1809, WinPE is an addon to the ADK that you download and install after you install the ADK.

オプションのコンポーネントは、32および64ビットアーキテクチャで使用できます。Optional components are available in 32- and 64-bit architectures. WinPE イメージに追加する OCs は、同じ ADK ビルドからのものであり、WinPE イメージと同じアーキテクチャを持っている必要があります。The OCs you add to your WinPE image must be from the same ADK build and have the same architecture as your WinPE image. ADK をインストールすると、次の場所に WinPE オプションコンポーネントが表示されます。You can find WinPE optional components in the following locations after you install the ADK:

  • 64 ビット C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE\_OCs\64-bit C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE\_OCs\
  • 32 ビット C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\x86\WinPE\_OCs\32-bit C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\x86\WinPE\_OCs\

オプションのコンポーネントを追加する方法How to add Optional Components

WinPE OCs は、オフラインの Windows イメージに追加できる .cab パッケージです。WinPE OCs are .cab packages that can be added to an offline Windows image.

重要

一部のオプションコンポーネントには、前提条件としてをインストールする必要があります。Some optional components have prerequisites that must be installed in order. 次の表には、前提条件に関する情報が含まれています。The table below includes information about prerequisites.

OCs を WinPE イメージに追加する前に、WinPE イメージ (boot.wim) が必要です。Before adding OCs to a WinPE image, you need a WinPE image (boot.wim). Winpe イメージを含む WinPE 作業ファイルのセットを作成する方法については、「 winpe: 起動可能なメディアの作成 」を参照してください。See WinPE: Create bootable media to learn how to make a set of WinPE working files that include a WinPE image. 作業ファイルに boot.wim があることを確認します sources\boot.wimYou'll find boot.wim at sources\boot.wim in your working files.

使用する WinPE イメージを作成したら、でパッケージを追加でき DISM /add-package ます。Once you have a WinPE image to work with, you can add packages to it with DISM /add-package. DISM を使用して Windows イメージにパッケージを追加する方法の詳細については、「 dism を使用してオフラインでパッケージを追加または削除する」を参照してください。To learn more about using DISM to add packages to a Windows image, see Add or remove packages offline using DISM.

多くの WinPE オプションコンポーネントは、言語に依存しないパッケージと言語固有のパッケージのセットに分割されています。Many WinPE optional components come split into two parts, a language-neutral package, and a set of language-specific packages. 言語固有のパッケージを含む OC をインストールする場合は、最初に言語に依存しない OC を追加してから、関連する言語固有のパッケージを少なくとも1つ追加する必要があります。When installing an OC that has language-specific packages, you need to first add the language-neutral OC, and then add at least one of its associated language-specific packages. 言語固有のリソースと言語に依存しないリソースは、同じバージョンである必要があります。The language-specific and language-neutral resources must be of the same version. OCs は、次のフォルダーにあります。You can find OCs in the following folders:

  • 言語に依存しない - ...\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\Language-neutral - ...\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\
  • 言語固有 - ...\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\xx-xx\Language-specific - ...\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\xx-xx\

WinPE のオプションコンポーネントWinPE Optional Components

区分/オプションのコンポーネント名Area/Optional component name [説明]Description
データベース/WinPE-MDACDatabase/WinPE-MDAC WinPE-MDAC は、Microsoft Open Database Connectivity (ODBC)、OLE DB、Microsoft ActiveX データオブジェクト (ADO) をサポートしています。WinPE-MDAC supports Microsoft Open Database Connectivity (ODBC), OLE DB, and Microsoft ActiveX Data Objects (ADO). この一連のテクノロジにより、Microsoft SQL Server などのさまざまなデータソースにアクセスできます。This set of technologies provides access to various data sources, such as Microsoft SQL Server. たとえば、このアクセスによって、ADO オブジェクトを含む Microsoft SQL Server のインストールに対するクエリが有効になります。For example, this access enables queries to Microsoft SQL Server installations that contain ADO objects. 一意のシステム情報から動的な応答ファイルを作成できます。You can build a dynamic answer file from unique system information. 同様に、リレーショナル (SQL Server) と非リレーショナルの両方のさまざまなデータソースからの情報を統合するデータドリブンクライアントまたはサーバーアプリケーションを構築できます。Similarly, you can build data-driven client or server applications that integrate information from a variety of data sources, both relational (SQL Server) and non-relational.
ファイル管理/WinPE-FMAPIFile management/WinPE-FMAPI WinPE-FMAPI は、暗号化されていないボリュームから削除されたファイルを検出して復元するために、Windows PE ファイル管理 API (FMAPI) にアクセスできるようにします。WinPE-FMAPI provides access to the Windows PE File Management API (FMAPI) for discovering and restoring deleted files from unencrypted volumes. また、FMAPI では、パスワードまたは回復キーファイルを使用して、Windows BitLocker ドライブ暗号化暗号化されたボリュームから削除されたファイルの検出と回復を行うこともできます。The FMAPI also provides the ability to use a password or recovery key file for the discovery and recovery of deleted files from Windows BitLocker Drive Encryption encrypted volumes.
フォント/WinPE-フォント-レガシFonts/WinPE-Fonts-Legacy WinPE-Fonts-Legacy には、さまざまな言語またはスクリプトを記述するための32フォントファイルが含まれています。WinPE-Fonts-Legacy contains 32 font files for various languages/writing scripts. これらのフォントの一部は、UI フォントとして使用されなくなりました。Some of these fonts are no longer used as UI fonts. たとえば、ベンガル語、デバナガリ文字、グジャラート語、グルムキー文字、カンナダ語、マラヤーラム語、オディア語、タミール語、テルグ語、シンハラなどのスクリプトは、Mangal、Latha、Vrinda、Gautami、Kalinga、artika、Raavi、Sh Ti、および Tunga でカバーされていました。For example, scripts such as Bangla, Devanagari, Gujarati, Gurmukhi, Kannada, Malayalam, Odia, Tamil, Telugu, and Sinhalese were covered by Mangal, Latha, Vrinda, Gautami, Kalinga, artika, Raavi, Shruti, and Tunga, but in Windows 8, they were all unified under Nirmala UI, a single, pan-Indian font. 次の一覧は、このオプションのコンポーネントに含まれるフォントと言語を示しています。The following list shows the fonts and languages included in this optional component:
  • estre Estrangelo Edessa (シリア語)estre.ttf Estrangelo Edessa (Syriac)
  • mvboli の Bold (Thaana)mvboli.ttf MV Boli (Thaana)
  • KhmerUI UI (クメール語 UI)KhmerUI.ttf Khmer UI (Khmer UI)
  • KhmerUIB UI Bold (クメール語 UI)KhmerUIB.ttf Khmer UI Bold (Khmer UI)
  • Laoui UI (ラオス語)Laoui.ttf Lao UI (Lao)
  • Laouib UI Bold (ラオス語)Laouib.ttf Lao UI Bold (Lao)
  • daunています。 (クメール)daunpenh.ttf DaunPenh (Khmer)
  • moolbor MoolBoran (クメール語)moolbor.ttf MoolBoran (Khmer)
  • dokchamp DokChampa (ラオス語)dokchamp.ttf DokChampa (Lao)
  • Himalaya Microsoft Himalaya (チベット語)Himalaya.ttf Microsoft Himalaya (Tibetan)
  • monbaiti モンゴル Baiti (モンゴル文字)monbaiti.ttf Mongolian Baiti (Mongolian)
  • MSYI Baiti Microsoft イ語 (イ音節)MSYI.ttf Microsoft Yi Baiti (Yi Syllables)
  • nyala Nyala (エチオピア)nyala.ttf Nyala (Ethiopic)
  • sylfaen Sylfaen (アルメニア語 & グルジア)sylfaen.ttf Sylfaen (Armenian & Georgian)
  • euphemia Euphemia (統合カナダ先住民音節)euphemia.ttf Euphemia (Unified Canadian Aboriginal Syllabics)
  • プラン tc./Plantagenet チェロキー語 (チェロキー)plantc.ttf Plantagenet Cherokee (Cherokee)
