Azure 仮想マシンのバックアップの管理Manage Azure virtual machine backups

この記事では、VM のバックアップ管理に関するガイダンスを提供するほか、ポータルのダッシュボードで使用できるバックアップ アラート情報について説明します。This article provides guidance on managing VM backups, and explains the backup alerts information available in the portal dashboard. この記事のガイダンスは、Recovery Services コンテナーと組み合わせて VM を使用するケースを想定しています。The guidance in this article applies to using VMs with Recovery Services vaults. この記事で仮想マシンの作成や仮想マシンの保護については取り上げていません。This article does not cover the creation of virtual machines, nor does it explain how to protect virtual machines. Azure Resource Manager によって Azure にデプロイされた VM を Recovery Services コンテナーで保護する方法についての基本的な情報については、「 最初に: ARM VM の Recovery Services コンテナーへのバックアップ」を参照してください。For a primer on protecting Azure Resource Manager-deployed VMs in Azure with a Recovery Services vault, see First look: Back up VMs to a Recovery Services vault.

コンテナーと保護された仮想マシンの管理Manage vaults and protected virtual machines

Azure ポータルから Recovery Services コンテナーのダッシュボードにアクセスすると、コンテナーに関して次のような情報を確認できます。In the Azure portal, the Recovery Services vault dashboard provides access to information about the vault including:

  • 最新のバックアップ スナップショット (最新の復元ポイントでもあります)the most recent backup snapshot, which is also the latest restore point
  • バックアップ ポリシーthe backup policy
  • すべてのバックアップ スナップショットの合計サイズtotal size of all backup snapshots
  • コンテナーで保護されている仮想マシンの数number of virtual machines that are protected with the vault

仮想マシンのバックアップに伴う管理タスクは多くの場合、ダッシュボードでコンテナーを開くことから始まります。Many management tasks with a virtual machine backup begin with opening the vault in the dashboard. ただし Recovery Services コンテナーを使った保護は、複数の項目 (または複数の VM) が対象となる場合があるため、特定の VM の詳細を表示するには、そのコンテナー項目のダッシュボードを開きます。However, because vaults can be used to protect multiple items (or multiple VMs), to view details about a particular VM, open the vault item dashboard. 以降の手順では、コンテナーのダッシュボードコンテナー項目のダッシュボードの開き方について順に説明しています。The following procedure shows you how to open the vault dashboard and then continue to the vault item dashboard. 2 つの手順では、コンテナーとコンテナー項目を Azure ダッシュボードに追加する方法について、[ダッシュボードにピン留めする] コマンドを使用した "ヒント" を紹介しています。There are "tips" in both procedures that point out how to add the vault and vault item to the Azure dashboard by using the Pin to dashboard command. "ダッシュボードにピン留めする" は、コンテナーまたはコンテナー項目へのショートカットの作成手段となります。Pin to dashboard is a way of creating a shortcut to the vault or item. このショートカットから使用頻度の高いコマンドを実行することもできます。You can also execute common commands from the shortcut.

ヒント

複数のダッシュボードまたはブレードが開いている場合は、ウィンドウの一番下にある濃い青色のスライダーを使用して、Azure ダッシュボードを左右にスライドさせます。If you have multiple dashboards and blades open, use the dark-blue slider at the bottom of the window to slide the Azure dashboard back and forth.

Full view with slider

Recovery Services コンテナーをダッシュボードから開くOpen a Recovery Services vault in the dashboard:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.
  2. ハブ メニューで [参照] をクリックし、リソースの一覧で「Recovery Services」と入力します。On the Hub menu, click Browse and in the list of resources, type Recovery Services. 入力を始めると、入力内容に基づいて、一覧がフィルター処理されます。As you begin typing, the list filters based on your input. [Recovery Services コンテナー] をクリックします。Click Recovery Services vault.

    Create Recovery Services Vault step 1

    Recovery Services コンテナーの一覧が表示されます。The list of Recovery Services vaults are displayed.

    <span data-ttu-id="ec338-129">List of Recovery Services vaults</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="ec338-129">List of Recovery Services vaults</span></span>

    ヒント

    Azure ダッシュボードにコンテナーをピン留めすると、Azure ポータルを開いてすぐにコンテナーにアクセスすることができます。If you pin a vault to the Azure Dashboard, that vault is immediately accessible when you open the Azure portal. ダッシュボードにコンテナーをピン留めするには、コンテナーの一覧で目的のコンテナーを右クリックし、 [ダッシュボードにピン留めする] を選択します。To pin a vault to the dashboard, in the vault list, right-click the vault, and select Pin to dashboard.

