スタート画面のレイアウトをカスタマイズしますCustomize the Start layout

Oem は、スタートレイアウトの最後にタイルの OEM グループを追加することによって、スタートレイアウトをカスタマイズできます。OEMs can customize the Start layout by adding an OEM group of tiles to the end of the Start layout. レイアウトをカスタマイズするには、ファイルを作成し LayoutModification.xml ます。The layout is customized by creating a LayoutModification.xml file. 以下の手順に従って、ファイルでスタートレイアウトをカスタマイズした後 LayoutModification.xml 、Windows 構成デザイナーを使用して、ファイルをデバイスイメージに追加します。After following the instructions below to customize the Start layout with the LayoutModification.xml file, use Windows Configuration Designer to add the file to the device image. 手順については 、「LayoutModification.xml ファイルをデバイスに追加する」を 参照してください。See Add the LayoutModification.xml file to the device for instructions.

次の図は、ホームと Pro の Sku (ドメインに参加していない) の既定のスタートレイアウトを示しています。The following image shows the default Start layout for Home and Pro SKUs (non-domain joined) with the placement of an example OEM group of tiles. (下矢印のタイルは、Microsoft によって指定された、動的に配信されるアプリを表し – ます。詳細については以下を参照してください)。(The down arrow tiles represent apps specified by Microsoft that are dynamically delivered – see below for more details.)

OEM グループの例を使用したレイアウトの開始

LayoutModification.xmlLayoutModification.xml

ファイルでは、 LayoutModification.xml OEM グループ、グループ名、グループ内のタイル、各タイルが起動するアプリまたは web サイト、およびこれらのタイルのサイズと場所を指定します。The LayoutModification.xml file specifies the OEM group, group name, the tiles in the group, what app or website each tile launches, and the size and location of these tiles.

サンプル LayoutModification.xml ファイルSample LayoutModification.xml file

次のサンプルファイルは、3つの LayoutModification.xml 中規模のタイルを1つの行に表示され、UWP アプリを起動する OEM グループにピン留めする方法を示しています。The sample LayoutModification.xml file below demonstrates how to pin three medium tiles to the OEM group that appear in a single row and that launch UWP apps. (注: この ID を見つける方法の詳細については、このサンプルのアプリの AppUserModelID が有効ではありません – )。(Note: The AppUserModelID for the apps in this sample are not valid – see below for more details on how to find this ID.)

<LayoutModificationTemplate xmlns="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/LayoutModification" xmlns:defaultlayout="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/FullDefaultLayout" xmlns:start="http://schemas.microsoft.com/Start/2014/StartLayout" Version="1">
  <RequiredStartGroupsCollection>
    <RequiredStartGroups>
      <AppendGroup Name="OEM Group Name">
        <start:Tile Size="2x2" Column="0" Row="0" AppUserModelID="OEMApp1AUMID" />
        <start:Tile Size="2x2" Column="2" Row="0" AppUserModelID="OEMApp2AUMID" />
        <start:Tile Size="2x2" Column="4" Row="0" AppUserModelID="OEMApp3AUMID" />
      </AppendGroup>
    </RequiredStartGroups>
  </RequiredStartGroupsCollection>
</LayoutModificationTemplate>

この XML では、次のような OEM グループが作成されます。This XML would create an OEM group that looks like this:

レイアウトグリッドの開始

詳細情報: More info:

  • スタート画面の全体的な外観を決めるために、既定のレイアウトが SKU とリージョンに基づいて適用され、LayoutModification.xml または Unattend.xml ファイルが処理されます。To determine the overall look of the Start layout, the default layout is applied based on SKU and region, and then the LayoutModification.xml or Unattend.xml file is processed.
  • ファイルではコメントはサポートされていません LayoutModification.xmlComments are not supported in the LayoutModification.xml file.
  • で構成できる設定の一覧 LayoutModification.xml (OEM シナリオでサポートされていないものを含む)、その他の xml の例、および xml ファイルをデバイスに追加する手順については、「 Windows 10 のデスクトップエディションのレイアウト Xml の開始」 (リファレンス)を参照してください。For an inclusive list of settings that can be configured in LayoutModification.xml (including those NOT supported for OEM scenarios), other XML examples, and instructions on adding the XML file to the device, see Start layout XML for desktop editions of Windows 10 (Reference).
  • C:\Recovery\AutoApply\LayoutModification.xmlプッシュボタンのリセット時に復元されるように、ファイルのバックアップコピーをに配置することをお勧めします。We recommend placing a backup copy of the file at C:\Recovery\AutoApply\LayoutModification.xml so it will be restored during a push-button reset.

