グループ ポリシーを使用し、OneDrive 同期設定を制御するUse Group Policy to control OneDrive sync settings

この記事は、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) を使用する Windows Server エンタープライズ環境での新しい OneDrive 同期アプリを管理する IT 管理者向けです。This article is for IT admins who manage the new OneDrive sync app in a Windows Server enterprise environment that uses Active Directory Domain Services (AD DS).

注意

IT 管理者でない場合は、「新しい OneDrive 同期アプリを使用して Windows でファイルを同期する」にある、OneDrive 同期設定についての情報をご確認ください。If you're not an IT admin, see Sync files with the new OneDrive sync app in Windows for info about OneDrive sync settings.

グループ ポリシーを使用して OneDrive を管理するManage OneDrive using Group Policy

  1. Windows 用の OneDrive 同期アプリをインストールします。Install the OneDrive sync app for Windows. (リリースされているビルドを確認してダウンロードするには、リリース ノートにアクセスしてください)。同期アプリをインストールすると、.adml ファイルと .admx ファイルがダウンロードされます。(To see which builds are releasing and download builds, go to the release notes.) Installing the sync app downloads the .adml and .admx files.

  2. %localappdata%\Microsoft\OneDrive\BuildNumber\adm\ に移動する (コンピューターごとの同期 アプリ の場合は、必要に応じて、C:\Program Files (x86)\Microsoft OneDrive\BuildNumber\adm) に移動し、使用している言語のサブフォルダーに移動する)Browse to %localappdata%\Microsoft\OneDrive\BuildNumber\adm\ (for per-machine sync app browse to C:\Program Files (x86)\Microsoft OneDrive\BuildNumber\adm), to the subfolder for your language, as necessary

    (BuildNumber は、[バージョン情報] タブの [同期アプリ設定] で表示される番号です)。(where BuildNumber is the number displayed in sync app settings on the About tab.)

    OneDrive のインストール ディレクトリ内の ADM フォルダー

  3. .adml および .admx ファイルをコピーします。Copy the .adml and .admx files.

  4. ドメインの中央ストア \\domain\sysvol\domain\Policies\PolicyDefinitions (domain は corp.contoso.com などのドメイン名です) に .admx ファイルを貼り付け、adml を適切な言語のサブフォルダー (ja-jp など) に貼り付けます。Paste the .admx file in your domain's Central Store, \\domain\sysvol\domain\Policies\PolicyDefinitions (where domain is your domain name, such as corp.contoso.com), and the .adml in the appropriate language subfolder, such as en-us. PolicyDefinitions フォルダーが存在しない場合は、「Windows でグループ ポリシー管理テンプレート用に中央ストアを作成および管理する方法」または %windir%\policydefinitions の下のローカル ポリシー ストアを使用する方法を参照してください。If the PolicyDefinitions folder does not exist, see How to create and manage the Central Store for Group Policy Administrative Templates in Windows, or use your local policy store under %windir%\policydefinitions.

  5. リモート サーバー管理ツールを実行して、ドメイン コントローラーまたは Windows コンピューターから設定を構成します。Configure settings from the domain controller or on a Windows computer by running the Remote Server Administration Tools.

  6. グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を、Active Directory コンテナー (サイト、ドメイン、または組織単位) にリンクします。Link the Group Policy objects (GPOs) to an Active Directory container (site, domain, or organizational unit). 詳細については、「グループ ポリシー オブジェクトを Active Directory コンテナーにリンクする」を参照してください。For info, see Link Group Policy objects to Active Directory containers.

  7. セキュリティ フィルター処理を使用して設定の範囲を絞り込みます。Use security filtering to narrow the scope of a setting. 既定では、設定はリンク先のコンテナー内のすべてのユーザーおよびコンピューター オブジェクトに適用されますが、セキュリティ フィルター処理を使用して、ポリシーの適用範囲をユーザーまたはコンピューターのサブセットに絞り込むことができます。By default, a setting is applied to all user and computer objects within the container to which it's linked, but you can use security filtering to narrow the scope of the policy's application to a subset of users or computers. 詳細については、「GPO の範囲をフィルタリングする」を参照してください。For info, see Filtering the scope of a GPO.

OneDrive のグループ ポリシー オブジェクトは、ドメイン内のコンピューターにレジストリ キーを設定することで機能します。The OneDrive Group Policy objects work by setting registry keys on the computers in your domain.

  • 設定を有効または無効にすると、対応するレジストリ キーが、ドメイン内のコンピューターで更新されます。When you enable or disable a setting, the corresponding registry key is updated on computers in your domain. 後で設定を [未構成] に戻しても、対応するレジストリ キーは変更されず、変更は反映されません。If you later change the setting back to Not configured, the corresponding registry key is not modified, and the change does not take effect. そのため、設定を構成した後は、[有効] または [無効] に設定してください。After you configure a setting, set it to Enabled or Disabled going forward.

  • レジストリ キーの書き込み先が更新されました。The location where registry keys are written has been updated. 最新のファイルを使用すると、以前に設定したレジストリ キーが削除されることがあります。When you use the latest files, you might delete registry keys that you set previously.

注意

ストレージの詳細については、「Windows 10 の OneDrive ファイル オンデマンドおよびストレージ センサー」および「ポリシー CSP - ストレージ」を参照してください。For info about storage, see OneDrive Files On-Demand and Storage Sense for Windows 10 and Policy CSP - Storage.

ポリシーのリストList of policies

注意

SharePoint Server の URL と組織名を指定する と ハイブリッド環境の OneDrive の場所を指定する は、SharePoint Server 2019 を利用しているお客様向けです。"Specify SharePoint Server URL and organization name" and "Specify the OneDrive location in a hybrid environment" are for customers who have SharePoint Server 2019. SharePoint Server 2019 で新しい OneDrive 同期アプリを使用する方法について詳しくは、「新しい OneDrive 同期アプリを使用して同期を構成する」を参照してください。For more info about using the new OneDrive sync app with SharePoint Server 2019, see Configure syncing with the new OneDrive sync app.

コンピューター構成ポリシーComputer Configuration policies

Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\OneDrive で、[コンピューター構成] > [ポリシー] とナビゲートします。Under Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\OneDrive, navigate to Computer Configuration > Policies.

グループ ポリシー管理エディターでのコンピューター構成ポリシー

OneDrive が読み取り専用で同期されたフォルダーで Windows アクセス許可の継承を無効にできるようにするAllow OneDrive to disable Windows permission inheritance in folders synced read-only

この設定により、OneDrive 同期アプリは、ユーザーの PC で同期している読み取り専用フォルダー内のすべての継承されたアクセス許可を削除できます。This setting lets the OneDrive sync app remove all inherited permissions within read-only folders syncing on a user's PC. これにより、ユーザーが読み取り専用のアクセス許可を持つフォルダーを同期する際の同期アプリのパフォーマンスが向上します。This improves the performance of the sync app when syncing folders that the user has read-only permission to.

ユーザーに対してこの設定を有効にしても、SharePoint のコンテンツを表示または編集する権限は変更されません。Enabling this setting for a user does not change their permissions to view or edit content in SharePoint.

読み取り専用コンテンツを同期しないユーザーにこのポリシーを設定することはお勧めしません。We do not recommend setting this policy for users not syncing read-only content.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1:

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"PermitDisablePermissionInheritance"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"PermitDisablePermissionInheritance"="dword:00000001"

特定の組織にのみ OneDrive アカウントの同期を許可するAllow syncing OneDrive accounts for only specific organizations

この設定を使用すると、許可するテナント ID のリストを指定することで、ユーザーが簡単にはファイルを他の組織にアップロードできなくなります。This setting lets you prevent users from easily uploading files to other organizations by specifying a list of allowed tenant IDs.

この設定を有効にした場合、許可されていない組織からアカウントを追加しようとすると、ユーザーにエラーが表示されます。If you enable this setting, users get an error if they attempt to add an account from an organization that is not allowed. ユーザーが既にアカウントを追加している場合、ファイルの同期は停止します。If a user has already added the account, the files stop syncing.

テナント ID を入力するには、[オプション] ボックスで [表示] を選択します。To enter a tenant ID, in the Options box, select Show.

このポリシーでは次のレジストリ キーがセットされます。This policy sets the following registry key.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\AllowTenantList] "1111-2222-3333-4444"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\AllowTenantList] "1111-2222-3333-4444"

(「1111-2222-3333-4444」はテナント ID です)(where "1111-2222-3333-4444" is the tenant ID)

この設定は、特定の組織の OneDrive アカウントの同期をブロックするよりも優先されます。This setting takes priority over Block syncing OneDrive accounts for specific organizations. 両方の設定を同時に有効にすることは避けてください。Do not enable both settings at the same time.

