Azure Backup MARS エージェントを使用して Windows マシンをバックアップするBack up Windows machines with the Azure Backup MARS agent

この記事では、Azure Backup サービスと、Azure Backup エージェントとも呼ばれる Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェントを使用して、Windows マシンをバックアップする方法について説明します。This article explains how to back up Windows machines using the Azure Backup service and the Microsoft Azure Recovery Services (MARS) agent, also known as the Azure Backup agent.

この記事では、次の方法について説明します。In this article you learn how to:

  • 前提条件を確認し、Recovery Services コンテナーを作成する。Verify the prerequisites and create a Recovery Services vault.
  • MARS エージェントをダウンロードし、設定するDownload and set up the MARS Agent
  • バックアップ ポリシーとスケジュールを作成する。Create a backup policy and schedule.
  • アドホック バックアップを実行する。Perform an ad-hoc back up.

MARS エージェントについてAbout the MARS agent

MARS エージェントは、オンプレミスのマシンや Azure VM から Azure 上の Recovery Services バックアップ コンテナーにファイル、フォルダー、システム状態をバックアップするために Azure Backup によって使用されます。The MARS agent is used by Azure Backup to back up files, folders, and system state from on-premises machines and Azure VMs to a backup Recovery Services vault in Azure. エージェントは次のように実行できます。You can run the agent as follows:

  • Azure 上の Recovery Services バックアップ コンテナーに直接バックアップできるように、オンプレミスの Windows マシン上でエージェントを直接実行します。Run the agent directly on on-premises Windows machines so that they can back up directly to a backup Recovery Services vault in Azure.
  • VM 上の特定のファイルとフォルダーをバックアップするには、(Azure VM バックアップ拡張機能を使用してサイドバイサイドで) Windows を実行している Azure VM 上でエージェントを実行します。Run the agent Azure VMs running Windows (side-by-side with the Azure VM backup extension) to back up specific files and folders on the VM.
  • Microsoft Azure Backup Server (MABS) または System Center Data Protection Manager (DPM) サーバー上でエージェントを実行します。Run the agent on a Microsoft Azure Backup Server (MABS) or a System Center Data Protection - Manager (DPM) server. このシナリオでは、マシンとワークロードを MABS/DPM にバックアップした後、MARS エージェントを使用して MABS/DPM が Azure 上のコンテナーにバックアップされます。In this scenario, machines and workloads back up to MABS/DPM, and then MABS/DPM backs up to a vault in Azure using the MARS agent. バックアップできる内容は、エージェントがインストールされている場所によって異なります。What you can back up depends on where the agent is installed.

注意

Azure VM のバックアップの主な方法は、VM 上で Azure Backup 拡張機能を使用することです。The primary method for backing up Azure VMs is by using an Azure Backup extension on the VM. これにより、VM 全体がバックアップされます。This backs up the entire VM. VM 上の特定のファイルとフォルダーをバックアップする場合は、拡張機能と共に、MARS エージェントをインストールして使用できます。You might want to install and use the MARS agent alongside the extension if you want to back up specific files and folders on the VM. 詳細情報Learn more.

バックアップ プロセスの手順

開始する前にBefore you start

  • Azure Backup が MARS エージェントを使用して Windows マシンをバックアップする方法を確認します。Learn how Azure Backup backs up Windows machines with the MARS agent.
  • セカンダリ MABS または DPM サーバー上で MARS エージェントを実行しているバックアップ アーキテクチャについて確認します。Learn about the backup architecture running the MARS agent on a secondary MABS or DPM server.
  • サポートされている内容と MARS エージェントを使用してバックアップできるものを確認します。Review what's supported and what can be backed up with the MARS agent.
  • バックアップするマシン上でインターネット アクセスを確認します。Verify internet access on the machines you want to back up.
  • サーバー (またはクライアント) を Azure にバックアップするには、Azure アカウントが必要です。To back up a server or client to Azure, you need an Azure account. アカウントがない場合は、 無料アカウント を数分で作成できます。If you don't have one, you can create a free account in just a couple of minutes.

