Windows Server での記憶域の新機能What's new in Storage in Windows Server

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server (半期チャネル)Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server (Semi-Annual Channel)

このトピックでは、Windows Server 2019、Windows Server 2016、および Windows Server 半期チャネルリリースでの記憶域の新機能と変更された機能について説明します。This topic explains the new and changed functionality in storage in Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Windows Server Semi-Annual Channel releases.

Windows Server での記憶域の新機能、バージョン1903What's new in storage in Windows Server, version 1903

このリリースの Windows Server では、次の変更とテクノロジが追加されています。This release of Windows Server adds the following changes and technologies.

ストレージ移行サービスでローカル アカウント、クラスターおよび Linux サーバーの移行が可能Storage Migration Service now migrates local accounts, clusters, and Linux servers

ストレージ移行サービスでは、Windows Server の新しいバージョンにサーバーを簡単に移行できます。Storage Migration Service makes it easier to migrate servers to a newer version of Windows Server. これには、アプリやユーザーが何も変更を行わずに、サーバー上のデータのインベントリを作成し、そのデータと構成が新しいサーバーに転送されるグラフィカル ツールがあります。It provides a graphical tool that inventories data on servers and then transfers the data and configuration to newer servers—all without apps or users having to change anything.

移行の調整にこのバージョンの Windows Server を使用するときのために、次の機能が追加されています。When using this version of Windows Server to orchestrate migrations, we've added the following abilities:

  • 新しいサーバーへのローカル ユーザーとローカル グループの移行Migrate local users and groups to the new server
  • フェールオーバー クラスターからの記憶域の移行Migrate storage from failover clusters
  • Samba を使用する Linux サーバーからの記憶域の移行Migrate storage from a Linux server that uses Samba
  • Azure File Sync を使用した Azure へ移行された共有のより簡単な同期More easily sync migrated shares into Azure by using Azure File Sync
  • Azure などの新しいネットワークへの移行Migrate to new networks such as Azure

記憶域移行サービスの詳細については、「ストレージ移行サービスの概要」を参照してください。For more info about Storage Migration Service, see Storage Migration Service overview.

システム インサイトでのディスク異常の検出System Insights disk anomaly detection

システム インサイトは、ローカルで Windows Server のシステム データを分析し、サーバーの機能の分析情報を提供する予測分析機能です。System Insights is a predictive analytics feature that locally analyzes Windows Server system data and provides insight into the functioning of the server. これには多数の機能が組み込まれていますが、ディスク異常の検出を初めとする追加機能を Windows Admin Center を使用してインストールできるようになりました。It comes with a number of built-in capabilities, but we've added the ability to install additional capabilities via Windows Admin Center, starting with disk anomaly detection.

ディスク異常の検出は、ディスクが通常とは異なる動作をしたとき、それを浮き彫りにする新機能です。Disk anomaly detection is a new capability that highlights when disks are behaving differently than usual. 異なるということが必ずしも悪いということではありませんが、これらの異常な瞬間を確認することによって、お使いのシステムの問題の解決に役立つことがあります。While different isn't necessarily a bad thing, seeing these anomalous moments can be helpful when troubleshooting issues on your systems.

この機能は、Windows Server 2019 を実行するサーバーでも利用できます。This capability is also available for servers running Windows Server 2019.

Windows Admin Center の機能強化Windows Admin Center enhancements

Windows Admin Center の新しいリリースがリリースされ、Windows Server に新機能が追加されました。A new release of Windows Admin Center is out, adding new functionality to Windows Server. 最新の機能の詳細については、Windows Admin Centerに関するページを参照してください。For info on the latest features, see Windows Admin Center.

Windows Server 2019 および Windows Server の記憶域の新機能、バージョン1809What's new in storage in Windows Server 2019 and Windows Server, version 1809

このリリースの Windows Server では、次の変更とテクノロジが追加されています。This release of Windows Server adds the following changes and technologies.

Windows 管理センターを使用して記憶域を管理するManage storage with Windows Admin Center

Windows 管理センターは、新しいローカルに展開されたブラウザーベースのアプリで、サーバー、クラスター、記憶域スペースダイレクトを使用したハイパー集約型インフラストラクチャ、および Windows 10 pc を管理します。Windows Admin Center is a new locally deployed, browser-based app for managing servers, clusters, hyper-converged infrastructure with Storage Spaces Direct, and Windows 10 PCs. Windows 以外の追加コストはなく、運用環境で使用する準備ができています。It comes at no additional cost beyond Windows and is ready for production use.

Windows 管理センターは、windows Server 2019 およびその他のバージョンの Windows で実行されている別のダウンロードですが、それを見逃してしまいたいと思います。To be fair, Windows Admin Center is a separate download that runs on Windows Server 2019 and other versions of Windows, but it's new and we didn't want you to miss it...

ストレージ移行サービスStorage Migration Service

ストレージ移行サービスは、Windows Server の新しいバージョンにサーバーを移行しやすくする新しいテクノロジです。Storage Migration Service is a new technology that makes it easier to migrate servers to a newer version of Windows Server. このサービスには、データをサーバーにインベントリし、データと構成を新しいサーバーに転送して、必要に応じて古いサーバーの ID を新しいサーバーに移行するツールが用意されているため、アプリとユーザーは何も変更する必要がありません。It provides a graphical tool that inventories data on servers, transfers the data and configuration to newer servers, and then optionally moves the identities of the old servers to the new servers so that apps and users don't have to change anything. 詳細については、「ストレージ移行サービス」を参照してください。For more info, see Storage Migration Service.

