Outlook メール API の概要Outlook mail API overview

Outlook は、Office 365 のメッセージング通信ハブです。Outlook is a messaging communication hub in Office 365. これにより、連絡先の管理、会議のスケジュール管理、組織内のユーザーに関する情報の検索、オンライン会話の開始、ファイルの共有、およびグループでの共同作業をすることができます。It also lets you manage contacts, schedule meetings, find information about users in an organization, initiate online conversations, share files, and collaborate in groups.

Outlook メールと統合する理由Why integrate with Outlook mail?

豊富な機能を統合して何億というユーザーに達するIntegrate with rich features and reach hundreds of millions of customers

Outlook を統合するなら、多くのユーザーの好む豊かなエクスペリエンスを取り入れることになります。それは、メール、連絡先予定表のための直感的で一貫したエクスペリエンスであり、モバイル、Web、およびデスクトップのどのデバイス上でも利用可能です。Integrating with Outlook means tapping into the rich experience that customers love - consistent, intuitive experience for mail, contacts, calendar, available on all devices - mobile, web, and desktop.

Microsoft Graph を使用することにより、アプリを 1 回だけ作成することにより Outlook と統合することができ、Outlook をメール クライアントとして選んでいる何億人という消費者、何千万という組織ユーザーに達することができます。Using Microsoft Graph, you can integrate with Outlook by writing an app just once and reach more than hundreds of millions of consumers, and tens of millions of organization customers who choose Outlook as their email client. メール シナリオを中心としたアプリを作成したり、Outlook および 非 Outlook の他のリレーションシップ、リソース、およびインテリジェンスの宝庫に接続したり、Microsoft クラウドによってサポートされるシナリオを実現したりすることができます。You can write apps that focus on mail scenarios, or connect to a wealth of other Outlook and non-Outlook relationships, resources, and intelligence, and realize scenarios supported by the Microsoft cloud.

メッセージの整理と処理を自動化するAutomate message organization and processing

多くのユーザーは、Outlook で情報を整理するのを好んでいます。Customers like how Outlook helps them stay organized. Microsoft Graph により、それらの機能をアプリ開発者が利用することができ、情報の発見作業を最適化し、効率や生産性を向上させるユーザー ワークフローを構築することができます:Microsoft Graph brings these features to app developers, enabling them to build customer workflows that optimize on discovery and improve efficiency and productivity:

  • ユーザーは、さまざまな方法でメッセージを整理できます。メッセージを全部受信トレイに入れたまま検索する人もいれば、複数のフォルダーにメッセージを分類保存する人もいます。Customers organize their messages in different ways - some leave all messages in the Inbox and simply search for them, others file their messages in folders. フラットな整理方法とフォルダー ベースの整理方法の両方をサポートする Outlook の柔軟で直感的なアプローチがユーザーに好まれています。They like Outlook's flexible and intuitive approach that supports both flat and folder-based organizations. アプリでは、特定のフォルダー内のメッセージまたはユーザーのメールボックス全体のメッセージに対してフィルター処理、検索、またはソートを便利に実行することができます。Apps can conveniently filter, search, or sort messages in specific folders or the user's entire mailbox.

  • Outlook では、名前と色によってカテゴリが区別されます。Outlook categories are differentiated by name and color. カテゴリを利用することによりユーザーは、メッセージにタグを付けて、整理や情報発見の作業をさらに便利なものにすることができます。Categories allow customers to tag messages to enhance organization and discovery. アプリでは、ユーザーのカテゴリ マスター リストにアクセスしたり定義したりできます。Apps can access and define a user's master list of categories. さらにそのリストは、Outlook のメッセージ、またイベント、連絡先、タスク、およびグループ投稿を通じて共有され、アプリ開発者にとってクリエイティブなシナリオの可能性をもたらします。More, that list is shared across Outlook messages, as well as events, contacts, tasks, and group posts, and opens up creative scenarios for app developers. たとえば、オンライン研修業者であれば、電子メール、コース イベント、およびフォローアップ課題を、ユーザーが登録しているコースごとに色分けすることができます。For example, an online training provider can color-code the emails, course events, and follow-up assignments for each course a user has enrolled in.