ユーザーのディスク領域が不足している場合にファイルのダウンロードをブロックするBlock file downloads when users are low on disk space

この設定では、使用可能なディスク領域の最小値を指定し、ユーザーがこのサイズに満たない場合に OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) を使用してファイルをダウンロードするのをブロックできます。This setting lets you specify a minimum amount of available disk space and block the OneDrive sync app (OneDrive.exe) from downloading files when users have less than this amount.

ユーザーには、容量を解放するためのオプションが表示されます。Users are prompted with options to help free up space.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 0 から 10240000 までの数字に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to a number from 0 through 10240000. [HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]" MinDiskSpaceLimitInMB[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]" MinDiskSpaceLimitInMB

特定の組織の OneDrive アカウントの同期をブロックするBlock syncing OneDrive accounts for specific organizations

この設定を使用すると、禁止するテナント ID のリストを指定することで、ユーザーがファイルを他の組織にアップロードできなくなります。This setting lets you prevent users from uploading files to another organization by specifying a list of blocked tenant IDs.

この設定を有効にした場合、禁止された組織からアカウントを追加しようとすると、ユーザーにエラーが表示されます。If you enable this setting, users get an error if they attempt to add an account from an organization that is blocked. ユーザーが既にアカウントを追加している場合、ファイルの同期は停止します。If a user has already added the account, the files stop syncing.

テナント ID を入力するには、[オプション] ボックスで [表示] を選択します。To enter the tenant ID, in the Options box, select Show.

このポリシーでは次のレジストリ キーがセットされます。This policy sets the following registry key.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\BlockTenantList] "1111-2222-3333-4444"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\BlockTenantList] "1111-2222-3333-4444"

(「1111-2222-3333-4444」はテナント ID です)(where "1111-2222-3333-4444" is the tenant ID)

この設定は、特定の組織にのみ OneDrive アカウントの同期を許可するを有効にした場合は機能しません。This setting does NOT work if you have Allow syncing OneDrive accounts for only specific organizations enabled. 両方の設定を同時に有効にすることは避けてください。Do not enable both settings at the same time.

同期済みチーム サイトのファイルをオンライン専用ファイルに変換するConvert synced team site files to online-only files

この設定では、OneDrive ファイル オンデマンドを有効にすると、同期された SharePoint のファイルをオンライン限定のファイルに変換することができます。This setting lets you convert synced SharePoint files to online-only files when you enable OneDrive Files On-Demand. この設定を有効にすると、同じチーム サイトを同期する多くの PC がある場合に、ネットワーク トラフィックとローカル記憶域の使用量を最小限に抑えることができます。If you have many PCs syncing the same team site, enabling this setting helps you minimize network traffic and local storage usage.

この設定を有効にした場合、現在チーム サイトを同期しているファイルは、既定でオンライン限定のファイルに変更されます。If you enable this setting, files in currently syncing team sites are changed to online-only files, by default. 後でチーム サイトで追加または更新されるファイルも、オンライン限定のファイルとしてダウンロードされます。Files later added or updated in the team site are also downloaded as online-only files. この設定を使用するには、コンピューターが Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) 以降を実行中で、OneDrive ファイル オンデマンドが有効になっている必要があります。To use this setting, the computer must be running Windows 10 Fall Creators Update (version 1709) or later, and you must enable OneDrive Files On-Demand. この機能は、オンプレミスの SharePoint サイトには使用できません。This feature is not enabled for on-premises SharePoint sites.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"DehydrateSyncedTeamSites"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"DehydrateSyncedTeamSites"="dword:00000001"

ファイルとフォルダーの状態の照会および設定については、ファイル オンデマンドの状態の照会および設定に関するページを参照してください。For info about querying and setting file and folder states, see Query and set Files On-Demand states.

OneDrive の帯域幅管理の自動アップロードを有効にするEnable automatic upload bandwidth management for OneDrive

この設定により、未使用の帯域幅が利用可能な場合に限り、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) を使用してバックグラウンドでデータをアップロードできます。This setting lets the OneDrive sync app (OneDrive.exe) upload data in the background only when unused bandwidth is available. これにより、同期アプリがネットワークを使用しているその他のアプリから影響を受けないようにします。It prevents the sync app from interfering with other apps that are using the network. この設定は、Windows LEDBAT (低遅延バックグラウンド トランスポート) プロトコルを利用します。This setting is powered by the Windows LEDBAT (Low Extra Delay Background Transport) protocol. LEDBAT で遅延の増加が検知される場合、これはほかの TCP 接続が帯域幅を消費していることを示しており、同期アプリは干渉を回避するために自ら消費を削減します。When LEDBAT detects increased latency that indicates other TCP connections are consuming bandwidth, the sync app will reduce its own consumption to prevent interference. ネットワークの遅延が再び減少して帯域幅が解放されると、同期アプリはアップロード速度を上げ、使用していない帯域幅を消費するようにします。When network latency decreases again and bandwidth is freed up, the sync app will increase the upload rate and consume the unused bandwidth.

この設定を有効にすると、帯域幅の可用性に基づいて同期アプリのアップロード速度は「自動調整」に設定され、ユーザーはこの設定を変更することはできません。If you enable this setting, the sync app upload rate will be set to "Adjust automatically" based on bandwidth availability and users won't be able to change it.

この設定を無効にするか、構成しない場合、アップロード速度を固定値 (KB/秒) に制限するか、「自動調整」に設定するかユーザーが選択できます。If you disable or do not configure this setting, users can choose to limit the upload rate to a fixed value (in KB/second), or set it to "Adjust automatically."

重要

この設定を有効または無効にした後、「未構成」に戻しても、最後の構成が有効なままになります。If you enable or disable this setting, and then change it back to Not Configured, the last configuration will remain in effect. 同期アプリのアップロード速度を固定速度に制限するのではなく、この設定を有効にすることをお勧めします。We recommend enabling this setting instead of "Limit the sync app upload speed to a fixed rate." 両方の設定を同時に有効にしないでください。You should not enable both settings at the same time. もし同じデバイスで両方の設定が同時に有効にされた場合、「同期アプリのアップロード速度をスループットのパーセンテージまでに制限する」がこの設定により上書きされます。This setting will override "Limit the sync app upload rate to a percentage of throughput" if both are enabled on the same device.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1. [HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\OneDrive]"EnableAutomaticUploadBandwidthManagement"="dword:00000001"[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\OneDrive]"EnableAutomaticUploadBandwidthManagement"="dword:00000001"

同期アプリのアップロード速度をスループットのパーセンテージまでに制限するLimit the sync app upload rate to a percentage of throughput

この設定を使用すると、コンピューターのアップロード スループットのうち、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) がファイルのアップロードに使用できる割合を指定することにより、同じコンピューター上の異なるアップロード タスクのパフォーマンスについて、それらのバランスを取ることができます。This setting lets you balance the performance of different upload tasks on a computer by specifying the percentage of the computer's upload throughput that the OneDrive sync app (OneDrive.exe) can use to upload files. これをパーセンテージで設定することによって、同期アプリがスループットの増減に対応できるようになります。Setting this as a percentage lets the sync app respond to both increases and decreases in throughput. 設定したパーセンテージが低いほど、ファイルのアップロード速度は低くなります。The lower the percentage you set, the slower files upload. 50% 以上の値を設定することをお勧めします。We recommend a value of 50% or higher. 同期アプリは、1 分間、制限なしでアップロードした後、設定されたパーセンテージにまでアップロード速度を落とす、という動作を定期的に繰り返すようになります。The sync app periodically uploads without restriction for one minute and then slows down to the upload percentage you set. これにより、サイズの大きなアップロードによってコンピューターのアップロード スループットが独占されるのを防ぎながら、小さなファイルは迅速にアップロードされます。This lets small files upload quickly while preventing large uploads from dominating the computer's upload throughput. [サイレント モードで Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動する] または [Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するメッセージをユーザーに表示する] をロールアウトするときは、既知のフォルダー内容のアップロードによってネットワークに生じる影響を制御するために、この設定を一時的に有効にすることをお勧めします。We recommend enabling this setting temporarily when you roll out Silently move Windows known folders to OneDrive, or Prompt users to move Windows known folders to OneDrive to control the network impact of uploading known folder contents.

