CLI を使用した ExpressRoute 回線の作成と変更Create and modify an ExpressRoute circuit using CLI

この記事では、コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使って Azure ExpressRoute 回線を作成する方法について説明します。This article describes how to create an Azure ExpressRoute circuit by using the Command Line Interface (CLI). 回線の状態確認、更新、削除のほか、プロビジョニング解除の方法も紹介します。This article also shows you how to check the status, update, or delete and deprovision a circuit. 別の方法を使用して ExpressRoute 回線を操作する場合は、次の一覧から記事を選択してください。If you want to use a different method to work with ExpressRoute circuits, you can select the article from the following list:

開始する前にBefore you begin

ExpressRoute 回線の作成とプロビジョニングCreate and provision an ExpressRoute circuit

1.Azure アカウントにサインインしてサブスクリプションを選択する1. Sign in to your Azure account and select your subscription

構成を始めるには、Azure アカウントにサインインします。To begin your configuration, sign in to your Azure account. CloudShell の "試用版" を使用している場合は、自動的にサインインします。If you use the CloudShell "Try It", you are signed in automatically. 接続については、次の例を参照してください。Use the following examples to help you connect:

az login

アカウントのサブスクリプションを確認します。Check the subscriptions for the account.

az account list

ExpressRoute 回線を作成するサブスクリプションを選択します。Select the subscription for which you want to create an ExpressRoute circuit.

az account set --subscription "<subscription ID>"

2.サポートされるプロバイダー、場所、帯域幅のリストを取得する2. Get the list of supported providers, locations, and bandwidths

ExpressRoute 回線を作成する前に、サポートされている接続プロバイダー、場所、帯域幅オプションのリストが必要になります。Before you create an ExpressRoute circuit, you need the list of supported connectivity providers, locations, and bandwidth options. CLI コマンド az network express-route list-service-providers によってこの情報が返されます。この情報は、後のステップで使用します。The CLI command az network express-route list-service-providers returns this information, which you’ll use in later steps:

az network express-route list-service-providers

応答は次の例のようになります。The response is similar to the following example:

[
  {
    "bandwidthsOffered": [
      {
        "offerName": "50Mbps",
        "valueInMbps": 50
      },
      {
        "offerName": "100Mbps",
        "valueInMbps": 100
      },
      {
        "offerName": "200Mbps",
        "valueInMbps": 200
      },
      {
        "offerName": "500Mbps",
        "valueInMbps": 500
      },
      {
        "offerName": "1Gbps",
        "valueInMbps": 1000
      },
      {
        "offerName": "2Gbps",
        "valueInMbps": 2000
      },
      {
        "offerName": "5Gbps",
        "valueInMbps": 5000
      },
      {
        "offerName": "10Gbps",
        "valueInMbps": 10000
      }
    ],
    "id": "/subscriptions//resourceGroups//providers/Microsoft.Network/expressRouteServiceProviders/",
    "location": null,
    "name": "AARNet",
    "peeringLocations": [
      "Melbourne",
      "Sydney"
    ],
    "provisioningState": "Succeeded",
    "resourceGroup": "",
    "tags": null,
    "type": "Microsoft.Network/expressRouteServiceProviders"
  },

応答をチェックして、ご利用の接続プロバイダーがリストにあるかどうかを確認します。Check the response to see if your connectivity provider is listed. 以下の項目は、回線を作成する際に必要になるため、書き留めておいてください。Make a note of the following information, which you will need when you create a circuit:

  • NameName
  • PeeringLocationsPeeringLocations
  • BandwidthsOfferedBandwidthsOffered

これで、ExpressRoute 回線を作成する準備が整いました。You're now ready to create an ExpressRoute circuit.

手順 3.ExpressRoute 回線の作成3. Create an ExpressRoute circuit

重要

ExpressRoute 回線の課金は、サービス キーが発行されたときから始まります。Your ExpressRoute circuit is billed from the moment a service key is issued. 接続プロバイダーが回線をプロビジョニングする準備ができたら、この操作を実行します。Perform this operation when the connectivity provider is ready to provision the circuit.

