CustomValidator クラス

定義

入力コントロールのユーザー定義検証を実行します。

public ref class CustomValidator : System::Web::UI::WebControls::BaseValidator
public class CustomValidator : System.Web.UI.WebControls.BaseValidator
type CustomValidator = class
    inherit BaseValidator
Public Class CustomValidator
Inherits BaseValidator
継承

次のコード例は、サーバー側 CustomValidator コントロールを作成する方法を示しています。

重要

この例には、ユーザー入力を受け付けるテキスト ボックスがあります。これにより、セキュリティが脆弱になる可能性があります。 既定では、ASP.NET Web ページによって、ユーザー入力にスクリプトまたは HTML 要素が含まれていないかどうかが検証されます。 詳細については、「スクリプトによる攻略の概要」を参照してください。


<%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="True" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head>
    <title>CustomValidator ServerValidate Example</title>
<script runat="server">

      void ValidateBtn_OnClick(object sender, EventArgs e) 
      { 

         // Display whether the page passed validation.
         if (Page.IsValid) 
         {

            Message.Text = "Page is valid.";

         }

         else 
         {

            Message.Text = "Page is not valid!";

         }

      }

      void ServerValidation(object source, ServerValidateEventArgs args)
      {

         try 
         {

            // Test whether the value entered into the text box is even.
            int i = int.Parse(args.Value);
            args.IsValid = ((i%2) == 0);

         }

         catch(Exception ex)
         {

            args.IsValid = false;

         }

      }

   </script>    

</head>
<body>

   <form id="form1" runat="server">
  
      <h3>CustomValidator ServerValidate Example</h3>

      <asp:Label id="Message"  
           Text="Enter an even number:" 
           Font-Names="Verdana" 
           Font-Size="10pt" 
           runat="server"
           AssociatedControlID="Text1"/>

      <br />

      <asp:TextBox id="Text1" 
           runat="server" />
    
        

      <asp:CustomValidator id="CustomValidator1"
           ControlToValidate="Text1"
           Display="Static"
           ErrorMessage="Not an even number!"
           ForeColor="green"
           Font-Names="verdana" 
           Font-Size="10pt"
           OnServerValidate="ServerValidation"
           runat="server"/>

      <br />
 
      <asp:Button id="Button1"
           Text="Validate" 
           OnClick="ValidateBtn_OnClick" 
           runat="server"/>

   </form>
  
</body>
</html>

<%@ Page Language="VB" AutoEventWireup="True" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head>
    <title>CustomValidator ServerValidate Example</title>
<script runat="server">

      Sub ValidateBtn_OnClick(sender As Object, e As EventArgs) 

         ' Display whether the page passed validation.
         If Page.IsValid Then 

            Message.Text = "Page is valid."

         Else 

            Message.Text = "Page is not valid!"

         End If

      End Sub

      Sub ServerValidation(source As Object, args As ServerValidateEventArgs)

         Try 

            ' Test whether the value entered into the text box is even.
            Dim num As Integer = Integer.Parse(args.Value)
            args.IsValid = ((num mod 2) = 0)
 
         Catch ex As Exception
         
            args.IsValid = false

         End Try

      End Sub

   </script>    

</head>
<body>

   <form id="form1" runat="server">
  
      <h3>CustomValidator ServerValidate Example</h3>

      <asp:Label id="Message"
           Text="Enter an even number:" 
           Font-Names="Verdana" 
           Font-Size="10pt" 
           runat="server"
           AssociatedControlID="Text1" />

      <br />

      <asp:TextBox id="Text1" 
           runat="server" />
    
        

      <asp:CustomValidator id="CustomValidator1"
           ControlToValidate="Text1"
           Display="Static"
           ErrorMessage="Not an even number!"
           ForeColor="green"
           Font-Names="verdana" 
           Font-Size="10pt"
           OnServerValidate="ServerValidation"
           runat="server"/>

      <br />
 
      <asp:Button id="Button1"
           Text="Validate" 
           OnClick="ValidateBtn_OnClick" 
           runat="server"/>

