Windows Subsystem for Linux のコマンド リファレンスCommand Reference for Windows Subsystem for Linux

Windows Subsystem for Linux を操作する最良の方法は、wsl.exe コマンドを使用することです。The best way to interact with the Windows Subsystem for Linux is to use the wsl.exe command.

WSL 2 を既定のバージョンとして設定するSet WSL 2 as your default version

PowerShell で次のコマンドを実行して、新しい Linux ディストリビューションをインストールするときに WSL 2 を既定のバージョンとして設定します。Run the following command in Powershell to set WSL 2 as the default version when installing a new Linux distribution:

wsl --set-default-version 2

ディストリビューションのバージョンを WSL 1 または WSL 2 に設定するSet your distribution version to WSL 1 or WSL 2

インストールされている各 Linux ディストリビューションに割り当てられている WSL バージョンを確認するには、PowerShell コマンド ラインを開き、次のコマンドを入力します (Windows ビルド 19041 以上でのみ使用可能): wsl -l -vYou can check the WSL version assigned to each of the Linux distributions you have installed by opening the PowerShell command line and entering the command (only available in Windows Build 19041 or higher): wsl -l -v

wsl --list --verbose

ディストリビューションで使用される WSL のバージョンを設定するには、以下を実行します。To set a distribution to be backed by either version of WSL please run:

wsl --set-version <distribution name> <versionNumber>

<distribution name> は、お使いのディストリビューションの実際の名前に必ず置き換えてください。<versionNumber> は、数字の "1" または "2" に置き換えてください。Make sure to replace <distribution name> with the actual name of your distribution and <versionNumber> with the number '1' or '2'. 上記と同じコマンドで "2" を "1" に置き換えて実行することにより、いつでも WSL 1 に戻すことができます。You can change back to WSL 1 at anytime by running the same command as above but replacing the '2' with a '1'.

また、WSL 2 を既定のアーキテクチャにする場合は、次のコマンドを使用して実行できます。Additionally, if you want to make WSL 2 your default architecture you can do so with this command:

wsl --set-default-version 2

これにより、インストールされるすべての新しいディストリビューションのバージョンが WSL 2 に設定されます。This will set the version of any new distribution installed to WSL 2.

wsl.exe

Windows バージョン 1903 以降で wsl.exe を使用する場合のすべてのオプションを含む一覧を次に示します。Below is a list containing all options when using wsl.exe as of Windows Version 1903.

使用法: wsl [Argument] [Options...] [CommandLine]Using: wsl [Argument] [Options...] [CommandLine]

Linux コマンドを実行するための引数Arguments for running Linux commands

  • 引数なしWithout arguments

    コマンド ラインが指定されていない場合、wsl.exe で既定のシェルが起動されます。If no command line is provided, wsl.exe launches the default shell.

  • --exec、-e <CommandLine>--exec, -e <CommandLine>

    既定の Linux シェルを使用せずに、指定したコマンドを実行します。Execute the specified command without using the default Linux shell.

  • --

    残りのコマンドラインをそのまま渡します。Pass the remaining command line as is.

上記のコマンドでは、次のオプションも使用できます。The above commands also accept the following options:

  • --distribution、-d <Distro>--distribution, -d <Distro>

    指定されたディストリビューションを実行します。Run the specified distribution.

  • --user、-u <UserName>--user, -u <UserName>

    指定されたユーザーとして実行します。Run as the specified user.

Windows Subsystem for Linux を管理するための引数Arguments for managing Windows Subsystem for Linux

  • --export <Distro> <FileName>--export <Distro> <FileName>

    ディストリビューションを tar ファイルにエクスポートします。Exports the distribution to a tar file. 標準出力の場合、ファイル名は - でもかまいません。The filename can be - for standard output.

  • --import <Distro> <InstallLocation> <FileName>--import <Distro> <InstallLocation> <FileName>

    指定した tar ファイルを新しいディストリビューションとしてインポートします。Imports the specified tar file as a new distribution. 標準入力の場合、ファイル名は - でもかまいません。The filename can be - for standard input.

  • --list、-l [Options]--list, -l [Options]

    ディストリビューションを一覧表示します。Lists distributions.

    オプション:Options:

    • --all--all

      現在インストール中またはアンインストール中のディストリビューションを含む、すべてのディストリビューションを一覧表示します。List all distributions, including distributions that are currently being installed or uninstalled.

    • --running--running

      現在実行中のディストリビューションのみを一覧表示します。List only distributions that are currently running.

  • --set-default、-s <Distro>--set-default, -s <Distro>

    このディストリビューションを既定値として設定します。Sets the distribution as the default.

  • --terminate、-t <Distro>--terminate, -t <Distro>

    指定されたディストリビューションを終了します。Terminates the specified distribution.

  • --unregister <Distro>--unregister <Distro>

    ディストリビューションの登録を解除します。Un-register the distribution.

  • --help 使用方法に関する情報を表示します。--help Display usage information.