記憶域スペースダイレクト (Windows Server 2019 のみ)Storage Spaces Direct (Windows Server 2019 only)

Windows Server 2019 で記憶域スペースダイレクトには、次のような機能強化が行われています (記憶域スペースダイレクト Windows Server、半期チャネルには含まれていません)。There are a number of improvements to Storage Spaces Direct in Windows Server 2019 (Storage Spaces Direct isn't included in Windows Server, Semi-Annual Channel):

  • ReFS ボリュームの重複除去と圧縮Deduplication and compression for ReFS volumes

    同じボリューム上に、ReFS ファイルシステムの重複除去と圧縮を使用して最大10倍のデータを格納します。Store up to ten times more data on the same volume with deduplication and compression for the ReFS filesystem. ( 1 回クリックするだけで、Windows 管理センターで有効にすることができます)。オプションの圧縮を使用した可変サイズのチャンクストアでは、節約率が最大になりますが、マルチスレッドの後処理アーキテクチャではパフォーマンスに影響を最小限に抑えることができます。(It's just one click to turn on with Windows Admin Center.) The variable-size chunk store with optional compression maximizes savings rates, while the multi-threaded post-processing architecture keeps performance impact minimal. は、最大 64 TB のボリュームをサポートし、各ファイルの最初の 4 TB を重複除去します。Supports volumes up to 64 TB and will deduplicate the first 4 TB of each file.

  • 永続メモリのネイティブ サポートNative support for persistent memory

    Intel® Optane™ DC PM や NVDIMM-N を含む永続メモリ モジュールに対するネイティブな記憶域スペース ダイレクト サポートで、類を見ないパフォーマンスが引き出されます。Unlock unprecedented performance with native Storage Spaces Direct support for persistent memory modules, including Intel® Optane™ DC PM and NVDIMM-N. 永続メモリは、アクティブなワーキング セットを加速するためのキャッシュとして使用することも、ミリ秒レベルの低待機時間を保証する容量として使用することもできます。Use persistent memory as cache to accelerate the active working set, or as capacity to guarantee consistent low latency on the order of microseconds. 永続メモリは、他のドライブと同様に PowerShell または Windows Admin Center で管理します。Manage persistent memory just as you would any other drive in PowerShell or Windows Admin Center.

  • エッジの 2 ノード ハイパーコンバージド インフラストラクチャに対する入れ子の回復性Nested resiliency for two-node hyper-converged infrastructure at the edge

    RAID 5+1 から着想を得たまったく新しいソフトウェア回復性オプションで、2 つのハードウェア障害を一度に回避します。Survive two hardware failures at once with an all-new software resiliency option inspired by RAID 5+1. 2 ノードの記憶域スペース ダイレクト クラスターで入れ子の回復性を利用すると、一方のサーバー ノードがダウンして他方のサーバー ノードのドライブに障害が発生した場合でも、継続的にアクセス可能な記憶域をアプリと仮想マシンに提供できます。With nested resiliency, a two-node Storage Spaces Direct cluster can provide continuously accessible storage for apps and virtual machines even if one server node goes down and a drive fails in the other server node.

  • 監視として USB フラッシュ ドライブを使用した 2 つのサーバー クラスターTwo-server clusters using a USB flash drive as a witness

    ルーターに接続された低コストの USB フラッシュドライブを使用して、2台のサーバーから成るクラスターでミラーリング監視サーバーとして機能します。Use a low-cost USB flash drive plugged into your router to act as a witness in two-server clusters. サーバーがダウンしてバックアップされると、USB ドライブクラスターは最新のデータがあるサーバーを認識します。If a server goes down and then back up, the USB drive cluster knows which server has the most up-to-date data. 詳細については、 Microsoft ブログの「Storage」を参照してください。For more info, see the Storage at Microsoft blog.

  • Windows Admin CenterWindows Admin Center

    Windows Admin Center の目的に特化した新しいダッシュボードとエクスペリエンスで、記憶域スペース ダイレクトを管理および監視できます。Manage and monitor Storage Spaces Direct with the new purpose-built Dashboard and experience in Windows Admin Center. ボリュームを作成する、開く、展開する、削除するといった操作をわずか数クリックで実行できます。Create, open, expand, or delete volumes with just a few clicks. クラスター全体から個々の SSD や HDD まで、IOPS や IO 待機時間などのパフォーマンスを監視できます。Monitor performance like IOPS and IO latency from the overall cluster down to the individual SSD or HDD. Windows Server 2016 および Windows Server 2019 ではコストを追加することなく使用できます。Available at no additional cost for Windows Server 2016 and Windows Server 2019.

  • パフォーマンス履歴Performance history

    組み込みの履歴情報を使用すると、リソース使用率とパフォーマンスを簡単に可視化できます。Get effortless visibility into resource utilization and performance with built-in history. コンピューティング、メモリ、ネットワーク、記憶域のカテゴリにわたる 50 以上の重要なカウンターが自動的に収集され、クラスターに最大 1 年間保存されます。Over 50 essential counters spanning compute, memory, network, and storage are automatically collected and stored on the cluster for up to one year. 何よりも、インストール、構成、または開始するものはありません。これは動作するだけです。Best of all, there's nothing to install, configure, or start – it just works. Windows Admin Center で可視化することも、照会や処理を PowerShell で行うこともできます。Visualize in Windows Admin Center or query and process in PowerShell.

