OneDrive ポリシーを使用して同期設定を制御する

この記事では、管理者がグループ ポリシーを使用するか、Microsoft Intune の管理用テンプレートを使用して構成できる OneDrive グループ ポリシー オブジェクト (GPO) について説明します。 この記事のレジストリ キー情報を使用して、設定が有効になっていることを確認できます。

注意

IT 管理者でない場合は、「新しい OneDrive 同期アプリを使用して Windows でファイルを同期する」にある、OneDrive 同期設定についての情報をご確認ください。


グループ ポリシーを使用して OneDrive を管理する

  1. Windows 用の OneDrive 同期アプリをインストールします。(リリースされているビルドを確認してダウンロードするには、リリース ノートにアクセスしてください)。同期アプリをインストールすると、.adml ファイルと .admx ファイルがダウンロードされます。

  2. 使用する言語のサブフォルダーに、必要に応じて、 %localappdata%\Microsoft\OneDrive\BuildNumber\adm\ (マシンごとの同期アプリの場合は、C:\Program Files (x86)\Microsoft OneDrive\BuildNumber\adm) を参照します (BuildNumber は、[バージョン情報] タブの同期アプリの設定に表示される番号です)。

    OneDrive のインストール ディレクトリ内の ADM フォルダー

  3. .adml および .admx ファイルをコピーします。

  4. ドメインの中央ストア \\domain\sysvol\domain\Policies\PolicyDefinitions (domain は corp.contoso.com などのドメイン名です) に .admx ファイルを貼り付け、adml を適切な言語のサブフォルダー (ja-jp など) に貼り付けます。 PolicyDefinitions フォルダーが存在しない場合は、「Windows でグループ ポリシー管理テンプレート用に中央ストアを作成および管理する方法」または %windir%\policydefinitions の下のローカル ポリシー ストアを使用する方法を参照してください。

  5. リモート サーバー管理ツールを実行して、ドメイン コントローラーまたは Windows コンピューターから設定を構成します。

  6. グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を、Active Directory コンテナー (サイト、ドメイン、または組織単位) にリンクします。 詳細については、「グループ ポリシー オブジェクトを Active Directory コンテナーにリンクする」を参照してください。

  7. セキュリティ フィルター処理を使用して設定の範囲を絞り込みます。 既定では、設定はリンク先のコンテナー内のすべてのユーザーおよびコンピューター オブジェクトに適用されますが、セキュリティ フィルター処理を使用して、ポリシーの適用範囲をユーザーまたはコンピューターのサブセットに絞り込むことができます。 詳細については、「GPO の範囲をフィルタリングする」を参照してください。

OneDrive のグループ ポリシー オブジェクトは、ドメイン内のコンピューターにレジストリ キーを設定することで機能します。

  • 設定を有効または無効にすると、対応するレジストリ キーが、ドメイン内のコンピューターで更新されます。 後で設定を [未構成] に戻しても、対応するレジストリ キーは変更されず、変更は反映されません。 そのため、設定を構成した後は、[有効] または [無効] に設定してください。

  • レジストリ キーの書き込み先が更新されました。 最新のファイルを使用すると、以前に設定したレジストリ キーが削除されることがあります。

注意

ストレージの詳細については、「Windows 10 の OneDrive ファイル オンデマンドおよびストレージ センサー」および「ポリシー CSP - ストレージ」を参照してください。

文字列 ID 別のポリシーのリスト

コンピューター構成ポリシー

Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\OneDrive で、[コンピューター構成] > [ポリシー] とナビゲートします。

グループ ポリシー管理エディターでのコンピューター構成ポリシー

読み取り専用で同期されたフォルダーで Windows アクセス許可の継承の無効化を OneDrive に許可する

この設定により、OneDrive 同期アプリは、ユーザーの PC で同期している読み取り専用フォルダー内のすべての継承されたアクセス許可を削除できます。 これにより、ユーザーが読み取り専用のアクセス許可を持つフォルダーを同期する際の同期アプリのパフォーマンスが向上します。

ユーザーに対してこの設定を有効にしても、SharePoint のコンテンツを表示または編集する権限は変更されません。

読み取り専用コンテンツを同期しないユーザーにこのポリシーを設定することはお勧めしません。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"PermitDisablePermissionInheritance"="dword:00000001"

特定の組織にのみ OneDrive アカウントの同期を許可する

この設定を使用すると、許可するテナント ID のリストを指定することで、ユーザーが簡単にはファイルを他の組織にアップロードできなくなります。

この設定を有効にした場合、許可されていない組織からアカウントを追加しようとすると、ユーザーにエラーが表示されます。 ユーザーが既にアカウントを追加している場合、ファイルの同期は停止します。

テナント ID を入力するには、[オプション] ボックスで [表示] を選択します。

このポリシーでは、次のレジストリ キーがセットされます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\AllowTenantList] "1111-2222-3333-4444"

"1111-2222-3333-4444" はテナント ID です。

この設定は、特定の組織の OneDrive アカウントの同期をブロックするよりも優先されます。 両方の設定を同時に有効にすることは避けてください。

ユーザーのディスクの空き領域が少ない場合にファイルのダウンロードをブロックする

この設定では、使用可能なディスク領域の最小値を指定し、ユーザーがこのサイズに満たない場合に OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) を使用してファイルをダウンロードするのをブロックできます。

ユーザーには、容量を解放するためのオプションが表示されます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 0 から 10240000 までの数字に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "MinDiskSpaceLimitInMB"="dword:00000000"

