Azure 仮想マシンでのバックアップ エラーのトラブルシューティングTroubleshooting backup failures on Azure virtual machines

次の情報を使って、Azure Backup の使用中に発生したエラーのトラブルシューティングを行うことができます。You can troubleshoot errors encountered while using Azure Backup with the information listed below:

バックアップBackup

このセクションでは、Azure 仮想マシンのバックアップ操作のエラーについて説明します。This section covers backup operation failure of Azure Virtual machine.

基本的なトラブルシューティングBasic troubleshooting

  • VM エージェント (WA エージェント) が最新バージョンであることを確認します。Ensure that the VM Agent (WA Agent) is the latest version.
  • Windows または Linux の VM OS バージョンがサポートされていることを確認します。「Azure VM バックアップのサポート マトリックス」を参照してください。Ensure that the Windows or Linux VM OS version is supported, refer to the IaaS VM Backup Support Matrix.
  • 別のバックアップ サービスが実行されていないことを確認します。Verify that another backup service is not running.
  • VM がインターネットに接続されていることを確認します。Verify that the VM has internet connectivity.
    • 別のバックアップ サービスが実行されていないことを確認します。Make sure another backup service is not running.
  • Services.msc から、Windows Azure ゲスト エージェント サービスが実行中であることを確認します。From Services.msc, ensure the Windows Azure Guest Agent service is Running. Windows Azure ゲスト エージェント サービスが見つからない場合は、Recovery Services コンテナーの Azure VM をバックアップする方法の記事を参照してインストールします。If the Windows Azure Guest Agent service is missing, install it from Back up Azure VMs in a Recovery Services vault.
  • [イベント ログ] には、Windows Server バックアップなどの他のバックアップ製品が原因であり、Azure Backup が原因ではないバックアップの失敗が表示される場合があります。The Event log may show backup failures that are from other backup products, for example, Windows Server backup, and are not due to Azure backup. 次の手順を使用して、Azure Backup に関する問題かどうかを確認します。Use the following steps to determine whether the issue is with Azure Backup:
    • イベント ソースまたはメッセージのエントリの [バックアップ] でエラーが発生した場合は、Azure IaaS VM Backup のバックアップが成功したかどうかと、目的のスナップショットの種類で復元ポイントが作成されたかどうかを確認します。If there is an error with an entry Backup in the event source or message, check whether Azure IaaS VM Backup backups were successful, and whether a Restore Point was created with the desired snapshot type.
    • Azure Backup が機能している場合は、別のバックアップ ソリューションの問題である可能性があります。If Azure Backup is working, then the issue is likely with another backup solution.
    • Azure Backup が正常に動作していても "Windows Server バックアップ" に失敗したイベント ビューアー エラー 517 の例を次に示します。Here is an example of an event viewer error 517 where Azure backup was working fine but "Windows Server Backup" was failing:
      Windows Server バックアップの失敗Windows Server Backup failing
    • Azure Backup が失敗した場合は、この記事の「一般的な VM バックアップのエラー」セクションの対応するエラー コードを確認してください。If Azure Backup is failing, then look for the corresponding Error Code in the section Common VM backup errors in this article.

一般的な問題Common issues

Azure 仮想マシンでのバックアップ エラーに関する一般的な問題を次に示します。The following are common issues with backup failures on Azure virtual machines.

CopyingVHDsFromBackUpVaultTakingLongTime - コンテナーからのバックアップされたデータのコピーがタイムアウトしましたCopyingVHDsFromBackUpVaultTakingLongTime - Copying backed up data from vault timed out

エラー コード:CopyingVHDsFromBackUpVaultTakingLongTime Error code: CopyingVHDsFromBackUpVaultTakingLongTime 
エラー メッセージ:コンテナーからのバックアップされたデータのコピーがタイムアウトしましたError message: Copying backed up data from vault timed out

これは、バックアップ サービスがタイムアウト期間内にデータをコンテナーに転送するときの一時的なストレージ エラーまたはストレージ アカウント IOPS の不足のために発生することがあります。This could happen due to transient storage errors or insufficient storage account IOPS for backup service to transfer data to the vault within the timeout period. これらのベスト プラクティスを使用して VM バックアップを構成し、バックアップ操作を再試行します。Configure VM backup using these best practices and retry the backup operation.

UserErrorVmNotInDesirableState - VM がバックアップできる状態にありませんUserErrorVmNotInDesirableState - VM is not in a state that allows backups.

エラー コード:UserErrorVmNotInDesirableStateError code: UserErrorVmNotInDesirableState
エラー メッセージ:VM はバックアップできる状態ではありません。Error message: VM is not in a state that allows backups.

VM が [失敗] 状態にあるため、バックアップ操作に失敗しました。The backup operation failed because the VM is in Failed state. バックアップに成功するには、VM の状態が [実行中]、[停止済み]、または [停止済み (割り当て解除)] である必要があります。For a successful backup, the VM state should be Running, Stopped, or Stopped (deallocated).

  • VM が実行シャットダウンの間の一時的な状態である場合は、状態が変わるのを待ちます。If the VM is in a transient state between Running and Shut down, wait for the state to change. その後、バックアップ ジョブをトリガーします。Then trigger the backup job.
  • VM が Linux VM で、Security-Enhanced Linux カーネル モジュールが使用されている場合は、Azure Linux エージェントのパス /var/lib/waagent をセキュリティ ポリシーから除外して、Backup 拡張機能が確実にインストールされるようにします。If the VM is a Linux VM and uses the Security-Enhanced Linux kernel module, exclude the Azure Linux Agent path /var/lib/waagent from the security policy and make sure the Backup extension is installed.