   </form>
  
</body>
</html>

次のコード例は、クライアント側 CustomValidator コントロールを作成する方法を示しています。

<%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="True" %>

<html>
<head>

   <script runat="server">

      void ValidateBtn_OnClick(object sender, EventArgs e) 
      { 
         // Display whether the page passed validation.
         if (Page.IsValid) 
         {
            Message.Text = "Page is valid.";
         }

         else 
         {
            Message.Text = "Page is not valid!";
         }
      }

      void ServerValidation(object source, ServerValidateEventArgs args)
      {
         try 
         {
            // Test whether the value entered into the text box is even.
            int i = int.Parse(args.Value);
            args.IsValid = ((i%2) == 0);
         }

         catch(Exception ex)
         {
            args.IsValid = false;
         }
      }
       
   </script>    

</head>
<body>

   <form id="Form1" runat="server">
  
      <h3>CustomValidator ServerValidate Example</h3>

      <asp:Label id="Message"  
           Text="Enter an even number:" 
           Font-Name="Verdana" 
           Font-Size="10pt" 
           runat="server"/>

      <p>

      <asp:TextBox id="Text1" 
           runat="server" />
    
        

      <asp:CustomValidator id="CustomValidator1"
           ControlToValidate="Text1"
           ClientValidationFunction="ClientValidate"
           OnServerValidate="ServerValidation"
           Display="Static"
           ErrorMessage="Not an even number!"
           ForeColor="green"
           Font-Name="verdana" 
           Font-Size="10pt"
           runat="server"/>

      <p>
 
      <asp:Button id="Button1"
           Text="Validate" 
           OnClick="ValidateBtn_OnClick" 
           runat="server"/>

   </form>
</body>
</html>

<script language="javascript"> 
   function ClientValidate(source, arguments)
   {
        if (arguments.Value % 2 == 0 ){
            arguments.IsValid = true;
        } else {
            arguments.IsValid = false;
        }
   }
</script>
<%@ Page Language="VB" AutoEventWireup="True" %>

<html>
<head>

   <script runat="server">

      Sub ValidateBtn_OnClick(sender As Object, e As EventArgs) 
           ' Display whether the page passed validation.
           If Page.IsValid Then
               Message.Text = "Page is valid."
           Else
               Message.Text = "Page is not valid!"
           End If
       End Sub

      Sub ServerValidation(source As Object, args As ServerValidateEventArgs)
           Try
               ' Test whether the value entered into the text box is even.
               Dim num As Integer = Integer.Parse(args.Value)
               args.IsValid = ((num Mod 2) = 0)
           Catch ex As Exception
               args.IsValid = False
           End Try
       End Sub

   </script>      

</head>
<body>

   <form id="Form1" runat="server">
  
      <h3>CustomValidator ServerValidate Example</h3>

      <asp:Label id="Message"  
           Text="Enter an even number:" 
           Font-Name="Verdana" 
           Font-Size="10pt" 
           runat="server"/>

      <p>

      <asp:TextBox id="Text1" 
           runat="server" />
    
        

      <asp:CustomValidator id="CustomValidator1"
           ControlToValidate="Text1"
           ClientValidationFunction="ClientValidate"
           OnServerValidate="ServerValidation"
           Display="Static"
           ErrorMessage="Not an even number!"
           ForeColor="green"
           Font-Name="verdana" 
           Font-Size="10pt"
           runat="server"/>

      <p>
 
      <asp:Button id="Button1"
           Text="Validate" 
           OnClick="ValidateBtn_OnClick" 
           runat="server"/>

   </form>
  
</body>
</html>

<script language="javascript">
   function ClientValidate(source, arguments)
   {
        if (arguments.Value % 2 == 0 ){
            arguments.IsValid = true;
        } else {
            arguments.IsValid = false;
        }
   }
</script>

注釈

コントロールを CustomValidator 使用して、入力コントロールにユーザー定義の検証関数を提供します。 コントロールは CustomValidator 検証する入力コントロールとは別のコントロールであり、検証メッセージを表示する場所を制御できます。