特定の組織の OneDrive アカウントの同期をブロックする

この設定を使用すると、禁止するテナント ID のリストを指定することで、ユーザーがファイルを他の組織にアップロードできなくなります。

この設定を有効にした場合、禁止された組織からアカウントを追加しようとすると、ユーザーにエラーが表示されます。 ユーザーが既にアカウントを追加している場合、ファイルの同期は停止します。

テナント ID を入力するには、[オプション] ボックスで [表示] を選択します。

このポリシーでは次のレジストリ キーがセットされます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\BlockTenantList] "1111-2222-3333-4444"

"1111-2222-3333-4444" はテナント ID です。

この設定は、特定の組織にのみ OneDrive アカウントの同期を許可するを有効にした場合は機能しません。 両方の設定を同時に有効にすることは避けてください。

同期済みチーム サイトのファイルをオンライン専用ファイルに変換する

この設定では、OneDrive ファイル オンデマンドを有効にすると、同期された SharePoint のファイルをオンライン限定のファイルに変換することができます。 この設定を有効にすると、同じチーム サイトを同期する多くの PC がある場合に、ネットワーク トラフィックとローカル記憶域の使用量を最小限に抑えることができます。

この設定を有効にした場合、現在チーム サイトを同期しているファイルは、既定でオンライン限定のファイルに変更されます。 後でチーム サイトで追加または更新されるファイルも、オンライン限定のファイルとしてダウンロードされます。 この設定を使用するには、コンピューターが Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) 以降を実行中で、OneDrive ファイル オンデマンドが有効になっている必要があります。 この機能は、オンプレミスの SharePoint サイトには使用できません。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"DehydrateSyncedTeamSites"="dword:00000001"

ファイルとフォルダーの状態の照会および設定については、ファイル オンデマンドの状態の照会および設定に関するページを参照してください。

OneDrive の自動アップロード帯域幅管理を有効にする

この設定により、未使用の帯域幅が利用可能な場合に限り、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) を使用してバックグラウンドでデータをアップロードできます。 これにより、同期アプリがネットワークを使用しているその他のアプリから影響を受けないようにします。 この設定は、Windows LEDBAT (低遅延バックグラウンド トランスポート) プロトコルを利用します。 LEDBAT で遅延の増加が検知される場合、これはほかの TCP 接続が帯域幅を消費していることを示しており、同期アプリは干渉を回避するために自ら消費を削減します。 ネットワークの遅延が再び減少して帯域幅が解放されると、同期アプリはアップロード速度を上げ、使用していない帯域幅を消費するようにします。

この設定を有効にすると、帯域幅の可用性に基づいて同期アプリのアップロード速度は「自動調整」に設定され、ユーザーはこの設定を変更することはできません。

この設定を無効にするか、構成しない場合、アップロード速度を固定値 (KB/秒) に制限するか、「自動調整」に設定するかユーザーが選択できます。

重要

この設定を有効または無効にした後、「未構成」に戻しても、最後の構成が有効なままになります。 同期アプリのアップロード速度を固定速度に制限するのではなく、この設定を有効にすることをお勧めします。 両方の設定を同時に有効にしないでください。 もし同じデバイスで両方の設定が同時に有効にされた場合、「同期アプリのアップロード速度をスループットのパーセンテージまでに制限する」がこの設定により上書きされます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\OneDrive]"EnableAutomaticUploadBandwidthManagement"="dword:00000001"

特定の種類のファイルをアップロードから除外

この設定では、キーワードを入力して、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) が特定のファイルを OneDrive または SharePoint にアップロードしないようにすることができます。 "setup.exe" などの完全な名前を入力するか、アスタリスク () をワイルドカード文字として使用して、.pst などの一連の文字を表すことができます。 キーワードでは大文字と小文字は区別されません。

この設定を有効にすると、同期アプリは、指定したキーワードに一致する新しいファイルをアップロードしません。 スキップされたファイルのエラーは表示されず、ファイルはローカルの OneDrive フォルダーに残ります。

注意

この設定では、仕様に一致するファイルのみブロックします。 指定済みのキーワードに一致するように名前が変更された既存のファイルに適用されることはありません。 また、同期済みフォルダ内で作成され、指定済みのキーワードに一致するように名前が変更された新しいファイルもブロックされることはありません。

エクスプローラーでは、ファイルは [ステータス] 列に [同期から除外] アイコンで表示されます。 設定を有効にするには、この設定を有効にした後で OneDrive 同期アプリを再起動する必要があります。

エクスプローラーの "同期から除外" アイコン

また、OneDrive アクティビティ センターに、ファイルが同期されない理由を説明するメッセージが表示されます。

「管理者がこれらのファイル タイプを同期から除外しました」というメッセージ

注意

ユーザーは引き続き Web ブラウザーで OneDrive を参照して、除外されたファイルをローカルの OneDrive フォルダーからアップロードできます。 同じフォルダに同じ名前のファイルがあると、スキップされたファイルとの同期の競合が発生するため、これを行った後にローカルファイルを削除することをお勧めします。

この設定を無効にしているか、構成しない場合、同期されたすべてのフォルダーでサポートされているすべてのファイルがアップロードされます。

このポリシーを有効にすると、次のパスの下に文字列のリストが作成されます。

HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\EnableODIgnoreListFromGPO

注意

この設定により、管理センターの特定の種類のファイルの同期をブロックする設定よりも柔軟性が高まります。 また、この設定を使用すると、除外されたファイルのエラーは表示されません。
この設定では、Office ファイルをアップロードから除外することはできません。 その他すべてのファイルの種類はサポートされています。