  • クラスターごとに 4 PB まで拡張可能Scale up to 4 PB per cluster

    メディア、バックアップ、およびアーカイブのユース ケースに最適なマルチペタバイトの拡張性を実現します。Achieve multi-petabyte scale – great for media, backup, and archival use cases. Windows Server 2019 の記憶域スペース ダイレクトでは、記憶域プールあたり最大 4 ペタバイト (PB) = 4,000 テラバイトの未加工容量がサポートされます。In Windows Server 2019, Storage Spaces Direct supports up to 4 petabytes (PB) = 4,000 terabytes of raw capacity per storage pool. 関連する容量ガイドラインも引き上げられています。たとえば、作成できるボリューム数が 2 倍になり (32 から 64 に増加)、それぞれの大きさも従来の 2 倍になっています (32 TB から 64 TB に増加)。Related capacity guidelines are increased as well: for example, you can create twice as many volumes (64 instead of 32), each twice as large as before (64 TB instead of 32 TB). 複数のクラスターをまとめて1つの記憶域名前空間内でさらに大きなスケールを行うクラスターセットにします。Stitch multiple clusters together into a cluster set for even greater scale within one storage namespace. 詳細については、 Microsoft ブログの「Storage」を参照してください。For more info, see the Storage at Microsoft blog.

  • ミラーリングによって高速化されたパリティで 2 倍の速度を実現Mirror-accelerated parity is 2X faster

    ミラーリングによって高速化されたパリティを使用すると、記憶域スペース ダイレクトのボリュームを作成できます。このボリュームでは、RAID-1 と RAID-5/6 の良い部分を組み合わせるような形で、一部がミラー、一部がパリティになっていますWith mirror-accelerated parity you can create Storage Spaces Direct volumes that are part mirror and part parity, like mixing RAID-1 and RAID-5/6 to get the best of both. (Windows 管理センターで考えているよりも簡単です)。Windows Server 2019 では、最適化により、ミラーアクセラレータのパリティのパフォーマンスが Windows Server 2016 に比べて2倍になっています。(It's easier than you think in Windows Admin Center.) In Windows Server 2019, the performance of mirror-accelerated parity is more than doubled relative to Windows Server 2016 thanks to optimizations.

  • ドライブの待機時間に関する外れ値の検出Drive latency outlier detection

    継続的な監視と組み込みの外れ値検出を使用して、異常な待機時間のあるドライブを簡単に識別できます。これは Microsoft Azure の長期的で成功したアプローチによるものです。Easily identify drives with abnormal latency with proactive monitoring and built-in outlier detection, inspired by Microsoft Azure's long-standing and successful approach. 平均待機時間や、99パーセンタイルの待機時間など、より微妙なものがあるかどうかにかかわらず、低速のドライブには、PowerShell と Windows 管理センターで "異常待機時間" の状態が自動的にラベル付けされます。Whether it's average latency or something more subtle like 99th percentile latency that stands out, slow drives are automatically labeled in PowerShell and Windows Admin Center with ‘Abnormal Latency' status.

  • フォールト トレランスを向上するボリュームの割り当てを手動で区切るManually delimit the allocation of volumes to increase fault tolerance

    これにより、管理者は記憶域スペースダイレクトでボリュームの割り当てを手動で区切ることができます。This enables admins to manually delimit the allocation of volumes in Storage Spaces Direct. これにより、特定の条件下でフォールトトレランスを大幅に向上させることができますが、管理上の考慮事項と複雑さが増加します。Doing so can significantly increase fault tolerance under certain conditions, but imposes some added management considerations and complexity. 詳細については、「ボリュームの割り当てを区切る」を参照してください。For more info, see Delimit the allocation of volumes.

記憶域レプリカStorage Replica

このリリースでは、記憶域レプリカにいくつかの機能強化が行われています。There are a number of improvements to Storage Replica in this release:

Windows Server Standard Edition の記憶域レプリカStorage Replica in Windows Server, Standard Edition

Datacenter Edition に加えて、Windows Server Standard Edition でも記憶域レプリカを使用できるようになりました。You can now use Storage Replica with Windows Server, Standard Edition in addition to Datacenter Edition. Windows Server Standard Edition で実行されている記憶域レプリカには、次の制限があります。Storage Replica running on Windows Server, Standard Edition, has the following limitations:

  • 記憶域レプリカは、無制限の数のボリュームではなく、1つのボリュームをレプリケートします。Storage Replica replicates a single volume instead of an unlimited number of volumes.
  • ボリュームのサイズは、無制限のサイズではなく、最大 2 TB です。Volumes can have a size of up to 2 TB instead of an unlimited size.

記憶域レプリカのログのパフォーマンスの向上Storage Replica log performance improvements

また、ストレージレプリカログがレプリケーションを追跡し、レプリケーションのスループットと待機時間を向上させる方法も改善されました。特に、すべてのフラッシュストレージに加えて、相互にレプリケートするクラスターを記憶域スペースダイレクトします。We also made improvements to how the Storage Replica log tracks replication, improving replication throughput and latency, especially on all-flash storage as well as Storage Spaces Direct clusters that replicate between each other.

