UWP バージョンの選択Choose a UWP version

Windows 10 の各バージョンでは、新機能や強化された機能が UWP プラットフォームに提供されます。Each version of Windows 10 has brought new and improved features to the UWP platform. Microsoft Visual Studio で UWP アプリを作成するときは、ターゲットのバージョンを選択できます。When creating a UWP app in Microsoft Visual Studio, you can choose which version to target. .NET Standard 2.0 を使うプロジェクトには、ビルド 16299 以降の最小バージョンが必要です。Projects using .NET Standard 2.0 must have a Minimum Version of Build 16299 or later.

警告

Visual Studio 2015 では、現在のバージョンの Visual Studio で作成された UWP プロジェクトを開くことができません。UWP projects created in current versions of Visual Studio cannot be opened in Visual Studio 2015.

次の表に、Windows 10 で利用できるバージョンを示します。The following table describes the available versions of Windows 10. この表は、Windows 10 でのみサポートされる UWP アプリを作成する場合にだけ適用されることに注意してください。Please note that this table only applies for building UWP apps, which are only supported on Windows 10. 以前のバージョンの Windows 向けに UWP アプリを開発することはできません。また、目的のバージョンをターゲットにするには、SDK の適切なビルドをインストールする必要があります。You cannot develop UWP apps for older versions of Windows, and you must have installed the appropriate build of the SDK in order to target that version.

