FrameworkElement.GetLayoutClip(Size) メソッド

定義

クリッピング マスクのジオメトリを返します。 クリッピング マスクは、利用可能な表示領域より大きな要素をレイアウト システムが配置しようとすると適用されます。

protected:
 override System::Windows::Media::Geometry ^ GetLayoutClip(System::Windows::Size layoutSlotSize);
protected override System.Windows.Media.Geometry GetLayoutClip (System.Windows.Size layoutSlotSize);
override this.GetLayoutClip : System.Windows.Size -> System.Windows.Media.Geometry
Protected Overrides Function GetLayoutClip (layoutSlotSize As Size) As Geometry

パラメーター

layoutSlotSize
Size

ビジュアル プレゼンテーションを行う要素の部分のサイズ。

戻り値

Geometry

クリッピング ジオメトリ。

注釈

余白は、 layoutSlotSize レイアウトシステムの動作の一部としてから減算されます。

Null 参照が返された場合は、クリッピングが発生しないことを示します。 がの場合、既定の実装は常にを返し null ClipToBounds false ます。 このメソッドは、UIElement.GetLayoutClip をオーバーライドします。 の FrameworkElement 実装では、 MaxHeight 計算でとが使用さ MaxWidth れます。 のいくつかのサブクラスは、 FrameworkElement このメソッドを再度オーバーライドします。 Adorner.GetLayoutClipnull は、装飾が意図的に通常の境界の外側にあることが多いため、はをオーバーライドして常にを返します。 Canvas.GetLayoutClipInkPresenter.GetLayoutClipがの場合は、を返し null ClipToBounds false ます。

注意 (継承者)

がの場合、既定の実装は常にを返し null ClipToBounds false ます。 通常、オーバーライドは、基本クラスとは対照的に、派生クラスとそのレイアウトロジックの関係と目的に応じて、この動作を維持することが求められます。

適用対象

こちらもご覧ください