リソース グループがまだない場合は、ExpressRoute 回線を作成する前に、作成しておく必要があります。If you don't already have a resource group, you must create one before you create your ExpressRoute circuit. リソース グループを作成するには、次のコマンドを実行します。You can create a resource group by running the following command:

az group create -n ExpressRouteResourceGroup -l "West US"

以下の例では、Silicon Valley の Equinix を通じて 200 Mbps の ExpressRoute 回線を作成する方法を示します。The following example shows how to create a 200-Mbps ExpressRoute circuit through Equinix in Silicon Valley. 別のプロバイダーと設定を使用する場合は、要求を実行するときにその情報に置き換えてください。If you're using a different provider and different settings, substitute that information when you make your request.

必ず、適切な SKU レベルと SKU ファミリを指定してください。Make sure that you specify the correct SKU tier and SKU family:

  • SKU レベルによって、ExpressRoute の Standard と Premium のどちらのアドオンが有効になるかが決まります。SKU tier determines whether an ExpressRoute standard or an ExpressRoute premium add-on is enabled. 標準 SKU を取得する場合は [Standard] を、Premium アドオンの場合は [Premium] を指定できます。You can specify 'Standard' to get the standard SKU or 'Premium' for the premium add-on.
  • SKU ファミリによって、課金の種類が決まります。SKU family determines the billing type. 従量制課金データ プランの場合は "Metereddata"、無制限データ プランの場合は "Unlimiteddata" を指定できます。You can specify 'Metereddata' for a metered data plan and 'Unlimiteddata' for an unlimited data plan. 課金の種類は "Metereddata" から "Unlimiteddata" に変更できますが、"Unlimiteddata" から "Metereddata" に変更することはできません。You can change the billing type from 'Metereddata' to 'Unlimiteddata', but you can't change the type from 'Unlimiteddata' to 'Metereddata'.

ExpressRoute 回線の課金は、サービス キーが発行されたときから始まります。Your ExpressRoute circuit is billed from the moment a service key is issued. 以下に、新しいサービス キーの要求の例を示します。The following example is a request for a new service key:

az network express-route create --bandwidth 200 -n MyCircuit --peering-location "Silicon Valley" -g ExpressRouteResourceGroup --provider "Equinix" -l "West US" --sku-family MeteredData --sku-tier Standard

応答にはサービス キーが含まれます。The response contains the service key.

4.すべての ExpressRoute 回線を一覧表示する4. List all ExpressRoute circuits

作成したすべての ExpressRoute 回路の一覧を取得するには、az network express-route list コマンドを実行します。To get a list of all the ExpressRoute circuits that you created, run the az network express-route list command. この情報は、このコマンドを使用していつでも取得できます。You can retrieve this information at any time by using this command. すべての回線を一覧表示するには、パラメーターを付けずに呼び出します。To list all circuits, make the call with no parameters.

az network express-route list

サービス キーは、応答の ServiceKey フィールドに一覧表示されます。Your service key is listed in the ServiceKey field of the response.

"allowClassicOperations": false,
"authorizations": [],
"circuitProvisioningState": "Enabled",
"etag": "W/\"1262c492-ffef-4a63-95a8-a6002736b8c4\"",
"gatewayManagerEtag": null,
"id": "/subscriptions/81ab786c-56eb-4a4d-bb5f-f60329772466/resourceGroups/ExpressRouteResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/MyCircuit",
"location": "westus",
"name": "MyCircuit",
"peerings": [],
"provisioningState": "Succeeded",
"resourceGroup": "ExpressRouteResourceGroup",
"serviceKey": "1d05cf70-1db5-419f-ad86-1ca62c3c125b",
"serviceProviderNotes": null,
"serviceProviderProperties": {
  "bandwidthInMbps": 200,
  "peeringLocation": "Silicon Valley",
  "serviceProviderName": "Equinix"
},
"serviceProviderProvisioningState": "NotProvisioned",
"sku": {
  "family": "UnlimitedData",
  "name": "Standard_MeteredData",
  "tier": "Standard"
},
"tags": null,
"type": "Microsoft.Network/expressRouteCircuits]

"-h" パラメーターを使ってコマンドを実行することで、すべてのパラメーターの詳細な説明を取得できます。You can get detailed descriptions of all the parameters by running the command using the '-h' parameter.

az network express-route list -h

5.プロビジョニングのためにサービス キーを接続プロバイダーに送信する5. Send the service key to your connectivity provider for provisioning

"ServiceProviderProvisioningState" は、サービス プロバイダー側でのプロビジョニングの現在の状態に関する情報を提供します。'ServiceProviderProvisioningState' provides information about the current state of provisioning on the service-provider side. Status は、Microsoft 側での状態を提供します。The status provides the state on the Microsoft side. 詳細については、ワークフローに関する記事を参照してください。For more information, see the Workflows article.