インターネット アクセスを確認するVerify internet access

マシンのインターネットへのアクセスが制限されている場合は、マシンまたはプロキシのファイアウォール設定によって次の URL と IP アドレスが許可されることを確認します。If your machine has limited internet access, ensure that firewall settings on the machine or proxy allow these URLs and IP address:

URLURLs

  • www.msftncsi.comwww.msftncsi.com
  • *.Microsoft.com*.Microsoft.com
  • *.WindowsAzure.com*.WindowsAzure.com
  • *.microsoftonline.com*.microsoftonline.com
  • *.windows.net*.windows.net

IP アドレスIP address

  • 20.190.128.0/1820.190.128.0/18
  • 40.126.0.0/1840.126.0.0/18

Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault

Recovery Services コンテナーには、経時的に作成されたすべてのバックアップと復旧ポイントが格納され、バックアップ マシンに適用されるバックアップ ポリシーが含まれます。A Recovery Services vault stores all the backups and recovery points you create over time, and contains the backup policy applied to backed up machines. 次の手順に従ってコンテナーを作成します。Create a vault as follows:

  1. Azure サブスクリプションを使用して、Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure Portal using your Azure subscription.

  2. 検索で、「Recovery Services」と入力し、[Recovery Services コンテナー] をクリックします。In search, type Recovery Services and click Recovery Services vaults.

    Create Recovery Services Vault step 1

  3. [Recovery Services コンテナー] メニューの [追加] をクリックします。On the Recovery Services vaults menu, click +Add.

    Create Recovery Services Vault step 2

  4. [名前] ボックスに、コンテナーを識別する表示名を入力します。For Name, enter a friendly name to identify the vault.

    • 名前は Azure サブスクリプションに対して一意である必要があります。The name needs to be unique for the Azure subscription.
    • 2 から 50 文字を含めることができます。It can contain 2 to 50 characters.
    • 名前の先頭にはアルファベットを使用する必要があります。また、名前に使用できるのはアルファベット、数字、ハイフンのみです。It must start with a letter, and it can contain only letters, numbers, and hyphens.
  5. Azure サブスクリプションとリソース グループ、およびコンテナーを作成する必要のある geography 型のリージョンを選択します。Select the Azure subscription, resource group, and geographic region in which the vault should be created. バックアップ データがコンテナーに送信されます。Backup data is sent to the vault. [Create] をクリックします。Then click Create.

    Recovery Services コンテナーの作成手順 3

    • コンテナーが作成されるまで時間がかかることがあります。It can take a while for the vault to be created.

    • ポータルの右上の領域で、状態の通知を監視します。Monitor the status notifications in the upper-right area of the portal. 数分経過してもコンテナーが表示されない場合は、[最新の情報に更新] をクリックしてください。If after several minutes you don't see the vault, click Refresh.

      [最新の情報に更新] ボタンをクリックする

ストレージ冗長性の設定Set storage redundancy

Azure Backup では、コンテナーのストレージが自動的に処理されます。Azure Backup automatically handles storage for the vault. ストレージをレプリケートする方法を指定する必要があります。You need to specify how that storage is replicated.

  1. [Recovery Services コンテナー] ブレードで、新しいコンテナーをクリックします。From the Recovery Services vaults blade, click the new vault. [設定] セクションの [プロパティ] をクリックします。Under the Settings section, click Properties.

  2. [プロパティ] で、[バックアップ構成][更新] をクリックします。In Properties, under Backup Configuration, click Update.

  3. ストレージのレプリケーションの種類を選択し、[保存] をクリックします。Select the storage replication type, and click Save.

