dotnet コマンドdotnet command

このトピックの対象: ✓ .NET Core SDK 1.x .NET Core SDK 2.xThis topic applies to: ✓ .NET Core SDK 1.x .NET Core SDK 2.x

nameName

dotnet - .NET のソース コードとバイナリを管理するためのツール。dotnet - A tool for managing .NET source code and binaries.

構文Synopsis

dotnet [command] [arguments] [--additional-deps] [--additionalprobingpath] [-d|--diagnostics] [--fx-version]
    [-h|--help] [--info] [--list-runtimes] [--list-sdks] [--roll-forward-on-no-candidate-fx] [-v|--verbosity] [--version]

説明Description

dotnet は .NET のソース コードとバイナリを管理するためのツールです。dotnet is a tool for managing .NET source code and binaries. dotnet builddotnet run のような特定のタスクを実行するコマンドを公開します。It exposes commands that perform specific tasks, such as dotnet build and dotnet run. 各コマンドによって、それ自体の引数が定義されます。Each command defines its own arguments. 各コマンドの後ろに --help と入力すると、短いヘルプ ドキュメントにアクセスできます。Type --help after each command to access brief help documentation.

dotnet は、dotnet myapp.dll など、アプリケーション DLL を指定することで、アプリケーションを実行するために使用できます。dotnet can be used to run applications, by specifying an application DLL, such as dotnet myapp.dll. 展開オプションについては、「.NET Core アプリケーションの展開」を参照してください。See .NET Core application deployment for to learn about deployment options.

オプションOptions

--additional-deps <PATH>

追加の deps.json ファイルへのパスです。Path to additional deps.json file.

--additionalprobingpath <PATH>

プローブ ポリシーとプローブするアセンブリを含むパスです。Path containing probing policy and assemblies to probe.

-d|--diagnostics

診断出力を有効にします。Enables diagnostic output.

--fx-version <VERSION>

アプリケーションを実行するために使用する .NET Core ランタイムのバージョン。Version of the .NET Core runtime to use to run the application.

-h|--help

dotnet build --help など、特定のコマンドのドキュメントを出力します。Prints out documentation for a given command, such as dotnet build --help. dotnet --help では、使用できるコマンドの一覧が出力されます。dotnet --help prints a list of available commands.

--info

現在のオペレーティング システムや .NET Core バージョンのコミット SHA など、.NET Core インストールとコンピューター環境に関する詳細を出力します。Prints out detailed information about a .NET Core installation and the machine environment, such as the current operating system, and commit SHA of the .NET Core version.

--list-runtimes

インストールされている .NET Core ランタイムを表示します。Displays the installed .NET Core runtimes.

--list-sdks

インストールされている .NET Core SDK を表示します。Displays the installed .NET Core SDKs.

--roll-forward-on-no-candidate-fx

0 に設定されている場合、マイナー バージョンのロールフォワードを無効にします。Disables minor version roll forward, if set to 0. 詳細については、「Roll forward」(ロールフォワード) を参照してください。For more information, see Roll forward.

-v|--verbosity <LEVEL>

コマンドの詳細レベルを設定します。Sets the verbosity level of the command. 指定できる値は、q[uiet]m[inimal]n[ormal]d[etailed]、および diag[nostic] です。Allowed values are q[uiet], m[inimal], n[ormal], d[etailed], and diag[nostic]. 一部のコマンドではサポートされていません。このオプションが使用可能かどうかを判断するには、対象のコマンドのページを参照してください。Not supported in every command; see specific command page to determine if this option is available.

