Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用して Azure Data Lake Analytics を管理するManage Azure Data Lake Analytics using the Azure Command-line Interface (CLI)

Azure CLI を使用して、Azure Data Lake Analytics のアカウント、データ ソース、ユーザー、およびジョブを管理する方法について説明します。Learn how to manage Azure Data Lake Analytics accounts, data sources, users, and jobs using the Azure CLI. 他のツールを使用する管理のトピックを表示する場合は、上のタブ セレクターをクリックします。To see management topics using other tools, click the tab select above.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを開始する前に、次のリソースを用意する必要があります。Before you begin this tutorial, you must have the following resources:

  • Azure サブスクリプション。An Azure subscription. Azure 無料試用版の取得に関するページを参照してください。See Get Azure free trial.

  • Azure CLI。Azure CLI. Azure CLI のインストールと構成」をご覧ください。See Install and configure Azure CLI.

    • このデモを完了するためには、 プレリリース版の Azure CLI ツール をダウンロードしてインストールします。Download and install the pre-release Azure CLI tools in order to complete this demo.
  • az login コマンドを使用して認証し、使用するサブスクリプションを選択します。Authenticate by using the az login command and select the subscription that you want to use. 職場か学校のアカウントを使用した認証の詳細については、「 Azure CLI から Azure サブスクリプションへの接続する」をご覧ください。For more information on authenticating using a work or school account, see Connect to an Azure subscription from the Azure CLI.

    az login
    az account set --subscription <subscription id>
    

    これで、Data Lake Analytics と Data Lake Store のコマンドにアクセスできます。You can now access the Data Lake Analytics and Data Lake Store commands. Data Lake Store と Data Lake Analytics のコマンドを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。Run the following command to list the Data Lake Store and Data Lake Analytics commands:

    az dls -h
    az dla -h
    

アカウントの管理Manage accounts

Data Lake Analytics ジョブを実行するには、Data Lake Analytics アカウントが必要です。Before running any Data Lake Analytics jobs, you must have a Data Lake Analytics account. Azure HDInsight とは異なり、ジョブを実行しなければ、Analytics アカウントには課金されません。Unlike Azure HDInsight, you don't pay for an Analytics account when it is not running a job. ジョブの実行時にのみ課金されます。You only pay for the time when it is running a job. 詳細については、「 Azure Data Lake Analytics の概要」を参照してください。For more information, see Azure Data Lake Analytics Overview.

アカウントの作成Create accounts

次のコマンドを実行して、Data Lake アカウントを作成します。Run the following command to create a Data Lake account,

az dla account create --account "<Data Lake Analytics account name>" --location "<Location Name>" --resource-group "<Resource Group Name>" --default-data-lake-store "<Data Lake Store account name>"

アカウントの更新Update accounts

次のコマンドは、既存の Data Lake Analytics アカウントのプロパティを更新します。The following command updates the properties of an existing Data Lake Analytics Account

az dla account update --account "<Data Lake Analytics Account Name>" --firewall-state "Enabled" --query-store-retention 7

アカウントの一覧表示List accounts

特定のリソース グループ内の Data Lake Analytics アカウントをリストします。List Data Lake Analytics accounts within a specific resource group

az dla account list "<Resource group name>"

アカウントの詳細を取得するGet details of an account

az dla account show --account "<Data Lake Analytics account name>" --resource-group "<Resource group name>"

アカウントの削除Delete an account

az dla account delete --account "<Data Lake Analytics account name>" --resource-group "<Resource group name>"

データ ソースを管理するManage data sources

Data Lake Analytics では、現在、2 つのデータ ソースがサポートされています。Data Lake Analytics currently supports the following two data sources:

Analytics アカウントを作成する際には、既定のストレージ アカウントとして Azure Data Lake Storage アカウントを指定する必要があります。When you create an Analytics account, you must designate an Azure Data Lake Storage account to be the default storage account. 既定の Data Lake ストレージ アカウントは、ジョブ メタデータとジョブ監査ログの格納に使用されます。The default Data Lake storage account is used to store job metadata and job audit logs. Analytics アカウントを作成したら、さらに Data Lake Storage アカウントや Azure Storage アカウントを追加することができます。After you have created an Analytics account, you can add additional Data Lake Storage accounts and/or Azure Storage account.

