アプリ機能の宣言App capability declarations

一部の API またはピクチャ、ミュージック、デバイス (カメラ、マイクなど) などのリソースにアクセスするには、機能をユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリの パッケージ マニフェスト で宣言する必要があります。Capabilities must be declared in your Universal Windows Platform (UWP) app's package manifest to access certain API or resources like pictures, music, or devices such as the camera or the microphone.

特定のリソースまたは API へのアクセスを要求するには、アプリの パッケージ マニフェスト で機能を宣言します。You request access to specific resources or API by declaring capabilities in your app's package manifest. 一般的な機能は Microsoft Visual Studio の マニフェスト デザイナー で宣言できるほか、パッケージ マニフェストに手動で追加することもできます。You can declare general capabilities by using the Manifest Designer in Microsoft Visual Studio, or you can add them manually. 詳しくは、「パッケージ マニフェストで機能を指定する方法」をご覧ください。For more information, see How to specify capabilities in a package manifest. ユーザーがストアからアプリを入手するときに、アプリで宣言されているすべての機能が通知されることを知っておくのは重要です。It is important to know that when customers get your app from the Store, they're notified of all the capabilities that the app declares. アプリに不要な機能を宣言しないでください。Avoid declaring capabilities that your app doesn't need.

一部の機能では、アプリが機密性の高いリソースにアクセスできます。Some capabilities provide apps with access to a sensitive resource. ユーザーの個人データにアクセスしたり、ユーザーに課金したりできるため、これらのリソースは機密性の高いリソースと見なされます。These resources are considered sensitive because they can access the user's personal data or cost the user money. 設定アプリで管理されるプライバシー設定で、機密性の高いリソースへのアクセスを動的に制御することができます。Privacy settings, managed by the Settings app, let the user dynamically control access to sensitive resources. したがって、機密性の高いリソースが常に利用できるとアプリで認識されないことが重要です。Thus, it's important that your app doesn't assume a sensitive resource is always available. 機密性の高いリソースへのアクセスについて詳しくは、「個人データにアクセスするアプリのガイドライン」をご覧ください。For more info about accessing sensitive resources, see Guidelines for privacy-aware apps. 機密性の高いリソースへのアクセス許可をアプリに与える機能は、機能のシナリオの横にアスタリスク (*) が付いています。Capabilities that provide apps with access to a sensitive resource are annotated by an asterisk (*) next to the capability scenario.

次のとおり、3 種類の機能があります。There are three types of capabilities, which are described below:

  • アプリのほとんどのシナリオに適用される一般的な用途の機能。General-use capabilities that apply to most common app scenarios.

  • アプリが周辺機器と内部デバイスにアクセスできるようにするデバイス機能。Device capabilities that allow your app to access peripheral and internal devices.

  • Microsoft Store への提出の承認が必要であるか、通常は Microsoft および特定のパートナーだけが利用可能な制限付き機能。Restricted capabilities that require approval for Store submission and/or are generally only available to Microsoft and certain partners.

一般的な用途の機能General-use capabilities

一般的な用途の機能は、ストア アプリのほとんどのシナリオに適用される機能です。General-use capabilities apply to the most common app scenarios.

機能のシナリオCapability scenario 機能の使用法Capability usage
音楽*Music* musicLibrary 機能は、ユーザーの音楽ライブラリへのプログラムによるアクセスを提供します。これによって、ユーザーの操作なしで、ライブラリ内のすべてのファイルを列挙してそれらのファイルにアクセスできます。The musicLibrary capability provides programmatic access to the user's Music, allowing the app to enumerate and access all files in the library without user interaction. 通常、この機能は、音楽ライブラリ全体を利用するジュークボックス アプリで使われます。This capability is typically used in jukebox apps that make use of the entire Music library.

ファイル ピッカーは、アプリで使うファイルをユーザーが開くことができる強力な UI メカニズムを提供します。The file picker provides a robust UI mechanism that lets users open files for use with an app. musicLibrary 機能を宣言するのは、アプリのシナリオでプログラムによるアクセスが必要であるため、ファイル ピッカーでは実現できない場合だけにしてください。Declare the musicLibrary capability only when the scenarios for your app require programmatic access and can't be realized by using the file picker.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、musicLibrary 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The musicLibrary capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="musicLibrary"/></Capabilities>
画像*Pictures* picturesLibrary 機能は、ユーザーの画像へのプログラムによるアクセスを提供します。これによって、ユーザーの操作なしで、ライブラリ内のすべてのファイルを列挙してそれらのファイルにアクセスできます。The picturesLibrary capability provides programmatic access to the user's Pictures, allowing the app to enumerate and access all files in the library without user interaction. 通常、この機能は、画像ライブラリ全体を利用する写真再生アプリで使われます。This capability is typically used in photo apps that make use of the entire Pictures library.

ファイル ピッカーは、アプリで使うファイルをユーザーが開くことができる強力な UI メカニズムを提供します。The file picker provides a robust UI mechanism that lets users open files for use with an app. picturesLibrary 機能を宣言するのは、アプリのシナリオでプログラムによるアクセスが必要であるため、ファイル ピッカーでは実現できない場合だけにしてください。Declare the picturesLibrary capability only when the scenarios for your app require programmatic access and can't be realized them by using the file picker.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、picturesLibrary 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The picturesLibrary capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="picturesLibrary"/></Capabilities>
ビデオ*Videos* videosLibrary 機能は、ユーザーのビデオへのプログラムによるアクセスを提供します。これによって、ユーザーの操作なしで、ライブラリ内のすべてのファイルを列挙してそれらのファイルにアクセスできます。The videosLibrary capability provides programmatic access to the user's Videos, allowing the app to enumerate and access all files in the library without user interaction. 通常、この機能は、ビデオ ライブラリ全体を利用するムービー再生アプリで使われます。This capability is typically used in movie-playback apps that make use of the entire Videos library.

ファイル ピッカーは、アプリで使うファイルをユーザーが開くことができる強力な UI メカニズムを提供します。The file picker provides a robust UI mechanism that lets users open files for use with an app. videosLibrary 機能を宣言するのは、アプリのシナリオでプログラムによるアクセスが必要であるため、ファイル ピッカーでは実現できない場合だけにしてください。Declare the videosLibrary capability only when the scenarios for your app require programmatic access and can't be realized by using the file picker.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、videosLibrary 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The videosLibrary capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="videosLibrary"/></Capabilities>
リムーバブル記憶域Removable Storage removableStorage 機能は、パッケージ マニフェストで宣言されたファイルの種類の関連付けに限定された、USB キーや外部ハード ドライブなどのリムーバブル ストレージ上のファイルへのプログラムによるアクセスを提供します。The removableStorage capability provides programmatic access to files on removable storage, like USB keys and external hard drives, filtered to the file-type associations declared in the package manifest. たとえば、ドキュメント リーダー アプリで .doc ファイルの種類の関連付けを宣言すると、リムーバブル ストレージ デバイス上の .doc ファイルを開くことはできますが、他の種類のファイルを開くことはできません。For example, if a document-reader app declares a .doc file-type association, it can open .doc files on the removable storage device, but not other types of files. ユーザーのリムーバブル ストレージ デバイスにはさまざまな情報が含まれている可能性があり、リムーバブル ストレージにプログラムでアクセスするときは宣言された種類のファイルすべてについて正当な理由が求められるため、この機能を宣言する場合は注意が必要です。Be careful when you declare this capability, because users may include a variety of info in their removable storage devices, and will expect your app to provide a valid justification for programmatic access to the removable storage for all files of the declared type.

ユーザーは、関連付けが宣言されたファイルはアプリで処理されるものと考えます。Users will expect your app to handle any file associations that you declare. そのため、責任を持って処理できないファイルについては、関連付けを宣言しないでください。So don't declare file associations that your app cannot handle responsibly. ファイル ピッカーは、アプリで使うファイルをユーザーが開くことができる強力な UI メカニズムを提供します。The file picker provides a robust UI mechanism that lets users open files for use with an app.

removableStorage 機能を宣言するのは、アプリのシナリオでプログラムによるアクセスが必要であるため、ファイル ピッカーでは実現できない場合だけにしてください。Declare the removableStorage capability only when the scenarios for your app require programmatic access and can't be realized by using the file picker.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、removableStorage 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The removableStorage capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="removableStorage"/></Capabilities>
インターネットとパブリック ネットワーク*Internet and public networks* インターネットとパブリック ネットワークに対するさまざまなレベルのアクセスを提供する機能は 2 つあります。There are two capabilities that provide different levels of access to the Internet and public networks.

internetClient 機能を使うと、アプリはインターネットから着信データを受信できます。The internetClient capability indicates that apps can receive incoming data from the Internet. サーバーとして機能することはできません。Cannot act as a server. ローカル ネットワーク アクセスはありません。No local network access.
internetClientServer 機能を使うと、アプリはインターネットから着信データを受信できます。The internetClientServer capability indicates that apps can receive incoming data from the Internet. サーバーとして機能できます。Can act as a server. ローカル ネットワーク アクセスはありません。No local network access.

