Azure 仮想マシンのバックアップのトラブルシューティングTroubleshoot Azure virtual machine backup

次の表に示す情報を使って、Azure Backup の使用中に発生したエラーのトラブルシューティングを行うことができます。You can troubleshoot errors encountered while using Azure Backup with information listed in the table below.

エラーの詳細Error details 対処法Workaround
VM が存在しないため、操作を実行できませんでした。Could not perform the operation as VM no longer exists. - バックアップ データを削除しないで、仮想マシンの保護を停止してください。- Stop protecting virtual machine without deleting backup data. 詳細については、 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=808124 をご覧ください。More details at http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=808124 これは、プライマリ VM が削除されているのに、バックアップ ポリシーによってバックアップする VM が検索され続ける場合に発生します。This happens when the primary VM is deleted, but the backup policy continues looking for a VM to back up. このエラーを解決するには、次の手順に従います。To fix this error:
  1. 同じ名前と同じリソース グループ名 [クラウド サービス名] を使用して仮想マシンを作成し直します。Recreate the virtual machine with the same name and same resource group name [cloud service name],
    (または)(OR)
  2. バックアップ データを削除して、または削除しないで、仮想マシンの保護を停止します。Stop protecting virtual machine with or without deleting the backup data. 詳細More details
仮想マシンがネットワークに接続していないためにスナップショット操作が失敗した - VM がネットワークにアクセスできることを確認してください。Snapshot operation failed due to no network connectivity on the virtual machine - Ensure that VM has network access. スナップショットを成功させるには、Azure データセンターの IP 範囲をホワイトリストに追加するか、プロキシ サーバーをネットワーク アクセス用にセットアップします。For snapshot to succeed, either whitelist Azure datacenter IP ranges or set up a proxy server for network access. 詳しくは、 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=800034 をご覧ください。For more information, refer to http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=800034. 既にプロキシ サーバーを使用している場合は、プロキシ サーバー設定が正しく構成されていることを確認してくださいIf you are already using proxy server, make sure that proxy server settings are configured correctly 仮想マシンで送信インターネット接続を拒否している場合に発生します。Occurs when you deny the outbound internet connectivity on the virtual machine. VM スナップショット拡張機能では、基になるディスクのスナップショットを取得するためにインターネット接続が必要です。The VM snapshot extension requires internet connectivity to take a snapshot of underlying disks. ネットワーク アクセスのブロックによるスナップショット エラーの修正に関するセクションをご覧くださいSee the section on fixing snapshot failures due to blocked network access.
VM エージェントが Azure Backup サービスと通信できません。VM agent is unable to communicate with the Azure Backup Service. - VM がネットワークに接続でき、最新の VM エージェントが実行されていることを確認します。- Ensure the VM has network connectivity and the VM agent is latest and running. 詳しくは、記事 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=800034 をご覧ください。For more information, refer to the article, http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=800034. VM エージェントに問題があるか、Azure インフラストラクチャへのネットワーク アクセスが何らかの原因でブロックされている場合に、このエラーがスローされます。This error is thrown if there is a problem with the VM Agent or network access to the Azure infrastructure is blocked in some way. VM のスナップショットに関する問題のデバッグについては、こちらを参照してください。Learn more about debugging up VM snapshot issues.
VM エージェントが問題の原因でない場合は、VM を再起動します。If the VM agent is not causing problems, restart the VM. VM の状態が正しくないために問題が発生する場合があり、VM を再起動すると状態がリセットされます。An incorrect VM state can cause problems, and restarting the VM resets the state.
VM はプロビジョニングに失敗した状態です - VM を再起動し、VM が実行中とシャットダウンのいずれかの状態になっていることを確認します。VM is in Failed Provisioning State - Restart the VM, and make sure the VM is running or shut down. このエラーは、いずれかの拡張機能が失敗して、VM の状態がプロビジョニングに失敗した状態になる場合に発生します。This error occurs when one of the extensions failures leads VM state to be in failed provisioning state. 拡張機能の一覧に移動し、失敗した拡張機能があるかどうかを確認して、それを削除し、仮想マシンを再起動してみます。Go to extensions list and see if there is a failed extension, remove it and try restarting the virtual machine. すべての拡張機能が実行状態になっている場合は、VM エージェント サービスが実行されているかどうかを確認してください。If all extensions are in running state, check if VM agent service is running. されていない場合は、VM エージェント サービスを再起動します。If not, restart the VM agent service.
マネージド ディスクの VMSnapshot の拡張操作に失敗しました - バックアップ操作を再試行します。VMSnapshot extension operation failed for managed disks - Retry the backup operation. 問題が解決しない場合は、 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=800034 の手順に従ってください。If the problem continues, follow the instructions at 'http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=800034'. 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートに問い合わせてください。If the problem still persists, contact Microsoft support このエラーは、Backup サービスがスナップショットのトリガーに失敗した場合に発生します。This error occurs when the Backup service fails to trigger a snapshot. VM のスナップショットに関する問題のデバッグについては、こちらを参照してください。Learn more about debugging VM snapshot issues.