    新しいコンテナーのストレージ構成を設定する

  • プライマリ バックアップ ストレージ エンドポイントとして Azure を使用している場合は、引き続き既定の geo 冗長設定を使用することをお勧めします。We recommend that if you're using Azure as a primary backup storage endpoint, continue to use the default Geo-redundant setting.
  • プライマリ バックアップ ストレージ エンドポイントとして Azure を使用しない場合、[ローカル冗長] を選択します。これにより、Azure Storage のコストを削減できます。If you don't use Azure as a primary backup storage endpoint, then choose Locally-redundant, which reduces the Azure storage costs.
  • geo 冗長とローカル冗長の詳細をご確認ください。Learn more about geo and local redundancy.

MARS エージェントのダウンロードDownload the MARS agent

バックアップ対象のマシンにインストールする MARS エージェントをダウンロードします。Download the MARS agent for installation on machines you want to back up.

  • いずれかのマシンにエージェントを既にインストールした場合は、最新バージョンを実行していることを確認します。If you've already installed the agent on any machines, make sure you're running the latest version.
  • 最新バージョンは、ポータルで、または直接ダウンロードを使用して入手できますThe latest version is available in the portal, or using a direct download
  1. コンテナーの [作業の開始] で、[バックアップ] をクリックします。In the vault, under Getting Started, click Backup.

    Open backup goal blade

  2. [ワークロードはどこで実行されていますか?][オンプレミス] を選択します。In Where is your workload running?, select On-premises. Azure VM 上に MARS エージェントをインストールする場合でも、このオプションを選択する必要があります。You should select this option even if you want to install the MARS agent on an Azure VM.

  3. [何をバックアップしますか?] で、[ファイルとフォルダー] または [システム状態]、あるいはその両方を選択します。In What do you want to backup?, select Files and folders and/or System State. 他にも多くのオプションを使用可能ですが、これらはセカンダリ バックアップ サーバーを実行している場合にのみサポートされます。There are a number of other options available, but these are only supported if you're running a secondary backup server. [インフラストラクチャの準備] をクリックします。Click Prepare Infrastructure.

    ファイルとフォルダーの構成

  4. [インフラストラクチャの準備][Recovery Services エージェントのインストール] で、MARS エージェントをダウンロードします。On the Prepare infrastructure, under Install Recovery Services agent, download the MARS agent.

    [Download Agent for Windows Server or Windows Client]

  5. ダウンロードのポップアップ メニューで、[保存] をクリックします。In the download pop-up menu, click Save. 既定では、 MARSagentinstaller.exe ファイルがダウンロード フォルダーに保存されます。By default, the MARSagentinstaller.exe file is saved to your Downloads folder.

  6. ここで、[Already download or using the latest Recovery Services Agent](既にダウンロードしたか、最新の Recovery Services エージェントを使用している) をオンにし、コンテナー資格情報をダウンロードします。Now, check Already download or using the latest Recovery Services Agent, and then download the vault credentials.

    コンテナー資格情報のダウンロード

  7. [Save] をクリックします。Click Save. ファイルはダウンロード フォルダーにダウンロードされます。The file is downloaded to your Download folder. コンテナー資格情報ファイルを開くことはできません。You can't open the vault credentials file.

エージェントをインストールして登録するInstall and register the agent

  1. バックアップ対象のマシン上で MARSagentinstaller.exe ファイルを実行します。Run the MARSagentinstaller.exe file on machines you want to back up.

  2. MARS Agent Setup (MARS エージェントのセットアップ) ウィザードの [インストールの設定] で、エージェントをインストールする場所と、キャッシュに使用する場所を指定します。In the MARS Agent Setup Wizard > Installation Settings, specify where you want to install the agent, and a location to use for the cache. その後、 [次へ] をクリックします。Then click Next.

    • Azure Backup では、キャッシュを使用して、Azure に送信する前のデータのスナップショットを格納します。Azure Backup uses the cache to store data snapshots before sending them to Azure.

    • キャッシュの場所には、バックアップするデータのサイズの 5% 以上に相当する空き容量が必要です。The cache location should have free space equal to at least 5% of the size of the data you'll back up.

      MARS ウィザードのインストール設定

  3. [プロキシの構成] で、Windows マシン上で実行されているエージェントがインターネットに接続する方法を指定します。In Proxy Configuration, specify how the agent running on the Windows machine will connect to the internet. その後、 [次へ] をクリックします。Then click Next.