UserErrorFsFreezeFailed - ファイル システム整合性スナップショットの取得で VM の 1 つ以上のマウント ポイントの凍結に失敗しましたUserErrorFsFreezeFailed - Failed to freeze one or more mount-points of the VM to take a file-system consistent snapshot

エラー コード:UserErrorFsFreezeFailedError code: UserErrorFsFreezeFailed
エラー メッセージ:ファイル システム整合性スナップショットの取得で VM の 1 つ以上のマウント ポイントの凍結に失敗しました。Error message: Failed to freeze one or more mount-points of the VM to take a file-system consistent snapshot.

  • tune2fs コマンド (たとえば、tune2fs -l /dev/sdb1 \ .| grep Filesystem state) を使用して、マウントされているすべてのデバイスのファイル システム状態を確認します。Check the file system state of all mounted devices using the tune2fs command, for example tune2fs -l /dev/sdb1 \.| grep Filesystem state.
  • umount コマンドを使用して、ファイル システム状態がクリーニングされなかったデバイスをマウント解除します。Unmount the devices for which the file system state was not cleaned, using the umount command.
  • fsck コマンドを使用して、これらのデバイスに対してファイル システム整合性チェックを実行します。Run a file system consistency check on these devices by using the fsck command.
  • これらのデバイスを再度マウントし、バックアップ操作を再試行します。Mount the devices again and retry backup operation.

ExtensionSnapshotFailedCOM/ExtensionInstallationFailedCOM/ExtensionInstallationFailedMDTC - COM+ エラーのために拡張機能のインストール/操作に失敗しましたExtensionSnapshotFailedCOM / ExtensionInstallationFailedCOM / ExtensionInstallationFailedMDTC - Extension installation/operation failed due to a COM+ error

エラー コード:ExtensionSnapshotFailedCOMError code: ExtensionSnapshotFailedCOM
エラー メッセージ:COM+ エラーが発生したため、スナップショット操作に失敗しましたError message: Snapshot operation failed due to COM+ error

エラー コード:ExtensionInstallationFailedCOMError code: ExtensionInstallationFailedCOM
エラー メッセージ:COM+ エラーのために拡張機能のインストール/操作に失敗しましたError message: Extension installation/operation failed due to a COM+ error

エラー コード:ExtensionInstallationFailedMDTCError code: ExtensionInstallationFailedMDTC
エラー メッセージ:"COM+: Microsoft 分散トランザクション コーディネーターと通信できませんでした" というエラーで拡張機能のインストールが失敗しました。Error message: Extension installation failed with the error "COM+ was unable to talk to the Microsoft Distributed Transaction Coordinator

Windows サービス COM+ System Application での問題のためにバックアップ操作に失敗しました。The Backup operation failed due to an issue with Windows service COM+ System application. この問題を解決するには、次の手順に従ってください。To resolve this issue, follow these steps:

  • Windows サービス COM+ System Application の起動/再起動を試みます (管理者特権でのコマンド プロンプトから - net start COMSysApp)。Try starting/restarting Windows service COM+ System Application (from an elevated command prompt - net start COMSysApp).
  • 分散トランザクション コーディネーター サービスがネットワーク サービス アカウントとして実行されていることを確認します。Ensure Distributed Transaction Coordinator service is running as Network Service account. そうでない場合は、ネットワーク サービス アカウントとして実行されるように変更し、COM+ System Application を再起動します。If not, change it to run as Network Service account and restart COM+ System Application.
  • このサービスを再起動できない場合は、次の手順に従って分散トランザクション コーディネーター サービスを再インストールします。If unable to restart the service, then reinstall Distributed Transaction Coordinator service by following the below steps:
    • MSDTC サービスを停止しますStop the MSDTC service
    • コマンド プロンプト (cmd) を開きますOpen a command prompt (cmd)
    • コマンド "msdtc -uninstall" を実行しますRun command “msdtc -uninstall”
    • コマンド "msdtc -install" を実行しますRun command “msdtc -install”
    • MSDTC サービスを起動しますStart the MSDTC service
  • Windows サービス COM+ システム アプリケーションを開始します。Start the Windows service COM+ System Application. COM+ システム アプリケーションが開始したら、Azure portal からバックアップ ジョブをトリガーします。After the COM+ System Application starts, trigger a backup job from the Azure portal.

ExtensionFailedVssWriterInBadState - VSS ライターが正しくない状態にあるため、スナップショット操作に失敗しましたExtensionFailedVssWriterInBadState - Snapshot operation failed because VSS writers were in a bad state

エラー コード:ExtensionFailedVssWriterInBadStateError code: ExtensionFailedVssWriterInBadState
エラー メッセージ:VSS ライターが正しくない状態にあるため、スナップショット操作に失敗しました。Error message: Snapshot operation failed because VSS writers were in a bad state.

状態が正しくない VSS ライターを再起動します。Restart VSS writers that are in a bad state. 管理者特権でのコマンド プロンプトから、vssadmin list writers を実行します。From an elevated command prompt, run vssadmin list writers. 出力には、すべての VSS ライターとそれらの状態が含まれています。The output contains all VSS writers and their state. [1] 安定状態ではない VSS ライターすべてに対して、VSS ライターを再起動するには、管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。For every VSS writer with a state that's not [1] Stable, to restart VSS writer, run the following commands from an elevated command prompt:

  • net stop serviceName
  • net start serviceName

ExtensionConfigParsingFailure - バックアップ拡張機能の構成の解析に失敗しましたExtensionConfigParsingFailure - Failure in parsing the config for the backup extension

エラー コード:ExtensionConfigParsingFailureError code: ExtensionConfigParsingFailure
エラー メッセージ:バックアップ拡張機能の構成の解析に失敗しました。Error message: Failure in parsing the config for the backup extension.