  • さらに、アプリのユーザーは、メッセージ (あるいは、イベントまたはタスク) の重要度を変更したり、メッセージにフォローアップ用のフラグを付けたりすることができます。Additionally, app users can change the importance of a message (or event or task), or flag a message for follow-up. (現時点で Microsoft Graph のフラグの機能はプレビュー段階です。)(Flagging is currently in preview in Microsoft Graph.)

  • ルール API を利用すれば、メッセージの整理がさらに上のレベルになります。The rules API takes message organization to the next level. アプリでは、受信トレイ ルールをセットアップすることにより、受信メッセージを迅速に処理し、メールが乱雑な状態になるのを軽減できます。Apps can set up Inbox rules to promptly handle incoming messages and reduce email clutter. たとえば、アプリにより、メッセージの件名に特定のキーワードが含まれている場合にメッセージを別のフォルダーに移動したり、後でそれに対応する作業を容易にするためにカテゴリや重要度を割り当てたりすることができます。For example, an app can automatically move messages to another folder if their subject lines contain certain keywords, and assign categories and importance to make them easier for later follow-up.

インテリジェンスを活用した高度なアプリを作成するWrite smarter apps that leverage intelligence

Microsoft Graph を利用することにより、アプリ ユーザーに対してコンテキスト データを提案することができます:Use Microsoft Graph to suggest contextual data to your app users:

  • 優先受信トレイおよび @-メンション (プレビュー) を統合し、アプリ ユーザーが気になっているものを最初に読み、返信できるようにする。Integrate with Focused Inbox and @-mentions (preview) and let your app users read and respond to what's relevant to them first.

  • メッセージ作成中にメール ヒントをチェックして、受信者に関する有用な情報を得る (受信者が自動返信を送信中なのか、あるいはメールボックスがいっぱいなのかなど)。Check mail tips while still composing a message to get useful status information about a recipient (such as the recipient sending an auto-reply or has a full mailbox). メール ヒントは、アプリに対して特定の条件を警告することにより、フォローアップのアクションの効率を上げることができます。Mail tips can alert apps of certain conditions so to take more efficient follow-up actions instead.

  • 連絡先 API の利用により、アプリの中で連絡先を選択するなど、対話式のコントロールが提供されます。Make use of the people API to provide interactive controls such as a people picker in your app. 連絡先 API では、ユーザーの通信および共同作業のパターン、そしてビジネス上の付き合いに基づいて、ユーザーに最も関係の深い連絡先を提案することができます。The people API can suggest persons most relevant to a user, based on the user’s communication and collaboration patterns and business relationships.

  • アプリ ユーザーに対して、メッセージ作成中に添付ファイルに関連して、気の利いたファイル選択機能を提供したり、最近利用したファイルを提案したりする。Offer app users a smart file picker and suggest files that they have recently interacted with, to add as attachments when composing a message. Insights (プレビュー) では、高度な分析機能を使用することにより、ユーザーの周辺で頻繁に使用されるファイル、最近ユーザーが表示または編集したファイル、あるいはそのユーザーと共有したファイルについての提案がなされます。Insights (preview) use advanced analytics to suggest files that are trending around a user, recently viewed or edited by the user, or shared with the user.

アプリ データをリソースまたはリソース インスタンスに保存するStore app data in a resource or resource instance

アプリでは、データを外部データ ストアに保存するために、データの管理とアクセスのためのオーバーヘッドが発生することが少なくありません。Often times apps have to store their data in an external data store and entail overhead in managing and accessing the data. Microsoft Graph では、新しいメッセージを作成または送信するとき、あるいはメッセージに返信するときに、アプリのデータをインターネット メッセージ ヘッダーとして追加するだけで対処できます。Microsoft Graph lets you simply include app data as Internet message headers when creating or sending a new message, or a reply to a message.

カスタム データを追加して、そのデータを後で更新する必要がある場合、カスタム データを個別のリソース インスタンスに格納できます。If you need to add and subsequently update custom data, you can store the data in individual resource instances. 必要に応じて、スキーマを拡張してカスタム プロパティを追加し、型指定されたデータを Microsoft Graph のリソースに格納するという方法も使えます。If appropriate, as an alternative, you can extend the schema, add custom properties, and store typed data in Microsoft Graph resources. そのようなスキーマ拡張を、検出可能また共有可能なものにすることができます。You can make such schema extensions discoverable and shareable.

API リファレンスAPI reference

このサービスの API リファレンスをお探しですか?Looking for the API reference for this service?

次の手順Next steps