その他のコマンドAdditional Commands

Windows Subsystem for Linux を操作するための過去のコマンドもあります。There are also historic commands to interact with the Windows Subsystem for Linux. これらの機能は、wsl.exe 内に含まれますが、引き続き使用できます。Their functionality is encompassed within wsl.exe, but they are still available for use.

wslconfig.exe

このコマンドでは、WSL ディストリビューションを構成できます。This command lets you configure your WSL distribution. そのオプションの一覧を次に示します。Below is a list of its options.

使用法: wslconfig [Argument] [Options...]Using: wslconfig [Argument] [Options...]

引数Arguments

  • /l、/list [Options]/l, /list [Options]

    登録済みのディストリビューションを一覧表示します。Lists registered distributions.

オプション:Options:

  • /all 現在インストール中またはアンインストール中のディストリビューションを含む、すべてのディストリビューションをオプションで一覧表示します。/all Optionally list all distributions, including distributions that are currently being installed or uninstalled.

  • /running 現在実行中のディストリビューションのみを一覧表示します。/running List only distributions that are currently running.

  • /s、/setdefault <Distro> このディストリビューションを既定値として設定します。/s, /setdefault <Distro> Sets the distribution as the default.

  • /t、/terminate <Distro> このディストリビューションを終了します。/t, /terminate <Distro> Terminates the distribution.

  • /u、/unregister <Distro> このディストリビューションの登録を解除します。/u, /unregister <Distro> Un-registers the distribution.

  • /upgrade <Distro> このディストリビューションを WslFs ファイル システム形式にアップグレードします。/upgrade <Distro> Upgrades the distribution to the WslFs file system format.

bash.exe

このコマンドは、bash シェルを開始するために使用されます。This command is used to start a bash shell. このコマンドで使用できるオプションを次に示します。Below are the options you can use with this command.

使用法: bash [Options...]Using: bash [Options...]

  • オプションの指定なしNo Option given

    現在のディレクトリで Bash シェルを起動します。Launches the Bash shell in the current directory. Bash シェルがインストールされていない場合は、lxrun /install が自動的に実行されます。If the Bash shell is not installed automatically runs lxrun /install

  • ~

    bash ~ で、ユーザーのホームディレクトリに bash シェルが起動されます。bash ~ launches the bash shell into the user's home directory. cd ~ の実行と似ています。Similar to running cd ~.

  • -c "<command>"-c "<command>"

    コマンドを実行し、出力を行って、Windows のコマンド プロンプトに戻ります。Runs the command, prints the output and exits back to the Windows command prompt.

    例: bash -c "ls" のようにします。Example: bash -c "ls".

非推奨のコマンドDeprecated Commands

lxrun.exe は、Windows Subsystem for Linux をインストールして管理するために使用された最初のコマンドでした。The lxrun.exe was the first command used to install and manage the Windows Subsystem for Linux. これは、Windows 10 1803 以降では非推奨です。It is deprecated as of Windows 10 1803 and later.

lxrun.exe コマンドは、Windows Subsystem for Linux (WSL) を直接操作するために使用できます。The command lxrun.exe can be used to interact with the Windows Subsystem for Linux (WSL) directly. これらのコマンドは \Windows\System32 ディレクトリにインストールされ、Windows コマンド プロンプトまたは PowerShell 内で実行できます。These commands are installed into the \Windows\System32 directory and may be run within a Windows command prompt or in PowerShell.

コマンドCommand 説明Description
lxrun lxrun コマンドは、WSL インスタンスの管理に使用されます。The lxrun command is used to manage the WSL instance.
lxrun /install ダウンロードとインストールのプロセスを開始します。Starts the download and install process.
/y を追加すると、すべてのプロンプトを省略できます。/y may be added to bypass all prompts. 確認プロンプトが自動的に受け入れられ、既定のユーザーはルートに設定されます。The confirmation prompt is automatically accepted and the default user is set to root.
lxrun /uninstall Ubuntu イメージをアンインストールして削除します。Uninstalls and deletes the Ubuntu image. 既定では、これで、ユーザーの Ubuntu ホーム ディレクトリは削除されません。By default this does not remove the user's Ubuntu home directory.
/y を追加すると、確認プロンプトを自動的に受け入れることができます。/y may be added to automatically accept the confirmation prompt
/full を指定すると、ユーザーの Ubuntu ホーム ディレクトリをアンインストールして削除します。/full uninstalls and deletes the user's Ubuntu home directory
lxrun /setdefaultuser <userName> Ubuntu ユーザーの既定の Bash を設定します。Sets the default Bash on Ubuntu user. 指定されたユーザーが存在しない場合は、パスワードの入力が求められます。Will prompt for a password if the specified user does not exist. 詳細については、 https://aka.ms/wslusers をご覧ください。For more information visit: https://aka.ms/wslusers.
/y を指定すると、パスワードの入力を求めるプロンプトは省略されます。/y Bypasses promping for the password. ユーザーはパスワードなしで作成されます。The user will be created without a password.
lxrun /update サブシステムのパッケージ インデックスを更新します。Updates the subsystem's package index