Windows 10 ビルド 17134 の開発者向け新着情報What's New in Windows 10 for developers, build 17134

Windows 10 ビルド 17134 (April Update またはバージョン 1803 とも呼ばれます) では、Visual Studio 2017 や更新された SDK と組み合わせて使うことで、優れたユニバーサル Windows プラットフォーム アプリを作成するためのツール、機能、エクスペリエンスが利用可能になります。Windows 10 build 17134 (also known as the April Update or version 1803), in combination with Visual Studio 2017 and the updated SDK, provide the tools, features, and experiences to make remarkable Universal Windows Platform apps. Windows 10 のツールと SDK をインストールすると、新しいユニバーサル Windows アプリを作成したり、Windows の既存のアプリ コードがどのように使えるかを試したりすることができます。Install the tools and SDK on Windows 10 and you’re ready to either create a new Universal Windows app or explore how you can use your existing app code on Windows.

ここには、Windows 開発者にとって重要なこのリリースの新機能、強化された機能、ガイダンスを集めました。This is a collection of new and improved features and guidance of interest to Windows developers in this release. Windows SDK に追加されたすべての新しい名前空間の一覧については、「Windows 10 ビルド 17134 API の変更点」をご覧ください。For a full list of new namespaces added to the Windows SDK, see the Windows 10 build 17134 API changes. Windows 10 での注目すべき機能について詳しくは、「Windows 10 の優れた機能」をご覧ください。For more information on the highlighted features of Windows 10, see What's cool in Windows 10. また、Windows プラットフォームに過去に追加された機能と今後追加される機能の概要については、Windows 開発者向けプラットフォーム機能に関するページをご覧ください。In addition, see Windows Developer Platform features for a high-level overview of both past and future additions to the Windows platform.

設計および UIDesign & UI

機能Feature 説明Description
アダプティブ トースト通知と対話型トースト通知Adaptive and interactive toast notifications アダプティブ トースト通知と対話型トースト通知で、アプリを強化できます。Enhance your app with adaptive and interactive notifications. まずトースト通知に関する最新のガイダンスで、イメージ サイズの制限、進行状況バー、入力オプションの最新情報をご確認ください。Get started with our updated guidance on toast notifications, and explore the new information on image size restrictions, progress bars, and adding input options.

