RoutedUICommand クラス

定義

要素ツリーを通じてルーティングされ、テキスト プロパティを含む ICommand を定義します。Defines an ICommand that is routed through the element tree and contains a text property.

public ref class RoutedUICommand : System::Windows::Input::RoutedCommand
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Input.CommandConverter, PresentationFramework, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Input.CommandConverter, PresentationFramework, Version=3.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35, Custom=null")]
public class RoutedUICommand : System.Windows.Input.RoutedCommand
type RoutedUICommand = class
    inherit RoutedCommand
Public Class RoutedUICommand
Inherits RoutedCommand
継承
RoutedUICommand
属性

注釈

RoutedUICommandRoutedCommandの違いは、RoutedUICommandにはTextプロパティが含まれていることです。The difference between a RoutedUICommand and RoutedCommand is that RoutedUICommand includes a Text property.

通常の ICommandの場合と同様に、RoutedCommandExecute および CanExecute メソッドには、コマンドのコマンドロジックは含まれません。The Execute and CanExecute methods on a RoutedCommand do not contain the command logic for the command, as is the case with a typical ICommand. これらのメソッドは、要素ツリーを走査し、CommandBindingを持つオブジェクトを検索するイベントを発生させます。These methods raise events that traverse the element tree looking for an object with a CommandBinding. CommandBinding にアタッチされているイベントハンドラーには、コマンドロジックが含まれています。The event handlers attached to the CommandBinding contain the command logic.

Execute メソッドは、PreviewExecuted イベントと Executed イベントを発生させます。The Execute method raises the PreviewExecuted and Executed events. CanExecute メソッドは、PreviewCanExecute イベントと CanExecute イベントを発生させます。The CanExecute method raises the PreviewCanExecute and CanExecute events.

XAML 属性の使用XAML Attribute Usage

<object property="predefinedCommandName"/>  
- or -  
<object property="predefinedClassName.predefinedCommandName"/>  
- or -  
<object property="{x:Static customClassName.customCommandName}"/>  
  

XAML の値XAML Values

Pre未定義クラス名predefinedClassName
定義済みのコマンドクラスの1つ。One of the predefined command classes.

事前に宣言した CommandnamepredefinedCommandName
定義済みのコマンドの1つ。One of the predefined commands.

外線prefix
Customclassnameをマップする xlmns プレフィックス。Customcommandname.NET.NET クラスにします。The xlmns prefix that maps customClassName.customCommandName to the .NET.NET class. 詳細については、「 WPF xaml の Xaml 名前空間と名前空間のマッピング」を参照してください。For more information, see XAML Namespaces and Namespace Mapping for WPF XAML.

customClassNamecustomClassName
カスタムコマンドを格納しているカスタムクラス。A custom class that contains the custom command.

customCommandNamecustomCommandName
カスタムコマンド。A custom command.

コンストラクター

RoutedUICommand() RoutedUICommand クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RoutedUICommand class.
RoutedUICommand(String, String, Type)

説明テキスト、宣言名、および所有者の型を指定して、RoutedUICommand クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RoutedUICommand class, using the specified descriptive text, declared name, and owner type.

RoutedUICommand(String, String, Type, InputGestureCollection)

説明テキスト、宣言名、所有者の型、および入力ジェスチャを指定して、RoutedUICommand クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RoutedUICommand class, using the specified descriptive text, declared name, owner type, and input gestures.

プロパティ

InputGestures

このコマンドに関連付けられている InputGesture オブジェクトのコレクションを取得します。Gets the collection of InputGesture objects that are associated with this command.

(継承元 RoutedCommand)
Name

コマンドの名前を取得します。Gets the name of the command.

(継承元 RoutedCommand)
OwnerType

このコマンドに登録された型を取得します。Gets the type that is registered with the command.

(継承元 RoutedCommand)
Text

このコマンドを説明するテキストを取得または設定します。Gets or sets the text that describes this command.

メソッド

CanExecute(Object, IInputElement)

現在の状態でこの RoutedCommand を実行できるかどうかを判断します。Determines whether this RoutedCommand can execute in its current state.

(継承元 RoutedCommand)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Execute(Object, IInputElement)

現在のコマンドの対象で RoutedCommand を実行します。Executes the RoutedCommand on the current command target.

(継承元 RoutedCommand)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

イベント

CanExecuteChanged

コマンド ソースに対する変更がコマンド マネージャーによって検出されたときに発生します。Occurs when changes to the command source are detected by the command manager. これらの変更は、多くの場合、現在のコマンドの対象に対してコマンドを実行するかどうかに影響します。These changes often affect whether the command should execute on the current command target.

(継承元 RoutedCommand)

明示的なインターフェイスの実装

ICommand.CanExecute(Object)

このメンバーの説明については、CanExecute(Object) のトピックを参照してください。For a description of this members, see CanExecute(Object).

(継承元 RoutedCommand)
ICommand.Execute(Object)

このメンバーの説明については、Execute(Object) のトピックを参照してください。For a description of this members, see Execute(Object).

(継承元 RoutedCommand)

適用対象

こちらもご覧ください