HoloLens 2 のリリース ノートHoloLens 2 release notes

Windows ホログラフィック、バージョン2004Windows Holographic, version 2004

ビルド-19041.1103Build - 19041.1103

HoloLens 2、 Windows ホログラフィック、バージョン 2004について、2020年5月のメジャーソフトウェア更新プログラムが発表されることを期待しています。We are excited to announce our May 2020 major software update for HoloLens 2, Windows Holographic, version 2004. このリリースには、Windows 自動操縦のサポート、アプリダークモード、5G/LTE ホットスポットの USB イーサネットサポートなど、魅力的な新機能のホストが含まれています。This release includes a host of exciting new capabilities, such as support for Windows Autopilot, app dark mode, USB Ethernet support for 5G/LTE hotspots, and much more. 最新リリースに更新するには、 設定アプリを開き、[ 更新 & セキュリティ] に移動して、[ 更新プログラムのチェック   ] ボタンを選択します。To update to the latest release, open the Settings app, go to Update & Security, then select the Check for Updates button.

機能Feature 説明Description
Windows AutopilotWindows Autopilot Windows 自動操縦を使用して、新しいデバイスを事前に構成して、シームレスにセットアップするPre-configure and seamlessly set up new devices for production, with Windows AutoPilot
FIDO 2 のサポートFIDO 2 support 共有デバイスの高速でセキュリティ保護された認証を可能にする FIDO2 セキュリティキーのサポートSupport for FIDO2 Security Keys to enable fast and secure authentication for shared devices
プロビジョニングの改善Improved provisioning USB ドライブから HoloLens へのプロビジョニングパッケージのシームレスな適用Seamlessly apply a provisioning package from a USB drive to your HoloLens
アプリケーションのインストールの状態Application install status アプリのインストール状態を確認すると、設定アプリの MDM 経由で HoloLens 2 にプッシュされました。Check install status for apps have been pushed to HoloLens 2 via MDM, in the Settings app
構成サービスプロバイダー (Csp)Configuration Service Providers (CSPs) 新しい構成サービスプロバイダー (Csp) が管理者コントロール機能を強化しました。Added new Configuration Service Providers (CSPs) enhancing admin control capabilities.
USB 5G/LTE のサポートUSB 5G/LTE support 拡張 USB Ethernet 機能により、5G/LTE ドングルのサポートが可能になりますExpanded USB Ethernet capability enables support for 5G/LTE dongles
濃色アプリモードDark App Mode ダークモードとライトモードの両方をサポートするアプリのための濃色アプリモード。表示エクスペリエンスを向上させるDark App Mode for apps that support both dark and light modes, improving the viewing experience
音声コマンドVoice Commands HoloLens を制御するためのシステム音声コマンドの追加がサポートされています。Support for additional system voice commands to control HoloLens, hands-free
手動トラッキングの改善Hand Tracking improvements 手作業でのトラッキングによるボタンと2D スレートの相互作用の精度を向上させるHand Tracking improvements make buttons and 2D slate interactions more accurate
品質の改善と修正Quality improvements and fixes プラットフォーム全体でのさまざまなシステムのパフォーマンスと信頼性の向上Various system performance and reliability improvements across the platform

注意

HoloLens エミュレーターのリリースノートは、ここで見つけることができます。HoloLens Emulator Release Notes can be found here.

Windows 自動操縦のサポートSupport for Windows Autopilot

HoloLens 2 用の Windows 自動操縦機能を使うと、デバイス販売チャネルで HoloLens を Intune テナントに事前登録できます。Windows Autopilot for HoloLens 2 lets the device sales channel pre-enroll HoloLens into your Intune tenant. デバイスが到着すると、テナントの下で共有デバイスとして自己展開する準備が整います。When devices arrive, they’re ready to self-deploy as shared devices under your tenant. 自動展開機能を利用するには、USB-C とイーサネットドングルのいずれかを使用するか、USB-C から LTE ドングルを使用して、セットアップの最初の画面でネットワークに接続する必要があります。To take advantage of self-deployment, devices will need to connect to a network during the first screen in setup using either a USB-C to ethernet dongle or USB-C to LTE dongle.