ExpirationTime が、スケジュールされたトースト通知でサポートされるようになりました。ExpirationTime is now supported on scheduled toast notifications.
コンテンツ リンクContent links 新しいコンテンツ リンク コントロールを使用すると、テキスト コントロールにリッチ データを埋め込むことができます。これによってユーザーは、アプリのコンテキストから離れることなく、人物や場所に関する詳しい情報を見つけることができます。The new Content links control provides a way to embed rich data in your text controls, which lets a user find and use more information about a person or place without leaving the context of your app.
設計のサンプルDesign samples 設計ツールキットとサンプルのページに、BuildCast サンプルが追加されました。The BuildCast sample has been added to the Design toolkits and samples page. BuildCast は、Fluent Design System と、ユニバーサル Windows プラットフォームの他の機能を示すために組み込まれているエンド ツー エンドのサンプルです。BuildCast is an end-to-end sample built to showcase the Fluent Design System and other capabilities of the Universal Windows Platform.
埋め込みの手書き入力機能Embedded handwriting テキスト コントロールにペン入力機能が追加されました。ユーザーは Windows Ink を使用して、テキスト ボックスに手書きで直接入力できます。The pen input feature has been added to text controls, enabling users to write directly into text boxes with Windows Ink. ユーザーが手書きで入力すると、文字は自然な手書き感を維持して活字に変換されます。As the user writes, the text is converted to a script that maintains the feel of natural writing.
Fluent Design の更新Fluent Design updates 多くの Fluent Design ページが新しい情報とガイダンスで更新されました。We've updated many of our Fluent Design pages with new information and guidance:
* Fluent Design の概要ページも、最新の Fluent 機能を反映して更新されています。* The Fluent design overview has been updated to align to the latest Fluent features.
* 強調表示を表示がテーマとカスタム コントロールの新しいガイダンス。* Reveal highlight has new guidance on themes and custom controls.
* ナビゲーション履歴内を後方に向かってとナビゲーションと、デバイスの最適化のためのガイダンスと、カスタム動作のガイドラインの詳細な使用例、強化されました。* Navigation history and backwards navigation has been revamped, with detailed examples, guidance for device optimization, and guidelines for custom behavior.
フォーカス ナビゲーションFocus navigation 新しい「フォーカス ナビゲーション」のトピックでは、非ポインティングの入力タイプ (キーボード、ゲームパッド、リモコンなど) を必要としているユーザー向けに UWP アプリケーションを最適化する方法について説明しています。The new focus navigation topic describes how to optimize a UWP application for users that rely on non-pointing input types, such as keyboards, gamepads, or remote controls. また、「プログラムによるフォーカス ナビゲーション」では、エクスペリエンスを強化するために使用できる API について説明します。In addition, programmatic focus navigation describes the APIs you can use to enhance these experiences.
キーボード ショートカットKeyboard shortcuts キーボード アクセラレータ」のガイダンスが、操作性に関する新しい情報で更新されました。Our guidance on keyboard accelerators has been updated with new usability information. ヒントをキーボード アクセラレータに追加したり、ラベルをコントロールに付けたりして、キーボード アクセラレータやコントロールを見つけやすくすることができます。また、新しい API を使用して、キーボード アクセラレータの既定の動作を上書きできます。Add tooltips to your keyboard accelerators and labels to your controls to improve discoverability, or override default keyboard accelerator behavior with new APIs.
ページ レイアウトPage layouts XAML ページ レイアウトに関するドキュメントが更新され、柔軟なレイアウトと表示状態の情報が新しく追加されました。We've updated our XAML page layout docs with new information on fluid layouts and visual states. これらの機能を使用すると、使用できる表示領域に合わせてアプリ内の要素の位置がどのように呼応するかをさらに細かく制御できます。These features allow for greater control over how the position of elements in your app respond and adapt to the available visual space.
引っ張って更新Pull to refresh "引っ張って更新" コントロールを使うと、ユーザーはデータのリストを引き下げて、より多くのデータを取得することができます。The Pull to refresh control allows a user to pull down a list of data in order to retrieve more data. この操作は、タッチ スクリーンを備えたデバイスで広く使用されます。It is widely used on devices with a touch screen.
ナビゲーション ビューNavigation view ナビゲーション ビュー コントロールでは、アプリ内でトップレベルのナビゲーションを行うための折りたたみ可能なナビゲーション メニューを提供します。The Navigation view control provides a collapsible navigation menu for top-level navigation in your app. このコントロールは、ナビゲーション ウィンドウ (またはハンバーガー メニュー) パターンを実装し、ウィンドウの表示モードをさまざまなウィンドウ サイズに自動的に合わせます。This control implements the nav pane, or hamburger menu, pattern and automatically adapts the pane's display mode to different window sizes.
表示フォーカスReveal focus 新しい表示フォーカス効果では、Xbox One やテレビ画面などのエクスペリエンスに発光効果を提供します。The new Reveal focus effect provides lighting for experiences such as Xbox One and television screens. ユーザーがゲームパッドやキーボードのフォーカスをボタンなどのフォーカス可能な要素に移動したときに、その要素の境界線がアニメーション化されます。It animates the border of focusable elements, such as buttons, when the user moves gamepad or keyboard focus to them.
サウンドSound XAML では、SpatialAudioMode プロパティで 3D オーディオがサポートされるようになりました。XAML now supports 3D Audio with the SpatialAudioMode property. 構成方法については、「サウンド」をご覧ください。See Sound for information on how it can be configured.
タイルTiles 追跡可能なタイル通知が JavaScript ベースの UWP アプリでサポートされるようになりました。Chaseable tile notifications are now supported in JavaScript-based UWP apps.