仮想マシンのスナップショットをコピーできませんでした。ストレージ アカウントに十分な空き領域がありません - ストレージ アカウントに、仮想マシンに接続されているプレミアム ストレージ ディスクにあるデータと同じ量の空き領域があることを確認してくださいCould not copy the snapshot of the virtual machine, due to insufficient free space in the storage account - Ensure that storage account has free space equivalent to the data present on the premium storage disks attached to the virtual machine VM バックアップ スタック V1 の Premium VM の場合、スナップショットがストレージ アカウントにコピーされます。In case of premium VMs on VM backup stack V1, we copy the snapshot to storage account. これは、スナップショット上で動作するバックアップ管理トラフィックが、プレミアム ディスクを使用するアプリケーションで利用できる IOPS の数を制限しないようにするためです。This is to make sure that backup management traffic, which works on snapshot, doesn't limit the number of IOPS available to the application using premium disks. Azure Backup サービスが、スナップショットをストレージ アカウントにコピーし、ストレージ アカウント内のこのコピーされた場所からコンテナーにデータを転送できるように、ストレージ アカウントの合計領域の 50% (17.5 TB) のみを割り当てることをお勧めします。Microsoft recommends you allocate only 50% (17.5 TB) of the total storage account space so the Azure Backup service can copy the snapshot to storage account and transfer data from this copied location in storage account to the vault.
VM エージェントが応答していないため、この操作を実行できませんUnable to perform the operation as the VM agent is not responsive VM エージェントに問題があるか、Azure インフラストラクチャへのネットワーク アクセスが何らかの原因でブロックされている場合に、このエラーがスローされます。This error is thrown if there is a problem with the VM Agent or network access to the Azure infrastructure is blocked in some way. Windows VM の場合は、サービスで VM エージェントのサービスの状態を確認し、コントロール パネルのプログラムにエージェントが表示されているかどうかを調べます。For Windows VMs, check the VM agent service status in services and whether the agent appears in programs in control panel. コントロール パネルからプログラムを削除し、下記の手順に従ってエージェントを再インストールしてみてください。Try removing the program from control panel and re-installing the agent as mentioned below. エージェントを再インストールした後で、確認のためにアドホック バックアップをトリガーします。After re-installing the agent, trigger an adhoc backup to verify.
Recovery Services 拡張機能の操作に失敗しました。Recovery services extension operation failed. - 仮想マシンに最新の仮想マシン エージェントが存在し、エージェント サービスが実行されていることを確認してください。- Make sure the latest virtual machine agent is present on the virtual machine, and agent service is running. バックアップ操作を再試行してください。Retry backup operation. バックアップ操作が失敗する場合は、Microsoft サポートに問い合わせてください。If the backup operation fails, contact Microsoft support. このエラーは、VM エージェントが古い場合にスローされます。This error is thrown when VM agent is out of date. 次の「VM エージェントの更新」を参照して、VM エージェントを更新してください。Refer “Updating the VM Agent” section below to update the VM agent.
仮想マシンが存在しません。Virtual machine doesn't exist. - 仮想マシンが存在するかどうかを確認するか、別の仮想マシンを選択してください。- Make sure the virtual machine exists, or select a different virtual machine. プライマリ VM が削除されているのに、バックアップ ポリシーによってバックアップを実行する VM が検索され続ける場合に発生します。Occurs when the primary VM is deleted, but the backup policy continues to look for a VM to back up. このエラーを解決するには、次の手順に従います。To fix this error:
  1. 同じ名前と同じリソース グループ名 [クラウド サービス名] を使用して仮想マシンを作成し直します。Recreate the virtual machine with the same name and same resource group name [cloud service name],
    (または)(OR)
  2. バックアップ データを削除しないで、仮想マシンの保護を停止します。Stop protecting the virtual machine without deleting the backup data. 詳細More details
コマンドの実行に失敗しました。Command execution failed. - 現在、この項目で別の操作が実行中です。- Another operation is currently in progress on this item. 前の操作が完了するまで待ってから、操作をやり直してください。Wait until the previous operation completes, and then retry the operation. 既存のバックアップ ジョブが実行しており、現在のジョブが完了するまで新しいジョブを開始できません。An existing backup job is running, and a new job can't start until the current job finishes.
Recovery Services コンテナーからの VHD のコピーがタイムアウトしました - 数分以内に操作をやり直してください。Copying VHDs from the Recovery Services vault timed out - Retry the operation in a few minutes. 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。If the problem persists, contact Microsoft Support. ストレージ側に一時的なエラーがある場合、またはコンテナーにデータを転送するのに十分なストレージ アカウント IOPS を Backup サービスがタイムアウト期間内に受信しない場合に、発生します。Occurs if there is a transient error on storage side, or if the Backup service doesn't receive sufficient storage account IOPS to transfer data to the vault, within the timeout period. VM を構成するときのベスト プラクティスに従っていることを確認してください。Make sure to follow the best practices when configuring your VMs. 読み込まれていない別のストレージ アカウントに VM を移動し、バックアップ ジョブを再試行してください。Move your VM to a different storage account that isn't loaded, and retry the backup job.
バックアップ操作は内部エラーのため失敗しました - 数分以内に操作をやり直してください。Backup failed with an internal error - Retry the operation in a few minutes. 問題が解決しない場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。If the problem persists, contact Microsoft Support 2 つの理由でこのエラーを受け取る可能性があります。You can receive this error for two reasons:
  1. VM ストレージにアクセスするときに一時的な問題が発生する。There is a transient issue in accessing the VM storage. Azure の状態サイトで、リージョンにコンピューティング、ストレージ、またはネットワークの問題があるかどうかを確認します。Check the Azure Status site to see if there are Compute, Storage, or Networking issues in the region. 問題が解決したら、バックアップ ジョブを再試行します。Once the issue is resolved, retry the backup job.