「削除されたファイルはどこでも削除されます」というリマインダーを非表示にします

ユーザーが同期された場所からローカル ファイルを削除すると、ファイルがすべてのユーザーのデバイスおよび Web 上で利用できなくなるという警告メッセージが表示されます。この設定により、警告メッセージを非表示にできます。

「削除されたファイルはすべての場所で削除されます」という警告メッセージ

この設定を有効にすると、ユーザーがローカルでファイルを削除したときに、「削除されたファイルはすべての場所で削除されます」というリマインダーは表示されません。 (ユーザーが同期されたチーム サイトからファイルを削除すると、このリマインダーは、「削除されたファイルはすべてのユーザーから削除されます」を呼び出します。)

この設定を無効にするかまたは構成しない場合、ユーザーが [今後この確認を表示しないようにする] を選択するまで、リマインダーが表示されます。

このポリシーを有効にすると、HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\DisableFirstDeleteDialog ="dword:00000001" のレジストリ キー値が 1 に設定されます。

同期アプリのアップロード速度をスループットのパーセンテージまでに制限する

この設定を使用すると、コンピューターのアップロード スループットのうち、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) がファイルのアップロードに使用できる割合を指定することにより、同じコンピューター上の異なるアップロード タスクのパフォーマンスについて、それらのバランスを取ることができます。 これをパーセンテージで設定することによって、同期アプリがスループットの増減に対応できるようになります。 設定したパーセンテージが低いほど、ファイルのアップロード速度は低くなります。 50% 以上の値を設定することをお勧めします。 同期アプリは、1 分間、制限なしでアップロードした後、設定されたパーセンテージにまでアップロード速度を落とす、という動作を定期的に繰り返すようになります。 これにより、サイズの大きなアップロードによってコンピューターのアップロード スループットが独占されるのを防ぎながら、小さなファイルは迅速にアップロードされます。 [サイレント モードで Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動する] または [Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するメッセージをユーザーに表示する] をロールアウトするときは、既知のフォルダー内容のアップロードによってネットワークに生じる影響を制御するために、この設定を一時的に有効にすることをお勧めします。

アップロード スループットの計算

注意

同期アプリによって検出される最大スループット値は、インターネット サービス プロバイダー (ISP) が使用する可能性のあるトラフィック調整メカニズムの違いのため、予想よりも多くなったり少なくなったりすることがあります。
同期に必要なネットワーク帯域幅を見積もる方法については、「OneDrive 同期アプリのネットワーク使用率の計画」を参照してください。

この設定を有効にして [帯域幅] ボックスにパーセンテージ (10 から 99) を入力すると、OneDrive にファイルをアップロードする際に、アップロード スループットのうち、指定した割合がコンピューターで使用されます。これをユーザーが変更することはできません。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が設定されます。次に示したのはその例です。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"AutomaticUploadBandwidthPercentage"="dword:00000032"

以前のレジストリ キーでは、50 の 16 進数値 (00000032) を使用して、アップロード スループットの割合が 50% に設定されています。

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、ユーザーは、アップロード速度を固定値 (KB/秒) に制限するか、"自動調整" に設定することができます。自動調整に設定した場合は、アップロード速度がスループットの 70% に設定されます。エンドユーザー エクスペリエンスについては、「OneDrive 同期アプリのアップロードまたはダウンロードの速度を変更する」を参照してください。

重要

この設定を有効または無効にした後、[未構成] に戻しても、最後の構成が有効なままになります。 アップロード速度を制限する場合は、同期アプリのアップロード速度を固定速度に制限するのではなく、この設定を有効にすることをお勧めします。 両方の設定を同時に有効にしないでください。

ユーザーがサインインするまで同期アプリがネットワーク トラフィックを生成できないようにする

この設定では、ユーザーが OneDrive にサインインするか、各自のコンピューターへのファイルの同期を開始するまで、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) がネットワーク トラフィックを生成できなくなります (更新プログラムの確認など)。

この設定を有効にした場合、同期アプリが自動的に起動するためには、ユーザーが各自のコンピューター上の OneDrive 同期アプリにサインインするか、コンピューター上で OneDrive または SharePoint ファイルを同期するように選択する必要があります。

この設定を無効にするか構成しなかった場合、ユーザーが Windows にサインインする際に、OneDrive 同期アプリが自動的に開始されます。

重要

この設定を有効または無効にした後、[未構成] に戻しても、最後の構成が有効なままになります。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"PreventNetworkTrafficPreUserSignIn"="dword:00000001"

ユーザーがリモートからファイルを取得できないようにする

注意

取得ファイル機能は 2020 年 7 月 31 日に廃止されたため、この設定は、OneDrive 管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) から削除されました。

ユーザーが Windows の既知のフォルダーから OneDrive に移動できないようにする

この設定は、ユーザーが OneDrive アカウントに、ドキュメント、写真、デスクトップ フォルダーを移動できないようにします。

注意

既知のフォルダーを個人用の OneDrive アカウントに移動することは、ドメインに参加している PC で既にブロックされています。

この設定を有効にすると、重要なフォルダーを保護するためのウィンドウが表示されません。また、[バックアップの管理] コマンドは無効になります。 ユーザーが既知のフォルダーを既に移動している場合、それらのフォルダー内のファイルは OneDrive に残ります。 既知のフォルダーをユーザーのデバイスにリダイレクトするには、[いいえ] を選択します。 この設定は、「サイレント モードで Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動する」または「Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するメッセージをユーザーに表示する」を有効にしている場合には有効になりません。

