Visual Studio Icon Visual Studio 2013 リリース ノートVisual Studio 2013 Release Notes


開発者コミュニティ |システム要件 |互換性 |再頒布可能コードDeveloper Community | System Requirements | Compatibility | Distributable Code
|ライセンス条項 |ブログ |既知の問題| License Terms | Blogs | Known Issues


注意

これは Visual Studio の最新バージョンではありません。This is not the latest version of Visual Studio. 最新のリリースをダウンロードするには、Visual Studio 2019 の最新のリリース ノートを参照してください。To download the latest release, please visit the current release notes for Visual Studio 2019.


Visual Studio 2013 をダウンロードするDownload Visual Studio 2013

Visual Studio 2013 をダウンロードするには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。To download Visual Studio 2013, click on the download button. これらのファイルは、無料の Dev Essentials サブスクリプションベースのサイトからダウンロードされます。The files are downloaded from our free Dev Essentials subscription-based site. 無料の包括的な開発者向けプログラムおよびサービスの詳細については、 Dev Essentials のページを参照してください。Please see the Dev Essentials page for information on our free comprehensive developer program and services.

Download Visual Studio 2013


Release Notes Icon Visual Studio 2013 リリース ノート Visual Studio 2013 Release Notes

2013年10月17日にリリースreleased on October 17, 2013

このリリースの新機能What's New in this Release

開発者の生産性を高める革新的な機能Innovative Features for Greater Developer Productivity

Visual Studio 2013 には、顧客からのフィードバックに基づいて多くのユーザーインターフェイスの機能強化が含まれています。また、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにコンテンツに焦点を当てることについて、Microsoft の主要な設計原則がありますVisual Studio 2013 included many user interface improvements based on customer feedback and Microsoft's core design principle of keeping the focus on the content to deliver an improved user experience. 400を超える変更アイコンが表示されることがあります。これは、より大きな違いがあり、色の使用率が高くなり、再設計されたスタートページと、Visual Studio 全体でのその他の微妙なデザイン変更が加えられます。You may notice the more than 400 modified icons with greater differentiation and increased use of color, a redesigned Start page, and other subtle design changes throughout Visual Studio.

Visual Studio 2013 には、生産性を向上させ、コーディングの際に焦点を絞ることができるように、多くの機能強化が含まれています。Visual Studio 2013 included a number of improvements to help you be more productive and stay focused when coding. 一部の機能は、visual studio Power Tools 拡張機能の実験として最初に表示されてから、Visual Studio に組み込まれるようになります。Some features first appeared as experiments in the Visual Studio Power Tools extension before being refined and incorporated into Visual Studio. 自動角かっこ補完、キーボードショートカットを使用したコード行またはブロックの移動機能、インラインナビゲーションなどの生産性機能が組み込まれました。Productivity features such as automatic bracket completion, the ability to move code lines or blocks using keyboard shortcuts, and in-line navigation are now built-in. さらに、Visual Studio 2013 には、強化されたホームページを備えた新しいチームエクスプローラーが含まれています。この機能を使用すると、保留中の変更をドッキング解除し、別のウィンドウにビルドできます。In addition, Visual Studio 2013 includes a new Team Explorer with an enhanced Home page that provides easier navigation to team collaboration features, including the ability to undock Pending Changes and Builds into a separate window.

[保留中の変更] ウィンドウと新しいチームエクスプローラー

大きなコードファイルを扱う場合は、その場所を追跡するのが困難な場合があります。When you work with large code files it can be hard to keep track of where you are. Visual Studio 2013 では、2つのモード間でのスクロールバーの動作を簡単に切り替えることができます。In Visual Studio 2013, you can easily switch the behavior of the scroll bar between two modes. バーモードでは、カレット位置などの注釈を表示したり、位置を変更したり、エラーを直接追跡したりすることができます。In bar mode, you can view annotations such as your caret position, change your location, and track errors more directly. マップモードでは、スクロールバーにソースコードのライブプレビューが表示されます。また、コードにカーソルを合わせて、ツールヒント内で詳細をプレビューすることもできます。In map mode, the scroll bar shows a live preview of source code as well as the ability to hover over code to preview it greater detail within a tooltip. その場所に移動する正確なコード位置をクリックすることができます。You can then click on the exact code position which navigates to that location.