  2. 元の VM が削除されており、復旧ポイントを取得できません。The original VM has been deleted and the recovery point can't be taken. 削除された VM のバックアップ データを保持しながら、バックアップ エラーを削除するには、VM の保護を解除し、データを保持するオプションを選択します。To keep the backup data for a deleted VM, but remove the backup errors: Unprotect the VM, and choose the option to retain the data. この操作によって、スケジュールされたバックアップ ジョブが停止され、エラー メッセージが繰り返し表示されるのを回避できます。This action stops the scheduled backup job and the recurring error messages.
選択した項目に Azure Recovery Services 拡張機能をインストールできませんでした - VM エージェントは、Azure Recovery Services 拡張機能の前提条件です。Failed to install the Azure Recovery Services extension on the selected item - The VM agent is a prerequisite for the Azure Recovery Services Extension. Azure VM エージェントをインストールしてから、登録操作をやり直してください。Install the Azure VM agent and restart the registration operation
  1. VM エージェントが正しくインストールされていることを確認します。Check if the VM agent has been installed correctly.
  2. VM 構成のフラグが正しく設定されていることを確認します。Ensure the flag on the VM config is set correctly.
VM エージェントのインストール方法と、VM エージェントのインストールを検証する方法については、こちらを参照してください。Read more about installing the VM agent, and how to validate the VM agent installation.
"COM+: Microsoft 分散トランザクション コーディネーターと通信できませんでした" というエラーで拡張機能のインストールが失敗しました。Extension installation failed with the error "COM+ was unable to talk to the Microsoft Distributed Transaction Coordinator 通常、これは、COM + サービスが実行されていないことを意味します。This usually means that the COM+ service is not running. この問題の修正については、Microsoft サポートにお問い合わせください。Contact Microsoft support for help on fixing this issue.
スナップショットの操作は、"このドライブは、BitLocker ドライブ暗号化でロックされています。Snapshot operation failed with the VSS operation error "This drive is locked by BitLocker Drive Encryption. コントロール パネルからドライブのロックを解除してください。" という VSS 操作エラーで失敗しました。You must unlock this drive from the Control Panel. VM 上のすべてのドライブで BitLocker をオフにして、VSS の問題が解決されたかどうかを確認します。Turn off BitLocker for all drives on the VM and observe if the VSS issue is resolved
VM はバックアップできる状態ではありません。VM is not in a state that allows backups.
  • VM が実行シャットダウンの間の一時的な状態である場合は、状態が変わるのを待ってから、バックアップ ジョブをトリガーします。If the VM is in a transient state between Running and Shut down, wait for the state to change, and then trigger the backup job.
  • VM が Linux VM で、Security Enhanced Linux カーネル モジュールが使用されている場合は、Linux エージェントのパス (/var/lib/waagent) をセキュリティ ポリシーから除外して、Backup 拡張機能が確実にインストールされるようにします。If the VM is a Linux VM and uses the Security Enhanced Linux kernel module, exclude the Linux Agent path (/var/lib/waagent) from security policy, and make sure the Backup extension is installed.
Azure 仮想マシンが見つかりません。Azure Virtual Machine Not Found. このエラーは、プライマリ VM が削除されているのに、バックアップ ポリシーによって削除された VM が検索され続ける場合に発生します。This errors occurs when the primary VM is deleted, but the backup policy continues looking for the deleted VM. このエラーを解決するには、次の手順に従います。To fix this error:
  1. 同じ名前と同じリソース グループ名 [クラウド サービス名] を使用して仮想マシンを作成し直します。Recreate the virtual machine with the same name and same resource group name [cloud service name],
    (または)(OR)
  2. バックアップ ジョブが作成されないように、この VM の保護を無効にします。Disable protection for this VM so the backup jobs will not be created.
仮想マシン エージェントが仮想マシン上に存在しません - 前提条件である項目と VM エージェントをインストールしてから、操作をやり直してください。Virtual machine agent is not present on the virtual machine - Please install any prerequisite and the VM agent, and then restart the operation. こちら を参照してください。Read more about VM agent installation, and how to validate the VM agent installation.
VSS ライターの状態が正しくないため、スナップショット操作に失敗しましたSnapshot operation failed due to VSS Writers in bad state 状態が正しくない VSS (ボリューム シャドウ コピー サービス) ライターを再起動する必要があります。You need to restart VSS(Volume Shadow copy Service) writers that are in bad state. これを実現するには、管理者特権でのコマンド プロンプトから vssadmin list writers を実行します。To achieve this, from an elevated command prompt, run vssadmin list writers. 出力には、すべての VSS ライターとそれらの状態が含まれています。Output contains all VSS writers and their state. "[1] 安定" 状態ではない VSS ライターすべてに対して、管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行して、VSS ライターを再起動します。For every VSS writer whose state is not "[1] Stable", restart VSS writer by running following commands from an elevated command prompt:
net stop serviceName
net start serviceName
構成の解析に失敗したため、スナップショット操作に失敗しましたSnapshot operation failed due to a parsing failure of the configuration これは、次の MachineKeys ディレクトリでアクセス許可が変更されたことで発生します。%systemdrive%\programdata\microsoft\crypto\rsa\machinekeys。This happens due to changed permissions on the MachineKeys directory: %systemdrive%\programdata\microsoft\crypto\rsa\machinekeys
次のコマンドを実行し、MachineKeys ディレクトリのアクセス許可が既定のものであることを確認してください。Please run below command and verify that permissions on MachineKeys directory are default-ones:
icacls %systemdrive%\programdata\microsoft\crypto\rsa\machinekeysicacls %systemdrive%\programdata\microsoft\crypto\rsa\machinekeys

既定のアクセス許可は、次のとおりです。Default permissions are:
Everyone:(R,W)Everyone:(R,W)
BUILTIN\Administrators:(F)BUILTIN\Administrators:(F)

MachineKeys ディレクトリで既定以外のアクセス許可が表示される場合は、以下の手順に従い、アクセス許可の修正、証明書の削除、バックアップのトリガーを行ってください。If you see permissions on MachineKeys directory different than default, please follow below steps to correct permissions, delete the certificate and trigger the backup.
  1. MachineKeys ディレクトリのアクセス許可を修正します。Fix permissions on MachineKeys directory.
    ディレクトリで Explorer のセキュリティ プロパティやセキュリティの詳細設定を使用して、アクセス許可を既定値にリセットします。Using Explorer Security Properties and Advanced Security Settings on the directory, reset permissions back to the default values. ディレクトリから (既定値以外の) ユーザー オブジェクトをすべて削除し、Everyone アクセス許可に次のものに対する特殊なアクセス許可があることを確認します。Remove all user objects (except default) from the directory, and ensure the Everyone permission has special access for:
    - フォルダーの一覧、データの読み取り-List folder / read data
    - 属性の読み取り-Read attributes
    - 拡張属性の読み取り-Read extended attributes
    - ファイルの作成、データの書き込み-Create files / write data
    -フォルダーの作成、データの追加-Create folders / append data
    - 属性の書き込み-Write attributes
    - 拡張属性の書き込み-Write extended attributes
    - アクセス許可の読み取り-Read permissions

