Azure Information Protection 開発者ガイドAzure Information Protection Developer's Guide

このガイドでは、Azure Information Protection の Rights Management サービスの拡張、およびサービスとの統合に使用するツールについて説明します。This guide will orient you to tools for extending and integrating with Azure Information Protection’s rights management service.

現行の Azure Information Protection SDK には、権限管理コンポーネントが含まれています。The current Azure Information Protection SDK has the rights management component. 分類とラベル付けのコンポーネントは開発中です。A classification and labeling component are under development.

サービス アプリケーションService Applications

サービス アプリケーションは、エンタープライズ コンテンツ管理システム、ビジネス アプリケーション、またはクラウド ベースのビジネス ソリューションからのエクスポートにおいて、情報を保護する機能を提供します。Service applications provide capabilities to protect information when exporting from an enterprise content management system, a business application, or a cloud-based business solution. サービス アプリケーションの例としては、データ損失防止対策 (DLP) および Cloud Application Security (CAS) のアプリケーションが挙げられます。Data Loss Prevention (DLP) and Cloud Application Security (CAS) applications are examples of service applications. マイクロソフトが提供するサービス アプリケーション開発向け SDK は、2 つのプログラミング モデルで利用できます。Our SDK for developing service applications is available through two programming models.

サービス アプリケーションの例Examples of service applications

  • IpcDlp は、RMS 対応の DLP サンプル アプリケーションです。DLP RMS 対応アプリケーションで制限付きコンテンツを保護および使用するために RMS FILE API を使用して実行する必要がある基本的な手順がわかります。IpcDlp is a sample RMS-enabled DLP application that takes you through the basic steps that a DLP RMS-enabled application should perform by using the RMS File API for protecting and consuming restricted content.
  • IpcAzureApp は、Azure BLOB ストレージのデータを保護するために Azure アプリケーションで RMS SDK を使用する方法をデモンストレーションするサンプルです。IpcAzureApp is a sample that demonstrates how to use RMS SDK in Azure applications to protect data in an Azure Blob Storage.
  • RmsFileWatcher は、ファイル システムのディレクトリを監視し、すべての変更 (ファイルの追加や変更) に RMS 保護ポリシーを適用する Windows アプリケーションを構築する方法を示すサンプルです。RmsFileWatcher is a sample that demonstrates how to build a Windows application that watches directories in the file system and applies RMS protection policies on every change, for example file added or file modified.
  • ProtectFilesInDir は、ディレクトリを入力として受け取り、そのディレクトリ内のすべてのファイルのみを再帰なしに保護するシンプルなコンソール アプリケーションです。ProtectFilesInDir is a simple console application sample that takes a directory as input and protects all the files in that directory only, no recursion.

PowerShell ガイドPowerShell guides

Azure Rights Management 管理者によって使用される、PowerShell コマンドレットはサービス アプリケーションの開発とテストにも役立ちます。Used by Azure Rights management administrators, PowerShell cmdlets are also useful for developing and testing your service applications. 詳細については、「Using PowerShell with the Azure Information Protection client」(Azure Information Protection クライアントでの PowerShell の使用) を参照してください。For more information, see Using PowerShell with the Azure Information Protection client.

ユーザー アプリケーションUser applications

ユーザー アプリケーションは、RMS SDK 2.1 または RMS SDK 4.2 を使用して作成することができます。User applications can be built with either the RMS SDK 2.1 or the RMS SDK 4.2. RMS SDK 4.2 は、人気のある OS (iOS および OSX、Android、Linux、Windows) 用の特定の.API をベースとした REST クライアントです。The 4.2 version is REST client based with operating system specific APIs for several popular OSs; iOS/OSX, Android, Linux, Windows. 2.1 バージョンは、Windows ベースのネイティブ アプリケーションの作成に使用されます。The 2.1 version is used for building native Windows-based applications.

ユーザー アプリケーション開発ガイドUser application development guides

ユーザー アプリケーションのサンプルUser application samples

  • AzureIP Test は、サンプルのコンソール アプリケーションで、Azure テンプレートまたはアドホック ポリシーを使用してドキュメントを暗号化することができます。AzureIP Test is a sample console application that allows you to encrypt documents with an Azure template or an ad-hoc policy.
  • IPCNotepad は、RMS 対応のサンプル アプリケーションです。各 RMS 対応アプリケーションで制限付きコンテンツを保護および使用するときに実行する必要がある基本的な手順がわかります。IPCNotepad is a sample RMS-enabled application that takes you through the basic steps each RMS-enabled application should perform when protecting and consuming restricted content.
  • RmsDocumentInspector は、コンテンツ ID やユーザー権限などの、RMS で保護されているファイルに関する情報を得られるツールです。RmsDocumentInspector is a tool can give information about any RMS protected file such as content-id or user rights.

開発環境のセットアップDevelopment environment setup

次のガイドでは、一般的なツールを使用したアプリケーション開発環境のセットアップ手順を、OS ごとに説明します。The following guides lead you through OS specific setup steps for an application development environment using common tools.

iOS および OSX のセットアップ Android のセットアップ Windows Phone のセットアップ Windows サービスのセットアップ Linux のセットアップiOS/OSX setup Android setup Windows Phone setup Windows Service setup Linux setup

手順ガイドHow-tos

次の各トピックでは、アプリケーションの実装に関する具体的なガイダンスを提供しています。Each of the following topics presents specific guidance for an aspect of implementing your application. サービス アプリケーションは、RMS SDK 2.x. を使用して作成します。Service applications are built using the RMS SDK 2.x. ユーザー アプリケーションは、RMS SDK 4.x. を使用して作成します。User applications are built using RMS SDK 4.x. 記事のリンクは、アプリケーションの種類、サービス、ユーザー別になっています。The article link is attributed with the application type; service, user.

全般General

セキュリティと認証Security and authentication

構成とパフォーマンスの管理Configuration and performance management

概要とデータシートIntroduction and datasheets

Azure Information Protection の概要Introduction to Azure Information Protection

その他のリソースOther resources

サポート記事Support articles

メッセージのプロトコルとファイルの形式Message protocol and file formats

権限が管理される電子メールのメッセージRights Managed email message

API referenceAPI reference

以前のバージョンPrevious versions

関連項目See also