Visual Studio Icon Visual Studio 2013 Update 3 リリースの詳細Visual Studio 2013 Update 3 Release Details



開発者コミュニティ |システム要件 |互換性 |再頒布可能コードDeveloper Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code
|ライセンス条項 |ブログ |既知の問題| License Terms | Blogs | Known Issues


注意

これは Visual Studio の最新バージョンではありません。This is not the latest version of Visual Studio. 最新のリリースをダウンロードするには、Visual Studio 2019 の最新のリリース ノートを参照してください。To download the latest release, please visit the current release notes for Visual Studio 2019.


Visual Studio 2013 をダウンロードするDownload Visual Studio 2013

Visual Studio 2013 Update 3 をダウンロードするには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。To download Visual Studio 2013 Update 3, click on the download button. これらのファイルは、無料の Dev Essentials サブスクリプションベースのサイトからダウンロードされます。The files are downloaded from our free Dev Essentials subscription-based site. 無料の包括的な開発者向けプログラムおよびサービスの詳細については、 Dev Essentials のページを参照してください。Please see the Dev Essentials page for information on our free comprehensive developer program and services.

Download Visual Studio 2013


Release Notes Icon Visual Studio 2013 更新プログラム3Visual Studio 2013 Update 3

2014年8月4日にリリースreleased on August 4, 2014

このリリースの新機能What's New in this Release

また、Update 3 では、次のようないくつかの Visual Studio 2013 製品もダウンロードできます。In addition, several Visual Studio 2013 products are available for download with Update 3, including the following:

注意

これらのリリースの詳細については、以下の「 関連リリース 」セクションを参照してください。To get more details on these releases, see the Related Releases section below.

Visual Studio ツールボックスの Visual Studio 2013 Update 3


CodeLens CodeLens

エディターで CodeLens インジケーターを使用して、作業に焦点を合わせながらコードについて学習します。Use CodeLens indicators in the editor to learn about your code while staying focused on your work. コード参照、コードの変更、関連する Team Foundation Server (TFS) 項目、および単体テストをすべて、コードから目を離すことなく調べることができます。You can find code references, changes to your code, related Team Foundation Server items, and unit tests – all without looking away from the code.

CodeLens の詳細については、「 コードに関する履歴とその他の情報を取得する」を参照してください。To learn more about CodeLens, see: Get history and other info about your code.

Git リポジトリの CodeLens サポートCodeLens support for Git repositories

Update 3 では、CodeLens で Git リポジトリを使用して、作成者とコードに対する変更に関する CodeLens インジケーターを提供するようになりました。For Update 3, CodeLens now works with Git repositories to provide CodeLens indicators for authors and changes to your code. メソッド、プロパティ、またはクラスに関連付けられている作業項目を表示することもできます。You can also view the work items associated with a method, property or class. これらのインジケーターは、ユーザーがコミットしたとき、Git リポジトリがプルまたはフェッチされたとき、またはブランチが変更されたときに更新されます。These indicators are updated when a user commits, the Git repository is pulled or fetched, or the branch is changed. (最小エディション: Ultimate)(Minimum edition: Ultimate)

Git リポジトリを使用して作成者と日付を表示する

コードマップ Code Map

コード マップを使用すると、大規模なコード ベース、よく知らないコード、またはレガシ コードでの見失いを回避できます。Code maps help you avoid getting lost in large code bases, unfamiliar code, or legacy code. たとえば、デバッグ時に、多くのファイルとプロジェクトのコードを確認することが必要になる場合があります。For example, when you are debugging, you might have to look at code across many files and projects. コード マップを使用すると、これらのコード内を移動して、コード間の関係を確認できます。Code maps help you navigate around these pieces of code and see relationships between them. このコードをすべて記憶したり、ファイルを追跡したり、紙の図を個別に描画したりする必要はありません。You don't have to remember all this code, keep track of files, or draw a separate paper diagram.

コードマップの詳細については、「 Visual Studio でコードマップを使用して特定のコードの依存関係をマップする」を参照してください。To learn more about code maps, see: Map dependencies in specific code using code maps in Visual Studio.

コードマップへのリンクが色でスタイル変更され、マップを理解しやすくなりました。Links on code maps are now styled with colors making it easier to understand the map. 凡例を使用して、それぞれの色が表す内容を把握できます。You can use the Legend to understand what each color represents. (最小エディション: Ultimate)(Minimum edition: Ultimate)

リンクの色を表示するコードマップ

ズームの向上Improved zoom

この更新の前に、呼び出し履歴に多数のメソッドがある場合は、コードマップのサイズが調整されます。Before this update, if there were numerous methods in the call stack the code map would size to fit. これは、読み取り不能になる可能性があります。This could become unreadable. これで、設定したズームレベルがコードマップに保持され、パンが最小化され、可能な限り多くのコンテキストが表示されるようになりました。Now the code map keeps the zoom level that you set and minimizes panning so that you can still see as much context as possible. また、現在の呼び出し履歴またはアクティブな呼び出し履歴のエントリは常に表示されるので、自分がどこにいるかを知ることができます。In addition, the current call stack or active call stack entry are always visible so that you know where you are. (最小エディション: Ultimate)(Minimum edition: Ultimate)