  2. 発行先がクラシック デプロイ モデルまたは Windows Azure CRP Certificate Generator であるすべての証明書を削除します。Delete all certificates where Issued To is the classic deployment model, or Windows Azure CRP Certificate Generator.
  3. VM バックアップ ジョブをトリガーします。Trigger a VM backup job.
Azure Backup サービスには、暗号化された仮想マシンのバックアップ用 Key Vault に対する十分な権限がありません。Azure Backup Service does not have sufficient permissions to Key Vault for Backup of Encrypted Virtual Machines. PowerShell ドキュメントの「バックアップの有効化」セクションの手順に従い、PowerShell を使って Backup サービスに適切なアクセス許可を付与する必要があります。Backup service should be provided these permissions in PowerShell using steps mentioned in Enable Backup section of PowerShell documentation.
"COM+ が Microsoft 分散トランザクション コーディネーターと通信できませんでした" というエラーでスナップショット拡張機能のインストールが失敗しましたInstallation of snapshot extension failed with error - COM+ was unable to talk to the Microsoft Distributed Transaction Coordinator 管理者特権でのコマンド プロンプトで、Windows サービス "COM+ システム アプリケーション" を開始します (例: net start COMSysApp)。From an elevated command prompt, start Windows service "COM+ System Application", for example net start COMSysApp.
サービスの開始が失敗する場合は、次のようにします。If the service fails to start, then:
  1. サービスのログオン アカウントが "分散トランザクション コーディネーター" または "ネットワーク サービス" であることを確認します。Make sure the Log on account of service "Distributed Transaction Coordinator" is "Network Service". そうでない場合は、ログオン アカウントを "ネットワーク サービス" に変更してサービスを再度開始し、"COM+ システム アプリケーション" を開始してみます。If it's not, change the Log on account to "Network Service", restart the service, and then try to start "COM+ System Application".'
  2. "COM+ システム アプリケーション" が開始しない場合は、次の手順で "分散トランザクション コーディネーター" サービスをアンインストール/インストールします。If "COM+ System Application won't start, use the following steps to uninstall/install service "Distributed Transaction Coordinator":
    - MSDTC サービスを停止します- Stop the MSDTC service
    - コマンド プロンプト (cmd) を開きます- Open a command prompt (cmd)
    - コマンド msdtc -uninstall を実行します- Run command msdtc -uninstall
    - コマンド msdtc -install を実行します- Run command msdtc -install
    - MSDTC サービスを起動します- Start the MSDTC service
  3. Windows サービス "COM+ システム アプリケーション" を開始します。Start windows service "COM+ System Application". "COM+ システム アプリケーション" が開始したら、Azure portal からバックアップ ジョブをトリガーします。Once "COM+ System Application starts, trigger a backup job from the Azure portal.
COM+ エラーが発生したため、スナップショット操作に失敗しましたSnapshot operation failed due to COM+ error 推奨される操作は、Windows サービス "COM+ System Application" を再起動 (管理者特権でのコマンド プロンプトから net start COMSysApp を実行) することです。The recommended action is to restart windows service "COM+ System Application" (from an elevated command prompt - net start COMSysApp). 問題が解決しない場合は、VM を再起動します。If the issue persists, restart the VM. VM を再起動しても問題が解決しない場合は、VMSnapshot 拡張機能を削除してバックアップを手動でトリガーしてみてください。If restarting the VM doesn't help, try removing the VMSnapshot Extension and trigger the backup manually.
ファイル システムの一貫性のあるスナップショットの取得で VM の 1 つまたは複数のマウント ポイントをフリーズできませんでしたFailed to freeze one or more mount-points of the VM to take a file-system consistent snapshot 次の手順に従います。Use the following steps:
  1. 'tune2fs' コマンドを使用して、マウントされているすべてのデバイスのファイル システムの状態を確認します。Check the file-system state of all mounted devices using 'tune2fs' command.
    Eg: tune2fs -l /dev/sdb1 | grep "Filesystem state"Eg: tune2fs -l /dev/sdb1 | grep "Filesystem state"
  2. ファイル システムの状態がクリーンではないデバイスを、'umount' コマンドを使用してマウント解除します。Unmount the devices for which filesystem state is not clean using 'umount' command
  3. これらのデバイスで、'fsck' コマンドを使用して FileSystemConsistency チェックを実行します。Run FileSystemConsistency Check on these devices using 'fsck' command
  4. デバイスを再度マウントして、バックアップをやり直します。Mount the devices again and try backup.
セキュリティで保護されたネットワーク通信チャネルを作成できないため、スナップショット操作が失敗しましたSnapshot operation failed due to failure in creating secure network communication channel
  1. 管理者特権モードで regedit.exe を実行してレジストリ エディターを開きます。Open Registry Editor by running regedit.exe in an elevated mode.
  2. お使いのシステムに存在する .NET Framework のすべてのバージョンを識別します。Identify all versions of .NET Framework present in your system. それらは、レジストリ キーの階層 "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft" の下にあります。They are present under the hierarchy of registry key "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft"
  3. レジストリ キー内に存在する各 .NET Framework に対して、次のキーを追加します。For each .Net Framework present in registry key, add following key:
    "SchUseStrongCrypto"=dword:00000001"SchUseStrongCrypto"=dword:00000001
Visual Studio 2012 用の Visual C++ 再配布可能プログラムをインストールできないため、スナップショット操作が失敗しましたSnapshot operation failed due to failure in installation of Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2012 C:\Packages\Plugins\Microsoft.Azure.RecoveryServices.VMSnapshot\agentVersion に移動し、vcredist2012_x64 をインストールします。Navigate to C:\Packages\Plugins\Microsoft.Azure.RecoveryServices.VMSnapshot\agentVersion and install vcredist2012_x64. このサービスのインストールを許可するレジストリ キー値が正しい値に設定されていることを確認します。つまり、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Msiserver は 4 ではなく 3 に設定されている必要があります。Make sure that registry key value for allowing this service installation is set to correct value i.e. value of registry key HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Msiserver is set to 3 and not 4. インストールに関する問題が解消されない場合は、管理者特権でコマンド プロンプトから MSIEXEC /UNREGISTERMSIEXEC /REGISTER を続けて実行して、インストール サービスを再起動します。If you are still facing issues with installation, restart installation service by running MSIEXEC /UNREGISTER followed by MSIEXEC /REGISTER from an elevated command prompt.

[ジョブ]Jobs

エラーの詳細Error details 対処法Workaround
このジョブの種類では取り消しがサポートされていません - ジョブが完了するまでお待ちください。Cancellation is not supported for this job type - Please wait until the job completes. なしNone
ジョブが取り消しできる状態にありません - ジョブが完了するまでお待ちください。The job is not in a cancelable state - Please wait until the job completes.
またはOR
選択したジョブは取り消しできる状態にありません - ジョブが完了するまでお待ちください。The selected job is not in a cancelable state - Please wait for the job to complete.
多くの場合、ジョブはほぼ完了しています。In all likelihood, the job is almost completed. ジョブが完了するまでお待ちください。Please wait until the job is completed.
進行中ではないためジョブを取り消すことができません - 取り消しがサポートされているのは、進行中のジョブだけです。Cannot cancel the job because it is not in progress - Cancellation is only supported for jobs which are in progress. 進行中のジョブの取り消しを試してください。Please attempt cancel on an in progress job. これは一時的な状態が原因で発生しています。This happens due to a transitory state. しばらく待ってから取り消し操作をやり直してください。Wait for a minute and retry the cancel operation.
ジョブを取り消すことができませんでした - ジョブが終了するまでお待ちください。Failed to cancel the Job - Please wait till job finishes. なしNone

