QnA Maker のデプロイに使用する容量の選択Choosing capacity for your QnA Maker deployment

QnA Maker サービスは、次の 3 つの Azure リソースに依存しています。The QnA Maker service, takes a dependency on three Azure resources:

  1. App Service (ランタイム用)App Service (for the runtime)
  2. Azure Cognitive Search (QnA の格納および検索用)Azure Cognitive Search (for storing and searching QnAs)
  3. App Insights (省略可能。チャット ログとテレメトリの格納用)App Insights (optional, for storing chat logs and telemetry)

QnA Maker サービスを作成する前に、前述したサービスに関して、どのレベルが現状に適しているかを判断する必要があります。Before you create your QnA Maker service, you should decide which tier of the above services is appropriate for you.

通常、次の 3 つのパラメーターを考慮する必要があります。Typically there are three parameters you need to consider:

  1. サービスに必要なスループット: App Service の適切なアプリ プランを、実際のニーズに基づいて選択します。The throughput you need from the service: Select the appropriate App Plan for your App service based on your needs. アプリはスケールアップまたはスケールダウンすることができます。You can scale up or down the App. この点は、Azure Cognitive Search の SKU の選択にも影響します。詳細については、こちらを参照してください。This should also influence your Azure Cognitive Search SKU selection, see more details here.

  2. ナレッジ ベースのサイズと数: 実際のシナリオに合った適切な Azure Search SKU を選択してください。Size and the number of knowledge bases: Choose the appropriate Azure search SKU for your scenario. 特定のレベルで発行できるナレッジ ベースの数は N-1 件です (N は、そのレベルで許容される最大インデックス)。You can publish N-1 knowledge bases in a particular tier, where N is the maximum indexes allowed in the tier. レベルごとに許容されるドキュメントの最大サイズと最大数もチェックしてください。Also check the maximum size and the number of documents allowed per tier.

    たとえば、レベルに 15 個の許可されたインデックスがある場合、14 個のナレッジ ベースを発行できます (発行されたナレッジ ベースあたり 1 インデックス)。For example, if your tier has 15 allowed indexes, you can publish 14 knowledge bases (1 index per published knowledge base). 15 番目のインデックスは、作成およびテスト用にすべてのナレッジ ベースで使用されます。The fifteenth index is used for all the knowledge bases for authoring and testing.

  3. ソースとしてのドキュメントの数: QnA Maker 管理サービスの無料の SKU では、ポータルと API で管理できるドキュメントの数が 3 つ (サイズはそれぞれ 1 MB) に限定されます。Number of documents as sources: The free SKU of the QnA Maker management service limits the number of documents you can manage via the portal and the APIs to 3 (of 1 MB size each). Standard SKU では、管理できるドキュメントの数に制限はありません。The standard SKU has no limits to the number of documents you can manage. 詳細については、こちらを参照してください。See more details here.

次の表は、いくつかの基本的なガイドラインを示したものです。The following table gives you some high-level guidelines.

QnA Maker 管理QnA Maker Management App ServiceApp Service Azure Cognitive SearchAzure Cognitive Search 制限事項Limitations
実験Experimentation 無料の SKUFree SKU Free レベルFree Tier Free レベルFree Tier 発行できる KB は 2 つまで (最大サイズ 50 MB)Publish Up to 2 KBs, 50 MB size
開発/テスト環境Dev/Test Environment Standard SKUStandard SKU 共有Shared BasicBasic 発行できる KB は 14 個まで (最大サイズ 2 GB)Publish Up to 14 KBs, 2 GB size
運用環境Production Environment Standard SKUStandard SKU BasicBasic StandardStandard 発行できる KB は 49 個まで (最大サイズ 25 GB)Publish Up to 49 KBs, 25 GB size

QnA Maker スタックのアップグレードについては、「QnA Maker サービスのアップグレード」を参照してください。For upgrading your QnA Maker stack, see Upgrade your QnA Maker service.

次の手順Next steps