Azure Logic Apps からオンプレミスのデータ ソースに接続するConnect to on-premises data sources from Azure Logic Apps

ロジック アプリからオンプレミスのデータ ソースにアクセスするには、Azure Portal でオンプレミス データ ゲートウェイ リソースを作成します。To access data sources on premises from your logic apps, create an on-premises data gateway resource in the Azure portal. その後、ロジック アプリはオンプレミス コネクタを使用できます。Your logic apps can then use the on-premises connectors. Azure Logic Apps では、ゲートウェイ経由での挿入や更新などの書き込み操作がサポートされています。Azure Logic Apps supports write operations, including inserts and updates, through the gateway. ただし、これらの操作には、ペイロードのサイズに制限があります。However, these operations have limits on their payload size.

この記事では、ゲートウェイをダウンロードしてローカル コンピューターにインストールした後で Azure ゲートウェイ リソースを作成する方法を示します。This article shows how to create your Azure gateway resource after you download and install the gateway on a local computer. ゲートウェイの詳細については、「ゲートウェイのしくみ」を参照してください。For more information about the gateway, see How the gateway works.

ヒント

Azure 仮想ネットワークに接続するには、代わりに統合サービス環境を作成することことを考慮してください。To connect to Azure virtual networks, consider creating an integration service environment instead.

他のサービスでゲートウェイを使用する方法については、次の記事を参照してください。For information about how to use the gateway with other services, see these articles:

サポートされるデータ ソースSupported data sources

Azure Logic Apps については、オンプレミス データ ゲートウェイでは、以下のデータ ソース向けのオンプレミス コネクタがサポートされています。For Azure Logic Apps, the on-premises data gateway supports on-premises connectors for these data sources:

  • BizTalk Server 2016BizTalk Server 2016
  • ファイル システムFile System
  • IBM DB2IBM DB2
  • IBM InformixIBM Informix
  • IBM MQIBM MQ
  • MySQLMySQL
  • Oracle DatabaseOracle Database
  • PostgreSQLPostgreSQL
  • SAPSAP
  • SharePoint ServerSharePoint Server
  • SQL ServerSQL Server
  • TeradataTeradata

ゲートウェイ自体では追加のコストは発生しませんが、これらのコネクタや Azure Logic Apps のその他の操作に Logic Apps の価格モデルが適用されます。Although the gateway itself doesn't incur additional costs, the Logic Apps pricing model applies to these connectors and other operations in Azure Logic Apps.

前提条件Prerequisites

Azure ゲートウェイ リソースを作成するCreate Azure gateway resource

ローカル コンピューターにゲートウェイをインストールした後、ゲートウェイ用の Azure リソースを作成します。After you install the gateway on a local computer, create the Azure resource for your gateway.

  1. ゲートウェイのインストールに使用したものと同じ Azure アカウントで Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal with the same Azure account that was used to install the gateway.

  2. Azure portal の検索ボックスに「オンプレミスのデータ ゲートウェイ」と入力し、 [オンプレミスのデータ ゲートウェイ] を選択します。In the Azure portal search box, enter "on-premises data gateway", and select On-premises Data Gateways.

    "オンプレミス データ ゲートウェイ" を見つける

  3. [オンプレミスのデータ ゲートウェイ] で、 [追加] を選択します。Under On-premises Data Gateways, select Add.

    データ ゲートウェイの追加

  4. [接続ゲートウェイの作成] で、ゲートウェイ リソースに関する情報を指定します。Under Create connection gateway, provide this information for your gateway resource. 完了したら [作成] を選択します。When you're done, select Create.