開発時の重要なタスクは、コードの行を理解することです。Understanding what a line of code does is a key task during development. [定義へ進む] コマンドには、新しい [定義をここに表示] 機能が付属しています。The Go To Definition command is now accompanied by the new Peek Definition feature. [定義をここに表示] を使用すると、コード行のコンテキストをそのままにして、インラインビューで定義を表示する必要がなくなりました。With Peek Definition you no longer have to leave the context of your line of code to view a definition in an inline view.

定義をここに表示

コード行がどのようなものかを理解することは、開発者としての課題の一部にすぎません。Understanding what a line of code does is only part of your challenge as a developer. また、履歴、作業者、コードの参照などを理解しておく必要があります。You must also understand its history, who worked on it, what code references it, and more. これは、チーム指向のプロジェクトで特に困難になります。This becomes especially challenging in team-oriented projects. Visual Studio Ultimate 2013 の CodeLens (コード情報インジケーター) は、プロジェクトのメタデータと Team Foundation Server 2013 の両方の情報を使用して、コード内の各メソッドにデコレーターを配置します。これは、作成または最近の変更に対して行われた変更セット、コードに対して最後に作業を行ったユーザー、メソッドに適用されている単体テスト (最新のCodeLens (Code Information Indicators) in Visual Studio Ultimate 2013 uses information from both your project metadata and Team Foundation Server 2013 to place decorators on each of the methods in your code that show information such as what changesets led to the creation or recent change, who was the last person to work on the code, what unit tests cover the method (including the latest pass/fail state), and what code references exist. また、関連付けられた変更セットや参照されるコードファイルなど、クリックするだけで、そのデータにすばやくジャンプできます。You can also quickly jump into that data, such as an associated changeset or referenced code file with just a click.

CodeLens

Visual Studio 2013 には、接続された IDE エクスペリエンスが導入されているため、Visual Studio 2013 をより迅速に開始できます。Visual Studio 2013 introduces a connected IDE experience, enabling you to get started with Visual Studio 2013 more quickly. Visual Studio 2013 を初めて起動すると、Microsoft アカウントを使用してサインインするように求められます。When you start Visual Studio 2013 for the first time, you will be asked to sign in using your Microsoft account. MSDN または Team Foundation Service サブスクリプションで同じアカウントを既に使用している可能性があります。You may already use the same account with your MSDN or Team Foundation Service subscriptions. サインインすると、Visual Studio 2013 のコピーが登録され、追加の手順は必要ありません。Once signed in, your copy of Visual Studio 2013 is registered for your use without the need for any extra steps. また、接続された IDE エクスペリエンスを利用して、デバイス間で設定が自動的に同期されるように Visual Studio 2013 ます。Visual Studio 2013 will also automatically synchronize settings across your devices utilizing the Connected IDE experience. 同期された設定には、キーボードショートカット、Visual Studio の外観 (テーマ、フォントなど) などのカテゴリがあります。一方、同期された設定オプションを使用してフルコントロールを維持しています。Synchronized settings include categories such as keyboard shortcuts, Visual Studio appearance (theme, fonts, etc.) and more, all while keeping you in full control through the Synchronized Settings options.

