導入 Office 2019 (IT プロフェッショナル向け)Deploy Office 2019 (for IT Pros)

構成し、組織内のユーザーのプロジェクトと、Visio を含む、Office 2019 のボリューム ライセンスを購入バージョンの展開を実行するには、Office の展開ツール (ODT) を使用します。To configure and perform deployments of volume licensed versions of Office 2019, including Project and Visio, for users in your organization, you use the Office Deployment Tool (ODT). 以前の Windows インストーラー (MSI) を使用した Office カスタマイズ ツール (OCT) の使用を中止します。The Office Customization Tool (OCT) that you previously used for Windows Installer (MSI) is no longer used.

2019 の Office のインストール ファイルは、上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) に、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) の代わりにインターネット上で利用可能です。The installation files for Office 2019 are available on the Office Content Delivery Network (CDN) on the internet instead of on the Volume Licensing Service Center (VLSC). Office CDN から直接 Office 2019 をインストールすることができます。You can install Office 2019 directly from the Office CDN. または、Office CDN から、共有フォルダーなど、ローカル ネットワーク上の場所にインストール ファイルをダウンロードし、その場所から Office 2019 をインストールすることができます。Or, you can download the installation files from the Office CDN to a location on your local network, such as a shared folder, and install Office 2019 from that location. コンピューターの別のセットを組織内のさまざまな方法を使用できます。You can use different methods for different sets of computers in your organization. どちらの方法を選択すると、密接に関連を使用します。Whichever method you choose, you use the ODT.

Office CDN から直接インストールすると、最小限の管理作業が必要です、お勧めです。Installing directly from the Office CDN requires the least amount of administrative effort and is recommended. ですが、インターネットから直接インストールすることを禁止する制約がある可能性があります。But you might have constraints that prevent you from installing directly from the internet. 一部のコンピューターでインターネットへの接続がない可能性がありますなど、インターネットの帯域幅に制限がある場合があります。For example, some computers might not have connectivity to the internet or you may have limited bandwidth to the internet.

Microsoft ダウンロード センターから Office の展開ツールをダウンロードします。Download the Office Deployment Tool from the Microsoft Download Center

Office 展開ツールは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードします。The Office Deployment Tool is a free download from the Microsoft Download Center. 常にダウンロードし、使用する、密接に関連の最新バージョンをお勧めします。We recommend that you always download and use the most current version of the ODT.

Office の展開ツールをダウンロードした後は、密接に関連ファイルを抽出する officedeploymenttool の実行可能 (.exe) ファイルをダブルクリックします。After you download the Office Deployment Tool, double-click on the officedeploymenttool executable (.exe) file to extract the ODT files. 完了したら、いくつかのファイルがある必要があります: setup.exe およびいくつかのサンプルの configuration.xml ファイルです。When you are finished, you should have several files: setup.exe and some sample configuration.xml files. Office 2019 固有のサンプルでは、 Office の展開ツールで使用するサンプルの configuration.xml ファイルを参照してください。For an Office 2019-specific sample, see Sample configuration.xml file to use with the Office Deployment Tool.

Setup.exe ファイルは、密接に関連で、ダウンロードと 2019 の Office のインストールをサポートするコマンド ライン ツールです。The setup.exe file is the ODT and is a command-line tool that supports downloading and installing Office 2019. Configuration.xml ファイルは、開始するためのサンプル ファイルです。The configuration.xml files are sample files to get you started. ダウンロードまたは 2019 の Office をインストールするときに使用するのに、密接に関連の設定を提供するのにには、configuration.xml ファイルを使用します。You use the configuration.xml file to provide settings for the ODT to use when downloading or installing Office 2019. Configuration.xml では、単純な xml ファイルを作成し、メモ帳など、任意のテキスト エディターで編集できます。The configuration.xml is a simple xml file that can be created and edited in any text editor, such as Notepad. できますファイルの名前をするものなど、xml ファイルの拡張子を保持している限りです。You can name the file anything that you want, as long as it retains the xml file extension.

Configuration.xml を作成します。Create the configuration.xml

密接に関連のコピーを作成したら、configuration.xml ファイルを作成する必要があります。Once you have a copy of the ODT, you need to create a configuration.xml file. 密接に関連で使用される複数の configuration.xml ファイルを作成することができます。You can create multiple configuration.xml files to be used with the ODT. たとえば、ダウンロードし、英語とフランス語版の Visio Professional 2019 の 32 ビット バージョンをインストールするのには別の configuration.xml ファイルに Office Professional Plus 2019 の 64 ビット バージョンをインストールする configuration.xml ファイルを作成します。For example, you would create a configuration.xml file to download and install the 64-bit version of Office Professional Plus 2019 in English and a different configuration.xml file to install the 32-bit version of Visio Professional 2019 in French. 密接に関連を管理者特権でコマンド プロンプトから実行すると、使用する configuration.xml ファイルを指定します。When you run the ODT from an elevated command prompt, you specify which configuration.xml file to use.

ヒント

テキスト エディターを使用して、configuration.xml を作成するのには、代わりに、 Office カスタマイズ ツール (OCT)を使用することをお勧めします。Instead of using a text editor to create your configuration.xml, we recommend that you use the Office Customization Tool (OCT). OCT では、選択し、Office の展開ツールを使用するように configuration.xml ファイルを作成するための web ベースのインターフェイスを提供します。The OCT provides a web-based interface for making your selections and creating your configuration.xml file to be used with the Office Deployment Tool. 詳細については、 Office カスタマイズ ツールの概要を参照してください。For more information, see Overview of the Office Customization Tool. これは、Office カスタマイズ ツールを使用している可能性があります、過去にボリュームをインストールするのにはライセンスのインストールのテクノロジとして、Windows インストーラー (MSI) を使用する Office のバージョンとは異なることに注意してください。Please note that this is different than the Office Customization Tool that you might have used in the past to install volume licensed versions of Office that used Windows Installer (MSI) as the installation technology.

一連の Office 2019 ダウンロードまたはインストールをカスタマイズするように構成を configuration.xml ファイル内の設定があります。There are a series of settings in the configuration.xml file that you configure to customize the Office 2019 download or installation. 次の表は、configuration.xml ファイルで構成する最も一般的な設定をします。The following table lists the most common settings to configure in the configuration.xml file.

構成Configuration configuration.xml の設定configuration.xml setting 追加情報Additional information
Office インストールにファイルをダウンロードする場所と場所から Office をインストールするのにはWhere to download the Office installation files to and where to install Office from

たとえば、 \\server\share (ローカル ネットワーク上の共有フォルダー)For example, \\server\share (a shared folder on your local network)
ソースパスSourcePath 場合は、ソースパスは密接に関連を使用して Office をインストールするときを指定しなければ、密接に関連にあるフォルダーにインストール ファイルを探します。If you don’t specify a SourcePath when using the ODT to install Office, the ODT looks for the installation files in the folder it’s located in. Office インストール ファイルが見つからない場合は、インストール ファイルを取得するのには Office の CDN に移動します。If it doesn’t find the Office installation files there, it goes to the Office CDN to get the installation files.

インターネット接続とネットワークの帯域幅をできるようにする場合 Office CDN から直接 Office をインストールすることをお勧めします。We recommend that you install Office directly from the Office CDN, if internet connectivity and network bandwidth make that possible.
製品をダウンロードまたはインストールWhich products to download or install

たとえば、Office Professional Plus 2019For example, Office Professional Plus 2019
プロダクト IDProduct ID 2019 の Office のボリューム ライセンスを購入バージョンの有効な値を以下に示します。Valid values for volume licensed versions of Office 2019 include the following:
-ProPlus2019Volume- ProPlus2019Volume
-Standard2019Volume- Standard2019Volume
-ProjectPro2019Volume- ProjectPro2019Volume
-ProjectStd2019Volume- ProjectStd2019Volume
-VisioPro2019Volume- VisioPro2019Volume
-VisioStd2019Volume- VisioStd2019Volume
マルチ ライセンス認証 (MAK) を使用して Office 2019 をアクティブにUse Multiple Activation (MAK) to activate Office 2019 PIDKEYPIDKEY MAK ライセンス認証用のプロダクト キーを入力します。Enter the product key for MAK activation.

Office 2019 キー マネージメント サービス (KMS) をアクティブ化している場合、PIDKEY を使用する必要はありません。You don’t need to use PIDKEY if you’re activating Office 2019 with Key Management Service (KMS).
ダウンロードまたはインストールする言語Which languages to download or install

たとえば、英語 (en-ご) とフランス語 (fr-fr)。For example, English (en-us) and French (fr-fr).
言語 IDLanguage ID あなたがインストールする Office 2019、同時に複数の言語をインストールすることができますか、後でインストールすることができます。You can install multiple languages at the same time you’re Installing Office 2019, or you can install them later.

詳細については、 Office 2019 の展開の言語を参照してください。For more information, see Deploy languages for Office 2019.
インストールする校正ツールWhich proofing tools to install プロダクト IDProduct ID プロダクト ID は"ProofingTools"であり、言語 ID を持つの組み合わせで使用されます。The Product ID is "ProofingTools" and is used in combination with the Language ID.

詳細については、 Office 2019 の展開の言語を参照してください。For more information, see Deploy languages for Office 2019.
ダウンロードまたはインストールする Office 2019 のエディションです。Which edition of Office 2019 to download or install.

たとえば、64 ビット バージョンです。For example, the 64-bit version.
OfficeClientEditionOfficeClientEdition 有効な xml 値は、「32」と「64」にします。Valid xml values are "32" and "64."

コンピューター上のすべての Office 製品は、アーキテクチャは同じでなければなりません。All Office products on the computer must be of the same architecture. 32 ビットと 64 ビットの両方の Office 製品を同じコンピューターにインストールすることはできません。You can’t have both 32-bit and 64-bit Office products installed on the same computer.

4 gb 以上のメモリを搭載したコンピューターで 64 ビットをお勧めします。We recommend 64-bit on computers that have 4 gb or more of memory. アプリケーションの互換性およびその他の 32 ビット バージョンを使用することが必要となる要因を評価する必要があります。But you should assess application compatibility and other factors that might require you to use the 32-bit version.

詳細については、 Office の 64 ビットまたは 32 ビット バージョンとの間の選択を参照してください。For more information, see Choose between the 64-bit or 32-bit version of Office.
どのアプリケーションをインストールするのにはWhich apps to install

たとえば、すべてのアプリケーション発行元を除く。For example, all apps except Publisher.
ExcludeAppExcludeApp 既定では、Office Professional Plus 2019 に含まれるすべてのアプリケーションがインストールされています。By default, all apps included in Office Professional Plus 2019 are installed.

など、Publisher をインストールするのには、configuration.xml で次の行を含めることができます。For example, to not install Publisher, you can include the following line in your configuration.xml:

<ExcludeApp ID =「発行者」の/><ExcludeApp ID="Publisher" />

詳細については、 ExcludeApp 要素を参照してください。For more information, see ExcludeApp element.
セキュリティと品質の更新プログラムを取得する場所。Where to get security and quality updates from.

たとえば、インターネット上の Office の CDN から直接です。For example, directly from the Office CDN on the internet.
UpdatePathUpdatePath 既定では、インターネット上の Office の CDN から直接更新を取得します。The default is to get updates directly from the Office CDN on the internet. これは推奨であり、最小限の管理作業が必要です。This is recommended and requires the least amount of administrative effort.

Office からを取得、更新などのローカル ネットワーク上の共有フォルダーを指定するには、インターネットへの接続がないコンピューターを更新する必要がある場合。But if you need to update computers that don’t have connectivity to the internet, you can specify that Office gets updates, for example, from a shared folder on your local network. ですが、これは、Office CDN から更新プログラムをダウンロードし、共有フォルダーにコピーする必要があることを意味します。But this means that you must download the updates from the Office CDN and copy them to the shared folder.

詳細については、更新プログラムの Office 2019を参照してください。For more information, see Update Office 2019 (for IT Pros).
インストールしてから更新プログラムを取得するチャネルを更新します。Which update channel to install from and get updates from チャネルChannel Office では、更新チャンネルの概念を使用して、Office のインストール済みのバージョンを受信する更新プログラムを確認します。Office uses the concept of update channels to determine which updates an installed version of Office receives.

詳細については、「Office 2019 用の更新プログラム チャネル」を参照してください。For more information, see Update channel for Office 2019.
2019 の Office をインストールする前に Office の以前の Windows インストーラー (MSI) のバージョンを削除するかどうかWhether to remove previous Windows Installer (MSI) versions of Office before installing Office 2019 RemoveMSIRemoveMSI これは、設定をお勧めします。This is recommended.

詳細については、 2019 の Office をインストールする前に Office の既存のバージョンを削除するを参照してください。For more information, see Remove existing versions of Office before installing Office 2019.

ヒント

これらの configuration.xml の設定の詳細については、ここで利用可能な: Office の展開ツールのオプションを構成します。More information about these configuration.xml settings is available here: Configuration options for the Office Deployment Tool. Office 2019 をその資料に記載されていないすべての情報が適用されることに留意してください。Keep in mind that not all the information in that article applies to Office 2019. たとえば、SharedComputerLicensing、SCLCacheOverride などの共有のコンピューターのライセンス認証に関連する設定は、Office 2019 に適用しません。For example, the settings related to shared computer activation, such as SharedComputerLicensing and SCLCacheOverride, don’t apply to Office 2019.

Office の展開ツールで使用する configuration.xml ファイルのサンプルSample configuration.xml file to use with the Office Deployment Tool

以下は、サンプルの configuration.xml ファイルをダウンロードするか、英語版が、ローカル ネットワーク上の共有フォルダーを使用して Office Professional Plus 2019 の 64 ビット バージョンをインストールするに使用して、MAK を使用してアクティブにします。The following is a sample configuration.xml file that can be used to either download or install the 64-bit version of Office Professional Plus 2019 in English using a shared folder on your local network and activate by using MAK. 2019 の Office をインストールするのにはこの configuration.xml を使用する場合は、インストール プロセスの一部として Office の以前の Windows インストーラー (MSI) のバージョンが削除されます。If you’re using this configuration.xml to install Office 2019, previous Windows Installer (MSI) versions of Office are removed as part of the installation process. Configuration.xml ファイルで指定されていない場合でも更新プログラムが自動的に有効になっているまた、Office CDN から直接取得するため、これらの既定の設定に構成されています。Also, even though it’s not specified in the configuration.xml file, updates are automatically enabled and are configured to come directly from the Office CDN, because those are the default settings.

<Configuration>
  <Add SourcePath="\\Server\Share" OfficeClientEdition="64" Channel="PerpetualVL2019">
      <Product ID="ProPlus2019Volume"  PIDKEY="#####-#####-#####-#####-#####" >
         <Language ID="en-us" />
      </Product>
      <Product ID="ProofingTools">
        <Language ID="de-de" />
        <Language ID="ja-jp" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI />
  <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />  
</Configuration>

PIDKEY を #,-#,-#,-#,-#, MAK クライアントのライセンス認証キーに置き換えます。For the PIDKEY, replace #####-#####-#####-#####-##### with your MAK client activation key.

2019 の Office をインストールする前に既存のバージョンの Office を削除します。Remove existing versions of Office before installing Office 2019

2019 の Office のバージョンのライセンス ボリュームをインストールする前に、Office の以前のバージョンをアンインストールすることをお勧めします。We recommend that you uninstall any previous versions of Office before installing volume licensed versions of Office 2019. インストールのテクノロジーとして、 Windows Installer (MSI) を使用して Office のバージョンをアンインストールするために、Office 展開ツール を使用して、configuration.xml ファイル の RemoveMSI 要素を指定します。To help you uninstall versions of Office that use Windows Installer (MSI) as the installation technology, you can use the Office Deployment Tool and specify the RemoveMSI element in your configuration.xml file.

2019 の Office のバージョンのライセンス ボリュームをインストールするときに RemoveMSI 要素を使用できるいくつかの方法があります。There are several ways that you can use the RemoveMSI element when installing volume licensed versions of Office 2019.

  • コンピューター上のすべての Office 製品をアンインストールする。Uninstall all Office products on the computer.
  • 言語パックのような、既存の言語リソースを識別し、同じ言語をインストールします。Identify any existing language resources, like language packs, and install the same languages.
  • コンピューター上の一部の Office 製品を維持し、他の Office 製品をアンインストールします。Keep some Office products and uninstall all other Office products on the computer.

Windows Installer (MSI) を使ってインストールした Office、Visio または Project の 2010、2013、または 2016 のバージョンをアンインストールするのには、 RemoveMSI を使用することができます。RemoveMSI can be used to uninstall 2010, 2013, or 2016 versions of Office, Visio, or Project that were installed using Windows Installer (MSI).

RemoveMSI の使用法について詳しくは、「Office 365 ProPlus にアップグレードする際に Office の既存の MSI バージョンを削除する」を参照してください。For more information about using RemoveMSI, see Remove existing MSI versions of Office when upgrading to Office 365 ProPlus. 場合でも、この資料は、Office 365 用リソースについては、情報のほとんどは Office 2019 のボリューム ライセンスを購入バージョンにも適用されます。Even though this article is about Office 365 ProPlus, most of the information also applies to volume licensed versions of Office 2019.

2019 の Office のインストール ファイルをダウンロードします。Download the Office 2019 installation files

密接に関連のコピーすると、configuration.xml ファイルを作成して、ローカル ネットワークに Office 2019 インストール ファイルをダウンロードできます。Once you have a copy of the ODT and have created your configuration.xml file, you can download the Office 2019 installation files to your local network. 管理者特権でコマンド プロンプトを開くし、密接に関連し、configuration.xml ファイルを保存したフォルダーに移動するこのコマンドを入力します。To do that, open an elevated command prompt, go to the folder where you saved the ODT and the configuration.xml file, and type this command:

    setup /download configuration.xml

別の名前で configuration.xml ファイルを保存した場合は、コマンドでその名前を使用します。If you have saved the configuration.xml file with a different name, use that name in the command.

何も起こっていますが、ダウンロードはバック グラウンドで発生しているかのようになります。It will look as if nothing is happening, but the download is happening in the background. ダウンロードが完了した後、コマンド プロンプトに戻ります。Once the download is complete, you are returned to a command prompt.

ファイルをダウンロードすることを確認する場合は、configuration.xml ファイル内に見つかったの指定した場所に移動します。If you want to check that the files are downloading, go to the location you specified for your SourcePath in the configuration.xml file. 「データ」をという名前のサブフォルダーに"Office"をという名前のフォルダーを表示する必要があります。You should see a folder named “Office” with a subfolder named “Data.” ダウンロードのバージョン番号を持つという名前のフォルダーもあります。There will also be a folder named with the version number of the download. たとえば、16.0.10336.20044 です。For example, 16.0.10336.20044. ファイルを表示し、ファイルの名前は、Office の 32 ビットまたは 64 ビット バージョンをダウンロードするかどうかに依存してどの言語をダウンロードしています。Which files you see and the names of the files depend on whether you are downloading the 32-bit or 64-bit version of Office and which languages you are downloading.

ここで 2019 の Office のインストール ファイルのダウンロードに関する追加の詳細情報。Here some additional details about downloading Office 2019 installation files:

  • 32 ビットおよび 64 ビット バージョンを個別にダウンロードする必要があります。You must download the 32-bit and 64-bit versions separately.
  • – など、Office Professional Plus 2019、Visio Professional 2019、およびプロジェクト プロフェッショナル 2019: 2019 を Office のライセンス供与されたバージョンが configuration.xml ファイルで指定した製品に関わらず、同じダウンロードに含まれているすべてのボリュームです。All volume licensed versions of Office 2019 – such as Office Professional Plus 2019, Visio Professional 2019, and Project Professional 2019 – are included in the same download, regardless of which products you specify in the configuration.xml file. これにより、ローカル ネットワーク上のディスク領域を節約できます。This helps you save disk space on your local network. 2019 の Office 製品用のコア ファイルは、stream.x86.x none.dat または stream.x64.x-なし-dat ファイルでは、32 ビットまたは 64 ビット バージョンの Office であるかに応じて。The core files for the Office 2019 products are in the stream.x86.x-none.dat or stream.x64.x-none-dat file, depending if it’s the 32-bit or 64-bit version of Office.

2019 の Office をインストールするには、Office の展開ツールを使用してInstall Office 2019 by using the Office Deployment Tool

密接に関連のコピーが存在し、configuration.xml ファイルを作成 (と必要な場合は、ローカル ネットワークに Office 2019 インストール ファイルをダウンロード)、Office 2019 をインストールすることができます。Once you have a copy of the ODT and have created your configuration.xml file (and downloaded the Office 2019 installation files to your local network, if necessary), you can install Office 2019. 管理者特権でコマンド プロンプトを開くし、密接に関連し、configuration.xml ファイルを保存したフォルダーに移動する次のコマンドを入力します。To do that, open an elevated command prompt, go to the folder where you saved the ODT and the configuration.xml file, and type the following command:

    setup /configure configuration.xml

別の名前で configuration.xml ファイルを保存した場合は、コマンドでその名前を使用します。If you have saved the configuration.xml file with a different name, use that name in the command.

インストールが完了した後、コマンド プロンプトに戻ります、開いている Office 2019 プログラムがインストールされている移動することができます。Once the installation is complete, you are returned to a command prompt and you can go open Office 2019 programs you’ve installed.

システム センター構成マネージャーを使用して Office 2019 をインストールします。Install Office 2019 by using System Center Configuration Manager

2019 の Office のボリューム ライセンスを購入バージョンを展開するのにシステム センター構成マネージャーを使用することもできます。You can also use System Center Configuration Manager to deploy volume licensed versions of Office 2019. 構成マネージャー (現在の分岐) には、プロセスの手順し、configuration.xml ファイルを構築するウィザードがあります。Configuration Manager (Current Branch) has a wizard that steps you through the process and builds the configuration.xml file for you. 以前のバージョンの構成マネージャーでは、密接に関連をダウンロードして、独自の configuration.xml ファイルを作成する必要があります。Earlier versions of Configuration Manager require you to download the ODT and create your own configuration.xml file.

  • 構成マネージャー (現在のブランチ): 構成マネージャー (現在の分岐) を使用する場合は、2019 の Office を展開する Office 365 クライアント インストール ウィザードを使用することができます。Configuration Manager (Current Branch): If you’re using Configuration Manager (Current Branch), you can use the Office 365 Client Installation wizard to deploy Office 2019. 以上を使用する必要があります 1806 のバージョンはバージョン 1710 をお勧めします。You must be using at least version 1710, but version 1806 is recommended. Office Professional Plus 2019 Office 365 クライアントのインストール ウィザード内のエントリが表示されます。You’ll see an entry for Office Professional Plus 2019 in the Office 365 Client Installation wizard. 同じページで、プロジェクトおよび Visio をインストールするのには選択することもできます。On that same page, you can also select to install Project and Visio.

  • システム センター 2012 R2 の構成マネージャー: システム センター 2012 R2 の構成マネージャーを使用する場合の手順は、別のはるかに手動です。System Center 2012 R2 Configuration Manager: If you’re using System Center 2012 R2 Configuration Manager, the steps are different and much more manual. 最初に密接に関連のコピーを Microsoft ダウンロード センターから取得し、展開に適切な configuration.xml ファイルを作成する必要があります。First you need to get a copy of the ODT from the Microsoft Download Center and create the appropriate configuration.xml file for your deployment. 次に、構成マネージャーでは、作成するアプリケーションと展開の種類。Then, in Configuration Manager, you create an application and a deployment type. その後アプリケーションを配布し、配置します。After that you distribute the application and then deploy it.

2019 の Office の言語を展開します。Deploy languages for Office 2019

Office 2019、プロジェクトと、Visio を含む複数の言語でのボリューム ライセンスを購入バージョンをインストールするのには、密接に関連し、configuration.xml ファイルを使用できます。You can use the ODT and the configuration.xml file to install volume licensed versions of Office 2019, including Project and Visio, in multiple languages. 詳細については、「Language 要素」を参照してください。For more details, see Language element.

適切な言語 Id と configuriation.xml ファイルに"ProofingTools"として、プロダクト ID を指定することで校正ツールをインストールすることもできます。You can also just install proofing tools by specifying the Product ID as "ProofingTools" in your configuriation.xml file along with the appropriate Language IDs. Office 2019 の新しい機能であり、校正ツール パッケージは、完全言語パックよりはるかに小さい。Proofing tools packages, which are a new capability for Office 2019, are much smaller than full language packs. ユーザーが複数の言語でドキュメントを扱うが、それらすべての言語で Office 製品 UI は不要の場合の校正ツールを展開することを検討してください。Consider deploying proofing tools in cases where users work with documents in multiple languages but don’t need the Office product UI in all those languages. 2019 の Office をインストールすると同時に校正ツールをインストールすることができますか、後でインストールすることができます。The proofing tools can be installed at the same time you’re installing Office 2019, or you can install them later. 特定の言語用の言語パックがインストールされているかどうかもインストールすることができます。They can also be installed whether or not the language pack for a given language is installed.

Windows インストーラー (MSI) バージョンの Office からアップグレードする場合は、同じ言語のリソースの – 言語パック、言語インターフェイス パック、または校正ツール: 2019 の Office を展開するときにインストールされているクイック実行のバージョンを取得できます。If you're upgrading from a Windows Installer (MSI) version of Office, you can get Click-to-Run versions of the same language resources – for example, language packs, language interface packs, or proofing tools – installed when you deploy Office 2019. 詳細については、 Office 365 用リソースへのアップグレード時に Office の既存の MSI のバージョンを削除するを参照してください。For more information, see Remove existing MSI versions of Office when upgrading to Office 365 ProPlus. 場合でも、この資料は、Office 365 用リソースについては、情報のほとんどは Office 2019 のボリューム ライセンスを購入バージョンにも適用されます。Even though this article is about Office 365 ProPlus, most of the information also applies to volume licensed versions of Office 2019.