--version

使用中の .NET Core SDK のバージョンを印刷します。Prints out the version of the .NET Core SDK in use.

dotnet コマンドdotnet commands

全般General

コマンドCommand 関数Function
dotnet builddotnet build .NET Core アプリケーションをビルドします。Builds a .NET Core application.
dotnet build-serverdotnet build-server ビルドによって起動されたサーバーとやり取りします。Interacts with servers started by a build.
dotnet cleandotnet clean クリーン ビルド出力です。Clean build outputs.
dotnet helpdotnet help コマンドのより詳細なドキュメントをオンラインで表示します。Shows more detailed documentation online for the command.
dotnet migratedotnet migrate 有効な Preview 2 プロジェクトを .NET Core SDK 1.0 プロジェクトに移行します。Migrates a valid Preview 2 project to a .NET Core SDK 1.0 project.
dotnet msbuilddotnet msbuild MSBuild コマンド ラインへのアクセスを提供します。Provides access to the MSBuild command line.
dotnet newdotnet new 指定されたテンプレートの C# または F# プロジェクトを初期化します。Initializes a C# or F# project for a given template.
dotnet packdotnet pack コードの NuGet パッケージを作成します。Creates a NuGet package of your code.
dotnet publishdotnet publish .NET Framework に依存するアプリケーションまたは自己完結型アプリケーションを発行します。Publishes a .NET framework-dependent or self-contained application.
dotnet restoredotnet restore 指定されたアプリケーションの依存関係を復元します。Restores the dependencies for a given application.
dotnet rundotnet run ソースからアプリケーションを実行します。Runs the application from source.
dotnet slndotnet sln ソリューション ファイルのプロジェクトを追加、削除、一覧表示するオプション。Options to add, remove, and list projects in a solution file.
dotnet storedotnet store ランタイム パッケージ ストアにアセンブリを格納します。Stores assemblies in the runtime package store.
dotnet testdotnet test テスト ランナーを使用してテストを実行します。Runs tests using a test runner.

プロジェクト参照Project references

コマンドCommand 関数Function
dotnet add referencedotnet add reference プロジェクト参照を追加します。Adds a project reference.
dotnet list referencedotnet list reference プロジェクト参照をリストします。Lists project references.
dotnet remove referencedotnet remove reference プロジェクト参照を削除します。Removes a project reference.

NuGet パッケージNuGet packages

コマンドCommand 関数Function
dotnet add packagedotnet add package NuGet パッケージを追加します。Adds a NuGet package.
dotnet remove packagedotnet remove package NuGet パッケージを削除します。Removes a NuGet package.

NuGet コマンドNuGet commands

コマンドCommand 関数Function
dotnet nuget deletedotnet nuget delete サーバーからパッケージを削除または一覧から削除します。Deletes or unlists a package from the server.
dotnet nuget localsdotnet nuget locals HTTP 要求キャッシュ、一時的なキャッシュ、コンピューター全体のグローバル パッケージ フォルダーなどのローカルの NuGet リソースをクリアまたは一覧表示します。Clears or lists local NuGet resources such as http-request cache, temporary cache, or machine-wide global packages folder.
dotnet nuget pushdotnet nuget push パッケージをサーバーにプッシュして発行します。Pushes a package to the server and publishes it.

グローバル ツール コマンドGlobal Tools commands

.NET Core グローバル ツールは .NET Core SDK 2.1.300 以降で使用できます。.NET Core Global Tools are available starting with .NET Core SDK 2.1.300:

コマンドCommand 関数Function
dotnet tool installdotnet tool install グローバル ツールをマシンにインストールします。Installs a Global Tool on your machine.
dotnet tool listdotnet tool list マシン上の既定のディレクトリまたは指定したパスに現在インストールされているすべてのグローバル ツールを一覧表示します。Lists all Global Tools currently installed in the default directory on your machine or in the specified path.
dotnet tool uninstalldotnet tool uninstall グローバル ツールをマシンからアンインストールします。Uninstalls a Global Tool from your machine.
dotnet tool updatedotnet tool update マシン上のグローバル ツールを更新します。Updates a Global Tool on your machine.

その他のツールAdditional tools

.NET Core SDK 2.1.300 以降では、DotnetCliToolReference を使用してプロジェクト単位でのみ入手可能であった複数のツールを .NET Core SDK の一部として入手できるようになりました。Starting with .NET Core SDK 2.1.300, a number of tools that were available only on a per project basis using DotnetCliToolReference are now available as part of the .NET Core SDK. これらのツールを次の表に示します。These tools are listed in the following table:

ツールTool 関数Function
dev-certsdev-certs 開発証明書を作成および管理します。Creates and manages development certificates.
efef Entity Framework Core コマンドライン ツールです。Entity Framework Core command-line tools.
sql-cachesql-cache SQL Server キャッシュ コマンドライン ツールです。SQL Server cache command-line tools.
user-secretsuser-secrets 開発ユーザーのシークレットを管理します。Manages development user secrets.
watchwatch ファイルが変化するとコマンドを実行するファイル ウォッチャーを起動します。Starts a file watcher that runs a command when files change.