バイナリをマップにドラッグアンドドロップするDrag and drop binaries to maps

単に、Visual Studio で新しい有向グラフを作成し、ファイルエクスプローラーからバイナリをドラッグして、このグラフにドロップします。Simply create a new directed graph in Visual Studio and drag binaries from File Explorer and drop them onto this graph. これで、これらのバイナリを調べることができます。Now you can explore these binaries. たとえば、参照するアセンブリを表示できます。For example, you can show the assemblies that they reference. (最小エディション: Ultimate)(Minimum edition: Ultimate)

デバッガー Debugger

マルチモニターのサポートMulti-monitor support

デバッグ中に Windows ストアアプリを別のモニターに移動した後、次にデバッグを開始したときに、アプリはそのモニターに再び表示されます。After you move a Windows Store app to a different monitor while debugging, the app will reappear in that monitor the next time you start debugging. (最小エディション: Express for Windows)(Minimum edition: Express for Windows)

マネージコードメモリダンプManaged code memory dumps

メモリダンプは、ダンプが実行されたときのアプリのメモリ使用量のスナップショットです。A memory dump is a snapshot of an app's use of memory when the dump is performed.

メモリダンプをデバッグするときに、型を選択して、型の定義またはその参照に移動するには、[定義へ移動] と [すべての参照の検索] を選択し   ます。When you debug a memory dump, you can select a type and navigate to the type's definition or its references by selecting Go to Definition and Find All References. (最小エディション: Ultimate)(Minimum edition: Ultimate)

.NET ネイティブのメモリダンプデバッグのサポートMemory dump debugging support for .NET Native

これで、NET Native x86 アプリケーションをデバッグし、.NET ネイティブアプリからメモリダンプをデバッグできるようになりました。You can now debug NET Native x86 applications, and debug memory dumps from .NET Native apps. (最小エディション: Express)(Minimum edition: Express)

パフォーマンスと診断 Performance and diagnostics

Internet Explorer のプロファイルセッションのインポートとエクスポートImporting and exporting Internet Explorer profiling sessions

パフォーマンスと診断ハブは、Internet Explorer 11 の最新の developer preview で、F12 ツールからエクスポートされたプロファイルセッション (diagsession ファイル) を開くことができます。The Performance and Diagnostics hub can open profiling sessions (.diagsession files) exported from F12 tools in the latest developer preview of Internet Explorer 11. (最小エディション: Express for Windows)(Minimum edition: Express for Windows)

CPU 使用率CPU usage

CPU 使用率 ツールは Visual Studio 2013 Update 2 で導入されました。The CPU Usage tool was introduced in Visual Studio 2013 Update 2. これは、WPF、コンソール、Windows ストア8.1、または C++、C#、Visual Basic、または JavaScript で記述された Windows Phone 8.1 アプリで使用できる パフォーマンスと診断 ハブで見つけることができます。You can find it in the Performance and Diagnostics hub that can be used with WPF, Console, Windows Store 8.1, or Windows Phone 8.1 apps written in C++, C#, Visual Basic, or JavaScript.

このツールは、CPU を使用している特定の関数にデータを提供するため、最適なパフォーマンスを実現するために最適化の取り組みに専念できる場所を決定することができます。This tool provides data for specific functions that are using the CPU, so you can make decisions about where to focus your optimization efforts to achieve the best performance.

ソースに移動Navigate to source

これで、 コールツリー 内の関数名から、関数が定義されているソースコード行に移動できるようになりました。これにより、アプリケーションで CPU を使用しているコードを簡単に確認できます。You can now navigate from a function name in the Call Tree to the line of source code where the function is defined, so you can easily see the code that is using CPU in your application. (最小エディション: Express for Windows)(Minimum edition: Express for Windows)

メモリ使用量Memory Usage

Visual Studio 2013 で導入されたメモリ使用量ツールは、もともと、C#/VB/C + + と XAML を使用した Windows ストアアプリと Windows Phone ストアアプリのみをサポートしていました。The Memory Usage tool, introduced in Visual Studio 2013, originally supported only Windows Store and Windows Phone Store apps using C#/VB/C++ and XAML. (最小エディション: Express for Windows)(Minimum edition: Express for Windows)

詳細については、「 メモリ使用量ツール」を参照してください。For more information, see: Memory Usage Tool.

ここでは、ツールに追加した機能をいくつか紹介します。Here are some features that we added to the tool:

WPF および Win32 アプリケーションのサポートSupport for WPF and Win32 Applications

Update 3 では、WPF (.NET 4.0 以上) と Win32 アプリでこのツールを使用することもできます。In Update 3, you can also use this tool with WPF (with .NET 4.0 and above) and Win32 apps.

強制 GCForce GC

アプリケーションでガベージコレクションを明示的に強制実行して、ファイナライザーキュー内の有効期間の短いオブジェクトとオブジェクトを削除してから、スナップショットを作成することによって重要なオブジェクトに注目します。Focus on objects that are important by explicitly forcing a garbage collection in your application to get rid of short-lived objects and objects in the Finalizer queue before taking a snapshot.

複数の行のコピーCopy Multiple Rows

行ごとにデータをコピーすることはできません。No more copying data row by row. CTRL キーを押しながらクリックするなどの標準のジェスチャを使用して、ヒープ分析ビューの任意のデータグリッドで、複数の行の書式付きコンテンツをコピーして貼り付けます。Copy and paste formatted content from multiple rows in any data grid in the heap analysis views using standard gestures like CTRL + Click.

