TraceSource.TraceEvent メソッド

定義

トレース イベント メッセージを Listeners コレクションのトレース リスナーに書き込みます。Writes a trace event message to the trace listeners in the Listeners collection.

オーバーロード

TraceEvent(TraceEventType, Int32)

指定されたイベントの種類およびイベント識別子を使用して、トレース イベント メッセージを Listeners コレクション内のトレース リスナーに書き込みます。Writes a trace event message to the trace listeners in the Listeners collection using the specified event type and event identifier.

TraceEvent(TraceEventType, Int32, String)

指定されたイベントの種類、イベント識別子、およびメッセージを使用して、トレース イベント メッセージを Listeners コレクション内のトレース リスナーに書き込みます。Writes a trace event message to the trace listeners in the Listeners collection using the specified event type, event identifier, and message.

TraceEvent(TraceEventType, Int32, String, Object[])

指定されたイベントの種類、イベント識別子、および引数配列と書式設定を使用して、トレース イベントを Listeners コレクション内のトレース リスナーに書き込みます。Writes a trace event to the trace listeners in the Listeners collection using the specified event type, event identifier, and argument array and format.

TraceEvent(TraceEventType, Int32)

指定されたイベントの種類およびイベント識別子を使用して、トレース イベント メッセージを Listeners コレクション内のトレース リスナーに書き込みます。Writes a trace event message to the trace listeners in the Listeners collection using the specified event type and event identifier.

public:
 void TraceEvent(System::Diagnostics::TraceEventType eventType, int id);
public void TraceEvent (System.Diagnostics.TraceEventType eventType, int id);
[System.Diagnostics.Conditional("TRACE")]
public void TraceEvent (System.Diagnostics.TraceEventType eventType, int id);
member this.TraceEvent : System.Diagnostics.TraceEventType * int -> unit
[<System.Diagnostics.Conditional("TRACE")>]
member this.TraceEvent : System.Diagnostics.TraceEventType * int -> unit
Public Sub TraceEvent (eventType As TraceEventType, id As Integer)

パラメーター

eventType
TraceEventType

トレース データのイベントの種類を指定する列挙値の 1 つ。One of the enumeration values that specifies the event type of the trace data.

id
Int32

イベントの数値識別子。A numeric identifier for the event.

属性

例外

終了処理時にイベントをトレースしようとしました。An attempt was made to trace an event during finalization.

次のコード例は、メソッドを使用して、 TraceEvent(TraceEventType, Int32) トレースイベントをリスナーに渡す方法を示しています。The following code example shows the use of the TraceEvent(TraceEventType, Int32) method to pass a trace event to the listeners. このコード例は、TraceSource クラスのために提供されている大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the TraceSource class.

ts.TraceEvent(TraceEventType.Warning, 1);
ts.TraceEvent(TraceEventType.Warning, 1)

注釈

TraceEventメソッドは、ツールによって自動的に処理できるイベントをトレースすることを目的としています。The TraceEvent method is intended to trace events that can be processed automatically by tools. たとえば、特定のイベントが特定のソースによってトレースされている場合、監視ツールから管理者に通知することができます。For example, a monitoring tool can notify an administrator if a specific event is traced by a specific source.

メソッドは、 TraceEvent ShouldTrace SourceSwitch プロパティによって返されるオブジェクトのメソッドを呼び出し Switch ます。The TraceEvent method calls the ShouldTrace method of the SourceSwitch object returned by the Switch property. ShouldTrace を返す場合 true 、は TraceEvent TraceEvent 各リスナーの対応するメソッドを呼び出します。If ShouldTrace returns true, TraceEvent calls the corresponding TraceEvent method of each listener. それ以外の場合は、 TraceEvent リスナーのメソッドを呼び出さずにを返します。Otherwise, TraceEvent returns without calling the listeners' methods.

トレースコンテンツはリスナー固有です。The trace content is listener specific. メソッドがリスナー実装によってオーバーライドされない場合、既定の出力はトレースソースの名前、数値 id、およびイベントの種類です。If the method is not overridden by the listener implementation, the default output is the name of the trace source, its numeric identity, and the event type. 追加のトレースコンテンツは、リスナーの TraceOutputOptions プロパティ値に依存します。Additional trace content is dependent upon the listener's TraceOutputOptions property value.