このエラーは、次の MachineKeys ディレクトリでアクセス許可が変更されたために発生します。 %systemdrive%\programdata\microsoft\crypto\rsa\machinekeysThis error happens because of changed permissions on the MachineKeys directory: %systemdrive%\programdata\microsoft\crypto\rsa\machinekeys. コマンド icacls %systemdrive%\programdata\microsoft\crypto\rsa\machinekeys を実行し、MachineKeys ディレクトリのアクセス許可が既定のものであることを確認してください。Run the following command and verify that permissions on the MachineKeys directory are default ones:icacls %systemdrive%\programdata\microsoft\crypto\rsa\machinekeys.

既定のアクセス許可は、次のとおりです。Default permissions are as follows:

  • Everyone:(R,W)Everyone: (R,W)
  • BUILTIN\Administrators:(F)BUILTIN\Administrators: (F)

MachineKeys ディレクトリで既定以外のアクセス許可が表示される場合は、以下の手順に従って、アクセス許可の修正、証明書の削除、バックアップのトリガーを行ってください。If you see permissions in the MachineKeys directory that are different than the defaults, follow these steps to correct permissions, delete the certificate, and trigger the backup:

  1. MachineKeys ディレクトリのアクセス許可を修正します。Fix permissions on the MachineKeys directory. ディレクトリで Explorer のセキュリティ プロパティやセキュリティの詳細設定を使用して、アクセス許可を既定値にリセットします。By using Explorer security properties and advanced security settings in the directory, reset permissions back to the default values. ディレクトリから (既定値以外の) ユーザー オブジェクトをすべて削除し、Everyone アクセス許可に次のような特殊なアクセス許可があることを確認します。Remove all user objects except the defaults from the directory and make sure the Everyone permission has special access as follows:

    • フォルダーの一覧/データの読み取りList folder/read data
    • 属性の読み取りRead attributes
    • 拡張属性の読み取りRead extended attributes
    • ファイルの作成/データの書き込みCreate files/write data
    • フォルダーの作成/データの追加Create folders/append data
    • 属性の書き込みWrite attributes
    • 拡張属性の書き込みWrite extended attributes
    • 読み取りアクセス許可Read permissions
  2. 発行先がクラシック デプロイ モデルまたは Windows Azure CRP Certificate Generator であるすべての証明書を削除します。Delete all certificates where Issued To is the classic deployment model or Windows Azure CRP Certificate Generator:

  3. VM バックアップ ジョブをトリガーします。Trigger a VM backup job.

ExtensionStuckInDeletionState - 拡張機能の状態がバックアップ操作に対応していませんExtensionStuckInDeletionState - Extension state is not supportive to backup operation

エラー コード:ExtensionStuckInDeletionState Error code: ExtensionStuckInDeletionState 
エラー メッセージ:拡張機能の状態がバックアップ操作に対応していませんError message: Extension state is not supportive to backup operation

バックアップ拡張機能の整合性のない状態のためにバックアップ操作に失敗しました。The Backup operation failed due to inconsistent state of Backup Extension. この問題を解決するには、次の手順に従ってください。To resolve this issue, follow these steps:

  • ゲスト エージェントがインストールされ、応答していることを確認しますEnsure Guest Agent is installed and responsive
  • Azure portal から、 [仮想マシン] > [すべての設定] > [拡張機能] に移動します。From the Azure portal, go to Virtual Machine > All Settings > Extensions
  • バックアップ拡張機能 VmSnapshot または VmSnapshotLinux を選択し、 [アンインストール] をクリックしますSelect the backup extension VmSnapshot or VmSnapshotLinux and click Uninstall
  • バックアップ拡張機能を削除した後、バックアップ操作を再試行しますAfter deleting backup extension, retry the backup operation
  • 以降のバックアップ操作によって、新しい拡張機能が適切な状態でインストールされますThe subsequent backup operation will install the new extension in the desired state

ExtensionFailedSnapshotLimitReachedError - 接続されている一部のディスクでスナップショットの制限を超えたため、スナップショット操作に失敗しましたExtensionFailedSnapshotLimitReachedError - Snapshot operation failed as snapshot limit is exceeded for some of the disks attached

エラー コード:ExtensionFailedSnapshotLimitReachedError  Error code: ExtensionFailedSnapshotLimitReachedError  
エラー メッセージ:接続されている一部のディスクでスナップショットの制限を超えたため、スナップショット操作に失敗しましたError message: Snapshot operation failed as snapshot limit is exceeded for some of the disks attached

接続されている一部のディスクでスナップショットの制限を超えたため、スナップショット操作に失敗しました。The snapshot operation failed as the snapshot limit has exceeded for some of the disks attached. 次のトラブルシューティング手順を完了してから、操作を再試行してください。Complete the below troubleshooting steps and then retry the operation.

  • 必要のないディスク BLOB スナップショットを削除します。Delete the disk blob-snapshots that are not required. ディスク BLOB を削除しないように注意してください。削除するのはスナップショット BLOB だけです。Be cautious to not delete Disk blob, only snapshot blobs should be deleted.

  • VM ディスクのストレージ アカウントで論理的な削除が有効になっている場合は、論理的な削除のリテンション期間を、常に既存のスナップショットが許可される最大値未満になるように構成します。If Soft-delete is enabled on VM disk Storage-Accounts, configure soft-delete retention such that existing snapshots are less than the maximum allowed at any point of time.

  • バックアップされた VM で Azure Site Recovery が有効になっている場合は、次の手順を実行します。If Azure Site Recovery is enabled in the backed-up VM, then perform the steps below:

    • /etc/azure/vmbackup.conf で isanysnapshotfailed の値が false に設定されていることを確認します。Ensure the value of isanysnapshotfailed is set as false in /etc/azure/vmbackup.conf
    • Azure Site Recovery をバックアップ操作と競合しないように別の時間にスケジュールします。Schedule Azure Site Recovery at a different time, such that it does not conflict the backup operation.