セカンダリ タイルおよびバッジの通知はデスクトップ ブリッジ アプリからサポートされるようになりましたします。Secondary tile and badge notifications are now supported from Desktop Bridge apps.
ツリー ビューTree View TreeView コントロールを使用すると、階層リストが有効になり、入れ子になった項目を含むノードを展開したり、折りたたんだりすることができるようになります。The TreeView control enables a hierarchical list with expanding and collapsing nodes that contain nested items. フォルダー構造や入れ子になった関係を UI で視覚的に示すために使用できます。It can be used to illustrate a folder structure or nested relationships in your UI.
記述スタイルWriting style 文体と語調に関する記事を更新および拡張し、記述スタイルに関するガイダンスを作成しました。We've upgraded and expanded our article on voice and tone, transforming it into Writing style guidance. この新しいガイドでは、アプリ内に効果的なテキストを作成するための原則と、エラー メッセージやダイアログなどのコントロールに使用する記述スタイルのベスト プラクティスを示しています。This new information provides principles for creating effective text in your app, and recommends best practices for writing for controls such as error messages or dialogs.

ゲームGaming

機能Feature 説明Description
ゲーム開発の概要Getting started for game development Windows 10 用のゲーム開発に関心をお持ちですか? Interested in developing games for Windows 10? 新しいゲーム開発の作業の概要ページでは、セットアップ、登録、アプリとゲームの申請準備のために必要な作業全体の概要を示します。The new Getting started for game development page gives you a full overview of what you need to do to get yourself set up, registered, and ready to submit your apps and games.
グラフィックス アダプターGraphics adapters 以下の DXGI API が追加されました。これらは、グラフィックス アダプターの基本設定と削除に関連しています。The following DXGI APIs have been added, which are related to graphics adapter preference and removal:
* IDXGIFactory6 インターフェイスでは、GPU 基本設定に基づいてグラフィックス アダプターを列挙する単一のメソッドが有効になります。* The IDXGIFactory6 interface enables a single method that enumerates graphics adapters based on a given GPU preference.
* DXGIDeclareAdapterRemovalSupport 関数を使用すると、グラフィックス デバイスの削除に対してプロセスで対応可能であると示すことができます。* The DXGIDeclareAdapterRemovalSupport function allows a process to indicate that it's resilient to any of its graphics devices being removed.
* DXGI_GPU_PREFERENCE 列挙では、アプリを実行する GPU の基本設定を記述します。* The DXGI_GPU_PREFERENCE enumeration describes the preference of GPU for the app to run on.