ユーザーが Autopilot の自己展開プロセスを開始すると、プロセスは次の手順を完了します。When a user starts the Autopilot self-deploying process, the process completes the following steps:

  1. デバイスを Azure Active Directory (Azure AD) に参加させます。Join the device to Azure Active Directory (Azure AD).
  2. Azure AD を使用して、Microsoft Intune (または別の MDM サービス) にデバイスを登録します。Use Azure AD to enroll the device in Microsoft Intune (or another MDM service).
  3. デバイスを対象としたポリシー、証明書、およびネットワーク プロファイルをダウンロードします。Download the device-targeted policies, certificates, and networking profiles.
  4. デバイスをプロビジョニングします。Provision the device.
  5. ユーザーにサインイン画面を提示します。Present the sign-in screen to the user.

詳細については、「 Windows 自動操縦の HoloLens 2 の評価ガイド」を参照してください。Learn more from the Windows Autopilot for HoloLens 2 evaluation guide.

今すぐ自動操縦プレビューに参加するには、アカウントマネージャーに連絡してください。Contact your Account Manager to join the AutoPilot preview now. 自動操縦対応デバイスはまもなく出荷を開始します。Autopilot-ready devices will begin shipping soon.

FIDO2 セキュリティキーのサポートFIDO2 Security Key support

多くのユーザーが、職場または学校の環境で多くの人と HoloLens デバイスを共有しています。Many of you share a HoloLens device with lots of people in a work or school environment. デバイスが教室の学生間で共有されているか、またはデバイスのロッカーからチェックアウトされているかにかかわらず、長いユーザー名とパスワードを入力しなくても、ユーザーをすばやく簡単に変更できるようにすることが重要です。Whether devices are shared between students in a classroom or they're checked out from a device locker, it's important to be able to change users quickly and easily without typing long usernames and passwords.

FIDO を使用すると、組織内のすべてのユーザーに対して、ユーザー名またはパスワードを入力せずに HoloLens にサインインすることができます。FIDO lets anyone in your organization (AAD tenant) seamlessly sign into HoloLens without entering a username or password.

FIDO2 のセキュリティキーは、任意のフォームファクターで使用できる unphishable 標準ベースの passwordless メソッドです。FIDO2 security keys are an unphishable standards-based passwordless authentication method that can come in any form factor. Fast Identity Online (FIDO) は、passwordless 認証のオープン標準です。Fast Identity Online (FIDO) is an open standard for passwordless authentication. FIDO を使うと、ユーザーや組織は、標準を活用して、外部セキュリティキーまたはデバイスに組み込まれているプラットフォームキーを使用して、ユーザー名またはパスワードを使わずにリソースにサインインすることができます。FIDO allows users and organizations to leverage the standard to sign-in to their resources without a username or password using an external security key or a platform key built into a device.

はじめに、パスワードレス セキュリティのドキュメントを参照してください。Read the passwordless security docs to get started.

プロビジョニングパッケージによる MDM 登録の改善Improved MDM enrollment via provisioning package

プロビジョニング パッケージを使用すると、HoloLens の購入時のエクスペリエンスではなく、構成ファイルを使用して HoloLens の構成を設定できます。Provisioning packages let you set HoloLens configuration through a config file rather than going through the HoloLens out of box experience. 以前はプロビジョニング パッケージを HoloLens の内部メモリにコピーする必要がありましたが、パッケージを USB ドライブ上にコピーできるようになりました。そのため、パッケージを複数の HoloLens で容易に再利用でき、より多くのユーザーが並行して HoloLens をプロビジョニングできます。Previously, provisioning packages had to be copied onto HoloLens' internal memory, now they can be on a USB drive so they're easier to re-use on multiple HoloLens and so more people can provision HoloLens in parallel. さらに、プロビジョニングパッケージでは、デバイス管理に登録する新しいフィールドがサポートされているため、プロビジョニング後に手動で設定する必要はありません。In addition, provisioning packages support a new field to enroll in device management so there is no manual set up post-provisioning.