OEM グループのカスタマイズCustomizing the OEM group

OEM グループは、3つの中規模のタイルと、最大3つの中規模のタイルで構成されていますが、この領域を埋めるには、小、中、横、および大きいタイルサイズのサポートされている組み合わせを含めることができます。The OEM group is three medium tiles wide and up to three medium tiles tall, but can include any supported combination of small, medium, wide, and large tile sizes to fill this space. 中規模のタイルの1行目が既定で表示されます。タイルグリッド全体は、縦方向にスクロールして、複数行の中規模のタイルが OEM グループに固定されている場合に、より多くのタイルを表示します。One full row of medium tiles is visible by default, and the entire tile grid scrolls vertically to reveal more tiles if more than one row of medium tiles are pinned to the OEM group.

Windows 10 以降では、バージョン1903が使用されるようになります。Beginning with Windows 10, version 1903:

  • 2つの列のレイアウトは非推奨とされます (中規模レイアウト)。The two column layout is deprecated (medium layout).
  • 4つの中規模タイル (8 セル全体) のオプションは非推奨とされます。The option of four medium tiles (8-cell-wide) per row is deprecated.
  • 2つの OEM グループは、1つのグループに統合されています。The two OEM groups are consolidated into a single group.

注: これらの変更は、新規 (またはクリーンインストール) デバイスにのみ適用されます。Note: These changes apply to new (or clean install) devices only. Windows 10 バージョン1903にアップグレードするデバイスでは、既存のスタートレイアウトが変更されることはありません。Devices that upgrade to Windows 10, version 1903, will not experience a change to their existing Start layout. 1903にアップグレードされたデバイスで作成された新しいアカウントには、新しいスタートレイアウトと、アップグレード後にプッシュボタンをリセットするデバイスが表示されます。New accounts created on a device that has been upgraded to 1903 will see the new Start layout, as well as devices that do a push button reset after the upgrade.

タイルのサイズと位置Tile sizes and position

start:Tile では、属性の4つの異なる値がサポートされてい Size ます。start:Tile supports four different values for the Size attribute:

  • 小さいタイル (1x1)Small tile (1x1)
  • 中規模のタイル (2x2)Medium tile (2x2)
  • ワイドタイル (4x2)Wide tile (4x2)
  • 大きいタイル (4 × 4)Large tile (4x4)

をグループに配置するには、 start:Tile Row 属性と属性の値を設定し Column ます。To position a start:Tile in the group, set the Row and Column attributes values. これらの属性は、グループ内のタイルの上端と左端の位置を決定します。These attributes determine the position of the upper, left edge of the tile within the group. 0,0位置は最初の行、最初の列です。The 0,0 position is the first row, first column.

たとえば、次の図は、小さいタイル、中規模のタイル、およびそれらの配置を含むサンプルグループを示しています。For example, the image below shows a sample group with small, medium, and wide tiles and their positioning.

レイアウトグリッドの開始

タイルレイアウトでは、レイアウトのギャップの外観を作成しないことをお勧めします。We recommend that your tile layouts don't create the appearance of gaps in the layout.

グループ名Group name

Windows 10 バージョン1809以降、OEM グループには OEM 名またはハードウェアブランドを説明するグループ名が含まれている必要があります。Starting with Windows 10, version 1809, the OEM group must include a group name that describes either the OEM name or hardware brand. 例外: グループ内にタイルの行が1つしかない場合は、グループ名をオプションにすることができます。また、行の最初のタイルには、OEM またはブランドの名前またはロゴが目立つように表示されます。Exception: the group name can be ommitted if there's only a single row of tiles in the group, and the first tile in the row prominently contains the OEM or brand name or logo.

グループ名を設定するには、次のように、 Name 要素内で属性を指定し AppendGroup ます。 <AppendGroup Name="OEM Group Name">To set a group name, specify the Name attribute within the AppendGroup element, like this: <AppendGroup Name="OEM Group Name">

タイルは、次のように起動するように構成できます。Tiles can be configured to launch:

  • ユニバーサル Windows アプリまたは Windows 8/8.1 アプリ (要素を使用 start:Tile )A Universal Windows or Windows 8/8.1 app (using the start:Tile element)
  • Windows (Win32) デスクトップアプリケーション (要素を使用 start:DesktopApplicationTile )A Windows (Win32) desktop application (using the start:DesktopApplicationTile element)
  • Microsoft Edge で開く web リンク (要素を使用 start:SecondaryTile ) または既定のブラウザー (要素を使用 start:DesktopApplicationTile )A web link that opens in Microsoft Edge (using the start:SecondaryTile element) or the default browser (using the start:DesktopApplicationTile element)

注意

スタートレイアウトにピン留めされている各タイルは、1つのアプリまたは web サイトを起動する必要があります。Each tile pinned to the Start layout must launch a single app or website. アプリのグループを起動したり、フォルダーにしたりすることはできません。It must not launch a group of apps or be a folder.

