VM の設定から Azure VM をバックアップする

この記事では、Azure Backup サービスを使用して Azure VM をバックアップする方法について説明します。 いくつかの方法を使用して Azure VM をバックアップすることができます。

  • 1 つの Azure VM:この記事の手順では、VM の設定から直接 Azure VM をバックアップする方法について説明します。
  • 複数の Azure VM:Recovery Services コンテナーを設定して、複数の Azure VM のバックアップを構成することができます。 このシナリオについては、こちらの記事の説明に従ってください。

開始する前に

  1. バックアップのしくみを学習し、サポート要件を確認します。
  2. Azure VM バックアップの概要を理解します。

Azure VM エージェントのインストール

Azure VM をバックアップするため、Azure Backup によって、マシンで実行されている VM エージェントに拡張機能がインストールされます。 VM が Azure Marketplace のイメージから作成されている場合は、エージェントが実行されます。 カスタム VM を作成する場合や、オンプレミスからマシンを移行する場合など、時として、エージェントを手動でインストールする必要がある場合があります。

  • VM エージェントを手動でインストールする必要がある場合は、Windows VM または Linux VM の指示に従ってください。
  • エージェントがインストールされた後、バックアップを有効にすると、Azure Backup によってエージェントにバックアップ拡張機能がインストールされます。 ユーザーが何もしなくても、拡張機能に更新プログラムと修正プログラムが適用されます。

Azure VM の設定からバックアップする

  1. Azure portal にサインインします。

  2. [すべてのサービス] を選択し、[フィルター] に「仮想マシン」と入力してから、 [仮想マシン] を選択します。

  3. VM の一覧から、バックアップする VM を選択します。

  4. VM メニューで、 [バックアップ] を選択します。

  5. [Recovery Services コンテナー] で次のようにします。

    • コンテナーが既にある場合は、 [既存のものを選択] を選択し、コンテナーを選択します。

    • コンテナーがない場合は、 [新規作成] を選択します。 コンテナーの名前を指定します。 VM と同じリージョンおよびリソース グループに作成されます。 VM の設定からの直接バックアップを有効にするときは、これらの設定を変更できません。

      バックアップの有効化ウィザード

  6. [バックアップ ポリシーの選択] で、次のいずれかを行います。

    • 既定のポリシーをそのままにします。 これにより、1 日に 1 回指定時刻に VM がバックアップされ、30 日間コンテナーに保持されます。

    • 既存のバックアップ ポリシーがある場合は、それを選択します。

    • 新しいポリシーを作成し、ポリシーの設定を定義します。

      Select backup policy

  7. [バックアップの有効化] を選択します。 これにより、バックアップ ポリシーと VM が関連付けられます。

    [バックアップの有効化] ボタン

  8. ポータルの通知で構成の進行状況を追跡できます。

  9. ジョブが完了したら、VM のメニューで [バックアップ] を選択します。 ページに、VM のバックアップの状態、復旧ポイントに関する情報、実行されているジョブ、発行されたアラートが表示されます。

    バックアップの状態

  10. バックアップを有効にした後は、初回バックアップが実行されます。 初回バックアップは、すぐに開始することも、バックアップ スケジュールに従って開始されるまで待つこともできます。

    • 初回バックアップが完了するまで、 [前回のバックアップの状態] には [警告 (初回のバックアップが保留中)] と表示されます。
    • 次のスケジュールされたバックアップがいつ実行されるかを確認するには、バックアップ ポリシー名を選択します。

バックアップをすぐに実行する

  1. バックアップをすぐに実行するには、VM のメニューで、 [バックアップ] > [今すぐバックアップ] を選択します。

    バックアップを実行する

  2. [今すぐバックアップ] では、カレンダー コントロールを使用して、復旧ポイントをいつまで保持するかを選択し、 [OK] をクリックします。

    バックアップ リテンション期間の期限

  3. ポータルの通知を使用すると、バックアップ ジョブがトリガーされたことを知ることができます。 バックアップの進行状況を監視するには、 [すべてのジョブの表示] を選択します。

Recovery Services コンテナーからバックアップする

この記事の手順に従って、Azure Backup Recovery Services コンテナーを設定することによって Azure VM のバックアップを有効にし、コンテナーでバックアップを有効にします。

次のステップ