Windows 8.1 アプリ開発のサポートSupport for Windows 8.1 App Development

Visual Studio 2013 は、Windows プラットフォームイノベーション (Windows 8.1) の次の波を利用する最新のアプリケーションを構築するための最適なツールセットを提供しながら、すべての Microsoft プラットフォームでデバイスとサービスをサポートします。Visual Studio 2013 provides the ideal toolset for building modern applications that leverage the next wave in Windows platform innovation (Windows 8.1), while supporting devices and services across all Microsoft platforms. Windows 8.1 での Windows ストアアプリ開発のサポートには、ツール、コントロール、テンプレートに対する多くの更新プログラム、XAML アプリの新しいコード化された UI テストのサポート、XAML と HTML アプリ用の UI 応答性アナライザーとエネルギー消費プロファイラー、HTML アプリ用の拡張メモリプロファイルツール、Windows ストアとの統合の強化が含まれています。Support for Windows Store app development in Windows 8.1 includes many updates to the tools, controls and templates, new Coded UI test support for XAML apps, UI Responsiveness Analyzer and Energy Consumption profiler for XAML and HTML apps, enhanced memory profiling tools for HTML apps, and improved integration with the Windows Store.

UI 応答性アナライザー

Blend for XAML は、Windows ストアアプリの設計の重要な新機能により強化されています。たとえば、ルーラーやカスタムガイドを追加して、より正確なコンテンツレイアウトを作成したり、スタイル機能を強化したりすることができます。Blend for XAML has been enhanced with significant new capabilities for Windows Store app design, such as the addition of rulers and custom guides for more precise content layout as well as improved styling capabilities. Blend for HTML は、これらの拡張機能を継承し、HTML を使用して Windows ストアアプリをビルドするための特定の新機能を追加します。たとえば、CSS の変更をアニメーション化するための新しいタイムラインなどです。Blend for HTML also inherits these enhancements and adds specific new capabilities for building Windows Store apps with HTML, such as the new timeline for animating changes in CSS.

Blend for Visual Studio

Windows ストアアプリのコーディングエクスペリエンスが Visual Studio 2013 で強化されました。The coding experience for Windows Store apps has been enhanced in Visual Studio 2013. XAML エディターでは、IntelliSense の機能が強化されました。これは、データバインディング、テンプレートバインド、およびリソースでも使用できるようになりました。The XAML editor now provides advances in IntelliSense, which is now also available for data binding, template binding, and resources. また、設計マークアップと分離コードの間で生産性を向上させることができます。参照の検索、定義への移動、およびビューモデルへの切り替えのサポートが含まれます。It also enables a more productive transition between design markup and code behind; including support for finding references, going to definition, and switching to the view model. これらの機能は、Windows ストアアプリの作成時に作業を減らすのに役立ちます。These, along with other improvements will help cut down the work when creating Windows Store apps.

Windows ストアアプリの接続も、Windows Azure Mobile Services を追加することで簡単になります。これにより、クラウドでのプッシュ通知とデータストレージと操作を簡単に有効にするなどのシナリオのホストにアプリを公開することができます。Connecting your Windows Store apps is also easier with the addition of Windows Azure Mobile Services that expose your app to a host of scenarios such as easily enabling Push Notifications and data storage and manipulation in the cloud.

Web 開発の進歩Web Development Advancements

Microsoft プラットフォームで web サイトまたはサービスを作成すると、ASP.NET WebForms、ASP.NET MVC、WCF または Web API サービスなど、さまざまなオプションが提供されます。以前は、Visual Studio でこれらの各アプローチを使用すると、その特定のプロジェクトの機能に分離された独立したプロジェクトの種類とツールが使用されていました。Creating websites or services on the Microsoft platform provides you with many options, including ASP.NET WebForms, ASP.NET MVC, WCF or Web API services, etc. In the past, working with each of these approaches in Visual Studio meant working with separate project types and tooling isolated to that specific project's capabilities. 1つの ASP.NET 構想は、1つのプロジェクトで ASP.NET component フレームワークの設定を使用して ASP.NET web アプリケーションを作成できるように、web プロジェクトのエクスペリエンスを Visual Studio 2013 に統合します。The One ASP.NET vision unifies your web project experience in Visual Studio 2013 so that you can create ASP.NET web applications using your preference of ASP.NET component frameworks in a single project. この新しい統合されたエクスペリエンスには、ASP.NET WebForms、MVC、または Web API の改善されたバージョンを含むハイブリッドアプリケーションを、すべて1つのプロジェクトで簡単に作成できる機能が含まれています。This new unified experience includes the ability to easily create hybrid applications that include improved versions of ASP.NET WebForms, MVC or Web API, all in a single project. これで、web プロジェクト内のジョブに適したツールを組み合わせて使用できるようになりました。これにより、web 用に開発する際の柔軟性と生産性が向上します。Now you can mix and match the right tools for the job within your web projects, giving you increased flexibility and productivity when developing for the web.