アップロード スループットの計算

注意

同期アプリによって検出される最大スループット値は、インターネット サービス プロバイダー (ISP) が使用する可能性のあるトラフィック調整メカニズムの違いのため、予想よりも多くなったり少なくなったりすることがあります。 The maximum throughput value detected by the sync app can sometimes be higher or lower than expected because of the different traffic throttling mechanisms that your Internet Service Provider (ISP) might use.
同期に必要なネットワーク帯域幅を見積もる方法については、「OneDrive 同期アプリのネットワーク使用率の計画」を参照してください。For info about estimating the network bandwidth you need for sync, see Network utilization planning for the OneDrive sync app.

この設定を有効にして [帯域幅] ボックスにパーセンテージ (10 から 99) を入力すると、OneDrive にファイルをアップロードする際に、アップロード スループットのうち、指定した割合がコンピューターで使用されます。これをユーザーが変更することはできません。If you enable this setting and enter a percentage (from 10-99) in the Bandwidth box, computers use the percentage of upload throughput that you specify when uploading files to OneDrive, and users cannot change it.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value. 次に例を示します。For example:

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"AutomaticUploadBandwidthPercentage"="dword:00000032"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"AutomaticUploadBandwidthPercentage"="dword:00000032"

以前のレジストリ キーでは、50 の 16 進数値 (00000032) を使用して、アップロード スループットの割合が 50% に設定されています。The previous registry key sets the upload throughput percentage to 50%, using the hexadecimal value for 50, which is 00000032.

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、ユーザーはアップロード速度を固定値 (KB/秒) に制限するか、「自動調整」に設定すると、アップロード速度がスループットの 70% に設定されます。If you disable or do not configure this setting, users can choose to limit the upload rate to a fixed value (in KB/second), or set it to "Adjust automatically," which sets the upload rate to 70% of throughput. エンドユーザー エクスペリエンスについては、「OneDrive 同期アプリのアップロードまたはダウンロードの速度を変更する」を参照してください。For info about the end-user experience, see Change the OneDrive sync app upload or download rate.

重要

この設定を有効または無効にした後、[未構成] に戻しても、最後の構成が有効なままになります。If you enable or disable this setting, and then change it back to Not Configured, the last configuration remains in effect. アップロード速度を制限する場合は、同期アプリのアップロード速度を固定速度に制限するのではなく、この設定を有効にすることをお勧めします。We recommend enabling this setting instead of "Limit the sync app upload speed to a fixed rate" to limit the upload rate. 両方の設定を同時に有効にしないでください。You should not enable both settings at the same time.

ユーザーがサインインするまで同期アプリがネットワーク トラフィックを生成できないようにするPrevent the sync app from generating network traffic until users sign in

この設定では、ユーザーが OneDrive にサインインするか、各自のコンピューターへのファイルの同期を開始するまで、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) がネットワーク トラフィックを生成できなくなります (更新プログラムの確認など)。This setting lets you block the OneDrive sync app (OneDrive.exe) from generating network traffic (checking for updates, an so on) until users sign in to OneDrive or start syncing files on their computer.

この設定を有効にした場合、同期アプリが自動的に起動するためには、ユーザーが各自のコンピューター上の OneDrive 同期アプリにサインインするか、コンピューター上で OneDrive または SharePoint ファイルを同期するように選択する必要があります。If you enable this setting, users must sign in to the OneDrive sync app on their computer, or select to sync OneDrive or SharePoint files on the computer, for the sync app to start automatically.

この設定を無効にするか構成しなかった場合、ユーザーが Windows にサインインする際に、OneDrive 同期アプリが自動的に開始されます。If you disable or do not configure this setting, the OneDrive sync app starts automatically when users sign in to Windows.

重要

この設定を有効または無効にした後、[未構成] に戻しても、最後の構成が有効なままになります。If you enable or disable this setting, and then change it back to Not Configured, the last configuration remains in effect.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"PreventNetworkTrafficPreUserSignIn"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"PreventNetworkTrafficPreUserSignIn"="dword:00000001"

ユーザーがリモートからファイルを取得できないようにするPrevent users from fetching files remotely

この設定を使用すると、個人用 OneDrive アカウントで OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) にサインインしたユーザーにフェッチ機能の使用を禁止できます。This setting lets you block users from using the fetch feature when they're signed in to the OneDrive sync app (OneDrive.exe) with their personal OneDrive account. フェッチ機能を使用すると、ユーザーは OneDrive.com にアクセスし、現在オンライン状態で、なおかつ OneDrive 同期アプリを実行している Windows コンピューターを選択すれば、そのコンピューターのすべてのファイルにアクセスすることができます。The fetch feature lets users go to OneDrive.com, select a Windows computer that's currently online and running the OneDrive sync app, and access all files from that computer. 既定では、ユーザーはフェッチ機能を使用できます。By default, users can use the fetch feature.

この設定を有効にすると、ユーザーはフェッチ機能を使用できなくなります。If you enable this setting, users are prevented from using the fetch feature.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"GPOEnabled"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"GPOEnabled"="dword:00000001"

この設定とユーザーが個人用の OneDrive アカウントを同期できないようにする設定の両方を無効にするか、両方を構成しなかった場合、ユーザーはフェッチ機能を使用できます。If you disable or do not configure both this setting and Prevent users from syncing personal OneDrive accounts, users can use the fetch feature. ファイルのフェッチの詳細については、「PC のファイルを取得する」を参照してください。For more info about fetching files, see Fetch files on your PC.

ユーザーが Windows の既知のフォルダーから OneDrive に移動できないようにするPrevent users from moving their Windows known folders to OneDrive

この設定は、ユーザーが OneDrive アカウントに、ドキュメント、写真、デスクトップ フォルダーを移動できないようにします。This setting prevents users from moving their Documents, Pictures, and Desktop folders to any OneDrive account.

注意

既知のフォルダーを個人用の OneDrive アカウントに移動することは、ドメインに参加している PC で既にブロックされています。Moving known folders to personal OneDrive accounts is already blocked on domain-joined PCs.

この設定を有効にすると、重要なフォルダーを保護するためのウィンドウが表示されません。また、[保護の開始] コマンドは無効になります。If you enable this setting, users aren't prompted with a window to protect their important folders, and the Start protection command is disabled. ユーザーが既知のフォルダーを既に移動している場合、それらのフォルダー内のファイルは OneDrive に残ります。If the user has already moved their known folders, the files in those folders remain in OneDrive. この設定は、「サイレント モードで Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動する」または「Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するメッセージをユーザーに表示する」を有効にしている場合には有効になりません。This setting does not take effect if you've enabled "Prompt users to move Windows known folders to OneDrive" or "Silently move Windows known folders to OneDrive."

この設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは既知のフォルダーを移動することができます。If you disable or do not configure this setting, users can choose to move their known folders.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 にセットされます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMBlockOptIn"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMBlockOptIn"="dword:00000001"

ユーザーが Windows の既知のフォルダーから PC にリダイレクトできないようにするPrevent users from redirecting their Windows known folders to their PC

この設定は、強制的にユーザーにドキュメント、ピクチャ、デスクトップ フォルダーを OneDrive に移動させます。This setting forces users to keep their Documents, Pictures, and Desktop folders directed to OneDrive.

この設定を有効にすると、[重要なフォルダーの保護を設定する] ウィンドウの [保護を停止する] ボタンが無効になり、既知のフォルダーの同期を停止しようとするとエラーが発生します。If you enable this setting, the Stop protecting button in the Set up protection of important folders window is disabled, and users receive an error if they try to stop syncing a known folder.

この設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは既知のフォルダーを自分の PC にリダイレクトすることができます。If you disable or do not configure this setting, users can choose to redirect their known folders back to their PC.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。Enabling this policy sets the following registry key:

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMBlockOptOut"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMBlockOptOut"="dword:00000001"

ユーザーが他の組織から共有されたライブラリとフォルダーを同期できないようにするPrevent users from syncing libraries and folders shared from other organizations

OneDrive 同期アプリの B2B 同期機能を使用すると、組織のユーザーは、他の組織から共有された OneDrive と SharePoint のライブラリやフォルダーを同期することができます。The B2B Sync feature of the OneDrive sync app lets users at an organization to sync OneDrive and SharePoint libraries and folders shared with them from another organization. 詳細については、「B2B 同期」を参照してください。For more info, see B2B Sync.

