クイックスタート: Azure CLI を使用した ExpressRoute 回線の作成と変更

このクイックスタートでは、コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用して Azure ExpressRoute 回線を作成する方法について説明します。 回線の状態確認、更新、削除のほか、プロビジョニング解除の方法も紹介します。

前提条件

Azure Cloud Shell を使用する

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。 Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。 ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。

Azure Cloud Shell を開始するには:

オプション 例とリンク
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。 [使ってみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。 Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動する
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。 Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:

  1. Cloud Shell を開始します。

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。

  4. Enter キーを選択して、コードを実行します。

ExpressRoute 回線の作成とプロビジョニング

Azure アカウントにサインインしてサブスクリプションを選択する

構成を始めるには、Azure アカウントにサインインします。 Cloud Shell の "試してみる" オプションを使用している場合は、自動的にサインインします。 接続については、次の例を参照してください。

az login

アカウントのサブスクリプションを確認します。

az account list

ExpressRoute 回線を作成するサブスクリプションを選択します。

az account set --subscription "<subscription ID>"

サポートされるプロバイダー、場所、帯域幅のリストを取得する

ExpressRoute 回線を作成する前に、サポートされている接続プロバイダー、場所、帯域幅オプションのリストが必要になります。 CLI コマンド az network express-route list-service-providers によってこの情報が返されます。この情報は、後のステップで使用します。

az network express-route list-service-providers

応答は次の例のようになります。

[
  {
    "bandwidthsOffered": [
      {
        "offerName": "50Mbps",
        "valueInMbps": 50
      },
      {
        "offerName": "100Mbps",
        "valueInMbps": 100
      },
      {
        "offerName": "200Mbps",
        "valueInMbps": 200
      },
      {
        "offerName": "500Mbps",
        "valueInMbps": 500
      },
      {
        "offerName": "1Gbps",
        "valueInMbps": 1000
      },
      {
        "offerName": "2Gbps",
        "valueInMbps": 2000
      },
      {
        "offerName": "5Gbps",
        "valueInMbps": 5000
      },
      {
        "offerName": "10Gbps",
        "valueInMbps": 10000
      }
    ],
    "id": "/subscriptions//resourceGroups//providers/Microsoft.Network/expressRouteServiceProviders/",
    "location": null,
    "name": "AARNet",
    "peeringLocations": [
      "Melbourne",
      "Sydney"
    ],
    "provisioningState": "Succeeded",
    "resourceGroup": "",
    "tags": null,
    "type": "Microsoft.Network/expressRouteServiceProviders"
  },

応答をチェックして、ご利用の接続プロバイダーがリストにあるかどうかを確認します。 以下の情報は、回線を作成する際に必要になるため、書き留めておいてください。

  • 名前
  • PeeringLocations
  • BandwidthsOffered

これで、ExpressRoute 回線を作成する準備が整いました。

ExpressRoute 回線の作成

重要

ExpressRoute 回線の課金は、サービス キーが発行されたときから始まります。 接続プロバイダーが回線をプロビジョニングする準備ができたら、この操作を実行します。

リソース グループがまだない場合は、ExpressRoute 回線を作成する前に、作成しておく必要があります。 リソース グループを作成するには、次のコマンドを実行します。

az group create -n ExpressRouteResourceGroup -l "West US"

以下の例では、Silicon Valley の Equinix を通じて 200 Mbps の ExpressRoute 回線を作成する方法を示します。 別のプロバイダーおよび異なる設定を使用する場合は、要求を実行するときにその情報に置き換えてください。

必ず、適切な SKU レベルと SKU ファミリを指定してください。

  • SKU レベルによって、ExpressRoute 回線が Local、Standard、Premium のどれであるかが決まります。 Local、*Standard、または Premium を指定できます。 SKU を [Standard] または [Premium] から [Local] に変更することはできません。
  • SKU ファミリによって、課金の種類が決まります。 従量制課金データ プランの場合は MeteredData、無制限データ プランの場合は UnlimitedData を指定できます。 課金の種類は MeteredData から UnlimitedData に変更できますが、その種類を UnlimitedData から MeteredData に変更することはできません。 Local 回線は UnlimitedData のみです。

ExpressRoute 回線の課金は、サービス キーが発行されたときから始まります。 以下に、新しいサービス キーの要求の例を示します。

az network express-route create --bandwidth 200 -n MyCircuit --peering-location "Silicon Valley" -g ExpressRouteResourceGroup --provider "Equinix" -l "West US" --sku-family MeteredData --sku-tier Standard