Web サービス コンポーネントを持つほとんどのアプリで internetClient を使います。Most apps that have a web service component will use internetClient. 着信ネットワーク接続をリッスンする必要があるピア ツー ピア (P2P) シナリオを実現するアプリは internetClientServer を使う必要があります。Apps that enable peer-to-peer (P2P) scenarios where the app needs to listen for incoming network connections should use internetClientServer. internetClientServer 機能には internetClient 機能で提供されるアクセスが含まれるため、internetClientServer を指定した場合は internetClient を指定する必要はありません。The internetClientServer capability includes the access that the internetClient capability provides, so you don't need to specify internetClient when you specify internetClientServer.
ホーム ネットワークと社内ネットワーク*Homes and work networks* privateNetworkClientServer 機能は、ファイアウォール経由でのホーム ネットワークおよび社内ネットワークへの入力方向および出力方向のアクセスを提供します。The privateNetworkClientServer capability provides inbound and outbound access to home and work networks through the firewall. 通常、この機能は、ローカル エリア ネットワーク (LAN) 上で通信するゲーム、およびさまざまなローカル デバイスでデータを共有するアプリで使われます。This capability is typically used for games that communicate across the local area network (LAN), and for apps that share data across a variety of local devices. アプリで musicLibrarypicturesLibrary、または videosLibrary を指定している場合は、ホーム グループ内の対応するライブラリにアクセスするためにこの機能を使う必要はありません。If your app specifies musicLibrary, picturesLibrary, or videosLibrary, you don't need to use this capability to access the corresponding library in a Home Group. Windows の場合、この機能はインターネットへのアクセスを提供しません。On Windows, this capability does not provide access to the Internet.
予定Appointments appointments 機能は、ユーザーの予定ストアへのアクセスを提供します。The appointments capability provides access to the user’s appointment store. この機能によって、同期されたネットワーク アカウントから取得された予定や、予定ストアへの書き込みを行う他のアプリに対する読み取りアクセスが可能になります。This capability allows read access to appointments obtained from the synced network accounts and to other apps that write to the appointment store. この機能を使うと、アプリで新しいカレンダーを作り、そのカレンダーに予定を書き込むことができます。With this capability, your app can create new calendars and write appointments to calendars that it creates.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、appointments 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The appointments capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="appointments"/></Capabilities>
連絡先*Contacts* contacts 機能は、さまざまな連絡先ストアからの連絡先が集約されたビューへのアクセスを提供します。The contacts capability provides access to the aggregated view of the contacts from various contacts stores. この機能によって、アプリでは、さまざまなネットワークやローカルの連絡先ストアから同期された連絡先に制限付きでアクセスできます (ネットワーク許可規則が適用されます)。This capability gives the app limited access (network permitting rules apply) to contacts that were synced from various networks and the local contact store.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、contacts 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The contacts capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="contacts"/></Capabilities>
コード生成Code generation codeGeneration 機能を使うと、アプリは JIT が可能になる次の機能にアクセスできます。The codeGeneration capability allows apps to access the following functions which provide JIT capabilities to apps.

VirtualProtectFromAppVirtualProtectFromApp
CreateFileMappingFromAppCreateFileMappingFromApp
OpenFileMappingFromAppOpenFileMappingFromApp
MapViewOfFileFromAppMapViewOfFileFromApp
AllJoynAllJoyn allJoyn 機能を使うと、ネットワーク上の AllJoyn 対応のアプリやデバイスは、相互に検出を行い、対話することができます。The allJoyn capability allows AllJoyn-enabled apps and devices on a network to discover and interact with each other.

Windows.Devices.AllJoyn 名前空間の API にアクセスするすべてのアプリは、この機能を使う必要があります。All apps that access APIs in the Windows.Devices.AllJoyn namespace must use this capability.
通話Phone calls phoneCall 機能を使うと、アプリは、デバイスのすべての電話回線にアクセスし、次の機能を実行できます。The phoneCall capability allows apps to access all of the phone lines on the device and perform the following functions.

ユーザーに確認を求めずに、電話回線での通話を実行してシステムのダイヤラーを表示します。Place a call on the phone line and show the system dialer without prompting the user.
電話回線に関連するメタデータへアクセスします。Access line-related metadata.
電話回線に関連するトリガーへアクセスします。Access line-related triggers.
ユーザーが選んだスパム フィルター アプリで、禁止一覧と呼び出し元の情報を設定し、確認することができます。Allows the user-selected spam filter app to set and check block list and call origin information.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、phoneCall 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The phoneCall capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="phoneCall"/></Capabilities>
phoneCallHistoryPublic 機能を使うと、アプリはデバイス上の電話と一部の VOIP の通話履歴を読み取ることができます。The phoneCallHistoryPublic capability allows apps to read cellular and some VOIP call history information on the device. また、VOIP の通話履歴のエントリを書き込むこともできます。This capability also allows the app to write VOIP call history entries. この機能は、PhoneCallHistoryStore クラスのすべてのメンバーへのアクセスに必要です。This capability is required to access all members of the PhoneCallHistoryStore class.
通話が録音されているフォルダー*Recorded Calls Folder* recordedCallsFolder デバイス機能を使うと、アプリは通話が録音されているフォルダーにアクセスできます。The recordedCallsFolder device capability allows apps to access the recorded calls folder.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、recordedCallsFolder 機能に mobile 名前空間を含める必要があります。The recordedCallsFolder capability must include the mobile namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><mobile:Capability Name="recordedCallsFolder"/></Capabilities>
ユーザー アカウント情報*User Account Information* userAccountInformation 機能を使うと、アプリはユーザーの名前と画像にアクセスできるようになります。The userAccountInformation capability gives apps the ability to access the user's name and picture.

Windows.System.UserProfile 名前空間の一部の API にアクセスする場合は、この機能が必要になります。This capability is required to access some APIs in the Windows.System.UserProfile namespace.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、userAccountInformation 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The userAccountInformation capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="userAccountInformation"/></Capabilities>
VOIP 呼び出しVOIP calling voipCall 機能を使うと、アプリは Windows.ApplicationModel.Calls 名前空間の VOIP 呼び出し API にアクセスできます。The voipCall capability allows apps to access the VOIP calling APIs in the Windows.ApplicationModel.Calls namespace.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、voipCall 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The voipCall capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="voipCall"/></Capabilities>
3D オブジェクト3D Objects objects3D 機能を使用すると、アプリは 3D オブジェクト ファイルにプログラムでアクセスできます。The objects3D capability allows apps to have programmatic access to the 3D object files. 通常、この機能は、3D オブジェクト ライブラリ全体にアクセスする必要がある 3D アプリやゲームで使用されます。This capability is typically used in 3D apps and games that need access to the entire 3D objects library.

Windows.Storage 名前空間の API を使って 3D オブジェクトを含むフォルダーにアクセスする場合は、この機能が必要になります。This capability is required to access the folder that contains the 3D objects using APIs in the Windows.Storage namespace.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、objects3D 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The objects3D capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="objects3d"/></Capabilities>
ブロックされているメッセージの読み取り*Read Blocked Messages* blockedChatMessages 機能を使うと、アプリはスパム フィルター アプリでブロックされた SMS メッセージや MMS メッセージを読み取ることができます。The blockedChatMessages capability allows apps to read SMS and MMS messages that have been blocked by the Spam Filter app.

Windows.ApplicationModel.Chat 名前空間の API を使ってブロックされたメッセージにアクセスする場合は、この機能が必要になります。This capability is required to access the blocked messages using APIs in the Windows.ApplicationModel.Chat namespace.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、blockedChatMessages 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The blockedChatMessages capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><uap:Capability Name="blockedChatMessages"/></Capabilities>
IoT 下位レベルのバス ハードウェアIoT Low-level Bus Hardware lowLevelDevices 機能を使うと、IoT デバイスで動作するアプリは、下位レベルのバス ハードウェア (GPIO、I2C、SPI、ADC、PWM など) にアクセスできるようになります。The lowLevelDevices capability allows apps that run on IoT devices to access low-level bus hardware such as GPIO, I2C, SPI, ADC, and PWM.

Windows.Devices.Spi 名前空間の一部の API にアクセスする場合は、この機能が必要になります。This capability is required to access some APIs in the Windows.Devices.Spi namespaces.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、lowLevelDevices 機能に iot 名前空間を含める必要があります。The lowLevelDevices capability must include the iot namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><iot:Capability Name="lowLevelDevices"/></Capabilities>
IoT システム管理IoT System Administration systemManagement 機能を使うと、アプリは基本的なシステム管理者特権 (シャットダウン、再起動、ロケール、タイムゾーンなど) を持つことができます。The systemManagement capability allows apps to have basic system administration privileges such as shutting down or rebooting, locale, and timezone.

Windows.System 名前空間の一部の API にアクセスする場合は、この機能が必要になります。This capability is required to access some of the APIs in the Windows.System namespace.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、systemManagement 機能に iot 名前空間を含める必要があります。The systemManagement capability must include the iot namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.
XMLXML
<Capabilities><iot:Capability Name="systemManagement"/></Capabilities>
バックグラウンドでのメディアの再生Background Media Playback backgroundMediaPlayback 機能は、 MediaPlayer クラスや AudioGraph クラスなど、メディア固有の API の動作を変更して、アプリがバック グラウンドで実行されている間のメディアの再生を有効にします。The backgroundMediaPlayback capability changes the behavior of the media-specific APIs like the MediaPlayer and AudioGraph classes to enable media playback while your app is in the background. アプリがバックグラウンドに移行しても、アクティブなすべてのオーディオ ストリームはミュートせず、音声を発し続けます。All active audio streams will no longer mute, but will continue to be audible when an app transitions to the background. また再生が行われている間はアプリが有効に保たれるように、アプリの有効期間が自動的に延長されます。Additionally, app lifetime will be extended automatically while playback is occurring.
リモート システムRemote System remoteSystem機能を使うと、アプリがユーザーの Microsoft アカウントに関連付けられているデバイスの一覧にアクセスできるようになります。The remoteSystem capability allows apps to have access to a list of devices associated with the user's Microsoft Account. デバイスの一覧へのアクセスは、実行した操作を複数のデバイス間で保持するために不可欠です。Access to the device list is necessary to perform any operations that persist across devices. この機能は、次の項目のすべてのメンバーにアクセスするために必要です。This capability is required to access to all members of the following.