アプリのタイルApp tiles

要素を使用して、 start:Tile ユニバーサル Windows アプリまたは windows 8/8.1 アプリをスタートレイアウトにピン留めします。Use the start:Tile element to pin a Universal Windows app or a Windows 8/8.1 app to the Start layout. 起動するアプリを指定するには、 AppUserModelID の属性を、 start:Tile アプリに関連付けられているアプリケーションユーザーモデル ID (AUMID) に設定します。To specify the app to launch, set the AppUserModelID attribute of start:Tile to the application user model ID (AUMID) associated with the app. AUMID では大文字と小文字が区別されます。The AUMID is case-sensitive.

ヒント

インストールされているアプリの AUMID を検索するには、「 インストールされているアプリのアプリケーションユーザーモデル ID を検索する」を参照してください。To find the AUMID for an installed app, see Find the Application User Model ID of an installed app.

この例では、Windows 電卓アプリをピン留めする方法を示します。This example shows how to pin the Windows Calculator app:

<start:Tile
  AppUserModelID="Microsoft.WindowsCalculator_8wekyb3d8bbwe!App"
  Size="2x2"
  Row="0"
  Column="0"/>

要素を使用して、 start:DesktopApplicationTile Windows (Win32) デスクトップアプリケーションをスタートレイアウトにピン留めします。Use the start:DesktopApplicationTile element to pin a Windows (Win32) desktop application to the Start layout. これらのタイルに対して起動するアプリケーションを指定するには、次の2つの方法があります。There are two ways to specify which application to launch for these tiles:

  1. DesktopApplicationLinkPath Windows (Win32) デスクトップアプリケーションへのショートカットリンク (.lnk ファイル) へのパスに設定します。Set the DesktopApplicationLinkPath to a path to a shortcut link (.lnk file) to a Windows (Win32) desktop application. 次に、.lnk メソッドを使用してコマンドプロンプトデスクトップアプリケーションをピン留めする方法を示します。The following shows how to pin the Command Prompt desktop application using the .lnk method:

    <start:DesktopApplicationTile
      DesktopApplicationLinkPath="%appdata%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\System Tools\Command Prompt.lnk"
      Size="2x2"
      Row="0"
      Column="0"/>
    
  2. DesktopApplicationID 既知の場合は、アプリケーションの ID をに設定します。Set the DesktopApplicationID to the application's ID, if it's known. アプリケーションにアプリケーションがインストールされていない場合は、上のショートカットリンクオプションを使用します。If the application doesn't have one, use the shortcut link option above. 次の例では、デスクトップアプリケーション ID を指定して、エクスプローラーの Windows デスクトップアプリケーションをピン留めする方法を示します。The following example shows how to pin the File Explorer Windows desktop application by specifying the desktop application ID:

    <start:DesktopApplicationTile
      DesktopApplicationID="Microsoft.Windows.Explorer"
      Size="2x2"
      Row="0"
      Column="0"/>
    

重要

Windows 10 バージョン1803では、すべてのアプリはスタートレイアウトにピン留めするか、DISM の新しい region パラメーターを使用してプレインストールする必要があります。そうしないと、そのレイアウトを使用するシステムですべてのアプリが削除されます。In Windows 10, version 1803, all apps must either be pinned to the Start layout, and/or pre-installed using the new region parameter in DISM, otherwise they will be removed on any system that uses that layout. 新しいパラメーターの使用に関するガイダンスについては、「 DISM を使用したアプリのプレインストール 」を参照してください。See Preinstall apps using DISM for guidance on using the new parameter.

Web リンクタイルは、セカンダリタイルを使用して Microsoft Edge で開くことができます。または、url ファイルを使用して既定のブラウザーを開くこともできます。Web link tiles can open in Microsoft Edge by using a secondary tile, or the default browser by using a .url file.

Microsoft Edge で開く web リンクタイルを作成するには、 SecondaryTile レイアウトに要素を追加し、属性のエッジを指定し AppUserModelID ます。To create a web link tile that will open in Microsoft Edge, add a SecondaryTile element to the layout and specify Edge in the AppUserModelID attribute.