    • カスタム プロキシを使用している場合は、プロキシ設定と、必要に応じて資格情報を指定します。If you're using a custom proxy specify the proxy settings, and credentials if needed.

    • エージェントにはこちらの URL へのアクセス権が必要であることを忘れないでください。Remember that the agent needs access to these URLs.

      MARS ウィザードのインターネット アクセス

  4. [インストール] で、前提条件チェックをレビューし、[インストール] をクリックします。In Installation review the prerequisites check, and click Install.

  5. エージェントがインストールされたら、[登録処理を続行] をクリックします。After the agent is installed, click Proceed to Registration.

  6. [サーバーの登録ウィザード] > [資格情報コンテナーの識別] で、ダウンロードした資格情報ファイルを参照し、選択します。In the Register Server Wizard > Vault Identification, browse and select the credentials file you downloaded. その後、 [次へ] をクリックします。Then click Next.

    登録 - コンテナー資格情報

  7. [暗号化の設定] で、マシンのバックアップの暗号化と復号化に使用されるパスフレーズを指定します。In Encryption Setting, specify a passphrase that will be used to encrypt and decrypt backups for the machine.

    • 暗号化パスフレーズを安全な場所に保存します。Save the encryption passphrase in a secure location.
    • パスフレーズを紛失または忘れた場合、Microsoft がバックアップ データの回復を支援することはできません。If you lose or forget the passphrase, Microsoft can't help recover the backup data. 安全な場所にファイルを保存してください。Save the file in a secure location. バックアップを復元するために必要になります。You need it to restore a backup.
  8. [完了] をクリックします。click Finish. エージェントがインストールされ、コンピューターがコンテナーに登録されました。The agent is now installed and your machine is registered to the vault. バックアップを構成してスケジュールする準備ができました。You're ready to configure and schedule your backup.

バックアップ ポリシーの作成Create a backup policy

バックアップ ポリシーでは、復旧ポイントを作成するためにデータのスナップショットを取得するタイミングと、復旧ポイントを保持する期間を指定します。The backup policy specifies when to take snapshots of the data to create recovery points, and how long to retain recovery points.

  • MARS エージェントを使用してバックアップ ポリシーを構成します。You configure a backup policy using the MARS agent.
  • Azure Backup では、夏時間 (DST) は自動的には考慮されません。Azure Backup doesn't automatically take daylight savings time (DST) into account. このため、実際の時刻とスケジュールされたバックアップ時刻の間で矛盾が生じる可能性があります。This could cause some discrepancy between the actual time and scheduled backup time.

次のようにポリシーを作成します。Create a policy as follows:

  1. 各マシンで、MARS エージェントを開きます。On each machine, open the MARS agent. エージェントは、コンピューターで Microsoft Azure Backupを検索すると見つかります。You can find it by searching your machine for Microsoft Azure Backup.

  2. [アクション] で、[バックアップのスケジュール] をクリックします。In Actions, click Schedule Backup.

    Schedule a Windows Server backup

  3. バックアップのスケジュール ウィザードの [作業の開始] ページで、[次へ] をクリックします。In the Schedule Backup Wizard > Getting started, click Next.

  4. [バックアップする項目の選択] で、[項目の追加] をクリックします。In Select Items to Backup, click Add Items.

  5. [項目の選択] で、バックアップする対象を選択します。In Select Items, select what you want to back up. 次に、 [OK] をクリックしますThen click OK.

  6. [バックアップする項目の選択] ページで、[次へ] をクリックします。In Select Items to Backup page, click Next.

  7. [バックアップ スケジュールの選択] ページで、毎日または毎週のバックアップをいつ実行するかを指定します。In Specify Backup Schedule page, specify when you want to take daily or weekly backups. その後、 [次へ] をクリックします。Then click Next.