Windows.System.RemoteSystems 名前空間Windows.System.RemoteSystems namespace
Windows.System.RemoteLauncher 名前空間Windows.System.RemoteLauncher namespace
AppServiceConnection.OpenRemoteAsync メソッドAppServiceConnection.OpenRemoteAsync method
空間認知Spatial Perception spatialPerception 機能は、空間マッピング データにプログラムでアクセスし、ユーザーに近い空間内でアプリケーション指定領域のサーフェスに関する情報を Mixed Reality アプリに提供します。The spatialPerception capability provides programmatic access to spatial mapping data, giving mixed reality apps information about surfaces in application-specified regions of space near the user. spatialPerception 機能は、これらのサーフェス メッシュをアプリで明示的に使用する場合にのみ宣言してください。ユーザーの頭部姿勢に基づいて Mixed Reality アプリでホログラフィック レンダリングを実行する場合、この機能は必要ありません。Declare the spatialPerception capability only when your app will explicitly use these surface meshes, as the capability is not required for mixed reality apps to perform holographic rendering based on the user’s head pose.

デバイス機能Device capabilities

デバイス機能を使用すると、アプリは周辺機器と内部デバイスにアクセスできます。Device capabilities allow your app to access peripheral and internal devices. デバイスの機能を指定するには、アプリのパッケージ マニフェストの DeviceCapability 要素を使います。Device capabilities are specified by using the DeviceCapability element in your app package manifest. この要素は追加の子要素を必要とする場合があり、一部のデバイス機能をパッケージ マニフェストに手動で追加する必要があります。This element may require additional child elements and some device capabilities need to be added to the package manifest manually. 詳しくは、「パッケージ マニフェストでデバイス機能を指定する方法」と「DeviceCapability スキーマ リファレンス」をご覧ください。For more info, see How to specify device capabilities in a package manifest and DeviceCapability Schema reference.

機能のシナリオCapability scenario 機能の使用法Capability usage
位置情報*Location* location 機能は、位置情報機能へのアクセスを提供します。この情報は PC が備えている GPS センサーなどの専用ハードウェアや、利用可能なネットワーク情報から取得されます。The location capability provides access to location functionality that is retrieved from dedicated hardware like a GPS sensor in the PC or is derived from available network info. アプリは、ユーザーが [設定] チャームで位置情報サービスを無効にした場合に対応する必要があります。Apps must handle the case in which the user has disabled location services from the Settings charm.
マイクMicrophone microphone 機能は、マイクのオーディオ フィードへのアクセスを提供します。これによって、接続されたマイクからオーディオを録音できます。The microphone capability provides access to the microphone’s audio feed, which allows the app to record audio from connected microphones. アプリは、ユーザーが [設定] チャームでマイクを無効にした場合に対応する必要があります。Apps must handle the case in which the user has disabled the microphone from the Settings charm.
近接Proximity proximity 機能を使うと、きわめて近い場所にある複数のデバイスが相互に通信できます。The proximity capability enables multiple devices in close proximity to communicate with one another. 通常、この機能は、カジュアルなマルチプレーヤー ゲームや情報を交換するアプリで使われます。This capability is typically used in casual multi-player games and in apps that exchange information. デバイスは、Bluetooth、Wi-Fi、インターネットを含む、最適な接続を提供する通信テクノロジを使います。Devices attempt to use the communication technology that provides the best possible connection, including Bluetooth, Wi-Fi, and the Internet. この機能は、デバイス間の通信を開始するためにのみ使われます。This capability is used only to initiate communication between the devices.
WebcamWebcam webcam 機能は、内蔵カメラや外付け Web カメラのビデオ フィードへのアクセスを提供します。これによって、アプリで写真やビデオをキャプチャできます。The webcam capability provides access to the video feed of a built-in camera or external webcam, which allows the app to capture photos and videos. Windows の場合、アプリはユーザーが [設定] チャームでカメラを無効にした場合に対応する必要があります。On Windows, apps must handle the case in which the user has disabled the camera from the Settings charm.
webcam 機能では、ビデオ ストリームへのアクセスだけが許可されます。The webcam capability only grants access to the video stream. オーディオ ストリームへのアクセスも許可するには、microphone 機能を追加する必要があります。In order to grant access to the audio stream as well, the microphone capability must be added.
USBUSB usb デバイス機能を使うと、「USB デバイスのアプリ マニフェスト パッケージの更新」で API にアクセスできます。The usb device capability enables access to APIs in the Updating the app manifest package for a USB device.
ヒューマン インターフェイス デバイス (HID)Human interface device (HID) humaninterfacedevice デバイス機能を使うと、「HID のデバイス機能を指定する方法」の API にアクセスできます。The humaninterfacedevice device capability enables access to APIs in the How to specify device capabilities for HID.
Point of Service (POS)Point of Service (POS) pointOfService デバイス機能を使うと、Windows.Devices.PointOfService 名前空間の API にアクセスできます。The pointOfService device capability enables access to APIs in the Windows.Devices.PointOfService namespace. この名前空間により、アプリは、Point of Service (POS) バー コード スキャナーや磁気ストライプ リーダーにアクセスできます。This namespace lets your app access Point of Service (POS) barcode scanners and magnetic stripe readers. この名前空間は、さまざまな製造元の POS デバイスに UWP アプリからアクセスするための、ベンダーに依存しないインターフェイスを提供します。The namespace provides a vendor-neutral interface for accessing POS devices from various manufacturers from a UWP app.
BluetoothBluetooth bluetooth デバイス機能を使うと、アプリは Generic Attribute (GATT) または Classic Basic Rate (RFCOMM) プロトコル経由で既にペアリングされている Bluetooth デバイスと通信できます。The bluetooth device capability allows apps to communicate with already paired bluetooth devices over both Generic Attribute (GATT) or Classic Basic Rate (RFCOMM) protocol.
Windows.Devices.Bluetooth 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.Devices.Bluetooth namespace.
Wi-Fi ネットワークWi-Fi Networking wiFiControl デバイス機能を使うと、アプリはスキャンを実行して、Wi-Fi ネットワークに接続することができます。The wiFiControl device capability allows apps to scan and connect to Wi-Fi networks.
Windows.Devices.WiFi 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.Devices.WiFi namespace.
無線状態Radio state radios デバイス機能を使うと、アプリは Wi-Fi 通信と Bluetooth 通信を切り替えることができます。The radios device capability allows apps to toggle the Wi-Fi and Bluetooth radios.
Windows.Devices.Radios 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use the APIs in the Windows.Devices.Radios namespace.
光学式ディスクOptical disc optical デバイス機能を使うと、アプリは、CD、DVD、ブルーレイなどの光ディスク ドライブの機能にアクセスできます。The optical device capability allows apps to access functions on optical disk drives such as CD, DVD, and Blu-ray.
Windows.Devices.Custom 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.Devices.Custom namespace.
モーション アクティビティMotion activity デバイス機能 activity を使うと、アプリはデバイスの現在の動きを検出できるようになります。The activity device capability allows apps to detect the current motion of the device.
Windows.Devices.Sensors 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.Devices.Sensors namespace.
シリアル通信Serial communication serialcommunication デバイス機能では Windows.Devices.SerialCommunication 名前空間の API へのアクセスが提供され、Windows アプリはシリアル ポートまたはシリアル ポートのアブストラクションを公開するデバイスと通信できるようになります。The serialcommunication device capability provides access to APIs in the Windows.Devices.SerialCommunication namespace, which allows a Windows app to communicate with a device that exposes a serial port or some abstraction of a serial port. Windows.Devices.SerialCommnication 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use the APIs in the Windows.Devices.SerialCommnication namespace.
アイ トラッカーEye Tracker gazeInput 機能を使うと、互換性のある視線追跡デバイスが接続されているときにユーザーがアプリケーション境界内で見ている場所を検出できます。The gazeInput capability allows apps to detect where the user is looking within the application bounds when a compatible eye tracking device is connected. Windows.Devices.Input.Preview 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.Devices.Input.Preview namespace.

特殊な用途および制限された用途に関する機能Special and restricted capabilities

アプリが特別な機能と制限付き機能を宣言している場合、Microsoft Store に公開する前に承認を受ける必要があります。If your app declares any special and restricted capabilities, you'll need to receive approval before they can be published to the Store. この承認をリクエストするには、アプリで機能がどのように使用されているかに関する情報を申請の申請オプション ページで提供します。You can request this approval by providing info about how your app uses the capability on the Submission options page of your submission.