  1. 試用するには、Windows ストアから PC に Windows 構成デザイナーの最新バージョンをダウンロードします。To try it out, download the latest version of the Windows Configuration Designer from the Windows store onto your PC.
  2. [HoloLens デバイスのプロビジョニング] > [選択] [HoloLens 2 デバイスのプロビジョニング] を選択します。Select Provision HoloLens Devices > Select Provision HoloLens 2 devices
  3. 構成プロファイルを作成します。完了したら、作成したファイルをすべて USB-C ストレージ デバイスにコピーします。Build your configuration profile and, when you're done, copy all files created to a USB-C storage device.
  4. デバイスを新しくフラッシュした HoloLens に差し込み、[音量を下げる] と電源を押してプロビジョニング パッケージを適用します。Plug it into any freshly flashed HoloLens and press Volume down + Power to apply your provisioning package.

基幹業務アプリケーションのインストール状態Line of Business application install status

MDM アプリの展開および基幹業務 (LOB) アプリの管理は、お客様にとって非常に重要です。MDM app deployment and management for Line of Business (LOB) apps is critical for our customers. 管理者とユーザーは、監査および診断目的で、アプリのインストール状態を表示できる必要があります。Admins and users need to be able to view app install status, for auditing and diagnosis purposes. このリリースでは、「設定」 > 「アカウント」「職場または学校にアクセスする > > アカウント > 情報」をクリックして、詳細を追加しています。In this release we are adding more details in Settings > Accounts > Access work or school > Click on your account > Info.

その他の Csp とポリシーAdditional CSPs and Policies

構成サービスプロバイダー (CSP)は、デバイスの構成設定の読み取り、設定、変更、または削除を行うためのインターフェイスです。A configuration service provider (CSP) is an interface to read, set, modify, or delete configuration settings on a device. このリリースでは、より多くのポリシーのサポートを追加しています。これにより、管理者は、HoloLens デバイスの展開を超えています。In this release, we are adding support for more policies, increasing the control administrators have over deployed HoloLens devices. HoloLens でサポートされている Csp の一覧については、このリンクをご覧ください。For the list of CSPs supported by HoloLens, visit this link. 今回のリリースの新バージョン:New in this release:

Policy CSPPolicy CSP

ポリシー構成サービスプロバイダーによって、企業は Windows デバイスでポリシーを構成できます。The Policy configuration service provider enables the enterprise to configure policies on Windows devices. このリリースでは、次のように、HoloLens 用の新しいポリシーを追加しています。In this release, we are adding new policies for HoloLens, listed below. サポートされているポリシーの詳細については、こちらを参照してください。You can learn more about supported policies here.

  • LetAppsAccessCamera_ForceAllowTheseAppsLetAppsAccessCamera_ForceAllowTheseApps
  • LetAppsAccessCamera_ForceDenyTheseAppsLetAppsAccessCamera_ForceDenyTheseApps
  • LetAppsAccessCamera_UserInControlOfTheseAppsLetAppsAccessCamera_UserInControlOfTheseApps
  • LetAppsAccessGazeInputLetAppsAccessGazeInput
  • LetAppsAccessGazeInput_ForceAllowTheseAppsLetAppsAccessGazeInput_ForceAllowTheseApps
  • LetAppsAccessGazeInput_ForceDenyTheseAppsLetAppsAccessGazeInput_ForceDenyTheseApps
  • LetAppsAccessGazeInput_UserInControlOfTheseAppsLetAppsAccessGazeInput_UserInControlOfTheseApps
  • LetAppsAccessMicrophone_ForceAllowTheseAppsLetAppsAccessMicrophone_ForceAllowTheseApps
  • LetAppsAccessMicrophone_ForceDenyTheseAppsLetAppsAccessMicrophone_ForceDenyTheseApps
  • LetAppsAccessMicrophone_UserInControlOfTheseAppsLetAppsAccessMicrophone_UserInControlOfTheseApps
  • AllowWiFiAllowWiFi

NETWORKQOSPOLICY CSPNetworkQoSPolicy 構成サービスプロバイダーは、ネットワーク品質サービス (QoS) ポリシーを作成します。NetworkQoSPolicy CSP The NetworkQoSPolicy configuration service provider creates network Quality of Service (QoS) policies. QoS ポリシーは、一連の照合条件に基づいて、ネットワーク トラフィックに一連のアクションを実行します。A QoS policy performs a set of actions on network traffic based on a set of matching conditions. このポリシーの詳細については、こちらを参照してください。You can learn more about this policy here.

