OpenAPI 仕様のインポート

この記事では、 https://conferenceapi.azurewebsites.net?format=json に存在する "OpenAPI の仕様" のバックエンド API をインポートする方法を示します。 このバックエンド API は Microsoft によって提供され、Azure でホストされています。 また、APIM API をテストする方法についても説明します。

この記事では、次のことについて説明します。

  • "OpenAPI の仕様" バックエンド API のインポート
  • Azure Portal での API のテスト

前提条件

次のクイック スタートを完了すること:Azure API Management インスタンスを作成する

API Management インスタンスに移動します。

  1. Azure portal で、API Management サービス を検索して選択します。

    Select API Management services

  2. [API Management サービス] ページで、ご自身の API Management インスタンスを選択します。

    Select your API Management instance

バックエンド API のインポートと公開

  1. Azure portal で API Management サービスに移動し、メニューから [API] を選択します。

  2. [Add a new API](新しい API の追加) の一覧から [OpenAPI の仕様] を選択します。

    OpenAPI specification

  3. API 設定を入力します。 値は、作成時に設定することも、後で [設定] タブに移動して構成することもできます。設定については、「最初の API のインポートと発行」のチュートリアルで説明されています。

  4. [作成] を選択します

Note

API インポートの制限事項については、別の記事で説明されています。

その他の API の追加

次のように、各種サービスで公開される API を構成できます。

  • OpenAPI の仕様
  • SOAP API
  • Azure App Service でホストされる Web アプリ
  • Azure Function App
  • Azure Logic Apps
  • Azure Service Fabric

次の手順に従って、既存の API に別の API を追加します。

Note

別の API をインポートすると、操作が現在の API に追加されます。

  1. Azure portal で Azure API Management インスタンスに移動します。

    Go to Azure API Mgmt instance

  2. [概要] ページまたは左側のメニューから [API] を選択します。

    Select APIs

  3. 別の API を追加する API の隣の [...] をクリックします。

  4. ドロップダウン メニューから [インポート] を選択します。

    Select import

  5. API のインポート元のサービスを選択します。

    Select service

次のステップ