アプリで本当に必要とされるのでない限り、制限付き機能や特殊な用途の機能を宣言しないでください。Be sure not to declare these restricted or special-use capabilities unless your app truly needs them. これらの機能が必要で適しているものとしては、身元を証明するデジタル証明書をスマート カードに含めるようにユーザーに求める 2 要素認証を使ったバンキング アプリなどがあります。There are cases where such capabilities are necessary and appropriate, such as banking with two-factor authentication, where users provide a smart card with a digital certificate that confirms their identity. また、主に企業ユーザー向けに設計されたアプリや、ユーザーのドメイン資格情報がないとアクセスできな企業リソースへのアクセスを必要とするアプリもあります。Other apps may be designed primarily for enterprise customers and may need access to corporate resources that cannot be accessed without the user’s domain credentials.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、すべての制限付き機能に rescap 名前空間を含める必要があります。All restricted capabilities must include the rescap namespace when you declare them in your app's package manifest. たとえば、appCaptureSettings 機能を宣言する方法を次に示します。For example, here's how to declare the appCaptureSettings capability.

<Capabilities>
    <rescap:Capability Name="appCaptureSettings"/>
</Capabilities>

次に示すように、Package.appxmanifest ファイルの先頭に xmlns:rescap 名前空間の宣言も追加する必要があります。You must also add the xmlns:rescap namespace declaration in the top of the Package.appxmanifest file as shown below.

<Package
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10"
    xmlns:mp="http://schemas.microsoft.com/appx/2014/phone/manifest"
    xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
    xmlns:rescap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10/restrictedcapabilities"
    IgnorableNamespaces="uap mp wincap rescap">

重要

特殊な用途および制限された用途に関する機能は、特殊なシナリオ向けの機能です。Special and restricted capabilities are intended for very specific scenarios. これらの機能は、用途が厳格に制限されており、Microsoft Store への登録に際して追加のポリシーやレビューが適用されます。The use of these capabilities is highly restricted and subject to additional Store onboarding policy and review. 制限付き機能を宣言するアプリは、制限なくサイドローディングできます。Note that you can sideload apps that declare restricted capabilities without any restrictions. 承認は、これらのアプリを App Store に提出するときのみ必要です。Approval is only required when submitting these apps to the Store.

制限付き機能の承認プロセスRestricted capability approval process

以前は、機能を使う承認を得るためにサポートに問い合わせる必要がありました。Previously, we required you to contact support to get approval to use a capability. 現在では、申請プロセスの一部としてデベロッパー センター ダッシュボードでこの情報を提供できるようになりました。We now allow you to provide this info in your Dev Center dashboard as part of the submission process.

提出するパッケージをアップロードするとき、制限付き機能または特殊な用途の機能が宣言されているかどうかが検出されます。When you upload packages for your submission, we will detect whether any restricted or special-use capabilities are declared. 検出された場合、製品で各機能が使用されているかどうかに関する詳しい情報を申請オプションページで提供する必要があります。If we do so, you will be required to provide details about how your product uses each capability on the Submission options page. 製品が機能を宣言する必要がある理由を理解できるように、必ずできる限り詳しく入力してください。Be sure to provide as much detail as possible to help us understand why your product needs to declare the capability. これにより、申請が認定プロセスを完了するまでの時間がいくらか長くなる可能性があります。Note that this may add some additional time for your submission to complete the certification process.

認定プロセス中、テスターが提供された情報を確認し、その申請で機能の使用を承認するかどうかを判断します。During the certification process, our testers will review the info you provide to determine whether your submission is approved to use the capability. これにより、申請が認定プロセスを完了するまでの時間がいくらか長くなる可能性があります。Note that this may add some additional time for your submission to complete the certification process. 機能の使用が承認された場合、アプリの認定プロセスの残りの部分が続行されます。If we approve your use of the capability, your app will continue through the rest of the certification process. 一般に、アプリの更新プログラムを申請するときに機能の承認プロセスを繰り返す必要はありません (追加の機能を宣言する場合を除く)。You generally will not have to repeat the capability approval process when you submit updates to your app (unless you declare additional capabilities).

機能の使用が承認されない場合、申請は認定に失敗し、認定レポートでフィードバックが提供されます。If we don’t approve your use of the capability, your submission will fail certification, and we will provide feedback in the certification report. その後、新しい申請を作成して機能を宣言しないパッケージをアップロードすることを選択できます。または、該当する場合は、機能の使用に関連する問題を解決し、新しい申請で承認をリクエストします。You then have the option to create a new submission and upload packages which don’t declare the capability, or, if applicable, address any issues related to your use of the capability and request approval in a new submission.

注意

申請でデベロッパー センターの開発サンドボックスを使う場合 (たとえば、Xbox Live と統合されるゲームがこれに該当します)、申請オプション ページで情報を提供するのではなく事前に承認をリクエストする必要があります。If your submission uses a development sandbox in Dev Center (for example, this is the case for any game that integrates with Xbox Live), you must request approval in advance rather than providing info on the Submission options page. このためには、Windows 開発者向けサポート ページにアクセスしてください。To do so, visit the Windows Developer support page. 問題の種類として [アプリケーション]、サブカテゴリとして [その他] を選び、その機能をどのように使うかと製品でその機能が必要な理由を説明します。Select Issue Type Applications and Subcategory Other, then describe how you are using the capability and why it is necessary for your product. 必要情報がすべて記載されていない場合や、アクセスをリクエストする資格がない場合、リクエストが拒否されます。If you do not provide all the information necessary, or if you are not eligible to request access, your request will be denied. また別途、追加情報の提供を求められることがあります。You may also be asked to provide more information. このプロセスには通常 5 営業日以上かかるため、十分前もってリクエストを送信してください。Note that this process typically takes 5 business days or longer, so please submit your request well in advance.

制限付き機能および特殊な用途の機能の一覧Restricted and special-use capability list

次の表は、特殊な用途の機能と制限付き機能を示しています。The following table lists the special-use and restricted capabilities. 上記で説明したプロセスに従うことによって、Microsoft Store に提出するアプリでこれらの機能の承認をリクエストすることができます。You may request approval for these capabilities in apps that you submit to the Store by following the process described above.

重要

かなり限定された状況を除き、一部の制限付き機能が Microsoft Store に提出されるアプリで承認されることはほとんどありません。Some of these restricted capabilities are almost never approved for apps submitted to the Store, except in very specific and limited circumstances. これらの機能は、次の表で言及されています。These capabilities are called out in the table below. Microsoft Store で配布する予定の場合、アプリでこれらの機能を宣言しないことをお勧めします。We recommend not declaring these capabilities in your app if you plan to distribute it through the Store.

機能のシナリオCapability scenario 機能の使用法Capability usage
エンタープライズEnterprise Windows ドメイン資格情報により、ユーザーはそれぞれの資格情報を使ってリモートのリソースにログインし、ユーザー名とパスワードを指定したかのように動作できます。Windows domain credentials enable a user to log into remote resources using their credentials, and act as if a user provided their user name and password. 通常、特殊な機能 enterpriseAuthentication は、企業内のサーバーに接続する基幹業務アプリで使われます。The enterpriseAuthentication special capability is typically used in line-of-business apps that connect to servers within an enterprise.

インターネット上での汎用通信にはこの機能は不要です。You don't need this capability for generic communication across the Internet.

特殊な機能 enterpriseAuthentication は、一般的な基幹業務アプリをサポートするための機能です。The enterpriseAuthentication special capability is intended to support common line-of-business apps. 企業リソースにアクセスする必要がないアプリでは宣言しないでください。Don't declare it in apps that don't need to access corporate resources. ファイル ピッカー は、アプリで使うネットワーク共有上のファイルをユーザーが開くことができる強力な UI メカニズムを提供します。The file picker provides a robust UI mechanism that enables users to open files on a network share for use with an app. enterpriseAuthentication 機能を宣言するのは、プログラムによるアクセスを必要とするアプリのシナリオをファイル ピッカーでは実現できない場合だけにしてください。Declare the enterpriseAuthentication special capability only when the scenarios for your app require programmatic access, and you cannot realize them by using the file picker.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、enterpriseAuthentication 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The enterpriseAuthentication capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.

<Capabilities><uap:Capability Name="enterpriseAuthentication"/></Capabilities>

enterpriseDataPolicy 機能を使うと、アプリはデバイス用に企業固有のポリシーを定義して使えます。The enterpriseDataPolicy capability allows apps to define and use enterprise-specific policies for the device. この機能は、次のクラスのすべてのメンバーを使うために必要です。This capability is required to use all members of the following classes.
ユーザー証明書の共有Shared user certificates 特殊な機能 sharedUserCertificates を使って、アプリは共有ユーザー ストア内のソフトウェアベースおよびハードウェアベースの証明書 (スマート カードに格納されている証明書など) を追加したり、それらの証明書にアクセスしたりできます。The sharedUserCertificates special capability enables an app to add and access software and hardware-based certificates in the Shared User store, such as certificates stored on a smart card. 通常、この機能は、認証にスマート カードを必要とする財務アプリまたはエンタープライズ アプリで使われます。This capability is typically used for financial or enterprise apps that require a smart card for authentication.

アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、sharedUserCertificates 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The sharedUserCertificates capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.