Windows アプリを開発Develop Windows apps

機能Feature 説明Description
アダプティブ カードAdaptive Cards アダプティブ カードは、カード交換のオープン フォーマットであり、開発者は一貫性のある共通した方法で UI コンテンツを交換できます。Adaptive cards are an open card exchange format enbling developers to exchange UI content in a common and consistent way. アダプティブ カードでは JSON オブジェクトとしてコンテンツを記述し、ホスト アプリケーションの外観に自動的に適合するようにレンダリングできます。They describe their content as a JSON object that can be rendered to automatically adapt to the look and feel of the host application.
アプリ リソース グループApp Resource Group AppResourceGroupInfo クラスには、アプリの状態を中断、アクティブ (再開済み)、または終了の状態に移行する処理を開始するための新しいメソッドが含まれています。The AppResourceGroupInfo class has new methods that you can use to initiate the transition to the app suspended, active (resumed), and terminated states.
ファイル システムへの幅広いアクセスBroad file-system access broadFileSystemAccess 機能を使用すると、ファイル ピッカー スタイルのプロンプトを使用しなくても、アプリはファイル システムに対して、アプリを実行中のユーザーと同じアクセス許可を獲得できます。The broadFileSystemAccess capability grants apps the same access to the file system as the user who is currently running the app without file-picker style prompts. 詳しくは、「ファイル アクセス許可」と、「アプリ機能の宣言」の broadFileSystemAccess をご覧ください。For more info, see File access permissions and the broadFileSystemAccess entry in App capability declarations.
C++/WinRTC++/WinRT C++/WinRT は、Windows ランタイム (WinRT) API 用に新しく完全に標準化された、最新の C++17 言語プロジェクションです。C++/WinRT is a new, entirely standard, modern C++17 language projection for Windows Runtime (WinRT) APIs. ヘッダー ファイルに単独で実装され、最新の Windows API への最上位のアクセス権を提供するように設計されています。It's implemented solely in header files, and designed to provide you with first-class access to the modern Windows API. C++/WinRT を使うと、標準に準拠した C++17 のコンパイラを使用して WinRT API を作成し利用することができます。With C++/WinRT, you can author and consume WinRT APIs using any standards-compliant C++17 compiler. C++ アプリケーション (Win32 から UWP への変換) では、C++/WinRT を使用することで、コードを標準として維持し、最新でクリーンなコードを保つことができます。また、アプリケーションを軽量かつ高速なアプリケーションとしてそのまま利用できます。For your C++ applications — from Win32 to UWP — use C++/WinRT to keep your code standard, modern, and clean, and your application lightweight and fast.
コンソール UWP アプリConsole UWP apps C++ /WinRT または /CX の UWP コンソール アプリを作成して、DOS や PowerShell などのコンソール ウィンドウで実行できるようになりました。You can now write C++ /WinRT or /CX UWP console apps that run in a console window such as a DOS or PowerShell console window. コンソール アプリでは、入出力にコンソール ウィンドウを使用します。Console apps use the console window for input and output. UWP コンソール アプリは、Microsoft Store に公開することも、アプリの一覧に追加することもできます。また、プライマリ タイルとしてスタート メニューにピン留めすることもできます。UWP console apps can be published to the Microsoft Store, have an entry in the app list, and a primary tile that can be pinned to the Start menu. 詳しくは、「ユニバーサル Windows プラットフォーム コンソール アプリの作成」をご覧ください。For more info, see Create a Universal Windows Platform console app
拡張されたアプリ マニフェスト機能Expanded app manifest capabilities アプリ パッケージ マニフェストのスキーマに、機能がいくつか追加されました。それらの機能には、ファイル システムへの広範なアクセス、店舗販売時点管理 (POS) デバイスでのバーコード スキャナーの有効化、UWP コンソール アプリの定義などがあります。Several features have been added to the App Package Manifest schema, including: broad file system access, enabling barcode scanners for point-of-service devices, defining a UWP console app, and more. 詳しくは、「app manifest changes in Windows 10」(Windows 10 でのアプリ マニフェストの変更) をご覧ください。See app manifest changes in Windows 10 for more details.
アクセシビリティ対応技術 (AT) 用にサポートされているランドマークと見出しLandmarks and Headings supported for accessible technology (AT) ランドマークと見出しは、ユーザー インターフェイスのセクションを定義し、スクリーン リーダーなどのアクセシビリティ対応技術のユーザーの効率的なナビゲーションに役立ちます。Landmarks and headings define sections of a user interface that aid in efficient navigation for users of assistive technology such as screen readers. 詳しくは、ランドマークと見出しに関するページをご覧ください。For more information see Landmarks and Headings.