パフォーマンスの向上を実現するには、レプリケーショングループのすべてのメンバーが Windows Server 2019 を実行している必要があります。To gain the increased performance, all members of the replication group must run Windows Server 2019.

テスト フェールオーバーTest failover

テストまたはバックアップの目的で、レプリケートされたストレージのスナップショットを移行先サーバーに一時的にマウントできるようになりました。You can now temporarily mount a snapshot of the replicated storage on a destination server for testing or backup purposes. 詳細については、「記憶域レプリカについてよく寄せられる質問」をご覧ください。For more information, see Frequently Asked Questions about Storage Replica.

Windows Admin Center サポートWindows Admin Center support

Windows 管理センターでは、サーバーマネージャーツールを使用して、レプリケーションのグラフィカル管理をサポートできるようになりました。Support for graphical management of replication is now available in Windows Admin Center via the Server Manager tool. これには、サーバー間のレプリケーション、クラスター間のレプリケーション、およびストレッチクラスターレプリケーションが含まれます。This includes server-to-server replication, cluster-to-cluster, as well as stretch cluster replication.

その他の機能強化Miscellaneous improvements

記憶域レプリカには、次の機能強化も含まれています。Storage Replica also contains the following improvements:

  • 自動フェールオーバーが発生するように、非同期ストレッチクラスターの動作を変更します。Alters asynchronous stretch cluster behaviors so that automatic failovers now occur
  • 複数のバグ修正Multiple bug fixes

SMBSMB

  • SMB1 とゲスト認証の削除: Windows Server では、既定では、SMB1 クライアントとサーバーがインストールされなくなりました。SMB1 and guest authentication removal: Windows Server no longer installs the SMB1 client and server by default. さらに、SMB2 以降のゲストとして認証する機能は、既定で無効になっています。Additionally, the ability to authenticate as a guest in SMB2 and later is off by default. 詳細については、Windows 10 バージョン 1709 および Windows Server 1709 のバージョンで、SMBv1 が 既定でインストールされない問題に関するページをご覧ください。For more information, review SMBv1 is not installed by default in Windows 10, version 1709 and Windows Server, version 1709.

  • SMB2/SMB3 のセキュリティと互換性: レガシ アプリケーションについて SMB2+ の oplock を無効にする機能や、クライアントからの接続ごとに署名や暗号化を要求する機能など、セキュリティやアプリケーションの互換性のための新しいオプションが追加されました。SMB2/SMB3 security and compatibility: Additional options for security and application compatibility were added, including the ability to disable oplocks in SMB2+ for legacy applications, as well as require signing or encryption on per-connection basis from a client. 詳細については、SMBShare PowerShell モジュールのヘルプを確認してください。For more information, review the SMBShare PowerShell module help.

データ重複除去Data Deduplication

  • データ重複除去で ReFS をサポート: ReFS による最新ファイル システムの長所とデータ重複除去のいずれかを選択する必要がなくなりました。ReFS を有効にしているときにいつでもデータ重複除去を有効にできるようになりました。Data Deduplication now supports ReFS: You no longer must choose between the advantages of a modern file system with ReFS and the Data Deduplication: now, you can enable Data Deduplication wherever you can enable ReFS. ReFS によって記憶域の効率が 95% 以上向上します。Increase storage efficiency by upwards of 95% with ReFS.
  • 重複除去されたボリュームへの最適化された送受信のための DataPort API: 開発者は、データ重複除去によって効率的にデータを保存する方法に関する知識を活用して、ボリューム、サーバー、クラスター間で効率的にデータを移動することができます。DataPort API for optimized ingress/egress to deduplicated volumes: Developers can now take advantage of the knowledge Data Deduplication has about how to store data efficiently to move data between volumes, servers, and clusters efficiently.

ファイル サーバー リソース マネージャーFile Server Resource Manager

Windows Server 2019 には、サービスの開始時に、ファイルサーバーリソースマネージャーサービスがすべてのボリュームに変更ジャーナル (USN ジャーナルとも呼ばれます) を作成しないようにする機能が含まれています。Windows Server 2019 includes the ability to prevent the File Server Resource Manager service from creating a change journal (also known as a USN journal) on all volumes when the service starts. これにより、各ボリューム上の領域を節約できますが、リアルタイムのファイル分類は無効になります。This can conserve space on each volume, but will disable real-time file classification. 詳細については、「ファイル サーバー リソース マネージャーの概要」を参照してください。For more information, see File Server Resource Manager overview.

Windows Server での記憶域の新機能、バージョン1803What's new in storage in Windows Server, version 1803

ファイル サーバー リソース マネージャーFile Server Resource Manager

Windows Server バージョン1803には、サービスの開始時に、ファイルサーバーリソースマネージャーサービスがすべてのボリュームに変更ジャーナル (USN ジャーナルとも呼ばれます) を作成しないようにする機能が含まれています。Windows Server, version 1803 includes the ability to prevent the File Server Resource Manager service from creating a change journal (also known as a USN journal) on all volumes when the service starts. これにより、各ボリューム上の領域を節約できますが、リアルタイムのファイル分類は無効になります。This can conserve space on each volume, but will disable real-time file classification. 詳細については、「ファイル サーバー リソース マネージャーの概要」を参照してください。For more information, see File Server Resource Manager overview.

Windows Server での記憶域の新機能、バージョン1709What's new in storage in Windows Server, version 1709

Windows Server バージョン1709は、半期チャネルの最初の Windows Server リリースです。Windows Server, version 1709 is the first Windows Server release in the Semi-Annual Channel. 半期チャネルはソフトウェアアシュアランスの特典であり、実稼働環境では18か月ごとに完全にサポートされており、新しいバージョンは6か月ごとに使用できます。The Semi-Annual Channel is a Software Assurance benefit and is fully supported in production for 18 months, with a new version every six months.

詳しくは、「Windows Server の半期チャネルの概要」をご覧ください。For more information, see Windows Server Semi-annual Channel Overview.

記憶域レプリカStorage Replica

記憶域レプリカによって追加されたディザスターリカバリー保護が拡張され、次のものが含まれるようになりました。The disaster recovery protection added by Storage Replica is now expanded to include:

  • テスト フェールオーバー: 宛先の記憶域をマウントするオプションが、テスト フェールオーバー機能によって可能になりました。Test failover: the option to mount the destination storage is now possible through the test failover feature. レプリケートされた記憶域のスナップショットを、宛先ノードで、テストやバックアップの目的で、一時的にマウントすることができます。You can mount a snapshot of the replicated storage on destination nodes temporarily for testing or backup purposes. 詳細については、「記憶域レプリカについてよく寄せられる質問」をご覧ください。For more information, see Frequently Asked Questions about Storage Replica.
  • Windows 管理センターのサポート:Windows 管理センターでは、サーバーマネージャーツールを使用して、レプリケーションのグラフィカル管理をサポートできるようになりました。Windows Admin Center support: Support for graphical management of replication is now available in Windows Admin Center via the Server Manager tool. これには、サーバー間のレプリケーション、クラスター間のレプリケーション、およびストレッチクラスターレプリケーションが含まれます。This includes server-to-server replication, cluster-to-cluster, as well as stretch cluster replication.

記憶域レプリカには、次の機能強化も含まれています。Storage Replica also contains the following improvements:

  • 自動フェールオーバーが発生するように、非同期ストレッチクラスターの動作を変更します。Alters asynchronous stretch cluster behaviors so that automatic failovers now occur
  • 複数のバグ修正Multiple bug fixes

SMBSMB

  • SMB1 とゲスト認証の削除: Windows Server バージョン 1709 では、SMB1 クライアントとサーバーが既定でインストールされなくなりました。SMB1 and guest authentication removal: Windows Server, version 1709 no longer installs the SMB1 client and server by default. さらに、SMB2 以降のゲストとして認証する機能は、既定で無効になっています。Additionally, the ability to authenticate as a guest in SMB2 and later is off by default. 詳細については、Windows 10 バージョン 1709 および Windows Server 1709 のバージョンで、SMBv1 が 既定でインストールされない問題に関するページをご覧ください。For more information, review SMBv1 is not installed by default in Windows 10, version 1709 and Windows Server, version 1709.

  • SMB2/SMB3 のセキュリティと互換性: レガシ アプリケーションについて SMB2+ の oplock を無効にする機能や、クライアントからの接続ごとに署名や暗号化を要求する機能など、セキュリティやアプリケーションの互換性のための新しいオプションが追加されました。SMB2/SMB3 security and compatibility: Additional options for security and application compatibility were added, including the ability to disable oplocks in SMB2+ for legacy applications, as well as require signing or encryption on per-connection basis from a client. 詳細については、SMBShare PowerShell モジュールのヘルプを確認してください。For more information, review the SMBShare PowerShell module help.

データ重複除去Data Deduplication

  • データ重複除去で ReFS をサポート: ReFS による最新ファイル システムの長所とデータ重複除去のいずれかを選択する必要がなくなりました。ReFS を有効にしているときにいつでもデータ重複除去を有効にできるようになりました。Data Deduplication now supports ReFS: You no longer must choose between the advantages of a modern file system with ReFS and the Data Deduplication: now, you can enable Data Deduplication wherever you can enable ReFS. ReFS によって記憶域の効率が 95% 以上向上します。Increase storage efficiency by upwards of 95% with ReFS.
  • 重複除去されたボリュームへの最適化された送受信のための DataPort API: 開発者は、データ重複除去によって効率的にデータを保存する方法に関する知識を活用して、ボリューム、サーバー、クラスター間で効率的にデータを移動することができます。DataPort API for optimized ingress/egress to deduplicated volumes: Developers can now take advantage of the knowledge Data Deduplication has about how to store data efficiently to move data between volumes, servers, and clusters efficiently.

Windows Server 2016 での記憶域の新機能What's new in storage in Windows Server 2016

記憶域スペース ダイレクトStorage Spaces Direct

記憶域スペース ダイレクトでは、ローカル記憶域を持つサーバーを使用して高可用性を備えた拡張性の高い記憶域を作成できます。Storage Spaces Direct enables building highly available and scalable storage using servers with local storage. ソフトウェア定義ストレージ システムの展開と管理を簡素化し、SATA SSD や NVMe ディスク デバイスなどの新しいクラスのディスク デバイスを使用できるようにします。これは、共有ディスクを使用したクラスター記憶域スペースによるこれまでの環境では実現できませんでした。It simplifies the deployment and management of software-defined storage systems and unlocks use of new classes of disk devices, such as SATA SSD and NVMe disk devices, that were previously not possible with clustered Storage Spaces with shared disks.

この変更の利点What value does this change add?
記憶域スペース ダイレクトによってサービス プロバイダーと企業は、ローカル記憶域を装備した業界標準サーバーを使用して、高可用性を備えた拡張性の高いソフトウェア定義ストレージを構築できます。Storage Spaces Direct enables service providers and enterprises to use industry standard servers with local storage to build highly available and scalable software defined storage. ローカル記憶域を装備したサーバーを使用すると複雑性が減少し、スケーラビリティが向上します。また、これまで使用できなかった記憶装置を使用でき、たとえば、SATA ソリッド ステート ディスクを使用してフラッシュ ストレージのコストを削減したり、NVMe ソリッド ステート ディスクを使用してパフォーマンスを向上したりできます。Using servers with local storage decreases complexity, increases scalability, and enables use of storage devices that were not previously possible, such as SATA solid state disks to lower cost of flash storage, or NVMe solid state disks for better performance.

記憶域スペース ダイレクトでは、共有 SAS ファブリックの必要性をなくしており、展開と構成が簡略化しています。Storage Spaces Direct removes the need for a shared SAS fabric, simplifying deployment and configuration. 代わりに、高速で低待機時間、CPU の効率を高める記憶域として SMB3 および SMB ダイレクト (RDMA) を利用しながら、ネットワークを記憶域ファブリックとして使用します。Instead it uses the network as a storage fabric, leveraging SMB3 and SMB Direct (RDMA) for high-speed, low-latency CPU efficient storage. スケール アウトするには、単にサーバーを追加して記憶域の容量と I/O パフォーマンスを向上します。To scale out, simply add more servers to increase storage capacity and I/O performance
詳細については、「Storage Spaces Direct in Windows Server 2016 (Windows Server 2016 記憶域スペース ダイレクト)」を参照してください。For more information, see the Storage Spaces Direct in Windows Server 2016.

動作の相違点What works differently?
この機能は Windows Server 2016 での新規です。This capability is new in Windows Server 2016.

記憶域レプリカStorage Replica

記憶域レプリカでは、サイト間でフェールオーバー クラスターを拡大できるだけでなく、障害復旧用に、サーバー間またはクラスター間で記憶域にとらわれずにブロックレベルで同期レプリケーションを行うことができます。Storage Replica enables storage-agnostic, block-level, synchronous replication between servers or clusters for disaster recovery, as well as stretching of a failover cluster between sites. 同期レプリケーションは、クラッシュ前後の整合性が維持されるボリュームを使用した物理サイト内のデータのミラーリングを実現して、ファイル システム レベルでデータがまったく失われないようにします。Synchronous replication enables mirroring of data in physical sites with crash-consistent volumes to ensure zero data loss at the file-system level. 非同期レプリケーションでは、データが失われる可能性はありますが、大都市圏の範囲を超えてサイトを拡張できます。Asynchronous replication allows site extension beyond metropolitan ranges with the possibility of data loss.

この変更の利点What value does this change add?
記憶域レプリケーションでは、次の操作を行うことができます。Storage Replication enables you to do the following:

  • ミッション クリティカルなワークロードの計画的な停止および想定外の停止のために単一ベンダー障害回復ソリューションを提供する。Provide a single vendor disaster recovery solution for planned and unplanned outages of mission critical workloads.
  • 信頼性、スケーラビリティ、パフォーマンスの点で実証済みの SMB3 トランスポートを使用する。Use SMB3 transport with proven reliability, scalability, and performance.
  • 大都市圏の距離まで Windows フェールオーバー クラスターを拡大する。Stretch Windows failover clusters to metropolitan distances.
  • 記憶域とクラスタリングに、Hyper-V、記憶域レプリカ、記憶域スペース、クラスター、スケールアウト ファイル サーバー、SMB3、重複除去、ReFS/NTFS などの Microsoft ソフトウェアをエンド ツー エンドで使用する。Use Microsoft software end to end for storage and clustering, such as Hyper-V, Storage Replica, Storage Spaces, Cluster, Scale-Out File Server, SMB3, Deduplication, and ReFS/NTFS.
  • 次のように、コストと複雑さの軽減に役立てる。Help reduce cost and complexity as follows:
    • ハードウェアに依存せず、DAS、SAN などの特定の記憶域構成が不要です。Is hardware agnostic, with no requirement for a specific storage configuration like DAS or SAN.
    • 汎用的な記憶域やネットワーク テクノロジを使用できます。Allows commodity storage and networking technologies.
    • フェールオーバー クラスター マネージャーを通じて個々のノードとクラスターをグラフィカルに簡単に管理できます。Features ease of graphical management for individual nodes and clusters through Failover Cluster Manager.
    • Windows PowerShell を使った包括的な大規模なスクリプト作成オプションを組み込みます。Includes comprehensive, large-scale scripting options through Windows PowerShell.
  • ダウンタイムを短縮し、Windows に備わっている信頼性と生産性の向上に役立てる。Help reduce downtime, and increase reliability and productivity intrinsic to Windows.
  • サポート性、パフォーマンス メトリック、および診断機能を提供する。Provide supportability, performance metrics, and diagnostic capabilities.

詳細については、Windows Server 2016 での記憶域レプリカに関する記事を参照してください。For more information, see the Storage Replica in Windows Server 2016.

動作の相違点What works differently?
この機能は Windows Server 2016 での新規です。This capability is new in Windows Server 2016.