フォント/WinPE-フォントのサポート-JA-JPFonts/WinPE-Font Support-JA-JP WinPE-Font サポート-JA-JP には、TrueType コレクション (.TTC) ファイルとしてパッケージ化された日本語フォントファミリが2つ含まれています。WinPE-Font Support-JA-JP contains two Japanese font families that are packaged as TrueType Collection (TTC) files. MS ゴシックは、windows Vista より前のバージョンの windows での Windows 日本語ユーザーインターフェイスフォントです。MS Gothic is the Windows Japanese user interface font in versions of Windows before Windows Vista. MS ゴシックには、サイズの小さい表示を確保するために、大きな文字セットと埋め込みビットマップが含まれています。MS Gothic contains a large character set and embedded bitmaps to ensure legible rendering at small sizes. Windows Vista で導入されたフォントである meiryo は、Microsoft の ClearType®表示環境専用に設計されています。Meiryo, a font that was introduced in Windows Vista, is designed specifically for use in a Microsoft ClearType® rendering environment. Meiryo には、埋め込みビットマップは含まれていません。Meiryo does not include embedded bitmaps. 代わりに、Meiryo は、小さなサイズで判読しやすい文字を生成するためのヒント指示に依存しています。Instead, Meiryo relies on hinting instructions to produce legible characters at small sizes. さらに、このモジュールには、App932 fon と Vga932 の2つの日本語ビットマップフォントが含まれています。In addition, the module contains two Japanese bitmap fonts, App932.fon and Vga932.fon. モジュールには、ビットマップのみの TrueType フォント (Jpn_font) も含まれています。The module also contains a bitmap-only TrueType font, Jpn_font.ttf. このフォントは、ブート画面で使用されます。This font is used on boot screens.
フォント/WinPE-フォントのサポート-KO-韓国Fonts/WinPE-Font Support-KO-KR WinPE-Font サポート-KO-韓国には、3つの主要な韓国語フォントファミリが含まれています。 Gulim、Batang、および悪意のあるゴシックWinPE-Font Support-KO-KR contains three core Korean font families: Gulim, Batang and Malgun Gothic. Gulim は従来の UI フォントであり、.TTC ファイルとして、Gulim、GulimChe、Dotum、および DotumChe が含まれています。Gulim is the legacy UI font and, as a TTC file, contains Gulim, GulimChe, Dotum and DotumChe. Batang は従来のテキストフォントであり、Batang、BatangChe、GungSuh、および GungSuhChe を含む .TTC ファイルでもあります。Batang is the legacy text font and is also a TTC file, containing Batang, BatangChe, GungSuh and GungSuhChe. Windows Vista で導入されたフォントであるマルウェアは、ClearType レンダリング環境専用に設計されています。Malgun Gothic, a font that was introduced in Windows Vista, is designed specifically for use in a ClearType rendering environment. 悪意のあるガンゴシックには埋め込みビットマップが含まれていません。代わりに、小さなサイズで判読しやすい文字を生成するためのヒントの指示に依存しています。Malgun Gothic does not include embedded bitmaps and instead relies on hinting instructions to produce legible characters at small sizes.
フォント/WinPE-フォントのサポート-ZH-TW-CNFonts/WinPE-Font Support-ZH-CN WinPE-Font ZH-TW-CN には、.TTC ファイルとしてパッケージ化された中国語フォントファミリが2つ含まれています。WinPE-Font Support-ZH-CN contains two Chinese font families that are packaged as TTC files. Windows Vista より前の Windows バージョンでは、簡体字中国語ユーザーインターフェイスフォントが簡単になりました。Simsun is the Simplified Chinese user interface font in Windows versions before Windows Vista. これには埋め込みビットマップが含まれているので、小さなサイズでの表示が確実になります。Simsun contains embedded bitmaps to ensure legible rendering at small sizes. その他の .TTC フォントは MingLiu です。The other TTC font is MingLiu. MingLiu にはビットマップが埋め込まれており、香港の補助文字セット (HKSCS) がサポートされています。MingLiu has embedded bitmaps and provides support for the Hong Kong Supplementary Character Set (HKSCS). YaHei は、Windows Vista で導入されたフォントであり、ClearType レンダリング環境専用に設計されています。YaHei, a font that was introduced in Windows Vista, is designed specifically for use in a ClearType rendering environment. YaHei には、埋め込みビットマップが含まれていません。YaHei does not include embedded bitmaps. YaHei は、小さなサイズで判読しやすい文字を生成するためのヒント指示に依存しています。YaHei relies on hinting instructions to produce legible characters at small sizes. さらに、モジュールには、ビットマップのみの TrueType フォント (Chs_boot) が1つ含まれています。In addition, the module contains one bitmap-only TrueType font, Chs_boot.ttf. このフォントは、ブート画面で使用されます。This font is used on boot screens.
フォント/WinPE-フォントのサポート-ZH-TW-HKFonts/WinPE-Font Support-ZH-HK