この設定を有効にすると、組織のユーザーが B2B 同期を使用できなくなります。コンピューター上で設定が有効にされると (値 1)、同期アプリは他の組織から共有されたライブラリとフォルダーを同期しません。Enabling this setting prevents users at your organization from being able to use B2B Sync. After the setting is enabled (value 1) on a computer, the sync app does not sync libraries and folders shared from other organizations. ユーザーの B2B 同期機能を復元する場合は、設定を無効な状態 (値 0) に変更します。Modify the setting to the disabled state (value 0) to restore B2B Sync capability for your users.

次との B2B 同期をしない: [HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "BlockExternalSync"="dword:1"prevent B2B Sync with: [HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "BlockExternalSync"="dword:1"

次との B2B 同期を復元する: [HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "BlockExternalSync"="dword:0"restore B2B Sync with: [HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "BlockExternalSync"="dword:0"

Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するメッセージをユーザーに表示するPrompt users to move Windows known folders to OneDrive

この設定では、次のウィンドウが表示され、ユーザーは、ドキュメント、ピクチャ、デスクトップ フォルダーを OneDrive に移動するよう指示されます。This setting shows the following window that prompts users to move their Documents, Pictures, and Desktop folders to OneDrive.

重要なフォルダーを保護するようユーザーに促すウィンドウ

この設定を有効にして該当するテナント ID を入力すると、OneDrive を同期しているユーザーがサインインする際に、以前のウィンドウが表示されます。If you enable this setting and provide your tenant ID, users who are syncing their OneDrive see the previous window when they're signed in. ウィンドウを閉じると、既知の 3 つのフォルダーをすべて移動するまで、アクティビティ センターにリマインダー通知が表示されます。If they close the window, a reminder notification appears in the Activity Center until they move all their known folders. ユーザーが既知のフォルダーを別の OneDrive アカウントに既にリダイレクトしている場合は、組織のアカウントにフォルダーを送るよう求められます (既存のファイルは残したまま)。If a user has already redirected their known folders to a different OneDrive account, they are prompted to direct the folders to the account for your organization (leaving existing files behind).

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、重要なフォルダーを保護するようユーザーに求めるウィンドウは表示されません。If you disable or do not configure this setting, the window that prompts users to protect their important folders doesn't appear.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。Enabling this policy sets the following registry key:

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMOptInWithWizard"="1111-2222-3333-4444"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMOptInWithWizard"="1111-2222-3333-4444"

(「1111-2222-3333-4444」はテナント ID です)(where "1111-2222-3333-4444" is the tenant ID)

詳細については、「Windows の既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトして移動する」を参照してください。For more info, see Redirect and move Windows known folders to OneDrive.

ユーザーがローカル コンピューター上の複数の OneDrive ファイルを削除するときにプロンプ​​トを表示するPrompt users when they delete multiple OneDrive files on their local computer

このポリシーは、ファイルがクラウドからも削除されることをユーザーに通知する前に、ユーザーがローカル OneDrive フォルダーから削除できるファイル数のしきい値を設定します。This policy sets the threshold for how many files a user can delete from a local OneDrive folder before the user is notified that the files will also be deleted from the cloud.   このポリシーを有効にした場合、ローカル コンピューター上の OneDrive から指定した数を超えるファイルを削除すると、ユーザーに通知が表示されます。If you enable this policy, users will see a notification if they delete more than the specified number of files from OneDrive on their local computer. ユーザーには、クラウド ファイルの削除を続行するオプション、またはローカル ファイルを復元するオプションが表示されます。The user will be given the option to continue to remove the cloud files, or restore the local files.

注意

このポリシーを有効にしても、以前の通知で [常にファイルを削除する] チェックボックスをオンにした場合、または OneDrive 同期アプリの設定のチェックボックスで [クラウドの多数のファイルが削除されたときに通知する] をオフにした場合、ユーザーは通知を受信しません。Even if you enable this policy, users won't receive notifications if they've selected the "Always remove files" check box on a previous notification, or if they've cleared the "Notify me when many files are deleted in the cloud" check box in OneDrive sync app settings.

このポリシーを無効にすると、ユーザーはローカル コンピューターで多数の OneDrive ファイルを削除しても通知を受け取りません。If you disable this policy, users will not receive a notification when they delete numerous OneDrive files on their local computer.

このポリシーが構成されていない場合、短時間で 200 個を超えるファイルを削除すると、ユーザーに通知が表示されます。If you do not configure this policy, users will see a notification when they delete more than 200 files within a short period of time.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 0 から 100,000 までの数字にセットされます。Enabling this policy sets the following registry key value to a number from 0 through 100000. [HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"LocalMassDeleteFileDeleteThreshold"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"LocalMassDeleteFileDeleteThreshold"

大規模な削除操作ではユーザーの確認が必要Require users to confirm large delete operations

この設定を使用すると、大量の同期ファイルをユーザーが削除する際に、クラウド内にある削除が必要なファイルを確認できます。This setting makes users confirm that they want to delete files in the cloud when they delete a large number of synced files.

この設定を有効にすると、大量の同期ファイルをユーザーが削除する際に、必ず警告が表示されます。If you enable this setting, a warning always appears when users delete a large number of synced files. ユーザーが 7 日以内に削除操作を確認しないと、ファイルは削除されません。If a user does not confirm a delete operation within 7 days, the files are not deleted.

この設定を無効にした場合や構成しなかった場合、ユーザーは警告を非表示にして、常にクラウド内のファイルを削除することを選択できます。If you disable or do not configure this setting, users can choose to hide the warning, and always delete files in the cloud.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"ForcedLocalMassDeleteDetection"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"ForcedLocalMassDeleteDetection"="dword:00000001"

ユーザーの OneDrive が自動的にダウンロードできる最大サイズを設定するSet the maximum size of a user's OneDrive that can download automatically

この設定は、OneDrive ファイル オンデマンドが有効になっていないデバイスで、Windows 資格情報を使用して OneDrive 同期アプリにユーザーをサイレント モードでサインインすると共に使用されます。This setting is used in conjunction with Silently sign in users to the OneDrive sync app with their Windows credentials on devices that don't have OneDrive Files On-Demand enabled. 使用する OneDrive が指定したしきい値 (MB) を超える場合は、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) がファイルをダウンロードする前に、同期するフォルダーを選択するよう指示が表示されます。Any user who has a OneDrive that's larger than the specified threshold (in MB) is prompted to choose the folders they want to sync before the OneDrive sync app (OneDrive.exe) downloads the files.

[オプション] ボックスで、[表示] をクリックし、テナント ID と最大サイズを MB 単位で入力します (0 ~ 4294967295)。To enter the tenant ID and the maximum size in MB (from 0 to 4294967295), in the Options box, select Show. 既定値は 500 です。The default value is 500.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。Enabling this policy sets the following registry key.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\DiskSpaceCheckThresholdMB]"1111-2222-3333-4444"=dword:0005000[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\DiskSpaceCheckThresholdMB]"1111-2222-3333-4444"=dword:0005000

(「1111-2222-3333-4444」はテナント ID、0005000 は 5000 MB のしきい値を設定します)。(where "1111-2222-3333-4444" is the tenant ID and 0005000 sets a threshold of 5000 MB).

同期アプリの更新リングを設定するSet the sync app update ring

OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) の更新プログラムは、3 つのリング (Insiders、Production、Enterprise の順) でパブリックにリリースされます。We release OneDrive sync app (OneDrive.exe) updates to the public through three rings- first to Insiders, then Production, and finally Enterprise. この設定により、組織内のユーザーに使用するリングを指定できます。This setting lets you specify the ring for users in your organization. この設定を有効にしてリングを選択すると、ユーザーは変更できなくなります。When you enable this setting and select a ring, users aren't able to change it.

Insiders リングのユーザーには、OneDrive に追加予定の新機能をプレビューできるビルドが提供されます。Insiders ring users receive builds that let them preview new features coming to OneDrive.

Production リングのユーザーには、最新の機能が利用可能になった時点で提供されます。Production ring users get the latest features as they become available. このリングが既定になります。This ring is the default.

Deferred リングのユーザーには、新機能、バグ修正、パフォーマンス向上が最後に提供されます。Deferred ring users get new features, bug fixes, and performance improvements last. このリングでは、内部ネットワークの場所から更新プログラムを展開でき、また展開のタイミングを 60 日の範囲内で制御することができます。This ring lets you deploy updates from an internal network location, and control the timing of the deployment (within a 60-day window).