バージョンVersion 説明Description
ビルド 18362 (バージョン 1903)Build 18362 (version 1903) これは、2019 の年 4 月にリリースされた、Windows 10 の最新バージョンです。This is the latest version of Windows 10, released in April 2019. このリリースの主な新機能は次のとおりです。Some highlighted features from this release include:
* XAML 諸島: 今すぐ Windows 10 ではデスクトップ アプリケーションを UWP 以外で UWP コントロールを使用することができます。* XAML Islands: Windows 10 now enables you to use UWP controls in non-UWP desktop applications. Wpf では、Windows フォームを開発する場合またはC++Win32、既存のアプリを最新の Windows 10 の UI 機能を追加する方法を確認します。If you’re developing for WPF, Windows Forms, or C++ Win32, check out how you can add the latest Windows 10 UI features to your existing app.
* Windows Subsystem for Linux: これで、Windows 内から直接 Linux ファイルにアクセスし、いくつかの新しいコマンド ライン オプションを使用できます。* Windows Subsystem for Linux: You can now access Linux files directly from within Windows, and use several new command line options. 最新バージョンを参照してください。 WSL についてします。See the latest at about WSL.
Windows のこのリリースで追加されたその他の多くの機能については、次を参照してくださいデベロッパー センターの詳細ページまたは開発者向け Windows 10 の新。For information on these and many other features added in this release of Windows, visit the Dev Center or the more in-depth page on What's new in Windows 10 for developers
ビルド 17763 (バージョンは 1809)Build 17763 (version 1809) このバージョンの Windows 10 は、2018 年の 10 月にリリースされました。This version of Windows 10 was released in October 2018. 注意してくださいした_する必要があります_このバージョンの Windows をターゲットにする Visual Studio 2017 を使用します。Please note that you must be using Visual Studio 2017 in order to target this version of Windows. このリリースの主な新機能は次のとおりです。Some highlighted features from this release include:
* Windows Machine Learning: Windows Machine Learning はこれで正式に起動され、最先端の機械学習モデルの評価を速くやサポートなどの機能を提供します。* Windows Machine Learning: Windows Machine Learning has now officially launched, providing features like faster evaluation and support for cutting-edge machine learning models. このプラットフォームについて詳しくは、「Windows Machine Learning」をご覧ください。To learn more about the platform, see Windows Machine Learning.
* Fluent Design: Windows 10 に、メニュー バー、コマンド バーのフライアウト、および XAML プロパティのアニメーションなどの新機能が追加されました。* Fluent Design: New features such as menu bar, command bar flyout, and XAML property animations have been added to Windows 10. 最新情報については、「Fluent Design の概要」をご覧ください。See the latest at the Fluent design overview.
Windows のこのリリースで追加されたその他の多くの機能については、次を参照してくださいデベロッパー センターの詳細ページまたは開発者向け Windows 10 の新。For information on these and many other features added in this release of Windows, visit the Dev Center or the more in-depth page on What's new in Windows 10 for developers
ビルド 17134 (バージョン 1803)Build 17134 (version 1803) これは Windows 10 のバージョンは、2018 年 4 月にリリースされました。This is version of Windows 10 was released in April 2018. 注意してくださいした_する必要があります_このバージョンの Windows をターゲットにする Visual Studio 2017 を使用します。Please note that you must be using Visual Studio 2017 in order to target this version of Windows. このリリースの主な新機能は次のとおりです。Some highlighted features from this release include:
* Fluent Design: Windows 10 に、ツリー ビュー、プル、更新、およびナビゲーション ビューなどの新機能が追加されました。* Fluent Design: New features such as tree view, pull-to-refresh, and navigation view have been added to Windows 10. 最新情報については、「Fluent Design の概要」をご覧ください。See the latest at the Fluent design overview.
* コンソールの UWP アプリ: C++ /WinRT または /CX の UWP コンソール アプリを作成して、DOS や PowerShell などのコンソール ウィンドウで実行できるようになりました。* Console UWP apps: You can now write C++ /WinRT or /CX UWP console apps that run in a console window such as a DOS or PowerShell console window.
このリリースの Windows で追加されたこれらの機能や他の多くの機能については、デベロッパー センターまたは「Windows 10 の開発者向け新着情報」の詳細ページをご覧ください。For information on these and many other features added in this release of windows, visit the Dev Center or the more in-depth page on What's new in Windows 10 for developers
ビルド 16299 (Fall Creators Update バージョン 1709)Build 16299 (Fall Creators Update, version 1709) このバージョンの Windows 10 は、2017 年 10 月にリリースされました。This verion of Windows 10 was released in October 2017. 注意してくださいした_する必要があります_このバージョンの Windows をターゲットにする Visual Studio 2017 を使用します。Please note that you must be using Visual Studio 2017 in order to target this version of Windows. このリリースの主な新機能は次のとおりです。Some highlighted features from this release include:
* .NET standard 2.0: .NET Api の数の大規模な増加を利用し、.NET Standard に、お気に入りの NuGet パッケージとサード パーティ製のライブラリを組み込むことです。* .NET Standard 2.0: Enjoy a massive increase in the number of .NET APIs and incorporate your favorite NuGet packages and third party libraries into .NET Standard. 詳しくは、こちらのドキュメントをご覧ください。See more details and explore the documentation here. これらの新しい API にアクセスするには、最小バージョンをビルド 16299 に設定する必要がある点に注意してください。Please note that you must set your minimum version to Build 16299 to access these new APIs.
* Fluent Design: アプリ ユーザーのフォーカスの重要な UI 要素を強化するために、光、深さ、パースペクティブ、および移動を使用します。* Fluent Design: Use light, depth, perspective, and movement to enhance your app and help users focus on important UI elements.
* 条件付き XAML: 簡単にプロパティを設定し、デバイスとバージョンの間でシームレスに実行するアプリを有効にすると、実行時に API の有無に基づいてオブジェクトをインスタンス化します。* Conditional XAML: Easily set properties and instantiate objects based on the presence of an API at runtime, enabling your apps to run seamlessly across devices and versions.
このリリースの Windows で追加されたこれらの機能や他の多くの機能については、デベロッパー センターまたは「Windows 10 の開発者向け新着情報」の詳細ページをご覧ください。For information on these and many other features added in this release of windows, visit the Dev Center or the more in-depth page on What's new in Windows 10 for developers
ビルド 15063 (Creators Update バージョン 1703)Build 15063 (Creators Update, version 1703) このバージョンの Windows 10 は、2017 年 3 月にリリースされました。This version of Windows 10 was released in March 2017. このバージョンの Windows をターゲットにするには、Visual Studio 2017 を使用している_必要があります_。Please note that you must be using Visual Studio 2017 in order to target this version of Windows. このリリースの主な新機能は次のとおりです。Some highlighted features from this release include:
* Ink Analysis: Windows のインクでは、書き込みまたは描画のいずれかのストロークと認識されたテキスト、図形、および basid レイアウト構造にインク ストロークを分類できますようになりました。* Ink Analysis: Windows Ink can now categorize ink strokes into either writing or drawing strokes, and recognized text, shapes, and basid layout structures.
* Windows.Ui.Composition Api: 簡単に結合し、アプリ間でアニメーションを適用します。* Windows.Ui.Composition APIs: Easily combine and apply animations across your app.
* ライブ編集。 アプリを実行しているときに、XAML を編集し、リアルタイムで適用された変更を参照してください。* Live Editing: Edit XAML while your app is running, and see the changes applied in real-time.
このリリースの Windows で追加されたこれらの機能や他の多くの機能については、デベロッパー センターまたは「Windows 10 の開発者向け新着情報」の詳細ページをご覧ください。For information on these and many other features added in this release of windows, visit the Dev Center or the more in-depth page on What's new in Windows 10 for developers
ビルド 14393 (Anniversary Update バージョン 1607)Build 14393 (Anniversary Update, version 1607) このバージョンの Windows 10 は、2016 年 7 月にリリースされました。This version of Windows 10 was released in July 2016. このリリースの主な新機能は次のとおりです。Some highlighted features from this release include:
* Windows の手描き入力: 新しい InkCanvas および InkToolbar コントロール。* Windows Ink: New InkCanvas and InkToolbar controls.
* Cortana Api: アプリの特定の関数と Cortana のサポートを統合するのにには、Cortana の新しいアクションを使用します。* Cortana APIs: Use new Cortana Actions to integrate Cortana support with specific functions of your app.
* Windows こんにちは: Microsoft Edge サポート Windows こんにちは、web 開発者に生体認証へのアクセスを付与します。* Windows Hello: Microsoft Edge now supports Windows Hello, giving web developers access to biometric authentication.
このリリースの Windows で追加されたこれらの機能や他の多くの機能については、デベロッパー センターまたは「Windows 10 の開発者向け新着情報」の詳細ページをご覧ください。For information on these and many other features added in this release of windows, visit the Dev Center or the more in-depth page on What's new in Windows 10 for developers
ビルド 10586 (November Update バージョン 1511)Build 10586 (November Update, version 1511) このバージョンの Windows 10 は、2015 年 11 月にリリースされました。This version of Windows 10 was released in November 2015. このリリースでは主な新機能として、Microsoft Edge のビデオ通信用 ORTC (オブジェクト リアルタイム通信) APIと、アプリで Windows Hello 顔認証を使うためのプロバイダー API が導入されました。Highlighted features include the introduction of ORTC (object real-time communications) APIs for video communication in Microsoft Edge and Providers APIs to enable apps to use Windows Hello face authentication. このビルドで導入された機能の詳細についてはします。More information on features introduced in this build.
ビルド 10240 (Windows 10 バージョン 1507)Build 10240 (Windows 10, version 1507) 2015 年 7 月にリリースされた Windows 10 の初期リリース バージョンです。This is the initial release version of Windows 10, from July 2015. このビルドで導入された機能の詳細についてはします。More information on features introduced in this build.

新しい開発者や一般的なユーザーを対象に常にコードを記述する開発者が Windows (17763) の最新のビルドを使用することを強くお勧めします。We highly recommend that new developers and developers writing code for a general audience always use the latest build of Windows (17763). エンタープライズ アプリを開発する場合は、最小バージョンで古いバージョンをサポートすることを検討してください。Developers writing Enterprise apps should strongly consider supporting an older Minimum Version.

UWP バージョンの比較What's different in each UWP version?

連続する各バージョンの Windows 10 に対して、UWP の新しい API や変更された API が用意されています。New and changed APIs for UWP are available in every successive version of Windows 10. 各バージョンで追加された具体的な機能については、「Windows 10 の開発者向け新着情報」をご覧ください。For specific information about what features were added in which version, see What's new for developers in Windows 10.

すべてのデバイス ファミリとそのバージョン、およびすべての API コントラクトとそのバージョンを列挙したリファレンス トピックについては、「デバイス ファミリ」と「APIコントラクト」をご覧ください。For reference topics that enumerate all device families and their versions, and all API contracts and their versions, see Device families and API contracts.

UWP のバージョンの .NET API の可用性.NET API availability in UWP versions

UWP に関係なく使用できる .NET Api の限定されたサブセットをサポートしています、ターゲット バージョンまたは最小バージョンのプロジェクト。UWP supports a limited subset of .NET APIs, which are available regardless of the Target Version or Minimum Version of your project. このページは、詳細を使用できる型については、します。This page provides more information on the types available.

再利用可能なクロス プラットフォーム ライブラリを作成する場合は UWP の .NET Standard はサポートされています。If you wish to create reusable cross-platform libraries, .NET Standard is supported on UWP. .NET Standard ドキュメントを .NET Standard ではサポートされている UWP バージョン情報を提供します。The .NET Standard documentation provides information on which .NET Standard is supported in which UWP versions.

