Visual Studio 2019 での Xamarin のインストール

開始する前にシステム要件を確認します。

インストール

以下の手順に従って、Xamarin を "新しい" Visual Studio 2019 のインストールの一部としてインストールできます。

  1. Visual Studio ページから、Visual Studio 2019 Community、Visual Studio Professional、または Visual Studio Enterprise をダウンロードします (ダウンロード リンクは下部にあります)。

  2. ダウンロードしたパッケージをダブルクリックしてインストールを開始します。

  3. インストール画面で [.NET によるモバイル開発] ワークロードを選択します。

    [.NET によるモバイル開発] の選択。

  4. Visual Studio 2019 のインストールを開始する準備ができたら、右下隅にある [インストール] ボタンをクリックします。

    [インストール] ボタン。

    進行状況バーを使用して、インストールを監視します。

    インストール中の進行状況バー。

  5. Visual Studio 2019 のインストールが完了したら、[起動] ボタンをクリックして Visual Studio を起動します。

    [起動] ボタンの場所。

Visual Studio 2019 への Xamarin の追加

Visual Studio 2019 が既にインストールされている場合は、Visual Studio 2019 インストーラーを再実行し、ワークロードを変更して、Xamarin を追加します (詳細については、Visual Studio の変更に関するページを参照してください)。 次に、前述の手順に従って、Xamarin をインストールします。

Visual Studio 2019 のダウンロードとインストールの詳細については、Visual Studio 2019 のインストールに関するページを参照してください。

Visual Studio 2019 で、 [ヘルプ] メニューをクリックして Xamarin がインストールされていることを確認します。 Xamarin がインストールされている場合は、以下のスクリーン ショットのように、Xamarin のメニュー項目が表示されます。

[ヘルプ] メニューの [Xamarin] メニュー項目。

[ヘルプ]、[Microsoft Visual Studio のバージョン情報] の順にクリックし、インストールされている製品のリストをスクロールして、Xamarin がインストールされているかどうかを確認することもできます。

Visual Studio 2019 のインストールされている製品画面。

バージョン情報を見つける方法の詳細については、「Where can I find my version information and logs?」 (バージョン情報とログはどこにありますか?) を参照してください

次の手順

Visual Studio 2019 に Xamarin をインストールすることで、アプリのコードの記述を開始できるようになりますが、アプリをビルドしてシミュレーター、エミュレーター、デバイスに展開するには追加の設定が必要です。 インストールを完了し、クロス プラットフォームのアプリの構築を開始するには、以下のガイドを参照してください。

iOS

詳細については、「Installing Xamarin.iOS on Windows」(Windows への Xamarin.iOS のインストール) ガイドを参照してください。

  1. Visual Studio for Mac をインストールする
  2. Mac ビルド ホストへの Visual Studio の接続
  3. iOS 開発者のセットアップ - デバイスでアプリケーションを実行するために必要
  4. リモートの iOS シミュレーター
  5. Xamarin.iOS for Visual Studio の概要

Android

詳細については、「Installing Xamarin.Android on Windows」(Windows への Xamarin.Android のインストール) ガイドを参照してください。

  1. Xamarin.Android の構成
  2. Xamarin Android SDK Manager の使用
  3. Android SDK エミュレーター
  4. 開発用のデバイスの設定