<Capabilities><uap:Capability Name="sharedUserCertificates"/></Capabilities>
ドキュメント*Documents* 特殊な機能 documentsLibrary は、パッケージ マニフェストで宣言されたファイルの種類の関連付けに限定された、ユーザーのドキュメントへのプログラムによるアクセスを提供し、OneDrive へのオフライン アクセスをサポートします。The documentsLibrary special capability provides programmatic access to the user's Documents, filtered to the file type associations declared in the package manifest, to support offline access to OneDrive. たとえば、DOC リーダー アプリで .doc ファイルの種類の関連付けを宣言すると、ドキュメント フォルダー内の .doc ファイルを開くことはできますが、他の種類のファイルを開くことはできません。For example, if a DOC reader app declared a .doc file type association, it can open .doc files in Documents, but not other types of files.

特殊な機能 documentsLibrary を宣言するアプリは、ホーム グループ コンピューター上のドキュメント フォルダーにアクセスできません。Apps that declare the documentsLibrary special capability can't access Documents on Home Group computers. ファイル ピッカーは、アプリで使うファイルをユーザーが開くことができる強力な UI メカニズムを提供します。The file picker provides a robust UI mechanism that enables users to open files for use with an app. 特殊な機能 documentsLibrary は、ファイル ピッカーを使えない場合のみ宣言します。Declare the documentsLibrary special capability only when you cannot use the file picker.

特殊な機能 documentsLibrary を使うにはアプリが次の条件を満たしている必要があります。To use the documentsLibrary special capability, an app must:
  • 有効な OneDrive URL またはリソース ID を使った、特定の OneDrive コンテンツへのクロスプラットフォーム オフライン アクセスを容易にするFacilitate cross-platform offline access to specific OneDrive content using valid OneDrive URLs or Resource IDs
  • オフライン時に、開いているファイルをユーザーの OneDrive に自動的に保存するSave open files to the user’s OneDrive automatically while offline
これらの 2 つの目的で特殊な機能 documentsLibrary を使うアプリと、別のドキュメントに埋め込まれているコンテンツを開く機能を使うこともできます。Apps that use the documentsLibrary special capability for these two purposes may also optionally use the capability to open embedded content within another document. 特殊な機能 documentsLibrary の上記の使用方法のみが許可されています。Only the above uses of the documentsLibrary special capability are accepted.
  • アプリは、電話の内部ストレージにあるドキュメント ライブラリにはアクセスできません。Your app can't access the Documents library in the phone's internal storage. ただし、別のアプリによってオプションの SD カード上にドキュメント フォルダーが作られた場合は、アプリでそのフォルダーを表示できます。If another app creates a Documents folder on the optional SD card, however, your app can see that folder.
アプリのパッケージ マニフェストで宣言するとき、以下に示すように、documentsLibrary 機能に uap 名前空間を含める必要があります。The documentsLibrary capability must include the uap namespace when you declare it in your app's package manifest as shown below.

<Capabilities><uap:Capability Name="documentsLibrary"/></Capabilities>
ゲーム DVR 設定Game DVR Settings 制限付き機能 appCaptureSettings を使うと、アプリはゲーム DVR のユーザー設定を制御できます。The appCaptureSettings restricted capability allows apps to control the user settings for the Game DVR.

Windows.Media.Capture 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.Media.Capture namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
CellularCellular 制限付き機能 cellularDeviceControl を使うと、アプリは携帯デバイスを制御できます。The cellularDeviceControl restricted capability allows apps to have control over the cellular device.

cellularDeviceIdentity 機能を使うと、アプリは携帯デバイスの ID データにアクセスできます。The cellularDeviceIdentity capability allows apps to access cellular identification data.

cellularMessaging 機能を使うと、アプリは SMS と RCS を利用できます。The cellularMessaging capability allows apps to make use of SMS and RCS.

Windows.Devices.Sms 名前空間の一部の API を使う場合は、これらの機能が必要になります。These capabilities are required to use some APIs in the Windows.Devices.Sms namespaces.
デバイスのロック解除Device Unlock 制限付き機能 deviceUnlock を使うと、アプリは、開発者サイドローディングのシナリオやエンタープライズ サイドローディングのシナリオ向けにデバイスをロック解除できます。The deviceUnlock restricted capability allows apps to unlock a device for developer and enterprise sideloading scenarios.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
デュアル SIM タイルDual SIM Tiles 制限付き機能 dualSimTiles を使うと、アプリは、複数の SIM を備えたデバイスでアプリ一覧の追加のエントリを作成できます。The dualSimTiles restricted capability allows apps to create an additional app list entry on devices that have multiple SIMs.

Windows.UI.StartScreen 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.UI.StartScreen namespace.
エンタープライズ共有記憶域Enterprise Shared Storage 制限付き機能 enterpriseDeviceLockdown を使うと、アプリは、デバイスのロック ダウン API を利用したり、企業で共有している保存フォルダーにアクセスしたりすることができます。The enterpriseDeviceLockdown restricted capability allows apps to use the device lock down API and access the enterprise shared storage folders.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
システム入力の挿入System Input Injection 制限付き機能 inputInjection を使うと、アプリは、さまざまな形式の入力 (HID、タッチ、ペン、キーボード、マウスなど) をプログラムでシステムに挿入できます。The inputInjection restricted capability allows apps to inject various forms of input such as HID, touch, pen, keyboard or mouse into the system programmatically. 通常、この機能はシステムを制御できる共同作業アプリで使われます。This capability is typically used for collaboration apps that can take control of the system.

PC の場合、この機能を使ったアプリからの入力の挿入は、同じアプリ コンテナー内のプロセスによってのみ許可されます。For a PC, input injection from an app that has this capability will only be received by processes in the same App Container.
入力の監視*Observe Input* 制限付き機能 inputObservation を使うと、アプリは、さまざまな形式の未加工入力 (HID、タッチ、ペン、キーボード、マウスなど) が、最終的な宛先に関係なく、システムによって許可されるのを監視できます。The inputObservation restricted capability allows apps to observe various forms of raw input such as HID, touch, pen, keyboard, or mouse being received by the system regardless of its final destination.
入力の抑制Suppress Input 制限付き機能 inputSuppression を使うと、アプリは、さまざまな形式の未加工入力 (HID、タッチ、ペン、キーボード、マウスなど) が、システムによって許可されるのを抑制できます。The inputSuppression restricted capability allows apps to suppress various forms of raw input such as HID, touch, pen, keyboard, or mouse from being received by the system.
VPN アプリVPN App 制限付き機能 networkingVpnProvider を使うと、アプリは VPN 機能 (接続の管理や VPN プラグイン機能の提供など) へのフル アクセスが可能になります。The networkingVpnProvider restricted capability allows apps to have full access to VPN features, including the ability to manage connections and provide VPN Plugin functionality.

Windows.Networking.Vpn 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.Networking.Vpn namespace.
他のアプリの管理Other App Mangement 制限付き機能 packageManagement を使うと、アプリは他のアプリを直接管理できます。The packageManagement restricted capability allows apps to manage other apps directly.

packageQuery デバイス機能を使うと、アプリは他のアプリに関する情報を収集できます。The packageQuery device capability allows apps to gather information about other apps.

PackageManager クラスの一部のメソッドとプロパティにアクセスする場合は、これらの機能が必要になります。These capabilities are required to access some methods and properties in the PackageManager class.
画面の投影Screen Projection 制限付き機能 screenDuplication を使うと、アプリは画面を別のデバイスに表示できます。The screenDuplication restricted capability allows apps to project the screen on another device.

DirectX 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the DirectX namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
ユーザー プリンシパル名User Principal Name 制限付き機能 userPrincipalName を使うと、アプリは、写真に基づく縮小表示のキャッシュを変更したり、このキャッシュにアクセスしたりすることができます。The userPrincipalName restricted capability allows apps to modify and access the thumbnail cache from photos.

GetUserNameEx 関数を呼び出す場合は、この機能が必要になります。This capability is required to call the GetUserNameEx function.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
ウォレットWallet 制限付き機能 walletSystem を使うと、アプリは保存されたウォレット カードへのフル アクセスが可能になります。The walletSystem restricted capability allows apps to have full access to the stored wallet cards.

Windows.ApplicationModel.Wallet.System 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Wallet.System namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
位置情報の履歴Location History 制限付き機能 locationHistory を使うと、アプリはデバイスの位置情報の履歴にアクセスできます。The locationHistory restricted capability allows apps to access the location history of the device.

Windows.Devices.Geolocation 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.Devices.Geolocation namespace.
アプリを閉じる確認App Close Confirmation 制限付き機能 confirmAppClose を使うと、アプリはアプリ自体とアプリ独自のウィンドウを閉じたり、アプリを閉じることを遅延させたりすることができます。The confirmAppClose restricted capability allows apps to close themselves, their own windows, and delay the closing of their app.

アプリは、Windows 10 Version 1703 (ビルド 10.0.15063) 以上でこの機能を要求できます。Apps may request this capability in Windows 10 version 1703 (build 10.0.15063) and beyond. 以前の Windows 10 バージョンでは、この機能はプライベートであり、"このアプリケーションには、要求された機能を許可できません" というエラー メッセージでアプリのインストールが失敗になります。In prior Windows 10 versions the capability is private and will cause app install to fail with error message "The requested capability can not be authorized for this application."
通話履歴*Call History* 制限付き機能 phoneCallHistory を使うと、アプリは通話履歴を読み取ったり、履歴のエントリを削除できます。The phoneCallHistory restricted capability allows apps to read the call history and to delete entries in the history.