Machine LearningMachine Learning Windows Machine Learning を使用すると、ローカルの事前学習済み機械学習モデルを Windows 10 デバイス上で評価するアプリを構築できます。Windows Machine Learning allows you to build apps that evaluate pre-trained machine learning models locally on your Windows 10 devices. このプラットフォームについて詳しくは、「Windows Machine Learning」をご覧ください。To learn more about the platform, see Windows Machine Learning.
MachineLearning 名前空間には、機械学習モデルを読み込み、データを入力としてバインドし、結果を評価するためのアプリを有効にするクラスが含まれています。The MachineLearning namespace contains classes that enable apps to load machine learning models, bind data as inputs, and evaluate the results.
マップ コントロールMap Controls MapControl クラスには、Region という名前の新しいプロパティが含まれています。これを使用すると、特定の地域 (州や県など) の言語に基づいてマップ コントロールにコンテンツを表示できます。The MapControl class has a new property named Region that you can use to show contents in a map control based on the language of a specific region (for example, the state or province).
マップ要素Map Elements MapElement クラスには、IsEnabled という名前の新しいプロパティが含まれています。これを使用すると、ユーザーによる MapElement との対話が可能かどうかを指定できます。The MapElement class has a new property named IsEnabled that you can use to specify whether users can interact with the MapElement.
マップの場所の情報Map Place Info PlaceInfo クラスには、CreateFromAddress という新しいメソッドが含まれています。このメソッドでは、住所と表示名を使用して、PlaceInfo を作成できます。The PlaceInfo class contains a new method CreateFromAddress that you can use to create a PlaceInfo by using an address and display name.
マップ サービスMap Services MapRouteDrivingOptions クラスには、DepartureTime という名前の新しいプロパティが含まれています。これを使用すると、指定の日時に一般的な交通条件でルートを計算できます。The MapRouteDrivingOptions class contains a new property named DepartureTime that you can use to compute a route with the traffic conditions that are typical for the specified day and time.
マルチインスタンスの UWP アプリMulti-instance UWP apps UWP アプリでは、マルチインスタンスのサポートを選択できます。A UWP app can opt-in to support multiple instances. マルチインスタンス UWP アプリのインスタンスが実行されていて、後続のライセンス認証要求が行われた場合、既存のインスタンスはアクティブ化されません。If an instance of an multi-instance UWP app is running, and a subsequent activation request comes through, the platform will not activate the existing instance. 代わりに、別のプロセスで実行される、新しいインスタンスが作成されます。Instead, it will create a new instance, running in a separate process. 詳しくは、マルチインスタンスのユニバーサル Windows アプリの作成に関するページをご覧ください。For more info, see Create a multi-instance Universal Windows App.
パッケージ リソース インデックス API とカスタム ビルド システムPackage resource indexing APIs and custom build systems パッケージ リソース インデックス (PRI) API を使用して、UWP アプリのリソース用のカスタム ビルド システムを開発できます。With package resource indexing (PRI) APIs, you can develop a custom build system for your UWP app's resources. ビルド システムでは、UWP アプリで必要となる複雑さのレベルにかかわらず、PRI ファイルの作成やバージョン管理を行ったり、PRI ファイルをダンプしたりすることができます。The build system will be able to create, version, and dump PRI files to whatever level of complexity your UWP app needs. 現在 MakePri.exe コマンドライン ツールを使用するカスタム ビルド システムを利用している場合は、代わりに PRI API を呼び出すように切り替えることをお勧めします。これらの API によって、パフォーマンスと制御が向上するためです。If you have a custom build system that currently uses the MakePri.exe command-line tool, we recommend that you switch over to calling the PRI APIs instead, as they provide increased performance and control.
PlayReadyPlayReady Microsoft PlayReady は、デジタル コンテンツを保護して不正使用を防止するための一連のテクノロジです。Microsoft PlayReady is a set of technologies for protecting digital content from unauthorized usage. PlayReady は、デバイスやアプリの種類を問わず、あらゆるオペレーティング システム間で動作します。PlayReady runs on all sorts of devices and apps, and across all operating systems. PlayReady をアプリに組み込む方法について説明します。Learn how to incorporate PlayReady in your app.
プライベート対象ユーザーPrivate Audience アプリの Store 登録情報が選択したユーザーにのみ表示されるようにする場合は、新しい [Private audience] (プライベート対象ユーザー) オプションを使用します。If you want your app’s Store listing to be visible only to selected people that you specify, use the new Private audience option. このオプションを使用すると、指定したグループのユーザー以外はアプリを見つけたり、入手したりすることができなくなります。The app will not be discoverable or available to anyone other than people in the group(s) you specify. このオプションは、ベータ版のテストで役立ちます。このオプションによって、アプリをテスターのみに配布し、他のユーザーはアプリを入手したり、Store 登録情報を閲覧したりすることができなくなるためです。This option is useful for beta testing, as it lets you distribute your app to testers without anyone else being able to get the app, or even see its Store listing. 詳しくは、「表示オプションを選択する」をご覧ください。For more info, see Choose visibility options.