この設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは既知のフォルダーを移動することができます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMBlockOptIn"="dword:00000001"

既知のフォルダーをユーザーのデバイスにリダイレクトし、このポリシーを有効にするには、次のレジストリ キー値を 2 に設定します。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMBlockOptIn"="dword:00000002"

ユーザーが Windows の既知のフォルダーから PC にリダイレクトできないようにする

この設定は、強制的にユーザーにドキュメント、ピクチャ、デスクトップ フォルダーを OneDrive に移動させます。

この設定を有効にすると、[重要なフォルダーの保護を設定する] ウィンドウの [保護を停止する] ボタンが無効になり、既知のフォルダーの同期を停止しようとするとエラーが発生します。

この設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは既知のフォルダーを自分の PC にリダイレクトすることができます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMBlockOptOut"="dword:00000001"

ユーザーが他の組織から共有されたライブラリとフォルダーを同期できないようにする

OneDrive 同期アプリの B2B 同期機能を使用すると、組織のユーザーは、他の組織から共有された OneDrive と SharePoint のライブラリやフォルダーを同期することができます。詳細については、「B2B 同期」を参照してください。

この設定を有効にすると、組織のユーザーが B2B 同期を使用できなくなります。コンピューター上で設定が有効にされると (値 1)、同期アプリは他の組織から共有されたライブラリとフォルダーを同期しません。ユーザーの B2B 同期機能を復元する場合は、設定を無効な状態 (値 0) に変更します。

以下との B2B 同期を防止します。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "BlockExternalSync"="dword:1"

以下との B2B 同期を復元します。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "BlockExternalSync"="dword:0"

Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するメッセージをユーザーに表示する

この設定では、次のウィンドウが表示され、ユーザーは、ドキュメント、ピクチャ、デスクトップ フォルダーを OneDrive に移動するよう指示されます。

重要なフォルダーをバックアップするようユーザーに促すウィンドウ

この設定を有効にして該当するテナント ID を入力すると、OneDrive を同期しているユーザーがサインインする際に、以前のウィンドウが表示されます。 ウィンドウを閉じると、既知の 3 つのフォルダーをすべて移動するまで、アクティビティ センターにリマインダー通知が表示されます。 ユーザーが既知のフォルダーを別の OneDrive アカウントに既にリダイレクトしている場合は、組織のアカウントにフォルダーを送るよう求められます (既存のファイルは残したまま)。

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、重要なフォルダーを保護するようユーザーに求めるウィンドウは表示されません。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMOptInWithWizard"="1111-2222-3333-4444"

"1111-2222-3333-4444" はテナント ID です。

詳細と推奨事項については、「Windows の既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトして移動する」を参照してください。

ローカル コンピュータ上の複数の OneDrive ファイルを削除するときにユーザーにメッセージを表示する

このポリシーは、ファイルがクラウドからも削除されることをユーザーに通知する前に、ユーザーがローカル OneDrive フォルダーから削除できるファイル数のしきい値を設定します。

このポリシーを有効にした場合、ローカル コンピューター上の OneDrive から指定した数を超えるファイルを削除すると、ユーザーに通知が表示されます。 ユーザーには、クラウド ファイルの削除を続行するオプション、またはローカル ファイルを復元するオプションが表示されます。

注意

このポリシーを有効にしても、以前の通知で [常にファイルを削除する] チェックボックスをオンにした場合、または OneDrive 同期アプリの設定のチェックボックスで [クラウドの多数のファイルが削除されたときに通知する] をオフにした場合、ユーザーは通知を受信しません。

このポリシーを無効にすると、ユーザーはローカル コンピューターで多数の OneDrive ファイルを削除しても通知を受け取りません。

このポリシーが構成されていない場合、短時間で 200 個を超えるファイルを削除すると、ユーザーに通知が表示されます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 0 から 100000 までの数字に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"LocalMassDeleteFileDeleteThreshold"

大規模な削除操作ではユーザーの確認が必要

この設定を使用すると、大量の同期ファイルをユーザーが削除する際に、クラウド内にある削除が必要なファイルを確認できます。

この設定を有効にすると、大量の同期ファイルをユーザーが削除する際に、必ず警告が表示されます。 ユーザーが 7 日以内に削除操作を確認しないと、ファイルは削除されません。

この設定を無効にした場合や構成しなかった場合、ユーザーは警告を非表示にして、常にクラウド内のファイルを削除することを選択できます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"ForcedLocalMassDeleteDetection"="dword:00000001"

ユーザーの OneDrive が自動的にダウンロードできる最大サイズを設定する

この設定は、OneDrive ファイル オンデマンドが有効になっていないデバイスで、Windows 資格情報を使用して OneDrive 同期アプリにユーザーをサイレント モードでサインインすると使用されます。 使用する OneDrive が指定したしきい値 (MB) を超える場合は、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) がファイルをダウンロードする前に、同期するフォルダーを選択するよう指示が表示されます。

[オプション] ボックスで、[表示] をクリックし、テナント ID と最大サイズを MB 単位で入力します (0 ~ 4294967295)。既定値は 500 です。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\DiskSpaceCheckThresholdMB]"1111-2222-3333-4444"=dword:0005000

"1111-2222-3333-4444" はテナント ID であり、0005000 は 5000 MB のしきい値を設定します。

同期アプリの更新リングを設定する

OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) の更新プログラムは、3 つのリング (Insiders、Production、Deferred の順) でパブリックにリリースされます。 この設定により、組織内のユーザーに使用するリングを指定できます。 この設定を有効にしてリングを選択すると、ユーザーは変更できなくなります。