1つの ASP.NET [新しいプロジェクト] ダイアログボックス

Web ページをデザインする場合、または他のユーザーのデザインを実装する場合は、ブラウザーウィンドウを再度更新するときに HTML と CSS を微調整してから、作成したい正確なエクスペリエンスを実現するために、時間のかなりの部分を費やしている可能性があります。If you design web pages, or implement the designs of others, you probably spend a significant portion of your time tweaking HTML and CSS while refreshing browser windows again and again to achieve the exact experience you want to create. これは、訪問者がサイトを表示するために使用している可能性のある web ブラウザーの多様性によってさらに複雑になります。This is further complicated by the diversity of available web browsers your visitors might be using to view your site. Visual Studio 2013 は、ブラウザーリンクを使用してこれを前後に排除します。これにより、対話型の開発環境で Visual Studio を1つ以上の開いている最新のブラウザーに接続して、変更を表示するために手動でブラウザーを更新しなくても、マークアップの変更との同期を保つことができます。Visual Studio 2013 eliminates this back and forth using Browser Link, which connects Visual Studio to one or more open modern browsers in an interactive development experience to keep them in synch with your markup changes without needing manual browser refreshes to see the changes you are making.

Office 365 用の最新のビジネスアプリを作成するCreate Modern Business Apps for Office 365

Visual Studio 2013 を使用すると、Office 365 のエクスペリエンスを拡張する最新のビジネスアプリケーションを作成および管理し、ユーザーがビジネスプロセス、アイテム、およびその他のシステムと対話できるようにすることができます。With Visual Studio 2013, you can create and manage modern business applications that extend the Office 365 experience to help people interact with business processes, artifacts, and other systems. Office 365 クラウドビジネスアプリは、Windows Azure と Office 365 によって公開されている豊富なプラットフォーム機能を活用して、クラウドで実行されます。Office 365 Cloud Business Apps run in the cloud, taking advantage of the rich platform capabilities exposed by Windows Azure and Office 365. クラウドベースのアプリとして、企業の内外からデータやサービスを集約し、ユーザー id とソーシャルグラフを統合するために、無数のデバイスで利用できます。As cloud-based apps, they are available to a myriad of devices to aggregate data and services from in and out of an enterprise, and integrate user identities and social graphs. これらのアプリケーションは、Visual Studio のアプリケーションライフサイクル管理機能と統合され、IT 運用によってビジネスアプリケーション開発者の世界を橋渡しします。These applications integrate with the application lifecycle management capabilities of Visual Studio, bridging the worlds of the business app developer with IT operations.

デバッグと最適化の機能強化Debugging and optimization Improvements

Visual Studio 2013 の新しいパフォーマンスと診断ハブでは、Visual Studio で使用できるさまざまなツールについて、統合されたエクスペリエンスを提供します。The new Performance and Diagnostics hub in Visual Studio 2013 provides a unified experience for various tools available in Visual Studio. また、ハブを使用すると、プロジェクトで動作するパフォーマンスツールと診断ツールを簡単に識別できるようになり、アプリケーションを改善するためにそれらを簡単に使用できるようになります。The hub also makes it easy to identify the performance and diagnostic tools that work with your project and enables you to quickly start using them to improve your application.