ExtensionFailedTimeoutVMNetworkUnresponsive - VM リソースの不足のためにスナップショット操作に失敗しました。ExtensionFailedTimeoutVMNetworkUnresponsive - Snapshot operation failed due to inadequate VM resources.

エラー コード:ExtensionFailedTimeoutVMNetworkUnresponsiveError code: ExtensionFailedTimeoutVMNetworkUnresponsive
エラー メッセージ:VM リソースの不足のためにスナップショット操作に失敗しました。Error message: Snapshot operation failed due to inadequate VM resources.

スナップショット操作の実行中のネットワーク呼び出しの遅延のために、VM でのバックアップ操作に失敗しました。Backup operation on the VM failed due to delay in network calls while performing the snapshot operation. この問題を解決するには、手順 1. を実行します。To resolve this issue, perform Step 1. 問題が解決しない場合は、手順 2. と 3. をお試しください。If the issue persists, try steps 2 and 3.

手順 1. :ホストを介してスナップショットを作成するStep 1: Create snapshot through Host

管理者特権での (管理者) コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。From an elevated (admin) command-prompt, run the below command:

REG ADD "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\BcdrAgentPersistentKeys" /v SnapshotMethod /t REG_SZ /d firstHostThenGuest /f
REG ADD "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\BcdrAgentPersistentKeys" /v CalculateSnapshotTimeFromHost /t REG_SZ /d True /f

これにより、ゲストではなくホストを介して確実にスナップショットが作成されます。This will ensure the snapshots are taken through host instead of Guest. バックアップ操作を再試行します。Retry the backup operation.

手順 2:VM の負荷が少ない (たとえば、CPU/IOps が低い) 時間帯へのバックアップ スケジュールの変更を試みます。Step 2: Try changing the backup schedule to a time when the VM is under less load (less CPU/IOps etc.)

手順 3:VM のサイズの増加を試み、操作を再試行します。Step 3: Try increasing the size of VM and retry the operation

一般的な VM バックアップのエラーCommon VM backup errors

エラーの詳細Error details 対処法Workaround
エラー コード:320001、ResourceNotFoundError code: 320001, ResourceNotFound
エラー メッセージ:VM が存在しないため、操作を実行できませんでした。Error message: Could not perform the operation as VM no longer exists.

エラー コード:400094、BCMV2VMNotFoundError code: 400094, BCMV2VMNotFound
エラー メッセージ:仮想マシンが存在しませんError message: The virtual machine doesn't exist

Azure 仮想マシンが見つかりませんでした。An Azure virtual machine wasn't found.
このエラーは、プライマリ VM が削除されているのに、バックアップ ポリシーによってバックアップする VM が引き続き検索される場合に発生します。This error happens when the primary VM is deleted, but the backup policy still looks for a VM to back up. このエラーを解決するには、次の手順を実行します。To fix this error, take the following steps:
  1. 同じ名前と同じリソース グループ名、クラウド サービス名を持つ仮想マシンを作成し直します。Re-create the virtual machine with the same name and same resource group name, cloud service name,
    oror
  2. バックアップ データを削除して、または削除しないで、仮想マシンの保護を停止します。Stop protecting the virtual machine with or without deleting the backup data. 詳細については、「仮想マシンの保護を停止する」を参照してください。For more information, see Stop protecting virtual machines.
エラー コード:UserErrorVmProvisioningStateFailedError code: UserErrorVmProvisioningStateFailed
エラー メッセージ:VM はプロビジョニングに失敗した状態です:Error message: The VM is in failed provisioning state:
VM を再起動し、VM が実行中とシャットダウンのいずれかの状態になっていることを確認します。Restart the VM and make sure the VM is running or shut down.
このエラーは、いずれかの拡張機能が失敗して、VM がプロビジョニングに失敗した状態になる場合に発生します。This error occurs when one of the extension failures puts the VM into failed provisioning state. 拡張機能の一覧に移動し、失敗した拡張機能があるかどうかを確認して、それを削除し、仮想マシンを再起動してみます。Go to the extensions list, check if there's a failed extension, remove it, and try restarting the virtual machine. すべての拡張機能が実行状態になっている場合は、VM エージェント サービスが実行されているかどうかを確認してください。If all extensions are in running state, check if the VM Agent service is running. されていない場合は、VM エージェント サービスを再起動します。If not, restart the VM Agent service.
エラー コード:UserErrorBCMPremiumStorageQuotaErrorError code: UserErrorBCMPremiumStorageQuotaError
エラー メッセージ:ストレージ アカウント内の空き領域の不足のために、仮想マシンのスナップショットをコピーできませんでしたError message: Could not copy the snapshot of the virtual machine, due to insufficient free space in the storage account
VM バックアップ スタック V1 の Premium VM の場合、スナップショットはストレージ アカウントにコピーされます。For premium VMs on VM backup stack V1, we copy the snapshot to the storage account. この手順により、スナップショット上で動作するバックアップ管理トラフィックが、プレミアム ディスクを使用するアプリケーションで利用できる IOPS の数を制限しないようになります。This step makes sure that backup management traffic, which works on the snapshot, doesn't limit the number of IOPS available to the application using premium disks.