andand

WinPE-Font のサポート-ZH-TW-TWWinPE-Font Support-ZH-TW

香港および台湾のオプションのコンポーネントには、.TTC ファイルとしてパッケージ化された2つの中国語フォントファミリが含まれています。The Hong Kong and Taiwan optional components contain two Chinese font families that are packaged as TTC files. Windows Vista より前の Windows バージョンでは、簡体字中国語ユーザーインターフェイスフォントが簡単になりました。Simsun is the Simplified Chinese user interface font in Windows versions before Windows Vista. これには埋め込みビットマップが含まれているので、小さなサイズでの表示が確実になります。Simsun contains embedded bitmaps to ensure legible rendering at small sizes. MingLiu にはビットマップが埋め込まれており、HKSCS がサポートされています。MingLiu has embedded bitmaps and provides support for the HKSCS. JhengHei は、Windows Vista で導入されたフォントであり、ClearType レンダリング環境専用に設計されています。JhengHei, a font that was introduced in Windows Vista, is designed specifically for use in a ClearType rendering environment. JhengHei には、埋め込みビットマップが含まれていません。JhengHei does not include embedded bitmaps. JhengHei は、小さなサイズで判読しやすい文字を生成するためのヒント指示に依存しています。JhengHei relies on hinting instructions to produce legible characters at small sizes. さらに、モジュールには、ビットマップのみの TrueType フォント (Cht_boot) が1つ含まれています。In addition, the module contains one bitmap-only TrueType font, Cht_boot.ttf. このフォントは、ブート画面で使用されます。This font is used on boot screens.
HTML/WinPE-HTAHTML/WinPE-HTA WinPE HTA では、Windows Internet Explorer のスクリプトエンジンと HTML サービスを使用して GUI アプリケーションを作成するための HTML アプリケーション (HTA) がサポートされています。WinPE-HTA provides HTML Application (HTA) support to create GUI applications through the Windows Internet Explorer script engine and HTML services. これらのアプリケーションは信頼されており、作成したメニュー、アイコン、ツールバー、およびタイトル情報のみが表示されます。These applications are trusted and display only the menus, icons, toolbars, and title information that you create.
Input/WinPE-GamingPeripheralsInput/WinPE-GamingPeripherals WinPE-GamingPeripherals によって、WinPE に Xbox ワイヤレスコントローラーのサポートが追加されます。WinPE-GamingPeripherals adds support for Xbox wireless controllers in WinPE.
Microsoft .NET/WinPE-NetFXMicrosoft .NET/WinPE-NetFX WinPE-NetFX には、クライアントアプリケーション向けに設計された .NET Framework 4.5 のサブセットが含まれています。WinPE-NetFX contains a subset of the .NET Framework 4.5 that is designed for client applications.

すべての windows バイナリが Windows PE に存在するわけではないため、すべての windows Api が存在しないか、使用できないことがあります。Not all Windows binaries are present in Windows PE, and therefore not all Windows APIs are present or usable. API セットが制限されているため、次の .NET Framework 機能には Windows PE の機能がありません。Due to the limited API set, the following .NET Framework features have no or reduced functionality in Windows PE:

  • Windows Presentation Foundation (WPF) (サポートされていません)Windows Presentation Foundation (WPF) (not supported)
  • Windows ランタイムWindows Runtime
  • .NET Framework Fusion Api.NET Framework Fusion APIs
  • Windows コントロールライブラリのイベントログWindows Control Library event logging
  • .NET Framework COM 相互運用性.NET Framework COM Interoperability
  • .NET Framework の暗号モデル.NET Framework Cryptography Model

従属Dependencies:

  • Winpe- NetFX をインストールする前に winpe を インストールします。Install WinPE-WMI before you install WinPE-NetFX.
Network/WinPE-Dot3SvcNetwork/WinPE-Dot3Svc ワイヤード (有線) ネットワークに IEEE 802. X 認証プロトコルのサポートを追加します。Adds support for the IEEE 802.X authentication protocol on wired networks. 詳細については、「 WinPE ネットワークドライバー: ドライバーの初期化と追加」を参照してください。For more info, see WinPE Network Drivers: Initializing and adding drivers.
Network/WinPE-PPPoENetwork/WinPE-PPPoE WinPE-PPPoE では、Point-to-Point プロトコル over Ethernet (PPPoE) を使用して、Windows PE からの PPPoE 接続を作成、接続、切断、および削除できます。WinPE-PPPoE enables you to use Point-to-Point Protocol over Ethernet (PPPoE) to create, connect, disconnect, and delete PPPoE connections from Windows PE. PPPoE は、イーサネットフレーム内の Point-to-Point プロトコル (PPP) フレームをカプセル化するためのネットワークプロトコルです。PPPoE is a network protocol for encapsulating Point-to-Point Protocol (PPP) frames inside Ethernet frames. PPPoE を使用すると、Windows ユーザーは自分のコンピューターを web にリモート接続できます。PPPoE enables Windows users to remotely connect their computers to the web. PPPoE を使用すると、ユーザーはイーサネットネットワーク経由でコンピューター間を仮想的にダイヤルして、コンピューター間のポイントツーポイント接続を確立することができます。By using PPPoE, users can virtually dial from one computer to another over an Ethernet network, to establish a point-to-point connection between the computers. コンピューターは、このポイントツーポイント接続を使用してデータパケットを転送できます。The computers can use this point-to-point connection to transport data packets.
Network/WinPE-RNDISNetwork/WinPE-RNDIS RNDIS には、リモートネットワークドライバーインターフェイス仕様 (リモート NDIS) のサポートが含まれています。WinPE-RNDIS contains Remote Network Driver Interface Specification (Remote NDIS) support. RNDIS は、リモート NDIS 仕様を実装するデバイスのネットワークサポートを USB 経由で有効にします。WinPE-RNDIS enables network support for devices that implement the Remote NDIS specification over USB. リモート NDIS では、バスに依存しないメッセージセットと、このメッセージセットがさまざまな i/o バス上でどのように動作するかについての説明を定義します。Remote NDIS defines a bus-independent message set and a description of how this message set operates over various I/O buses. そのため、ハードウェアベンダーは、NDIS ミニポートデバイスドライバーを作成する必要はありません。Therefore, hardware vendors do not have to write an NDIS miniport device driver. このリモート NDIS インターフェイスは標準化されているため、1つのホストドライバーセットで、任意の数のバス接続ネットワークデバイスをサポートできます。Because this Remote NDIS interface is standardized, one set of host drivers can support any number of bus-attached networking devices.
ネットワーク/WinPE-WDS-ツールNetwork/WinPE-WDS-Tools WinPE-WDS ツールには、イメージキャプチャツールを有効にするための Api と、カスタム Windows 展開サービスクライアントに関係するマルチキャストシナリオが含まれています。WinPE-WDS-Tools includes APIs to enable the Image Capture tool and a multicast scenario that involves a custom Windows Deployment Services client. Windows 展開サービスクライアントをカスタム Windows PE イメージで実行する場合は、インストールする必要があります。It must be installed if you intend to run the Windows Deployment Services client on a custom Windows PE image.
ネットワーク/WinPE-WiFi-パッケージNetwork/WinPE-WiFi-Package Windows 回復環境 (Windows RE) では、組み込みの回復機能に使用されます。WinPE-WiFi-Package is used by Windows Recovery Environment (Windows RE) for built-in recovery functions. このパッケージは、ベースの winre .wim ファイルに含まれています。This package is included in the base winre.wim file.