Windows.ApplicationModel.Chat 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Chat namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
システム レベルの予定へのアクセスSystem Level Appointment Access 制限付き機能 appointmentsSystem を使うと、アプリはユーザーのカレンダーにあるすべての予定を読み取ったり、変更したりすることができます。The appointmentsSystem restricted capability allows apps to read and modify all appointments on the user's calendar.

Windows.ApplicationModel.Appointment 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Appointment namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
システム レベルのチャット メッセージへのアクセス*System Level Chat Message Access* 制限付き機能 chatSystem を使うと、アプリはすべての SMS メッセージと MMS メッセージの読み取りと書き込みを実行できます。The chatSystem restricted capability allows apps to read and write all SMS and MMS messages.
Windows.ApplicationModel.Chat 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Chat namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
システム レベルの連絡先へのアクセスSystem Level Contact Access 制限付き機能 contactsSystem を使うと、アプリは制限付きの連絡先情報や機密性の高い連絡先情報を読み取ったり、既存の連絡先情報を変更したりすることができます。The contactsSystem restricted capability allows apps to read contact information that has been designated as restricted or sensitive and modify existing contact information.

Windows.ApplicationModel.Chat 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Chat namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
メールへのアクセス*Email Access* 制限付き機能 email を使うと、アプリはユーザーのメールの読み取り、トリアージ、送信を実行できます。The email restricted capability allows apps to read, triage, and send user emails.

Windows.ApplicationModel.Email 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Email namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
システム レベルのメールへのアクセスSystem Level Email Access 制限付き機能 emailSystem を使うと、アプリは制限つきのユーザーのメールや機密性の高いユーザーのメールの読み取り、トリアージ、送信を実行できます。The emailSystem restricted capability allows apps to read, triage, and send user restricted or sensitive emails.

Windows.ApplicationModel.Email 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Email namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
システム レベルの通話履歴へのアクセスSystem Level Call History Access 制限付き機能 phoneCallHistorySystem を使うと、アプリは通話履歴を完全に変更できます (既存のエントリの変更や新しいエントリの作成など)。The phoneCallHistorySystem restricted capability allows apps to fully modify the call history by changing existing entries and writing new ones.

Windows.ApplicationModel.Calls 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Calls namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
テキスト メッセージの送信*Send Text Messages* 制限付き機能 smsSend を使うと、アプリは SMS メッセージや MMS メッセージを送信できます。The smsSend restricted capability allows apps to send SMS and MMS messages.

Windows.ApplicationModel.Chat 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use APIs in the Windows.ApplicationModel.Chat namespace.
システム レベルのすべてのユーザー データへのアクセスSystem Level Access to All User Data 制限付き機能 userDataSystem を使うと、アプリはシステム データ ストアに保存されているユーザー データへのアクセスが可能になります。The userDataSystem restricted capability allows apps to access the user data system datastore.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
Microsoft Store プレビュー機能Store Preview Features 制限付き機能 previewStore を使うと、アプリはアプリ内製品の SKU の取得や購入ができます。The previewStore restricted capability allows apps to retrieve and purchase SKUs of in-app products.

Windows.ApplicationModel.Store.Preview 名前空間の特定の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use certain APIs in the Windows.ApplicationModel.Store.Preview namespace.
初回サインイン時の設定First-Time Sign-in Settings 制限された機能 firstSignInSettings を使うと、アプリは、ユーザーが初めてデバイスにサインインしたときに設定されたユーザー設定にアクセスできます。The firstSignInSettings restricted capability allows apps to access user settings that were set when the user first signed in to their device.
Windows チーム エクスペリエンスWindows Team Experience 制限付き機能 teamEditionExperience を使うと、アプリは、Windows チーム セッションの多くの経験的側面を制御する内部 API にアクセスできます。The teamEditionExperience restricted capability allows apps to access internal APIs that control many experiential aspects of a Windows Team session. Windows チーム セッションは、Microsoft Surface Hub など、チーム デバイスで実行されている可能性があります。A Windows Team session is likely to be running on a team device such as a Microsoft Surface Hub.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
リモート ロック解除Remote Unlock 制限付き機能 remotePassportAuthentication を使うと、アプリは、リモート PC のロック解除に使用される資格情報にアクセスできます。The remotePassportAuthentication restricted capability allows apps to access credentials that can be used to unlock a remote PC.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
コンポジションのプレビューPreview Composition 制限付き機能 previewUiComposition を使うと、アプリはユーザー インターフェイスの Windows.UI.Composition 名前空間をプレビューすることで、完成前に API に関するフィードバックを提供できます。The previewUiComposition restricted capability allows apps to preview the Windows.UI.Composition namespace for their user interface so they can provide feedback on the API before it is completed. 詳細については、wincomposition@microsoft.com にお問い合わせください。Please contact wincomposition@microsoft.com for more information.
安全な評価のためのロックダウンSecure Assessment Lockdown 制限付き機能 secureAssessment を使うと、アプリは安全な評価のために単一アプリ モードに Windows をロックダウンできます。The secureAssessment restricted capability allows apps to lockdown Windows into a single app mode for secure assessments.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
接続マネージャーのプロビジョニングConnection Manager Provisioning 制限付き機能 networkConnectionManagerProvisioning を使うと、アプリは、デバイスを WWAN および WLAN インターフェイスに接続するポリシーを定義できます。The networkConnectionManagerProvisioning restricted capability allows apps to define the policies that connect the device with WWAN and WLAN interfaces. この機能を使うアプリは、携帯電話会社が作成し、モバイル ネットワークへのデバイス接続を管理します。Apps that use this capability are created by Mobile Operators to govern the devices that connect to their mobile network.
データ通信プランのプロビジョニングData Plan Provisioning 制限付き機能 networkDataPlanProvisioning を使うと、アプリは、デバイスのデータ プランに関する情報を収集し、ネットワーク使用状況を読み取れます。The networkDataPlanProvisioning restricted capability allows apps to gather information about data plans on the device and read network usage. この機能を使うアプリは、携帯電話会社が作成し、ユーザーの実際のデータ使用量を OS データ使用量の設定に統合します。Apps that use this capability are created by Mobile Operators to integrate their customers’ actual data usage into the OS Data usage setting.
ソフトウェア ライセンスSoftware Licensing 制限付き機能 slapiQueryLicenseValue を使うと、アプリは、ソフトウェア ライセンス ポリシーにクエリを実行できます。The slapiQueryLicenseValue restricted capability allows apps to query software licensing policies.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
延長実行Extended Execution 制限付き機能 extendedBackgroundTaskTime を使うと、バックグラウンド タスクが実行時間制限によって取り消されたり停止されたりすることがなくなります。The extendedBackgroundTaskTime restricted capability prevents background tasks from being cancelled or terminated due to execution time limits. ただし、この場合も、他のメモリ使用制限や電力使用制限は、すべてバックグラウンド タスクに適用されます。They are still subject to all other memory and energy usage limits. この機能は、バッテリーの使用やプライバシーなどのバックグラウンド アプリ設定を使用して制限できます。This capability can be restricted using the Battery Usage or Privacy Background Apps Settings. ユーザーと管理者がグループ ポリシー設定を使うとバックグラウンド タスクを制御できる点に注意してください。Note that consumers and administrators still have the ability to control background tasks through the Group Policy settings.

制限付き機能 extendedExecutionBackgroundAudio を使うと、アプリがフォアグラウンドにないとき、アプリはオーディオを再生できます。The extendedExecutionBackgroundAudio restricted capability allows apps to play audio when the app is not in the foreground.

制限付き機能 extendedExecutionCritical を使うと、アプリは重要な延長実行セッションを開始できます。The extendedExecutionCritical restricted capability allows apps to begin a critical extended execution session.

制限付き機能 extendedExecutionUnconstrained を使うと、アプリは制限のない延長実行セッションを開始できます。The extendedExecutionUnconstrained restricted capability allows apps to begin an unconstrained extended execution session.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.

延長実行を使用してアプリが中断されるタイミングを延期する方法については、「延長実行を使ってアプリの中断を延期する」をご覧ください。See Postpone app suspension with extended execution for more information about using extended execution to postpone when your app is suspended.
モバイル デバイス管理Mobile Device Management 制限付き機能 deviceManagementDmAccount を使うと、アプリは、携帯電話会社の Open Mobile Alliance - Device Management (MO OMA-DM) アカウントをプロビジョニングおよび構成できます。The deviceManagementDmAccount restricted capability allows apps to provision and configure Mobile Operator Open Mobile Alliance - Device Management (MO OMA-DM) accounts.

制限付き機能 deviceManagementFoundation を使うと、アプリは、デバイスのモバイル デバイス管理 (MDM) 構成サービス プロバイダー (CSP) インフラストラクチャへの基本的なアクセスが可能になります。The deviceManagementFoundation restricted capability allows apps to have basic access to the Mobile Device Management (MDM) configuration service provider (CSP) infrastructure on the device. 他の機能は、特定の CSP にアクセスする必要があることに注意してください。Note that other capabilities are needed to access specific CSPs.

制限付き機能 deviceManagementWapSecurityPolicies を使うと、アプリは、ワイヤレス アプリケーション プロトコル (WAP) ベースのサービス (MM、Service Indication/Service Loading (SI/SL)、Open Mobile Alliance - Client Provisioning (OMA-CP) など) を構成できます。The deviceManagementWapSecurityPolicies restricted capability allows apps to configure Wireless Application Protocol (WAP)-based services such as MMs, Service Indication/Service Loading (SI/SL), and Open Mobile Alliance - Client Provisioning (OMA-CP).