ストレージ アカウントの合計領域の 50% (17.5 TB) のみを割り当てることをお勧めします。We recommend that you allocate only 50 percent, 17.5 TB, of the total storage account space. これにより、Azure Backup サービスが、スナップショットをストレージ アカウントにコピーし、ストレージ アカウント内のこのコピーされた場所からコンテナーにデータを転送することができます。Then the Azure Backup service can copy the snapshot to the storage account and transfer data from this copied location in the storage account to the vault.
エラー コード:380008、AzureVmOfflineError code: 380008, AzureVmOffline
エラー メッセージ:仮想マシンが実行されていないため、Microsoft Recovery Services の拡張機能をインストールできませんでしたError message: Failed to install Microsoft Recovery Services extension as virtual machine is not running
VM エージェントは、Azure Recovery Services 拡張機能の前提条件です。The VM Agent is a prerequisite for the Azure Recovery Services extension. Azure 仮想マシン エージェントをインストールしてから、登録操作をやり直してください。Install the Azure Virtual Machine Agent and restart the registration operation.
  1. VM エージェントが正しくインストールされていることを確認します。Check if the VM Agent is installed correctly.
  2. VM 構成のフラグが正しく設定されていることを確認します。Make sure that the flag on the VM config is set correctly.
VM エージェントのインストール方法と、VM エージェントのインストールを検証する方法に関するセクションを参照してください。Read more about installing the VM Agent and how to validate the VM Agent installation.
エラー コード:ExtensionSnapshotBitlockerErrorError code: ExtensionSnapshotBitlockerError
エラー メッセージ:スナップショットの操作は、このドライブは、BitLocker ドライブ暗号化でロックされています。コントロール パネルからドライブのロックを解除してください。 というボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) 操作エラーで失敗しました。Error message: The snapshot operation failed with the Volume Shadow Copy Service (VSS) operation error This drive is locked by BitLocker Drive Encryption. You must unlock this drive from the Control Panel.
VM 上のすべてのドライブで BitLocker をオフにして、VSS の問題が解決されたかどうかを確認します。Turn off BitLocker for all drives on the VM and check if the VSS issue is resolved.
エラー コード:VmNotInDesirableStateError code: VmNotInDesirableState
エラー メッセージ:VM はバックアップできる状態ではありません。Error message: The VM isn't in a state that allows backups.
  • VM が実行シャットダウンの間の一時的な状態である場合は、状態が変わるのを待ちます。If the VM is in a transient state between Running and Shut down, wait for the state to change. その後、バックアップ ジョブをトリガーします。Then trigger the backup job.
  • VM が Linux VM で、Security-Enhanced Linux カーネル モジュールが使用されている場合は、Azure Linux エージェントのパス /var/lib/waagent をセキュリティ ポリシーから除外して、Backup 拡張機能が確実にインストールされるようにします。If the VM is a Linux VM and uses the Security-Enhanced Linux kernel module, exclude the Azure Linux Agent path /var/lib/waagent from the security policy and make sure the Backup extension is installed.
VM エージェントが仮想マシンに存在しません:The VM Agent isn't present on the virtual machine:
前提条件と VM エージェントをインストールします。Install any prerequisite and the VM Agent. その後、操作を再開します。Then restart the operation.
VM エージェントのインストール方法と、VM エージェントのインストールを検証する方法については、こちらを参照してください。Read more about VM Agent installation and how to validate VM Agent installation.
エラー コード:ExtensionSnapshotFailedNoSecureNetworkError code: ExtensionSnapshotFailedNoSecureNetwork
エラー メッセージ:セキュリティで保護されたネットワーク通信チャネルを作成できないため、スナップショット操作が失敗しました。Error message: The snapshot operation failed because of failure to create a secure network communication channel.
  1. 管理者特権モードで regedit.exe を実行してレジストリ エディターを開きます。Open the Registry Editor by running regedit.exe in an elevated mode.
  2. お使いのシステムに存在する .NET Framework のすべてのバージョンを識別します。Identify all versions of the .NET Framework present in your system. それらは、レジストリ キーの階層 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft の下にあります。They're present under the hierarchy of registry key HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft.
  3. レジストリ キー内に存在する各 .NET Framework に対して、次のキーを追加します。For each .NET Framework present in the registry key, add the following key:
    SchUseStrongCrypto"=dword:00000001SchUseStrongCrypto"=dword:00000001.
エラー コード:ExtensionVCRedistInstallationFailureError code: ExtensionVCRedistInstallationFailure
エラー メッセージ:Visual Studio 2012 用の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールできないため、スナップショット操作が失敗しました。Error message: The snapshot operation failed because of failure to install Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2012.
C:\Packages\Plugins\Microsoft.Azure.RecoveryServices.VMSnapshot\agentVersion に移動し、vcredist2013_x64 をインストールします。Navigate to C:\Packages\Plugins\Microsoft.Azure.RecoveryServices.VMSnapshot\agentVersion and install vcredist2013_x64.
このサービスのインストールを許可するレジストリ キーの値が正しい値に設定されていることを確認します。Make sure that the registry key value that allows the service installation is set to the correct value. つまり、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MsiserverStart 値を 4 ではなく 3 に設定します。That is, set the Start value in HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Msiserver to 3 and not 4.

インストールに関する問題が解消されない場合は、管理者特権でコマンド プロンプトから MSIEXEC /UNREGISTERMSIEXEC /REGISTER を続けて実行して、インストール サービスを再起動します。If you still have issues with installation, restart the installation service by running MSIEXEC /UNREGISTER followed by MSIEXEC /REGISTER from an elevated command prompt.