記憶域のサービスの品質Storage Quality of Service

記憶域のサービスの品質 (QoS) を使用して、Windows Server 2016 でエンド ツー エンドの記憶域のパフォーマンスを一元的に監視すると共に、Hyper-V クラスターと CSV クラスターを使用してポリシーを作成できるようになりました。You can now use storage quality of service (QoS) to centrally monitor end-to-end storage performance and create management policies using Hyper-V and CSV clusters in Windows Server 2016.

この変更の利点What value does this change add?
CSV クラスターで記憶域の QoS ポリシーを作成し、Hyper-V 仮想マシンの仮想ディスク (複数可) にそのポリシーを割り当てることができるようになりました。You can now create storage QoS policies on a CSV cluster and assign them to one or more virtual disks on Hyper-V virtual machines. 記憶域のパフォーマンスは、ワークロードと記憶域の負荷の変動に従って、ポリシーに合わせて自動的に再調整されます。Storage performance is automatically readjusted to meet policies as the workloads and storage loads fluctuate.

  • 各ポリシーでは、仮想ハード ディスク、単一の仮想マシンまたは仮想マシンのグループ、サービス、テナントなどのデータ フローのコレクションに適用する設定の下限や上限を指定できます。Each policy can specify a reserve (minimum) and/or a limit (maximum) to be applied to a collection of data flows, such as a virtual hard disk, a single virtual machine or a group of virtual machines, a service, or a tenant.
  • Windows PowerShell または WMI を使用して、次のタスクを実行できます。Using Windows PowerShell or WMI, you can perform the following tasks:
    • CSV クラスターでポリシーを作成する。Create policies on a CSV cluster.
    • CSV クラスター上で使用可能なポリシーを列挙する。Enumerate policies available on a CSV cluster.
    • Hyper-V 仮想マシンの仮想ハード ディスクにポリシーを割り当てる。Assign a policy to a virtual hard disk of a Hyper-V virtual machine.
    • 各ワークフローのパフォーマンスとポリシー内での状態を監視する。Monitor the performance of each flow and status within the policy.
  • 複数の仮想ハード ディスクが同じポリシーを共有している場合、パフォーマンスは、ポリシーの最小設定と最大設定の範囲内で要求を満たすように均等に分散されます。If multiple virtual hard disks share the same policy, performance is fairly distributed to meet demand within the policy's minimum and maximum settings. このため、1 つのポリシーで、1 つの仮想ハード ディスク、1 つの仮想マシン、サービスを構成する複数の仮想マシン、テナントが所有するすべての仮想マシンを管理できます。Therefore, a policy can be used to manage a virtual hard disk, a virtual machine, multiple virtual machines comprising a service, or all virtual machines owned by a tenant.

動作の相違点What works differently?
この機能は Windows Server 2016 での新規です。This capability is new in Windows Server 2016. Windows Server の過去のリリースでは、下限値を管理したり、1 つのコマンドでクラスター全体の仮想ディスクすべてのフローを監視したり、ポリシーに基づいて一元的に管理したりすることはできませんでした。Managing minimum reserves, monitoring flows of all virtual disks across the cluster via a single command, and centralized policy based management were not possible in previous releases of Windows Server.

詳細については、「記憶域のサービスの品質 (QoS)」を参照してください。For more information, see Storage Quality of Service

データ重複除去Data Deduplication

機能Functionality 新機能か更新された機能かNew or Updated 説明Description
大容量ボリュームのサポートSupport for Large Volumes 更新Updated Windows Server 2016 の前までは、予期される変更量に合わせてボリュームのサイズを具体的に設定する必要がありました。そして、10 TB 以上のサイズのボリュームは重複除去に適した候補ではありませんでした。Prior to Windows Server 2016, volumes had to specifically sized for the expected churn, with volume sizes above 10 TB not being good candidates for deduplication. Windows Server 2016 のデータ重複除去では 64 TB までのボリューム サイズがサポートされます。In Windows Server 2016, Data Deduplication supports volume sizes up to 64 TB.
大きなファイルのサポートSupport for Large Files 更新Updated Windows Server 2016 の前では、1 TB に近いサイズのファイルは重複除去に適した候補ではありませんでした。Prior to Windows Server 2016, files approaching 1 TB in size were not good candidates for deduplication. Windows Server 2016 では、1 TB までのファイルをは完全にサポートします。In Windows Server 2016, files up to 1 TB are fully supported.
Nano Server のサポートSupport for Nano Server 新規New Windows Server 2016 の新しい Nano Server 展開オプションでは、データ重複除去が利用可能で、完全にサポートされています。Data Deduplication is available and fully supported in the new Nano Server deployment option for Windows Server 2016.
簡略化されたバックアップのサポートSimplified Backup Support 新規New Windows Server 2012 R2 では、Microsoft の Data Protection Manager などの仮想化されたバックアップ アプリケーションは、一連の手動による構成手順を実行することでサポートされていました。In Windows Server 2012 R2, Virtualized Backup Applications, such as Microsoft's Data Protection Manager, were supported through a series of manual configuration steps. Windows Server 2016 では、仮想化されたバックアップ アプリケーション用にデータ重複除去をシームレスに展開するために、使用法の種類の新しい既定値として "バックアップ" が追加されました。In Windows Server 2016, a new default Usage Type "Backup", has been added for seamless deployment of Data Deduplication for Virtualized Backup Applications.
クラスター OS のローリングアップグレードのサポートSupport for Cluster OS Rolling Upgrades 新規New データ重複除去では、Windows Server 2016 の新しいクラスター OS のローリング アップグレード機能を完全にサポートしています。Data Deduplication fully supports the new Cluster OS Rolling Upgrade feature of Windows Server 2016.

SYSVOL と NETLOGON 接続の SMB セキュリティ強化の強化SMB hardening improvements for SYSVOL and NETLOGON connections

Active Directory ドメイン サービスへの Windows 10 および Windows Server 2016 のクライアント接続で、ドメイン コント ローラー上の既定の SYSVOL と NETLOGON 共有では、SMB 署名と相互認証 (Kerberos など) を必要とするようになりました。In Windows 10 and Windows Server 2016 client connections to the Active Directory Domain Services default SYSVOL and NETLOGON shares on domain controllers now require SMB signing and mutual authentication (such as Kerberos).

この変更の利点What value does this change add?
この変更は、man-in-the-middle 攻撃の可能性を軽減します。This change reduces the likelihood of man-in-the-middle attacks.

動作の相違点What works differently?
SMB 署名と相互認証が使用できない場合、Windows 10 または Windows Server 2016 のコンピューターでは、ドメイン ベースのグループ ポリシーやスクリプトを処理しません。If SMB signing and mutual authentication are unavailable, a Windows 10 or Windows Server 2016 computer won't process domain-based Group Policy and scripts.

注意

これらの設定のレジストリ値は既定では存在しませんが、セキュリティ強化の規則は、グループ ポリシーまたはその他のレジストリ値でオーバーライドされるまで引き続き適用されます。The registry values for these settings aren't present by default, but the hardening rules still apply until overridden by Group Policy or other registry values.

これらのセキュリティ強化の詳細については、「UNC セキュリティ強化」を参照してください。 マイクロソフトサポート技術情報の記事3000483および MS15-011 & MS15 を参照してください。グループ ポリシーのセキュリティ強化For more information on these security improvements - also referred to as UNC hardening, see Microsoft Knowledge Base article 3000483 and MS15-011 & MS15-014: Hardening Group Policy.

ワーク フォルダーWork Folders

ワークフォルダーサーバーが Windows Server 2016 を実行していて、ワークフォルダークライアントが Windows 10 の場合、変更通知が改善されました。Improved change notification when the Work Folders server is running Windows Server 2016 and the Work Folders client is Windows 10.

この変更の利点What value does this change add?
Windows Server 2012 R2 では、ワーク フォルダー サーバーにファイルの変更が同期されるときに、クライアントには変更についての通知が送られず、変更内容が反映されるまでに最大で 10 分かかっていました。For Windows Server 2012 R2, when file changes are synced to the Work Folders server, clients are not notified of the change and wait up to 10 minutes to get the update. Windows Server 2016 を使用している場合、ワークフォルダーサーバーは直ちに Windows 10 クライアントに通知し、ファイルの変更は直ちに同期されます。When using Windows Server 2016, the Work Folders server immediately notifies Windows 10 clients and the file changes are synced immediately.

動作の相違点What works differently?
この機能は Windows Server 2016 での新規です。This capability is new in Windows Server 2016. この機能を使用するには、Windows Server 2016 ワーク フォルダー サーバーが必須であり、またクライアントは Windows 10 である必要があります。This requires a Windows Server 2016 Work Folders server and the client must be Windows 10.

古いクライアントを使用しているか、ワーク フォルダー サーバーが Windows Server 2012 R2 である場合、クライアントでは引き続き 10 分ごとに変更を取得します。If you're using an older client or the Work Folders server is Windows Server 2012 R2, the client will continue to poll every 10 minutes for changes.

ReFSReFS

新しい ReFS では、データの信頼性、回復性、スケーラビリティを実現し、さまざまなワークロードに対応した大規模な記憶域の展開がサポートされます。The next iteration of ReFS provides support for large-scale storage deployments with diverse workloads, delivering reliability, resiliency, and scalability for your data.

この変更の利点What value does this change add?
ReFS では、以下の点が強化されています。ReFS introduces the following improvements:

  • ReFS は、新しい記憶域階層の機能を実装しており、高速なパフォーマンスと記憶域容量の増加を実現できます。ReFS implements new storage tiers functionality, helping deliver faster performance and increased storage capacity. この新しい機能では、次のことを実行できます。This new functionality enables:
    • 同じ仮想ディスクで回復性の種類を複数使用する (たとえば、パフォーマンス階層でミラーリングを使用し、容量階層でパリティを使用します)。Multiple resiliency types on the same virtual disk (using mirroring in the performance tier and parity in the capacity tier, for example).
    • 変動するワーキング セットに対する応答性を向上。Increased responsiveness to drifting working sets.
  • ブロックの複製が導入され、VM の操作 (.vhdx チェックポイントのマージ操作など) のパフォーマンスが大幅に向上します。The introduction of block cloning substantially improves the performance of VM operations, such as .vhdx checkpoint merge operations.
  • 新しい ReFS スキャン ツールを使用すると、損傷している記憶域の回復が可能になり、重要な破損からデータを復旧できます。The new ReFS scan tool enables the recovery of leaked storage and helps salvage data from critical corruptions.

動作の相違点What works differently?
これらの機能は、Windows Server 2016 での新機能です。These capabilities are new in Windows Server 2016.

関連項目See also