パフォーマンスと診断ハブ

Visual Studio 2013 のメモリダンプアナライザーを使用すると、Visual Studio から直接 .NET メモリヒープダンプを分析することで、運用環境でのメモリの問題を簡単に診断できます。Memory Dump Analyzer in Visual Studio 2013 makes it easier to diagnose memory problems in production environments by analyzing .NET memory heap dumps right from Visual Studio. 新しいメモリ分析機能を使用して、メモリリークと非効率的なメモリ使用量を解決できます。これを行うには、サイズとカウント、オブジェクトの最大インスタンス、およびメモリ内での保持の状態を確認します。Using the new memory analysis capability, you can solve memory leaks and inefficient memory usage by seeing size and counts, the largest instances of objects, and what is holding them alive in memory. また、2つのメモリダンプを比較して、時間の経過と共にメモリ使用量がどのように変化しているかを把握することもできます。You can also compare two memory dumps to gain insight into how memory usage is changing over time.

Visual Studio 2013 で64ビットの .NET 4.5.1 アプリケーションをデバッグするときに、32ビットのマネージアプリケーションの場合と同様に "エディットコンティニュ" を使用できるようになりました。When debugging 64-bit .NET 4.5.1 applications in Visual Studio 2013, you can now "edit-and-continue" just as you do with 32-bit managed applications. また、非同期デバッグは、Visual Studio 2013 の Visual Basic、Visual C#、Visual C++、および JavaScript 全体で向上しています。In addition, asynchronous debugging is improved across Visual Basic, Visual C#, Visual C++, and JavaScript in Visual Studio 2013. Windows 8.1 で実行されている場合、非同期メソッドでブレークポイントまたは例外がヒットしたときに、[呼び出し履歴] ウィンドウに論理呼び出し履歴が含まれるようになりました。When running on Windows 8.1, the call-stack window now includes the logical call stack if you hit a breakpoint or exception in an asynchronous method. .NET 4.5.1 には、診断サポート以外にも、ガベージコレクションの (GC) ラージオブジェクトヒープのオンデマンド圧縮のサポート、マルチコアコンピューターでの実行時のアプリの起動の高速化など、他の機能強化が含まれています。Beyond diagnostics support, .NET 4.5.1 includes other improvements, such as support for on-demand compaction of the garbage collection's (GC) large object heap, and faster startup of apps when running on multicore machines.

Visual Studio Ultimate 2013 では、System Center 2012 R2 Operations Manager によって監視されているアプリのエラーとパフォーマンスの問題を診断できます。In Visual Studio Ultimate 2013, you can diagnose errors and performance issues in apps monitored by System Center 2012 R2 Operations Manager. 例外とパフォーマンスイベントを IntelliTrace ログ (iTrace) としてインポートし、Visual Studio で IntelliTrace を使用して、これらのイベントのコード実行をステップ実行できます。You can import exception and performance events as IntelliTrace log (.iTrace) and use IntelliTrace in Visual Studio to step through code execution for those events.

Visual Studio 2013 での "マイコードのみ" のデバッグと共に、コンストラクターの委任、未加工の文字列リテラル、明示的な変換演算子、および可変個引数テンプレートと同様に、C++ 11 のサポートを向上させる機能に加えて、C++ での作業がさらに簡単になります。In addition to features that improve support for C++11, such as delegating constructors, raw string literals, explicit conversion operators, and variadic templates alongside "just my code" debugging in Visual Studio 2013 makes working with C++ even better. デバッグ時に記述したコードだけにコールスタックをフィルター処理して、C++ で使用できるようになりました。The ability to filter the call stack down to just the code you wrote when debugging has long existed for managed languages and is now available for C++.