    • バックアップの作成時に復旧ポイントが作成されます。A recovery point is created when a backup is taken.
    • 環境内で作成される復旧ポイントの数は、バックアップ スケジュールによって異なります。The number of recovery points created in your environment is dependent upon your backup schedule.
  8. 毎日のバックアップは 1 日に 3 回までスケジュールすることができます。You can schedule daily backups, up to three times a day. たとえば、スクリーンショットには、午前 0 時と午後 6 時の 2 つの毎日のバックアップが表示されています。For example, the screenshot shows two daily backups, one at midnight and one at 6pm.

    毎日のスケジュール

  9. 毎週のバックアップを実行することもできます。You can run weekly backups too. たとえば、スクリーンショットには、1 週間おきの日曜日と水曜日の午前 9 時 30 分と午前 1 時に作成されるバックアップが表示されています。For example, the screenshot shows backups taken every alternate Sunday & Wednesday at 9:30AM and 1:00AM.

    週単位のスケジュール

  10. [保持ポリシーの選択] ページで、データの履歴コピーを格納する方法を指定します。On the Select Retention Policy page, specify how you store historical copies of your data. その後、 [次へ] をクリックします。Then click Next.

    • 保持設定では、格納する必要のある復旧ポイントと、それらを格納する期間を指定します。Retention settings specify which recovery points should be stored, and how long they should be stored for.
    • たとえば、日単位の保持設定を設定する場合は、日単位の保持に対して指定した時刻に、最新の復旧ポイントが指定した日数にわたって保持されることを指定します。For example, when you set a daily retention setting, you indicate that at the time specified for the daily retention, the latest recovery point will be retained for the specified number of days. または、別の例として、月単位の保持ポリシーを指定して、毎月 30 日に作成された復旧ポイントを 12 か月間保存する必要があることを指定できます。Or, as another example, you could specify a monthly retention policy to indicate that the recovery point created on the 30th of every month should be stored for 12 months.
    • 毎日および毎週の復旧ポイントの保持は、通常はバックアップ スケジュールと一致します。Daily and weekly recovery point retention usually coincides with the backup schedule. つまり、スケジュールに従ってバックアップがトリガーされると、バックアップによって作成された復旧ポイントが、日単位または週単位の保持ポリシーで指定された期間保存されます。Meaning that when the backup is triggered according to schedule, the recovery point created by the backup is stored for the duration indicated in the daily or weekly retention policy.
    • たとえば、次のスクリーンショットでは:As an example, in the following screenshot:
      • 午前 0 時と午後 6 時の毎日のバックアップは 7 日間保持されます。Daily backups at midnight and 6 PM are kept for seven days.
      • 土曜日の午前 0 時と午後 6 時に作成されるバックアップは 4 週間保持されます。Backups taken on a Saturday at midnight and 6 PM are kept for 4 weeks.
      • 月の最後の週の土曜日の午前 0 時と午後 6 時に作成されるバックアップは 12 か月間保持されます。Backups taken on Saturday on the last week of the month at midnight and 6 PM are kept for 12 months. - 3 月の最後の週の土曜日に作成されるバックアップは 10 年間保持されます。- Backups taken on a Saturday in the last week of March are kept for 10 years.

    保持の例

  11. [初期バックアップの種類の選択] で初期バックアップを取得する方法 (ネットワーク経由またはオフライン) を指定します。In Choose Initial Backup Type specify how to take the initial backup, over the network or offline. その後、 [次へ] をクリックします。Then click Next.

  12. [確認] で情報を確認し、[完了] をクリックします。In Confirmation, review the information, and then click Finish.

  13. ウィザードでバックアップ スケジュールの作成が完了したら、 [閉じる] をクリックします。After the wizard finishes creating the backup schedule, click Close.