  3. コンテナーの一覧から、いずれかのコンテナーを選択して、そのダッシュボードを開きます。From the list of vaults, select the vault to open its dashboard. コンテナーを選択すると、そのコンテナーのダッシュボードと [設定] ブレードが表示されます。When you select the vault, the vault dashboard and the Settings blade open. 次の画像では、 Contoso-vault ダッシュボードが強調表示されています。In the following image, the Contoso-vault dashboard is highlighted.

    Open vault dashboard and Settings blade

コンテナー項目のダッシュボードを開くOpen a vault item dashboard

前の手順では、コンテナーのダッシュボードを開きました。In the previous procedure you opened the vault dashboard. コンテナー項目のダッシュボードを開くには、次の手順に従います。To open the vault item dashboard:

  1. コンテナーのダッシュボードにある [バックアップ項目] タイルで、[Azure Virtual Machines] をクリックします。In the vault dashboard, on the Backup Items tile, click Azure Virtual Machines.

    Open backup items tile

    [バックアップ項目] ブレードに、項目ごとの最新のバックアップ ジョブが一覧表示されます。The Backup Items blade lists the last backup job for each item. この例では、このコンテナーによって保護されている仮想マシンが 1 つ存在します (demovm-markgal)。In this example, there is one virtual machine, demovm-markgal, protected by this vault.

    Backup items tile

    ヒント

    コンテナー項目は、アクセスしやすいように、Azure ダッシュボードにピン留めすることができます。For ease of access, you can pin a vault item to the Azure Dashboard. コンテナー項目をピン留めするには、コンテナー項目の一覧で目的の項目を右クリックし、 [ダッシュボードにピン留めする] を選択します。To pin a vault item, in the vault item list, right-click the item and select Pin to dashboard.

  2. [バックアップ項目] ブレードで目的の項目をクリックして、コンテナー項目のダッシュボードを開きます。In the Backup Items blade, click the item to open the vault item dashboard.

    Backup items tile

    コンテナー項目のダッシュボードとその [設定] ブレードが表示されます。The vault item dashboard and its Settings blade open.

    Backup items dashboard with Settings blade

    コンテナー項目のダッシュボードから、多くの重要な管理作業を実行できます。その例を次に示します。From the vault item dashboard, you can accomplish many key management tasks, such as:

    • ポリシーの変更または新しいバックアップ ポリシーの作成change policies or create a new backup policy
    • 復元ポイントとその整合状態の確認view restore points, and see their consistency state
    • オンデマンドでの仮想マシンのバックアップon-demand backup of a virtual machine
    • 仮想マシンの保護を停止するstop protecting virtual machines
    • 仮想マシンの保護の再開resume protection of a virtual machine
    • バックアップ データ (または復旧ポイント) の削除delete a backup data (or recovery point)
    • バックアップ ディスクの復元restore backup disks

次の手順は、コンテナー項目のダッシュボードを表示したところから始めます。For the following procedures, the starting point is the vault item dashboard.

バックアップ ポリシーを管理するManage backup policies

  1. コンテナー項目のダッシュボードで、[すべての設定] をクリックして [設定] ブレードを開きます。On the vault item dashboard, click All Settings to open the Settings blade.

    Backup policy blade

  2. [設定] ブレードの [バックアップ ポリシー] をクリックして対応するブレードを開きます。On the Settings blade, click Backup policy to open that blade.

    表示されたブレードに、バックアップの頻度とリテンション期間が詳しく表示されます。On the blade, the backup frequency and retention range details are shown.

    Backup policy blade

  3. [バックアップ ポリシーの選択] メニューから次の手順を実行します。From the Choose backup policy menu:

    • ポリシーを変更するには、別のポリシーを選択し、 [保存] をクリックします。To change policies, select a different policy and click Save. すぐに、新しいポリシーがコンテナーに適用されます。The new policy is immediately applied to the vault.
    • ポリシーを作成するには、 [新規作成] を選択します。To create a policy, select Create New.

      仮想マシンのバックアップ

      バックアップ ポリシーを作成する手順については、「 バックアップ ポリシーの定義」を参照してください。For instructions on creating a backup policy, see Defining a backup policy.