PGO (ガイド付き最適化のプロファイル) は、実行時に生成されたプロファイルデータを活用して、アプリケーションの最適化されたバージョンを構築するためのランタイム Visual C++ コンパイラの最適化です。PGO (Profile Guided Optimization) is a runtime Visual C++ compiler optimization that leverages profile data collected from running important or performance-centric user scenarios to build an optimized version of an application. Visual Studio 2013 のプロファイルツールは、PGO による最適化の決定についての洞察を提供します。これは、プロファイルされた暑すぎるかコードパス (一般的なユーザーシナリオ) と、アプリケーションの colder コードパス (一般的なユーザーシナリオ) が、PGO によって最適化されたコードとその方法 (サイズまたは速度) にどのように対応しているかをThe Profiling Tools in Visual Studio 2013 give insight into PGO optimization decisions, which helps you to understand how well that profile data corresponds to real-world performance by showing how the profiled hotter code paths (common user scenarios) and colder code paths (less common user scenarios) of an application correspond to what code was optimized by PGO and how (size or speed).

拡張された ALM 機能Expanded ALM Capabilities

Visual Studio 2013 には、新しいアプリケーションライフサイクル管理 (ALM) 機能が組み込まれています。これにより、チームの生産性を向上させ、組織のニーズに合わせて段階的に導入できるアジャイル開発プラクティスのサポートを強化することができます。Visual Studio 2013 incorporates a wave of new Application Lifecycle Management (ALM) features that will help your teams be more productive and collaborate with improved support for agile development practices that you can adopt incrementally to suit the needs of your organization. アジャイルポートフォリオ管理、チームのルーム、変更セット/コミットに関する web ベースのコードコメント、web ベースのテストケース管理の改善などの機能は、チームの共同作業を改善し、生産性を向上させるための統合ソリューションの一部です。Features such as agile portfolio management, team rooms, web-based code comments on changesets/commits, and web-based test case management improvements are part of an integrated solution to help your team collaborate better and increase productivity.

Visual Studio の ALM 機能のコアは Team Foundation Server によって提供されており、オンプレミスのサーバーまたはクラウドでホストされている Team Foundation Service にインストールできます。The core for Visual Studio's ALM capabilities is provided by Team Foundation Server, which can be installed on a server on premises, or Team Foundation Service, which is hosted in the cloud. オンプレミスインストールの高度な制御とカスタマイズをチームが推奨する場合でも、クラウドのメンテナンスを必要としないユーザー補助を使用する場合でも、チームのニーズを満たすオプションがあります。Whether the team prefers the increased control and customization of an on-premises installation, or the maintenance-free accessibility of the cloud, there's an option that fits your team's needs.

アジャイルポートフォリオ管理を使用すると、大規模で複雑なワークロードをアジャイルな方法で管理できます。With Agile Portfolio Management you can manage large and complex workloads in an agile way. バックログの階層を定義して、複数のチームにわたる作業の範囲を理解し、その作業がより広範なイニシアチブにどのようにロールアップされるかを確認できます。You can define a hierarchy of backlogs to understand the scope of work across several teams and see how that work rolls up into broader initiatives.

アジャイル ポートフォリオの管理

チームのルームは、近距離と遠距離の両方でチーム メンバー間のコミュニケーションを促進およびキャプチャする領域を提供します。Team rooms provide an area for fostering and capturing communication among team members, both near and far. チームルームでは、進行中の作業について話し合い、質問をして、状態を共有し、発生した問題を明確にすることができます。In a Team Room you can discuss work in progress, ask questions, share status, and clarify issues as they arise. チームルームは、チームがコードのチェックイン、ビルドの状態、作業の割り当てなどを通知するためのアクティビティフィードです。Your team room is your team projects activity feed for keeping the team informed of code check-ins, build status, work assignment, and more. 電子メールではなくチームルームを使用すると、メッセージ交換の監査証跡と、いつでも確認できる意思決定が自動的に行われます。By using the team room instead of email, you automatically receive an audit trail of conversations and decisions that you can review at any time and search. チームルームは、プロジェクトごとに既定で作成されます。また、追加のルームを作成して、アドホックディスカッションやチーム間のコラボレーションをサポートすることができます。A Team Room is created by default for each project, and you can create additional rooms to support ad-hoc discussions and cross-team collaboration.

