Application オブジェクト (Excel)Application object (Excel)

Excel アプリケーション全体を表します。Represents the entire Microsoft Excel application.

Example

Application プロパティを使用して、Application オブジェクトを返します。Use the Application property to return the Application object. 次の使用例では、Windows プロパティを Application オブジェクトに適用します。The following example applies the Windows property to the Application object.

Application.Windows("book1.xls").Activate

次の使用例では、他のアプリケーション内で Excel のブック オブジェクトを作成し、Excel のブックを開きます。The following example creates an Excel workbook object in another application and then opens a workbook in Excel.

Set xl = CreateObject("Excel.Sheet") 
xl.Application.Workbooks.Open "newbook.xls"

アクティブ セル (ActiveCell プロパティ) など、最も一般的なユーザーインターフェイス オブジェクトを返すプロパティとメソッドのほとんどは、Application オブジェクト修飾子を指定しないで使用できます。Many of the properties and methods that return the most common user-interface objects, such as the active cell (ActiveCell property), can be used without the Application object qualifier. たとえば、次のように記述する代わりにFor example, instead of writing:

Application.ActiveCell.Font.Bold = True

次のように記述することができます。You can write:

ActiveCell.Font.Bold = True

解説Remarks

**Application\*\* オブジェクトには、次のものが含まれます。The **Application** object contains:
  • アプリケーション全般に適用される設定とオプション。Application-wide settings and options.
  • ActiveCellActiveSheet などのトップレベルのオブジェクトを返すメソッド。Methods that return top-level objects, such as ActiveCell, ActiveSheet, and so on.

イベントEvents

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.