プログレッシブ Web アプリProgressive Web Apps Microsoft Edge や UWP Web アプリでは、プログレッシブ Web アプリ (PWA) がサポートされるようになりました。Microsoft Edge and UWP web apps now support Progressive Web Apps (PWAs)!
* 標準ベースの Web テクノロジ機能検出を使用して、まだ PWA テクノロジをサポートしていないブラウザーやプラットフォームで Web アプリの優れた基本エクスペリエンスを提供しながら、プッシュ通知、オフライン サポート、OS の統合など、ネイティブ アプリのエクスペリエンスが実現されるように Web アプリを強化できます。* Using standards-based web technologies and feature detection, you can enhance your web apps to provide native app experiences, including push notifications, offline support, and OS integration, while still offering a great baseline web app experience on browsers and platforms that don’t yet support PWA technologies.
* マニフェスト ファイルを追加するをアプリに可能にすると、全体の UWP デバイス ファミリ全体にインストールする (セキュリティで保護されたを含むS モードの Windows 10 デバイス) から分散、 Microsoft Store* Adding a manifest file to your app enables it to be installed across the entire UWP device family (including secure Windows 10 S-mode devices) and distributed from the Microsoft Store.
PWA はホストされた Web アプリから自然な流れで進化したものですが、サービス ワーカーキャッシュプッシュ API を利用できるため、オフライン シナリオも標準ベースでサポートしています。PWAs are a natural evolution of Hosted Web Apps, but with standards-based support for offline scenarios, thanks to the Service Workers, Cache, and Push APIs.
画面の取り込みScreen capture Windows.Graphics.Capture 名前空間 には、ディスプレイまたはアプリケーション ウィンドウからフレームを取得する API が用意されています。これにより、ビデオ ストリームやスナップショットを作成して、コラボレーティブでインタラクティブなエクスペリエンスを構築できます。The Windows.Graphics.Capture namespace provides APIs to acquire frames from a display or application window, to create video streams or snapshots to build collaborative and interactive experiences. 詳しくは、「画面の取り込み」をご覧ください。See Screen capture for more information.
システム トリガーSystem Triggers CustomSystemEventTrigger を使用すると、必要なシステム トリガーが OS から提供されない場合に、システム トリガーを定義できます。The CustomSystemEventTrigger allows you to define a system trigger when the OS doesn't provide a system trigger that you need. ハードウェア ドライバーと UWP アプリの両方がサード パーティ製であり、ハードウェア ドライバーでカスタム イベントを生成し、アプリで処理する必要がある場合などに必要になります。Such as when a hardware driver and the UWP app both belong to 3rd party, and the hardware driver needs to raise a custom event that its app handles. 例として、オーディオ ジャックが接続されたときに、オーディオ カードからユーザーに通知する場合などが該当します。For example, an audio card that needs to notify a user when an audio jack is plugged in.
ユーザー アクティビティUser Activities 新しい UserActivity に関するドキュメントでは、前回ユーザーがアプリで実行していた状態から再開できるようにする方法 (複数のデバイス間で再開する場合にも対応) について説明します。New UserActivity documentation explains how to help users resume what they were doing in your app, even across multiple devices.
UserActivitySessionHistoryItem クラスには、最近のユーザー アクティビティを取得する新しいメソッドが含まれています。The UserActivitySessionHistoryItem class has new methods that retrieve recent user activities. 詳しくは、GetRecentUserActivitiesAsync およびそのオーバーロードの説明をご覧ください。See GetRecentUserActivitiesAsync, and its overload, for details.
Windows Mixed Reality APIWindows Mixed Reality APIs 拡張中の Windows Mixed Reality プラットフォームをサポートするために、Windows.Graphic.Holographic 名前空間と Windows.UI.Input.Spatial 名前空間に新しい API が追加されました。To support the growing Windows Mixed Reality platform, new APIs have been added to the Windows.Graphic.Holographic and Windows.UI.Input.Spatial namespaces.
Windows Mixed Reality に関するドキュメントWindows Mixed Reality docs Windows Mixed Reality 開発者向けのガイダンスはdocs.microsoft.com でホストされるようになりました。The Windows Mixed Reality developer guidance is now hosted on docs.microsoft.com. 同じようにこれらの UWP ドキュメントのようになりました GitHub の問題がフィードバックをファイルしたり、プル要求経由で投稿を送信できます。Just like in these UWP docs, you can now file feedback with GitHub Issues or submit your own contributions via a pull request.