バックアップ ポリシーの定義Defining a backup policy

バックアップ ポリシーは、データのスナップショットをいつ取得し、それらのスナップショットをいつまで保持するかのマトリックスを定義します。A backup policy defines a matrix of when the data snapshots are taken, and how long those snapshots are retained. VM をバックアップするためのポリシーを定義するときに、バックアップ ジョブを 1 日に 1 回トリガーできます。When defining a policy for backing up a VM, you can trigger a backup job once a day. 新しいポリシーを作成すると、コンテナーに適用されます。When you create a new policy, it is applied to the vault. バックアップ ポリシーのインターフェイスは、次のようになります。The backup policy interface looks like this:

Backup policy

ポリシーを作成するには、次の手順に従います。To create a policy:

  1. [ポリシー名] に名前を入力します。Enter a name for the Policy name.
  2. データのスナップショットは、毎日または毎週の間隔で取得できます。Snapshots of your data can be taken at Daily or Weekly intervals. [バックアップの頻度] ボックスを使用して、データのスナップショットを毎日取得するか毎週取得するかを選択します。Use the Backup Frequency drop-down menu to choose whether data snapshots are taken Daily or Weekly.

    • 間隔として毎日を選択する場合は、強調表示されているコントロールを使用して、スナップショットの時刻を選択します。If you choose a Daily interval, use the highlighted control to select the time of the day for the snapshot. 時刻を変更するには、時刻の選択を解除し、新しい時刻を選択します。To change the hour, de-select the hour, and select the new hour.

      Daily backup policy

    • 間隔として毎週を選択する場合は、強調表示されているコントロールを使用して、スナップショットを取得する曜日と時刻を選択します。If you choose a Weekly interval, use the highlighted controls to select the day(s) of the week, and the time of day to take the snapshot. 曜日のメニューでは、1 つ以上の曜日を選択します。In the day menu, select one or multiple days. 時刻のメニューでは、1 つの時刻を選択します。In the hour menu, select one hour. 時刻を変更するには、時刻の選択を解除し、新しい時刻を選択します。To change the hour, de-select the selected hour, and select the new hour.

      Weekly backup policy

  3. 既定では、すべての [リテンション期間] オプションが選択されています。By default, all Retention Range options are selected. 使用しない保持期間のチェック ボックスをオフにします。Uncheck any retention range limit you do not want to use. 次に、使用する間隔を指定します。Then, specify the interval(s) to use.

    月および年単位の保持期間では、週単位または日単位の増分に基づいてスナップショットを指定できます。Monthly and Yearly retention ranges allow you to specify the snapshots based on a weekly or daily increment.

    注意

    VM を保護する場合、バックアップ ジョブは 1 日に 1 回実行されます。When protecting a VM, a backup job runs once a day. バックアップが実行される時刻は、どの保持期間でも同じです。The time when the backup runs is the same for each retention range.

  4. ポリシーのすべてのオプションを設定したら、ブレードの上部にある [保存] をクリックします。After setting all options for the policy, at the top of the blade click Save.

    すぐに、新しいポリシーがコンテナーに適用されます。The new policy is immediately applied to the vault.

注意

バックアップ ポリシーを管理する際には、最適なバックアップ パフォーマンスを確保するためのベスト プラクティスに従ってください。While managing backup policies, make sure to follow the best practices for optimal backup performance

オンデマンドでの仮想マシンのバックアップOn-demand backup of a virtual machine

仮想マシンに保護が構成されていれば、その仮想マシンについてオンデマンド バックアップを作成できます。You can take an on-demand backup of a virtual machine once it is configured for protection. 初回バックアップがまだ実行されていない場合、オンデマンド バックアップを実行すると、仮想マシンの完全なコピーが Recovery Services コンテナーに作成されます。If the initial backup is pending, on-demand backup creates a full copy of the virtual machine in the Recovery Services vault. 初回バックアップが完了している場合、オンデマンド バックアップによって Recovery Services コンテナーに送信されるのは、前回のスナップショット以降の変更だけです。If the initial backup is completed, an on-demand backup will only send changes from the previous snapshot, to the Recovery Services vault. つまり、以降のバックアップでは、増分のみが送信対象となります。That is, subsequent backups are always incremental.

注意

オンデマンド バックアップのリテンション期間は、ポリシーの中で日単位のバックアップ ポイントに対して指定されたリテンション期間の値となります。The retention range for an on-demand backup is the retention value specified for the Daily backup point in the policy. 日単位のバックアップ ポイントが選択されていない場合は、週単位のバックアップ ポイントが使用されます。If no Daily backup point is selected, then the weekly backup point is used.

