キャンバス アプリでの委任について

Power Apps には、キャンバス アプリでデータのフィルター処理、並べ替え、テーブルの整形を行う強力な一連の関数が用意されています。たとえば、FilterSortAddColumns 関数があります。 これらの関数を使用すると、ユーザーが必要とする情報に絞り込んでアクセスするようにすることができます。 データベースに関する知識がある方にとっては、これらの関数の使用はデータベース クエリの記述に似ています。

効率的なアプリを構築する鍵は、デバイスに取り込む必要があるデータの量を最小限に抑えることにあります。 おそらく、何百万件ものレコードがあっても必要なレコードはごく一部です。また、1 つの集計値で何千件ものレコードを表すことができます。 さらに、先頭のレコード セットのみを取得し、残りはユーザーが要求したときに取得することもできます。 レコードを絞り込むことで、アプリに必要な処理能力、メモリ、ネットワーク帯域幅を大幅に削減できます。その結果、携帯ネットワークで接続している電話でも、ユーザーへの応答時間が短縮されます。

委任では、Power Apps の数式の表現力により、ネットワーク経由で移動するデータを最小限に抑えるというニーズに対応できます。 つまり、Power Apps はデータをアプリに移動してローカルで処理せずに、データの処理をデータ ソースに委任します。

委任が複雑であり、この記事が存在する理由は、Power Apps の数式で表現できるすべての処理をすべてのデータ ソースに委任できるわけではないからです。 Power Apps 言語は Excel の数式言語によく似ており、さまざまな数値操作関数やテキスト操作関数を使用して、メモリ内のブック全体に完全かつ瞬時にアクセスできるように設計されています。 そのため、Power Apps 言語は、SQL Server などの強力なデータベース エンジンを始めとするほとんどのデータ ソースよりも機能が充実しています。

大規模なデータ セットを操作するには、委任できるデータ ソースと数式を使用する必要があります。 これが、アプリの高いパフォーマンスを維持し、ユーザーが必要とするすべての情報にアクセスできるようにする唯一の方法です。 委任ができない箇所を示す委任の警告に留意してください。 小規模なデータ セット (500 件未満のレコード) を操作する場合は、式を委任できなくてもアプリはデータをローカルに処理できるため、任意のデータ ソースと式を使用できます。

注意

委任の警告は、以前は「青い点」として Power Apps でフラグが設定されていましたが、委任の修正候補は警告として再分類されています。 データ ソースのデータが 500 レコードを超えて、関数を委任できない場合、Power Apps はすべてのデータを取得できない可能性があり、結果が正しくなくなることがあります。 委任の警告は、正しい結果が得られるようにアプリを管理するのに役立ちます。

データ ソースの委任

委任は、特定の表形式のデータ ソースでのみサポートされています。 データ ソースが委任をサポートしている場合、コネクタのドキュメントがそのサポートの概要を説明しています。 たとえば、次の表形式のデータソースは特に好評で、委任をサポートしています。

インポートされた Excel ブック (静的データをアプリに追加しますのデータ ソースを使用)、コレクション、およびコンテキスト変数に格納されたテーブルには、委任は不要です。 これらのデータはすべてメモリ内に既にあり、Power Apps 言語をすべて適用できます。

委任可能な関数

次のステップでは、委任できる数式のみを使用します。 ここに含まれるのは、委任できる数式の要素です。 ただし、データ ソースはすべて異なっており、すべてのデータ ソースでこれらの要素がすべてサポートされているわけではありません。 特定の式で委任の警告を確認します。

この一覧は随時変更されます。 委任でより多くの関数と演算子をサポートできるよう取り組んでいます。

Filter 関数

FilterSearch、および LookUp は委任できます。

Filter 関数と LookUp 関数内では、テーブルの列でこれらを使用して、適切なレコードを選択できます。

また、すべてのレコードで 1 つの定数値に評価される式の一部を使用することもできます。 たとえば、Left( Language(), 2 )Date( 2019, 3, 31 )、および Today() は、レコードのどの列にも依存していないため、すべてのレコードに対して同じ値を返します。 これらの値は定数としてデータ ソースに送信でき、委任をブロックしません。

上のリストには、これらの重要な項目は含まれていません。

並べ替え関数

SortSortByColumns は委任できます。

Sort の数式には、1 つの列の名前のみを指定できます。他の演算子や関数を含めることはできません。

Aggregate 関数

SumAverageMin、および Max を委任できます。 現時点では、限定された数のデータ ソースのみがこの委任をサポートしています。詳細については、委任一覧を参照してください。

CountRowsCountACount などのカウント関数は委任できません。

StdevP および VarP などの他の集計関数についても委任できません。

Table shaping 関数

AddColumnsDropColumnsRenameColumns、および ShowColumns は委任を部分的にサポートしています。 引数の式は委任できます。 ただし、これらの関数の出力は、委任されていないレコードの制限の対象になります。

この例にあるように、作成者はよく AddColumnsLookUp を使用して、1 つのテーブルの情報を別のテーブルにマージします。これは、データベース用語では一般に結合と呼ばれます。

AddColumns( Products, 
    "Supplier Name", 
    LookUp( Suppliers, Suppliers.ID = Product.SupplierID ).Name 
)

Products および Suppliers が委任可能なデータ ソースであり、LookUp が委任可能な関数であっても、AddColumns 関数の出力は委任できません。 この式全体の結果は、Products データ ソースの最初の部分になります。 LookUp 関数とそのデータ ソースは委任可能であるため、大規模であった場合でも Suppliers に対する一致はそのデータ ソースのあらゆる場所から検索されます。

この方法で AddColumns を使用する場合、LookUpProducts のそれぞれの最初のレコードに対してデータ ソースを個別に呼び出し、これにより多くのネットワーク チャターが生成されます。 Suppliers が非常に小さく、頻繁に変更されない場合は、OnStartCollect 関数を呼び出して、アプリの起動時にデータ ソースをキャッシュすることができます。 代替策として、ユーザーが要求したときにのみ関連レコードを取得するように、アプリを再構築することもできます。

委任できない関数

これら主な関数を含むその他すべての関数では、委任がサポートされません。

委任できない場合の制限

委任できない数式は、ローカルで処理されます。 これにより、Power Apps の数式言語をすべて使用できます。 ただし、欠点があります。最初にすべてのデータをデバイスに取り込む必要があるため、ネットワーク経由で大量のデータを取得する可能性があります。 その処理には時間がかかり、アプリの動作が遅いとか、クラッシュしているかもしれないという印象を与える可能性があります。

この問題を回避するために、Power Apps では、ローカルで処理可能なデータの量を既定で 500 件のレコードに制限しています。 この数字を選択したのは、小規模なデータ セットには変わらず完全にアクセスでき、大規模なデータ セットでは部分的な結果を確認して使い方を改善できるためです。

この機能は、ユーザーの混乱を招く可能性があるため、使用する際は当然注意が必要です。 たとえば、100 万件のレコードを含むデータ ソースに対する、委任できない選択数式の Filter 関数があるとします。 フィルター処理はローカルに行われるため、最初の 500 レコードのみがスキャンされます。 目的のレコードがレコード 501 や 500,001 の場合、Filter では考慮されず、返されません。

集計関数も混乱を招く可能性があります。 100 万件のレコードがある同じデータ ソースの 1 つの列の平均を計算します。 Average はまだ委任できないため、先頭の 500 件のレコードのみの平均が計算されます。 注意しないと、アプリのユーザーが部分的な回答を完全な回答と誤解する可能性があります。

制限の変更

500 が既定のレコード数ですが、アプリ全体についてこの値を変更することができます。

  1. ファイル タブのアプリの設定を選択します。
  2. 詳細設定で、委任できないクエリのデータ行の制限の設定を 1 から 2,000 に変更します。

場合によっては、2,000 (または 1,000 や 1,500) の方がシナリオのニーズに適していることがあるでしょう。 シナリオに合わせて、この数を慎重に増やしてください。 この数を増やすと、特に列の数が多く幅が広いテーブルで、アプリのパフォーマンスが低下する場合があります。 それでも、できる限り委任するのが最適です。

アプリが大規模なデータ セットに合わせて拡張できるようにするには、この設定を 1 まで減らしてください。 委任できないものはすべて、アプリのテストのタイミングが見つけやすくなるように、単一のレコードを返します。 これにより、概念実証アプリを運用するときに予想外の事態が発生することを回避できます。

委任の警告

委任されるものとされないものを見分けやすいように、Power Apps では、委任できないものを含む式を作成すると、警告 (黄色の三角形) が表示されます。

委任の警告は、委任可能なデータ ソースを操作する式にのみ表示されます。 警告が表示されないものの、式が適切に委任されていないと思われる場合は、前に示した委任可能なデータ ソースの一覧で、データ ソースの種類を確認してください。

この例では、[dbo].[Fruit] という名前の SQL Server テーブルを基にして、3 画面のアプリを自動的に生成します。 アプリの生成方法に関する情報については、SQL Server に対する Common Data Service に関するトピック と類似する原則を適用できます。

3 画面アプリ

ギャラリーの Items プロパティは、SortByColumns 関数と Search 関数を含む式に設定されています。どちらの関数も委任できます。

検索ボックスに Apple と入力します。

アプリが SQL Server と通信して検索を処理する間、画面の上部近くに動くドットが一瞬表示されます。 データ ソースに何百万ものレコードが含まれる場合でも、検索条件を満たすすべてのレコードが表示されます。

Search text-input コントロール

Search 関数はテキスト列のすべての場所を探すので、検索結果には "Apples""Crab apples""Pineapple" が含まれます。 果物の名前の先頭に検索用語を含むレコードのみを検索する場合は、別の委任可能な関数 Filter を使用して、さらに複雑な検索用語を使用できます。 (簡単にするため、SortByColumns の呼び出しは削除します。)

SortByColumns 呼び出しを削除する

新しい結果には、"Apples" は含まれますが、"Crab apples""Pineapple" は含まれません。 ただし、ギャラリーの横 (および、左側のナビゲーション バーにサムネイルが表示されている場合は画面のサムネイル) に黄色の三角形が表示され、式の一部分の下に青い波線が表示されます。 これらの各要素は警告を示します。 ギャラリーの横の黄色い三角形をポイントすると、次のメッセージが表示されます。

委任の警告をポイントする

SQL Server は委任可能なデータ ソースであり、Filter は委任可能な関数ですが、MidLen はどのデータ ソースにも委任できません。

それでも、うまくいきましたよね。 まあ、そうですね。 これが警告であり、赤い波線ではない理由です。

  • テーブルのレコードが 500 未満の場合、式は問題なく機能しました。 すべてのレコードがデバイスに取り込まれ、Filter がローカルで適用されました。
  • テーブルのレコードが 500 を超えると、条件に一致していても、式は 501 番目以降のレコードを返しません。