検証コントロールは、常にサーバーで検証を実行します。 また、スクリプト対応ブラウザー (Microsoft Internet Explorer 4.0 以降など) がクライアントで検証を実行できるようにする完全なクライアント側実装もあります。 クライアント側の検証では、サーバーに送信される前にユーザー入力を確認することで、検証プロセスが強化されます。 これにより、フォームが送信される前にクライアントでエラーを検出できるため、サーバー側の検証に必要な情報のラウンド トリップを回避できます。

サーバー側検証関数を作成するには、検証を実行するイベントの ServerValidate ハンドラーを指定します。 検証する入力コントロールの文字列には、イベント ハンドラーに渡されるオブジェクトのプロパティをServerValidateEventArgsパラメーターとして使用Valueしてアクセスできます。 検証の結果は、オブジェクトのServerValidateEventArgsプロパティにIsValid格納されます。

クライアント側検証関数を作成するには、まず、前に説明したサーバー側検証関数を追加します。 次に、クライアント側検証スクリプト関数を ASP.NET (.aspx) ページに追加します。

Visual Basic Scripting Edition (VBScript) を使用している場合、関数は次の形式である必要があります。

Sub ValidationFunctionName(source, arguments)

JScriptを使用している場合、関数は次の形式である必要があります。

function ValidationFunctionName(source, arguments)

パラメーターはsource、コントロールに対CustomValidatorして<span>レンダリングされる要素への参照です。 これにより、属性の変更InnerHtmlなど、タグを<span>プログラムで制御できます。 このパラメーターは arguments 、Value と IsValid の 2 つのプロパティを持つオブジェクトです。 このパラメーターを使用すると、検証するコントロールの値を取得し、カスタム検証ルーチンに基づいて値が有効かどうかを示すことができます。

このプロパティを ClientValidationFunction 使用して、コントロールに関連付けられているクライアント側検証スクリプト関数の名前を CustomValidator 指定します。 スクリプト関数はクライアントで実行されるため、VBScript やJScriptなど、ターゲット ブラウザーがサポートする言語で関数を使用する必要があります。

注意

コントロール内でコントロールをCustomValidatorUpdatePanel使用する場合は、検証コントロールとコントロールが関連付けられているコントロールが同じパネルにあることを確認します。 部分ページ更新にコントロールを使用する UpdatePanel 方法の詳細については、「 部分ページ レンダリングの概要」を参照してください。

サーバー側の検証と同様に、検証する入力コントロールの文字列には、パラメーターのargumentsプロパティをValue使用してアクセスします。 パラメーターのプロパティを設定 IsValid して、検証の結果を arguments 返します。

注意事項

検証コントロールを使用する場合は、処理を実行する前に、常にサーバー側の検証の結果を確認する必要があります。 ポストバックの後、イベント メソッドが呼び出される前に、ページは検証コントロールを呼び出し、その結果を Page.IsValid プロパティに集計します。 (メソッドを使用して Validate 、検証コントロールを明示的に呼び出すこともできます)。独自のコードでは、入力を処理する前にプロパティが Page.IsValid 返されることを確認する true 必要があります。 スクリプトが有効なブラウザーでは、検証チェックに失敗した場合にポストバックがクライアントで実行されない場合がありますが、検証されたデータを処理する前に、常にサーバー コードもチェックイン Page.IsValid する必要があります。

個々の入力コントロールで複数の検証コントロールを使用して、異なる条件を検証できます。 たとえば、ショッピング カートに TextBox 追加する項目の数量をユーザーが入力できるようにする複数の検証コントロールをコントロールに適用できます。 コントロールを CustomValidator 使用して、指定した値が在庫の金額より小さいことを確認し、 RequiredFieldValidator コントロールを使用して、ユーザーがコントロールに TextBox 値を入力するようにすることができます。

注意

入力コントロールが空の場合、検証関数は呼び出されません。検証は成功します。 コントロールを RequiredFieldValidator 使用して、ユーザーに入力コントロールにデータの入力を要求します。