仮想マシンのオンデマンド バックアップをトリガーするには、次の手順に従います。To trigger an on-demand backup of a virtual machine:

  • コンテナー項目のダッシュボード[今すぐバックアップ] をクリックします。On the vault item dashboard, click Backup now.

    Backup now button

    オンデマンド バックアップ ジョブを開始してよいかどうかを確認するメッセージが表示されます。The portal makes sure that you want to start an on-demand backup job. バックアップ ジョブを開始する場合は [はい] をクリックします。Click Yes to start the backup job.

    Backup now button

    バックアップ ジョブによって、復旧ポイントが作成されます。The backup job creates a recovery point. 復旧ポイントのリテンション期間は、仮想マシンに関連付けられているポリシーで指定されるリテンション期間と同じです。The retention range of the recovery point is the same as retention range specified in the policy associated with the virtual machine. ジョブの進行状況を追跡するには、コンテナーのダッシュボードで [バックアップ ジョブ] タイルをクリックします。To track the progress for the job, in the vault dashboard, click the Backup Jobs tile.

仮想マシンの保護を停止するStop protecting virtual machines

仮想マシンの保護を中止するように選択した場合、復旧ポイントを保持するかどうかを確認するメッセージが表示されます。If you choose to stop protecting a virtual machine, you are asked if you want to retain the recovery points. 仮想マシンの保護を中止する方法は 2 つあります。There are two ways to stop protecting virtual machines:

  • 将来のバックアップ ジョブをすべて停止したうえで、すべての復旧ポイントを削除する方法と、stop all future backup jobs and delete all recovery points, or
  • 将来のバックアップ ジョブをすべて停止して、復旧ポイントを保持する方法です。stop all future backup jobs but leave the recovery points

復旧ポイントを記憶域に保持するためにはコストが発生します。There is a cost associated with leaving the recovery points in storage. 一方、復旧ポイントを保持する利点は、仮想マシンを必要に応じて後から復元できることです。However, the benefit of leaving the recovery points is you can restore the virtual machine later, if desired. 復旧ポイントを保持するためのコストについては、「価格の詳細」を参照してください。For information about the cost of leaving the recovery points, see the pricing details. すべての復旧ポイントを削除するように選択した場合、仮想マシンを復元することはできません。If you choose to delete all recovery points, you cannot restore the virtual machine.

仮想マシンに対する保護を停止するには、次の手順に従います。To stop protection for a virtual machine:

  1. コンテナー項目のダッシュボード[バックアップの停止] をクリックします。On the vault item dashboard, click Stop backup.

    Stop backup button

    [バックアップの停止] ブレードが開きます。The Stop Backup blade opens.

    Stop backup blade

  2. [バックアップの停止] ブレードで、バックアップ データを保持するか削除するかを選択します。On the Stop Backup blade, choose whether to retain or delete the backup data. 選択内容についての詳しい説明が、情報ボックスに表示されます。The information box provides details about your choice.

    保護の停止

  3. バックアップ データを保持するように選択した場合は、手順 4. に進みます。If you chose to retain the backup data, skip to step 4. バックアップ データを削除するように選択した場合は、バックアップ ジョブの停止と復旧ポイントの削除についての意思確認をします。対象となる項目の名前を入力してください。If you chose to delete backup data, confirm that you want to stop the backup jobs and delete the recovery points - type the name of the item.

    Stop verification

    項目名がわからない場合は、感嘆符にマウス カーソルを合わせると名前が表示されます。If you aren't sure of the item name, hover over the exclamation mark to view the name. また、 [バックアップの停止] ブレードのタイトルの下にも項目の名前が表示されます。Also, the name of the item is under Stop Backup at the top of the blade.

  4. 必要に応じて、[理由] または [コメント] に入力します。Optionally provide a Reason or Comment.
  5. 現在の項目のバックアップ ジョブを停止するには、[バックアップの停止] ボタン をクリックします。To stop the backup job for the current item, click Stop backup button

    バックアップ ジョブが停止したことを示す通知メッセージが表示されます。A notification message lets you know the backup jobs have been stopped.

