Office 2019 の展開 (IT 担当者向け)Deploy Office 2019 (for IT Pros)

組織内のユーザーに対して、Project と Visio を含む、ボリューム ライセンス版の Office 2019を構成して展開するには、Office 展開ツール (ODT) を使用します。To configure and perform deployments of volume licensed versions of Office 2019, including Project and Visio, for users in your organization, you use the Office Deployment Tool (ODT). 以前 Windows インストーラー (MSI) に使用していた Office カスタマイズ ツール (OCT) は使用されなくなりました。The Office Customization Tool (OCT) that you previously used for Windows Installer (MSI) is no longer used.

Office 2019 のインストールファイルは、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) ではなく、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) で入手できます。The installation files for Office 2019 are available on the Office Content Delivery Network (CDN) on the internet instead of on the Volume Licensing Service Center (VLSC). Office CDN から Office 2019 を直接インストールできます。You can install Office 2019 directly from the Office CDN. または、インストールファイルを Office CDN から共有フォルダーなどのローカルネットワーク上の場所にダウンロードし、その場所からOffice 2019 をインストールすることもできます。Or, you can download the installation files from the Office CDN to a location on your local network, such as a shared folder, and install Office 2019 from that location. 組織内のさまざまなコンピュータセットに合わせてさまざまな方法を使用できます。You can use different methods for different sets of computers in your organization. どの方法を選択しても、ODT を使用します。Whichever method you choose, you use the ODT.

Office CDN から直接インストールする場合、最小限の管理作業で済むので、お勧めします。Installing directly from the Office CDN requires the least amount of administrative effort and is recommended. しかし、インターネットから直接インストールすることを防ぐような制約があるかもしれません。But you might have constraints that prevent you from installing directly from the internet. たとえば、インターネットに接続できないコンピュータがあったり、インターネットへの帯域幅が限られていたりするかもしれません。For example, some computers might not have connectivity to the internet or you may have limited bandwidth to the internet.

Microsoft ダウンロード センターから Office 展開ツールをダウンロードします。Download the Office Deployment Tool from the Microsoft Download Center

Office 展開ツールは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。The Office Deployment Tool is a free download from the Microsoft Download Center. 常に最新バージョンの ODT をダウンロードして使用することをお勧めします。We recommend that you always download and use the most current version of the ODT.

Office 展開ツールをダウンロードしたら、officedeploymenttool実行可能ファイル (.exe) をダブルクリックして ODT ファイルを抽出します。After you download the Office Deployment Tool, double-click on the officedeploymenttool executable (.exe) file to extract the ODT files. 終了したら、setup.exeとサンプルのconfiguration.xmlファイルができています。When you are finished, you should have several files: setup.exe and some sample configuration.xml files. Office 2019 固有のサンプルについては、「Office の展開ツールで使用するサンプルの configuration.xml ファイル」を参照してください。For an Office 2019-specific sample, see Sample configuration.xml file to use with the Office Deployment Tool.

setup.exe ファイルは ODT であり、Office 2019 のダウンロードとインストールをサポートするコマンド ライン ツールです。The setup.exe file is the ODT and is a command-line tool that supports downloading and installing Office 2019. configuration.xml ファイルは、始めるためのサンプル ファイルです。The configuration.xml files are sample files to get you started. Office 2019 をダウンロードまたはインストールする際に使用する ODT の設定を提供するには、configuration.xml ファイルを使用します。You use the configuration.xml file to provide settings for the ODT to use when downloading or installing Office 2019. configuration.xml は、メモ帳などのテキスト エディターで作成および編集できる簡単な xml ファイルです。The configuration.xml is a simple xml file that can be created and edited in any text editor, such as Notepad. ファイルに xml ファイル拡張子が保持されている限り、ファイルに好きな名前を付けることができます。You can name the file anything that you want, as long as it retains the xml file extension.

configuration.xml を作成します。Create the configuration.xml

ODT をコピーしたら、configuration.xml ファイルを作成する必要があります。Once you have a copy of the ODT, you need to create a configuration.xml file. ODT で使用するために複数の configuration.xml ファイルを作成できます。You can create multiple configuration.xml files to be used with the ODT. たとえば、英語で 64 ビット版の Office Professional Plus 2019 をダウンロードしてインストールするための configuration.xml ファイルと、フランス語で 32 ビット版の Visio Professional 2019 をインストールするための別の configuration.xml ファイルを作成します。For example, you would create a configuration.xml file to download and install the 64-bit version of Office Professional Plus 2019 in English and a different configuration.xml file to install the 32-bit version of Visio Professional 2019 in French. 管理者特権のコマンド プロンプトから ODT を実行する際には、使用する configuration.xml ファイルを指定します。When you run the ODT from an elevated command prompt, you specify which configuration.xml file to use.

ヒント

configuration.xml の作成には、テキスト エディターではなく、Office カスタマイズ ツール (OCT) の使用をお勧めします。Instead of using a text editor to create your configuration.xml, we recommend that you use the Office Customization Tool (OCT). OCT には、Office 展開ツールで使用する configuration.xml ファイルの選択と作成のための Web ベースのインターフェイスがあります。The OCT provides a web-based interface for making your selections and creating your configuration.xml file to be used with the Office Deployment Tool. 詳細については、「Office カスタマイズ ツールの概要」を参照してください。For more information, see Overview of the Office Customization Tool. これは、インストール テクノロジ —として Windows インストーラー (MSI) を使用した Office のボリューム ライセンス版をインストールするために過去に使用した可能性があるOffice カスタマイズ ツールとは異なります。Please note that this is different than the Office Customization Tool that you might have used in the past to install volume licensed versions of Office that used Windows Installer (MSI) as the installation technology.

Office 2019 のダウンロードまたはインストールをカスタマイズするために構成する configuration.xml ファイルには一連の設定があります。There are a series of settings in the configuration.xml file that you configure to customize the Office 2019 download or installation. 次の表は、configuration.xml ファイルで構成する最も一般的な設定のリストです。The following table lists the most common settings to configure in the configuration.xml file.

構成Configuration configuration.xml の設定configuration.xml setting その他の情報Additional information
Office のインストールファイルのダウンロード先と Office のインストール先Where to download the Office installation files to and where to install Office from

たとえば、\\server\share (ローカルネットワーク上の共有フォルダー)のようになります。For example, \\server\share (a shared folder on your local network)
SourcePathSourcePath ODT を使用して Office をインストールする際にSourcePathを指定しないと、ODT はそのフォルダーにあるインストールファイルを探します。If you don’t specify a SourcePath when using the ODT to install Office, the ODT looks for the installation files in the folder it’s located in. そこで Office のインストール ファイルが見つからない場合、Office CDN にアクセスしてインストール ファイルを取得します。If it doesn’t find the Office installation files there, it goes to the Office CDN to get the installation files.

インターネット接続とネットワーク帯域幅がそれを可能にする場合、Office CDN から直接 Office をインストールすることをお勧めします。We recommend that you install Office directly from the Office CDN, if internet connectivity and network bandwidth make that possible.
ダウンロードまたはインストールする製品Which products to download or install

たとえば、Office Professional Plus 2019などです。For example, Office Professional Plus 2019
プロダクト IDProduct ID ボリューム ライセンス版のOffice 2019 の有効な値は次のとおりです。Valid values for volume licensed versions of Office 2019 include the following:
- ProPlus2019Volume- ProPlus2019Volume
- Standard2019Volume- Standard2019Volume
- ProjectPro2019Volume- ProjectPro2019Volume
- ProjectStd2019Volume- ProjectStd2019Volume
- VisioPro2019Volume- VisioPro2019Volume
- VisioStd2019Volume- VisioStd2019Volume
マルチ ライセンス認証 (MAK) を使用して Office 2019 をライセンス認証Use Multiple Activation (MAK) to activate Office 2019 PIDKEYPIDKEY MAK ライセンス認証のプロダクト キーを入力します。Enter the product key for MAK activation.

キー管理サービス (KMS) を使用して Office 2019 をライセンス認証する場合、PIDKEYを使用する必要はありません。You don’t need to use PIDKEY if you’re activating Office 2019 with Key Management Service (KMS).
ダウンロードまたはインストールする言語Which languages to download or install

たとえば、英語 (en-us) とフランス語 (fr-fr) です。For example, English (en-us) and French (fr-fr).
言語 IDLanguage ID Office 2019 をインストールする際に、同時に複数の言語をインストールすることも、後でインストールすることもできます。You can install multiple languages at the same time you’re Installing Office 2019, or you can install them later.

詳細については、「Office 2019用の言語の展開」を参照してください。For more information, see Deploy languages for Office 2019.
インストールする校正ツールWhich proofing tools to install プロダクト IDProduct ID プロダクト IDは 「校正ツール」であり、言語 ID と組み合わせて使用​​されます。The Product ID is "ProofingTools" and is used in combination with the Language ID.

詳細については、「Office 2019用の言語の展開」を参照してください。For more information, see Deploy languages for Office 2019.
ダウンロードまたはインストールする Office 2019 のエディション。Which edition of Office 2019 to download or install.

たとえば、64 ビット版です。For example, the 64-bit version.
OfficeClientEditionOfficeClientEdition 有効な xml の値は 「32」と 「64」です。Valid xml values are "32" and "64."

コンピュータ上のすべての Office 製品は、同じアーキテクチャである必要があります。All Office products on the computer must be of the same architecture. 32 ビットと 64 ビットの両方の Office 製品を同じコンピュータにインストールすることはできません。You can’t have both 32-bit and 64-bit Office products installed on the same computer.

4 GB 以上のメモリを搭載した 64 ビット版のコンピューターをお勧めします。We recommend 64-bit on computers that have 4 gb or more of memory. ただし、32 ビット版を使用する必要があるアプリケーションの互換性やその他の要因を評価する必要があります。But you should assess application compatibility and other factors that might require you to use the 32-bit version.

詳細については、「Office の 64 ビット版と 32 ビット版を選択する」を参照してください。For more information, see Choose between the 64-bit or 32-bit version of Office.
インストールするアプリWhich apps to install

たとえば、Publisher 以外のすべてのアプリです。For example, all apps except Publisher.
ExcludeAppExcludeApp 既定値では、Office Professional Plus 2019 に含まれるすべてのアプリがインストールされています。By default, all apps included in Office Professional Plus 2019 are installed.

たとえば、Publisher をインストールしないようにするには、configuration.xml に次の行を追加します。For example, to not install Publisher, you can include the following line in your configuration.xml:

<ExcludeApp ID="Publisher" /><ExcludeApp ID="Publisher" />

詳細については、「ExcludeApp 要素」を参照してください。For more information, see ExcludeApp element.
セキュリティと品質の更新プログラムの入手先。Where to get security and quality updates from.

たとえば、インターネット上の Office CDN から直接取得できます。For example, directly from the Office CDN on the internet.
UpdatePathUpdatePath 既定値では、インターネット上の Office CDN から直接更新プログラムを取得します。The default is to get updates directly from the Office CDN on the internet. これは推奨されており、最小限の管理作業で済みます。This is recommended and requires the least amount of administrative effort.

ただし、インターネットに接続できないコンピューターを更新する必要がある場合、ローカル ネットワーク上の共有フォルダーなどからOffice が更新プログラムを取得するように指定できます。But if you need to update computers that don’t have connectivity to the internet, you can specify that Office gets updates, for example, from a shared folder on your local network. ただし、これは Office CDN から必ず更新プログラムをダウンロードして共有フォルダにコピーする必要があるということになります。But this means that you must download the updates from the Office CDN and copy them to the shared folder.

詳細については、「Office 2019 の更新 (IT 担当者向け)」を参照してください。For more information, see Update Office 2019 (for IT Pros).
インストールまたは更新プログラムを取得する更新プログラム チャネルWhich update channel to install from and get updates from チャネルChannel Office は、更新プログラム チャネルの概念を使用してインストールされているバージョンの Office がどの更新プログラムを受信かを判断します。Office uses the concept of update channels to determine which updates an installed version of Office receives.

詳細については、「Office 2019 用の更新プログラム チャネル」を参照してください。For more information, see Update channel for Office 2019.
Office 2019 をインストールする前に、以前の Windows インストーラー (MSI) 版の Office を削除するかどうかWhether to remove previous Windows Installer (MSI) versions of Office before installing Office 2019 RemoveMSIRemoveMSI これはお勧めです。This is recommended.

詳細については、Office 2019 をインストールする前に、既存のバージョンの Office を削除するを参照してください。For more information, see Remove existing versions of Office before installing Office 2019.

ヒント

configuration.xml の設定の詳細については、「クイック実行 configuration.xml ファイルのリファレンス」を参照してください。More information about these configuration.xml settings is available here: Configuration options for the Office Deployment Tool. その記事のすべての情報が Office 2019 に適用できることではないので注意してください。Keep in mind that not all the information in that article applies to Office 2019. たとえば、SharedComputerLicensingやSCLCacheOverrideなど、共有コンピューターのライセンス認証に関連する設定は、Office 2019 には適用されません。For example, the settings related to shared computer activation, such as SharedComputerLicensing and SCLCacheOverride, don’t apply to Office 2019.

Office の展開ツールで使用するサンプルの configuration.xml ファイルSample configuration.xml file to use with the Office Deployment Tool

以下は、ローカル ネットワーク上の共有フォルダーを使用して 64 ビット版の Office Professional Plus 2019 を英語でダウンロードまたはインストールし、MAK を使用してライセンス認証する際に使用できるサンプルの configuration.xml ファイルです。The following is a sample configuration.xml file that can be used to either download or install the 64-bit version of Office Professional Plus 2019 in English using a shared folder on your local network and activate by using MAK. この configuration.xml を使用して Office 2019 をインストールする場合、以前の Windows インストーラー (MSI) 版の Office はインストール プロセスの一部として削除されます。If you’re using this configuration.xml to install Office 2019, previous Windows Installer (MSI) versions of Office are removed as part of the installation process. また、configuration.xml ファイルで指定されていなくても、更新は自動的に有効になり、Office CDN から直接送信されるように設定されます。これは既定の設定だからです。Also, even though it’s not specified in the configuration.xml file, updates are automatically enabled and are configured to come directly from the Office CDN, because those are the default settings.

<Configuration>
  <Add SourcePath="\\Server\Share" OfficeClientEdition="64" Channel="PerpetualVL2019">
      <Product ID="ProPlus2019Volume"  PIDKEY="#####-#####-#####-#####-#####" >
         <Language ID="en-us" />
      </Product>
      <Product ID="ProofingTools">
        <Language ID="de-de" />
        <Language ID="ja-jp" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI />
  <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />  
</Configuration>

PIDKEYの場合、#####-#####-#####-#####-######を MAK クライアント ライセンス認証キーに置き換えます。For the PIDKEY, replace #####-#####-#####-#####-##### with your MAK client activation key.

Office 2019 をインストールする前に、既存のバージョンの Office を削除するRemove existing versions of Office before installing Office 2019

ボリューム ライセンス版の Office 2019 をインストールする前に Office の以前のバージョンをアンインストールすることをお勧めします。We recommend that you uninstall any previous versions of Office before installing volume licensed versions of Office 2019. インストールのテクノロジーとして、 Windows Installer (MSI) を使用して Office のバージョンをアンインストールするために、Office 展開ツール を使用して、configuration.xml ファイル の RemoveMSI 要素を指定します。To help you uninstall versions of Office that use Windows Installer (MSI) as the installation technology, you can use the Office Deployment Tool and specify the RemoveMSI element in your configuration.xml file.

ボリューム ライセンス版の Office 2019 をインストールする際、いくつかの方法で RemoveMSI 要素を使用することができます。There are several ways that you can use the RemoveMSI element when installing volume licensed versions of Office 2019.

  • コンピューター上のすべての Office 製品をアンインストールする。Uninstall all Office products on the computer.
  • 言語パックのような、既存の言語リソースを識別し、同じ言語をインストールします。Identify any existing language resources, like language packs, and install the same languages.
  • コンピューター上の一部の Office 製品を維持し、他の Office 製品をアンインストールします。Keep some Office products and uninstall all other Office products on the computer.

Windows Installer (MSI) を使ってインストールした Office、Visio または Project の 2010、2013、または 2016 のバージョンをアンインストールするのには、 RemoveMSI を使用することができます。RemoveMSI can be used to uninstall 2010, 2013, or 2016 versions of Office, Visio, or Project that were installed using Windows Installer (MSI).

RemoveMSI の使用法について詳しくは、「Office 365 ProPlus にアップグレードする際に Office の既存の MSI バージョンを削除する」を参照してください。For more information about using RemoveMSI, see Remove existing MSI versions of Office when upgrading to Office 365 ProPlus. この記事は Office 365 ProPlus に関するものですが、ほとんどの情報はボリューム ライセンス版の Office 2019 にも適用できます。Even though this article is about Office 365 ProPlus, most of the information also applies to volume licensed versions of Office 2019.

Office 2019 のインストール ファイルをダウンロードするDownload the Office 2019 installation files

ODT のコピーを取得して configuration.xml ファイルを作成したら、Office 2019 のインストール ファイルをローカル ネットワークにダウンロードできます。Once you have a copy of the ODT and have created your configuration.xml file, you can download the Office 2019 installation files to your local network. これを行うには、管理者特権でのコマンド プロンプトを開き、ODT と configuration.xml ファイルを保存したフォルダーに移動して、次のコマンドを入力します。To do that, open an elevated command prompt, go to the folder where you saved the ODT and the configuration.xml file, and type this command:

    setup /download configuration.xml

configuration.xml ファイルを別の名前で保存した場合、コマンドでその名前を使用してください。If you have saved the configuration.xml file with a different name, use that name in the command.

何も起きていないように見えますが、ダウンロードはバックグラウンドで行われています。It will look as if nothing is happening, but the download is happening in the background. ダウンロードが完了すると、コマンド プロンプトに戻ります。Once the download is complete, you are returned to a command prompt.

ファイルがダウンロードされていることを確認するには、configuration.xml ファイルで SourcePath に指定した場所に移動します。If you want to check that the files are downloading, go to the location you specified for your SourcePath in the configuration.xml file. 「Office」という名前のフォルダと、「Data」という名前のサブフォルダーが表示されます。You should see a folder named “Office” with a subfolder named “Data.” ダウンロードのバージョン番号で名前が付けられたフォルダもあります。There will also be a folder named with the version number of the download. たとえば、16.0.10336.20044です。For example, 16.0.10336.20044. 表示されるファイルとファイルの名前は、32 ビット版と 64 ビット版のどちらの Office をダウンロードしているかと、どの言語をダウンロードしているかによって異なります。Which files you see and the names of the files depend on whether you are downloading the 32-bit or 64-bit version of Office and which languages you are downloading.

Office 2019 のインストール ファイルをダウンロードすることについてのいくつかの追加情報です。Here some additional details about downloading Office 2019 installation files:

  • 32 ビット版と 64 ビット版を別々にダウンロードする必要があります。You must download the 32-bit and 64-bit versions separately.
  • configuration.xml ファイルで指定した製品に関係なく、Office Professional Plus 2019、Visio Professional 2019、Project Professional 2019 など、すべてのボリューム ライセンス版の Office 2019が同じダウンロードに含まれています。All volume licensed versions of Office 2019 – such as Office Professional Plus 2019, Visio Professional 2019, and Project Professional 2019 – are included in the same download, regardless of which products you specify in the configuration.xml file. これにより、ローカル ネットワークのディスク容量を節約できます。This helps you save disk space on your local network. Office 2019 製品のコア ファイルは、32 ビット版と 64 ビット版のどちらの Office であるかによって、stream.x86.x-none.dat ファイルまたはstream.x64.x-none-dat ファイルにあります。The core files for the Office 2019 products are in the stream.x86.x-none.dat or stream.x64.x-none-dat file, depending if it’s the 32-bit or 64-bit version of Office.

Office 展開ツールを使用して Office 2019 をインストールInstall Office 2019 by using the Office Deployment Tool

ODT のコピーを取得して configuration.xml ファイルを作成 (または必要に応じてローカル ネットワークに Office 2019 のインストール ファイルをダウンロード) したら、Office 2019 をインストールできます。Once you have a copy of the ODT and have created your configuration.xml file (and downloaded the Office 2019 installation files to your local network, if necessary), you can install Office 2019. これを行うには、管理者特権でのコマンド プロンプトを開き、ODT と configuration.xml ファイルを保存したフォルダーに移動して、このコマンドを入力します。To do that, open an elevated command prompt, go to the folder where you saved the ODT and the configuration.xml file, and type the following command:

    setup /configure configuration.xml

configuration.xml ファイルを別の名前で保存した場合、コマンドでその名前を使用してください。If you have saved the configuration.xml file with a different name, use that name in the command.

インストールが完了すると、コマンド プロンプトに戻り、インストールした Office 2019 プログラムを開くことができます。Once the installation is complete, you are returned to a command prompt and you can go open Office 2019 programs you’ve installed.

System Center Configuration Manager を使用して Office 2019 をインストールInstall Office 2019 by using System Center Configuration Manager

System Center Configuration Managerを使用して、ボリューム ライセンス版の Office 2019を展開することもできます。You can also use System Center Configuration Manager to deploy volume licensed versions of Office 2019. Configuration Manager (Current Branch) には、プロセスを案内してconfiguration.xml ファイルを作成するウィザードがあります。Configuration Manager (Current Branch) has a wizard that steps you through the process and builds the configuration.xml file for you. 以前のバージョンの Configuration Manager では、ODT をダウンロードして独自の configuration.xml ファイルを作成する必要があります。Earlier versions of Configuration Manager require you to download the ODT and create your own configuration.xml file.

  • Configuration Manager (Current Branch): Configuration Manager (Current Branch)を使用している場合、Office 365 クライアント インストール ウィザードを使用して Office 2019 を展開できます。Configuration Manager (Current Branch): If you’re using Configuration Manager (Current Branch), you can use the Office 365 Client Installation wizard to deploy Office 2019. バージョン1710以上を使用している必要があります。バージョン1806をお勧めします。You must be using at least version 1710, but version 1806 is recommended. Office 365 クライアント インストール ウィザードに、Office Professional Plus 2019 のエントリが表示されます。You’ll see an entry for Office Professional Plus 2019 in the Office 365 Client Installation wizard. 同じページで、Project と Visio のインストールも選択できます。On that same page, you can also select to install Project and Visio.

  • System Center 2012 R2 構成マネージャー: System Center 2012 R2 構成マネージャーを使用している場合、手順が異なり、手動の作業が多くなります。System Center 2012 R2 Configuration Manager: If you’re using System Center 2012 R2 Configuration Manager, the steps are different and much more manual. まず、Microsoft ダウンロードセンターから ODT のコピーを取得し、展開に適した configuration.xml ファイルを作成する必要があります。First you need to get a copy of the ODT from the Microsoft Download Center and create the appropriate configuration.xml file for your deployment. 次に、Configuration Manager でアプリケーションと展開の種類を作成します。Then, in Configuration Manager, you create an application and a deployment type. その後、アプリケーションを配布してから展開します。After that you distribute the application and then deploy it.

Office 2019 用の言語を展開Deploy languages for Office 2019

ODT と configuration.xml ファイルを使用して、Project と Visio を含むボリューム ライセンス版の Office 2019 を複数の言語でインストールできます。You can use the ODT and the configuration.xml file to install volume licensed versions of Office 2019, including Project and Visio, in multiple languages. 詳細については、「Language 要素」を参照してください。For more details, see Language element.

また、configuriation.xml ファイルで適切な言語 ID と共に製品 ID を 「ProofingTools」に指定すると、校正ツールをインストールすることもできます。You can also just install proofing tools by specifying the Product ID as "ProofingTools" in your configuriation.xml file along with the appropriate Language IDs. 校正ツール パッケージは Office 2019 の新機能で、完全な言語パックよりはるかに小さいです。Proofing tools packages, which are a new capability for Office 2019, are much smaller than full language packs. ユーザーが複数の言語で文書を操作するが、それらの言語すべての Office 製品の UI を必要としない場合、校正ツールの展開を検討してください。Consider deploying proofing tools in cases where users work with documents in multiple languages but don’t need the Office product UI in all those languages. Office 2019 をインストールする際に、同時に校正ツールをインストールすることも、後でインストールすることもできます。The proofing tools can be installed at the same time you’re installing Office 2019, or you can install them later. 特定の言語の言語パックがインストールされているかどうかにかかわらず、それらをインストールすることもできます。They can also be installed whether or not the language pack for a given language is installed.

Office の Windows インストーラー (MSI) バージョンからアップグレードする場合は、Office 2019 の展開時に、同じ言語リソース (言語パック、Language Interface Pack、または校正ツールなど) のクイック実行バージョンを入手できます。If you're upgrading from a Windows Installer (MSI) version of Office, you can get Click-to-Run versions of the same language resources – for example, language packs, language interface packs, or proofing tools – installed when you deploy Office 2019. 詳細については、「Office 365 ProPlus にアップグレードする際に Office の既存の MSI バージョンを削除する」を参照してください。For more information, see Remove existing MSI versions of Office when upgrading to Office 365 ProPlus. この記事は Office 365 ProPlus に関するものですが、ほとんどの情報はボリューム ライセンス版の Office 2019 にも適用できます。Even though this article is about Office 365 ProPlus, most of the information also applies to volume licensed versions of Office 2019.