PowerShell を使用した Windows Virtual Desktop のホスト プールの作成Create a Windows Virtual Desktop host pool with PowerShell

重要

このコンテンツは、Azure Resource Manager Windows Virtual Desktop オブジェクトを含む Windows Virtual Desktop に適用されます。This content applies to Windows Virtual Desktop with Azure Resource Manager Windows Virtual Desktop objects. Azure Resource Manager オブジェクトなしで Windows Virtual Desktop (classic) を使用している場合は、この記事を参照してください。If you're using Windows Virtual Desktop (classic) without Azure Resource Manager objects, see this article.

ホスト プールは、Windows Virtual Desktop テナント環境内にある 1 つまたは複数の同一の仮想マシンをコレクションとしてまとめたものです。Host pools are a collection of one or more identical virtual machines within Windows Virtual Desktop tenant environments. 各ホスト プールは、複数の RemoteApp グループ、1 つのデスクトップ アプリ グループ、および複数のセッション ホストに関連付けることができます。Each host pool can be associated with multiple RemoteApp groups, one desktop app group, and multiple session hosts.

前提条件Prerequisites

この記事では、「PowerShell モジュールを設定する」の手順に従っていることを前提としています。This article assumes you've already followed the instructions in Set up the PowerShell module.

PowerShell クライアントを使用してホスト プールを作成するUse your PowerShell client to create a host pool

次のコマンドレットを実行して Windows Virtual Desktop 環境にサインインします。Run the following cmdlet to sign in to the Windows Virtual Desktop environment:

New-AzWvdHostPool -ResourceGroupName <resourcegroupname> -Name <hostpoolname> -WorkspaceName <workspacename> -HostPoolType <Pooled|Personal> -LoadBalancerType <BreadthFirst|DepthFirst|Persistent> -Location <region> -DesktopAppGroupName <appgroupname>

このコマンドレットにより、ホスト プール、ワークスペース、およびデスクトップ アプリ グループが作成されます。This cmdlet will create the host pool, workspace and desktop app group. さらに、デスクトップ アプリ グループがワークスペースに登録されます。Additionally, it will register the desktop app group to the workspace. このコマンドレットを使用してワークスペースを作成するか、既存のワークスペースを使用することができます。You can either create a workspace with this cmdlet or use an existing workspace.

次のコマンドレットを実行して、セッション ホストがホスト プールに参加することを承認する登録トークンを作成し、それをローカル コンピューター上の新しいファイルに保存します。Run the next cmdlet to create a registration token to authorize a session host to join the host pool and save it to a new file on your local computer. -ExpirationHours パラメーターを使用して、登録トークンが有効である時間の長さを指定できます。You can specify how long the registration token is valid by using the -ExpirationHours parameter.

注意

トークンの有効期限は 1 時間以上、1 か月以内にする必要があります。The token's expiration date can be no less than an hour and no more than one month. この制限を超えて -ExpirationTime を設定した場合、コマンドレットではトークンが作成されません。If you set -ExpirationTime outside of that limit, the cmdlet won't create the token.

New-AzWvdRegistrationInfo -ResourceGroupName <resourcegroupname> -HostPoolName <hostpoolname> -ExpirationTime $((get-date).ToUniversalTime().AddDays(1).ToString('yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.fffffffZ'))

たとえば、2 時間以内に有効期限が切れるトークンを作成する場合は、次のコマンドレットを実行します。For example, if you want to create a token that expires in two hours, run this cmdlet:

New-AzWvdRegistrationInfo -ResourceGroupName <resourcegroupname> -HostPoolName <hostpoolname> -ExpirationTime $((get-date).ToUniversalTime().AddHours(2).ToString('yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.fffffffZ'))

その後、このコマンドレットを実行して、Azure Active Directory ユーザーをホスト プールの既定のデスクトップ アプリ グループに追加します。After that, run this cmdlet to add Azure Active Directory users to the default desktop app group for the host pool.

New-AzRoleAssignment -SignInName <userupn> -RoleDefinitionName "Desktop Virtualization User" -ResourceName <hostpoolname+"-DAG"> -ResourceGroupName <resourcegroupname> -ResourceType 'Microsoft.DesktopVirtualization/applicationGroups'

次のコマンドレットを実行して、Azure Active Directory ユーザー グループをホスト プールの既定のデスクトップ アプリ グループに追加します。Run this next cmdlet to add Azure Active Directory user groups to the default desktop app group for the host pool:

New-AzRoleAssignment -ObjectId <usergroupobjectid> -RoleDefinitionName "Desktop Virtualization User" -ResourceName <hostpoolname+"-DAG"> -ResourceGroupName <resourcegroupname> -ResourceType 'Microsoft.DesktopVirtualization/applicationGroups'

次のコマンドレットを実行して、登録トークンを変数にエクスポートします。これは後で Windows Virtual Desktop ホスト プールに仮想マシンを登録するときに使用します。Run the following cmdlet to export the registration token to a variable, which you will use later in Register the virtual machines to the Windows Virtual Desktop host pool.

$token = Get-AzWvdRegistrationInfo -ResourceGroupName <resourcegroupname> -HostPoolName <hostpoolname>

ホスト プールの仮想マシンを作成するCreate virtual machines for the host pool

ここで、Windows Virtual Desktop ホスト プールに参加できる Azure 仮想マシンを作成できます。Now you can create an Azure virtual machine that can be joined to your Windows Virtual Desktop host pool.

仮想マシンは複数の方法で作成できます。You can create a virtual machine in multiple ways:

注意

ホスト OS として Windows 7 を使用して仮想マシンをデプロイしている場合、作成と展開のプロセスは若干異なります。If you're deploying a virtual machine using Windows 7 as the host OS, the creation and deployment process will be a little different. 詳細については、「Windows Virtual Desktop で Windows 7 仮想マシンをデプロイする」を参照してください。For more details, see Deploy a Windows 7 virtual machine on Windows Virtual Desktop.

セッション ホスト仮想マシンを作成したら、Windows ライセンスをセッション ホスト VM に適用すると、ライセンス料をさらに支払うことなく、Windows または Windows Server の仮想マシンが実行されます。After you've created your session host virtual machines, apply a Windows license to a session host VM to run your Windows or Windows Server virtual machines without paying for another license.

Windows Virtual Desktop エージェントのインストール用に仮想マシンを準備するPrepare the virtual machines for Windows Virtual Desktop agent installations

Windows Virtual Desktop エージェントをインストールして仮想マシンを Windows Virtual Desktop ホスト プールに登録する前に、次の操作を行って仮想マシンを準備する必要があります。You need to do the following things to prepare your virtual machines before you can install the Windows Virtual Desktop agents and register the virtual machines to your Windows Virtual Desktop host pool:

  • マシンをドメインに参加させる必要があります。You must domain-join the machine. これにより、受信 Windows Virtual Desktop ユーザーを Azure Active Directory アカウントから Active Directory アカウントにマップでき、仮想マシンへのアクセスを正常に許可できます。This allows incoming Windows Virtual Desktop users to be mapped from their Azure Active Directory account to their Active Directory account and be successfully allowed access to the virtual machine.
  • 仮想マシンで Windows Server OS を実行している場合は、リモート デスクトップ セッション ホスト (RDSH) ロールをインストールする必要があります。You must install the Remote Desktop Session Host (RDSH) role if the virtual machine is running a Windows Server OS. RDSH ロールでは、Windows Virtual Desktop エージェントを正常にインストールできます。The RDSH role allows the Windows Virtual Desktop agents to install properly.

正常にドメイン参加するには、各仮想マシン上で次の操作を実行します。To successfully domain-join, do the following things on each virtual machine:

  1. 仮想マシンの作成時に指定した資格情報を使用して仮想マシンに接続します。Connect to the virtual machine with the credentials you provided when creating the virtual machine.

  2. 仮想マシン上で、 [コントロール パネル] を起動し、 [システム] を選択します。On the virtual machine, launch Control Panel and select System.

  3. [コンピューター名] を選択し、 [設定の変更] を選択してから [変更] を選択しますSelect Computer name, select Change settings, and then select Change…

  4. [ドメイン] を選択し、仮想ネットワーク上の Active Directory ドメインを入力します。Select Domain and then enter the Active Directory domain on the virtual network.

  5. ドメインに参加しているマシンに対する権限を持つドメイン アカウントで認証します。Authenticate with a domain account that has privileges to domain-join machines.

    注意

    ご使用の VM を Azure Active Directory Domain Services (Azure AD DS) 環境へ参加させる場合は、ドメイン参加ユーザーが AAD DC Administrators グループのメンバーでもあることを確認します。If you're joining your VMs to an Azure Active Directory Domain Services (Azure AD DS) environment, ensure that your domain join user is also a member of the AAD DC Administrators group.

Windows Virtual Desktop ホスト プールに仮想マシンを登録するRegister the virtual machines to the Windows Virtual Desktop host pool

Windows Virtual Desktop ホスト プールへの仮想マシンの登録は、Windows Virtual Desktop エージェントのインストールと同じくらい簡単です。Registering the virtual machines to a Windows Virtual Desktop host pool is as simple as installing the Windows Virtual Desktop agents.

Windows Virtual Desktop エージェントを登録するには、各仮想マシン上で次の操作を行います。To register the Windows Virtual Desktop agents, do the following on each virtual machine:

  1. 仮想マシンの作成時に指定した資格情報を使用して仮想マシンに接続します。Connect to the virtual machine with the credentials you provided when creating the virtual machine.
  2. Windows Virtual Desktop エージェントをダウンロードしてインストールします。Download and install the Windows Virtual Desktop Agent.
    • Windows Virtual Desktop エージェントをダウンロードします。Download the Windows Virtual Desktop Agent.
    • インストーラーを実行します。Run the installer. インストーラーから登録トークンを要求されたら、Get-AzWvdRegistrationInfo コマンドレットから取得した値を入力します。When the installer asks you for the registration token, enter the value you got from the Get-AzWvdRegistrationInfo cmdlet.
  3. Windows Virtual Desktop エージェント ブートローダーをダウンロードしてインストールします。Download and install the Windows Virtual Desktop Agent Bootloader.

重要

Azure で Windows Virtual Desktop 環境のセキュリティを保護できるようにするには、ご利用の VM 上の受信ポート 3389 を開かないことをお勧めします。To help secure your Windows Virtual Desktop environment in Azure, we recommend you don't open inbound port 3389 on your VMs. Windows Virtual Desktop では、ユーザーがホスト プールの VM にアクセスするために、受信ポート 3389 を開く必要はありません。Windows Virtual Desktop doesn't require an open inbound port 3389 for users to access the host pool's VMs. トラブルシューティングの目的でポート 3389 を開く必要がある場合は、Just-In-Time VM アクセスを使用することをお勧めします。If you must open port 3389 for troubleshooting purposes, we recommend you use just-in-time VM access. また、パブリック IP に VM を割り当てないことをお勧めします。We also recommend you don't assign your VMs to a public IP.

エージェントを更新するUpdate the agent

次のいずれかの状況に該当する場合は、エージェントを更新する必要があります。You'll need to update the agent if you're in one of the following situations:

  • 以前に登録されたセッションを新しいホスト プールに移行する必要があるYou want to migrate a previously registered session to a new host pool
  • 更新後にセッション ホストがホスト プールに表示されないThe session host doesn't appear in your host pool after an update

エージェントを更新するには、次の操作を実行します。To update the agent:

  1. 管理者として VM にサインインします。Sign in to the VM as an administrator.

  2. [サービス] に移動して、Rdagent プロセス、Remote Desktop Agent Loader プロセスの順に停止します。Go to Services, then stop the Rdagent and Remote Desktop Agent Loader processes.

  3. 次に、エージェント MSI とブートローダー MSI を見つけます。Next, find the agent and bootloader MSIs. これらは、C:\DeployAgent フォルダー、またはインストール時に保存した場所のいずれかに配置されています。They'll either be located in the C:\DeployAgent folder or whichever location you saved it to when you installed it.

  4. 次のファイルを見つけて、アンインストールします。Find the following files and uninstall them:

    • Microsoft.RDInfra.RDAgent.Installer-x64-verx.x.xMicrosoft.RDInfra.RDAgent.Installer-x64-verx.x.x
    • Microsoft.RDInfra.RDAgentBootLoader.Installer-x64Microsoft.RDInfra.RDAgentBootLoader.Installer-x64

    これらのファイルをアンインストールするには、各ファイル名を右クリックし、 [アンインストール] を選択します。To uninstall these files, right-click on each file name, then select Uninstall.

  5. 必要に応じて、次のレジストリ設定を削除することもできます。Optionally, you can also remove the following registry settings:

    • Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\RDInfraAgentComputer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\RDInfraAgent
    • Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\RDAgentBootLoaderComputer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\RDAgentBootLoader
  6. これらの項目をアンインストールすると、古いホスト プールとの関連付けがすべて削除されます。Once you've uninstalled these items, this should remove all associations with the old host pool. このホストをサービスに再登録する場合は、「Windows Virtual Desktop ホスト プールに仮想マシンを登録する」の手順に従います。If you want to reregister this host to the service, follow the instructions in Register the virtual machines to the WIndows Virtual Desktop host pool.

次のステップNext steps

これでホスト プールが作成されたので、RemoteApp を設定できます。Now that you've made a host pool, you can populate it with RemoteApps. Windows Virtual Desktop 内でアプリを管理する方法に関する詳細については、アプリ グループの管理に関するチュートリアルを参照してください。To learn more about how to manage apps in Windows Virtual Desktop, see the Manage app groups tutorial.