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、ユーザーは Windows Insider Program または Office Insider プログラムに参加して、Insiders リングで更新プログラムを取得することができます。If you disable or do not configure this setting, users can join the Windows Insider program or the Office Insider program to get updates on the Insiders ring.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。Enabling this policy sets the following registry key:

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"GPOSetUpdateRing"="dword:0000000X"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"GPOSetUpdateRing"="dword:0000000X"

Insider では 4 を、Production では 5 を、Deferred では 0 を値として設定してください。Set the value 4 for Insider, 5 for Production, or 0 for Deferred. Production には 5、Deferred には 0 に設定すると、同期アプリの [設定] > [バージョン情報] タブに [リリース前に OneDrive Insider プレビューの更新プログラムを取得する] のチェックボックスが表示されなくなります。When you configure this setting to 5 for Production, or 0 for Deferred, the "Get OneDrive Insider preview updates before release", in the sync app, the checkbox does not appear on the Settings > About tab.

各リングで現在利用可能なビルドの詳細については、リリース ノートを参照してください。For more info on the builds currently available in each ring, see the release notes. 更新リングの詳細および同期アプリが更新プログラムをチェックする方法については、「OneDrive 同期アプリの更新プロセス」を参照してください。For more info about the update rings and how the sync app checks for updates, see The OneDrive sync app update process.

サイレント モードで Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するSilently move Windows known folders to OneDrive

この設定では、ユーザーのドキュメント、ピクチャ、デスクトップ フォルダーをユーザーの介入なしに OneDrive にリダイレクトおよび移動できます。Use this setting to redirect and move your users' Documents, Pictures, and Desktop folders to OneDrive without any user interaction.

注意

既存のデバイスと新しいデバイスにサイレント ポリシーを展開する一方で、既存のデバイスの展開を 1 日あたり 1000 デバイスに制限し、1 週間あたり 4000 デバイスを超えないようにすることをお勧めします。We recommend deploying the silent policy for existing devices and new devices while limiting the deployment of existing devices to 1,000 devices a day and not exceeding 4,000 devices a week. この設定は、「Windows の既知のフォルダーを OneDrive に移動するかどうかをユーザーに確認する」 と一緒に使用することをお勧めします。We also recommend using this setting together with Prompt users to move Windows known folders to OneDrive. 既知のフォルダーのサイレント移動が成功しない場合、ユーザーはエラーを修正して続行するように求められます。If moving the known folders silently does not succeed, users will be prompted to correct the error and continue.

この設定を有効にしてテナント ID を指定すると、フォルダーのリダイレクト後にユーザーに通知を表示するかどうかを選択できます。If you enable this setting and provide your tenant ID, you can choose whether to display a notification to users after their folders have been redirected.

OneDrive 保護メッセージ

この設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーの既知のフォルダーがメッセージ確認なしで OneDrive にリダイレクトされることはありません。If you disable or do not configure this setting, your users' known folders are not silently redirected to OneDrive.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーがセットされます。Enabling this policy sets the following registry keys:

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptIn"="1111-2222-3333-4444"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptIn"="1111-2222-3333-4444"

(「1111-2222-3333-4444」はテナント ID です)(where "1111-2222-3333-4444" is the tenant ID)

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptInWithNotification"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"KFMSilentOptInWithNotification"

この値を 1 に設定すると、リダイレクトが成功した後に通知が表示されます。Setting this value to 1 shows a notification after successful redirection.

詳細については、「Windows の既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトして移動する」を参照してくださいFor more info, see Redirect and move Windows known folders to OneDrive

Windows 資格情報を使用して OneDrive 同期アプリにユーザーをサイレント モードでサインインするSilently sign in users to the OneDrive sync app with their Windows credentials

重要

SilentAccountConfi を経由して同期ユーザーがプロビジョニング済みの時にAzure Active Directory 認証ライブラリ (ADAL) が自動的に有効になっているので、別で有効にする必要はありません。Azure Active Directory Authentication Library (ADAL) is enabled automatically when the sync user is provisioned via SilentAccountConfig, so you don't have to enable it separately.

この設定を有効にすると、Azure AD に参加している PC にサインインしているユーザーは、アカウントの資格情報を入力せずに同期アプリを設定できます。If you enable this setting, users who are signed in on a PC that's joined to Azure AD can set up the sync app without entering their account credentials. 同期するフォルダーを選択したり各自の OneDrive フォルダーの場所を変更したりできるよう、その後もユーザーには OneDrive のセットアップが表示されます。Users will still be shown OneDrive Setup so they can select folders to sync and change the location of their OneDrive folder. ユーザーが以前の OneDrive for Business 同期アプリ (Groove.exe) を使用している場合、新しい同期アプリは、以前のアプリからユーザーの OneDrive の同期を引き継ぎ、ユーザーの同期設定を保持しようとします。If a user is using the previous OneDrive for Business sync app (Groove.exe), the new sync app attempts to take over syncing the user's OneDrive from the previous app, and preserves the user's sync settings. この設定は、ファイル オンデマンドが使用されていない PC 上の「ユーザーの OneDrive が自動的にダウンロードできる最大サイズを設定する」と「OneDrive フォルダーの既定の場所を設定する」と組み合わせてよく使用されます。This setting is frequently used together with Set the maximum size of a user's OneDrive that can download automatically on PCs that don't have Files On-Demand and with Set the default location for the OneDrive folder.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"SilentAccountConfig"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"SilentAccountConfig"="dword:00000001"

トラブルシューティングの手順を含め、この機能の詳細については、「ユーザーアカウントをサイレントに構成する」を参照してください。For more info about this feature, including troubleshooting steps, see Silently configure user accounts. この機能に対してフィードバックがある場合、または問題が発生した場合はご連絡ください。Let us know if you have feedback on this feature or encounter any issues. 通知領域の [OneDrive] アイコンを右クリックし、[問題の報告] を選択します。Right-click the OneDrive icon in the notification area and select Report a problem. フィードバックがこの機能の担当のエンジニアに直接送信されるように、フィードバックに「SilentConfig」でタグ付けしてください。Tag any feedback with "SilentConfig" so that your feedback is sent directly to engineers working on this feature.

OneDrive ファイル オンデマンドを使用するUse OneDrive Files On-Demand

この設定では、組織で OneDrive ファイル オンデマンドを有効にするかどうかを制御することができます。This setting lets you control whether OneDrive Files On-Demand is enabled for your organization. ファイル オンデマンドを使用すると、ユーザーのコンピューターのストレージ容量を節約し、同期のネットワークへの影響を最小限に抑えることができます。この機能は、Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709 以降) を実行しているユーザーが利用できます。Files On-Demand helps you save storage space on your users' computers, and minimize the network impact of sync. The feature is available to users running Windows 10 Fall Creators update (version 1709 or later). 詳しくは、「Windows 10 用 OneDrive ファイル オンデマンドでディスク領域を節約する」を参照してください。For more info, see Save disk space with OneDrive Files On-Demand for Windows 10.

この設定を有効にした場合、同期アプリを設定した新しいユーザーには、既定でオンライン限定のファイルが表示されます。If you enable this setting, new users who set up the sync app see online-only files in File Explorer, by default. ファイルが開かれるまで、ファイルの内容はダウンロードされません。File contents don't download until a file is opened. この設定を無効にした場合は、Windows 10 ユーザーは、以前のバージョンの Windows ユーザーと同じ同期動作となり、ファイル オンデマンドを有効にすることはできません。If you disable this setting, Windows 10 users have the same sync behavior as users of previous versions of Windows, and aren't able to turn on Files On-Demand. この設定を構成しなかった場合、ユーザーは、ファイル オンデマンドをオンまたはオフにすることができます。If you do not configure this setting, users can turn Files On-Demand on or off.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"FilesOnDemandEnabled"="dword:00000001"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"FilesOnDemandEnabled"="dword:00000001"

Windows と OneDrive の同期アプリの要件を満たしていても、[設定] に [ファイル オンデマンド] オプションが表示されない場合はありますか。Meet Windows and OneDrive sync app requirements and still can't see Files On-Demand option available at "Settings"? サービス「Windows クラウド ファイルのフィルター ドライバー」の開始タイプが 2 (AUTO_START) に設定されていることを確認してください。Make sure the service "Windows Cloud Files Filter Driver" start type is set to 2 (AUTO_START). このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 2 に設定されます。Enabling this feature sets the following registry key value to 2.

[HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CldFlt]"Start"="dword:00000002"[HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CldFlt]"Start"="dword:00000002"

ディスク領域が不足しているユーザーに警告するWarn users who are low on disk space

この設定により、使用可能なディスク領域の最小値を指定できます。また、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) を使用してファイルをダウンロードする際に、この値を下回る場合は、ユーザーに警告が表示されます。This setting lets you specify a minimum amount of available disk space, and warn users when the OneDrive sync app (OneDrive.exe) downloads a file that causes them to have less than this amount. ユーザーには、容量を解放するためのオプションが表示されます。Users are prompted with options to help free up space.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 0 から 10240000 までの数字に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to a number from 0 through 10240000. [HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]" WarningMinDiskSpaceLimitInMB"[HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]" WarningMinDiskSpaceLimitInMB"

ユーザー構成ポリシーUser Configuration policies

ユーザー構成ポリシーは、User Configuration\Policies\Administrative Templates\OneDrive にあります。Find User Configuration policies under User Configuration\Policies\Administrative Templates\OneDrive.

グループ ポリシー管理エディターでの OneDrive 設定

Office ファイルの同期の競合を処理する方法をユーザーが選択できるようにするAllow users to choose how to handle Office file sync conflicts

この設定は、同期中に Office ファイルのバージョン間の競合が発生した場合の動作を指定します。既定では、変更をマージするか、両方のコピーを保持するかをユーザーが決めることができます。This setting specifies what happens when conflicts occur between Office file versions during sync. By default, users can decide if they want to merge changes or keep both copies. ユーザーは常に両方のコピーを保持するよう OneDrive 同期アプリの設定を変更することもできます。Users can also change settings in the OneDrive sync app to always keep both copies. (このオプションは Office 2016 以降でのみ使用できます。(This option is available for Office 2016 or later only. 以前のバージョンの Office では、常に両方のコピーが維持されます。)With earlier versions of Office, both copies are always kept.)

この設定を有効にすると、ユーザーは変更をマージするか両方のコピーを保持するかを決定できます。If you enable this setting, users can decide if they want to merge changes or keep both copies. ユーザーは、ファイルを常にフォークして、次のように両方のコピーを保持するように同期アプリを構成することもできます。Users can also configure the sync app to always fork the file and keep both copies, as follows.

[同期設定] ダイアログの [Office] タブ

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "EnableHoldTheFile"="dword:00000001"[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "EnableHoldTheFile"="dword:00000001"

この設定を無効にした場合、[Office] タブの [同期の競合] 設定が無効となり、同期の競合が発生したときはファイルの両方のコピーが保持されます。If you disable this setting, the Sync conflicts setting on the Office tab is disabled, and when a sync conflict occurs, both copies of the file are kept.

この設定を有効にするには、Office デスクトップ アプリで共同編集して共有を有効にする必要があります。To enable this setting, you must enable Coauthor and share in Office desktop apps. 同期アプリの Office 設定の詳細については、「Office 2016 を使用して、開いている Office ファイルを同期する」を参照してください。For more info about the Office settings in the sync app, see Use Office 2016 to sync Office files that I open.

従量制課金ネットワークのときにも同期を続けるContinue syncing on metered networks

この設定を使用すると、デバイスの接続先が従量制課金接続であるときに自動一時停止機能をオフにすることができます。This setting lets you turn off the auto-pause feature when devices connect to metered networks.

この設定を有効にした場合、デバイスが従量制課金接続を使用しているときでも同期が継続されます。If you enable this setting, syncing continues when devices are on a metered network. OneDrive が同期を自動的に一時停止することはありません。OneDrive does not automatically pause syncing.

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、従量制課金接続が検出されたときに同期は自動的に一時停止され、通知が表示されます。If you disable or do not configure this setting, syncing pauses automatically when a metered network is detected and a notification appears. 一時停止しないようにするには、通知で [同期する] を選択します。To not pause, in the notification, select Sync Anyway. 同期が一時停止されているときに同期を再開するには、タスク バーの通知領域にある OneDrive クラウド アイコンを選択し、アクティビティ センターの一番上でアラートを選択します。When syncing is paused, to resume syncing, in the notification area of the taskbar, select the OneDrive cloud icon, and at the top of the Activity Center, select the alert.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisablePauseOnMeteredNetwork"=dword:00000001[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisablePauseOnMeteredNetwork"=dword:00000001

デバイスのバッテリー節約機能モードがオンのときに同期を続けるContinue syncing when devices have battery saver mode turned on

この設定を使用すると、バッテリー節約機能モードがオンになっているデバイスの自動一時停止機能をオフにすることができます。This setting lets you turn off the auto-pause feature for devices that have battery saver mode turned on.

この設定を有効にした場合は、バッテリー節約機能モードをユーザーがオンにしているときでも同期が継続されます。If you enable this setting, syncing continues when users turn on battery saver mode. OneDrive が同期を自動的に一時停止することはありません。OneDrive does not automatically pause syncing.

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、バッテリー節約機能モードが検出されたときに同期は自動的に一時停止され、通知が表示されます。If you disable or do not configure this setting, syncing pauses automatically when battery saver mode is detected and a notification appears. 一時停止しないようにするには、通知で [同期する] を選択します。To not pause, in the notification, select Sync Anyway. 同期が一時停止されているときに同期を再開するには、タスク バーの通知領域にある OneDrive クラウド アイコンを選択し、アクティビティ センターの一番上でアラートを選択します。When syncing is paused, to resume syncing, in the notification area of the taskbar, select the OneDrive cloud icon, and at the top of the Activity Center, select the alert.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisablePauseOnBatterySaver"=dword:00000001[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisablePauseOnBatterySaver"=dword:00000001

Office デスクトップ アプリで共同編集して共有Coauthor and share in Office desktop apps

この設定を使用すると、複数のユーザーが Microsoft 365 Apps for enterprise、Office 2019、Office 2016 のいずれかのデスクトップ アプリケーションを使用して、OneDrive に格納されている Office ファイルを同時に編集することができます。This setting lets multiple users use the Microsoft 365 Apps for enterprise, Office 2019, or Office 2016 desktop apps to simultaneously edit an Office file stored in OneDrive. ユーザーは、Office デスクトップ アプリケーションのファイルを共有することもできます。It also lets users share files from the Office desktop apps.

この設定を有効にした場合、または構成しなかった場合、OneDrive の同期設定に [Office] タブが表示され、既定で [Office 2016 を使用して、開いている Office ファイルを同期する] が選択されます。If you enable or do not configure this setting, the Office tab appears in OneDrive sync settings, and Use Office 2016 to sync Office files that I open is selected, by default.

OneDrive 同期アプリの設定の [Office] タブ

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 にセットされます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1:

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "EnableAllOcsiClients"="dword:00000001"[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "EnableAllOcsiClients"="dword:00000001"

この設定を無効にすると、[Office] タブは同期アプリでは非表示になり、「Office ファイルの共同編集とアプリ内共有」は無効になります。If you disable this setting, the Office tab is hidden in the sync app, and coauthoring and in-app sharing for Office files is disabled. ユーザーが競合している Office ファイルの処理方法を選択できる」の設定は無効として機能し、ファイルの競合が発生した場合、両方のファイルのコピーが維持されます。The Users can choose how to handle Office files in conflict setting acts as disabled, and when file conflicts occur, both copies of the file are kept. 同期アプリの設定の詳細については、「Office 2016 を使用して、開いている Office ファイルを同期する」を参照してください。For more info about the settings in the sync app, see Use Office 2016 to sync Office files that I open.

チーム サイト ライブラリを自動的に同期するように構成するConfigure team site libraries to sync automatically

この設定を使用すると、8 時間以内にネットワーク負荷を分散させるために、次回ユーザーが OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) にサインインした際に自動的に同期するように SharePoint チーム サイト ライブラリを指定できます。This setting lets you specify SharePoint team site libraries to sync automatically the next time users sign in to the OneDrive sync app (OneDrive.exe), within an eight-hour window, to help distribute network load. この設定を使用するには、コンピューターが Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) 以降を実行中で、OneDrive ファイル オンデマンドが有効になっている必要があります。To use this setting, the computer must be running Windows 10 Fall Creators Update (version 1709) or later, and you must enable OneDrive Files On-Demand. この機能は、オンプレミスの SharePoint サイトには使用できません。This feature is not enabled for on-premises SharePoint sites.

重要

この設定は、5,000 を超えるファイルまたはフォルダがあるライブラリには有効にしないでください。Do not enable this setting for libraries with more than 5,000 files or folders. 同じライブラリで 1,000 台を超えるデバイスに対してこの設定を有効にしないでください。Do not enable this setting for the same library to more than 1,000 devices.