    プロパティProperty 説明Description
    リソース名Resource Name ゲートウェイ リソースの名前。文字、数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_)、かっこ (())、およびピリオド (.) のみを含めることができます。Your gateway resource name, which can contain only letters, numbers, hyphens (-), underscores (_), parentheses ((, )), and periods (.).
    サブスクリプションSubscription 自分の Azure サブスクリプション。ゲートウェイのインストールとロジック アプリと同じである必要があります。Your Azure subscription, which must be the same as gateway installation and logic app. 既定のサブスクリプションは、サインインするために使用した Azure アカウントに基づきます。The default subscription is based on the Azure account that you used to sign in.
    リソース グループResource group 使用する Azure リソース グループThe Azure resource group that you want to use
    LocationLocation ゲートウェイのインストール中にゲートウェイ クラウド サービス向けに選択した場所と同じリージョン。The same region as the location that was selected for the gateway cloud service during gateway installation. 一致していないと、ゲートウェイのインストールは、選択するインストール名の一覧に表示されません。Otherwise, your gateway installation won't appear in the Installation Name list for you to select. ロジック アプリの場所は、ゲートウェイ リソースの場所とは異なる場合があります。Your logic app location can differ from your gateway resource location.
    インストール名Installation Name ゲートウェイのインストールが既に選択されていない場合は、前にインストールしたゲートウェイを選択します。If your gateway installation isn't already selected, select the gateway that you previously installed. 以前にリンクされたゲートウェイのインストールは、選択するためのこの一覧には表示されません。Previously linked gateway installations won't appear in this list for you to select.

    たとえば次のようになります。Here is an example:

    詳細を指定してオンプレミス データ ゲートウェイを作成する

オンプレミス データに接続するConnect to on-premises data

ゲートウェイ リソースを作成し、Azure サブスクリプションをこのリソースに関連付けた後は、ゲートウェイを使用してロジック アプリとオンプレミス データ ソース間の接続を作成できます。After you create your gateway resource and associate your Azure subscription with this resource, you can now create a connection between your logic app and your on-premises data source by using the gateway.

  1. Azure portal で、ロジック アプリ デザイナーでロジック アプリを作成するか開きます。In the Azure portal, create or open your logic app in the Logic App Designer.

  2. オンプレミス接続をサポートするコネクタ (たとえば、SQL Server) を選択します。Add a connector that supports on-premises connections, for example, SQL Server.

  3. [Connect via on-premises data gateway (オンプレミス データ ゲートウェイ経由で接続する)] を選択します。Select Connect via on-premises data gateway.

  4. [ゲートウェイ] で、作成したゲートウェイ リソースを選択します。For Gateways, select the gateway resource that you created.

    注意

    ロジック アプリの場所とゲートウェイ リソースの場所が異なる場合があるため、ゲートウェイの一覧には他のリージョンのゲートウェイ リソースが含まれています。The gateways list includes gateway resources in other regions because your logic app's location can differ from your gateway resource's location.

  5. 一意の接続名とその他の必要な情報を指定します。これは、作成する接続によって異なります。Provide a unique connection name and other required information, which depends on the connection that you want to create.

    一意の接続名を使用すると、後でその接続を簡単に識別できます。複数の接続を作成する場合は特に便利です。A unique connection name helps you easily find that connection later, especially if you create multiple connections. 該当する場合は、ユーザー名の完全修飾ドメイン名も含めてください。If applicable, also include the qualified domain for your username.

    たとえば次のようになります。Here is an example:

    ロジック アプリとデータ ゲートウェイ間の接続を作成する

  6. 完了したら [作成] を選択します。When you're done, select Create.

これで、ロジック アプリでゲートウェイの接続を使用する準備が整いました。Your gateway connection is now ready for your logic app to use.

接続の編集Edit connection

ゲートウェイ接続の設定を更新するには、接続を編集します。To update the settings for a gateway connection, you can edit your connection.

  1. ロジック アプリのみに関係するすべての API 接続を見つけるには、ロジック アプリのメニューで、 [開発ツール][API 接続] を選択します。To find all API connections for just your logic app, on your logic app's menu, under Development Tools, select API connections.

    ロジック アプリ メニューで、[API 接続] を選択する

  2. 目的のゲートウェイ接続を選択し、 [API 接続の編集] を選択します。Select the gateway connection you want, and then select Edit API connection.

