クイック スタート:Azure CLI を使用して BLOB をアップロード、ダウンロード、および一覧表示するQuickstart: Upload, download, and list blobs using the Azure CLI

Azure CLI は、Azure リソースを管理するための、Azure のコマンド ライン エクスペリエンスです。The Azure CLI is Azure's command-line experience for managing Azure resources. ブラウザーで、Azure Cloud Shell を使用して操作することができます。You can use it in your browser with Azure Cloud Shell. また、macOS、Linux、または Windows 上にインストールし、コマンド ラインから実行することもできます。You can also install it on macOS, Linux, or Windows and run it from the command line. このクイック スタートでは、Azure CLI を使用して、Azure Blob Storage との間でデータをアップロードおよびダウンロードする方法を説明します。In this quickstart, you learn to use the Azure CLI to upload and download data to and from Azure Blob storage.

前提条件Prerequisites

Azure Storage にアクセスするには、Azure サブスクリプションが必要です。To access Azure Storage, you'll need an Azure subscription. サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't already have a subscription, then create a free account before you begin.

Azure Storage へのアクセスはすべて、ストレージ アカウント経由で行われます。All access to Azure Storage takes place through a storage account. このクイック スタートでは、Azure portal、Azure PowerShell、または Azure CLI を使用して、ストレージ アカウントを作成します。For this quickstart, create a storage account using the Azure portal, Azure PowerShell, or Azure CLI. アカウントの作成については、「ストレージ アカウントの作成」を参照してください。For help creating the account, see Create a storage account.

Azure Cloud Shell を開くOpen Azure Cloud Shell

Azure Cloud Shell は、Azure でホストされる対話型のシェル環境で、ブラウザーを介して使用されます。Azure Cloud Shell is an interactive shell environment hosted in Azure and used through your browse. Azure Cloud Shell では、bash または PowerShell のいずれかのシェルを使用して、Azure サービスで動作するさまざまなツールを実行できます。Azure Cloud Shell allows you to use either bash or PowerShell shells to run a variety of tools to work with Azure services. Azure Cloud Shell にはコマンドがプレインストールされており、ローカル環境に何もインストールしなくても、この記事の内容を実行できるようになっています。Azure Cloud Shell comes pre-installed with the commands to allow you to run the content of this article without having to install anything on your local environment.

この記事に含まれるコードを Azure Cloud Shell で実行するには、Cloud Shell セッションを開き、コード ブロック上の [コピー] ボタンを使ってコードをコピーし、Ctrl + Shift + V キー (Windows と Linux) または command + Shift + V キー (macOS) を押して Cloud Shell セッションに貼り付けます。To run any code contained in this article on Azure Cloud Shell, open a Cloud Shell session, use the Copy button on a code block to copy the code, and paste it into the Cloud Shell session with Ctrl+Shift+V on Windows and Linux, or Cmd+Shift+V on macOS. テキストを貼り付けても自動的には実行されません。コードを実行するには、Enter キーを押します。Pasted text is not automatically executed, so press Enter to run code.

Azure Cloud Shell は次の方法で起動できます。You can launch Azure Cloud Shell with:

コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. テキストが自動的に Cloud Shell にコピーされるわけでは__ありません__。This doesn't automatically copy text to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
ブラウザーで shell.azure.com を開きます。Open shell.azure.com in your browser. Azure Cloud Shell の起動ボタンLaunch Azure Cloud Shell button
Azure Portal の右上隅にあるメニューの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the menu in the upper-right corner of the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

CLI をローカルにインストールして使用する場合、このクイック スタートを実施するには、Azure CLI バージョン 2.0.4 以降を実行している必要があります。If you choose to install and use the CLI locally, this quickstart requires that you are running the Azure CLI version 2.0.4 or later. az --version を実行して、バージョンを判断します。Run az --version to determine your version. インストールまたはアップグレードが必要な場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade, see Install the Azure CLI.

リソース グループの作成Create a resource group

az group create コマンドで Azure リソース グループを作成します。Create an Azure resource group with the az group create command. リソース グループとは、Azure リソースのデプロイと管理に使用する論理コンテナーです。A resource group is a logical container into which Azure resources are deployed and managed.

az group create \
    --name myResourceGroup \
    --location eastus

ストレージ アカウントの作成Create a storage account

az storage account create コマンドで汎用のストレージ アカウントを作成します。Create a general-purpose storage account with the az storage account create command. 汎用のストレージ アカウントは、BLOB、ファイル、テーブル、およびキューという 4 つのサービスすべてに使用できます。The general-purpose storage account can be used for all four services: blobs, files, tables, and queues.

az storage account create \
    --name mystorageaccount \
    --resource-group myResourceGroup \
    --location eastus \
    --sku Standard_LRS \
    --encryption blob

ストレージ アカウントの資格情報を指定するSpecify storage account credentials

Azure CLI では、このチュートリアルのほとんどのコマンドにストレージ アカウントの資格情報が必要です。The Azure CLI needs your storage account credentials for most of the commands in this tutorial. 機能の実行時にいくつかのオプションもありますが、最も簡単な指定方法は、AZURE_STORAGE_ACCOUNT および AZURE_STORAGE_KEY 環境変数を設定することです。While there are several options for doing so, one of the easiest ways to provide them is to set AZURE_STORAGE_ACCOUNT and AZURE_STORAGE_KEY environment variables.

まず、az storage account keys list コマンドを使用してストレージ アカウント キーを表示します。First, display your storage account keys by using the az storage account keys list command:

az storage account keys list \
    --account-name mystorageaccount \
    --resource-group myResourceGroup \
    --output table

次に AZURE_STORAGE_ACCOUNT および AZURE_STORAGE_KEY 環境変数を設定します。Now, set the AZURE_STORAGE_ACCOUNT and AZURE_STORAGE_KEY environment variables. この設定には、Bash シェルで export コマンドを使用します。You can do this in the Bash shell by using the export command:

export AZURE_STORAGE_ACCOUNT="mystorageaccountname"
export AZURE_STORAGE_KEY="myStorageAccountKey"

コンテナーを作成するCreate a container

BLOB は常にコンテナーにアップロードされます。Blobs are always uploaded into a container. コンピューター上のファイルをフォルダーで整理するように、BLOB のグループを整理できます。You can organize groups of blobs similar to the way you organize your files on your computer in folders.

BLOB を格納するコンテナーは、az storage container create コマンドで作成します。Create a container for storing blobs with the az storage container create command.

az storage container create --name mystoragecontainer

BLOB をアップロードするUpload a blob

Blob Storage は、ブロック BLOB、追加 BLOB、およびページ BLOB をサポートします。Blob storage supports block blobs, append blobs, and page blobs. BLOB ストレージに格納されるほとんどのファイルは、ブロック BLOB として格納されます。Most files stored in Blob storage are stored as block blobs. 追加 BLOB は、ログ記録などのため、既存のコンテンツを変更することなく既存の BLOB にデータを追加する必要がある場合に使います。Append blobs are used when data must be added to an existing blob without modifying its existing contents, such as for logging. ページ BLOB は、IaaS 仮想マシンの VHD ファイルをバックアップします。Page blobs back the VHD files of IaaS virtual machines.

まず、BLOB にアップロードするファイルを作成します。First, create a file to upload to a blob. Azure Cloud Shell を使用している場合は、次の手順を使用してファイルを作成します。vi helloworld を実行し、ファイルが開いたら、Insert キーを押して、"Hello world" と入力し、Esc キーを押して、:x を入力し Enter キーを押します。If you're using the Azure cloud shell, use the following in order to create a file: vi helloworld when the file opens, press insert, type "Hello world" and then press Esc and enter :x and press Enter.

この例では、最後のステップで az storage blob upload コマンドを使って作成したコンテナーに BLOB をアップロードします。In this example, you upload a blob to the container you created in the last step using the az storage blob upload command.

az storage blob upload \
    --container-name mystoragecontainer \
    --name blobName \
    --file ~/path/to/local/file

前に説明した方法を使用して、Azure Cloud Shell にファイルを作成した場合は、この CLI コマンドを代わりに使用できます (このファイルはベース ディレクトリで作成されているため、パスを指定する必要はないことに注意してください。通常、パスを指定する必要はありません)。If you used the previously described method to create a file in your Azure Cloud Shell, you can use this CLI command instead (note that you didn't need to specify a path since the file was created at the base directory, normally you'd need to specify a path):

az storage blob upload \
    --container-name mystoragecontainer \
    --name helloworld \
    --file helloworld

この操作では、BLOB がまだ存在しない場合は作成し、既に存在する場合は上書きします。This operation creates the blob if it doesn't already exist, and overwrites it if it does. 続行する前に、希望する数のファイルをアップロードします。Upload as many files as you like before continuing.

同時に複数のファイルをアップロードするには、az storage blob upload-batch コマンドを使用できます。To upload multiple files at the same time, you can use the az storage blob upload-batch command.

コンテナー内の BLOB を一覧表示するList the blobs in a container

コンテナー内の BLOB を一覧表示するには、az storage blob list コマンドを使います。List the blobs in the container with the az storage blob list command.

az storage blob list \
    --container-name mystoragecontainer \
    --output table

BLOB をダウンロードするDownload a blob

前にアップロードした BLOB をダウンロードするには、az storage blob download コマンドを使います。Use the az storage blob download command to download the blob you uploaded earlier.

az storage blob download \
    --container-name mystoragecontainer \
    --name blobName \
    --file ~/destination/path/for/file

AzCopy でのデータ転送Data transfer with AzCopy

AzCopy ユーティリティは、Azure Storage 用のスクリプト可能な高性能データ転送のためのもう 1 つのオプションです。The AzCopy utility is another option for high-performance scriptable data transfer for Azure Storage. AzCopy を使って、Blob Storage、File Storage、および Table Storage との間で双方向にデータを転送できます。You can use AzCopy to transfer data to and from Blob, File, and Table storage.

次に示す AzCopy コマンドの簡単な例では、myfile.txt ファイルを mystoragecontainer コンテナーにアップロードしています。As a quick example, here is the AzCopy command for uploading a file called myfile.txt to the mystoragecontainer container.

azcopy \
    --source /mnt/myfiles \
    --destination https://mystorageaccount.blob.core.windows.net/mystoragecontainer \
    --dest-key <storage-account-access-key> \
    --include "myfile.txt"

リソースのクリーンアップClean up resources

このクイック スタートで作成したストレージ アカウントも含め、リソース グループ内のどのリソースも必要なくなった場合は、az group delete コマンドでリソース グループを削除します。If you no longer need any of the resources in your resource group, including the storage account you created in this Quickstart, delete the resource group with the az group delete command.

az group delete --name myResourceGroup

次の手順Next steps

このクイックスタートでは、ローカル ディスクと Azure Blob Storage のコンテナーとの間でファイルを転送する方法について学習しました。In this Quickstart, you learned how to transfer files between local disk and a container in Azure Blob storage. Azure Storage の BLOB の他の処理について詳しくは、Azure Blob Storage の使用に関するチュートリアルに進んでください。To learn more about working with blobs in Azure Storage, continue to the tutorial for working with Azure Blob storage.