復元Restore

エラーの詳細Error details 対処法Workaround
クラウドの内部エラーの復元に失敗しましたRestore failed with Cloud Internal error
  1. 復元を試みているクラウド サービスが DNS 設定で構成されています。Cloud service to which you are trying to restore is configured with DNS settings. 次の内容をチェックすることができます。You can check
    $deployment = Get-AzureDeployment -ServiceName "ServiceName" -Slot "Production" Get-AzureDns -DnsSettings $deployment.DnsSettings$deployment = Get-AzureDeployment -ServiceName "ServiceName" -Slot "Production" Get-AzureDns -DnsSettings $deployment.DnsSettings
    構成済みのアドレスがある場合は、DNS 設定が構成済みです。If there is Address configured, this means that DNS settings are configured.
  2. 復元を試みているクラウド サービスが ReservedIP で構成されていて、クラウド サービスの既存の VM が停止状態になっています。Cloud service to which to you are trying to restore is configured with ReservedIP and existing VMs in cloud service are in stopped state.
    次の PowerShell コマンドレットを使用して、クラウド サービスに予約済み IP があることを確認できます。You can check a cloud service has reserved IP by using following powershell cmdlets:
    $deployment = Get-AzureDeployment -ServiceName "servicename" -Slot "Production" $dep.ReservedIPName$deployment = Get-AzureDeployment -ServiceName "servicename" -Slot "Production" $dep.ReservedIPName
  3. 次の特殊なネットワーク構成の仮想マシンを同じクラウド サービスに復元しようとしています。You are trying to restore a virtual machine with following special network configurations in to same cloud service.
    - ロード バランサー構成 (内部および外部の) での仮想マシン- Virtual machines under load balancer configuration (Internal and external)
    - 複数の予約済み IP を持つ仮想マシン- Virtual machines with multiple Reserved IPs
    - 複数の NIC を持つ仮想マシン- Virtual machines with multiple NICs
    UI で新しいクラウド サービスを選択するか、特殊なネットワーク構成の VM の復元に関する考慮事項を参照してください。Please select a new cloud service in the UI or please refer to restore considerations for VMs with special network configurations.
選択した DNS 名は既に使用されています - 別の DNS 名を指定してからやり直してください。The selected DNS name is already taken - Please specify a different DNS name and try again. この場合、DNS 名はクラウド サービス名 (通常、末尾に cloudapp.net が付いています) を表します。The DNS name here refers to the cloud service name (usually ending with .cloudapp.net). これは一意である必要があります。This needs to be unique. このエラーが発生した場合は、復元中に別の VM の名前を選択する必要があります。If you encounter this error, you need to choose a different VM name during restore.

このエラーは Azure Portal のユーザーのみに表示されます。This error is shown only to users of the Azure portal. PowerShell による復元操作は、ディスクを復元するだけで、VM を作成しないため、成功します。The restore operation through PowerShell will succeed because it only restores the disks and doesn't create the VM. ディスクの復元操作後に VM を明示的に作成すると、このエラーが発生します。The error will be faced when the VM is explicitly created by you after the disk restore operation.
指定された仮想ネットワークの構成が正しくありません - 別の仮想ネットワークの構成を指定してからやり直してください。The specified virtual network configuration is not correct - Please specify a different virtual network configuration and try again. なしNone
指定したクラウド サービスでは、復元対象の仮想マシンの構成と一致しない予約済み IP が使用されています。予約済み IP を使用していない別のクラウド サービスを指定するか、復元元に別の回復ポイントを選択してください。The specified cloud service is using a reserved IP, which doesn't match with the configuration of the virtual machine being restored - Please specify a different cloud service, which is not using reserved IP, or choose another recovery point to restore from. なしNone
クラウド サービスが入力エンドポイントの数に制限に達しました - 別のクラウド サービスを指定するか既存のエンドポイントを使用して、操作をやり直してください。Cloud service has reached limit on number of input end points - Retry the operation by specifying a different cloud service or by using an existing endpoint. なしNone
Recovery Services コンテナーと対象のストレージ アカウントが 2 つの異なるリージョンに存在します - 復元操作で指定したストレージ アカウントが、Recovery Services コンテナーと同じ Azure リージョンに存在するようにしてください。Recovery Services vault and target storage account are in two different regions - Make sure the storage account specified in the restore operation, is in the same Azure region as your Recovery Services vault. なしNone
復元操作に指定されたストレージ アカウントがサポートされていません - サポートされているのは、ローカル冗長レプリケーションまたは geo 冗長レプリケーションの設定が指定された Basic または Standard ストレージ アカウントのみです。Storage Account specified for the restore operation is not supported - Only Basic/Standard storage accounts with locally redundant or geo redundant replication settings are supported. サポートされているストレージ アカウントを選択してください。Please select a supported storage account なしNone
復元操作に指定されたストレージ アカウントの種類がオンラインではありません - 復元操作で指定したストレージ アカウントがオンラインであることを確認してください。Type of Storage Account specified for restore operation is not online - Make sure that the storage account specified in restore operation is online これは、Azure Storage の一時的なエラーや障害が原因で発生する可能性があります。This might happen because of a transient error in Azure Storage or due to an outage. 別のストレージ アカウントを選択してください。Please choose another storage account.
リソース グループのクォータに達しました - Azure ポータルの一部のリソース グループを削除するか、Azure サポートに問い合わせて上限を引き上げてください。Resource Group Quota has been reached - Please delete some resource groups from Azure portal or contact Azure support to increase the limits. なしNone
選択したサブネットが存在しません - 存在するサブネットを選択してください。Selected subnet does not exist - Please select a subnet which exists なしNone
Backup サービスは、サブスクリプション内のリソースへのアクセスが承認されていません。Backup Service does not have authorization to access resources in your subscription. これを解決するには、「VM の復元構成の選択」のバックアップされたディスクの復元に関するセクションで説明されている手順に従って、最初にディスクを復元します。To resolve this, first Restore Disks using steps mentioned in section Restore backed up disks in Choosing VM restore configuration. その後、「復元されたディスクからの VM の作成」で説明されている PowerShell の手順を使用して、復元されたディスクから完全な VM を作成します。After that, use PowerShell steps mentioned in Create a VM from restored disks to create full VM from restored disks.