制限された機能 deviceManagementEmailAccount を使うと、携帯電話会社が作成したアプリは、ユーザーにプロビジョニングするデバイス上の電子メール アカウントを追加および管理できます。The deviceManagementEmailAccount restricted capability allows apps created by Mobile Operators to add and manage an email account on devices they provision to users.
パッケージ ポリシー制御Package Policy Control 制限付き機能 packagePolicySystem を使うと、アプリは、デバイスにインストールされたアプリに関連するシステム ポリシーを制御できます。The packagePolicySystem restricted capability allows apps to have control of system policies related to apps that are installed on the device.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
ゲームの一覧Games List 制限付き機能 gameList を使うと、アプリはシステムにインストールされた既知のゲームの一覧を取得できます。The gameList restricted capability allows apps to get a list of known games installed on the system.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
Xbox アクセサリXbox Accessory 制限付き機能 xboxAccessoryManagement を使うと、アプリは Xbox ハードウェア仕様に準拠した Xbox デバイスを直接管理できます。The xboxAccessoryManagement restricted capability allows apps to directly manage Xbox devices that conform to the Xbox hardware specification.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
アクセサリの音声認識Speech Recognition for Accessories 制限付き機能 cortanaSpeechAccessory を使うと、アプリはコマンドを呼び出して Cortana に渡すことができます。The cortanaSpeechAccessory restricted capability allows apps to invoke and pass commands to Cortana.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
アクセサリ管理Accessory Management 制限付き機能 accessoryManager を使うと、アプリはアクセサリ アプリや特定のアプリ通知のオプトインとしての登録が可能になり、アクセサリに転送したり、ユーザーに表示したりできるようになります。The accessoryManager restricted capability allows apps to register as an accessory app and opt-in to specific app notifications so that they may be forwarded to accessories and display to the user.
ドライバー アクセスDriver access 制限付き機能 interopServices を使うと、アプリはデバイスと直接やり取りできます。The interopServices restricted capability allows apps to interact directly with drivers.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
フォアグラウンドの監視Foreground observation 制限付き機能 inputForegroundObservation を使うと、アプリはフォアグラウンドでキーボード入力を傍受でき、アプリ以外へのすべてのキーボード入力の処理を省くことができます。The inputForegroundObservation restricted capability allows apps in the foreground to intercept keyboard input and byasses all non-app keyboard input processing. SAS の組み合わせはこの機能により傍受することはできません。SAS combinations cannot be intercepted by this capability. この機能は、KeyboardDeliveryInterceptor クラスのメンバーにアクセスするために必要です。This capability is required to access members of the KeyboardDeliveryInterceptor class.
OEM および MO のパートナー アプリOEM and MO Partner apps 制限付き機能 oemDeployment を使うと、Microsoft パートナー製のアプリは、新しいアプリをインストールし、デバイスに現在インストールされているアプリを照会できます。The oemDeployment restricted capability allows apps that are created by Microsoft partners to install new apps and query currently installed apps on the device.

制限付き機能 oemPublicDirectory を使うと、Microsoft パートナー製のアプリは、共有アプリ フォルダーにアクセスできます。The oemPublicDirectory restricted capability allows apps that are created by Microsoft partners to have access to the shared app folder. Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
アプリのライセンスApp Licensing 制限付き機能 appLicensing を使うと、ライセンスの必要なくアプリを実行できます。The appLicensing restricted capability allows apps to run without the need of a license. マニフェストにこの機能を宣言している場合、Microsoft Store にアプリを提出することはできません。You cannot submit your app to the store if you declare this capability in your manifest.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
場所システムLocation System 制限付き機能 locationSystem を使うと、アプリは特権のある特定の場所の構成 (デバイスの既定の場所の設定など) を実行できます。The locationSystem restricted capability allows apps to perform certain privileged location configurations like setting the default location for the device.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
ユーザー データ アカウント プロバイダーUser Data Accounts Provider 制限付き機能 userDataAccountsProvider を使うと、アプリはメール、カレンダー、連絡先のアカウントを完全に管理できます。The userDataAccountsProvider restricted capability allows apps to fully manage the mail, calendar, and contact accounts.
ペン ワークスペースPen Workspace previewPenWorkspace 機能を使うと、アプリは、ペン ワークスペースの内側でアクション記憶ハンドラとしてホストされる Windows.ApplicationModel.Preview.Notes 名前空間にアクセスできます。The previewPenWorkspace capability allows an app to access the Windows.ApplicationModel.Preview.Notes namespace to be hosted inside the pen workspace as the remember action handler.
2 要素認証Secondary Authentication Factor secondaryAuthenticationFactor 機能を使うと、アプリは近くにあるコンパニオン認証デバイス上のシークレット ストアを渡して、PC のロックを解除できます。The secondaryAuthenticationFactor capability allows an app to unlock a PC by passing the secrets store on a nearby companion authentication device. たとえば、コンパニオン フィットネス バンドを使用して、PC のロックを解除できます。For example, a companion fitness band can be used to unlock the PC. Windows.Security.Authentication.Identity.Provider 名前空間の API にアクセスするには、この機能が必要です。This capability is required to access APIs in the Windows.Security.Authentication.Identity.Provider namespace.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
Microsoft Store ライセンスの管理Store License Management storeLicenseManagement機能を使うと、Microsoft パートナー ハブ アプリで、デバイス上のストア ライセンスを管理できます。The storeLicenseManagement capability allows Microsoft partner hub-apps to manage store licenses on the device. Windows.ApplicationModel.Store.LicenseManagement 名前空間の API にアクセスするには、この機能が必要です。This capability is required to access APIs in the Windows.ApplicationModel.Store.LicenseManagement namespace.
ユーザー システム IDUser System ID userSystemId 機能を使うと、アプリは、ユーザー固有のシステム識別子を取得できます。The userSystemId capability allows apps to get a system identifier specific to the user. この識別子は特定のシステムで現在のユーザーを一意に識別し、アプリ間での情報の関連付けに使うことができます。This identifier uniquely identifies the current user on a specific system and can be used to correlate information across apps. Windows.System.Profile.SystemIdentification クラスの GetUserSpecificSystemId API にアクセスするには、この機能が必要です。This capability is required to access the GetUserSpecificSystemId API in the Windows.System.Profile.SystemIdentification class.
対象コンテンツTargeted Content targetedContent 機能を使うと、アプリケーションは、Windows.Services.TargetedContent 名前空間によって提供される対象のサブスクリプション コンテンツを取得して使用できます。The targetedContent capability provides an application the ability to retrieve and use targeted subscription content provided by the Windows.Services.TargetedContent namespace.

Windows.System.Profile.SystemIdentification 名前空間の一部の API を使用するには、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.System.Profile.SystemIdentification namespace.
UI オートメーションUI Automation uiAutomation 機能を使うと、ナレーターなどの UI オートメーション クライアントを UI オートメーション サーバーまたはプロバイダーに接続できます。The uiAutomation capability allows a UI automation client, such as Narrator, to connect to a UI Automation server or provider.

Windows.Xbox.Media.Capture.Broadcaster 名前空間の一部の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use some APIs in the Windows.Xbox.Media.Capture.Broadcaster namespace.
ゲーム バー サービスGame Bar Services gameBarServices の使用は、ストア更新可能なファースト パーティ製 UWA に限定されます。The gameBarServices is restricted to 1st party store updatable inbox UWAs.

Windows.Media.Capture.GameBarsSrvices クラスを使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use the Windows.Media.Capture.GameBarsSrvices class.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
アプリ キャプチャ サービスApp Capture Services appCaptureServices 機能の使用は、Microsoft との契約関係がある当事者に限定されます。The appCaptureServices capacity is limited to parties with which Microsoft has contractual relationships. 契約関係は、Xbox サービスおよび bizdev の支援によって成り立っているパートナー契約に基づいて設定されます。These relationships are granted based on partner agreements, which are being driven with the help of Xbox Services and bizdev.

Windows.Media.Capture.AppCaptureServices クラスを使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use the Windows.Media.Capture.AppCaptureServices class.
アプリ ブロードキャスト サービスApp Broadcast Services appBroadcastServices 機能の使用は、Microsoft との契約関係がある当事者に限定されます。The appBroadcastServices capability is limited to parties with which Microsoft has contractual relationships. 契約関係は、Xbox サービスの支援によって成り立っているパートナー契約に基づいて設定されます。These relationships are granted based on partner agreements, which are being driven with the help of Xbox Services.


Windows.Media.capture.AppBroadcastServices クラスを使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use the Windows.Media.capture.AppBroadcastServices class.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
オーディオ デバイスの構成Audio Device Configuration audioDeviceConfiguration 機能を使うと、アプリケーションは、オーディオ ドライバーによって公開されるオーディオ エフェクトを照会、構成、有効化、および無効化できます。The audioDeviceConfiguration This capability allows an application to query, configure, enable, and disable audio effects exposed by the audio driver.