<start:SecondaryTile
  AppUserModelID="Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge"
  TileID="MyWeblinkTile"
  Arguments="https://www.fabrikam.com"
  DisplayName="Fabrikam"
  Square150x150LogoUri="ms-appx:///Assets/MicrosoftEdgeSquare150x150.png"
  Wide310x150LogoUri="ms-appx:///Assets/MicrosoftEdgeWide310x150.png"
  ShowNameOnSquare150x150Logo="true"
  ShowNameOnWide310x150Logo="false"
  BackgroundColor="#000000"
  Size="2x2"
  Row="0"
  Column="4"/>

既定のブラウザーで開く web リンクタイルを作成するには、次のように url ファイルを作成します。To create a web link tile that will open in the default browser, create a .url file:

  1. デスクトップを右クリックし > 新しい > ショートカットRight click on Desktop > New > Shortcut

  2. などの URL を入力します。 https://www.fabrikam.comType a URL such as https://www.fabrikam.com

  3. [Next](次へ) をクリックしますClick Next

  4. Fabrikam などのショートカットの名前を入力し、[完了] をクリックします。Type a name for the shortcut such as Fabrikam and click Finish. .Url ファイルがデスクトップに保存されます。The .url file is saved to your desktop.

  5. フォルダー内のイメージに .url ファイルを追加 %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\ し、 DesktopApplicationTile レイアウトに要素を追加します。Add the .url file to the image in the %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\ folder, and then add a DesktopApplicationTile element to the layout:

    <start:DesktopApplicationTile
       DesktopApplicationID="https://www.fabrikam.com"
       Size="2x2"
       Row="0"
       Column="2"/>
    

Office タイルの構成Configuring Office tiles

デバイスと Windows のバージョンによっては、異なるバージョンの Office をインストールする場合があります。Depending on your device and Windows version, you might install different versions of Office.

現在: Office のクリックから実行 (C2R)Current: Office Click-to-Run (C2R)

Windows 10 バージョン1903以降では、Office プレインストールキット (OPK) を使用して、C2R バージョンの Office をインストールします。Beginning with Windows 10, version 1903, install the C2R version of Office using the Office pre-installation kit (OPK). このバージョンの Office がインストールされている場合は、 に office 関連 LayoutModification.xml のタグを追加しない でください。When this version of Office is installed, don't add any Office-related tags to LayoutModification.xml. Windows は Office のインストールを自動的に検出し、適切なタイルを開始するための拡張可能なフォルダーに追加します。Windows will automatically detect the Office installation and add the appropriate tiles to Start, in an expandable folder. ユーザーが展開可能なフォルダーをクリックすると、フォルダーが展開され、インストールされている Office タイルが表示されます。When a user clicks the expandable folder, the folder expands to show installed Office tiles.

非推奨: ダウングレードされたデバイスのための Office のクリックツー実行 (C2R)Deprecated: Office Click-to-Run (C2R) for devices with downgrade facilitiation

Windows 7 へのダウングレードの推進を含む Windows 10 Pro standard バージョン ( 1809 および1803のみ、1903以降には適用されません ) については、次の2つのタグをに追加し LayoutModification.xml ます。For Windows 10 Pro standard versions ( 1809 and 1803 only, does not apply to 1903 or later ) that include downgrade facilitation to Windows 7, add the following two tags to LayoutModification.xml:

<AppendOfficeSuite/>
<AppendOfficeSuiteChoice Choice="Desktop2016"/>

非推奨: Office 365 グループ (Centennial)Deprecated: Office 365 Group (Centennial)

Windows 10 バージョン 1903 では、この設定は非推奨とされており、使用しないでください。For Windows 10, version 1903 , this setting is deprecated and shouldn't be used. PC が Windows 10 バージョン1809から Windows 10 バージョン1903にアップグレードされ、新しいユーザーアカウントが作成された場合、Office タイルは "Office 365" グループではなく "生産性" グループに表示されます。If a PC is upgraded from Windows 10, version 1809, to Windows 10, version 1903, and a new user account is created, Office tiles will be displayed in the “Productivity” group instead of an "Office 365" group.

Windows 10 バージョン 1809 では、画面のサイズが10.1 インチ以上で、windows 7 へのダウングレードの推進が含まれていないすべてのデバイスで、Office デスクトップブリッジサブスクリプションが必要です。For Windows 10, version 1809 , Office Desktop Bridge Subscription is required on all devices where the screen is 10.1 inches or larger and does not include downgrade facilitation to Windows 7. 一致する Office プレインストールキット (OPK) 18.10 を使用します。Use the matching Office Preinstallation Kit (OPK) 18.10.

Windows 10 バージョン 1803 では、画面が10.1 インチ以上のすべてのデバイスで Office デスクトップブリッジサブスクリプションをお勧めします。In Windows 10, version 1803 , Office Desktop Bridge Subscription is recommended on all devices where the screen is 10.1 inches or larger. 一致する OPK 16.5 を使用します。Use the matching OPK 16.5.

これらのバージョンについてのみ、次の2つのタグを LayoutModification.xml に追加します。For these versions only, add the following two tags to LayoutModification.xml:

<AppendOfficeSuite/>
<AppendOfficeSuiteChoice Choice="DesktopBridgeSubscription"/>

非推奨: Office デスクトップ (Centennial)Deprecated: Office Desktop (Centennial)

Windows 10 バージョン1803でのみ (を1809または1903と共に使用しないでください)、このオプションは、Office (afo) のライセンス認証が有効になっているデバイスに使用できます。In Windows 10, version 1803 only (do not use with 1809 or 1903), this option may be used for devices shipping with Activation for Office (AFO) Perpetual. このシナリオでのみ、次の2つのタグを LayoutModification.xml に追加します。For this scenario only, add the following two tags to LayoutModification.xml:

<AppendOfficeSuite/>
<AppendOfficeSuiteChoice Choice="DesktopBridge"/>

非推奨: Office モバイルDeprecated: Office Mobile

Windows 10 バージョン1903では、画面のサイズに関係なく、このデバイスをどのデバイスにもインストールしないでください。In Windows 10, version 1903, do not install this on any device, regardless of screen size. 代わりに、C2R バージョンの Office をインストールしてください。Install the C2R version of Office instead.

Windows 10 バージョン1803またはバージョン1809では、画面がバンドル/パッケージキーボードを使用せずに10.1 インチ以下であるデバイス用に Office Mobile をインストールする必要があります。In Windows 10, version 1803 or version 1809, required installation of Office Mobile for devices where the screen is less than or equal to 10.1 inches with no bundles/packaged keyboard. このシナリオの場合のみ: LayoutModification.xml に次のタグを追加します。For this scenario only: add the following tag to LayoutModification.xml:

<AppendOfficeSuite/>

さまざまなリージョンのスタートレイアウトをカスタマイズするCustomize the Start layouts for different regions

ファイルのタグの属性を使用して、 Region RequiredStartGroups LayoutModification.xml 地域ごとに異なる開始レイアウトを指定します。Use the Region attribute of the RequiredStartGroups tag in the LayoutModification.xml file to specify different Start layouts per region. 詳細については、開始レイアウト XML リファレンスの Requiredstartgroups タグ に関するページを参照してください。To learn more, see RequiredStartGroups tag in the Start Layout XML Reference.

または、Windows プロビジョニングで multivariant 機能を使用して、リージョンごとに異なるスタートレイアウトを指定します。Alternatively, use multivariant capabilities in Windows provisioning to specify different Start layouts per region. 詳細については、「スタートレイアウト XML リファレンス」の「 Windows プロビジョニングの multivariant サポートの使用 」を参照してください。To learn more, see Use Windows Provisioning multivariant support in the Start Layout XML Reference.

動的に配信されたアプリDynamically delivered apps

スタート画面のレイアウトの一部のアプリは、Out of Box Experience (OOBE) の完了後に動的にダウンロードされます。Some apps in the Start layout are downloaded dynamically after the Out of Box Experience (OOBE) completes. デバイスが従量制ネットワーク上にある場合、またはネットワーク接続がない場合は、アプリのダウンロードが一時停止され、次の図に示すように、アプリのタイルにアプリ名の代わりに下矢印が表示されます。If the device is on a metered network, or without network connectivity, app downloads are paused, and the user will see down arrows instead of the app name on the app tiles, as in the following image. ダウンロードは、ネットワークの接続後に開始または再開されます。The downloads start or resume after the network connects.

アプリをダウンロードしてレイアウトを開始する

Windows 10 バージョン1903以降では、動的に配信されるアプリは、Home および Pro (ドメインに参加していない) Sku にのみ存在します。Beginning with Windows 10, version 1903, dynamically delivered apps will only exist on Home and Pro (non-domain joined) SKUs. Pro SKU バリアント (ドメイン参加済み)、Enterprise、および EDU Sku は、プログラム可能なタイルを受け取りません。Pro SKU variants (domain-joined), Enterprise, and EDU SKUs will not receive programmable tiles.

