Power BI Desktop と Power BI サービスの比較

Power BI Desktop は、ローカル コンピューターに無料でダウンロードしてインストールするアプリケーションです。 Desktop は、データへの接続、変換、可視化、分析に使用される機能が一式そろったデータ分析およびレポート作成ツールです。 これには、さまざまなデータ ソースに接続し、それらを 1 つのデータ モデルに結合できる (これはモデリングと呼ばれることがあります) クエリ エディターが含まれています。 その後、そのデータ モデルに基づいてレポートを設計します。 レポートは、他のユーザーと直接共有することや、Power BI サービスに発行することができます。 「Power BI Desktop 概要ガイド」でこのプロセスが説明されています。

Power BI サービス は、クラウドベースのサービスまたは サービスとしてのソフトウェア (SaaS) です。 チームや組織のためのレポート編集や共同作業をサポートします。 Power BI サービスでもデータ ソースに接続できますが、モデリングに制限があります。 Power BI サービスは、ダッシュボードの作成、アプリの作成と共有、データの分析と探索によるビジネスの分析情報の発見などに使用されます。 「Power BI サービスとは何ですか?」では、Power BI サービスの機能の多くを詳しく説明しています。

Business Intelligence プロジェクトに取り組んでいるほとんどの Power BI レポート デザイナーは、Power BI Desktop を使用して Power BI レポートを作成した後、Power BI サービス を使用してレポートを共同作成し、配布します。

Power BI サービスではまた、Power BI Premium 容量によってサポートされるワークスペースで "ページ分割されたレポート" がホストされます。 Power BI レポート ビルダーでページ分割されたレポートを作成します。 「Power BI Premium のページ分割されたレポートとは」という記事の「Power BI レポートとページ分割されたレポートを比較する」をご覧ください。 ご覧ください。

Power BI Desktop と Power BI サービスを比較したベン図では、中央の領域にこの 2 つの一部の領域が重なる部分が示されます。 一部のタスクは Power BI Desktop でも Power BI サービスでも実行できます。 ベン図の外側の 2 つの領域は、Desktop アプリケーションまたは Power BI サービスに固有の機能を示しています。

Power BI Desktop と Power BI サービスの関係を示すベン図。

Power BI レポートを編集する

アプリケーションとサービスの両方で、Power BI "レポート" を構築し、編集します。 レポートには任意の数のページとビジュアルを含めることができます。 レポート内の移動機能を強化する目的で、ブックマーク、ボタン、フィルター、ドリルスルーを追加します。

番号付きセクションがある、Power BI Desktop と Power BI サービスのスクリーンショット。

Power BI Desktop と Power BI サービスのレポート エディターは同じようなものです。 3 つのセクションから構成されています。

  1. 上部のナビ ペイン。Power BI Desktop と Power BI サービスで異なります
  2. レポート キャンバス
  3. フィールド視覚化フィルター の各ウィンドウ

この動画では、Power BI Desktop のレポート エディターをご覧いただけます。

Power BI サービスでの作業

共同作業

レポートを作成したら、それを Power BI サービスワークスペース に保存し、そこで同僚と共同作業できます。 このレポートの上に ダッシュボード を構築します。 その後、組織内外のレポート利用者とダッシュボードやレポートを共有します。 レポート利用者は Power BI サービスの編集ビューではなく、"読み取りビュー" でダッシュボードやレポートを閲覧します。 レポート作成者が利用できる機能をすべて利用することはできません。 また、データセットを共有し、他のユーザーが独自のレポートを作成できるようにすることもできます。 Power BI サービスでの共同作業の詳細については、こちらをご覧ください。

データフローを使用したセルフサービスのデータ準備

データフローは、組織がばらばらのソースからデータを取りまとめてモデリング用に準備するのに役立ちます。 アナリストは、使い慣れたセルフサービス ツールを使用して簡単にデータフローを作成できます。 アナリストは、データフローを使用して、データ ソース接続、ETL ロジック、更新スケジュールなどを定義することにより、ビッグ データの取り込み、変換、統合、補強を行います。 データフローを使用したセルフサービスのデータ準備の詳細については、こちらをご覧ください。

次の手順

Power BI Desktop とは何ですか?

Power BI サービスでレポートを作成する

レポート デザイナーの基本的な概念

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください