Azure サブスクリプションの譲渡

適用対象

  • パートナー センター

顧客は、Microsoft Azure サービスで利用するクラウド ソリューション プロバイダー パートナーまたはその他のパートナーを切り替えることができます。 ただし、これは手動で行うプロセスであり、パートナーと顧客の両方の操作が必要となります。

現在、Office 365、Enterprise Mobility Suite、Microsoft Dynamics CRM の各サブスクリプションのクラウド ソリューション プロバイダー サブスクリプションのパートナーを変更することはできません。

Azure サブスクリプションのパートナーを切り替える

  1. Azure サブスクリプションを新しいパートナーに譲渡するには、顧客がプロセスを開始し、書面で現在の指名パートナーに連絡する必要があります。


    切り替えのプロセスを開始するサービス チケットは、現在のパートナーの責任で作成してください。 Microsoft は、顧客または新しいパートナーの代わりに介入することはできません。 顧客は現在のパートナーと協力して、切り替えをスムーズに進める計画を作成する必要があります。

  2. サブスクリプションのパートナーは、次のタスクを実行する必要があります。

    パートナー センターから Azure サービス チケットを作成して、サブスクリプションの切り替えを要求します。

    • [ダッシュボード] メニューで [顧客] を選び、一覧から顧客を選んで [サービス管理] を選びます。 [サポート チケット] セクションで [新しいチケット] ドロップダウン リストを選び、[Microsoft Azure] を選びます。

    • Azure ポータルから、[新しいサポート要求] を選びます。

      手順 1 で、問題の種類として [サブスクリプション管理] を選び、切り替えるサブスクリプション ID を指定して、サポート プランとして [クラウド ソリューション プロバイダー] を選びます。

      手順 2 で、[C–Minimal impact] (C – 最小限の影響) を選び、問題の種類として [Other General Questions] (その他の一般的な質問) を選びます。

      CSP サブスクリプションの譲渡フォームをダウンロードします。

  3. サブスクリプションのパートナーは、CSP サブスクリプションの譲渡フォームに入力して署名し、フォームを顧客に送信します。 フォームに入力するには、次の情報が必要です。

    • 現在のパートナーの連絡先情報と Microsoft ID。 パートナー センター メニューで、[アカウント設定] > [組織プロファイル] の順に選び、表示される [Microsoft ID][組織名]、および [住所] を使用します。

    • 顧客の Microsoft ID。 パートナー センター メニューで、[顧客] を選び、顧客の一覧を展開して顧客の [Microsoft ID] を表示します。

    • 切り替えるサブスクリプション ID。 展開した顧客一覧で、[サブスクリプションの表示] を選び、目的のサブスクリプションを展開して [サブスクリプション ID] を表示します。


    サブスクリプションを譲渡すると、サブスクリプション ID が 2 つになり、譲渡したサブスクリプションの [サブスクリプションの編集] ページに両方が表示されます。請求には、1 のパートナー センターのサブスクリプション ID が使われます。 調整ファイルに表示されるのはこの ID です。 2 の元の Azure サブスクリプション ID も保持され、パートナー センターと Azure 管理ポータルに表示されます。 サポート チケットを記録するときは、両方の ID を使う必要があります。

  4. 顧客とサブスクリプションの新しいパートナーが、次の操作を行います。

    フォームを確認し、新しいパートナーに関する情報を入力して署名します。 新しい顧客が適切な契約書を持っていることを確認します。 フォームを現在の指名パートナーに送信します。

    重要: 新しい CSP パートナーが、顧客との間に再販業者関係を持っていない場合は、サブスクリプションの切り替え前に再販業者関係を確立しておく必要があります。 これを行う方法については、こちらをご覧ください

  5. 現在のパートナーが次の操作を行います。

    フォームに両方のパートナー管理者の連絡先情報が含まれていることを確認します。Microsoft サポートは、両方の管理者に問い合わせて譲渡を確認します。 3 つの署名すべてが所定の位置にあることを確認し、[ファイル アップロード] オプションを使用して、完成したフォームを既存のサービス要求に添付します。 Microsoft サポートのエンジニアが 8 業務時間以内に対応して、受領と完了を確認します。

  6. 新しいパートナーは次の操作を行います。

    Azure サブスクリプションの設定を更新して、アカウントから古いパートナーを削除します。 どの役割の割り当てがプロビジョニングされたかを表示するには、2 つの Powershell コマンドレットを実行します。

    • アカウントのリセラーとして新しいパートナーを追加します。

      PS C:\> Add-AzureRMAccount -tenant "CustomerDomainName"

      CustomerDomainName を見つけるには、パートナー センター メニューで [顧客] を選びます。 顧客一覧から顧客を選びます。 顧客のメニューの [アカウント] を選び、[ドメイン名] を使います。

    • 前の CSP パートナーを含めて、アカウントの役割を表示します。

      PS C:\> Get-AzureRMRoleAssignment

  7. 古くなったアクセス許可を削除する

    • パートナー センター メニューで、[顧客] を選びます。
    • 顧客の一覧を展開し、[サブスクリプションの表示] を選びます。
    • 顧客メニューの [サービス管理] を選びます。
    • [Microsoft Azure] で、リンクをクリックして [Microsoft Azure の管理ポータル] に移動します。