プロパティを設定せずにコントロールをCustomValidatorControlToValidate使用できます。 これは、通常、複数の入力コントロールを検証する場合や、コントロールなどの検証コントロールで使用できない入力コントロールを検証する場合に CheckBox 行われます。 この場合、Valueイベントのイベント ハンドラーServerValidateとクライアント側検証arguments関数に渡されるパラメーターのプロパティには、常に空の文字列 ("") が含まれます。 ただし、これらの検証関数は引き続き呼び出され、必要に応じて、サーバーとクライアントの両方で有効性を判断します。 検証する値にアクセスするには、検証する入力コントロールをプログラムで参照し、適切なプロパティから値を取得する必要があります。 たとえば、サーバー上のコントロールを CheckBox 検証するには、検証コントロールのプロパティを ControlToValidate 設定せず、イベントのハンドラーに次のコードを ServerValidate 使用します。

Sub ServerValidation (source As object, args As ServerValidateEventArgs)
    args.IsValid = (CheckBox1.Checked = True)
 End Sub
void ServerValidation (object source, ServerValidateEventArgs args)
 {
    args.IsValid = (CheckBox1.Checked == true);
 }

検証コントロールの詳細については、次を参照してください BaseValidator

ユーザー補助

アクセシビリティ標準に準拠するマークアップを生成するようにこのコントロールを構成する方法については、「Visual Studioおよび ASP.NET のアクセシビリティ」および「ASP.NET コントロールとアクセシビリティ」を参照してください。

コンストラクター

CustomValidator()

CustomValidator クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AccessKey

Web サーバー コントロールにすばやく移動できるアクセス キーを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
Adapter

コントロール用のブラウザー固有のアダプターを取得します。

(継承元 Control)
AppRelativeTemplateSourceDirectory

このコントロールが含まれている Page オブジェクトまたは UserControl オブジェクトのアプリケーション相対の仮想ディレクトリを取得または設定します。

(継承元 Control)
AssociatedControlID

このプロパティはサポートされていません。

(継承元 BaseValidator)
Attributes

コントロールのプロパティに対応しない任意の属性 (表示専用) のコレクションを取得します。

(継承元 WebControl)
BackColor

Web サーバー コントロールの背景色を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
BindingContainer

このコントロールのデータ バインディングを格納しているコントロールを取得します。

(継承元 Control)
BorderColor

Web コントロールの境界線の色を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
BorderStyle

Web サーバー コントロールの境界線スタイルを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
BorderWidth

Web サーバー コントロールの境界線の幅を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
ChildControlsCreated

サーバー コントロールの子コントロールが作成されたかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
ClientID

ASP.NET によって生成される HTML マークアップのコントロール ID を取得します。

(継承元 Control)
ClientIDMode

ClientID プロパティの値を生成するために使用されるアルゴリズムを取得または設定します。

(継承元 Control)
ClientIDSeparator

ClientID プロパティで使用される区切り記号を表す文字値を取得します。

(継承元 Control)
ClientValidationFunction

検証に使用するカスタム クライアント側スクリプト関数の名前を取得または設定します。

Context

現在の Web 要求に対するサーバー コントロールに関連付けられている HttpContext オブジェクトを取得します。

(継承元 Control)
Controls

UI 階層内の指定されたサーバー コントロールの子コントロールを表す ControlCollection オブジェクトを取得します。

(継承元 Control)
ControlStyle

Web サーバー コントロールのスタイルを取得します。 このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
ControlStyleCreated

Style オブジェクトが ControlStyle プロパティに対して作成されたかどうかを示す値を取得します。 このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
ControlToValidate

検証対象の入力コントロールを取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
CssClass

クライアントで Web サーバー コントロールによって表示されるカスケード スタイル シート (CSS: Cascading Style Sheet) クラスを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
DataItemContainer

名前付けコンテナーが IDataItemContainer を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
DataKeysContainer

名前付けコンテナーが IDataKeysControl を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
DesignMode

コントロールがデザイン サーフェイスで使用されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
Display

検証コントロールにエラー メッセージを表示するときの動作を取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
EnableClientScript