5G/LTE tethered デバイスの拡張 USB イーサネットサポートExpanded USB Ethernet support for 5G/LTE tethered devices

USB 経由で HoloLens 2 に tethered している場合は、5G/LTE 携帯電話、WiFi ホットポットなどの特定のモバイルブロードバンドデバイスを有効にするためのサポートが追加されました。Support has been added to enable certain mobile broadband devices, such as 5G/LTE phones and WiFi hotpots when tethered to the HoloLens 2 via USB. これらのデバイスは、別のイーサネット接続として [ネットワーク設定] に表示されます。These devices will be displayed in network settings as another ethernet connection. 外部ドライバーが必要なモバイルブロードバンドデバイスはサポートされていません。Mobile broadband devices that require an external driver are not supported. これにより、WiFi が利用できず、WiFi テザリングが十分な性能を備えていない場合でも高帯域幅接続が有効になります。This enables high bandwidth connections in scenarios where WiFi is not available, and WiFi tethering isn’t performant enough. サポートされている USB デバイスの詳細については、こちらを参照してください。You can learn more about supported USB devices here.

手動トラッキングの改善Hand Tracking Improvements

このリリースでは、手動でのトラッキングによっていくつかの改善が行われました。Hand tracking has received several improvements in this release.

  • ポイントの安定性: これでシステムは、palm によって見えなくなるされたときのインデックス指の曲げを抵抗します。Pointing pose stability: The system will now resist bending the index finger when it becomes occluded by the palm. これにより、ボタンを押したり、入力したり、コンテンツをスクロールしたりするときの精度が向上します。This improves accuracy when pushing buttons, typing, scrolling content, and more!
  • 偶発的な放送のタップを減らしました。エアタップジェスチャの検出機能が改善されました。Reduced accidental AirTaps: We’ve improved detection of the AirTap gesture. これで、いくつかの一般的なケースで偶発的なライセンス認証が少なくなりました。たとえば、自分の側に手を加えた場合です。Now there are fewer accidental activations in several common cases, such as dropping your hands to your side.
  • ユーザーの切り替えの信頼性: システムは、デバイスを逆に共有するときの手のサイズの更新で、より高速で信頼性が向上しています。User switch reliability: The system is now faster and more reliable at updating the hand size when sharing a device back and forth.
  • 手を盗む: センサーの表示に2つ以上の針がある場合の処理が改善されました。Reduced hand stealing: We’ve improved handling of cases where there are more than 2 hands in view of the sensors. 複数のユーザーが近接して作業している場合、追跡した針がユーザーからシーン内の他の人の手に移る可能性が非常に低くなります。If multiple people are working close together, there is now a much lower chance that the tracked hand will jump from the user to the hand of someone else in the scene.
  • システムの信頼性: デバイスが高負荷の場合は、一定期間、手動トラッキングが停止する問題が修正されました。System reliability: Fixed an issue that would cause hand tracking to stop working for a period if the device is under high load.

濃色モードDark mode

多くの Windows アプリで、ダークモードとライトモードの両方がサポートされるようになりました。また、HoloLens 2 のユーザーは両方をサポートするアプリに既定のモードを選ぶことができます。Many Windows apps now support both dark and light modes, and HoloLens 2 customers can choose the default mode for apps that support both. 更新すると、既定のアプリ モードは "ダーク" になりますが、簡単に変更できます。Once updated, the default app mode will be "dark," but can be changed easily. [設定] > [システム] > [色] の順に移動し、[既定のアプリ モードを選択します] を見つけてください。Navigate to Settings > System > Colors to find "Choose your default app mode." 次に、ダークモードをサポートする in box アプリをいくつか示します。Here are some of the in-box apps that support Dark mode:

  • 設定Settings
  • Microsoft StoreMicrosoft Store
  • メールMail
  • カレンダーCalendar
  • エクスプローラーFile Explorer
  • フィードバック HubFeedback Hub
  • OneDriveOneDrive
  • フォトPhotos
  • 3D ビューアー3D Viewer
  • 映画 & テレビMovies & TV

ダークモードのウィンドウ (並べて表示)

システム音声コマンドSystem voice commands

デバイス上のアプリを使っているときに、音声でコマンドにすばやくアクセスして使用できるようになりました。You can now quickly access and use commands with your voice while using any app on the device. システムを別の言語で実行している場合は、その言語で適切なコマンドを試行してください。If you're running your system with a different language, please try the appropriate commands in that language. コマンドの詳細と使用方法については、こちらのドキュメントを参照してください。For more details on the commands and how to use them, see our documentation here.