Insiders リングのユーザーには、OneDrive に追加予定の新機能をプレビューできるビルドが提供されます。

Production リングのユーザーには、最新の機能が利用可能になった時点で提供されます。 このリングが既定になります。

Deferred リングのユーザーには、新機能、バグ修正、パフォーマンス向上が最後に提供されます。 このリングでは、内部ネットワークの場所から更新プログラムを展開でき、また展開のタイミングを 60 日の範囲内で制御することができます。

重要

すぐに Insider リングに参加して機能を受信するために、IT 部門の何人かのユーザーを早期導入者として選択することをお勧めします。 組織内の他のすべてのユーザーを既定のProduction リングに残して、バグ修正プログラムと新機能を適時に受信できるようにすることをお勧めします。 同期アプリの構成に関するすべての推奨事項を表示する

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、ユーザーは Windows Insider Program または Office Insider プログラムに参加して、Insiders リングで更新プログラムを取得することができます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"GPOSetUpdateRing"="dword:0000000X"

Insider では 4 を、Production では 5 を、Deferred では 0 を値として設定してください。Production には 5、Deferred には 0 に設定すると、同期アプリの [設定] > [バージョン情報] タブに [リリース前に OneDrive Insider プレビューの更新プログラムを取得する] のチェックボックスが表示されなくなります。

各リングで現在利用可能なビルドの詳細については、リリース ノートを参照してください。 更新リングの詳細および同期アプリが更新プログラムをチェックする方法については、「OneDrive 同期アプリの更新プロセス」を参照してください。

サイレント モードで Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動する

この設定では、ユーザーのドキュメント、ピクチャ、デスクトップ フォルダーをユーザーの介入なしに OneDrive にリダイレクトおよび移動できます。

注意

既存のデバイスと新しいデバイスにサイレント ポリシーを展開する一方で、既存のデバイスの展開を 1 日あたり 1000 デバイスに制限し、1 週間あたり 4000 デバイスを超えないようにすることをお勧めします。 この設定は、「Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するメッセージをユーザーに表示する」 と一緒に使用することをお勧めします。 既知のフォルダーのサイレント移動が成功しない場合、ユーザーはエラーを修正して続行するように求められます。 同期アプリの構成に関するすべての推奨事項を表示する

すべてのフォルダーを一度に移動することも、移動するフォルダーを選択することもできます。 フォルダーを移動した後、フォルダーのチェックボックスをオフにしても、このポリシーはそのフォルダーに再び影響を与えることはありません。

この設定を有効にしてテナント ID を指定すると、フォルダーのリダイレクト後にユーザーに通知を表示するかどうかを選択できます。

OneDrive 保護メッセージ

この設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーの既知のフォルダーがメッセージ確認なしで OneDrive にリダイレクトされることはありません。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptIn"="1111-2222-3333-4444"

"1111-2222-3333-4444" はテナント ID です。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptInWithNotification"

この値を 1 に設定すると、リダイレクトが成功した後に通知が表示されます。

次のポリシーのいずれも設定しない場合、既定のポリシーはすべてのフォルダー (デスクトップ、ドキュメント、および画像) を OneDrive に移動します。 移動するフォルダーを指定する場合は、次のポリシーを任意に組み合わせて設定できます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptInDesktop"

この値を 1 に設定すると、デスクトップ フォルダーが移動します。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptInDocuments"

この値を 1 に設定すると、ドキュメント フォルダーが移動します。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptInPictures"

この値を 1 に設定すると、画像フォルダーが移動します。

詳細については、「Windows の既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトして移動する」を参照してください。

Windows 資格情報を使用して OneDrive 同期アプリにユーザーをサイレント モードでサインインする

重要

SilentAccountConfig を介して同期ユーザーがプロビジョニングされるときに Azure Active Directory 認証ライブラリ (ADAL) が自動的に有効になるので、別途有効にする必要はありません。

この設定を有効にすると、Azure AD に参加している PC にサインインしているユーザーは、アカウントの資格情報を入力せずに同期アプリを設定できます。 同期するフォルダーを選択したり各自の OneDrive フォルダーの場所を変更したりできるよう、その後もユーザーには OneDrive のセットアップが表示されます。 ユーザーが以前の OneDrive for Business 同期アプリ (Groove.exe) を使用している場合、新しい同期アプリは、以前のアプリからユーザーの OneDrive の同期を引き継ぎ、ユーザーの同期設定を保持しようとします。 この設定は、ファイル オンデマンドが使用されていない PC 上の「ユーザーの OneDrive が自動的にダウンロードできる最大サイズを設定する」と「OneDrive フォルダーの既定の場所を設定」と組み合わせてよく使用されます。

重要

同期アプリを構成する際は、サイレント アカウントの構成を有効化することをお勧めします。 同期アプリの構成に関するすべての推奨事項を表示する

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"SilentAccountConfig"="dword:00000001"

トラブルシューティングの手順を含め、この機能の詳細については、「ユーザーアカウントをサイレントに構成する」を参照してください。 この機能に対してフィードバックがある場合、または問題が発生した場合はご連絡ください。 通知領域の [OneDrive] アイコンを右クリックし、[問題の報告] を選択します。 フィードバックがこの機能の担当のエンジニアに直接送信されるように、フィードバックに「SilentConfig」でタグ付けしてください。