この設定を有効にした場合、OneDrive 同期アプリは、オンラインのみのファイルとして指定されたライブラリの内容を、次回ユーザーがサインインした際に自動的に同期します。If you enable this setting, the OneDrive sync app automatically syncs the contents of the libraries you specified as online-only files the next time the user signs in. ライブラリの同期をユーザーが停止することはできません。The user isn't able to stop syncing the libraries.

この設定を無効にした場合、新しいユーザーについては、指定したチーム サイトのライブラリが自動的には同期されなくなります。If you disable this setting, team site libraries that you've specified aren't automatically synced for new users. 既存のユーザーは、ライブラリの同期を停止することを選択できますが、ライブラリの同期が自動的に停止することはありません。Existing users can choose to stop syncing the libraries, but the libraries won't stop syncing automatically.

この設定を構成するには、[オプション] ボックスの [表示] を選択し、ライブラリ ID 全体 (tenantId=xxx&siteId=xxx&webId=xxx&listId=xxx&webUrl=httpsxxx&version=1) を [] フィールドに、またライブラリを識別するフレンドリ名を [値の名前] フィールドに入力します。To configure the setting, in the Options box, select Show, and then enter a friendly name to identify the library in the Value Name field, and the entire library ID (tenantId=xxx&siteId=xxx&webId=xxx&listId=xxx&webUrl=httpsxxx&version=1) in the Value field.

ライブラリ ID を見つけるには、全体管理者または SharePoint 管理者として Microsoft 365 にサインインし、参照画面でライブラリを選択して、[同期] ボタンを選択します。[同期を開始しています] ダイアログの [ライブラリ ID のコピー] リンクをクリックしてください。To find the library ID, sign in as a global or SharePoint admin in Microsoft 365, browse to the library, and select Sync. In the Starting sync dialog, select the Copy library ID link.

[同期する準備] ダイアログ

このコピーされた文字列の特殊文字は Unicode であり、次の表に従って ASCII に変換する必要があります。The special characters in this copied string are in Unicode and must be converted to ASCII according to the following table.

検索Find 置換Replace
%2D%2D -
%7B%7B {{
%7D%7D }}
%3A%3A ::
%2F%2F /
%2E%2E .

または、PowerShell で次を実行して、「コピーされた文字列」をライブラリ ID に置き換えます。Alternatively, you can run the following in PowerShell, replacing "Copied String" with the library ID:

[uri]::UnescapeDataString("Copied String")

このポリシーを有効にすると、コピーしたライブラリの URL 全体を使用して、次のレジストリ キーが設定されます。Enabling this policy sets the following registry key, using the entire URL from the library you copied:

[HKCU\Software\Policies\Microsoft\OneDrive\TenantAutoMount]"LibraryName"="LibraryID"[HKCU\Software\Policies\Microsoft\OneDrive\TenantAutoMount]"LibraryName"="LibraryID"

OneDrive セットアップの最後に表示されるチュートリアルを無効にするDisable the tutorial that appears at the end of OneDrive Setup

この設定により、OneDrive セットアップの最後にチュートリアルが表示されないようにすることができます。This setting lets you prevent the tutorial from showing at the end of OneDrive Setup.

この設定を有効にした場合、OneDrive のセットアップが完了した後でユーザーにチュートリアルが表示されません。If you enable this setting, users don't see the tutorial after they complete OneDrive Setup.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisableTutorial"="dword:00000001"[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DisableTutorial"="dword:00000001"

同期アプリのダウンロード速度を固定速度に制限するLimit the sync app download speed to a fixed rate

この設定を使用すると、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) によってファイルがダウンロードされる際の最大速度を構成できます。This setting lets you configure the maximum speed at which the OneDrive sync app (OneDrive.exe) can download files. この速度は固定値 (KB/秒) で、適用されるのは同期のみです。更新プログラムのダウンロードには適用されません。This rate is a fixed value in kilobytes per second, and applies only to syncing, not to downloading updates. 速度を低くするほど、ファイルのダウンロードに時間がかかります。The lower the rate, the slower the files download.

この設定は、組織に最初に同期クライアントを展開する際やチーム サイトの同期を有効にする際など、ファイル オンデマンドが有効でない場合や厳しいトラフィック制限が必要な場合にのみ使用することをお勧めします。We recommend that you use this setting in cases where Files On-Demand is NOT enabled, and where strict traffic restrictions are required, such as when you initially deploy the sync app in your organization or enable syncing of team sites. 同期アプリのパフォーマンスが低下し、ユーザー エクスペリエンスに悪影響を与えるため、この設定は継続的に使用することはお勧めしません。We don't recommend that you use this setting on an ongoing basis because it decreases sync app performance and negatively impacts the user experience. 初期同期後は、ユーザーは通常、一度に少数のファイルのみを同期するので、ネットワーク パフォーマンスにはあまり影響しません。After the initial sync, users typically sync only a few files at a time, and it doesn't have a significant effect on network performance. この設定を有効にした場合は、指定した最大ダウンロード速度がコンピューターで使用されます。この速度をユーザーが変更することはできません。If you enable this setting, computers use the maximum download rate that you specify, and users are not able to change it.

この設定を有効にする場合は、[帯域幅] ボックスに速度 (1 から 100000) を入力します。If you enable this setting, enter the rate (from 1 to 100000) in the Bandwidth box. 最高速度は 100000 KB/秒です。The maximum rate is 100000 KB/s. 50 KB/秒より小さい値を入力した場合、上限は 50 KB/秒に設定されます (UI には低い方の値が表示された場合でも)。Any input lower than 50 KB/s sets the limit to 50 KB/s, even if the UI shows a lower value.

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、ダウンロード速度は無制限になり、OneDrive 同期アプリの設定でユーザーが速度を制限できます。If you disable or do not configure this setting, the download rate is unlimited, and users can choose to limit it in OneDrive sync app settings. エンドユーザー エクスペリエンスについては、「OneDrive 同期アプリのアップロードまたはダウンロードの速度を変更する」を参照してください。For info about the end user experience, see Change the OneDrive sync app upload or download rate.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 50 から 100,000 までの数字にセットされます。Enabling this policy sets the following registry key value to a number from 50 through 100,000. 次に例を示します。For example:

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DownloadBandwidthLimit"="dword:00000032"[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "DownloadBandwidthLimit"="dword:00000032"

以前のレジストリ キーでは、50 の 16 進数値 (00000032) を使用して、ダウンロード スループットの速度制限が 50 KB/秒に設定されています。The previous registry key sets the download throughput rate limit to 50KB/sec, using the hexadecimal value for 50, which is 00000032.

注意

この設定を適用するには、ユーザーのコンピューターで OneDrive.exe を再起動する必要があります。OneDrive.exe must be restarted on users' computers to apply this setting.

同期に必要なネットワーク帯域幅を見積もる方法については、「OneDrive 同期アプリのネットワーク使用率の計画」を参照してください。For info about estimating the network bandwidth you need for sync, see Network utilization planning for the OneDrive sync app.

同期アプリのアップロード速度を固定速度に制限するLimit the sync app upload speed to a fixed rate

この設定を使用すると、OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) によってファイルがアップロードされる際の最大速度を構成できます。This setting lets you configure the maximum speed at which the OneDrive sync app (OneDrive.exe) can upload files. この速度は固定値 (KB/秒) です。This rate is a fixed value in kilobytes per second. 速度を低くするほど、コンピューターでのファイルのアップロードに時間がかかります。The lower the rate, the slower the computer uploads files.

この設定を有効にして、[帯域幅] ボックスに速度 (1 から 100000) を入力すると、指定した最大アップロード速度がコンピューターで使用されます。この速度をユーザーが OneDrive の設定で変更することはできなくなります。If you enable this setting and enter the rate (from 1 to 100000) in the Bandwidth box, computers use the maximum upload rate that you specify, and users are not able to change it in OneDrive settings. 最高速度は 100000 KB/秒です。The maximum rate is 100000 KB/s. 50 KB/秒より小さい値を入力した場合、上限は 50 KB/秒に設定されます (UI には低い方の値が表示された場合でも)。Any input lower than 50 KB/s sets the limit to 50 KB/s, even if the UI shows a lower value.