バックアップまたは復元に要する時間Backup or Restore taking time

バックアップが 12 時間以上、または復元が 6 時間以上かかる場合は、次のことを行います。If you see your backup(>12 hours) or restore taking time(>6 hours):

VM エージェントVM Agent

VM エージェントの設定Setting up the VM Agent

通常、VM エージェントは、Azure ギャラリーから作成された仮想マシン内に既に存在しています。Typically, the VM Agent is already present in VMs that are created from the Azure gallery. しかし、オンプレミスのデータセンターから移行された仮想マシンには VM エージェントがインストールされていません。However, virtual machines that are migrated from on-premises datacenters would not have the VM Agent installed. このような VM については、VM エージェントを明示的にインストールする必要があります。For such VMs, the VM Agent needs to be installed explicitly.

Windows VM の場合:For Windows VMs:

  • エージェント MSIをダウンロードしてインストールします。Download and install the agent MSI. インストールを実行するには、管理者特権が必要です。You need Administrator privileges to complete the installation.
  • 従来の仮想マシンの場合は、VM のプロパティを更新して、エージェントがインストールされたことを示します。For Classic virtual machines, Update the VM property to indicate that the agent is installed. この手順は、Resource Manager 仮想マシンの場合は必要ありません。This step is not required for Resource Manager virtual machines.

Linux VM の場合:For Linux VMs:

VM エージェントの更新Updating the VM Agent

Windows VM の場合:For Windows VMs:

  • VM エージェントを更新するには、VM エージェント バイナリを再インストールします。To update the VM Agent, reinstall the VM Agent binaries. エージェントを更新する前に、VM エージェントの更新中にバックアップ操作が発生していないことを確認します。Before you update the agent, make sure no backup operations occur during the VM Agent update.

Linux VM の場合:For Linux VMs:

  • Linux VM エージェントを更新するには、Linux VM エージェントの更新に関する記事の手順に従います。To update the Linux VM Agent, follow the instructions in the article, Updating the Linux VM Agent. 常にディストリビューション リポジトリを使用してエージェントを更新する必要がありますYou should always use the distribution repository to update the agent. エージェントのコードを GitHub からダウンロードしないでください。Do not download the agent code from GitHub. お使いのディストリビューションで最新のエージェントを使用できない場合、最新のエージェントを入手する方法についてはディストリビューション サポートに問い合わせてください。If the latest agent isn't available for your distribution, reach out to the distribution support for instructions on acquiring the latest agent. GitHub リポジトリで Windows Azure Linux エージェントの最新情報を確認することもできます。You can also check the latest Windows Azure Linux agent information in the GitHub repository.

VM エージェントのインストールの検証Validating VM Agent installation

Windows VM 上で VM エージェントのバージョンを確認するには:To verify the VM Agent version on Windows VMs:

  1. Azure 仮想マシンにサインインし、C:\WindowsAzure\Packages フォルダーに移動します。Sign in to the Azure virtual machine and navigate to the folder C:\WindowsAzure\Packages. WaAppAgent.exe ファイルを探します。You should find the WaAppAgent.exe file present.
  2. このファイルを右クリックして [プロパティ] をクリックし、[詳細] タブを選択します。[製品バージョン] が 2.6.1198.718 以上であることを確認します。Right-click the file, go to Properties, and then select the Details tab. The Product Version field should be 2.6.1198.718 or higher

VM スナップショットに関する問題のトラブルシューティングTroubleshoot VM Snapshot Issues

VM のバックアップは、基礎をなすストレージへのスナップショット コマンドの発行に依存します。VM backup relies on issuing snapshot commands to underlying storage. ストレージにアクセスできなかったり、スナップショット タスクの実行が遅延したりすると、バックアップ ジョブが失敗することがあります。Not having access to storage, or delays in a snapshot task execution can cause the backup job to fail. 次の場合にスナップショットのタスクが失敗することがあります。The following can cause snapshot task failure.

  1. NSG を使用してストレージへのネットワーク アクセスがブロックされていますNetwork access to Storage is blocked using NSG
    IP のホワイトリスト登録またはプロキシ サーバーを使用してストレージへのネットワーク アクセスを有効にする方法の詳細を参照してください。Learn more on how to enable network access to Storage using either WhiteListing of IPs or through proxy server.
  2. SQL Server のバックアップが構成されている VM はスナップショット タスクの遅延を引き起こすことがあります VMs with Sql Server backup configured can cause snapshot task delay
    既定では、VM バックアップによって Windows VM 上に VSS フル バックアップが作成されます。By default, VM backup creates a VSS full backup on Windows VMs. SQL Server を実行していて SQL Server のバックアップを構成されている VM では、スナップショットの遅延が発生する可能性があります。VMs running SQL Server, with SQL Server backup configured, can experience snapshot delays. スナップショットの遅延が原因でバックアップが失敗する場合は、次のレジストリ キー設定します。If snapshot delays cause backup failures, set following registry key.