注: Windows PE と Windows RE は、一般的なワイヤレスネットワーク機能をサポートしていません。Note: Windows PE and Windows RE don't support general wireless networking functions.
Windows PowerShell/WinPE-PlatformIDWindows PowerShell/WinPE-PlatformID WinPE-PlatformID には、物理マシンのプラットフォーム識別子を取得するための Windows PowerShell コマンドレットが含まれています。WinPE-PlatformID contains the Windows PowerShell cmdlets to retrieve the Platform Identifier of the physical machine.

依存関係: Winpe- PlatformID をインストールする前に、WINPE- WMIwinpe securestartup をインストールします。Dependencies: Install WinPE-WMI and WinPE-SecureStartup before you install WinPE-PlatformID.

Windows PowerShell コマンドレットを使用してプラットフォーム Id を取得するには、 WinPE PowerShell パッケージをインストールする必要があります。To use the Windows PowerShell cmdlet to retrieve the Platform Identifier, you will need install WinPE-PowerShell package.

Windows PowerShell/WinPE-PowerShellWindows PowerShell/WinPE-PowerShell WinPE-PowerShell には、Windows PowerShell ベースの診断機能が含まれており、Windows Management Instrumentation (WMI) を使用して製造中にハードウェアのクエリを簡単に行うことができます。WinPE-PowerShell contains Windows PowerShell–based diagnostics that simplify using Windows Management Instrumentation (WMI) to query the hardware during manufacturing. Windows PowerShell ベースの展開および管理用の Windows PE ベースのツールを作成できます。You can create Windows PowerShell–based deployment and administrative Windows PE–based tools. 展開に加えて、Windows PowerShell を使用して回復シナリオを行うことができます。In addition to deployment, you can use Windows PowerShell for recovery scenarios. お客様は Windows RE で起動し、Windows PowerShell スクリプトを使用して問題を解決できます。Customers can boot in Windows RE and then use Windows PowerShell scripts to resolve issues. お客様は、Windows PE で実行されるツールセットに限定されません。Customers are not limited to the toolsets that run in Windows PE. 同様に、スクリプト化されたオフラインソリューションを構築して、一部のコンピューターを起動しないシナリオから回復することもできます。Similarly, you can build scripted offline solutions to recover some computers from no-boot scenarios.

WinPE-PowerShell には、次の既知の制限があります。WinPE-PowerShell has the following known limitations:
  • Windows PowerShell リモート処理はサポートされていません。Windows PowerShell remoting is not supported. リモート処理機能を持つコマンドレットを実行すると、エラーが返されます。Any cmdlets that have remoting functionality will return an error.
  • Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) はサポートされていません。The Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) is not supported.
  • Windows PowerShell 2.0 はサポートされていません。Windows PowerShell 2.0 is not supported.

依存関係: winpe PowerShell をインストールする前に、winpe- WMI > winpe-NetFX をインストール > します。 Dependencies: Install WinPE-WMI > WinPE-NetFX > WinPE-Scripting before you install WinPE-PowerShell.

Windows PowerShell/WinPE-DismCmdlets レットWindows PowerShell/WinPE-DismCmdlets WinPE-DismCmdlets には、Windows イメージの管理とサービスに使用されるコマンドレットを含む、DISM PowerShell モジュールが含まれています。WinPE-DismCmdlets contains the DISM PowerShell module, which includes cmdlets used for managing and servicing Windows images.

詳細については、 Windows PowerShell の展開イメージングサービス管理 (DISM) コマンドレットに関する情報を参照してください。For more info, see Deployment Imaging Servicing Management (DISM) Cmdlets in Windows PowerShell.

依存関係: winpe > > > -dismcmdlets レット をインストールする前に 、winpe-WMI NetFX winpe-PowerShell をインストールします。Dependencies: Install WinPE-WMI > WinPE-NetFX > WinPE-Scripting > WinPE-PowerShell before you install WinPE-DismCmdlets.

Windows PowerShell/WinPE-SecureBootCmdletsWindows PowerShell/WinPE-SecureBootCmdlets WinPE-SecureBootCmdlets には、セキュアブート用の UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) 環境変数を管理するための PowerShell コマンドレットが含まれています。WinPE-SecureBootCmdlets contains the PowerShell cmdlets for managing the UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) environment variables for Secure Boot.

依存関係: winpe-SecureBootCmdlets をインストールする前に、winpe- WMI NetFX winpe-PowerShell をインストール > > > します。 Dependencies: Install WinPE-WMI > WinPE-NetFX > WinPE-Scripting > WinPE-PowerShell before you install WinPE-SecureBootCmdlets.
Windows PowerShell/WinPE-StorageWMIWindows PowerShell/WinPE-StorageWMI WinPE-StorageWMI には、ストレージ管理用の PowerShell コマンドレットが含まれています。WinPE-StorageWMI contains PowerShell cmdlets for storage management. これらのコマンドレットは、Windows Storage Management API (SMAPI) を使用して、ディスク、パーティション、ボリュームオブジェクトなどのローカルストレージを管理します。These cmdlets use the Windows Storage Management API (SMAPI) to manage local storage, such as disk, partition, and volume objects. または、これらのコマンドレットは、記憶域管理プロバイダーを使用して、Windows SMAPI と配列記憶域管理を組み合わせて使用します。Or, these cmdlets use the Windows SMAPI together with array storage management by using a storage management provider. WinPE-StorageWMI には、イーサネットネットワークアダプターまたは iSCSI ホストバスアダプター (HBA) を使用して、ホストコンピューターまたはサーバーを外部の iSCSI ベースのストレージアレイ上の仮想ディスクに接続するための、インターネット SCSI (iSCSI) イニシエーターコマンドレットも含まれています。WinPE-StorageWMI also contains Internet SCSI (iSCSI) Initiator cmdlets for connecting a host computer or server to virtual disks on external iSCSI-based storage arrays through an Ethernet network adapter or iSCSI Host Bus Adapter (HBA).

依存関係: winpe- > > > storagewmi をインストールする前に、winpe-wmi NetFX winpe-PowerShell をインストールします。Dependencies: Install WinPE-WMI > WinPE-NetFX > WinPE-Scripting > WinPE-PowerShell before you install WinPE-StorageWMI.
Recovery/WinPE-RejuvRecovery/WinPE-Rejuv WinPE-Rejuv は、Windows 回復環境 (Windows RE) によって使用されます。WinPE-Rejuv is used by Windows Recovery Environment (Windows RE). このパッケージは、ベースの winre .wim ファイルに含まれています。This package is included in the base winre.wim file.
Recovery/WinPE-SRTRecovery/WinPE-SRT SRT は Windows RE によって使用されます。WinPE-SRT is used by Windows RE. このパッケージは、ベースの winre .wim ファイルに含まれています。This package is included in the base winre.wim file.
Recovery/WinPE-WinReCfgRecovery/WinPE-WinReCfg WinPE-WinReCfg には Winrecfg.exe ツールが含まれており、次のシナリオに対応しています。WinPE-WinReCfg contains the Winrecfg.exe tool, and it enables the following scenarios:

  • X86 ベースの Windows PE からブートして、オフラインの x64 ベースのオペレーティングシステムイメージで Windows RE 設定を構成します。Boot from x86-based Windows PE to configure Windows RE settings on an offline x64-based operating system image.
  • X64 ベースの Windows PE からブートして、オフラインの x86 ベースのオペレーティングシステムイメージで Windows RE 設定を構成します。Boot from x64-based Windows PE to configure Windows RE settings on an offline x86-based operating system image.
スクリプト/WinPE-スクリプトScripting/WinPE-Scripting WinPE-Scripting には、バッチファイル処理などのシステム管理タスクの自動化に最適な複数言語のスクリプト環境が含まれています。WinPE-Scripting contains a multiple-language scripting environment that is ideal for automating system administration tasks, such as batch file processing. Windows スクリプトホスト (WSH) 環境で実行されるスクリプトは、WSH オブジェクトや、WMI などの自動化をサポートするその他の COM ベースのテクノロジを呼び出して、多くのシステム管理タスクの中心となる Windows サブシステムを管理できます。Scripts that run in the Windows Script Host (WSH) environment can call WSH objects and other COM-based technologies that support Automation, such as WMI, to manage the Windows subsystems that are central to many system administration tasks.

依存関係: WinPE-NetFX と WinPE HTA を使用している場合に、完全なスクリプト機能を使用できるように WinPE-Scripting をインストールします。Dependencies: Install WinPE-Scripting to make sure that full scripting functionality is available when you are using WinPE-NetFX and WinPE-HTA. インストールの順序は関係ありません。The installation order is irrelevant.
スクリプト/WinPE-WMIScripting/WinPE-WMI WinPE-WMI には、最小限のシステム診断を可能にする Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダーのサブセットが含まれています。WinPE-WMI contains a subset of the Windows Management Instrumentation (WMI) providers that enable minimal system diagnostics. WMI は、Windows ベースのオペレーティングシステムに対する管理データと操作のためのインフラストラクチャです。WMI is the infrastructure for management data and operations on Windows-based operating systems. WMI スクリプトまたはリモート コンピューター上の管理作業を自動化するアプリケーションを記述することができます。You can write WMI scripts or applications to automate administrative tasks on remote computers. さらに、WMI では、オペレーティングシステムと製品の他の部分に管理データを提供します。Additionally, WMI supplies management data to other parts of the operating system and products.
Setup/Winpe-LegacySetupSetup/Winpe-LegacySetup Winpe-LegacySetup には、Windows メディアの \ Sources フォルダーにあるすべてのセットアップファイルが含まれています。Winpe-LegacySetup contains all Setup files from the \Sources folder on the Windows media. このオプションのコンポーネントは、サービスのセットアップ時に、または Windows メディアの \ Sources フォルダーに追加します。Add this optional component when you service Setup or the \Sources folder on the Windows media. このオプションのコンポーネントは、セットアップ機能のオプションコンポーネントと共に追加する必要があります。You must add this optional component together with the optional component for the Setup feature. 新しいブート .wim ファイルをメディアに追加するには、子 (WinPE-Setup-Client または WinPE-Setup-Server) の親 WinPE セットアップと、メディアのオプションコンポーネントを追加します。To add a new Boot.wim file to the media, add the parent WinPE-Setup, either of the children (WinPE-Setup-Client or WinPE-Setup-Server), and Media optional components. Windows Server 2008 R2 のインストールをサポートするには、メディアのセットアップが必要です。Media Setup is required to support Windows Server 2008 R2 installation.
セットアップ/WinPE-セットアップSetup/WinPE-Setup WinPE-Setup は、WinPE-Setup-Client と WinPE-Server の親です。WinPE-Setup is the parent of WinPE-Setup-Client and WinPE-Setup-Server. このファイルには、クライアントとサーバーに共通の \ ソースフォルダーにあるすべてのセットアップファイルが含まれています。It contains all Setup files from the \Sources folder that are common to the client and the server.
セットアップ/WinPE-セットアップ-クライアントSetup/WinPE-Setup-Client WinPE-Setup-Client には、親 WinPE-Setup オプションコンポーネントのクライアントブランドファイルが含まれています。WinPE-Setup-Client contains the client branding files for the parent WinPE-Setup optional component.

依存関係: Winpe の セットアップ-クライアント をインストールする前に winpe を インストールします。Dependencies: Install WinPE-Setup before you install WinPE-Setup-Client.
セットアップ/WinPE-セットアップ-サーバーSetup/WinPE-Setup-Server WinPE-セットアップ-サーバーには、親 WinPE-Setup オプションコンポーネントのサーバーブランドファイルが含まれています。WinPE-Setup-Server includes the server branding files for the parent WinPE-Setup optional component.

依存関係: Winpe の セットアップ-サーバー をインストールする前に winpe を インストールします。Dependencies: Install WinPE-Setup before you install WinPE-Setup-Server.
スタートアップ/WinPE-SecureStartupStartup/WinPE-SecureStartup WinPE-SecureStartup により、BitLocker とトラステッドプラットフォームモジュール (TPM) のプロビジョニングと管理が可能になります。WinPE-SecureStartup enables provisioning and management of BitLocker and the Trusted Platform Module (TPM). BitLocker コマンドラインツール、BitLocker WMI 管理ライブラリ、TPM ドライバー、TPM ベースサービス (TBS)、Win32_TPM クラス、BitLocker ロック解除ウィザード、および BitLocker UI ライブラリが含まれています。It includes BitLocker command-line tools, BitLocker WMI management libraries, a TPM driver, TPM Base Services (TBS), the Win32_TPM class, the BitLocker Unlock Wizard, and BitLocker UI libraries. TPM ドライバーでは、このプレブート環境で BitLocker と TPM の両方のサポートが強化されています。The TPM driver provides better support for both BitLocker and the TPM in this preboot environment.

依存関係: Winpe-securestartup をインストールする前に 、winpe を インストールします。Dependencies: Install WinPE-WMI before you install WinPE-SecureStartup.
Storage/WinPE-EnhancedStorageStorage/WinPE-EnhancedStorage WinPE-EnhancedStorage を使用すると、暗号化されたドライブなどの記憶装置の追加機能や、Trusted Computing Group (TCG) と IEEE 1667 (「一時記憶装置のホスト添付ファイルでの認証のための標準プロトコル」) の仕様を Windows で検出できます。WinPE-EnhancedStorage enables Windows to discover additional functionality for storage devices, such as encrypted drives, and implementations that combine Trusted Computing Group (TCG) and IEEE 1667 ("Standard Protocol for Authentication in Host Attachments of Transient Storage Devices") specifications. このオプションのコンポーネントにより、Windows は BitLocker を使用してこれらの記憶装置をネイティブに管理できます。This optional component enables Windows to manage these storage devices natively by using BitLocker.

Windows RE オプションコンポーネントWindows RE optional components

既定の Windows RE イメージには、次の組み込みのオプションコンポーネントが含まれています。The default Windows RE image contains the following built-in optional components: | 含まれているオプションコンポーネントIncluded Optional Component | | ---- | | WinPE-EnhancedStorageWinPE-EnhancedStorage | | WinPE-RejuvWinPE-Rejuv | | WinPE-ScriptingWinPE-Scripting | | WinPE-SecureStartupWinPE-SecureStartup | | WinPE-SetupWinPE-Setup | | WinPE-SRTWinPE-SRT | | WinPE-WDS-ToolsWinPE-WDS-Tools | | WinPE-WMIWinPE-WMI |

オプションコンポーネントを含むイメージに言語を追加するAdd more languages to images that include optional components

注: Windows PE を使用して言語パックを追加するには、Windows PE にページファイルサポートを追加することが必要になる場合があります。Note: To add language packs using Windows PE, you may need to add pagefile support to Windows PE. 詳細については、展開イメージのサービスと管理 (DISM) のベスト プラクティスに関するページを参照してください。For more information, see Deployment Image Servicing and Management (DISM) Best Practices.

  1. マウントされたイメージで、Windows PE イメージのオプションコンポーネントを一覧表示します。On a mounted image, list the optional components in the Windows PE image:

    Dism /Get-Packages /Image:"C:\WinPE_amd64\mount"
    
  2. 生成されたパッケージの一覧を確認し、ベース Windows PE 言語パックを含む、イメージ内の各パッケージに対応する言語パックを追加します。Review the resulting list of packages, and add the corresponding language packs for each package in the image, including the base Windows PE language pack.

    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\fr-fr\lp.cab"
    
    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\fr-fr\WinPE-HTA_fr-fr.cab"
    

    どこ。。。where … WinPE _ OCs \ fr \lp.cab は、基本の Windows PE 言語パックを表します。WinPE_OCs\fr-fr\lp.cab represents the base Windows PE language pack.

  3. 日本、韓国、または中国の言語パックを追加する場合は、これらの言語のフォントパッケージを追加します。If you're adding language packs for Japan, Korea, or China, add the font packages for these languages. 日本の例を次に示します。Here's an example for Japan:

    Dism /Add-Package /Image:"C:\WinPE_amd64\mount" /PackagePath:"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs\WinPE-Font Support-JA-JP.cab"
    
  4. 言語パックがイメージの一部であることを確認します。Verify that the language packs are part of the image:

    Dism /Get-Packages /Image:"C:\WinPE_amd64\mount"
    

    結果として得られるパッケージの一覧を確認し、関連する言語パックがあることを、基本 Windows PE イメージを含む、各オプションコンポーネントのについて確認します。Review the resulting list of packages and verify that the for each optional component, including the base Windows PE image, that there is an associated language pack.

  5. 使用する言語に地域設定を変更します。Change the regional settings to the language you'd like to use:

    Dism /Set-AllIntl:en-US /Image:"C:\WinPE_amd64\mount"
    

    Windows PE で言語を切り替えるには、を使用し wpeutil setmuilanguage ます。To switch languages while in Windows PE, use wpeutil setmuilanguage.

関連トピックRelated topics

WinPE:イメージの最適化と圧縮WinPE: Optimize and shrink the image

WinPE for Windows 10WinPE for Windows 10

WinPE: マウントとカスタマイズWinPE: Mount and Customize