ネットワークNetworking

Microsoft は、次のネットワーク機能をサポートしています。Microsoft supports the following networking features.

ポート、プロトコル、および IP アドレスPorts, protocols, and IP addresses

Microsoft では、IPv4 アドレスと IPv6 アドレスを使用しています。Microsoft uses IPv4 and IPv6 addresses. IPv6 の使用は任意で、Office 365 との接続には必要ありません。Use of IPv6 addressing is optional and not required for connectivity with Office 365. IPv6 を使用してすべての Microsoft 365 機能が完全に有効になっているわけではありません。Not all Microsoft 365 features are fully enabled using IPv6. Ipv6 のサポートの詳細については、「 Microsoft サービスでの ipv6 サポート」を参照してください。For more information about Ipv6 support, see IPv6 support in Microsoft services.

Microsoft は、Microsoft ヘルプで許可されている IP アドレスの一覧を保持しています。Microsoft maintains a list of allowed IP addresses in the Microsoft help. 詳細については、「 url と IP アドレスの範囲」を参照してください。For more information, see URLs and IP address ranges. 21Vianet が運用している Office 365 については、「21Vianet が運用している Office 365 の URL と IP アドレス」を参照してください。For Office 365 operated by 21Vianet, see URLs and IP Addresses for Office 365 operated by 21Vianet. Office 365 Germany については、「Office 365 Germany エンドポイント」を参照してください。For Office 365 Germany, see Office 365 Germany endpoints.

重要

特定の IP アドレス サブネットへのルーティングではなく、上に記載されたルート ドメイン名 (*.Outlook.com、*.MicrosoftOnline.com、*.SharePoint.com など) へのルーティングを有効にすることを強くお勧めします。IP アドレス サブネットを使用すると、変更が行われたときにユーザーに対するサービスが停止する危険があります。We strongly recommend that you enable routing to the root domain names listed in the articles above (such as *.Outlook.com, *.MicrosoftOnline.com and *.SharePoint.com) instead of routing to specific IP address subnets. Relying on IP address subnets runs the risk of outages for your users as changes are made.

帯域幅要件Bandwidth requirements

帯域幅の要件については、「Office 365 のネットワーク計画とパフォーマンスのチューニング」を参照してください。For information on bandwidth requirements, see Internet bandwidth planning.

Microsoft に接続するConnecting to Microsoft

Microsoft へのすべての接続は、パブリックインターネットまたはプライベートの Azure ExpressRoute 接続を介して行われ、必要に応じて SSL で保護されています。All Connections to Microsoft are done over the public internet or over a private Azure ExpressRoute connection, and are secured by SSL as appropriate. Azure ExpressRoute を使用すると、インターネットを迂回して、グローバルな Microsoft ネットワークに直接接続できます。Azure ExpressRoute allows connecting directly to the global Microsoft network, bypassing the internet. Microsoft ネットワーク パートナーは、Microsoft のグローバル ネットワークへの接続を提供します。A Microsoft networking partner provides the connectivity to the global Microsoft network.

Azure ExpressRoute について詳しくは、「Office 365 向け Azure ExpressRoute」をご覧ください。For more information about Azure ExpressRoute, see Azure ExpressRoute for Office 365.

WAN アクセラレータWAN accelerators

Microsoft は、Office 365 で顧客が所有する WAN 高速化デバイスやキャッシュ デバイスをサポートしていません。待ち時間が長いまたは帯域幅が狭い条件下で WAN 最適化コントローラーを使用してパフォーマンスを改善する場合は、Microsoft にサービス要求のトラブルシューティングを依頼する際に WAN 最適化コントローラーを無効にする必要があります。また、これらのデバイスのサポートについては、デバイスの提供元に相談してください。詳細については、「Office 365 での WAN 最適化コントローラーおよびキャッシュ デバイスの使用」を参照してください。Microsoft does not provide support for customer-owned WAN acceleration and caching devices with Office 365. If you decide to use a WAN optimization controller to improve performance under conditions of high latency or low bandwidth, you'll need to disable it while troubleshooting service requests with Microsoft, and work with your device vendor for device support. For more information, see WAN Acceleration and caching devices with Office 365.

Microsoft のグローバル ネットワークThe global Microsoft network

Microsoft ネットワークインフラストラクチャは、サービスのグローバルな分散を実現するために、データセンター、サーバー、コンテンツ配布ネットワーク、エッジコンピューティングノード、および光ファイバーネットワークの大規模なグローバルポートフォリオで構成されています。The Microsoft networking infrastructure is comprised of a large global portfolio of data centers, servers, content distribution networks, edge computing nodes, and fiber optic networks to provide global distribution of services. 各コンポーネントには高度なサービスの計測機能と監視機能が組み込まれているため、データセンター、ネットワーク バックボーン、およびインターネット エクスチェンジなどを詳細に把握して、発生した不具合の原因の特定、診断、管理を行うことができます。Sophisticated service instrumentation and monitoring integrates at the deepest levels with each component, giving visibility into the data center, network backbone, internet exchanges and beyond, to help spot, diagnose and manage the cause of disruptions that arise. ネットワークは、大規模なネットワーク障害が発生した場合でも、パフォーマンスを低下させることなく、十分な処理能力を維持できるように構成されています。The network is built to maintain sufficient capacity even for large scale network interruptions without degradation of performance. 詳細については、「 Microsoft グローバルネットワーク」を参照してください。For more information, see Microsoft Global Network.

顧客データの機密性と整合性を維持するために、Microsoft は、コンシューマーサービスネットワークを Microsoft ネットワークとは分離して保持します。To maintain the confidentiality and integrity of customer data, Microsoft keeps consumer services networks separate from Microsoft networks. 情報フローの制御には、以下のような複数の方法を使用しています。Multiple techniques are used to control information flows, including but not limited to:

  • 物理的な分離。特定の通信パターンを防止するように構成されたルーターで、ネットワーク セグメントを物理的に分離します。Physical separation. Network segments are physically separated by routers that are configured to prevent specific communication patterns.

  • 論理的な分離。仮想 LAN (VLAN) テクノロジを使用して通信をさらに分離します。Logical separation. Virtual LAN (VLAN) technology is used to further separate communications.

  • ファイアウォール。Firewalls. ファイアウォールおよびその他のネットワークセキュリティ強制ポイントは、インターネットに公開されるシステムとのデータ交換を制限し、Microsoft が管理するバックエンドシステムからシステムを分離するために使用されます。Firewalls and other network security enforcement points are used to limit data exchanges with systems that are exposed to the internet, and to isolate systems from back-end systems managed by Microsoft.

  • プロトコルの制限。Protocol restrictions.

詳細については、「Office 365 セキュリティ センター」を参照してください。For more information, see the Office 365 Trust Center.

機能の可用性Feature availability

プラン全体の機能の可用性を表示するには、「 Microsoft 365 And Office 365 platform service description」を参照してください。To view feature availability across plans, see Microsoft 365 and Office 365 platform service description.