モジュール列Module Column

[詳細ビュー] の [新しいモジュール] 列で、型またはスタックフレームの発生元のモジュールを表示します。View the module from which a Type or a Stack Frame originated in the new Module column in the details views

高速なネイティブヒープ分析Faster native heap analysis

ネイティブヒープ分析はこれまで以上に高速に完了します。Native heap analysis completes faster than ever. 明示的にマイコードのみを無効にするまで、非ユーザーアセンブリのシンボルの読み込みを遅延します。We delay load symbols for non-user assemblies until you explicitly turn off Just My Code. 大規模なセッションファイルの読み込み時間が約10倍向上しています。We have seen approximately a 10X improvement in load times for large session files.

IntelliTrace IntelliTrace

Application Insights から IntelliTrace にエクスポートされた1つのパフォーマンスイベントの詳細に直接スキップできるようになりました。It is now possible to skip straight to the details of single performance events exported from Application Insights to IntelliTrace. (最小エディション: Ultimate)(Minimum edition: Ultimate)

Windows ストアアプリ Windows Store Apps

Windows アプリ認定キット (WACK) が更新され、windows ストアアプリを構築する開発者は、windows ストアアプリので WinSock Api を使用できるようになりました。We updated the Windows App certification Kit (WACK) allowing developers who build Windows Store Apps to use WinSock APIs in their in Windows Store apps. WACK は、WinSock に依存するライブラリまたはコードを使用するようになりました。WACK now passes the use of libraries or code that depends on WinSock. Windows Phone アプリは既に WinSock Api をサポートしているため、電話、タブレット、および Pc でより多くのコードをより簡単に共有できます。Windows Phone apps already support WinSock APIs, making it even easier to share more code across phones, tablets, and PCs. (最小エディション: Express for Windows)(Minimum edition: Express for Windows)

WACK の詳細については、「 Windows アプリ認定キットの使用」を参照してください。To learn more about the WACK, see: Using the Windows App Certification Kit.

Visual Studio IDE Visual Studio IDE

Update 3 では、Visual Studio のメニューバーをすべて大文字または小文字で表示するかどうかを選択できます。In Update 3 you can choose whether to display Visual Studio menu bars in all caps or in title case. このチェックボックスは、 [ツール > ] > [オプション] [環境] > [全般] で確認できます。You can find the checkbox in Tools > Options > Environment > General. 既定値は [ すべて大文字 です。The default value is All Caps. このオプションは、ユーザーの現在のレジストリ状態にマップされるため、レジストリ内のすべてのキャップを既にオフにしているユーザーには、タイトルの case メニューが引き続き表示されます。This option maps to the user's current registry state, so that users who have already turned off All Caps in the registry will continue to see title case menus. このオプションは、サインインしているすべてのデバイスに自動的にローミングします。This option automatically roams to all signed-in devices. (最小エディション: Express)(Minimum edition: Express)

通知ハブNotifications Hub

Visual Studio 2013 には、(IDE の右上隅にある) 集中通知ハブがあり、開発環境に固有のメッセージ (Visual Studio またはインストールされた拡張機能の更新など) を表示します。Visual Studio 2013 has a centralized Notifications hub (in the upper right corner of the IDE) to display messages that are specific to your development environment (for example, updates to Visual Studio or an installed extension). Update 3 では、通知バッジは黄色に変わり、更新プログラムがダウンロード可能であることを示します。With Update 3, the Notifications badge will turn yellow to indicate that an update is available for download. また、このバッジはトグルとしても機能するので、1回のクリックでハブを開いたり閉じたりすることができます。The badge now also acts as a toggle, so you can open and close the hub with a single click. (最小エディション: Express)(Minimum edition: Express)

テスト Testing

テスト計画とテストスイートをカスタマイズするCustomize your test plans and test suites

さまざまなフォーラムにおけるユーザーからのトップの機能要求の1つは、テストのニーズに合わせてテスト計画とテストスイートをカスタマイズできることです。One of the top feature requests from our users across various forums has been the ability to customize test plans and test suites to suit your testing needs.

Team Foundation Server 2013 の Update 3 では、テスト計画とテストスイートにカスタムフィールドおよびワークフローを追加できるようになりました。With Update 3 for Team Foundation Server 2013, it is now possible to add custom fields and workflows to test plans and test suites. たとえば、テスト計画のレビュー担当者を識別するためのフィールドを追加したり、テスト スイートの目的が回帰テストまたは機能テストのいずれであるかを認識するためにテストの種類のフィールドを追加したりできます。For example, add an extra field to identify the reviewer for a test plan, or add a field for the test type to know if the test suite is for regression or functional tests. さらに、[状態] フィールドの既定値を変更して、プロセスをさらに向上させることができます。In addition, you can change the default values for the state field to further improve your process.

詳細については、「 TFS アップグレード後の機能の構成」を参照してください。For more information, see: Configure features after a TFS upgrade.

追加または変更したフィールドは、Microsoft Test Manager または Team Web Access から表示または編集できます。Any fields you add or changes you make can then be viewed or edited from Microsoft Test Manager or Team Web Access. テストスイートまたはテスト計画を開くだけです。Just open the test suite or test plan.

テストスイートを右クリックし、コンテキストメニューから [テストスイートを開く] を選択します。

作業の開始の詳細については、「 TFS 2013.3 アップグレード後のテスト計画およびテストスイートの使用」を参照してください。For more information on getting started, see: Use test plans and test suites after a TFS 2013.3 upgrade.