この設定を無効にするか、構成しなかった場合、ユーザーはアップロード速度を固定値 (KB/秒) に制限するか、「自動調整」に設定すると、アップロード速度がスループットの 70% に設定されます。If you disable or do not configure this setting, users can choose to limit the upload rate to a fixed value (in KB/second), or set it to "Adjust automatically" which sets the upload rate to 70% of throughput. エンドユーザー エクスペリエンスについては、「OneDrive 同期アプリのアップロードまたはダウンロードの速度を変更する」を参照してください。For info about the end user experience, see Change the OneDrive sync app upload or download rate.

この設定は、高いトラフィック制限が必要な場合にのみ使用することをお勧めします。We recommend that you use this setting only in cases where strict traffic restrictions are required. アップロード速度を制限する必要がある状況 (Known Folder Move をロールアウトするときなど) では、同期アプリのアップロード速度をスループットのパーセンテージまでに制限する を有効にして、変化する条件に適応する制限を設定することをお勧めします。In scenarios where you need to limit the upload rate (such as when you roll out Known Folder Move), we recommend enabling Limit the sync app upload rate to a percentage of throughput to set a limit that adjusts to changing conditions. 両方の設定を同時に有効にしないでください。You should not enable both settings at the same time.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 50 から 100,000 までの数字にセットされます。Enabling this policy sets the following registry key value to a number from 50 through 100,000. 次に例を示します。For example:

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"UploadBandwidthLimit"="dword:00000032"[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"UploadBandwidthLimit"="dword:00000032"

以前のレジストリ キーでは、50 の 16 進数値 (00000032) を使用して、アップロード スループットの速度制限が 50 KB/秒に設定されています。The previous registry key sets the upload throughput rate limit to 50KB/sec, using the hexadecimal value for 50, which is 00000032.

注意

この設定を適用するには、ユーザーのコンピューターで OneDrive.exe を再起動する必要があります。OneDrive.exe must be restarted on users' computers to apply this setting.

同期に必要なネットワーク帯域幅を見積もる方法については、「OneDrive 同期アプリのネットワーク使用率の計画」を参照してください。For info about estimating the network bandwidth you need for sync, see Network utilization planning for the OneDrive sync app.

ユーザーが OneDrive フォルダーの場所を変更できないようにするPrevent users from changing the location of their OneDrive folder

この設定を使用すると、ユーザーはコンピューター上の OneDrive フォルダーの場所を変更できなくなります。This setting lets you block users from changing the location of the OneDrive folder on their computer.

この設定を使用するには、[オプション] ボックスで [表示] を選択し、テナント ID を入力します。To use this setting, in the Options box, select Show, and enter your tenant ID. 設定を有効にするには、1 を入力します。無効にするには、0 を入力します。To enable the setting, enter 1; to disable it, enter 0.

この設定を有効にした場合、OneDrive のセットアップの「場所の変更」リンクは非表示になります。If you enable this setting, the Change location link is hidden in OneDrive Setup. OneDrive フォルダーは既定の場所に作成されるか、OneDrive フォルダーの既定の場所を設定する を有効にした場合はカスタムの場所に作成されます。The OneDrive folder is created in the default location, or in the custom location you specified if you enabled Set the default location for the OneDrive folder.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1. [HKCU\Software\Policies\Microsoft\OneDrive\DisableCustomRoot] "1111-2222-3333-4444"="dword:00000001"[HKCU\Software\Policies\Microsoft\OneDrive\DisableCustomRoot] "1111-2222-3333-4444"="dword:00000001"

(「1111-2222-3333-4444」はテナント ID)(where "1111-2222-3333-4444" is the tenant ID)

この設定を無効にした場合、ユーザーは、OneDrive のセットアップで同期フォルダーの場所を変更することができます。If you disable this setting, users can change the location of their sync folder in OneDrive Setup.

ユーザーが個人用の OneDrive アカウントを同期できないようにするPrevent users from syncing personal OneDrive accounts

この設定を使用すると、Microsoft アカウントでサインインして個人用 OneDrive ファイルを同期することをユーザーに禁止できます。This setting lets you block users from signing in with a Microsoft account to sync their personal OneDrive files. 既定では、ユーザーは個人用の OneDrive アカウントを同期することができます。By default, users are allowed to sync personal OneDrive accounts.

この設定を有効にすると、ユーザーは個人用の OneDrive アカウントの同期関係を設定できなくなります。If you enable this setting, users are prevented from setting up a sync relationship for their personal OneDrive account. この設定を有効にした時点で既に個人用 OneDrive を同期していたユーザーは同期を継続できなくなります (同期が停止したというメッセージが表示されます) が、そのコンピューターとの間で同期済みのファイルはコンピューターに残ります。Users who are already syncing their personal OneDrive when you enable this setting aren't able to continue syncing (a message appears stating that syncing has stopped), but any files synced to the computer remain on the computer.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キー値が 1 に設定されます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1.

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"DisablePersonalSync"="dword:00000001"[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive]"DisablePersonalSync"="dword:00000001"

OneDrive 同期アプリの更新プログラムを Deferred リングで受け取るReceive OneDrive sync app updates on the Deferred ring

この設定により、組織内のユーザーに Deferred リングを指定できます。This setting lets you specify the Deferred ring for users in your organization. OneDrive 同期アプリ (OneDrive.exe) の更新プログラムは、3 つのリング (Insiders、Production、Deferred の順) でパブリックにリリースされます。We release OneDrive sync app (OneDrive.exe) updates to the public through three rings— first to Insiders, then Production, and finally Deferred.

Deferred リングを選択すると、更新プログラムに備える期間は長くなりますが、ユーザーに最新の機能向上が提供されるまでの期間も長くなります。Selecting the Deferred ring gives you some extra time to prepare for updates, but means users must wait to receive the latest improvements. Deferred リングでは、内部ネットワークの場所から独自のスケジュールで更新プログラムを展開することもできます。The Deferred ring also lets you deploy updates from an internal network location on your own schedule.

このポリシーを有効にすると、次のレジストリ キーの値が 1 にセットされます。Enabling this policy sets the following registry key value to 1:

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "EnableEnterpriseUpdate"="dword:00000001"[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive] "EnableEnterpriseUpdate"="dword:00000001"

重要

この設定は間もなく削除されます。This setting will be removed soon. 代わりに新しい設定同期アプリの更新リングを設定するの使用をお勧めします。We recommend using the new setting Set the sync app update ring instead.

更新リングの詳細および同期アプリが更新プログラムをチェックする方法については、「OneDrive 同期アプリの更新プロセス」を参照してください。For more info about the update rings and how the sync app checks for updates, see The OneDrive sync app update process.

OneDrive フォルダーの既定の場所を設定するSet the default location for the OneDrive folder

この設定を使用すると、特定のパスをユーザーのコンピューターに存在する OneDrive フォルダーの既定の場所として設定できます。This setting lets you set a specific path as the default location of the OneDrive folder on users' computers. 既定では、パスは %userprofile% の下です。By default, the path is under %userprofile%.

この設定を有効にした場合、OneDrive - {組織名} フォルダーの既定の場所は自分で指定したパスになります。If you enable this setting, the default location of the OneDrive - {organization name} folder is the path that you specify. [オプション] ボックスで [表示] を選択して、目的のテナント ID とパスを指定します。To specify your tenant ID and the path, in the Options box, select Show.

このポリシーは、ファイルのパスを指定する文字列に次のレジストリ キーを設定します。This policy sets the following registry key to a string that specifies the file path.

[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\DefaultRootDir] "1111-2222-3333-4444"="{User path}"[HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive\DefaultRootDir] "1111-2222-3333-4444"="{User path}"

(「1111-2222-3333-4444」はテナント ID です)(where "1111-2222-3333-4444" is the tenant ID)

この設定を無効にすると、ローカルの OneDrive - {組織名} フォルダーの場所は、既定で %userprofile% に設定されます。If you disable this setting, the local OneDrive - {organization name} folder location defaults to %userprofile%.

注意

%logonuser% 環境変数はグループ ポリシーでは機能しません。The %logonuser% environment variable won't work through Group Policy. 代わりに %username% を利用することをお勧めします。We recommend you use %username% instead.

関連項目See also

新しい OneDrive 同期アプリをエンタープライズ環境で展開するDeploy the new OneDrive sync app in an enterprise environment

ユーザーが同期アプリをインストールできないようにするPrevent users from installing the sync app

特定のドメインに参加しているコンピューター上でのみ同期を許可するAllow syncing only on computers joined to specific domains

特定の種類のファイルの同期をブロックするBlock syncing of specific file types

Mac 向けの新しい OneDrive 同期アプリを展開および構成するDeploy and configure the new OneDrive sync app for Mac