新しい ExpressRoute 回線を作成する場合、この回線は次の状態になります。When you create a new ExpressRoute circuit, the circuit is in the following state:

"serviceProviderProvisioningState": "NotProvisioned"
"circuitProvisioningState": "Enabled"

回線は、接続プロバイダーが有効にしている間、次の状態に変化します。The circuit changes to the following state when the connectivity provider is in the process of enabling it for you:

"serviceProviderProvisioningState": "Provisioning"
"circuitProvisioningState": "Enabled"

ExpressRoute 回線をユーザーが使用できるように、次の状態にする必要があります。For you to be able to use an ExpressRoute circuit, it must be in the following state:

"serviceProviderProvisioningState": "Provisioned"
"circuitProvisioningState": "Enabled

6.回線キーのステータスと状態を定期的に確認する6. Periodically check the status and the state of the circuit key

回線キーのステータスと状態をチェックすると、いつプロバイダーによって回線が有効にされたかがわかります。Checking the status and the state of the circuit key lets you know when your provider has enabled your circuit. 回線が構成されると、以下の例に示すように、"ServiceProviderProvisioningState" が "Provisioned" と表示されます。After the circuit has been configured, 'ServiceProviderProvisioningState' appears as 'Provisioned', as shown in the following example:

az network express-route show --resource-group ExpressRouteResourceGroup --name MyCircuit

応答は次の例のようになります。The response is similar to the following example:

"allowClassicOperations": false,
"authorizations": [],
"circuitProvisioningState": "Enabled",
"etag": "W/\"1262c492-ffef-4a63-95a8-a6002736b8c4\"",
"gatewayManagerEtag": null,
"id": "/subscriptions/81ab786c-56eb-4a4d-bb5f-f60329772466/resourceGroups/ExpressRouteResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/MyCircuit",
"location": "westus",
"name": "MyCircuit",
"peerings": [],
"provisioningState": "Succeeded",
"resourceGroup": "ExpressRouteResourceGroup",
"serviceKey": "1d05cf70-1db5-419f-ad86-1ca62c3c125b",
"serviceProviderNotes": null,
"serviceProviderProperties": {
  "bandwidthInMbps": 200,
  "peeringLocation": "Silicon Valley",
  "serviceProviderName": "Equinix"
},
"serviceProviderProvisioningState": "NotProvisioned",
"sku": {
  "family": "UnlimitedData",
  "name": "Standard_MeteredData",
  "tier": "Standard"
},
"tags": null,
"type": "Microsoft.Network/expressRouteCircuits]

7.ルーティング構成を作成する7. Create your routing configuration

回線ピアリングの作成と変更の詳しい手順については、「 PowerShell を使用した ExpressRoute 回線のルーティングの作成と変更 」を参照してください。For step-by-step instructions, see the ExpressRoute circuit routing configuration article to create and modify circuit peerings.

重要

次の手順は、サービス プロバイダーが提供するレイヤー 2 接続サービスで作成された回線にのみ適用されます。These instructions only apply to circuits that are created with service providers that offer layer 2 connectivity services. サービス プロバイダーが提供する管理対象レイヤー 3 サービス (MPLS など、通常は IP VPN) を使用する場合、接続プロバイダーがユーザーに代わってルーティングを構成して管理します。If you're using a service provider that offers managed layer 3 services (typically an IP VPN, like MPLS), your connectivity provider configures and manages routing for you.

次に、ExpressRoute 回線に仮想ネットワークをリンクします。Next, link a virtual network to your ExpressRoute circuit. ExpressRoute 回線への仮想ネットワークのリンクに関する記事を参照してください。Use the Linking virtual networks to ExpressRoute circuits article.