テスト計画とテストスイートに対する変更の追跡Track changes to test plans and test suites

Team Foundation Server 2013 の Update 3 では、テスト計画とテストスイートは、他の TFS 作業項目と同様に変更履歴を追跡するようになりました。With Update 3 for Team Foundation Server 2013, test plans and test suites now track change history, like other TFS work items.

たとえば、[履歴] セクションの [ すべての変更 ] タブからテストスイートに追加されたテストケースを表示できます。For example, you can view test cases that are added to a test suite from the All Changes tab in the History section.

[履歴] セクションで、[すべての変更] タブを選択します。

テストスイートのセキュリティ強化Enhanced security for test suites

Team Foundation Server の Update 3 では、テストスイートのセキュリティを管理するための新しい種類のアクセス許可を追加しました。With Update 3 for Team Foundation Server, we added a new type of permission to manage test suites security. この種類のアクセス許可は、次へのアクセスを制御します。This type of permission controls access to:

  • テストスイートの作成と削除Creating and deleting test suites
  • テストスイートからのテストケースの追加と削除Adding and removing test cases from test suites
  • テストスイートのテスト構成の変更Changing test configurations for test suites
  • テスト計画でのテストスイートの移動Moving test suites in a test plan

このアクセス許可を付与すると、区分パスレベルで別のレベルのアクセスを提供できます。You can grant this permission to provide a different level of access at the area path level.

テスト計画を管理するための既存のアクセス許可は、特定のテスト計画のプロパティへのアクセスを制限するように変更されています。The existing permission to manage test plans is changing to restrict access to specific test plan properties.

Application Insights を使用したクラウドベースのロードテストCloud-based load testing with Application Insights

Web サイトでロードテストを実行するために、リソースを使用したり、独自のマシンを設定したりする必要はありません。You don't need to use resources and set up your own machines to do load testing on your web site. クラウド ベースのロード テストを使用すると、多数のユーザーが同時に Web サイトにアクセスした場合と同等の負荷を生成する仮想マシンを用意できます。You can use cloud-based load testing to provide virtual machines that generate the load of many users accessing your web site at the same time. Visual Studio Online を使用してアプリのロードテストを実行する場合は、Application Insights を使用してパフォーマンスデータを取得することもできます。When you run your load tests for your app using Visual Studio Online, you can use Application Insights to retrieve performance data as well. 負荷とパフォーマンスのデータを相互に関連付けることにより、検出されたパフォーマンスの問題についてより多くの洞察を得ることができます。By correlating load and performance data together, you get more insight into any performance issues that you find.

Update 3 では、既定のカウンターに制限されなくなりました。With Update 3, you are no longer limited to the default counters. ここで、表示する Application Insights のパフォーマンスカウンターを選択できます。Now you can choose any performance counters from Application Insights that you want to see.

Release management Release management

アプリのリリースを管理するプロセスが改善されました。Improve the process of managing the release of your app. それぞれの段階に特有の環境にアプリを配置します。Deploy your app to a specific environment for each separate stage. それぞれの手順の承認により、プロセスの手順を管理します。Manage the steps in the process with approvals for each step.

Desired State Configuration (DSC)Desired State Configuration (DSC)

各コンピューターに Microsoft Deployment Agent を設定することなく、オンプレミスの環境または Windows Azure 環境にデプロイできるようになりました。You can now deploy to an on-premises environment or a Windows Azure environment without having to set up a Microsoft Deployment Agent on each machine. Windows powershellまたはWindows Powershell Desired STATE Configuration (DSC) を使用できます。You can use Windows PowerShell, or Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC). これらのいずれかを使用した展開をサポートするために、Release Management に新しいアクションが追加されています。There is a new action in Release Management to support deployment with either of these.

新しい変更の概要New Change Summary

変更の概要を使用して、以前のリリース以降に完了したユーザーストーリーとバグを確認し、テストしてリリースノートに含めることができるようになりました。You can now use the change summary to see the user stories and bugs completed since the previous release to know what to test and put in your release notes.

[アプリの構成] タブ[Release 発信先] タブ;変更の概要の選択

Web プラットフォームとツールWeb Platform and Tools

ASP.NET と Visual Studio は、web サイト、サービス (API)、リアルタイムの双方向通信エンドポイントなどを構築するための強力なフレームワークとツールのセットを開発者に提供します。ASP.NET and Visual Studio gives developers a powerful set of frameworks and tools to build websites, services (API's), real-time bi-directional communication endpoints and much more. 詳細については、 公式の ASP.NET web サイトを参照してください。You can learn more on the official ASP.NET website.

Update 3 で ASP.NET Web Platform とツールの両方が更新されました (以下に強調表示されています)。We updated both ASP.NET Web Platform and Tooling with Update 3 (highlights are listed below). 変更の完全な一覧については、「 Visual Studio 2013 Update 3 RTM の新しい Web 機能の発表」を参照してください。For a complete list of changes please see: Announcing New Web Features in Visual Studio 2013 Update 3 RTM.

Visual Studio Web tools には、プロジェクトテンプレート、HTML 用の特殊なエディター、CSS および JSON ファイルの種類、IntelliSense など、優れたアプリを作成するために必要なすべての web 開発者が用意されています。Visual Studio Web tools provide everything web developers need to create great apps, including project templates, special editors for HTML, CSS and JSON file types, and IntelliSense.

詳細については、「 Visual Studio 2013 Update 3 RTM の新しい Web 機能の発表」を参照してください。For more information, see Announcing New Web Features in Visual Studio 2013 Update 3 RTM.

Web ツール Web Tooling

スキャフォールディング: ASP.NET MVC と Web API v1.0 のサポートScaffolding: Support for ASP.NET MVC and Web API v5.2

ASP.NET スキャフォールディングは ASP.NET Web アプリケーション用のコード生成フレームワークです。開発者は、わずか数回のクリックでデータモデルと対話するコードを追加するなど、一般的なタスクの時間を短縮できます。ASP.NET Scaffolding is a code generation framework for ASP.NET Web applications, it helps developers save time for common tasks such as adding code that interacts with data models with just a few clicks.

スキャフォールディングの詳細については、 Visual Studio 2013 での ASP.NET スキャフォールディングに関するページを参照してください。To learn more about Scaffolding, see: ASP.NET Scaffolding in Visual Studio 2013.

Update 3 では、Update 2 で意図したとおりに動作しない ASP.NET MVC と Web API パッケージ v1.0 の適切なサポートを追加しました。With Update 3, we added proper support for ASP.NET MVC and Web API packages v5.2 that did not work as intended in Update 2.

JSON エディター: 自動書式設定と中かっこの一致JSON Editor: Auto-formatting and Brace Matching

JSON エディターを使用すると、開発者は Visual Studio の豊富なコードエディターを使用して JSON ファイルを操作でき、色付け、構文検証などの機能を使用できます。The JSON editor enables developers to work with JSON files using the rich code editor in Visual Studio, with capabilities such as colorization, syntax validation and more.

Update 3 では、自動書式設定を無効にする機能など、ユーザーがエディターをより細かく制御できるようにするためのオプションを追加しました。In Update 3 we added options to give users more control over the editor, including the ability to turn off auto-formatting.

また、中かっこと角かっこの強調表示 (C# や JavaScript に似ています) を追加し、中かっこの位置を制御するオプションを追加しました。We also added brace and bracket match highlighting (similar to C# or JavaScript), with an option for controlling brace positions.

JSON エディターの詳細については、「 Visual Studio 2013 Update 2 CTP2 の新しい Json エディター機能」を参照してください。To learn more about the JSON editor see: New JSON Editor Features in Visual Studio 2013 Update 2 CTP2.

CSS エディター: ドラッグアンドドロップのサポートとセレクターレベル4CSS Editor: Drag-and-drop support and Selectors Level 4

CSS エディターを使用すると、開発者は Visual Studio で CSS ファイルを操作できます。The CSS editor enables developers to work with CSS files in Visual Studio. Update 3 では、CSS エディターを拡張して、開発者がソリューションエクスプローラーからフォント、イメージ、または CSS ファイルをドラッグして CSS ファイルにドロップできるようにしました。これにより、正しい CSS タグとファイルパスが自動的に生成されます。In Update 3 we enhanced the CSS editor to enable developers to drag font, image or CSS files from their solution explorer and drop them right into the CSS file, which will auto-generate the correct CSS tag and file path.

また、セレクターのパターンをサポートするセレクターレベル4の IntelliSense サポートを強化し、開発者がより簡単にマークアップに実装できるようにしました。We also enhanced IntelliSense support for Selectors Level 4 that supports more selector patterns and makes it easier for developers to implement them in their markup.

CSS エディターの詳細については、「 Visual Studio 2013 Web エディター機能-css」を参照してください。To learn more about the CSS editor, see Visual Studio 2013 Web Editor Features - CSS.

HTML および JavaScript の開発HTML and JavaScript Development

Update 3 では、JavaScript 言語サービスによって、RequireJS モジュールの IntelliSense がサポートされるようになりました。With Update 3, the JavaScript language service now provides IntelliSense support for RequireJS modules.

ASP.NET プロジェクトテンプレートASP.NET Project Templates

Update 3 では、新しくインストールされた ASP.NET プロジェクトに次の変更が含まれるようになりました。With Update 3, new installed ASP.NET projects now include the following changes:

  • 1つの ASP.NET テンプレートに2要素認証のサポートが追加されました (MVC と Web フォームの両方)。Added support for two-factor authentication in One ASP.NET templates (for both MVC and Web Forms).
  • ASP.NET Facebook テンプレートは、[ ファイル > ] [ 新しい > プロジェクト ] ダイアログボックスから、現在ホストされている NuGet ギャラリーに移動されました (参照してください)。The ASP.NET Facebook Template has been moved out of the File > New > Project dialog and into the NuGet gallery where it is now hosted (see: Microsoft.AspNet.Facebook). これにより、Microsoft は Facebook の Api 変更としてこのテンプレートを迅速に変更できるようになります。This allows Microsoft to make rapid changes to this template as Facebook's APIs change.

Web PlatformWeb Platform

ASP.NET IdentityASP.NET Identity

Update 3 では、SignInManager のサポートが追加され、ログオン時に2要素認証、アカウントロックアウト、およびその他のセキュリティ機能を簡単に追加できるようになりました。Update 3 provides added support for SignInManager, which makes it easier to add two-factor authentication, account lockout, and other security features when you log on.

Entity Framework 6.1.1Entity Framework 6.1.1

この更新プログラムには、Entity Framework 6.1.1 が含まれています。This update includes Entity Framework 6.1.1.