SharePoint Server URL と組織名を指定する

この設定は、SharePoint Server 2019 を所有する顧客向けです。 SharePoint Server 2019 で新しい OneDrive 同期アプリを使用する方法について詳しくは、「新しい OneDrive 同期アプリを使用して同期を構成する」を参照してください。

ハイブリッド環境で OneDrive の場所を指定する

この設定は、SharePoint Server 2019 を所有する顧客向けです。 SharePoint Server 2019 で新しい OneDrive 同期アプリを使用する方法について詳しくは、「新しい OneDrive 同期アプリを使用して同期を構成する」を参照してください。

OneDrive ファイル オンデマンドを使用する

この設定では、組織で OneDrive ファイル オンデマンドを有効にするかどうかを制御することができます。 ファイル オンデマンドを使用すると、ユーザーのコンピューターのストレージ容量を節約し、同期のネットワークへの影響を最小限に抑えることができます。この機能は、Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709 以降) を実行しているユーザーが利用できます。 詳しくは、「Windows 10 用 OneDrive ファイル オンデマンドでディスク領域を節約する」を参照してください。

重要

ファイル オンデマンドを有効に維持することをお勧めします。 同期アプリの構成に関するすべての推奨事項を表示する

この設定を有効にした場合、同期アプリを設定した新しいユーザーには、既定でオンライン限定のファイルが表示されます。 ファイルが開かれるまで、ファイルの内容はダウンロードされません。 この設定を無効にした場合は、Windows 10 ユーザーは、以前のバージョンの Windows ユーザーと同じ同期動作となり、ファイル オンデマンドを有効にすることはできません。 この設定を構成しなかった場合、ユーザーは、ファイル オンデマンドをオンまたはオフにすることができます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"FilesOnDemandEnabled"="dword:00000001"

Windows と OneDrive の同期アプリの要件を満たしていても、[設定] に [ファイル オンデマンド] オプションが表示されない場合はありますか。 サービス「Windows クラウド ファイルのフィルター ドライバー」の開始タイプが 2 (AUTO_START) に設定されていることを確認してください。 このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 2 に設定されます。

[HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CldFlt]"Start"="dword:00000002"

ディスク領域が不足しているユーザーに警告する

この設定により、使用可能なディスク領域の最小値を指定できます。また、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) を使用してファイルをダウンロードする際に、この値を下回る場合は、ユーザーに警告が表示されます。ユーザーには、容量を解放するためのオプションが表示されます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 0 から 10240000 までの数字に設定されます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "WarningMinDiskSpaceLimitInMB"="dword:00000000"

ユーザー構成ポリシー

ユーザー構成ポリシー は、User Configuration\Policies\Administrative Templates\OneDrive にあります。

グループ ポリシー管理エディターでの OneDrive 設定

Office ファイルの同期の競合を処理する方法をユーザーが選択できるようにする

この設定は、同期中に Office ファイルのバージョン間の競合が発生した場合の動作を指定します。既定では、変更をマージするか、両方のコピーを保持するかをユーザーが決めることができます。 ユーザーは常に両方のコピーを保持するよう OneDrive 同期アプリの設定を変更することもできます。 (このオプションは Office 2016 以降でのみ使用できます。 以前のバージョンの Office では、常に両方のコピーが維持されます。)

この設定を有効にすると、ユーザーは変更をマージするか両方のコピーを保持するかを決定できます。 ユーザーは、ファイルを常にフォークして、次のように両方のコピーを保持するように同期アプリを構成することもできます。

OneDrive 同期アプリの設定の [Office] タブ

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "EnableHoldTheFile"="dword:00000001"

この設定を無効にした場合、[Office] タブの [同期の競合] 設定が無効となり、同期の競合が発生したときはファイルの両方のコピーが保持されます。

この設定を有効にするには、Office デスクトップ アプリで共同編集して共有を有効にする必要があります。 同期アプリの Office 設定の詳細については、「Office アプリケーションを使用して、開いている Office ファイルを同期する」を参照してください。

Office デスクトップ アプリで共同編集して共有

この設定を使用すると、複数のユーザーが Microsoft 365 Apps for enterprise、Office 2019、Office 2016 のいずれかのデスクトップ アプリケーションを使用して、OneDrive に格納されている Office ファイルを同時に編集することができます。

重要

この設定を有効にして、同期を迅速に行い、ネットワーク帯域幅を削減することをお勧めします。 同期アプリの構成に関するすべての推奨事項を表示する

この設定を有効にした場合、または構成しなかった場合、OneDrive の同期設定に [Office] タブが表示され、既定で [Office アプリケーションを使用して、開いている Office ファイルを同期する] が選択されます。

OneDrive 同期アプリの設定の [Office] タブ

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 にセットされます。

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "EnableAllOcsiClients"="dword:00000001"

この設定を無効にすると、[Office] タブは同期アプリでは非表示になり、「Office ファイルの共同編集とアプリ内共有」は無効になります。 「ユーザーが競合している Office ファイルの処理方法を選択できる」の設定は無効として機能し、ファイルの競合が発生した場合、両方のファイルのコピーが維持されます。 同期アプリの設定の詳細については、「Office アプリケーションを使用して、開いている Office ファイルを同期する」を参照してください。

チーム サイト ライブラリを自動的に同期するように構成する

この設定を使用すると、8 時間以内にネットワーク負荷を分散させるために、次回ユーザーが OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) にサインインした際に自動的に同期するように SharePoint チーム サイト ライブラリを指定できます。 この設定を使用するには、コンピューターが Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) 以降を実行中で、OneDrive ファイル オンデマンドが有効になっている必要があります。 この機能は、オンプレミスの SharePoint サイトには使用できません。