チームのルーム

Team Foundation Server 2013 では、Git リポジトリがサポートされるようになりました。Team Foundation Server 2013 now supports Git repositories. さらに、Visual Studio 2013 で web ベースのバージョン管理エクスプローラーを使用して、変更セット、シェルブセット、または Git のコミットに関するコメントを作成または返信して、ソースコードの変更時にチームとの対話を行うことができるようになりました。In addition, you can now use the web-based Version Control Explorer in Visual Studio 2013 to create or reply to comments on changesets, shelvesets, or Git commits to engage in conversations with your team on source code changes. バージョンエクスプローラーのフィルターを使用して、簡単にコメントを検索することもできます。You can also find comments easily by using the Version Explorer filter.

コードコメント

Team Foundation Service でのクラウドベースのロードテストがサポートされているため、数千もの仮想ユーザーからの要求を実行するために、Windows Azure のエラスティックリソースを利用するスケールテストを数秒で生成できます。ハードウェアや仮想ラボを管理する手間をかけることなく、web アプリケーションとサービスのパフォーマンスのボトルネックについての洞察を得ることができます。With support for cloud-based load testing in Team Foundation Service, you can generate scale tests in seconds that utilize the elastic resources of Windows Azure to execute requests from thousands of virtual users; providing you with insight into the performance bottlenecks of your web applications and services without the hassle of managing hardware or a virtual lab.

Web ベースのテストケース管理の機能強化により、Test Plans とスイートを web インターフェイスから直接作成または管理できます。Improvements in web-based Test Case Management enable you to create or manage Test Plans and suites right from the web interface. また、最新の web ブラウザーを使用して、Windows 以外のオペレーティングシステムからテストを実行することもできます。これにより、テスト担当者は任意の作業環境から生産性を維持することができます。You can also run tests from non-Windows operating systems using any modern web browser, enabling your testers to stay productive from any work environment.

Team Foundation Server 2013 の新機能として、作業項目のグラフ作成もあります。Also new in Team Foundation Server 2013 is Work Item Charting. バグ、ユーザーストーリー、タスクなどの作業項目クエリに基づいてデータを視覚化するために、さまざまなグラフをすばやく作成します。Quickly create a variety of charts to visualize data based from your work item queries, such as bugs, user stories, and tasks.

作業項目のグラフ作成

ライセンスLicensing

Visual Studio Subscription を使用した Visual Studio の購入は、Visual Studio を購入するための最も一般的な方法であり、Microsoft プラットフォームを対象とした ソフトウェア、サービス、および特典の最も包括的なコレクション にアクセスできます。Buying Visual Studio with a Visual Studio Subscription is the most popular way to purchase Visual Studio and gain access to the most comprehensive collection of software, services, and benefits for targeting Microsoft platforms. アクティブな Visual Studio サブスクライバーは、10月中旬に Visual Studio 2013 の最終リリースに最も早くアクセスできるようになります。Active Visual Studio subscribers will have the earliest access to the final release of Visual Studio 2013 in mid-October.

Visual Studio 2013 のリリースにより、アジャイルプロジェクト計画の機能が、Team Foundation Server 2013 クライアントアクセスライセンス (TFS CAL) のお客様が追加費用なしで使用できるバックログ管理およびスプリント計画機能を備えたプロジェクトマネージャーが、より使いやすくなりました。With the release of Visual Studio 2013, agile project planning capabilities are now more accessible for project managers with Backlog Management and Sprint Planning capabilities available for Team Foundation Server 2013 Client Access License (TFS CAL) customers at no additional cost.


Visual Studio 2013 リリースVisual Studio 2013 Releases

Visual Studio 2013 リリースノートのすべてのバージョンを表示できます。You can view all versions of Visual Studio 2013 release notes:


ページのトップへ
Top of Page