クライアント側での検証を有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
Enabled

検証コントロールを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
EnableTheming

テーマがこのコントロールに適用されるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
EnableViewState

要求元クライアントに対して、サーバー コントロールがそのビュー状態と、そこに含まれる任意の子のコントロールのビュー状態を保持するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
ErrorMessage

検証が失敗したときに ValidationSummary コントロールに表示されるエラー メッセージのテキストを取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
Events

コントロールのイベント ハンドラー デリゲートのリストを取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 Control)
Font

Web サーバー コントロールに関連付けられたフォント プロパティを取得します。

(継承元 WebControl)
ForeColor

検証が失敗したときに表示されるメッセージの色を取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
HasAttributes

コントロールに属性セットがあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 WebControl)
HasChildViewState

現在のサーバー コントロールの子コントロールが、保存されたビューステートの設定を持っているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
Height

Web サーバー コントロールの高さを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
ID

サーバー コントロールに割り当てられたプログラム ID を取得または設定します。

(継承元 Control)
IdSeparator

コントロール ID を区別するために使用する文字を取得します。

(継承元 Control)
IsChildControlStateCleared

このコントロールに含まれているコントロールに、コントロールの状態が設定されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
IsEnabled

コントロールが有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 WebControl)
IsTrackingViewState

サーバー コントロールがビューステートの変更を保存しているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
IsUnobtrusive

コントロールが控え目な JavaScript を生成するかどうかを示す値を取得します。

(継承元 BaseValidator)
IsValid

関連付けられている入力コントロールの検証が成功したかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
IsViewStateEnabled

このコントロールでビューステートが有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
LoadViewStateByID

コントロールがインデックスではなく ID によりビューステートの読み込みを行うかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
NamingContainer

同じ ID プロパティ値を持つ複数のサーバー コントロールを区別するための一意の名前空間を作成する、サーバー コントロールの名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
Page

サーバー コントロールを含んでいる Page インスタンスへの参照を取得します。

(継承元 Control)
Parent

ページ コントロールの階層構造における、サーバー コントロールの親コントロールへの参照を取得します。

(継承元 Control)
PropertiesValid

ControlToValidate プロパティで指定したコントロールが有効なコントロールかどうかを示す値を取得します。

(継承元 BaseValidator)
RenderingCompatibility

レンダリングされる HTML と互換性がある ASP.NET のバージョンを表す値を取得します。

(継承元 Control)
RenderUplevel

クライアントのブラウザーが "上位レベル" の表示機能をサポートしているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 BaseValidator)
SetFocusOnError

検証が失敗したときに ControlToValidate プロパティで指定されたコントロールにフォーカスが設定されるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
Site

デザイン サーフェイスに現在のコントロールを表示するときに、このコントロールをホストするコンテナーに関する情報を取得します。

(継承元 Control)
SkinID

コントロールに適用するスキンを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
Style

Web サーバー コントロールの外側のタグにスタイル属性として表示されるテキスト属性のコレクションを取得します。

(継承元 WebControl)
SupportsDisabledAttribute

コントロールの disabled プロパティが IsEnabled の場合、レンダリングされた HTML 要素の false 属性を "無効" に設定するかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Label)
TabIndex

Web サーバー コントロールのタブ インデックスを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
TagKey

Label コントロールを表示するために使用する HTML タグを取得します。

(継承元 Label)
TagName

コントロール タグの名前を取得します。 このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
TemplateControl

このコントロールを格納しているテンプレートへの参照を取得または設定します。

(継承元 Control)
TemplateSourceDirectory

現在のサーバー コントロールを格納している Page または UserControl の仮想ディレクトリを取得します。

(継承元 Control)
Text

検証が失敗したときに検証コントロール内に表示されるテキストを取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
ToolTip

マウス ポインターが Web サーバー コントロールの上を移動したときに表示されるテキストを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
UniqueID

階層構造で修飾されたサーバー コントロールの一意の ID を取得します。

(継承元 Control)
ValidateEmptyText

空のテキストを検証するかどうかを示すブール値を取得または設定します。

ValidateRequestMode

ブラウザーからのクライアント入力の安全性をコントロールで調べるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
ValidationGroup

この検証コントロールが属する検証グループの名前を取得または設定します。

(継承元 BaseValidator)
ViewState

同一のページに対する複数の要求にわたって、サーバー コントロールのビューステートを保存し、復元できるようにする状態情報のディクショナリを取得します。

(継承元 Control)
ViewStateIgnoresCase

StateBag オブジェクトが大文字小文字を区別しないかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
ViewStateMode

このコントロールのビューステート モードを取得または設定します。

(継承元 Control)
Visible

サーバー コントロールがページ上の UI としてレンダリングされているかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
Width

Web サーバー コントロールの幅を取得または設定します。

(継承元 WebControl)

メソッド

AddAttributesToRender(HtmlTextWriter)

CustomValidator コントロールのプロパティを、クライアントに表示する出力ストリームに追加します。

AddedControl(Control, Int32)

子コントロールが Control オブジェクトの Controls コレクションに追加された後に呼び出されます。

(継承元 Control)
AddParsedSubObject(Object)

要素が解析されたことをコントロールに通知し、その要素を Label コントロールに追加します。

(継承元 Label)
ApplyStyle(Style)

指定したスタイルの空白以外の要素を Web コントロールにコピーして、コントロールの既存のスタイル要素を上書きします。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
ApplyStyleSheetSkin(Page)

ページのスタイル シートに定義されたスタイル プロパティをコントロールに適用します。

(継承元 Control)
BeginRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを開始します。

(継承元 Control)
BuildProfileTree(String, Boolean)

ページのトレースが有効な場合、サーバー コントロールに関する情報を収集し、これを表示するために Trace プロパティに渡します。

(継承元 Control)
CheckControlValidationProperty(String, String)

指定されたコントロールがページにあるかどうか、および指定されたコントロールに検証プロパティが含まれているかどうかを検査します。

(継承元 BaseValidator)
ClearCachedClientID()

キャッシュされた ClientID 値を null に設定します。

(継承元 Control)
ClearChildControlState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールについて、コントロールの状態情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearChildState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報およびコントロールの状態情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearChildViewState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearEffectiveClientIDMode()

現在のコントロール インスタンスおよびすべての子コントロールの ClientIDMode プロパティを Inherit に設定します。

(継承元 Control)
ControlPropertiesValid()

コントロールのプロパティで値が有効かどうかを確認します。

CopyBaseAttributes(WebControl)

指定した Web サーバー コントロールから、Style オブジェクトでカプセル化されていないプロパティをこのメソッドの呼び出し元の Web サーバー コントロールにコピーします。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
CreateChildControls()

ASP.NET ページ フレームワークによって呼び出され、ポストバックまたはレンダリングの準備として、合成ベースの実装を使うサーバー コントロールに対し、それらのコントロールに含まれる子コントロールを作成するように通知します。

(継承元 Control)
CreateControlCollection()

サーバー コントロールの子コントロール (リテラルとサーバーの両方) を保持する新しい ControlCollection オブジェクトを作成します。

(継承元 Control)
CreateControlStyle()

WebControl クラスで、すべてのスタイル関連プロパティを実装するために内部的に使用されるスタイル オブジェクトを作成します。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
DataBind()

呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。

(継承元 Control)
DataBind(Boolean)

DataBinding イベントを発生させるオプションを指定して、呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。

(継承元 Control)
DataBindChildren()

データ ソースをサーバー コントロールの子コントロールにバインドします。

(継承元 Control)
DetermineRenderUplevel()

検証コントロールでクライアント側の検証を実行できるかどうかを判断します。

(継承元 BaseValidator)
Dispose()

サーバー コントロールが、メモリから解放される前に最終的なクリーンアップを実行できるようにします。

(継承元 Control)
EndRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを終了します。

(継承元 Control)
EnsureChildControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。 含まれていない場合、子コントロールを作成します。

(継承元 Control)
EnsureID()

ID が割り当てられていないコントロールの ID を作成します。

(継承元 Control)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
EvaluateIsValid()