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\BCDRAGENT]
    "USEVSSCOPYBACKUP"="TRUE"
    
  3. VM が RDP でシャットダウンされているため、VM の状態が正しく報告されません。VM status reported incorrectly because VM is shut down in RDP.
    リモート デスクトップを使用して仮想マシンをシャットダウンした場合は、ポータルで VM の状態が正しいことを確認します。If you used the remote desktop to shut down the virtual machine, verify the VM status in the portal is correct. 状態が正しくない場合は、ポータルの VM ダッシュボードの [シャットダウン] オプションを使用して VM をシャットダウンします。If the status isn't correct, use the Shutdown option in the portal VM dashboard to shut down the VM.

  4. 5 つ以上の VM が同じクラウド サービスを共有している場合は、VM を複数のバックアップ ポリシーに分散します。If more than four VMs share the same cloud service, spread the VMs across multiple backup policies. 4 つより多くの VM バックアップが同時に開始しないように、バックアップ時刻を調整します。Stagger the backup times so no more than four VM backups start at the same time. ポリシーで開始時刻が 1 時間以上離れるようにしてください。Try to separate the start times in the policies by at least an hour.
  5. VM の CPU/メモリの使用率が高くなっています。VM is running at High CPU/Memory.
    仮想マシンのメモリまたは CPU の使用率が高くなる (90% 超) と、スナップショット タスクがキューに格納され、遅延して、最終的にはタイムアウトします。これが発生した場合は、オンデマンド バックアップを試してください。If the virtual machine is running at high memory or CPU usage(>90%), your snapshot task is queued, delayed and eventually times-out. If this happens, try an on-demand backup.


ネットワークNetworking

Backup 拡張機能は、他の拡張機能と同様に、パブリックなインターネットへのアクセスが必要です。Like all extensions, Backup extension need access to the public internet to work. パブリック インターネットにアクセスできない場合、さまざまな問題が発生する可能性があります。Not having access to the public internet can manifest itself in various ways:

  • 拡張機能のインストールが失敗するThe extension installation can fail
  • ディスク スナップショットなどのバックアップ操作が失敗するThe backup operations (like disk snapshot) can fail
  • バックアップ操作の状態を表示できないDisplaying the status of the backup operation can fail

パブリックなインターネット アドレスを解決する必要性については、 この記事をご覧ください。The need for resolving public internet addresses has been articulated here. VNET 用の DNS 構成を確認し、Azure の URI が解決できることを確認する必要があります。You need to check the DNS configurations for the VNET and ensure that the Azure URIs can be resolved.

名前解決が正しく実行された後で、Azure IP へのアクセスも提供する必要があります。Once the name resolution is done correctly, access to the Azure IPs also needs to be provided. Azure インフラストラクチャへのアクセスのブロックを解除するには、次のいずれかの手順に従います。To unblock access to the Azure infrastructure, follow one of these steps:

  1. Azure データ センターの IP 範囲をホワイトリストに登録する。WhiteList the Azure datacenter IP ranges.
    • ホワイトリストに登録する Azure データセンター IP の一覧を取得します。Get the list of Azure datacenter IPs to be whitelisted.
    • New-NetRoute コマンドレットを使用して、IP アドレスのブロックを解除します。Unblock the IPs using the New-NetRoute cmdlet. 管理者特権の PowerShell ウィンドウ (管理者として実行) で、Azure VM 内でこのコマンドレットを実行します。Run this cmdlet within the Azure VM, in an elevated PowerShell window (run as Administrator).
    • 規則を NSG に追加して IP にアクセスできるようにします (NSG を使用している場合)。Add rules to the NSG (if you have one in place) to allow access to the IPs.
  2. フローに対する HTTP トラフィック用のパスを作成するCreate a path for HTTP traffic to flow
    • 何らかのネットワーク制限 (ネットワーク セキュリティ グループなど) を設定している場合は、トラフィックをルーティングするための HTTP プロキシ サーバーをデプロイします。If you have some network restriction in place (a Network Security Group, for example) deploy an HTTP proxy server to route the traffic. HTTP プロキシ サーバーをデプロイする手順は、こちらを参照してください。Steps to deploy an HTTP Proxy server can found here.
    • 規則を NSG に追加して HTTP プロキシからインターネットにアクセスできるようにします (NSG を使用している場合)。Add rules to the NSG (if you have one in place) to allow access to the INTERNET from the HTTP Proxy.

注意

IaaS VM Backup が正しく機能するためには、ゲスト内で DHCP が有効になっている必要があります。DHCP must be enabled inside the guest for IaaS VM Backup to work. 静的プライベート IP が必要な場合は、プラットフォームを通じて構成する必要があります。If you need a static private IP, you should configure it through the platform. VM 内の DHCP オプションは有効のままにしておいてください。The DHCP option inside the VM should be left enabled. 詳細については、 静的内部プライベート IP の設定に関する記事をご覧ください。View more information about Setting a Static Internal Private IP.