ServiceBase.EventLog ServiceBase.EventLog ServiceBase.EventLog ServiceBase.EventLog Property

定義

Start や Stop などのサービス コマンドの呼び出し通知をアプリケーション イベント ログに書き込むために使用できるイベント ログを取得します。Gets an event log you can use to write notification of service command calls, such as Start and Stop, to the Application event log.

public:
 virtual property System::Diagnostics::EventLog ^ EventLog { System::Diagnostics::EventLog ^ get(); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public virtual System.Diagnostics.EventLog EventLog { get; }
member this.EventLog : System.Diagnostics.EventLog
Public Overridable ReadOnly Property EventLog As EventLog

プロパティ値

ソースがアプリケーション ログに登録されている EventLog インスタンス。An EventLog instance whose source is registered to the Application log.

注釈

コンストラクターは、プロパティEventLog EventLog.SourceEventLog.Logプロパティが設定されたを使用して、プロパティをインスタンスに初期化します。The constructor initializes the EventLog property to an instance with the EventLog.Source and EventLog.Log properties set. ソースはServiceNameサービスので、ログはコンピューターのアプリケーションログです。The source is the ServiceName of the service, and the log is the computer's Application log. これらの値は自動的に設定され、サービスコマンドの自動ログ記録のためには変更できません。These values are set automatically and cannot be changed for automatic logging of service commands.

AutoLogtrueの場合、Start、Stop、Pause、Continue、およびカスタムコマンドはアプリケーションイベントログに自動的に記録されます。When AutoLog is true, Start, Stop, Pause, Continue, and custom commands are recorded automatically in the Application event log. プロパティを使用しEventLogて、そのログに追加のメッセージを書き込むこともできます。You can use the EventLog property to write additional messages to that log as well. コンポーネントは、 EventLog.WriteEntryこのEventLogメンバーを使用してを呼び出します。The component calls EventLog.WriteEntry using this EventLog member.

アプリケーションログではなくカスタムイベントログに情報を報告するにはAutoLogfalseをに設定し、 OnPauseコマンド処理メソッドOnContinue、、またはOnStop内に命令を記述して、適切なログにポストします。To report information to a custom event log rather than the Application log, set AutoLog to false and write instructions within the command-handling methods OnContinue, OnPause, or OnStop to post to the appropriate log.

適用対象

こちらもご覧ください