IAddrBook::AddressIAddrBook::Address

適用されます: Outlook 2013 |Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

Outlook アドレス帳] ダイアログ ボックスが表示されます。Displays the Outlook address book dialog box.

HRESULT Address(
  ULONG_PTR FAR * lpulUIParam,
  LPADRPARM lpAdrParms,
  LPADRLIST FAR * lppAdrList
);

パラメーターParameters

lpulUIParamlpulUIParam

[で [チェック アウト]ダイアログ ボックスの親ウィンドウのハンドルへのポインター。[in, out] A pointer to a handle of the parent window of the dialog box. 入力、ウィンドウ ハンドルを渡す必要が常にあります。On input, a window handle must always be passed. 出力、DIALOG_SDI に、 ulFlagsのメンバー、 _lpAdrParms_パラメーターが設定されている場合は、モードレス ダイアログ ボックスのウィンドウ ハンドルが返されます。On output, if the ulFlags member of the lpAdrParms parameter is set to DIALOG_SDI, the window handle of the modeless dialog box is returned. 注釈を参照してください。See Remarks.

lpAdrParmslpAdrParms

[で [チェック アウト]プレゼンテーションと、[アドレス] ダイアログ ボックスの動作を制御するADRPARM構造体へのポインター。[in, out] A pointer to an ADRPARM structure that controls the presentation and behavior of the address dialog box.

lppAdrListlppAdrList

[で [チェック アウト]受信者の情報を格納するADRLIST構造体へのポインターへのポインター。[in, out] A pointer to a pointer to an ADRLIST structure that contains recipient information. 入力の場合、このパラメーターが NULL または有効なポインターをポイントします。On input, this parameter can be NULL or point to a valid pointer. 出力では、このパラメーターは、有効な受信者情報へのポインターをポイントします。On output, this parameter points to a pointer to valid recipient information.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

共通のアドレス] ダイアログ ボックスが正常に表示されました。The common address dialog box was successfully displayed.

注釈Remarks

Outlook では無視されます、 ulFlagsのメンバー、 _lpAdrParms_パラメーターは、出力時に、モードレス ダイアログ ボックスのウィンドウ ハンドルの戻り値を予測し DIALOG_SDI に設定されている場合Outlook 以外のクライアントでは、モーダル ダイアログ ボックスのバージョンは常に表示します。If the ulFlags member of the lpAdrParms parameter is set to DIALOG_SDI anticipating the return of the window handle of the modeless dialog box on output, it is ignored in Outlook; the modal version of the dialog is always shown in non-Outlook clients.

_LppAdrList_パラメーターを通じて呼び出し元に、MAPI によって渡されるADRLIST構造体には、受信者ごとに 1 つの構造、 ADRENTRYの構造体の配列が含まれています。The ADRLIST structure passed back by MAPI to the caller through the lppAdrList parameter contains an array of ADRENTRY structures, one structure for each recipient. _LpMods_パラメーターでの送信メッセージのIMessage::ModifyRecipientsメソッドに渡されると、その受信者のリストを更新するADRLIST構造体を使用できます。When passed to an outgoing message's IMessage::ModifyRecipients method in the lpMods parameter, the ADRLIST structure can be used to update its recipient list.

ADRLIST構造内の個々 のADRENTRY構造体には、0 個以上のSPropValue構造体、すべてのプロパティの設定、受信者の 1 つの構造が含まれています。Each ADRENTRY structure in the ADRLIST structure contains zero or more SPropValue structures, one structure for every property set for the recipient. 受信者を削除するアドレスの方法で表示されるダイアログ ボックスを使用する場合、0 SPropValue構造体が存在することができます。There can be zero SPropValue structures when the dialog box presented by the Address method is used to remove a recipient. SPropValue構造体が 1 つまたは複数が存在する場合、対応するADRENTRY構造体を使用して、追加または受信者を更新します。When there are one or more SPropValue structures, the corresponding ADRENTRY structure is used to add or update a recipient. 受信者を解決できるを示すことSPropValue構造体のいずれかの受信者のPR_ENTRYID (PidTagEntryId) のプロパティの説明、未解決のPR_ENTRYIDプロパティがあることを示します不足しています。The recipient can be resolved, which indicates that one of the SPropValue structures describes the recipient's PR_ENTRYID (PidTagEntryId) property, or unresolved, which indicates that the PR_ENTRYID property is missing.

PR_ENTRYID、他は、解決の受信者には、次のプロパティが含まれます。In addition to PR_ENTRYID, resolved recipients include the following properties:

ADRLIST構造で、呼び出し元に合格するには、MAPI を表す構造体のサイズが異なる可能性があります。The ADRLIST structure that the caller passes in might be a different size from the structure that MAPI returns. MAPI より大きなADRLISTの構造体を返す必要がある場合に、元の構造体を解放し、新しい 1 を割り当てます。If MAPI must return a larger ADRLIST structure, it frees the original structure and allocates a new one. ADRLIST構造体のメモリを割り当てるときに、個別に各SPropValue構造体のメモリを割り当てます。When you allocate memory for the ADRLIST structure, allocate the memory for each SPropValue structure separately. 割り当てるし、 ADRLIST構造体を解放する方法の詳細については、 ADRLIST および SRowSet 構造体のメモリを管理するを参照してください。For more information about how to allocate and free ADRLIST structures, see Managing Memory for ADRLIST and SRowSet Structures

UlFlagsADRPARM構造体のメンバーに、 _lpAdrParms_パラメーターに DIALOG_SDI フラグが設定されている場合、アドレスはすぐに返します。Address returns immediately if the DIALOG_SDI flag is set in the ulFlags member of the ADRPARM structure in the lpAdrParms parameter. Outlook 以外のクライアントでは、DIALOG_SDI フラグは無視されます。The DIALOG_SDI flag is ignored for non-Outlook clients. DIALOG_SDI は無視されますが場合、は、モーダル ダイアログ ボックスのバージョンが表示され、ハンドルへのポインターは、 _lpulUIParam_で予期しない必要があります。If DIALOG_SDI is ignored, the modal version of the dialog will be displayed and a pointer to a handle should not be expected in lpulUIParam.

アドレスをサポートしている文字の Unicode 文字列ADRPARM構造体の AB_UNICODEUI は、 _lpAdrParms_パラメーターには、 ADRPARMulFlagsメンバーで指定されたでは、Unicode 文字列をサポートしている場合ADRLISTAddress supports Unicode character strings in the ADRPARM structure if AB_UNICODEUI was specified in the ulFlags member of ADRPARM in the lpAdrParms parameter, and it supports Unicode character strings in ADRLIST. Unicode 文字列は、Outlook アドレス帳] ダイアログ ボックスに表示される前に、マルチバイト文字 (MBCS) の文字列形式に変換されます。The Unicode strings are converted to the multibyte character string (MBCS) format before they are displayed in the Outlook address book dialog box.

MFCMAPI 参照MFCMAPI reference

MFCMAPI �T���v�� �R�[�h�ł́A���̕\��Q�Ƃ��Ă��������BFor MFCMAPI sample code, see the following table.

�t�@�C��File �֐�Function �R�����gComment
MAPIStoreFunctions.cppMAPIStoreFunctions.cpp
OpenOtherUsersMailboxFromGalOpenOtherUsersMailboxFromGal
MFCMAPI では、アドレスメソッドを使用して、ユーザーがどのメールボックスを開くを選択できるようにします。MFCMAPI uses the Address method to allow the user to select which mailbox to open.

関連項目See also

ADRENTRYADRENTRY

ADRLISTADRLIST

ADRPARMADRPARM

FreePadrlistFreePadrlist

FreeProwsFreeProws

IMAPITable::QueryRowsIMAPITable::QueryRows

IMessage::ModifyRecipientsIMessage::ModifyRecipients

MAPIAllocateBufferMAPIAllocateBuffer

MAPIAllocateMoreMAPIAllocateMore

MAPIFreeBufferMAPIFreeBuffer

SPropValueSPropValue

SRowSetSRowSet

IAddrBook : IMAPIPropIAddrBook : IMAPIProp

[�R��h �T���v���Ƃ��� MFCMAPIMFCMAPI as a Code Sample

[�R��h �T���v���Ƃ��� MFCMAPIMFCMAPI as a Code Sample