Windows アプリを公開および収益化するPublish & Monetize Windows apps

機能Feature 説明Description
パッケージの更新プログラムを Microsoft Store からダウンロードしてインストールするDownload and install package updates from the Store パッケージの更新プログラムを Microsoft Store からダウンロードしてインストールする」が更新され、通知 UI をユーザーに表示せずにパッケージの更新プログラムをダウンロードしてインストールする方法、オプションのパッケージをアンインストールする方法、およびアプリのダウンロード キューやインストール キュー内にあるパッケージの情報を取得する方法についての新しいガイダンスや例が記載されています。We've updated Download and install package updates from the Store with new guidance and examples about how to download and install package updates without displaying a notification UI to the user, uninstall an optional package, and get info about packages in the download and install queue for your app.
特定市場の現地通貨で自由設定価格を入力するEnter free-form prices in a specific market's local currency 特定市場に対してアプリの基本価格を上書きすると、いずれかの標準価格帯を選択するという制約がなくなり、その市場の現地通貨で自由設定価格を入力できます。When you override your app's base price for a specific market, you are no longer limited to choosing one of the standard price tiers; you now have the option to enter a free-form price in the market's local currency. 詳しくは、「アプリの価格の設定とスケジュール」をご覧ください。For more info, see Set and schedule app pricing. この機能は、すべての Windows 開発者が利用できるは、更新された SDK は必要ありません。This feature is available to all Windows developers and does not require the updated SDK.
Microsoft Store コンテンツStore Context StoreContext クラスが更新され、新しいメソッドが追加されました。The StoreContext class has been updated with a selection of new methods. これらのメソッドでは、アプリのパッケージ更新プログラムおよびアドオンのダウンロードとインストールを管理します。These methods manage the downloading and installation of package updates and add-ons for an app.
すべての開発者がサブスクリプション アドオンを利用できるようになりましたSubscription add-ons are now available to all developers サブスクリプション アドオンを作成して公開すると、定期的な自動課金期間を設定して、アプリ内やゲーム内でデジタル製品 (アプリの機能やデジタル コンテンツなど) を販売できます。Create and publish subscription add-ons to sell digital products in your apps and games (such as app features or digital content) with automated recurring billing periods. 詳しくは、「アプリのサブスクリプション アドオンの有効化」をご覧ください。For more details, see Enable subscription add-ons for your app. この機能は、すべての Windows 開発者が利用できるは、更新された SDK は必要ありません。This feature is available to all Windows developers and does not require the updated SDK.

ビデオVideos

Fall Creators Update 以降、以下のビデオが公開されました。Windows 10 の開発者向け新機能および強化された機能が紹介されています。The following videos have been published since the Fall Creator's Update, highlighting new and improved features in Windows 10 for developers.

Windows 開発者向けアクセシビリティ ツールAccessibility tools for Windows developers

Windows 10 SDK には、アプリのアクセシビリティをテストして改善するために使用できるツールが含まれています。The Windows 10 SDK includes several tools to help you test for and improve the accessibility of your app. アプリをすべてのユーザーが使用できるようにするには、検査ツールと AccEvent ツールが役立ちます。The Inspect and AccEvent tools help you ensure your apps are available to all. これらのツールについては、ビデオをご覧くださいアクセシビリティのテストについて詳しくは、こちらをご覧くださいWatch the video to learn about these tools, then read more about accessibility testing for more information.

Windows Mixed Reality 用 3D アプリ起動ツールの作成Creating 3D app launchers for Windows Mixed Reality

3D 起動ツールとは、Mixed Reality のホーム環境にアプリの立体表現をユーザーが配置できるというユニークなものです。3D launchers provide a unique way for users to place a truly volumetric representation of your app in their Mixed Reality home environment. 3D モデルを準備してアプリの起動ツールとして割り当てる方法については、ビデオをご覧ください。詳しくは、開発者ドキュメント設計ガイダンスをご覧ください。Watch the video to learn how to prepare your 3D model and assign it as the launcher for your app, then read the developer docs and check out our design guidance for more information.