Windows.Media.Devices.AudioDeviceModulesManager クラスを使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use the Windows.Media.Devices.AudioDeviceModulesManager class.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved. これは、アプリケーションで AudioDeviceModulesManager を使用すると、システム上のすべてのオーディオ エフェクトにアクセスできるためです。This is because AudioDeviceModulesManager allows an application to access to all audio effects on a given system. 可能性として、オーディオ エフェクトの設定によっては、デバイス上のオーディオ パフォーマンスに悪影響を与えることができます。Potentially, the audio effects can be set to negatively impact audio performance on the device.
Preview Ink ワークスペースPreview Ink Workspace previewInkWorkspace 機能を使うと、アプリは、Ink ワークスペース内でホストされている Preview Ink 名前空間にアクセスできます。The previewInkWorkspace capability allows an app to access the Preview Ink namespace hosted inside the ink workspace. 一般的に、この機能は、デバイス上のホワイト ボード アプリケーションを置き換えるために、OEM によって使用されます。Generally speaking, this is used by an OEM to replace the whiteboard application on a device.

Windows.ApplicationModel.Preview.InkWorkspace 名前空間の API を使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to the APIs in the Windows.ApplicationModel.Preview.InkWorkspace namespace.
スタート画面の管理Start Screen Management startScreenManagement 機能を使うと、アプリは、スタート画面にタイルを自動的にピン留めすることができます。The startScreenManagement capability allows apps to silently pin Tiles to the Start screen. アプリは、バックグラウンドでピン留めすることもできます。Apps can also pin from the background. startScreenManagement 機能がないといずれかの API がブロックされるということではなく、startScreenManagement を使用すると、アプリで Pin API を使用しているときにシェルによって UI が表示されなくなります。Not having the startScreenManagement capability does not block any APIs; rather, using startScreenManagement means that the Shell will not display any UI when an app uses the Pin API.
Cortana のアクセス許可Cortana Permissions cortanaPermissions 機能を使うと、アプリは、デバイス上でユーザーが Cortana に付与したアクセス許可を列挙できます。The cortanaPermissions capability allows an app to enumerate the permissions that the user has granted Cortana on the device. また、アプリはこの機能によって、デバイス上で Cortana のアクセス許可の付与および取り消しを行うことができます。The capability also allows an app to grant and revoke Cortana permissions on the device. cortanaPermissions を使うには、アクセス許可を付与する前にデバイスで法的なテキストを表示する必要があります。Note that using cortanaPermissions requires that the device display legal text before granting permissions. アプリには、アクセス許可を変更した場合に生じる法的な影響をユーザーに通知する義務があります。As such, it is the responsiblity of the app to inform the user of the legal consequences of modifying permissions.


レジストリ設定 HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Search(*) に対する読み取りアクセス許可を得るには、この機能が必要になります。This capability is required to gain read access to the HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Search(*) registry settings.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
すべてのアプリの MODAll App Mods allAppMods 機能を使うと、アプリは、すべてのアプリに対して AppMods フォルダーにアクセスできます。The allAppMods capability allows an app to access the AppMods folder for all apps. Mod 管理ユーティリティでは allAppMods を使用し、MOD を使用するゲームやアプリの外で、その MOD を管理します。Mod Management utilities use allAppMods to manage mods outside of the game or app that consume them.
拡張リソースExpanded Resources expandedResources 機能を使うと、アプリは、ゲーム モードのリソースにアクセスできます。The expandedResources capability allows an app access to the Game Mode resources. Xbox と、ゲーム バーに対応する PC で、ゲーム モードのリソースとは、アプリ専用に予約されている、使用可能な CPU コアのサブセットを表します。On Xbox, and on PCs that meet a sufficient bar, Game Mode resources represent a subset of the available CPU cores that are reserved for the app’s exclusive use. Xbox では、アプリは 4 GB 以上のメモリ パーティションも排他的に使用できます。On Xbox, the app also has exclusive use of a memory partition of at least 4GB.

前述のように CPU とメモリのリソースを排他的に使用するには、この機能が必要になります。This capability is required to gain exclusive use of CPU and memory resources as defined above.
保護されたアプリProtected App protectedApp 機能を使うと、ストアによって保護されているプロセスにアプリを読み込むことができます。The protectedApp capability grants an app the ability to be loaded into a procteded process by the store. アプリがストアに取り込まれると、ストアによって実行可能ファイルに blob が追加されます。When the app is ingested into the store, the store adds a blob to the executable. ストアでは、Microsoft キーを使って実行可能ファイルへの署名も行われます。The store also page signs the executable with a Microsoft key. blob には Microsoft の署名が必要であるため、プロセス ローダーは、保護されたプロセスを適用する機能ではなく、この blob をチェックします。The process loader checks for this blob rather than the capability to enforce protected process, as the blob needs a Microsoft signature.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
ゲーム モニターGame Monitor gameMonitor 機能を使うと、アプリによるゲーム不正がシステムのアクティブ監視で検出されるようになります。The gameMonitor capability causes the system to use active monitoring to detect game cheats by the app.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
アプリの診断App Diagnostics appDiagnostics 機能を使うと、アプリは、実行中の他の UWP アプリに関する診断情報 (パッケージ情報、メモリ使用量、アカウント名など) を取得できます。The appDiagnostics capability allows an app to get diagnostic information, (such as package information, memory usage, and account name) for any other running UWP app. 返される情報には、アプリの実行に使用されたドメイン/コンピューター アカウント名が含まれます。呼び出し元のアプリが管理者権限で起動されている場合、そのアプリは、コンピューター上のすべてのアカウントについて、実行中のすべてのアプリのリストを取得できます。The information returned includes the domain/machine account name under which the app is running; if the calling app is launched with Administrator rights then the app can retrieve a list of all running apps for all accounts on the machine.

Windows.System.AppDiagnosticInfo クラス、Windows.System.AppDiagnosticInfo.RequestAppDiagnosticInfoAsync クラス、Windows.ApplicationModel.AppInfo クラスを使う場合は、この機能が必要になります。This capability is required to use the Windows.System.AppDiagnosticInfo, Windows.System.AppDiagnosticInfo.RequestAppDiagnosticInfoAsync, and Windows.ApplicationModel.AppInfo classes.
デバイス ポータルのプロバイダーDevice Portal Providers devicePortalProvider 機能を使うと、アプリは Windows.System.Diagnostics.DevicePortal API を呼び出し、開発者モードでの診断ツール用 Web サーバーとして 機能することができます。The devicePortalProvider capability allows apps to call the Windows.System.Diagnostics.DevicePortal APIs, and serve as a webserver for diagnostic tooling while in Developer Mode.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
エンタープライズ クラウド シングル サインオンEnterprise Cloud Single Sign On enterpriseCloudSSO 機能を使用すると、アプリはホスト型 Web 表示コントロール内で Azure Active Director (AAD) リソースによってシングル サインオンを使用できます。The enterpriseCloudSSO capability allows apps to use single sign on with Azure Active Director (AAD) resources inside a hosted web view control.
VoIP 通話の自動受信Automatically Accept VoIP Calls backgroundVoIP 機能を使用すると、通話の明示的な受け入れをユーザーに求めることなく、VoIP の着信通話を自動的に受信し、受け入れることができます。The backgroundVoIP capability allows developers to automatically receive and accept incoming VoIP calls without requiring the user to accept the call explicitly. この機能を利用するアプリは、カメラとマイクのフル制御が許可され、これらのリソースをバックグラウンドで使用することができます。Apps utilizing this capability are granted full control of camera and microphone and can use these resources in the background.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
開発モード ネットワークDevelopment Mode Network developmentModeNetwork 機能を使用すると、C++/CX の UWP アプリまたは C++ の Windows ランタイム コンポーネントで OpenFile Win32 API を呼び出す際に、サインイン済みユーザーの資格情報を使用してネットワーク パスにアクセスできます。The developmentModeNetwork capability allows apps to access network paths using the credentials from the signed-in user when calling the OpenFile Win32 API in a C++/CX UWP app or C++ Windows Runtime Component.

Microsoft Store に提出するアプリでこの機能を宣言することはお勧めしません。We do not recommend declaring this capability in apps submitted to the Store. ほとんどの開発者の方は、この機能の使用が承認されません。For most developers, use of this capability will not be approved.
ファイル システムへの幅広いアクセスBroad Filesystem Access broadFileSystemAccess 機能を使用すると、実行時にファイル ピッカー スタイルのプロンプトを追加使用しなくても、アプリはファイル システムに対して、アプリを実行中のユーザーと同じアクセス許可を獲得できます。The broadFileSystemAccess capability allows apps to get the same access to the file system as the user who is currently running the app without any additional file-picker style prompts during runtime.

この機能は、Windows.Storage API で動作します。This capability works for the Windows.Storage APIs. ただし、この機能をアプリ パッケージ マニフェストに宣言して任意の Windows.Storage API を初めて使用すると、ユーザーの同意を求めるプロンプトが表示される点に注意してください。このときユーザーは、アクセスを許可することも拒否することもできます。It is important to note that the first use of any Windows.Storage APIs with this capability declared in your app package manifest will trigger a user-consent prompt where the user can grant or deny the permission. また、ユーザーは、[設定] を切り替えることで、このアクセスをいつでも許可または拒否できます。Users can also grant or deny the permission at any point by toggling Settings. さらに、この機能ではドキュメントピクチャビデオなどの特殊なフォルダー機能を宣言できない点にも注意してください。It is also important that you do not declare any special folder capabilities such as Documents, Pictures, or Videos with this capability.
システム ファームウェアおよび BIOSSystem Firmware and BIOS smbios 機能を使うと、アプリは BIOS データとシステム ファームウェア データにアクセスできます。The smbios capability allows apps to access bios data and system firmware data.