また、Oem は、必要に応じて、Pro SKU で商用顧客が使用するデバイスに動的に配信されるアプリを表示するかどうかを指定することもできます。OEMs can also optionally specify whether dynamically delivered apps appear on devices used by Commercial customers on the Pro SKU. 次の変更は、 LayoutModification.xml 商用デバイス用のファイルでのみ使用できます。The following modification may only be used in the LayoutModification.xml file for commercial devices:

<LayoutOptions DeviceCategoryHint="Commercial" />

このプロパティが設定されている場合、Pro SKU に同梱されているデバイスは商用として扱われます。つまり、OOBE 中にエンドユーザーがドメインに参加していない場合でも、エンタープライズスタートレイアウトのタイルが減り、動的に配信されたアプリは受け取りません。If this property is set, devices that ship with the Pro SKU will be treated as Commercial, meaning they will receive the Enterprise Start layout with fewer tiles and no dynamically delivered apps even if the end user doesn't join a domain during OOBE. このプロパティは、Home SKU では使用できません。また、コンシューマーの顧客が使用できる Pro SKU デバイスに使用することもできません。This property may not be used for Home SKU, nor may it be used for Pro SKU devices that may be used by consumer customers.

また、動的に配信されるアプリは、"クリックしてインストールする" 配信メカニズムへの移行を開始します。Additionally, dynamically delivered apps will begin to transition to a "click-to-install" delivery mechanism. OOBE の後、アプリとゲームでプログラミング可能なタイルが表示されますが、アプリまたはゲームはまだデバイスにダウンロードされません。After OOBE, app and game programmable tiles will appear, but the app or game will not yet be downloaded to the device. 顧客がスタートで "クリックしてインストール" するアプリやゲームを開始すると、その特定のアプリまたはゲームは、ユーザーをストアにリダイレクトすることなく (ユーザーがインターネットに接続されていることを前提として)、デバイスにダウンロードされます。When a customer launches a "click-to-install" app or game in Start, that specific app or game will download to the device without redirecting the user to the Store (assuming the user is connected to the internet). すべてのアプリとゲームが、すぐに "クリックしてインストール" に移行するわけではありません。Not all apps and games will transition to "click-to-install" immediately.

注: 政府の規制により、Windows 10 バージョン1809以降、動的に配信されたアプリとゲームは、OOBE 中に中国のリージョンを選択するデバイスで無効になっています。Note: Due to government regulations, beginning with Windows 10, version 1809, dynamically delivered apps and games have been disabled for devices that select the China region during OOBE.

最初の実行タスクFirst run tasks

最初の実行タスクとは、ユーザーが初めて Windows にサインインしたときにアクティブになるバックグラウンドタスクのことです。First Run Tasks are background tasks that are active when the user first signs into Windows. 最初の実行タスクは、では使用できません LayoutModification.xmlFirst Run Tasks are not available in LayoutModification.xml. ただし、の場合と同じ AppID を使用して、 Starttiles タグを含む Unattend.xml ファイルを含めることで、引き続き使用でき LayoutModification.xml ます。However, you can still use them by including an Unattend.xml file with StartTiles tags using the same AppID as in LayoutModification.xml.

AppendGroupタグがに存在する場合は LayoutModification.xml 、すべての開始ピンの Unattend.xml がオーバーライドされます。If the AppendGroup tag is present in LayoutModification.xml, it will override Unattend.xml for all Start pinning. ただし、LayoutModification.xml と同じ AppID に Unattend.xml Starttiles タグが存在する場合、Unattend.xml からの開始タスクが尊重されます。However, if an Unattend.xml StartTiles tag exists for the same AppID as in LayoutModification.xml, the FirstRunTask from Unattend.xml will be respected.

たとえば、次の LayoutModfication.xml ようなアプリを指定するファイルを含めます。For example, include a LayoutModfication.xml file specifying an app like this:

<start:Tile AppUserModelID="Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge" Size="2x2" Row="0" Column="0"/>

また、次のように同じ AppID を指定する Unattend.xml ファイルも含めます。Also include an Unattend.xml file specifying the same AppID like this:

<SquareOrDesktopTile5>
    <AppId>Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge</AppId>
    <FirstRunTask>BackgroundTasks_Notifications.Services.MessagingBackgroundTask</FirstRunTask>
</SquareOrDesktopTile5>