Cortana の更新Cortana updates

更新されたアプリは Microsoft 365 と統合され、複数デバイスでもっと多くのことを行えるようになりました (現在のところ英語 (米国) のみをサポート)。The updated app integrates with Microsoft 365, currently in English (United States) only, to help you get more done across your devices. HoloLens 2 では、Cortana は、上で説明した新しいシステム音声コマンドでサポートされるように、ボリュームの調整やデバイスの再起動などの特定のデバイス固有のコマンドをサポートしなくなりました。On HoloLens 2, Cortana will no longer support certain device-specific commands like adjusting the volume or restarting the device, which are now supported with the new system voice commands mentioned above. 新しい Cortana アプリとその使用方法については、ここにあるブログ記事を参照してください。Learn more about the new Cortana app and its direction on our blog here.

品質の改善と修正Quality improvements and fixes

以下の更新プログラムも含まれています。Improvements and Fixes also in the update:

  • この更新プログラムにより、アクティブなディスプレイ調整システムが導入されます。The update introduces an active display calibration system. これにより、ホログラムの安定性と配置が向上します。これにより、ヘッドのサイド間を移動するときにそのままにすることができます。This improves the stability and alignment of holograms, which helps them stay in place when moving your head side-to-side.
  • HoloLens への Wi-fi ストリーミングが定期的に中断されるバグを修正しました。Fixed a bug where Wi-Fi streaming to HoloLens gets disrupted periodically. アプリケーションで待機時間の短いストリーミングが必要であることが示されている場合は、この機能を呼び出すことによってこの修正を行うことができます。If an application indicates that it needs low latency streaming this fix is can be accomplished by calling this function.
  • リサーチモードでのストリーミング中にデバイスがハングする問題が修正されました。Fixed an issue where the device could hang during streaming in research mode.
  • バグの修正: セッションの再開時に、適切なユーザーがサインイン画面に表示されない場合がありました。Fixed bug where in some cases the right user would not be displayed on sign-in screen when resuming session.
  • ユーザーが設定を使用して MDM ログをエクスポートできない問題が修正されました。Fixed an issue where users could not export MDM logs through settings.
  • 事前に設定されていない状態での視線追跡の精度が仕様よりも低くなる問題を修正しました。Fixed an issue where the accuracy of eye tracking immediately following out-of-box-setup could be lower than specification.
  • 特定の条件の下で、目のトラッキングサブシステムによる調整が失敗したり、調整が実行されたりする問題が修正されました。Fixed an issue where eye tracking subsystem would fail to initialize and/or perform calibration under certain conditions.
  • 既にキャリブレーションされているユーザーに目の調整が求められる問題を修正しました。Fixed an issue where eye calibration would be prompted for an already calibrated user.
  • 目の調整中にドライバーがクラッシュする問題が修正されました。Fixed an issue where a driver would crash during eye calibration.
  • 電源ボタンを繰り返し押すと、60の2番目のシステムのタイムアウトとシェルのクラッシュの原因となる問題が修正されました。Fixed an issue where repeated power button presses can cause a 60 second system time-out and shell crash.
  • 深度バッファーの安定性が向上しました。Improved stability for depth buffers.
  • フィードバック Hub に「共有」ボタンが追加され、ユーザーがフィードバックを簡単に共有できるようになりました。Added ‘Share’ button in Feedback Hub so users can more easily share feedback.
  • RoboRaid が正しくインストールされないというバグを修正しました。Fixed a bug where RoboRaid did not install correctly.

既知の問題Known issues

  • ここでは、zh-cn&platform システム言語を使用した問題を調査しています。混合現実のキャプチャを実行したり、デバイスの IP アドレスを機能させたりするための音声コマンドを防ぐことができます。We are investigating an issue surrounding the use of the zh-CN system language that prevents the voice commands for taking a mixed reality capture or displaying the device IP address from working.
  • "コルタナ" という音声のライセンス認証を使用するためにデバイスを起動した後に Cortana アプリを起動する必要がある問題を調査しています。また、18362ビルドから更新した場合は、以前のバージョンの Cortana アプリ用の2つ目のアプリタイルが動作しなくなります。We're investigating an issue that requires you to launch the Cortana app after booting the device in order to use the "Hey Cortana" voice activation, and if you updated from a 18362 build, you may see a second app tile for the previous version of the Cortana app in Start that no longer works.

Windows ホログラフィック、バージョン1903、2020年5月の更新プログラムWindows Holographic, version 1903 - May 2020 Update

  • ビルド18362.1061Build 18362.1061

この毎月の品質更新プログラムには、Windows ホログラフィックで利用できるようになったため、バージョン2004の最新の更新プログラムが提供されるようになりました。This monthly quality update does not contain any changes of note because the team has been focused on providing you with the highest quality Feature Update now available in the Windows Holographic, version 2004 May Update detailed above. この機会を利用して、最新の機能更新プログラムに移動して、さらに魅力的な新しい変更内容を入手してください。Please take this opportunity to move to the latest feature update to get a ton of exciting new changes.

Windows ホログラフィック、バージョン 1903 (2020 年4月の更新プログラム)Windows Holographic, version 1903 - April 2020 Update

  • ビルド18362.1059Build 18362.1059

ダークモード (サポートされているアプリ)Dark mode for supported apps

多くの Windows アプリでは、ダークモードと簡易モードの両方がサポートされています。また、将来の HoloLens 2 のお客様は、両方の配色パターンをサポートするアプリに既定のモードを選択できます。Many Windows apps support both dark and light modes, and soon HoloLens 2 customers can choose the default mode for apps that support both color schemes! Overwhelmingly のお客様からのフィードバックに基づき、この更新プログラムを使用すると、既定のアプリモードは "dark" に設定されますが、いつでもこの設定を簡単に変更することができます。Based on overwhelmingly positive customer feedback, with this update we are setting the default app mode to "dark," but you can easily change this setting at any time. [設定 > システム > 色] に移動して、「既定のアプリモードを選択します。」を検索します。Navigate to Settings > System > Colors to find "Choose your default app mode."

次に、ダークモードをサポートする in box アプリをいくつか示します。Here are some of the in-box apps that support dark mode:

  • 設定Settings
  • Microsoft StoreMicrosoft Store
  • メールMail
  • カレンダーCalendar
  • エクスプローラーFile Explorer
  • フィードバック HubFeedback Hub
  • OneDriveOneDrive
  • フォトPhotos
  • 3D ビューアー3D Viewer
  • 映画 & テレビMovies & TV

以下の更新プログラムも含まれています。Improvements and fixes also in the update:

  • Mixed reality キャプチャにシェルオーバーレイが含まれていることを確認します。Ensure shell overlays are included in mixed reality captures.
  • 実際に廃止された開発者は、デバイスポータルの3D ビューページを使用して、アプリケーションのテストとデバッグを行うことができるようになりました。Unreal developers are now able to use the 3D View page in Device Portal to test and debug their applications.
  • HolographicDepthReprojectionMethod Dep、プロジェクションアルゴリズムが使用されているときに、mixed reality キャプチャでのホログラムの安定性を向上させます。Improve hologram stability in mixed reality capture when the HolographicDepthReprojectionMethod DepthReprojection algorithm is used.
  • 固定された WinRT IStreamSocketListener API クラスは、32ビット ARM アプリでは登録エラーになりません。Fixed WinRT IStreamSocketListener API Class Not Registered error on 32-bit ARM app.

Windows ホログラフィック、バージョン 1903 (2020 年3月の更新プログラム)Windows Holographic, version 1903 - March 2020 Update

  • ビルド18362.1056Build 18362.1056

更新プログラムの改善と修正:Improvements and fixes in the update:

  • HolographicDepthReprojectionMethod AutoPlanar アルゴリズムが使用されているときに、mixed reality キャプチャでのホログラムの安定性を向上させます。Improve hologram stability in mixed reality capture when the HolographicDepthReprojectionMethod AutoPlanar algorithm is used.
  • 深度 MF サンプルにアタッチされている座標系が、パブリックドキュメントと一貫性があることを確認します。Ensures the coordinate system attached to a depth MF sample is consistent with public documentation.
  • デバイスポータルを使用して大量のテキストを貼り付けることにより、開発者の生産性を向上させることができます。Developers productivity improvement by enabling customers to paste large amount of text through device portal.

Windows ホログラフィック、バージョン 1903 (2020 年2月の更新プログラム)Windows Holographic, version 1903 - February 2020 Update

  • ビルド18362.1053Build 18362.1053

更新プログラムの改善と修正:Improvements and fixes in the update:

  • Unity アプリケーションの HolographicSpace プレゼンス API を一時的に無効にして、バックグラウンドで実行される設定が有効になっている場合でも、バイザーが反転するときに一部のアプリが停止する問題を回避します。Temporarily disabled the HolographicSpace.UserPresence API for Unity applications to avoid an issue which causes some apps to pause when the visor is flipped up, even if the setting to run in the background is enabled.
  • 手動トラッキングによってランダムな HUP クラッシュが修正されました。ユーザーは、数秒後に UI のフリーズをシェルに戻すことになります。Fixed a random HUP crash cased by hand tracking, in which user will notice an UI freeze then back to shell after several seconds.
  • 弊社では、インデックス finger を使用しているときに、指の上の部分が予期せずになる可能性があることを確認しています。We made an improvement in hand tracking so that while poking using index finger, the upper part of that finger will be less likely to curl unexpectedly.
  • ヘッドトラッキング、空間マッピング、その他のランタイムの信頼性が向上しました。Improved reliability of head tracking, spatial mapping, and other runtimes.

Windows ホログラフィック、バージョン 1903 (2020 年1月更新プログラム)Windows Holographic, version 1903 - January 2020 Update

  • ビルド18362.1043Build 18362.1043

更新プログラムの改善:Improvement in the update:

  • HoloLens 2 エミュレーターで作業する場合の排他的なアプリの安定性が向上しました。Stability improvements for exclusive apps when working with the HoloLens 2 emulator.

Windows ホログラフィック、バージョン 1903-2019 年12月の更新プログラムWindows Holographic, version 1903 - December 2019 Update

  • ビルド18362.1042Build 18362.1042

更新プログラムの改善と修正:Improvements and fixes in the update:

  • LSR (最終段階の再現) の修正について説明します。Introduces LSR (Last Stage Reproduction) fixes. より正確に表示されるように、ホログラムのビジュアルレンダリングをより安定して鮮明に表示します。Improves visual rendering of holograms to appear more stable and crisp by more accurately accounting for their depth. これは、この更新後にアプリがホログラムの深度を正しく設定していない場合に顕著になります。This will be more noticeable if apps do not set the depth of holograms correctly, after this update.
  • 排他的なアプリの安定性と排他的なアプリ間のナビゲーションを修正します。Fixes stability of exclusive apps and navigation between exclusive apps.
  • デバイスを複数日間スタンバイ状態にした後に、Mixed Reality キャプチャがビデオを録画できない問題を解決します。Resolves an issue where Mixed Reality Capture couldn't record video after device is left in standby state for multiple days.
  • ホログラムの安定性を向上させます。Improves hologram stability.

Windows ホログラフィック、バージョン 1903 (2019 年11月の更新プログラム)Windows Holographic, version 1903 - November 2019 Update

  • ビルド18362.1039Build 18362.1039

更新プログラムの改善と修正:Improvements and fixes in the update:

  • En CA と en-us の最初のセットアップ中の "選択" 音声コマンドに関する修正プログラム。Fixes for "Select" voice commands during initial set-up for en-CA and en-AU.
  • 最新の Unity と MRTK バージョンに遠く離れて配置されたオブジェクトのビジュアル品質が向上しました。Improvements in visual quality of objects placed far away in latest Unity and MRTK versions.
  • ピンパネルが起動して再び閉じられるまで、ホログラフィックアプリケーションが起動時に一時停止状態になっている問題の解決方法を示します。Fixes addressing issues with holographic applications being stuck in a paused state on launch until the pins panel is brought up and dismissed again.
  • OpenXR ランタイム準拠の修正と、HoloLens 2 とエミュレーターの改善OpenXR runtime conformance fixes and improvements for HoloLens 2 and the emulator.