注意

EventLogTraceListenerオブジェクトは、最大値の65535に制限されてい id ます。The EventLogTraceListener object is limited to a maximum id value of 65,535. id指定された値が65535より大きい場合、は EventLogTraceListener 65535 を使用します。If the id value specified is greater than 65,535, the EventLogTraceListener uses 65,535.

適用対象

TraceEvent(TraceEventType, Int32, String)

指定されたイベントの種類、イベント識別子、およびメッセージを使用して、トレース イベント メッセージを Listeners コレクション内のトレース リスナーに書き込みます。Writes a trace event message to the trace listeners in the Listeners collection using the specified event type, event identifier, and message.

public:
 void TraceEvent(System::Diagnostics::TraceEventType eventType, int id, System::String ^ message);
public void TraceEvent (System.Diagnostics.TraceEventType eventType, int id, string message);
[System.Diagnostics.Conditional("TRACE")]
public void TraceEvent (System.Diagnostics.TraceEventType eventType, int id, string message);
member this.TraceEvent : System.Diagnostics.TraceEventType * int * string -> unit
[<System.Diagnostics.Conditional("TRACE")>]
member this.TraceEvent : System.Diagnostics.TraceEventType * int * string -> unit
Public Sub TraceEvent (eventType As TraceEventType, id As Integer, message As String)

パラメーター

eventType
TraceEventType

トレース データのイベントの種類を指定する列挙値の 1 つ。One of the enumeration values that specifies the event type of the trace data.

id
Int32

イベントの数値識別子。A numeric identifier for the event.

message
String

書き込むトレース メッセージ。The trace message to write.

属性

例外

終了処理時にイベントをトレースしようとしました。An attempt was made to trace an event during finalization.

次のコード例は、メソッドを使用して、 TraceEvent(TraceEventType, Int32) トレースイベントをリスナーに渡す方法を示しています。The following code example shows the use of the TraceEvent(TraceEventType, Int32) method to pass a trace event to the listeners. このコード例は、TraceSource クラスのために提供されている大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the TraceSource class.

// Issue file not found message as a warning.
ts.TraceEvent(TraceEventType.Warning, 2, "File Test not found");
' Issue file not found message as a warning.
ts.TraceEvent(TraceEventType.Warning, 2, "File Test not found")

注釈

TraceEventメソッドは、ツールによって自動的に処理できるイベントをトレースすることを目的としています。The TraceEvent method is intended to trace events that can be processed automatically by tools. たとえば、特定のイベントが特定のソースによってトレースされている場合、監視ツールから管理者に通知することができます。For example, a monitoring tool can notify an administrator if a specific event is traced by a specific source.

メソッドは、 TraceEvent ShouldTrace SourceSwitch プロパティによって返されるオブジェクトのメソッドを呼び出し Switch ます。The TraceEvent method calls the ShouldTrace method of the SourceSwitch object returned by the Switch property. ShouldTrace を返す場合 true 、は TraceEvent TraceEvent 各リスナーの対応するメソッドを呼び出します。If ShouldTrace returns true, TraceEvent calls the corresponding TraceEvent method of each listener. それ以外の場合は、 TraceEvent リスナーのメソッドを呼び出さずにを返します。Otherwise, TraceEvent returns without calling the listeners' methods.

トレースコンテンツはリスナー固有です。The trace content is listener specific. メソッドがリスナー実装によってオーバーライドされない場合、既定の出力は、トレースソース、その数値 id、イベントの種類、およびメッセージの名前になります。If the method is not overridden by the listener implementation, the default output is the name of the trace source, its numeric identity, the event type, and the message. 追加のトレースコンテンツは、リスナーの TraceOutputOptions プロパティ値に依存します。Additional trace content is dependent upon the listener's TraceOutputOptions property value.

注意

EventLogTraceListenerオブジェクトは、最大値の65535に制限されてい id ます。The EventLogTraceListener object is limited to a maximum id value of 65,535. id指定された値が65535より大きい場合、 EventLogTraceListener オブジェクトは65535を使用します。If the id value specified is greater than 65,535, the EventLogTraceListener object uses 65,535.