WebDeploy 3.5WebDeploy 3.5

Update 3 では、WebDeploy によって SQL Server 2014 との統合が可能になります。With Update 3, WebDeploy allows integration with SQL Server 2014. 詳細については、「 WebDeploy 3.5 RTW」を参照してください。For more information, see WebDeploy 3.5 RTW.

ASP.NET MVC と Web APIASP.NET MVC and Web API

また、最近、ASP.NET、MVC、Web API の新しいバージョンを配布しています。We also recently shipped new versions of ASP.NET, MVC, and Web API. 詳細については、次を参照してください:For more information, see:

Azure ツール Azure Tools

通知ハブNotification hubs

Windows Azure Notification Hubs を使用すると、任意のバックエンドから任意のモバイルプラットフォームにモバイルプッシュ通知を送信できます。Windows Azure Notification Hubs allow you to send mobile push notifications from any backend to any mobile platform.

Update 3 では、プッシュ通知ウィザードを使用して、Windows ストアアプリまたは Phone アプリ (WinRT、電話、ユニバーサルプロジェクトを含む) へのプッシュ通知を .NET Mobile Services と JavaScript ベースの Mobile Services から追加できるようになりました。In Update 3, the Push Notification Wizard now allows you to add push notifications to your Windows Store or Phone app (including WinRT, Phone, and Universal projects) from .NET Mobile Services as well as JavaScript-based Mobile Services. Windows Phone Silverlight プロジェクトはサポートされていません。Windows Phone Silverlight projects are not supported.

通知ハブに、通知を受信するように登録されているデバイスの一覧が表示されます。The Notification hub now displays a list of devices that are registered to receive notifications. ハブを使用すると、登録を編集したり、デバイスを削除したりすることもできます。The hub also allows you to edit the registrations and delete the devices.

詳細については、「 Notification Hubs (Azure ドキュメント)」を参照してください。For more information, see: Notification Hubs (Azure Documentation).

Azure の Web ジョブ: 発行のサポートAzure Web Jobs: PublishingSupport

Update 3 では、Visual Studio ソリューションに標準コンソールプロジェクトを追加し、継続的、トリガー、またはスケジュールされた Web ジョブとして Azure Websites に発行できるようになりました。With Update 3, you can now add standard console projects to your Visual Studio solutions and publish them to Azure Websites as either continuous, triggered, or scheduled WebJobs.

さらに、コンソールプロジェクトは、Azure Websites に Web ジョブとして、ソリューションエクスプローラーから直接発行することもできます。In addition, console projects can be published directly from the Solution Explorer as WebJobs to Azure Websites.

ASP.NET Web API プロジェクトASP.NET Web API projects

プロジェクトの作成後にサービスを追加するのではなく、[ 新しいプロジェクト ] ダイアログでモバイルサービスをプロビジョニングできるようになりました。You can now provision a mobile service in the New Project dialog, instead of adding the service after you create the project.

C++ C++

/Zo コンパイラスイッチ/Zo Compiler Switch

/Zo は、最適化されたコード ( /od 以外のビルド) 用に豊富なデバッグ情報を生成するコンパイラスイッチです。/Zo is a compiler switch that generates richer debugging information for optimized code (non /Od builds). これには、ローカル変数のデバッグのサポートが強化されています。This includes improved support for debugging local variables. (最小エディション: Express)(Minimum edition: Express)

グラフィックス診断 Graphics Diagnostics

DirectX アプリのグラフィックスレンダリングとパフォーマンスの問題を診断する Visual Studio グラフィックス診断ツール を改良しました。We improved the Visual Studio Graphics Diagnostic tool that diagnoses graphics rendering and performance issues in DirectX apps. このツールを使用してフレームをキャプチャすると、グラフィックスイベント、シェーダーコード、グラフィックスパイプラインステージ、リソース、およびデバイスの状態を調べることができるようになります。When you use this tool to capture frames, you can now inspect graphics events, shader code, graphics pipeline stages, resources, and device state. (最小エディション: Express for Windows)(Minimum edition: Express for Windows)

Update 3 RTM では、現在の診断セッションでキャプチャしたフレームを分析するとき、またはディスクから既存の vsglog を開いたときに、Visual Studio Graphics Analyzer IDE を起動します。In Update 3 RTM, you launch the Visual Studio Graphics Analyzer IDE when you analyze the frames you just captured in the current diagnostics session, or when you open an existing .vsglog from disk. これにより、通常の Visual Studio ウィンドウと重複せずにグラフィックス情報を検査するための専用の領域が提供されます。This gives you a dedicated space for inspecting graphics information without overlapping with your regular Visual Studio windows.

[ ツール]/[オプション ] ページで、次の異なるグラフィックス診断オプションを指定できるようになりました。You can now specify the following different Graphics Diagnostics options in the Tools/Options page:

  • キャプチャ中に呼び出し履歴を収集するCollect call stacks during capture
  • 描画呼び出しまたはすべての API 呼び出しの呼び出し履歴のみを収集するCollect call stacks only for draw calls or for all API calls
  • キャプチャ中に HUD (ヘッドアップディスプレイ) を無効にするDisable HUD (head-up display) during capture
  • 互換性モードでキャプチャします。Capture in compatibility mode. 互換モードでは、アプリはハードウェア固有の機能を使用しないため、キャプチャをさまざまな Gpu で再生できます。In compatibility mode, apps do not use hardware-specific capabilities, so that capture can be played back on different GPUs.