[ジョブ]Jobs

エラーの詳細Error details 対処法Workaround
このジョブの種類では、取り消しはサポートされていません。Cancellation isn't supported for this job type:
ジョブが完了するまでお待ちください。Wait until the job finishes.
なしNone
ジョブは、取り消し可能な状態ではありません。The job isn't in a cancelable state:
ジョブが完了するまでお待ちください。Wait until the job finishes.
oror
選択されたジョブは、取り消し可能な状態ではありません。The selected job isn't in a cancelable state:
ジョブが完了するまでお待ちください。Wait for the job to finish.
ジョブは終了間近である可能性があります。It's likely that the job is almost finished. ジョブが完了するまでお待ちください。Wait until the job is finished.
ジョブは実行中ではないため、Backup で取り消すことができません:Backup can't cancel the job because it isn't in progress:
取り消しは実行中のジョブに対してのみサポートされています。Cancellation is supported only for jobs in progress. 実行中のジョブを取り消してみてください。Try to cancel an in-progress job.
このエラーは一時的な状態が原因で発生します。This error happens because of a transitory state. しばらく待ってから、取り消し操作をやり直してください。Wait a minute and retry the cancel operation.
Backup でジョブを取り消すことができませんでした:Backup failed to cancel the job:
ジョブが完了するまでお待ちください。Wait until the job finishes.
なしNone

復元Restore

エラーの詳細Error details 対処法Workaround
クラウドの内部エラーで復元に失敗しました。Restore failed with a cloud internal error.
  1. 復元を試みているクラウド サービスが DNS 設定で構成されています。The cloud service to which you're trying to restore is configured with DNS settings. 次のように入力して確認できます。You can check:
    $deployment = Get-AzureDeployment -ServiceName "ServiceName" -Slot "Production" Get-AzureDns -DnsSettings $deployment.DnsSettings.$deployment = Get-AzureDeployment -ServiceName "ServiceName" -Slot "Production" Get-AzureDns -DnsSettings $deployment.DnsSettings.
    [アドレス] が構成済みの場合は、DNS 設定が構成済みです。If Address is configured, then DNS settings are configured.
  2. 復元を試みているクラウド サービスが ReservedIP で構成されていて、クラウド サービスの既存の VM が停止状態になっています。The cloud service to which to you're trying to restore is configured with ReservedIP, and existing VMs in the cloud service are in the stopped state. 次の PowerShell コマンドレットを使用して、クラウド サービスに IP が予約されていることを確認できます。 $deployment = Get-AzureDeployment -ServiceName "servicename" -Slot "Production" $dep.ReservedIPNameYou can check that a cloud service has reserved an IP by using the following PowerShell cmdlets: $deployment = Get-AzureDeployment -ServiceName "servicename" -Slot "Production" $dep.ReservedIPName.
  3. 次の特殊なネットワーク構成の仮想マシンを同じクラウド サービスに復元しようとしています。You're trying to restore a virtual machine with the following special network configurations into the same cloud service:
    • ロード バランサー構成 (内部および外部の) での仮想マシン。Virtual machines under load balancer configuration, internal and external.
    • 複数の予約済み IP を持つ仮想マシン。Virtual machines with multiple reserved IPs.
    • 複数の NIC を持つ仮想マシン。Virtual machines with multiple NICs.
  4. UI で新しいクラウド サービスを選択するか、特殊なネットワーク構成の VM の復元に関する考慮事項を参照してください。Select a new cloud service in the UI or see restore considerations for VMs with special network configurations.
選択された DNS 名は既に登録されています:The selected DNS name is already taken:
別の DNS 名を指定してからやり直してください。Specify a different DNS name and try again.
この DNS 名はクラウド サービス名 (通常、末尾に cloudapp.net が付いています) を表します。This DNS name refers to the cloud service name, usually ending with .cloudapp.net. この名前は一意である必要があります。This name needs to be unique. このエラーが発生した場合は、復元中に別の VM の名前を選択する必要があります。If you get this error, you need to choose a different VM name during restore.

このエラーは Azure Portal のユーザーのみに表示されます。This error is shown only to users of the Azure portal. PowerShell による復元操作は、ディスクを復元するだけで VM を作成しないため、成功します。The restore operation through PowerShell succeeds because it restores only the disks and doesn't create the VM. ディスクの復元操作後に VM を明示的に作成すると、このエラーが発生します。The error will be faced when the VM is explicitly created by you after the disk restore operation.
指定された仮想ネットワーク構成が正しくありません:The specified virtual network configuration isn't correct:
別の仮想ネットワークの構成を指定してからやり直してください。Specify a different virtual network configuration and try again.
なしNone
指定されたクラウド サービスは、復元する仮想マシンの構成と一致しない予約済み IP を使用しています:The specified cloud service is using a reserved IP that doesn't match the configuration of the virtual machine being restored:
予約済み IP を使用していない別のクラウド サービスを指定します。Specify a different cloud service that isn't using a reserved IP. または、復元に使用する別の復旧ポイントを選択します。Or choose another recovery point to restore from.
なしNone
クラウド サービスが入力エンドポイントの数に制限に達しました:The cloud service has reached its limit on the number of input endpoints:
別のクラウド サービスを指定するか既存のエンドポイントを使用して、操作をやり直してください。Retry the operation by specifying a different cloud service or by using an existing endpoint.
なしNone
Recovery Services コンテナーと対象のストレージ アカウントが 2 つの異なるリージョンに存在します:The Recovery Services vault and target storage account are in two different regions:
復元操作で指定したストレージ アカウントが、Recovery Services コンテナーと同じ Azure リージョンに存在するようにしてください。Make sure the storage account specified in the restore operation is in the same Azure region as your Recovery Services vault.
なしNone
復元操作に指定されたストレージ アカウントがサポートされていません:The storage account specified for the restore operation isn't supported:
サポートされているのは、ローカル冗長レプリケーションまたは geo 冗長レプリケーションの設定が指定された Basic または Standard ストレージ アカウントのみです。Only Basic or Standard storage accounts with locally redundant or geo-redundant replication settings are supported. サポートされているストレージ アカウントを選択してください。Select a supported storage account.
なしNone
復元操作に指定したストレージ アカウントの種類がオンラインではありません:The type of storage account specified for the restore operation isn't online:
復元操作に指定したストレージ アカウントの種類がオンラインであることを確認してください。Make sure that the storage account specified in the restore operation is online.
このエラーは、Azure Storage の一時的なエラーや障害が原因で発生する可能性があります。This error might happen because of a transient error in Azure Storage or because of an outage. 別のストレージ アカウントを選択してください。Choose another storage account.
リソース グループのクォータに達しました:The resource group quota has been reached:
Azure portal の一部のリソース グループを削除するか、Azure サポートに問い合わせて上限を引き上げてください。Delete some resource groups from the Azure portal or contact Azure Support to increase the limits.
なしNone
選択したサブネットが存在しません:The selected subnet doesn't exist:
存在するサブネットを選択してください。Select a subnet that exists.
なしNone
Backup サービスは、サブスクリプション内のリソースへのアクセスが承認されていません。The Backup service doesn't have authorization to access resources in your subscription. このエラーを解決するには、「バックアップ ディスクを復元する」で説明されている手順を使用して、最初にディスクを復元します。To resolve this error, first restore disks by using the steps in Restore backed-up disks. その後、「復元されたディスクからの VM の作成」で説明されている PowerShell の手順を行います。Then use the PowerShell steps in Create a VM from restored disks.