オフラインでの初期バックアップの実行Perform the initial backup offline

初期バックアップは、ネットワーク経由で自動的に実行することも、オフラインで実行することもできます。You can run an initial back up automatically over the network, or offline. 初期バックアップのオフライン シード処理は、転送するために大量のネットワーク帯域幅が必要になる大量のデータがある場合に便利です。Offline seeding for an initial backup is useful if you have large amounts of data that will require lots of network bandwidth to transfer. オフライン転送は次のように行います。You do an offline transfer as follows:

  1. ステージングの場所にバックアップ データを書き込みます。You write the backup data to a staging location.
  2. AzureOfflineBackupDiskPrep ツールを使って、ステージングの場所から 1 つまたは複数の SATA ディスクにデータをコピーします。You use the AzureOfflineBackupDiskPrep tool to copy the data from the staging location to one or more SATA disks.
  3. このツールでは、Azure インポート ジョブが作成されます。The tool creates an Azure Import job. Azure のインポートとエクスポートの詳細をご確認ください。Learn more about Azure import and export.
  4. SATA ディスクを Azure データセンターに送信します。You send the SATA disks to an Azure datacenter.
  5. Azure データセンターでは、ディスク データが Azure ストレージ アカウントにコピーされます。At the datacenter, the disk data is copied to an Azure storage account.
  6. Azure Backup によってストレージ アカウントからコンテナーにデータがコピーされ、増分バックアップがスケジュールされます。Azure Backup copies the data from the storage account to the vault, and incremental backups are scheduled.

オフライン シード処理の詳細をご確認ください。Learn more about offline seeding.

ネットワーク調整の有効化Enable network throttling

ネットワーク調整を有効にして、MARS エージェントによってネットワーク帯域幅が使用される方法を制御できます。You can control how network bandwidth is used by the MARS agent by enabling network throttling. 調整は、作業時間中にデータをバックアップする必要があり、バックアップと復元のアクティビティに使用される帯域幅の量を制御したい場合に便利です。Throttling is helpful if you need to back up data during work hours but want to control how much bandwidth is used for backup and restore activity.

  • Azure Backup のネットワーク調整では、ローカル オペレーティング システムのサービス品質 (QoS) を利用します。Azure Backup network throttling uses Quality of Service (QoS) on the local operating system.
  • バックアップのネットワーク調整は、Windows Server 2008 R2 以降と、Windows 7 以降で利用できます。Network throttling for backup is available on Windows Server 2008 R2 onwards, and Windows 7 onwards. オペレーティング システムでは、最新の Service Pack が実行されている必要があります。Operating systems should be running the latest service packs.

次のようにしてネットワーク調整を有効にします。Enable network throttling as follows:

  1. MARS エージェントで、[プロパティの変更] をクリックします。In the MARS agent, click Change Properties.

  2. [調整] タブで、[バックアップ操作用のインターネット使用帯域幅の調整を有効にする] をオンにします。On the Throttling tab, check Enable internet bandwidth usage throttling for backup operations.

    Network throttling

  3. 作業中と作業時間外に使用できる帯域幅を指定します。Specify the allowed bandwidth during work and outside work hours. 帯域幅の値は 512 Kbps から開始し、最大は 1,023 MBps です。Bandwidth values begin at 512 Kbps and go up to 1,023 MBps. 次に、 [OK] をクリックしますThen click OK.

アドホック バックアップの実行Run an ad hoc backup

  1. MARS エージェントで、[今すぐバックアップ] をクリックします。In the MARS agent, click Back Up Now. これにより、ネットワーク経由での初期レプリケーションが開始します。This kicks off the initial replication over the network.

    Windows Server を今すぐバックアップする

  2. [確認] で、設定を確認し、[バックアップ] をクリックします。In Confirmation, review the settings, and click Back Up.

  3. [閉じる] をクリックしてウィザードを閉じます。Click Close to close the wizard. バックアップが完了する前にこれを行った場合、ウィザードはバックグラウンドで引き続き実行されます。If you do this before the backup finishes, the wizard continues to run in the background.

初回バックアップが完了すると、 [ジョブは完了しました] 状態が Backup コンソールに表示されます。After the initial backup is completed, the Job completed status appears in the Backup console.

次の手順Next steps

ファイルを復元する方法を確認します。Learn how to restore files.