適用対象

TraceEvent(TraceEventType, Int32, String, Object[])

指定されたイベントの種類、イベント識別子、および引数配列と書式設定を使用して、トレース イベントを Listeners コレクション内のトレース リスナーに書き込みます。Writes a trace event to the trace listeners in the Listeners collection using the specified event type, event identifier, and argument array and format.

public:
 void TraceEvent(System::Diagnostics::TraceEventType eventType, int id, System::String ^ format, ... cli::array <System::Object ^> ^ args);
public void TraceEvent (System.Diagnostics.TraceEventType eventType, int id, string format, params object[]? args);
[System.Diagnostics.Conditional("TRACE")]
public void TraceEvent (System.Diagnostics.TraceEventType eventType, int id, string format, params object[] args);
member this.TraceEvent : System.Diagnostics.TraceEventType * int * string * obj[] -> unit
[<System.Diagnostics.Conditional("TRACE")>]
member this.TraceEvent : System.Diagnostics.TraceEventType * int * string * obj[] -> unit
Public Sub TraceEvent (eventType As TraceEventType, id As Integer, format As String, ParamArray args As Object())

パラメーター

eventType
TraceEventType

トレース データのイベントの種類を指定する列挙値の 1 つ。One of the enumeration values that specifies the event type of the trace data.

id
Int32

イベントの数値識別子。A numeric identifier for the event.

format
String

0 個以上の書式項目が混在したテキストを含む複合書式指定文字列。各書式項目は、args 配列内のオブジェクトに対応します。A composite format string that contains text intermixed with zero or more format items, which correspond to objects in the args array.

args
Object[]

0 個以上の書式設定対象オブジェクトを含んだ object 配列。An object array containing zero or more objects to format.

属性

例外

formatnullです。format is null.

format が無効です。format is invalid.

- または --or- 書式設定する引数を示す数が 0 より小さいか、書式設定する指定されたオブジェクトの数以上です。The number that indicates an argument to format is less than zero, or greater than or equal to the number of specified objects to format.

終了処理時にイベントをトレースしようとしました。An attempt was made to trace an event during finalization.

次のコード例は、メソッドを使用して、 TraceEvent(TraceEventType, Int32) トレースイベントをリスナーに渡す方法を示しています。The following code example shows the use of the TraceEvent(TraceEventType, Int32) method to pass a trace event to the listeners. このコード例は、TraceSource クラスのために提供されている大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the TraceSource class.

// Issue file not found message as a verbose event using a formatted string.
ts.TraceEvent(TraceEventType.Verbose, 3, "File {0} not found.", "test");
' Issue file not found message as a verbose event using a formatted string.
ts.TraceEvent(TraceEventType.Verbose, 3, "File {0} not found.", "test")

注釈

パラメーターの詳細については format 、「 複合書式指定」を参照してください。For more information about the format parameter, see Composite Formatting.

TraceEventメソッドは、ツールによって自動的に処理できるイベントをトレースすることを目的としています。The TraceEvent method is intended to trace events that can be processed automatically by tools. たとえば、特定のイベントが特定のソースによってトレースされている場合、監視ツールから管理者に通知することができます。For example, a monitoring tool can notify an administrator if a specific event is traced by a specific source.

メソッドは、 TraceEvent ShouldTrace SourceSwitch プロパティによって返されるオブジェクトのメソッドを呼び出し Switch ます。The TraceEvent method calls the ShouldTrace method of the SourceSwitch object returned by the Switch property. ShouldTrace を返す場合 true 、は TraceEvent TraceEvent 各リスナーの対応するメソッドを呼び出します。If ShouldTrace returns true, TraceEvent calls the corresponding TraceEvent method of each listener. それ以外の場合は、 TraceEvent リスナーのメソッドを呼び出さずにを返します。Otherwise, TraceEvent returns without calling the listeners' methods.

トレースコンテンツはリスナー固有です。The trace content is listener specific. 既定の TraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, String, Object[]) メソッドは、ソース名、イベントの種類、および数値 id をトレースヘッダーに書き込み、次にメソッドを呼び出して String.Format(IFormatProvider, String, Object[]) 文字列と配列を渡し、プロパティを使用して format args 文字列を CultureInfo.InvariantCulture メッセージ出力として書式設定します。The default TraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, String, Object[]) method writes the source name, event type, and numeric identity in the trace header, then calls the String.Format(IFormatProvider, String, Object[]) method, passing the format string and args array and using the CultureInfo.InvariantCulture property to format the string as the message output.

注意

EventLogTraceListenerオブジェクトは、最大値の65535に制限されてい id ます。The EventLogTraceListener object is limited to a maximum id value of 65,535. id指定された値が65535より大きい場合、 EventLogTraceListener オブジェクトは65535を使用します。If the id value specified is greater than 65,535, the EventLogTraceListener object uses 65,535.

こちらもご覧ください

適用対象