応答にはサービス キーが含まれます。

すべての ExpressRoute 回線を一覧表示する

作成したすべての ExpressRoute 回路の一覧を取得するには、az network express-route list コマンドを実行します。 この情報は、このコマンドを使用していつでも取得できます。 すべての回線を一覧表示するには、パラメーターを付けずに呼び出します。

az network express-route list

サービス キーは、応答の ServiceKey フィールドに一覧表示されます。

"allowClassicOperations": false,
"authorizations": [],
"circuitProvisioningState": "Enabled",
"etag": "W/\"1262c492-ffef-4a63-95a8-a6002736b8c4\"",
"gatewayManagerEtag": null,
"id": "/subscriptions/81ab786c-56eb-4a4d-bb5f-f60329772466/resourceGroups/ExpressRouteResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/MyCircuit",
"location": "westus",
"name": "MyCircuit",
"peerings": [],
"provisioningState": "Succeeded",
"resourceGroup": "ExpressRouteResourceGroup",
"serviceKey": "1d05cf70-1db5-419f-ad86-1ca62c3c125b",
"serviceProviderNotes": null,
"serviceProviderProperties": {
  "bandwidthInMbps": 200,
  "peeringLocation": "Silicon Valley",
  "serviceProviderName": "Equinix"
},
"serviceProviderProvisioningState": "NotProvisioned",
"sku": {
  "family": "UnlimitedData",
  "name": "Standard_MeteredData",
  "tier": "Standard"
},
"tags": null,
"type": "Microsoft.Network/expressRouteCircuits]

"-h" パラメーターを使ってコマンドを実行することで、すべてのパラメーターの詳細な説明を取得できます。

az network express-route list -h

プロビジョニングのためにサービス キーを接続プロバイダーに送信する

"ServiceProviderProvisioningState" は、サービス プロバイダー側でのプロビジョニングの現在の状態に関する情報を提供します。 Status は、Microsoft 側での状態を提供します。 詳細については、ワークフローに関する記事を参照してください。

新しい ExpressRoute 回線を作成する場合、この回線は次の状態になります。

"serviceProviderProvisioningState": "NotProvisioned"
"circuitProvisioningState": "Enabled"

回線は、接続プロバイダーが有効にしている間、次の状態に変化します。

"serviceProviderProvisioningState": "Provisioning"
"circuitProvisioningState": "Enabled"

ExpressRoute 回線を使用するには、次の状態になっている必要があります。

"serviceProviderProvisioningState": "Provisioned"
"circuitProvisioningState": "Enabled

回線キーのステータスと状態を定期的に確認する

サービス キーのステータスと状態を確認すれば、ご利用の回線をプロバイダーがプロビジョニングした時期を知ることができます。 回線が構成されると、以下の例に示すように、ServiceProviderProvisioningStateProvisioned と表示されます。

az network express-route show --resource-group ExpressRouteResourceGroup --name MyCircuit

応答は次の例のようになります。

"allowClassicOperations": false,
"authorizations": [],
"circuitProvisioningState": "Enabled",
"etag": "W/\"1262c492-ffef-4a63-95a8-a6002736b8c4\"",
"gatewayManagerEtag": null,
"id": "/subscriptions/81ab786c-56eb-4a4d-bb5f-f60329772466/resourceGroups/ExpressRouteResourceGroup/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/MyCircuit",
"location": "westus",
"name": "MyCircuit",
"peerings": [],
"provisioningState": "Succeeded",
"resourceGroup": "ExpressRouteResourceGroup",
"serviceKey": "1d05cf70-1db5-419f-ad86-1ca62c3c125b",
"serviceProviderNotes": null,
"serviceProviderProperties": {
  "bandwidthInMbps": 200,
  "peeringLocation": "Silicon Valley",
  "serviceProviderName": "Equinix"
},
"serviceProviderProvisioningState": "NotProvisioned",
"sku": {
  "family": "UnlimitedData",
  "name": "Standard_MeteredData",
  "tier": "Standard"
},
"tags": null,
"type": "Microsoft.Network/expressRouteCircuits]

ルーティング構成を作成する

回線ピアリングの作成と変更の詳しい手順については、「 PowerShell を使用した ExpressRoute 回線のルーティングの作成と変更 」を参照してください。

重要

次の手順は、サービス プロバイダーが提供するレイヤー 2 接続サービスで作成された回線にのみ適用されます。 サービス プロバイダーが提供する管理対象レイヤー 3 サービス (MPLS など、通常は IP VPN) を使用する場合、接続プロバイダーがユーザーに代わってルーティングを構成して管理します。

次に、ExpressRoute 回線に仮想ネットワークをリンクします。 ExpressRoute 回線への仮想ネットワークのリンクに関する記事を参照してください。