EvaluateIsValid() メソッドをオーバーライドします。

FindControl(String)

指定した id パラメーターを使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。

(継承元 Control)
FindControl(String, Int32)

指定した id および検索に役立つ pathOffset パラメーターに指定された整数を使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。 この形式の FindControl メソッドはオーバーライドしないでください。

(継承元 Control)
Focus()

コントロールに入力フォーカスを設定します。

(継承元 Control)
GetControlRenderID(String)

指定したコントロールのクライアント ID を取得します。

(継承元 BaseValidator)
GetControlValidationValue(String)

指定した入力コントロールに関連付けられている値を取得します。

(継承元 BaseValidator)
GetDesignModeState()

コントロールのデザイン時データを取得します。

(継承元 Control)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetRouteUrl(Object)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, Object)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUniqueIDRelativeTo(Control)

指定されたコントロールの UniqueID プロパティのプレフィックス部分を返します。

(継承元 Control)
HasControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。

(継承元 Control)
HasEvents()

コントロールまたは子コントロールに対してイベントが登録されているかどうかを示す値を返します。

(継承元 Control)
IsLiteralContent()

サーバー コントロールがリテラルな内容だけを保持しているかどうかを決定します。

(継承元 Control)
LoadControlState(Object)

SaveControlState() メソッドによって保存された前回のページ要求からコントロールの状態情報を復元します。

(継承元 Control)
LoadViewState(Object)

以前に保存したコントロールの状態を読み込みます。

(継承元 Label)
MapPathSecure(String)

仮想パス (絶対パスまたは相対パス) の割り当て先の物理パスを取得します。

(継承元 Control)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MergeStyle(Style)

指定したスタイルの空白以外の要素を Web コントロールにコピーしますが、コントロールの既存のスタイル要素は上書きしません。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
OnBubbleEvent(Object, EventArgs)

サーバー コントロールのイベントをページの UI サーバー コントロールの階層構造に渡すかどうかを決定します。

(継承元 Control)
OnDataBinding(EventArgs)

DataBinding イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnInit(EventArgs)

Init イベントを発生させます。

(継承元 BaseValidator)
OnLoad(EventArgs)

Load イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnPreRender(EventArgs)

PreRender イベントを発生させます。

(継承元 BaseValidator)
OnServerValidate(String)

CustomValidator コントロールの ServerValidate イベントを発生させます。

OnUnload(EventArgs)

Unload イベントを発生させます。

(継承元 BaseValidator)
OpenFile(String)

ファイルの読み込みで使用される Stream を取得します。

(継承元 Control)
RaiseBubbleEvent(Object, EventArgs)

イベントのソースおよびその情報をコントロールの親に割り当てます。

(継承元 Control)
RegisterValidatorCommonScript()

クライアント側での検証用のコードをページに登録します。

(継承元 BaseValidator)
RegisterValidatorDeclaration()

配列名 Page_Validators を使用して、ECMAScript 配列宣言を登録します。

(継承元 BaseValidator)
RemovedControl(Control)

Control オブジェクトの Controls コレクションから子コントロールが削除された後に呼び出されます。

(継承元 Control)
Render(HtmlTextWriter)

クライアントに コントロールを表示します。

(継承元 BaseValidator)
RenderBeginTag(HtmlTextWriter)

コントロールの HTML 開始タグを指定したライターに表示します。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
RenderChildren(HtmlTextWriter)

提供された HtmlTextWriter オブジェクトに対してサーバー コントロールの子のコンテンツを出力すると、クライアントで表示されるコンテンツが記述されます。

(継承元 Control)
RenderContents(HtmlTextWriter)

Label の内容を指定したライターに表示します。

(継承元 Label)
RenderControl(HtmlTextWriter)

指定の HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力し、トレースが有効である場合はコントロールに関するトレース情報を保存します。

(継承元 Control)
RenderControl(HtmlTextWriter, ControlAdapter)

指定した ControlAdapter オブジェクトを使用して、指定した HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力します。