UWP コンソール アプリの作成Creating a UWP Console App

PowerShell や DOS のコンソール ウィンドウで実行される UWP アプリを作成できるようになりました。You can now create UWP apps that run inside a PowerShell or DOS console window. その方法については、ビデオをご覧ください。詳しくは、ドキュメントをご覧くださいWatch the video to learn how, then check out the docs for more information.

Windows ML をアプリに追加する方法How to use Windows ML in your app

Windows Machine Learning を使用すると、ローカルの事前学習済み機械学習モデルを Windows 10 デバイス上で評価するアプリを構築できます。Windows Machine Learning allows you to build apps that evaluate pre-trained machine learning models locally on your Windows 10 devices. 簡単なチュートリアルについては、ビデオをご覧ください。完全な説明については、ドキュメントをご覧くださいWatch the video for a quick walkthrough, then read the docs for the full story.

モーション コントローラーの追跡Motion controller tracking

Windows Mixed Reality では、モーション コントローラーがユーザーの手を表します。Motion controllers represent a user's hands in Windows Mixed Reality. モーション コントローラーが Mixed Reality ヘッドセットの視野の内外にあるときの動作については、ビデオをご覧くださいコントローラーのトラッキングについて詳しくは、こちらをご覧ください。Watch the video to learn how the motion controllers work when they are both in and out of the field of view of the Mixed Reality headset, and read more about controller tracking here.

Visual Studio で .NET アプリをパッケージ化するPackage a .NET app in Visual Studio

デスクトップ アプリをこれまで以上に簡単にユニバーサル Windows プラットフォームに移行できます。It's easier than ever to bring your desktop app to the Universal Windows Platform. ビデオで、配布用の .NET アプリをパッケージ化する方法をご覧ください。その後、このページで詳細情報を確認してください。Watch the video to learn how to package your .NET app for distribution, then check out this page for more information.

Xbox Live クリエーターズ プログラムXbox Live Creators Program

Xbox Live クリエーターズ プログラムでは、開発者は、UWP ゲームを Xbox One と Windows 10 に簡単に公開できます。The Xbox Live Creators Program allows developers to quickly publish their UWP games to Xbox One and Windows 10. このプログラムについては、ビデオをご覧ください。作業を始めるには、このページをご覧くださいWatch the video to learn about the program, then check out this page to get started.

One Dev Question - "Documents and Settings" が "Users" という名前に変更された理由One Dev Question - Why was Docments and Settings renamed Users?

Documents and Settings ディレクトリの名前が変更された理由を知りたくありませんか? Curious why the Documents and Settings directory was renamed? Raymond Chen が、名前の由来や変更された理由について説明しますRaymond Chen explains where the name came from, and why it was changed. Windows やその歴史における開発の詳細については、Raymond のブログをご覧ください。For more developement details about Windows and its history, check out Raymond's blog.

サンプルSamples

塗り絵帳Coloring Book

塗り絵帳のサンプル では大幅な更新が行われ、カスタム インク ドライ レンダリング API を使用したインク レンダリングのパフォーマンスの向上など、高度な Windows Ink のシナリオが組み込まれています。The Coloring Book sample has received a major update to incorporate advanced Ink scenarios including improved ink rendering performance using the custom ink drying APIs. また、アートワークによって定義された領域のライン内の塗りつぶしや色分けのサポートも含まれています。It also includes support for flood fill and coloring inside the lines for regions defined by the artwork.

写真ラボPhoto Lab

写真ラボのサンプルでは、多数のファイルがある場合にパフォーマンスを向上させるために、データ仮想化を使用して画像ライブラリから画像を読み込むように更新されました。The Photo Lab sample has been updated to load images from the Pictures library using data virtualization to increase performance when there are numerous files. また、サンプルの画像編集ページでは、XamlCompositionBrushBase クラスを使用して効果を適用しています。Also, the image editing page in the sample now uses the XamlCompositionBrushBase class to apply effects.