ExpressRoute 回線の変更

ExpressRoute 回線の特定のプロパティは、接続に影響を与えることなく変更できます。 次の変更は、ダウンタイムなしで行うことができます。

  • ExpressRoute 回線の ExpressRoute Premium アドオンを有効または無効にすることができます。 SKU を [Standard] または [Premium] から [Local] に変更することはサポートされていません。
  • ポート上に使用可能な容量があれば、ExpressRoute 回線の帯域幅を増やすことができます。 ただし、回線の帯域幅のダウングレードはサポートされていません。
  • 課金プランを従量制課金データから無制限データに変更することができます。 ただし、無制限データから従量制課金データへの課金プランの変更はサポートされていません。
  • 従来の操作の許可 を有効または無効にできます。

制限と制約事項の詳細は、「ExpressRoute の FAQ」を参照してください。

ExpressRoute Premium アドオンを有効にするには

次のコマンドを使用して、既存の回線の ExpressRoute Premium アドオンを有効にできます。

az network express-route update -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup --sku-tier Premium

これで、回線の ExpressRoute Premium アドオン機能が有効になりました。 このコマンドが正常に実行された時点で、Premium アドオン機能の課金が始まります。

ExpressRoute Premium アドオンを無効にするには

重要

標準回線で許可されるリソースより多くのリソースを使用する場合、この操作は失敗することがあります。

ExpressRoute Premium アドオンを無効にする前に、次の条件を把握しておいてください。

  • Premium から Standard にダウングレードする前に、回線にリンクされている仮想ネットワークの数が 10 未満であることを確認する必要があります。 そうでない場合、更新要求が失敗し、Premium 料金で課金されます。
  • 他の地理的リージョン内のすべての仮想ネットワークのリンクをまず解除する必要があります。 リンクを解除しないと、更新要求が失敗し、Premium 料金で引き続き課金されることになります。
  • プライベート ピアリングの場合、ルート テーブルのサイズを 4,000 ルート未満にする必要があります。 ルート テーブルのサイズが 4,000 ルートを超えた場合、BGP セッションがドロップします。 アドバタイズされたプレフィックスの数が 4,000 を下回るまで、BGP セッションは有効な状態に戻りません。

次の例を使用し、既存の回線の ExpressRoute Premium アドオンを無効にできます。

az network express-route update -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup --sku-tier Standard

ExpressRoute 回線の帯域幅を更新するには

プロバイダーでサポートされている帯域幅のオプションについては、「ExpressRoute の FAQ」を確認してください。 既存の回線のサイズを超えるサイズを選択することができます。

重要

既存のポートの容量が不十分な場合、ExpressRoute 回線の再作成が必要になる可能性があります。 その場所に使用可能な追加の容量がない場合、回路をアップグレードすることはできません。

中断せずに ExpressRoute 回線の帯域幅を減らすことはできません。 帯域幅をダウングレードするには、ExpressRoute 回線のプロビジョニングを解除してから、新しい ExpressRoute 回線を再度プロビジョニングする必要があります。

必要なサイズを決定した後、次のコマンドを使用して、回線のサイズを変更できます。

az network express-route update -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup --bandwidth 1000

お客様の回線のアップグレードは Microsoft 側で行われます。 次に、接続プロバイダーに連絡し、この変更に合わせて接続プロバイダー側の構成を更新するよう依頼する必要があります。 その通知が完了すると、更新された帯域幅オプションでの課金が開始されます。

SKU を従量制から無制限に変更するには

ExpressRoute 回線の SKU を変更するには、次の例を使用します。

az network express-route update -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup --sku-family UnlimitedData

クラシック環境および Resource Manager 環境へのアクセスを制御するには

クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルへの ExpressRoute 回線の移行」の説明を参照してください。

ExpressRoute 回線のプロビジョニング解除

ExpressRoute 回線のプロビジョニングを解除して削除する場合は必ず、次の条件を把握しておいてください。

  • ExpressRoute 回線からすべての仮想ネットワークのリンクを解除する必要があります この操作が失敗した場合は、回線にリンクされている仮想ネットワークがないか確認してください。
  • ExpressRoute 回線サービス プロバイダーのプロビジョニング状態が プロビジョニング中 または プロビジョニング済み の場合、サービス プロバイダー側の回線のプロビジョニングを解除するには、サービス プロバイダーに連絡する必要があります。 Microsoft は、サービス プロバイダーが回線のプロビジョニング解除を完了し、通知するまで、リソースの予約と課金を続行します。
  • サービス プロバイダーが回線のプロビジョニングを解除済みである場合 (つまり、サービス プロバイダーのプロビジョニング状態が 未プロビジョニング に設定されている場合)、回線を削除することができます。 それにより、回線の課金は停止します。

リソースをクリーンアップする

ExpressRoute 回線は、次のコマンドを実行して削除できます。

az network express-route delete  -n MyCircuit -g ExpressRouteResourceGroup

次のステップ

回線を作成し、プロバイダーでプロビジョニングしたら、次の手順に進み、ピアリングを構成します。