(継承元 Control)
RenderEndTag(HtmlTextWriter)

コントロールの HTML 終了タグを指定したライターに表示します。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
ResolveAdapter()

指定したコントロールを表示するコントロール アダプターを取得します。

(継承元 Control)
ResolveClientUrl(String)

ブラウザーで使用できる URL を取得します。

(継承元 Control)
ResolveUrl(String)

要求側クライアントで使用できる URL に変換します。

(継承元 Control)
SaveControlState()

ページがサーバーにポスト バックされた時間以降に発生したすべてのサーバー コントロール状態の変化を保存します。

(継承元 Control)
SaveViewState()

TrackViewState() メソッドが呼び出された後に変更された状態を保存します。

(継承元 WebControl)
SetDesignModeState(IDictionary)

コントロールのデザイン時データを設定します。

(継承元 Control)
SetRenderMethodDelegate(RenderMethod)

サーバー コントロールとその内容を親コントロールに表示するイベント ハンドラー デリゲートを割り当てます。

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object)

トレース データ キーとトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object, Object)

トレースされたオブジェクト、トレース データ キー、およびトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。

(継承元 Control)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TrackViewState()

コントロールでそのビュー ステートの変化を追跡して、その変化をオブジェクトの ViewState プロパティに保存できるようにします。

(継承元 WebControl)
Validate()

関連付けられている入力コントロールの検証を実行し、IsValid プロパティを更新します。

(継承元 BaseValidator)

イベント

DataBinding

サーバー コントロールがデータ ソースに連結すると発生します。

(継承元 Control)
Disposed

サーバー コントロールがメモリから解放されると発生します。これは、ASP.NET ページが要求されている場合のサーバー コントロールの有効期間における最終段階です。

(継承元 Control)
Init

サーバー コントロールが初期化されると発生します。これは、サーバー コントロールの有効期間における最初の手順です。

(継承元 Control)
Load

サーバー コントロールが Page オブジェクトに読み込まれると発生します。

(継承元 Control)
PreRender

Control オブジェクトの読み込み後、表示を開始する前に発生します。

(継承元 Control)
ServerValidate

サーバーで検証が実行されると発生します。

Unload

サーバー コントロールがメモリからアンロードされると発生します。

(継承元 Control)

明示的なインターフェイスの実装

IAttributeAccessor.GetAttribute(String)

指定された名前の Web コントロールの属性を取得します。

(継承元 WebControl)
IAttributeAccessor.SetAttribute(String, String)

Web コントロールの属性を指定された名前と値に設定します。

(継承元 WebControl)
IControlBuilderAccessor.ControlBuilder

このメンバーの詳細については、「ControlBuilder」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.GetDesignModeState()

このメンバーの詳細については、「GetDesignModeState()」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetDesignModeState(IDictionary)

このメンバーの詳細については、「SetDesignModeState(IDictionary)」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetOwnerControl(Control)

このメンバーの詳細については、「SetOwnerControl(Control)」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.UserData

このメンバーの詳細については、「UserData」をご覧ください。

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.DataBindings

このメンバーの詳細については、「DataBindings」をご覧ください。

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.HasDataBindings

このメンバーの詳細については、「HasDataBindings」をご覧ください。

(継承元 Control)
IExpressionsAccessor.Expressions

このメンバーの詳細については、「Expressions」をご覧ください。

(継承元 Control)
IExpressionsAccessor.HasExpressions

このメンバーの詳細については、「HasExpressions」をご覧ください。

(継承元 Control)
IParserAccessor.AddParsedSubObject(Object)

このメンバーの詳細については、「AddParsedSubObject(Object)」をご覧ください。

(継承元 Control)

拡張メソッド

FindDataSourceControl(Control)

指定されたコントロールのデータ コントロールに関連付けられているデータ ソースを返します。

FindFieldTemplate(Control, String)

指定されたコントロールの名前付けコンテナー内にある、指定された列のフィールド テンプレートを返します。

FindMetaTable(Control)

格納しているデータ コントロールのメタテーブル オブジェクトを返します。

適用対象

こちらもご覧ください