バックアップまたは復元に要する時間Backup or restore takes time

バックアップに 12 時間以上、または復元に 6 時間以上かかる場合は、ベスト プラクティスパフォーマンスに関する考慮事項を確認してください。If your backup takes more than 12 hours, or restore takes more than 6 hours, review best practices, and performance considerations

VM エージェントVM Agent

VM エージェントの設定Set up the VM Agent

通常、VM エージェントは、Azure ギャラリーから作成された仮想マシン内に既に存在しています。Typically, the VM Agent is already present in VMs that are created from the Azure gallery. しかし、オンプレミスのデータセンターから移行された仮想マシンには VM エージェントがインストールされていません。But virtual machines that are migrated from on-premises datacenters won't have the VM Agent installed. それらの仮想マシンについては、VM エージェントを明示的にインストールする必要があります。For those VMs, the VM Agent needs to be installed explicitly.

Windows VMWindows VMs

  • エージェント MSIをダウンロードしてインストールします。Download and install the agent MSI. インストールを完了するには、管理者特権が必要です。You need Administrator privileges to finish the installation.
  • クラシック デプロイ モデルを使用して作成された仮想マシンの場合は、VM のプロパティを更新して、エージェントがインストールされたことを示します。For virtual machines created by using the classic deployment model, update the VM property to indicate that the agent is installed. この手順は、Azure Resource Manager 仮想マシンの場合は必要ありません。This step isn't required for Azure Resource Manager virtual machines.

Linux VMLinux VMs

  • ディストリビューション リポジトリから最新バージョンのエージェントをインストールします。Install the latest version of the agent from the distribution repository. パッケージ名について詳しくは、Linux エージェント リポジトリをご覧ください。For details on the package name, see the Linux Agent repository.
  • クラシック デプロイ モデルを使用して作成された仮想マシンの場合は、こちらのブログに従って VM のプロパティを更新し、エージェントがインストールされていることを確認します。For VMs created by using the classic deployment model, use this blog to update the VM property and verify that the agent is installed. このステップは、Resource Manager 仮想マシンの場合は必要ありません。This step isn't required for Resource Manager virtual machines.

VM エージェントの更新Update the VM Agent

Windows VMWindows VMs

  • VM エージェントを更新するには、VM エージェント バイナリを再インストールします。To update the VM Agent, reinstall the VM Agent binaries. エージェントを更新する前に、VM エージェントの更新中にバックアップ操作が発生していないことを確認します。Before you update the agent, make sure no backup operations occur during the VM Agent update.

Linux VMLinux VMs

  • Linux VM エージェントを更新するには、Linux VM エージェントの更新に関する記事の手順に従います。To update the Linux VM Agent, follow the instructions in the article Updating the Linux VM Agent.

    注意

    常にディストリビューション リポジトリを使用してエージェントを更新する必要があります。Always use the distribution repository to update the agent.

    エージェントのコードを GitHub からダウンロードしないでください。Don't download the agent code from GitHub. お使いのディストリビューションで最新のエージェントを使用できない場合は、最新のエージェントを入手する方法についてディストリビューション サポートに問い合わせてください。If the latest agent isn't available for your distribution, contact the distribution support for instructions to acquire the latest agent. GitHub リポジトリで Windows Azure Linux エージェントの最新情報を確認することもできます。You can also check the latest Windows Azure Linux agent information in the GitHub repository.

VM エージェントのインストールの検証Validate VM Agent installation

Windows VM 上で VM エージェントのバージョンを確認するには、次の手順に従います。Verify the VM Agent version on Windows VMs:

  1. Azure 仮想マシンにサインインし、C:\WindowsAzure\Packages フォルダーに移動します。Sign in to the Azure virtual machine and navigate to the folder C:\WindowsAzure\Packages. WaAppAgent.exe ファイルを見つけてください。You should find the WaAppAgent.exe file.
  2. ファイルを右クリックし、 [プロパティ] に移動します。Right-click the file and go to Properties. 次に、 [詳細] タブを選択します。製品バージョンが 2.6.1198.718 以上であることを確認します。Then select the Details tab. The Product Version field should be 2.6.1198.718 or higher.

VM スナップショットに関する問題のトラブルシューティングTroubleshoot VM snapshot issues

VM のバックアップは、基礎をなすストレージへのスナップショット コマンドの発行に依存します。VM backup relies on issuing snapshot commands to underlying storage. ストレージにアクセスできなかったり、スナップショット タスクの実行が遅延したりすると、バックアップ ジョブが失敗することがあります。Not having access to storage or delays in a snapshot task run can cause the backup job to fail. 次の場合にスナップショットのタスクが失敗することがあります。The following conditions can cause snapshot task failure:

  • NSG を使用してストレージへのネットワーク アクセスがブロックされていますNetwork access to Storage is blocked by using NSG. IP の許可リストまたはプロキシ サーバーを使用してストレージへのネットワーク アクセスを有効にする方法の詳細を参照してください。Learn more on how to establish network access to Storage by using either allowed list of IPs or through a proxy server.