Update 3 RTM では、シェーダーコードを編集して、その変更を vsglog ファイルに直ちに適用することができます。これにより、アプリを再実行しなくても変更の影響を確認できます。In Update 3 RTM, you can edit shader code and immediately apply the changes to the .vsglog file, so you can see the impact of your changes without having to re-run the app. [ ピクセル履歴 ] ウィンドウまたは [ パイプラインステージ ] ウィンドウでシェーダーファイル名をクリックすると、シェーダーエディターウィンドウでシェーダーファイルを開くことができます。You can open any shader files in the shader editor window by clicking on the shader file name in the Pixel History window or the Pipeline Stages window.

グラフィックス診断更新の詳細については、 Visual Studio 2013 Update 3 RC のグラフィックス診断を参照してください。For more information about Graphics Diagnostics updates, see Graphics Diagnostics in Visual Studio 2013 Update 3 RC.

Application Insights Application Insights

Application Insights は、Update 3 のプレビュー段階にあります。Application Insights is in preview for Update 3.

デプロイされたアプリケーションを監視するには、Visual Studio Online の Application Insights を使用します。Application Insights for Visual Studio Online is used to monitor your deployed applications. Web アプリ、Windows ストア、および Windows Phone アプリを監視できます。It can monitor web apps, Windows Store, and Windows Phone apps. Update 3 に含まれている Visual Studio 用の Application Insights ツールを使用して、プロジェクトに次の監視を追加します。Use the Application Insights Tools for Visual Studio included in Update 3 to add the following monitoring to your project:

  • アプリでユーザーが何を行っているかを調べて、最も役に立つ開発作業に専念できるようにします。Find out what users are doing with your app, so that you can focus your development work where it's most useful.
  • Web サービスが使用可能および応答可能であることを確認できます。Make sure your web service is available and responsive.
  • Web サービスのパフォーマンス上の問題または例外をすばやく診断できます。Quickly diagnose any performance issues or exceptions in your web service.
  • アプリをダウンロードして使用すると、Application Insights ポータルに統計データが表示されます。When people download and use your app, you will see statistical data in the Application Insights portal.

ClickOnce 配置 ClickOnce Deployment

ClickOnce で .NET 4.0 で SHA-256 証明書を許可するAllow SHA-256 certificates on .NET 4.0 in ClickOnce

この更新の前に、ClickOnce または Visual Studio Tools for Office アドインを使用して発行されたデスクトップアプリケーションで SHA-256 コード署名証明書が使用された場合は常に、.NET Framework 4.5 がクライアントコンピューターに存在する必要がありました。以前に SHA-256 コード署名証明書を使用していて、"アプリケーションが正しくフォーマットされていません"、"マニフェストが有効でない可能性があります"、"マニフェスト XML 署名が有効ではない"、"署名アルゴリズムに対して SignatureDescription を作成できませんでした" などのエラーが表示された場合。Before this update, .NET Framework 4.5 had to be present on the client machine whenever a SHA-256 code-signing certificate was used for desktop applications published with ClickOnce or Visual Studio Tools for Office add-ins. If you have used SHA-256 code-signing certificates in the past, and have seen errors like "The application is improperly formatted", "The manifest may not be valid", "Manifest XML signature is not valid", or "SignatureDescription could not be created for the signature algorithm supplied".

Update 3 では、開発者は、.NET 4.0 以降を対象とするアプリケーションでも、発行されたアプリと新しく公開されたデスクトップアプリケーションの問題を解決する必要がある場合でも、SHA-256 コード署名証明書を使用できるようになりました。With Update 3, developers can now use SHA-256 code-signing certificates even for applications that target .NET 4.0 and lower that should resolve the problem for re-published and newly published desktop applications. (最小エディション: Express)(Minimum edition: Express)

SharePoint アプリ SharePoint Apps

新しい自動ホスト型アプリは使用できなくなりましたNew autohosted apps no longer allowed

Office 365 自動ホスト型アプリのプレビュープログラムは6月30日に終了したため、[自動ホスト] オプションは SharePoint アプリの作成操作から削除されます。The Autohosted option is removed from the SharePoint app creation experience, because the Office 365 Autohosted Apps Preview program ended on June 30. Sharepoint 用の新しい自動ホスト型アプリは、SharePoint ストアで受け入れられなくなりました。New autohosted apps for SharePoint are no longer accepted by the SharePoint store. 既存の自動ホスト型アプリには影響しません。サービスで現在実行されているアプリはシャットダウンされません。Existing autohosted apps are not affected, and apps that are currently running in the service will not be shut down. (最小エディション: Professional)(Minimum edition: Professional)

詳細については、「自動ホスト型 アプリのプレビュープログラムでの更新」を参照してください。For more information, see Update on Autohosted Apps Preview program.

その他の変更: バグ修正と既知の問題 Other Changes: Bug Fixes and Known Issues

このリリースでのテクノロジの改善、バグ修正、既知の問題の詳細については、サポート技術情報の記事「 Visual Studio 2013 Update 3 RTM の説明」を参照してください。For a complete description of technology improvements, bug fixes and known issues in this release see the KB article Description of Visual Studio 2013 Update 3 RTM.