デスクトップ アプリを開発している場合は代わりに参照.NET Framework のバージョンおよび依存関係.NET framework の可用性の詳細についてはします。If you are developing a Desktop app, see instead .NET Framework versions and dependencies for detailed information on .NET framework availability.

アプリで使用するバージョンの選択Choose which version to use for your app

Visual Studio の [新しいユニバーサル Windows プロジェクト] ダイアログで、 [ターゲット バージョン][最小バージョン] を選択できます。In the New Universal Windows Project dialog in Visual Studio, you can choose a version for Target Version and for Minimum Version. また、アプリの [プロパティ] にあるアプリケーション セクションで、UWP アプリの [ターゲット バージョン][最小バージョン] を変更することもできます。Additionally, you can change the Target Version and Minimum Version of your UWP app in the application section of the app's Properties.

  • [ターゲット バージョン]Target Version. この設定により、プロジェクト ファイルの TargetPlatformVersion が設定されます。This sets the TargetPlatformVersion setting in your project file. またアプリ パッケージ マニフェスト内の *TargetDeviceFamily@MaxVersionTested* 属性の値が設定されます。It also determines the value of the *TargetDeviceFamily@MaxVersionTested* attribute in your app package manifest. 選択した値に基づいて、プロジェクトがターゲットとする UWP プラットフォームのバージョンが指定され、アプリで使用可能な API のセットが決まります。したがって、可能な限り新しいバージョンを選択することをお勧めします。The value you choose specifies the version of the UWP platform that your project is targeting—and therefore the set of APIs available to your app—so we recommend that you choose the most recent version possible. アプリ パッケージ マニフェストの詳細と、TargetDeviceFamily を手動で構成する場合のガイドラインについては、「TargetDeviceFamily」をご覧ください。For more info about your app package manifest, and some guidelines around configuring TargetDeviceFamily manually, see TargetDeviceFamily.
  • [最小バージョン]Minimum Version. この設定により、プロジェクト ファイルの TargetPlatformMinVersion が設定されます。This sets the TargetPlatformMinVersion setting in your project file. またアプリ パッケージ マニフェスト内の *TargetDeviceFamily@MinVersion* 属性の値が設定されます。It also determines the value of the *TargetDeviceFamily@MinVersion* attribute in your app package manifest. 選択した値に基づいて、プロジェクトが動作できる UWP プラットフォームの最小バージョンが指定されます。The value you choose specifies the minimum version of the UWP platform that your project can work with.

これらの設定は、アプリが [最小バージョン] から [ターゲット バージョン] までのすべてのバージョンで動作することの宣言となります。Be aware that you're declaring that your app works on any version of Windows in the range from Minimum Version to Target Version. これら 2 つが同じバージョンである場合は、特に問題はありません。If those two are the same version then you don't need to do anything special. これらが異なる場合は、次の点に注意が必要です。If they're different then here are some things to be aware of.

  • コードでは、 [最小バージョン] で指定されたバージョンに含まれているすべての API を自由に (つまり、条件チェックなしに) 呼び出すことができます。In your code, you can freely (that is, without conditional checks) call any API that exists in the version specified by Minimum Version.
  • 必ず [最小バージョン] を実行するデバイスでコードをテストして、 [ターゲット バージョン] のみに存在する API を必要とすることなく動作することを確認してください。Ensure that you test your code on a device running the Minimum Version, to be sure that it works without requiring APIs only present in the Target Version.
  • プロジェクトのコンパイルに使用するすべての参照 (コントラクト winmds) は、 [ターゲット バージョン] の値によって特定されます。The value of Target Version is used to identify all the references (contract winmds) used to compile your project. しかしそれらの参照により、( [最小バージョン] で) サポートを宣言したデバイスに存在しない API への呼び出しを含むコードもコンパイルできます。But those references will enable you to compile your code with calls to APIs that won't necessarily exist on devices that you've declared that you support (via Minimum Version). したがって、 [最小バージョン] の後に導入されたすべての API は、アダプティブ コード経由で呼び出す必要があります。Therefore, any API that was introduced after Minimum Version will need to be called via adaptive code. アダプティブ コードについて詳しくは、「バージョン アダプティブ コード」をご覧ください。For more information about adaptive code, see Version adaptive code.