ServiceBase.EventLog ServiceBase.EventLog ServiceBase.EventLog ServiceBase.EventLog Property

定義

Start や Stop などのサービス コマンドの呼び出し通知をアプリケーション イベント ログに書き込むために使用できるイベント ログを取得します。Gets an event log you can use to write notification of service command calls, such as Start and Stop, to the Application event log.

public:
 virtual property System::Diagnostics::EventLog ^ EventLog { System::Diagnostics::EventLog ^ get(); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public virtual System.Diagnostics.EventLog EventLog { get; }
member this.EventLog : System.Diagnostics.EventLog
Public Overridable ReadOnly Property EventLog As EventLog

プロパティ値

ソースがアプリケーション ログに登録されている EventLog インスタンス。An EventLog instance whose source is registered to the Application log.

注釈

コンス トラクターによって初期化、EventLogプロパティを持つインスタンスをEventLog.SourceEventLog.Logプロパティを設定します。The constructor initializes the EventLog property to an instance with the EventLog.Source and EventLog.Log properties set. ソースが、ServiceNameサービスのログは、コンピューターのアプリケーション ログとします。The source is the ServiceName of the service, and the log is the computer's Application log. これらの値は、自動的に設定され、サービスのコマンドの自動ログ記録は変更できません。These values are set automatically and cannot be changed for automatic logging of service commands.

ときにAutoLogtrue開始、停止、一時停止、続行、およびカスタム コマンドは、アプリケーション イベント ログに自動的に記録します。When AutoLog is true, Start, Stop, Pause, Continue, and custom commands are recorded automatically in the Application event log. 使用することができます、EventLogログにも追加のメッセージを記述するプロパティ。You can use the EventLog property to write additional messages to that log as well. コンポーネントの呼び出しEventLog.WriteEntryこれを使用してEventLogメンバー。The component calls EventLog.WriteEntry using this EventLog member.

アプリケーション ログではなく、カスタム イベント ログに情報を報告の設定、AutoLogfalseと手順については、コマンド処理メソッド内での書き込みOnContinueOnPause、またはOnStop適切なログを投稿します。To report information to a custom event log rather than the Application log, set AutoLog to false and write instructions within the command-handling methods OnContinue, OnPause, or OnStop to post to the appropriate log.

適用対象

こちらもご覧ください