重要

この設定は、5,000 を超えるファイルまたはフォルダがあるライブラリには有効にしないでください。 同じライブラリで 1,000 台を超えるデバイスに対してこの設定を有効にしないでください。

この設定を有効にした場合、OneDrive 同期アプリは、オンラインのみのファイルとして指定されたライブラリの内容を、次回ユーザーがサインインした際に自動的に同期します。

この設定を無効にした場合、新しいユーザーについては、指定したチーム サイトのライブラリが自動的には同期されなくなります。 既存のユーザーは、ライブラリの同期を停止することを選択できますが、ライブラリの同期が自動的に停止することはありません。

この設定を構成するには、[オプション] ボックスの [表示] を選択し、ライブラリ ID 全体 (tenantId=xxx&siteId=xxx&webId=xxx&listId=xxx&webUrl=httpsxxx&version=1) を [] フィールドに、またライブラリを識別するフレンドリ名を [値の名前] フィールドに入力します。

ライブラリ ID を見つけるには、全体管理者または SharePoint 管理者として Microsoft 365 にサインインし、参照画面でライブラリを選択して、[同期] ボタンを選択します。[同期を開始しています] ダイアログの [ライブラリ ID のコピー] リンクをクリックしてください。

[同期する準備] ダイアログ

このコピーされた文字列の特殊文字は Unicode であり、次の表に従って ASCII に変換する必要があります。

検索 置換
%2D -
%7B {
%7D }
%3A :
%2F /
%2E .

または、PowerShell で次のコマンドを実行して、「コピーされた文字列」をライブラリ ID に置き換えます。

[uri]::UnescapeDataString("Copied String")

このポリシーを有効にすると、コピーしたライブラリの URL 全体を使用して、次のレジストリ キーが設定されます。

[HKCU\Software\Policies\Microsoft\OneDrive\TenantAutoMount]"LibraryName"="LibraryID"

従量制課金ネットワークのときにも同期を続ける

この設定を使用すると、デバイスの接続先が従量制課金接続であるときに自動一時停止機能をオフにすることができます。

この設定を有効にした場合、デバイスが従量制課金接続を使用しているときでも同期が継続されます。OneDrive が同期を自動的に一時停止することはありません。

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、従量制課金接続が検出されたときに同期は自動的に一時停止され、通知が表示されます。 一時停止しないようにするには、通知で [同期する] を選択します。 同期が一時停止されているときに同期を再開するには、タスク バーの通知領域にある OneDrive クラウド アイコンを選択し、アクティビティ センターの一番上でアラートを選択します。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisablePauseOnMeteredNetwork"=dword:00000001

デバイスのバッテリー節約機能モードがオンのときに同期を続ける

この設定を使用すると、バッテリー節約機能モードがオンになっているデバイスの自動一時停止機能をオフにすることができます。

この設定を有効にした場合は、バッテリー節約機能モードをユーザーがオンにしているときでも同期が継続されます。OneDrive が同期を自動的に一時停止することはありません。

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、バッテリー節約機能モードが検出されたときに同期は自動的に一時停止され、通知が表示されます。 一時停止しないようにするには、通知で [同期する] を選択します。 同期が一時停止されているときに同期を再開するには、タスク バーの通知領域にある OneDrive クラウド アイコンを選択し、アクティビティ センターの一番上でアラートを選択します。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisablePauseOnBatterySaver"=dword:00000001

OneDrive セットアップの最後に表示されるチュートリアルを無効にする

この設定により、OneDrive セットアップの最後にチュートリアルが表示されないようにすることができます。

この設定を有効にした場合、OneDrive のセットアップが完了した後でユーザーにチュートリアルが表示されません。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisableTutorial"="dword:00000001"

同期アプリのダウンロード速度を固定速度に制限する

この設定を使用すると、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) によってファイルがダウンロードされる際の最大速度を構成できます。 この速度は固定値 (KB/秒) で、適用されるのは同期のみです。更新プログラムのダウンロードには適用されません。 速度を低くするほど、ファイルのダウンロードに時間がかかります。

この設定は、組織に最初に同期クライアントを展開する際やチーム サイトの同期を有効にする際など、ファイル オンデマンドが有効でない場合や厳しいトラフィック制限が必要な場合にのみ使用することをお勧めします。 同期アプリのパフォーマンスが低下し、ユーザー エクスペリエンスに悪影響を与えるため、この設定は継続的に使用することはお勧めしません。 初期同期後は、ユーザーは通常、一度に少数のファイルのみを同期するので、ネットワーク パフォーマンスにはあまり影響しません。 この設定を有効にした場合は、指定した最大ダウンロード速度がコンピューターで使用されます。この速度をユーザーが変更することはできません。

この設定を有効にする場合は、[帯域幅] ボックスに速度 (1 から 100000) を入力します。 最高速度は 100000 KB/秒です。 50 KB/秒より小さい値を入力した場合、上限は 50 KB/秒に設定されます (UI には低い方の値が表示された場合でも)。

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、ダウンロード速度は無制限になり、OneDrive 同期アプリの設定でユーザーが速度を制限できます。 エンドユーザー エクスペリエンスについては、「OneDrive 同期アプリのアップロードまたはダウンロードの速度を変更する」を参照してください。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 50 から 100,000 に設定されます。例:

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DownloadBandwidthLimit"="dword:00000032"