  • SQL Server のバックアップが構成されている VM はスナップショット タスクの遅延を引き起こすことがありますVMs with SQL Server backup configured can cause snapshot task delay. 既定では、VM バックアップによって Windows VM 上に VSS フル バックアップが作成されます。By default, VM backup creates a VSS full backup on Windows VMs. SQL Server を実行していて SQL Server のバックアップを構成されている VM では、スナップショットの遅延が発生する可能性があります。VMs that run SQL Server, with SQL Server backup configured, can experience snapshot delays. スナップショットの遅延が原因でバックアップが失敗する場合は、次のレジストリ キーを設定します。If snapshot delays cause backup failures, set following registry key:

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\BCDRAGENT]
    "USEVSSCOPYBACKUP"="TRUE"
    
  • VM が RDP でシャットダウンされているため、VM の状態が正しく報告されませんVM status is reported incorrectly because the VM is shut down in RDP. リモート デスクトップを使用して仮想マシンをシャットダウンした場合は、ポータルで VM の状態が正しいことを確認します。If you used the remote desktop to shut down the virtual machine, verify that the VM status in the portal is correct. 状態が正しくない場合は、ポータルの VM ダッシュボードの [シャットダウン] オプションを使用して VM をシャットダウンします。If the status isn't correct, use the Shutdown option in the portal VM dashboard to shut down the VM.

  • 5 つ以上の VM が同じクラウド サービスを共有している場合は、VM を複数のバックアップ ポリシーに分散しますIf more than four VMs share the same cloud service, spread the VMs across multiple backup policies. 4 つより多くの VM バックアップが同時に開始しないように、バックアップ時刻を調整します。Stagger the backup times, so no more than four VM backups start at the same time. ポリシーで開始時刻が 1 時間以上離れるようにしてください。Try to separate the start times in the policies by at least an hour.

  • VM の CPU またはメモリが高くなっていますThe VM runs at high CPU or memory. 仮想マシンのメモリまたは CPU の使用率が高くなり、90% を超えてると、スナップショット タスクがキューに格納されて遅延します。If the virtual machine runs at high memory or CPU usage, more than 90 percent, your snapshot task is queued and delayed. 最終的にはタイムアウトになります。この問題が発生した場合は、オンデマンド バックアップを試してください。Eventually it times out. If this issue happens, try an on-demand backup.

ネットワークNetworking

Backup 拡張機能は、他の拡張機能と同様に、パブリックなインターネットへのアクセスが必要です。Like all extensions, Backup extensions need access to the public internet to work. パブリック インターネットにアクセスできない場合、さまざまな問題が発生する可能性があります。Not having access to the public internet can manifest itself in various ways:

  • 拡張機能のインストールが失敗する。Extension installation can fail.
  • ディスク スナップショットなどのバックアップ操作が失敗する。Backup operations like disk snapshot can fail.
  • バックアップ操作の状態を表示できない。Displaying the status of the backup operation can fail.

パブリック インターネット アドレスを解決する必要性については、この Azure サポート ブログをご覧ください。The need to resolve public internet addresses is discussed in this Azure Support blog. VNET 用の DNS 構成を確認し、Azure の URI が解決できることを確認してください。Check the DNS configurations for the VNET and make sure the Azure URIs can be resolved.

名前解決が正しく実行された後で、Azure IP へのアクセスも提供する必要があります。After name resolution is done correctly, access to the Azure IPs also needs to be provided. Azure インフラストラクチャへのアクセスのブロックを解除するには、次のいずれかの手順に従います。To unblock access to the Azure infrastructure, follow one of these steps:

  • Azure データセンターの IP 範囲の許可リスト:Allow list of Azure datacenter IP ranges:
    1. 許可リストに登録する Azure データセンター IP の一覧を取得します。Get the list of Azure datacenter IPs to be in allow list.
    2. New-NetRoute コマンドレットを使用して、IP アドレスのブロックを解除します。Unblock the IPs by using the New-NetRoute cmdlet. 管理者特権の PowerShell ウィンドウで、Azure VM 内でこのコマンドレットを実行します。Run this cmdlet within the Azure VM, in an elevated PowerShell window. 管理者として実行します。Run as an Administrator.
    3. NSG を使用している場合は、規則を NSG に追加して IP にアクセスできるようにします。Add rules to the NSG, if you have one in place, to allow access to the IPs.
  • フローに対する HTTP トラフィック用のパスを作成します。Create a path for HTTP traffic to flow:
    1. 何らかのネットワーク制限を設定している場合は、トラフィックをルーティングするための HTTP プロキシ サーバーをデプロイします。If you have some network restriction in place, deploy an HTTP proxy server to route the traffic. たとえば、ネットワーク セキュリティ グループです。An example is a network security group. HTTP プロキシ サーバーをデプロイする手順は、「ネットワーク接続を確立する」を参照してください。See the steps to deploy an HTTP proxy server in Establish network connectivity.
    2. NSG を使用している場合は、規則を NSG に追加して HTTP プロキシからインターネットにアクセスできるようにします。Add rules to the NSG, if you have one in place, to allow access to the internet from the HTTP proxy.

注意

IaaS VM バックアップが正しく機能するためには、ゲスト内で DHCP が有効になっている必要があります。DHCP must be enabled inside the guest for IaaS VM backup to work. 静的プライベート IP が必要な場合は、Azure portal または PowerShell を使用して構成します。If you need a static private IP, configure it through the Azure portal or PowerShell. VM 内の DHCP オプションが有効になっていることを確認します。Make sure the DHCP option inside the VM is enabled. PowerShell を使用して静的 IP を設定する方法については、以下を参照してください。Get more information on how to set up a static IP through PowerShell: