MultiBinding.ValidationRules プロパティ

定義

この ValidationRule のインスタンスの MultiBinding オブジェクトのコレクションを取得します。Gets the collection of ValidationRule objects for this instance of MultiBinding.

public:
 property System::Collections::ObjectModel::Collection<System::Windows::Controls::ValidationRule ^> ^ ValidationRules { System::Collections::ObjectModel::Collection<System::Windows::Controls::ValidationRule ^> ^ get(); };
public System.Collections.ObjectModel.Collection<System.Windows.Controls.ValidationRule> ValidationRules { get; }
member this.ValidationRules : System.Collections.ObjectModel.Collection<System.Windows.Controls.ValidationRule>
Public ReadOnly Property ValidationRules As Collection(Of ValidationRule)

プロパティ値

この ValidationRule のインスタンスの MultiBinding オブジェクトのコレクション。The collection of ValidationRule objects for this instance of MultiBinding.

注釈

オブジェクトとオブジェクト内MultiBinding MultiBindingの個々Bindingのオブジェクトの両方に対して検証規則を設定できます。You can set validation rules on both the MultiBinding object and the individual Binding objects in the MultiBinding object. バインディングエンジンは、値ValidationRulesIMultiValueConverterバインディングMultiBindingターゲットプロパティからオブジェクトに移動したときに、オブジェクトのを評価します。The binding engine evaluates the ValidationRules on the MultiBinding object when a value moves from the binding target property to the IMultiValueConverter object. その後、値がコンバーターから個々のバインディングのバインディングソースプロパティに移動すると、バインディングエンジンによってそのValidationRules Bindingオブジェクトのが評価されます。After that, when a value moves from the converter to the binding source property of an individual binding, the binding engine evaluates the ValidationRules on that Binding object.

検証プロセスの詳細と、無効化時に視覚的なフィードバックを提供する方法の詳細については、「データバインディングの概要」の「データの検証」を参照してください。For more information about the validation process and how to provide visual feedback upon invalidation, see "Data Validation" in Data Binding Overview.

注意

このプロパティを設定Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)できるのは、表示されている構文を使用するか、コレクションオブジェクトにアクセスし、などのさまざまなメソッドAddを使用することによってのみです。This property can be set in Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) only by using the syntax shown, or by accessing the collection object and using its various methods, such as Add. コレクションオブジェクトへのアクセスに使用されるプロパティは読み取り専用ですが、コレクション自体は読み取り/書き込みです。The property used to access the collection object is read-only, whereas the collection itself is read-write.

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

<object>  
  <object.ValidationRules>  
    oneOrMoreValidationRules  
  </object.ValidationRules>  
</object>  

XAML 値XAML Values

oneOrMoreValidationRulesoneOrMoreValidationRules
1つ以上のオブジェクト。ValidationRuleOne or more ValidationRule objects. クラスを使用ExceptionValidationRuleすることも、 ValidationRuleクラスをサブクラス化することによってカスタム規則を作成することもできます。You can use the ExceptionValidationRule class or create your custom rules by subclassing the ValidationRule class.

適用対象

こちらもご覧ください