以前のレジストリ キーでは、50 の 16 進数値 (00000032) を使用して、ダウンロード スループットの速度制限が 50 KB/秒に設定されています。

注意

この設定を適用するには、ユーザーのコンピューターで OneDrive.exe を再起動する必要があります。

同期に必要なネットワーク帯域幅を見積もる方法については、「OneDrive 同期アプリのネットワーク使用率の計画」を参照してください。

同期アプリのアップロード速度を固定速度に制限する

この設定を使用すると、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) によってファイルがアップロードされる際の最大速度を構成できます。 この速度は固定値 (KB/秒) です。 速度を低くするほど、コンピューターでのファイルのアップロードに時間がかかります。

この設定を有効にして、[帯域幅] ボックスに速度 (1 から 100000) を入力すると、指定した最大アップロード速度がコンピューターで使用されます。この速度をユーザーが OneDrive の設定で変更することはできなくなります。 最高速度は 100000 KB/秒です。 50 KB/秒より小さい値を入力した場合、上限は 50 KB/秒に設定されます (UI には低い方の値が表示された場合でも)。

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、ユーザーはアップロード速度を固定値 (KB/秒) に制限するか、「自動調整」に設定すると、アップロード速度がスループットの 70% に設定されます。 エンドユーザー エクスペリエンスについては、「OneDrive 同期アプリのアップロードまたはダウンロードの速度を変更する」を参照してください。

この設定は、高いトラフィック制限が必要な場合にのみ使用することをお勧めします。 アップロード速度を制限する必要がある状況 (Known Folder Move をロールアウトするときなど) では、同期アプリのアップロード速度をスループットのパーセンテージまでに制限する を有効にして、変化する条件に適応する制限を設定することをお勧めします。 両方の設定を同時に有効にしないでください。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 50 から 100,000 に設定されます。例:

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"UploadBandwidthLimit"="dword:00000032"

以前のレジストリ キーでは、50 の 16 進数値 (00000032) を使用して、アップロード スループットの速度制限が 50 KB/秒に設定されています。

注意

この設定を適用するには、ユーザーのコンピューターで OneDrive.exe を再起動する必要があります。

同期に必要なネットワーク帯域幅を見積もる方法については、「OneDrive 同期アプリのネットワーク使用率の計画」を参照してください。

ユーザーが OneDrive フォルダーの場所を変更できないようにする

この設定を使用すると、ユーザーはコンピューター上の OneDrive フォルダーの場所を変更できなくなります。

この設定を使用するには、[オプション] ボックスで [表示] を選択し、テナント ID を入力します。設定を有効にするには、1 を入力します。無効にするには、0 を入力します。

この設定を有効にした場合、OneDrive のセットアップの「場所の変更」リンクは非表示になります。 OneDrive フォルダーは既定の場所に作成されるか、OneDrive フォルダーの既定の場所を設定 を有効にした場合はカスタムの場所に作成されます。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKCU\Software\Policies\Microsoft\OneDrive\DisableCustomRoot] "1111-2222-3333-4444"="dword:00000001"

"1111-2222-3333-4444" はテナント ID です。

この設定を無効にした場合、ユーザーは、OneDrive のセットアップで同期フォルダーの場所を変更することができます。

ユーザーが個人用の OneDrive アカウントを同期できないようにする

この設定を使用すると、Microsoft アカウントでサインインして個人用 OneDrive ファイルを同期することをユーザーに禁止できます。 既定では、ユーザーは個人用の OneDrive アカウントを同期することができます。

この設定を有効にすると、ユーザーは個人用の OneDrive アカウントの同期関係を設定できなくなります。 この設定を有効にした時点で既に個人用 OneDrive を同期していたユーザーは同期を継続できなくなります (ユーザーは同期が停止したというメッセージを受け取ります) が、そのコンピューターとの間で同期済みのファイルはコンピューターに残ります。

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"DisablePersonalSync"="dword:00000001"

OneDrive 同期アプリの更新プログラムを Deferred リングで受け取る

重要

この設定は間もなく削除されます。代わりに新しい設定同期アプリの更新リングを設定するの使用をお勧めします。

更新リングの詳細および同期アプリが更新プログラムをチェックする方法については、「OneDrive 同期アプリの更新プロセス」を参照してください。

OneDrive フォルダーの既定の場所を設定

この設定を使用すると、ユーザーのコンピューター上に存在する OneDrive フォルダーの既定の場所として特定のパスを設定することができます。既定のパスは %userprofile% です。

この設定を有効にした場合、OneDrive - {組織名} フォルダーの既定の場所は自分で指定したパスになります。 [オプション] ボックスで [表示] を選択して、目的のテナント ID とパスを指定します。

このポリシーは、ファイル パスを指定する文字列に次のレジストリ キーを設定します。

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\DefaultRootDir] "1111-2222-3333-4444"="{User path}"

"1111-2222-3333-4444" はテナント ID です。

この設定を無効にすると、ローカルの OneDrive - {組織名} フォルダーの場所は、既定で %userprofile% に設定されます。

注意

%logonuser% 環境変数はグループ ポリシーでは機能しません。 代わりに %username% を利用することをお勧めします。

関連項目

新しい OneDrive 同期アプリをエンタープライズ環境で展開する

ユーザーが同期アプリをインストールできないようにする

特定のドメインに参加しているコンピューター上でのみ同期を許可する

特定の種類のファイルの同期をブロックする

Mac 向けの新しい OneDrive 同期アプリを展開および構成する

Lists 同期ポリシー