    ヒント

    更新が反映されない場合は、ゲートウェイのインストールでゲートウェイの Windows サービス アカウントを停止して再起動してみてください。If your updates don't take effect, try stopping and restarting the gateway Windows service account for your gateway installation.

Azure サブスクリプションに関連付けられているすべての API 接続を見つけるには、次の操作を行います。To find all API connections associated with your Azure subscription:

  • Azure のメイン メニューから、 [すべてのサービス] > [Web] > [API 接続] に移動します。From the main Azure menu, go to All services > Web > API Connections.
  • または、Azure のメイン メニューから [すべてのリソース] を選択します。Or, from the main Azure menu, go to All resources. [タイプ] フィルターを [API 接続] に設定します。Set the Type filter to API Connection.

ゲートウェイ リソースの削除Delete gateway resource

別のゲートウェイ リソースを作成するには、ゲートウェイのインストールを別のゲートウェイ リソースにリンクするか、ゲートウェイ リソースを削除します。ゲートウェイ リソースは、ゲートウェイのインストールに影響を与えずに削除できます。To create a different gateway resource, link your gateway installation to a different gateway resource, or remove the gateway resource, you can delete the gateway resource without affecting the gateway installation.

  1. Azure のメイン メニューで、 [すべてのリソース] を選択します。From the main Azure menu, select All resources. ゲートウェイ リソースを検索して選択します。Find and select your gateway resource.

  2. まだ選択していない場合は、ゲートウェイ リソースのメニューで [オンプレミスのデータ ゲートウェイ] を選択します。If not already selected, on your gateway resource menu, select On-premises Data Gateway. ゲートウェイ リソース ツールバーで、 [削除] を選択します。On the gateway resource toolbar, select Delete.

    例:For example:

    ゲートウェイの削除

よく寄せられる質問Frequently asked questions

Q: Azure でゲートウェイ リソースを作成するときにゲートウェイ インストールが表示されないはなぜですか?Q: Why don't I see my gateway installation when I create the gateway resource in Azure?
A: この問題は、次の理由で発生することがあります。A: This issue can happen for these reasons:

  • ゲートウェイ インストールが登録済みで、Azure の別のゲートウェイ リソースによって既に要求されている。Your gateway installation is already registered and claimed by another gateway resource in Azure. ゲートウェイ インストールは、そのゲートウェイ リソースが作成された後、インスタンスの一覧に表示されません。Gateway installations don't appear in the instances list after gateway resources are created for them. Azure portal でゲートウェイの登録を確認するには、"すべて" の Azure サブスクリプションについて、種類がオンプレミス データ ゲートウェイであるすべての Azure リソースを確認します。To check your gateway registrations in the Azure portal, review all your Azure resources with the On-premises Data Gateways type for all Azure subscriptions.

  • ゲートウェイをインストールしたユーザーの Azure AD ID が、Azure portal にサインインしたユーザーのものと異なる。The Azure AD identity for the person who installed the gateway differs from the person who signed in to the Azure portal. ゲートウェイをインストールしたのと同じ ID でサインインしていることを確認してください。Check that you're signed in with the same identity that installed the gateway.

Q: 既存のゲートウェイの場所が変更されたのはなぜですか?Q: Why did the location for my existing gateway change?
A: 2017 年 5 月 3 日より前に作成されたゲートウェイ リソースは、そのゲートウェイを作成した職場または学校アカウントの Azure AD テナントの元の場所に移動されました。A: Gateway resources created before May 3, 2017 were moved to the original locations of the Azure AD tenant for the work or school account that created those gateways. ただし、これらの変更は、現在実行中のロジック アプリに影響しません。このようなロジック アプリは、通常どおり動作し続けます。However, these changes shouldn't affect currently running logic apps, which should continue working as usual. 5 月のゲートウェイの一般公開では、ゲートウェイ リソースの場所がロジック アプリの場所とは異なる可能性があります。With the gateway's general availability in May, gateway resource locations can differ from logic app locations.

次の手順Next steps