    保護の停止の確認

仮想マシンの保護の再開Resume protection of a virtual machine

仮想マシンの保護を停止するときに [バックアップ データの保持] オプションを選択した場合、保護を再開することができます。If the Retain Backup Data option was chosen when protection for the virtual machine was stopped, then it is possible to resume protection. [バックアップ データを削除] オプションを選択した場合は、仮想マシンの保護を再開できません。If the Delete Backup Data option was chosen, then protection for the virtual machine cannot resume.

仮想マシンの保護を再開するにはTo resume protection for the virtual machine

  1. コンテナー項目のダッシュボード[バックアップの再開] をクリックします。On the vault item dashboard, click Resume backup.

    Resume protection

    [バックアップ ポリシー] ブレードが開きます。The Backup Policy blade opens.

    注意

    仮想マシンを再保護する場合は、最初に仮想マシンを保護するために使用いたポリシー以外のポリシーを選択できます。When re-protecting the virtual machine, you can choose a different policy than the policy with which virtual machine was protected initially.

  2. バックアップ ポリシーの管理に関するトピックの手順に従って、仮想マシンのポリシーを割り当てます。Follow the steps in Manage backup policies to assign the policy for the virtual machine.

    仮想マシンにバックアップ ポリシーが適用されると、次のメッセージが表示されます。Once the backup policy is applied to the virtual machine, you see the following message.

    Successfully protected VM

[バックアップ データを削除]Delete Backup data

仮想マシンに関連付けられているバックアップ データは、 バックアップの停止 ジョブの実行中やバックアップ ジョブが完了した後にいつでも削除することができます。You can delete the backup data associated with a virtual machine during the Stop backup job, or anytime after the backup job has completed. 数日または数週間待ってから復旧ポイントを削除する方が便利な場合もあります。It may even be beneficial to wait days or weeks before deleting the recovery points. 復旧ポイントの復元とは異なり、バックアップ データを削除するときは、特定の復旧ポイントを削除対象として選択することができません。Unlike restoring recovery points, when deleting backup data, you cannot choose specific recovery points to delete. バックアップ データを削除するように選択すると、その項目に関連付けられている復旧ポイントもすべて削除されます。If you choose to delete your backup data, you delete all recovery points associated with the item.

以降の手順は、仮想マシンのバックアップ ジョブが停止済みであるか、無効にされていることを前提としています。The following procedure assumes the Backup job for the virtual machine has been stopped or disabled. バックアップ ジョブを無効にしたら、[バックアップの再開] オプションと [バックアップ データの削除] オプションが、コンテナー項目のダッシュボードに表示されます。Once the Backup job is disabled, the Resume backup and Delete backup options are available in the vault item dashboard.

Resume and delete buttons

" バックアップを無効" にした状態の仮想マシンでバックアップ データを削除するには:To delete backup data on a virtual machine with the Backup disabled:

  1. コンテナー項目のダッシュボード[バックアップ データの削除] をクリックします。On the vault item dashboard, click Delete backup.

    VM の種類

    [バックアップ データを削除] ブレードが開きます。The Delete Backup Data blade opens.

    VM の種類

  2. 項目の名前を入力して、復旧ポイントを削除してもよいことを確認します。Type the name of the item to confirm you want to delete the recovery points.

    Stop verification

    項目名がわからない場合は、感嘆符にマウス カーソルを合わせると名前が表示されます。If you aren't sure of the item name, hover over the exclamation mark to view the name. また、 [バックアップ データを削除] ブレードのタイトルの下にも項目の名前が表示されます。Also, the name of the item is under Delete Backup Data at the top of the blade.

  3. 必要に応じて、[理由] または [コメント] に入力します。Optionally provide a Reason or Comment.
  4. 現在の項目のバックアップ データを削除するには、[バックアップの停止] ボタン をクリックします。To delete the backup data for the current item, click Stop backup button

    バックアップ データが削除されたことを示す通知メッセージが表示されます。A notification message lets you know the backup data has been deleted.

次の手順Next steps

復旧ポイントからの仮想マシンの再作成については、 Azure VM の復元に関するページをご覧ください。For information on re-creating a virtual machine from a recovery point, check out Restore Azure VMs. 仮想マシンの保護については、 Recovery Services コンテナーへの VM のバックアップに関するページをご覧ください。If you need information on protecting your virtual machines, see First look: Back up VMs to a Recovery Services vault. イベントの監視については、「 Monitor alerts for Azure virtual machine backups (Azure 仮想マシンのバックアップ アラートの監視)」を参照してください。For information on monitoring events, see Monitor alerts for Azure virtual machine backups.