既定の Data Lake Store アカウントの検索Find the default Data Lake Store account

az dla account show コマンドを実行することで、使用される既定の Data Lake Store アカウントを表示できます。You can view the default Data Lake Store account used by running the az dla account show command. 既定のアカウント名は defaultDataLakeStoreAccount プロパティの下に表示されます。Default account name is listed under the defaultDataLakeStoreAccount property.

az dla account show --account "<Data Lake Analytics account name>"

他の BLOB ストレージ アカウントの追加Add additional Blob storage accounts

az dla account blob-storage add --access-key "<Azure Storage Account Key>" --account "<Data Lake Analytics account name>" --storage-account-name "<Storage account name>"

注意

BLOB ストレージの短い名のみがサポートされます。Only Blob storage short names are supported. "myblob.blob.core.windows.net" などの FQDN 名は使用しないでください。Don't use FQDN, for example "myblob.blob.core.windows.net".

他の Data Lake Store アカウントの追加Add additional Data Lake Store accounts

次のコマンドは、指定された Data Lake Analytics アカウントを、他の Data Lake Store アカウントを追加して更新します。The following command updates the specified Data Lake Analytics account with an additional Data Lake Store account:

az dla account data-lake-store add --account "<Data Lake Analytics account name>" --data-lake-store-account-name "<Data Lake Store account name>"

既存のデータ ソースの更新Update existing data source

既存の BLOB ストレージ アカウント キーを更新するには:To update an existing Blob storage account key:

az dla account blob-storage update --access-key "<New Blob Storage Account Key>" --account "<Data Lake Analytics account name>" --storage-account-name "<Data Lake Store account name>"

データ ソースの一覧表示:List data sources:

Data Lake Store アカウントを一覧表示するには:To list the Data Lake Store accounts:

az dla account data-lake-store list --account "<Data Lake Analytics account name>"

BLOB ストレージ アカウントを一覧表示するには:To list the Blob storage account:

az dla account blob-storage list --account "<Data Lake Analytics account name>"

データ ソースを一覧表示している Data Lake Analytics

データ ソースの削除:Delete data sources:

Data Lake Store アカウントを削除するには:To delete a Data Lake Store account:

az dla account data-lake-store delete --account "<Data Lake Analytics account name>" --data-lake-store-account-name "<Azure Data Lake Store account name>"

BLOB ストレージ アカウントを削除するには:To delete a Blob storage account:

az dla account blob-storage delete --account "<Data Lake Analytics account name>" --storage-account-name "<Data Lake Store account name>"

ジョブの管理Manage jobs

ジョブを作成するには、Data Lake Analytics アカウントが必要です。You must have a Data Lake Analytics account before you can create a job. 詳細については、「 Data Lake Analytics アカウントの管理」を参照してください。For more information, see Manage Data Lake Analytics accounts.

ジョブのリストList jobs

az dla job list --account "<Data Lake Analytics account name>"

データ ソースを一覧表示している Data Lake Analytics

ジョブの詳細の取得Get job details

az dla job show --account "<Data Lake Analytics account name>" --job-identity "<Job Id>"

ジョブの送信Submit jobs

注意

ジョブの既定の優先度は 1000 で、ジョブの並列処理の既定の次数は 1 です。The default priority of a job is 1000, and the default degree of parallelism for a job is 1.

az dla job submit --account "<Data Lake Analytics account name>" --job-name "<Name of your job>" --script "<Script to submit>"

ジョブの取り消しCancel jobs

list コマンドを使用してジョブ ID を検索した後、cancel を使用してそのジョブを取り消します。Use the list command to find the job id, and then use cancel to cancel the job.

az dla job cancel --account "<Data Lake Analytics account name>" --job-identity "<Job Id>"

パイプラインと繰り返しPipelines and recurrences

パイプラインと繰り返しについての情報を取得するGet information about pipelines and recurrences

az dla job pipeline コマンドを使って前に送信したジョブのパイプライン情報を確認します。Use the az dla job pipeline commands to see the pipeline information previously submitted jobs.

az dla job pipeline list --account "<Data Lake Analytics Account Name>"

az dla job pipeline show --account "<Data Lake Analytics Account Name>" --pipeline-identity "<Pipeline ID>"

az dla job recurrence コマンドを使って前に送信したジョブの繰り返し情報を確認します。Use the az dla job recurrence commands to see the recurrence information for previously submitted jobs.

az dla job recurrence list --account "<Data Lake Analytics Account Name>"

az dla job recurrence show --account "<Data Lake Analytics Account Name>" --recurrence-identity "<Recurrence ID>"

関連項目See also