各ツールの詳細については、dotnet <tool-name> --help と入力してください。For more information about each tool, type dotnet <tool-name> --help.

使用例Examples

新しい .NET Core コンソール アプリケーションを作成します。Creates a new .NET Core console application:

dotnet new console

指定されたアプリケーションの依存関係を復元します。Restore dependencies for a given application:

dotnet restore

注意

.NET Core 2.0 SDK 以降、dotnet restore を実行する必要がなくなりました。dotnet newdotnet builddotnet run のような、復元を必要とするあらゆるコマンドによって暗黙的に実行されるためです。Starting with .NET Core 2.0 SDK, you don't have to run dotnet restore because it's run implicitly by all commands that require a restore to occur, such as dotnet new, dotnet build and dotnet run. Azure DevOps Services の継続的インテグレーション ビルドなど、明示的な復元が合理的となる一部のシナリオや、復元の時刻を明示的に制御する必要があるビルド システムでは、引き続き有効なコマンドとなります。It's still a valid command in certain scenarios where doing an explicit restore makes sense, such as continuous integration builds in Azure DevOps Services or in build systems that need to explicitly control the time at which the restore occurs.

指定されたディレクトリにプロジェクトとその依存関係をビルドします。Build a project and its dependencies in a given directory:

dotnet build

myapp.dll など、アプリケーション DLL を実行します。Run an application DLL, such as myapp.dll:

dotnet myapp.dll

環境変数Environment variables

DOTNET_PACKAGES

プライマリ パッケージのキャッシュです。The primary package cache. 設定されていない場合は、既定で $HOME/.nuget/packages (Unix の場合) または %HOME%\NuGet\Packages (Windows の場合) になります。If not set, it defaults to $HOME/.nuget/packages on Unix or %HOME%\NuGet\Packages on Windows.

DOTNET_SERVICING

ランタイムの読み込み時に共有ホストで使用するサービス インデックスの場所を指定します。Specifies the location of the servicing index to use by the shared host when loading the runtime.

DOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT

.NET Core ツールの使用に関するデータを収集し、Microsoft に送信するかどうかを指定します。Specifies whether data about the .NET Core tools usage is collected and sent to Microsoft. true に設定するとテレメトリ機能が無効になります (指定できる値は true1、または yes です)。Set to true to opt-out of the telemetry feature (values true, 1, or yes accepted). それ以外の場合は false に設定します。この場合、テレメトリ機能が有効になります (指定できる値は false0、または no です)。Otherwise, set to false to opt into the telemetry features (values false, 0, or no accepted). 設定されていない場合、既定で false になり、テレメトリ機能はアクティブになります。If not set, the default is false and the telemetry feature is active.

DOTNET_MULTILEVEL_LOOKUP

.NET Core ランタイム、共有フレームワーク、または SDK がグローバルな場所から解決されるかどうかを指定します。Specifies whether .NET Core runtime, shared framework, or SDK are resolved from the global location. 設定されていない場合は、既定で true になります。If not set, it defaults to true. false に設定すると、グローバルな場所から解決されず、.NET Core インストールが分離されます (値 0 または false が受け入れられます)。Set to false to not resolve from the global location and have isolated .NET Core installations (values 0 or false are accepted). 複数レベルのルックアップの詳細については、「Multi-level SharedFX Lookup」 (複数レベルの SharedFX ルックアップ) を参照してください。For more information about multi-level lookup, see Multi-level SharedFX Lookup.

DOTNET_ROLL_FORWARD_ON_NO_CANDIDATE_FX

0 に設定されている場合、マイナー バージョンのロールフォワードを無効にします。Disables minor version roll forward, if set to 0. 詳細については、「Roll forward」(ロールフォワード) を参照してください。For more information, see Roll forward.