AuthenticatedStream クラス

定義

ストリームを介して資格情報を渡し、クライアント サーバー アプリケーションの認証を要求または実行するメソッドを提供します。

public ref class AuthenticatedStream abstract : System::IO::Stream
public abstract class AuthenticatedStream : System.IO.Stream
type AuthenticatedStream = class
    inherit Stream
Public MustInherit Class AuthenticatedStream
Inherits Stream
継承
AuthenticatedStream
継承
AuthenticatedStream
派生

次の例は、認証されたストリームのプロパティを表示する方法を示しています。

// The following class displays the properties of an authenticatedStream.
public ref class AuthenticatedStreamReporter
{
public:
   static void DisplayProperties( AuthenticatedStream^ stream )
   {
      Console::WriteLine( L"IsAuthenticated: {0}", stream->IsAuthenticated );
      Console::WriteLine( L"IsMutuallyAuthenticated: {0}", stream->IsMutuallyAuthenticated );
      Console::WriteLine( L"IsEncrypted: {0}", stream->IsEncrypted );
      Console::WriteLine( L"IsSigned: {0}", stream->IsSigned );
      Console::WriteLine( L"IsServer: {0}", stream->IsServer );
   }

};
// The following class displays the properties of an authenticatedStream.
public class AuthenticatedStreamReporter
{
    public static void DisplayProperties(AuthenticatedStream stream)
    {
        Console.WriteLine("IsAuthenticated: {0}", stream.IsAuthenticated);
        Console.WriteLine("IsMutuallyAuthenticated: {0}", stream.IsMutuallyAuthenticated);
        Console.WriteLine("IsEncrypted: {0}", stream.IsEncrypted);
        Console.WriteLine("IsSigned: {0}", stream.IsSigned);
        Console.WriteLine("IsServer: {0}", stream.IsServer);
    }
}
' The following class displays the properties of an AuthenticatedStream.
Public Class AuthenticatedStreamReporter
    Public Shared Sub DisplayProperties(stream As AuthenticatedStream)
        Console.WriteLine("IsAuthenticated: {0}", stream.IsAuthenticated)
        Console.WriteLine("IsMutuallyAuthenticated: {0}", stream.IsMutuallyAuthenticated)
        Console.WriteLine("IsEncrypted: {0}", stream.IsEncrypted)
        Console.WriteLine("IsSigned: {0}", stream.IsSigned)
        Console.WriteLine("IsServer: {0}", stream.IsServer)
    End Sub
End Class

注釈

この抽象クラスは、認証されたストリームに共通のメソッドとプロパティを提供します。

認証されたストリームは、を使用して送信されるデータの整合性と機密性を維持するのに役立つ認証、データ署名、および暗号化サービスを提供でき InnerStream ます。

から派生したクラスによって実装されるセキュリティプロトコルと、 AuthenticatedStream クライアントおよびサーバーでサポートされるセキュリティプロトコルを使用して、アプリケーションで使用できるセキュリティ機能を決定します。 NegotiateStreamクラスと SslStream クラスは、 AuthenticatedStream それぞれ Negotiate および Secure Sockets Layer セキュリティプロトコルを継承し、実装します。

注意 (実装者)

派生クラスでは、、、、 IsAuthenticated IsEncrypted IsMutuallyAuthenticated IsServer 、およびの各メンバーをオーバーライドする必要があります IsSigned

コンストラクター

AuthenticatedStream(Stream, Boolean)

AuthenticatedStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CanRead

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリームが読み取りをサポートするかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Stream)
CanSeek

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリームがシークをサポートするかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Stream)
CanTimeout

現在のストリームがタイムアウトできるかどうかを決定する値を取得します。

(継承元 Stream)
CanWrite

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリームが書き込みをサポートするかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Stream)
InnerStream

この AuthenticatedStream がデータの送受信に使用するストリームを取得します。

IsAuthenticated

認証が成功したかどうかを示す Boolean 値を取得します。

IsEncrypted

この AuthenticatedStream を使用して送信するデータが暗号化されるかどうかを示す Boolean 値を取得します。

IsMutuallyAuthenticated

サーバーとクライアントの両方が認証されているかどうかを示す Boolean 値を取得します。

IsServer

接続のローカル側がサーバーとして認証されたかどうかを示す Boolean 値を取得します。

IsSigned

このストリームを使用して送信されるデータに署名するかどうかを示す Boolean 値を取得します。

LeaveInnerStreamOpen

この AuthenticatedStream がデータの送受信に使用するストリームが、開いたままになっているかどうかを示す値を取得します。

Length

派生クラスでオーバーライドされた場合は、ストリームの長さをバイト単位で取得します。

(継承元 Stream)
Position

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリーム内の位置を取得または設定します。

(継承元 Stream)
ReadTimeout

ストリームがタイムアウト前に読み取りを試みる期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。

(継承元 Stream)
WriteTimeout

ストリームがタイムアウト前に書き込みを試行する期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。

(継承元 Stream)

メソッド

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
Close()

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。 このメソッドを呼び出す代わりに、ストリームが適切に破棄されていることを確認します。

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream)

現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream)

現在のストリームからすべてのバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。

(継承元 Stream)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateWaitHandle()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

WaitHandle オブジェクトを割り当てます。

(継承元 Stream)
Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Stream)
Dispose(Boolean)

AuthenticatedStream によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

DisposeAsync()

AuthenticatedStream によって使用されているアンマネージドまたはマネージド リソースを非同期に解放します。

DisposeAsync()

Stream によって使用されているアンマネージ リソースを非同期に解放します。

(継承元 Stream)
EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期読み取りが完了するまで待機します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
EndWrite(IAsyncResult)

非同期書き込み操作を終了します。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Flush()

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、ストリームに対応するすべてのバッファーをクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。

(継承元 Stream)
FlushAsync()

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。

(継承元 Stream)
FlushAsync(CancellationToken)

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込み、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
ObjectInvariant()
互換性のために残されています。

Contract のサポートを提供します。

(継承元 Stream)
Read(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取ったバイト数の分だけストリームの位置を進めます。

(継承元 Stream)
Read(Span<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取ったバイト数の分だけストリームの位置を進めます。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進めます。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
ReadByte()

ストリームから 1 バイトを読み取り、ストリーム内の位置を 1 バイト進めます。ストリームの末尾の場合は -1 を返します。

(継承元 Stream)
Seek(Int64, SeekOrigin)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリーム内の位置を設定します。

(継承元 Stream)
SetLength(Int64)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリームの長さを設定します。

(継承元 Stream)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Write(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。

(継承元 Stream)
Write(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進めます。

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
WriteByte(Byte)

ストリームの現在位置にバイトを書き込み、ストリームの位置を 1 バイトだけ進めます。

(継承元 Stream)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Stream)

拡張メソッド

ConfigureAwait(IAsyncDisposable, Boolean)

非同期の破棄可能から返されるタスク上での待機がどのように実行されるかを構成します。

適用対象