マルチデバイスハイブリッドアプリ CTP 2.0 リリース Multi-Device Hybrid Apps CTP 2.0 release

マルチデバイスハイブリッドアプリ CTP 2.0 リリースを使用すると、Apache Cordova 用の Update 3 バージョンのツールを使用して、iOS、Android、Windows ストア、および Windows Phone 用の JavaScript または TypeScript を使用してモバイルアプリを構築できます。You can use the Multi-device Hybrid Apps CTP 2.0 release to build mobile apps using JavaScript or TypeScript for iOS, Android, Windows Store, and Windows Phone using the Update 3 version of tooling for Apache Cordova. (最小エディション: Professional)(Minimum edition: Professional)

新機能の一部を次に示します。Some of the new features are:

  • 数百のバグ修正により、全体の品質、信頼性、パフォーマンスが向上しました。Across-the-board quality, reliability, and performance improvements with hundreds of bug fixes
  • Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012 R2 など、幅広いオペレーティングシステムに対応した SDK のサポートSDK support for a wider range of operating system including Windows 7, Windows 8 and Windows Server 2012 R2
  • <Jshyデバッガーを使用した Android ターゲット4.4 のデバッグのサポートSupport for debugging Android targets < 4.4 using jsHybugger
  • 互換性チェッカーは、サードパーティのツールチェーンの依存関係 (Java、Android SDK など) の適切なインストールと構成を定期的にチェックすることで、正常な開発者環境を維持するのに役立ちます。Compatibility Checker helps you maintain a healthy developer environment by regularly checking for the proper installation and configuration of 3rd party tool chain dependencies (e.g. Java, Android SDK)

詳細については、「 Windows 7 対応のツール更新プログラムの Apache Cordova」を参照してください。To learn more, see: Apache Cordova Tooling Update with Support for Windows 7.

Azure SDK 2.4 RTM リリース Azure SDK 2.4 RTM Release

Azure SDK 2.4 RTM リリースには、仮想マシンの構成を管理し、仮想マシンで実行されている32ビットアプリケーションのリモートデバッグをセットアップし、Geo-Redundant ストレージをプロビジョニングするためのツールが含まれています。The Azure SDK 2.4 RTM release includes tools to manage virtual machine configuration and set up remote debugging for 32-bit applications running on virtual machines, and tools to provision Geo-Redundant Storage.

このリリースでは、サーバーエクスプローラーは仮想マシンのコンテキストメニューで [ 構成 ] オプションを使用できるようになりました。In this release, Server Explorer now has a Configure option on the context menu for virtual machines. これを使用して、仮想マシンのプロパティの表示と編集、エンドポイントの設定、拡張機能の追加と構成、仮想マシンのスナップショットの作成を行うことができます。You can use this to view and edit properties of the virtual machine, set up endpoints, add and configure extensions, and create virtual machine snapshots.

同じコンテキストメニューから、32ビットの仮想マシンのリモートデバッグをセットアップすることもできます。You can also set up remote debugging for 32-bit virtual machines from the same context menu.

Read-Access Geo-Redundant ストレージ (RA-GRS) を使用すると、2次拠点にレプリケートされたデータへの読み取り専用アクセスを提供することで、ストレージアカウントの読み取り可用性が向上します。Read-Access Geo-Redundant Storage (RA-GRS) gives you better read availability for your storage account by providing read-only access to the data that has been replicated to the secondary location. Visual Studio からストレージアカウントを作成するときに、冗長オプションとして RA-GRS を選択できるようになりました。You can now select RA-GRS as a redundancy option when you create a storage account from Visual Studio.

Azure SDK 2.4 リリースは次の場所で入手できます。You can get the Azure SDK 2.4 release here:

このリリースの詳細については、「 AZURE SDK for .net 2.4 リリースノート (MSDN)」を参照してください。For more information about this release, see: Azure SDK for .NET 2.4 Release Notes (MSDN).

IntelliTrace スタンドアロンコレクター IntelliTrace Standalone Collector

スタンドアロン IntelliTrace コレクターは、実稼働環境でのアプリケーションのリモートデバッグに代わる、より実用的な方法を提供します。The standalone IntelliTrace collector provides a more practical alternative to remote debugging an application in production. コレクターを使用して、リモートコンピューター上でのアプリケーションの実行を記録できます。そのためには、アプリケーションを itrace ファイルに保存し、Visual Studio を使用してローカルの開発用コンピューターで再生します。You can use the collector to record the execution of your application on a remote machine by saving it into an .itrace file and playing it back on your local development machine with Visual Studio.

コレクターの詳細については、「 スタンドアロンコレクターを使用して Visual Studio の外部で IntelliTrace データを収集する」を参照してください。For more information about the collector, see Collect IntelliTrace Data Outside Visual Studio with the Standalone Collector.

IntelliTrace スタンドアロンコレクターの RTM リリースは、 Visual Studio IntelliTrace コレクター Update 3でダウンロードできます。You can download the RTM release of the IntelliTrace Standalone Collector here: IntelliTrace Collector for Visual Studio Update 3.

Windows Phone 8.1 のエミュレーターの更新 Windows Phone 8.1 Update Emulators

新しい emulator パッケージを Windows Phone 8.1 更新エミュレーターからダウンロードできるようになりました。The new emulator package is now available to be downloaded from the Windows Phone 8.1 Update Emulators.


Visual Studio 2013 リリースVisual Studio 2013 Releases

Visual Studio 2013 リリースノートのすべてのバージョンを表示できます。You can view all versions of Visual Studio 2013 release notes:


ページのトップへ
Top of Page