ExpressRoute 回線の変更Modifying an ExpressRoute circuit

ExpressRoute 回線の特定のプロパティは、接続に影響を与えることなく変更できます。You can modify certain properties of an ExpressRoute circuit without impacting connectivity. 次の変更は、ダウンタイムなしで行うことができます。You can make the following changes with no downtime:

  • ExpressRoute 回線の ExpressRoute Premium アドオンを有効または無効にすることができます。You can enable or disable an ExpressRoute premium add-on for your ExpressRoute circuit.
  • ポートに使用可能な容量があれば、ExpressRoute 回線の帯域幅を増やすことができます。You can increase the bandwidth of your ExpressRoute circuit provided there is capacity available on the port. ただし、回線の帯域幅のダウングレードはサポートされていません。However, downgrading the bandwidth of a circuit is not supported.
  • 課金プランを従量制課金データから無制限データに変更することができます。You can change the metering plan from Metered Data to Unlimited Data. ただし、無制限データから従量制課金データへの課金プランの変更はサポートされていません。However, changing the metering plan from Unlimited Data to Metered Data is not supported.
  • 従来の操作の許可を有効または無効にできます。You can enable and disable Allow Classic Operations.

制限と制約事項の詳細は、「ExpressRoute の FAQ」を参照してください。For more information on limits and limitations, see the ExpressRoute FAQ.

ExpressRoute Premium アドオンを有効にするにはTo enable the ExpressRoute premium add-on

次のコマンドを使用して、既存の回線の ExpressRoute Premium アドオンを有効にできます。You can enable the ExpressRoute premium add-on for your existing circuit by using the following command:

az network express-route update -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup --sku-tier Premium

これで、回線の ExpressRoute Premium アドオン機能が有効になりました。The circuit now has the ExpressRoute premium add-on features enabled. このコマンドが正常に実行された時点で、Premium アドオン機能の課金が始まります。We begin billing you for the premium add-on capability as soon as the command has successfully run.

ExpressRoute Premium アドオンを無効にするにはTo disable the ExpressRoute premium add-on

重要

標準回線で許可されるリソースより多くのリソースを使用する場合、この操作は失敗することがあります。This operation can fail if you're using resources that are greater than what is permitted for the standard circuit.

ExpressRoute Premium アドオンを無効にする前に、次の条件を把握しておいてください。Before disabling the ExpressRoute premium add-on, understand the following criteria:

  • Premium から Standard にダウングレードする前に、回線にリンクされている仮想ネットワークが 10 個未満であることを確認しておく必要があります。Before you downgrade from premium to standard, you must make sure that you have fewer than 10 virtual networks linked to the circuit. 10 個を超えると、更新要求が失敗し、Premium 料金で課金されます。If you have more than 10, your update request fails, and we bill you at premium rates.
  • 他の地理的リージョンではすべての仮想ネットワークのリンクを解除する必要があります。You must unlink all virtual networks in other geopolitical regions. すべての仮想ネットワークのリンクを解除しないと、更新要求が失敗し、Premium 料金で課金されます。If you don't unlink all your virtual networks, your update request fails and we bill you at premium rates.
  • プライベート ピアリングの場合、ルート テーブルのサイズを 4,000 ルート未満にする必要があります。Your route table must be less than 4,000 routes for private peering. ルート テーブルのサイズが 4,000 ルートを超えた場合、BGP セッションがドロップします。If your route table size is greater than 4,000 routes, the BGP session drops. アドバタイズされたプレフィックスの数が 4,000 を下回るまで、セッションは有効な状態に戻りません。The session won't be reenabled until the number of advertised prefixes is below 4,000.

次の例を使用し、既存の回線の ExpressRoute Premium アドオンを無効にできます。You can disable the ExpressRoute premium add-on for the existing circuit by using the following example:

az network express-route update -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup --sku-tier Standard

ExpressRoute 回線の帯域幅を更新するにはTo update the ExpressRoute circuit bandwidth

プロバイダーでサポートされている帯域幅のオプションについては、「ExpressRoute の FAQ」を確認してください。For the supported bandwidth options for your provider, check the ExpressRoute FAQ. 既存の回線のサイズを超えるサイズを選択することができます。You can pick any size greater than the size of your existing circuit.

重要

既存のポートの容量が不十分な場合、ExpressRoute 回線の再作成が必要になる可能性があります。If there is inadequate capacity on the existing port, you may have to recreate the ExpressRoute circuit. その場所に使用可能な追加の容量がない場合、回路をアップグレードすることはできません。You cannot upgrade the circuit if there is no additional capacity available at that location.

中断せずに ExpressRoute 回線の帯域幅を減らすことはできません。You cannot reduce the bandwidth of an ExpressRoute circuit without disruption. 帯域幅をダウングレードするには、ExpressRoute 回線のプロビジョニングを解除してから、新しい ExpressRoute 回線を再度プロビジョニングする必要があります。Downgrading bandwidth requires you to deprovision the ExpressRoute circuit, and then reprovision a new ExpressRoute circuit.

必要なサイズを決定した後、次のコマンドを使用して、回線のサイズを変更できます。After you decide the size you need, use the following command to resize your circuit:

az network express-route update -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup --bandwidth 1000

回線のサイズは Microsoft 側で増やされます。Your circuit is sized up on the Microsoft side. 次に、接続プロバイダーに連絡し、この変更に合わせて接続プロバイダー側の構成を更新するよう依頼する必要があります。Next, you must contact your connectivity provider to update configurations on their side to match this change. その通知が完了すると、更新された帯域幅オプションでの課金が開始されます。After you make this notification, we begin billing you for the updated bandwidth option.

SKU を従量制から無制限に変更するにはTo move the SKU from metered to unlimited

ExpressRoute 回線の SKU を変更するには、次の例を使用します。You can change the SKU of an ExpressRoute circuit by using the following example:

az network express-route update -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup --sku-family UnlimitedData

クラシック環境および Resource Manager 環境へのアクセスを制御するにはTo control access to the classic and Resource Manager environments

クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルへの ExpressRoute 回線の移行」の説明を参照してください。Review the instructions in Move ExpressRoute circuits from the classic to the Resource Manager deployment model.

ExpressRoute 回線のプロビジョニング解除と削除Deprovisioning and deleting an ExpressRoute circuit

ExpressRoute 回線のプロビジョニングを解除して削除する場合は必ず、次の条件を把握しておいてください。To deprovision and delete an ExpressRoute circuit, make sure you understand the following criteria:

  • ExpressRoute 回線からすべての仮想ネットワークのリンクを解除する必要があります。You must unlink all virtual networks from the ExpressRoute circuit. この操作が失敗した場合は、回線にリンクされている仮想ネットワークがないか確認してください。If this operation fails, check to see if any virtual networks are linked to the circuit.
  • ExpressRoute 回線サービス プロバイダーのプロビジョニング状態がプロビジョニング中またはプロビジョニング済みの場合、サービス プロバイダー側の回線のプロビジョニングを解除するには、サービス プロバイダーに連絡する必要があります。If the ExpressRoute circuit service provider provisioning state is Provisioning or Provisioned, you must work with your service provider to deprovision the circuit on their side. Microsoft は、サービス プロバイダーが回線のプロビジョニング解除を完了し、通知するまで、リソースの予約と課金を続行します。We continue to reserve resources and bill you until the service provider completes deprovisioning the circuit and notifies us.
  • サービス プロバイダーによって回線のプロビジョニングが解除されている場合は、回線を削除することができます。You can delete the circuit if the service provider has deprovisioned the circuit. 回線のプロビジョニングが解除されると、サービス プロバイダーのプロビジョニング状態が [未プロビジョニング] に設定されます。When a circuit is deprovisioned, the service provider provisioning state is set to Not provisioned. これによって回線の課金が停止されます。This stops billing for the circuit.

ExpressRoute 回線は、次のコマンドを実行して削除できます。You can delete your ExpressRoute circuit by running the following command:

az network express-route delete  -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup

次の手順Next steps

回線を作成したら、次の作業を必ず実行します。After you create your circuit, make sure that you do the following tasks: