HoloLens 2 のリリース ノート

HoloLens デバイスで生産性の高いエクスペリエンスを確保するために、引き続き機能、バグ修正、およびセキュリティ更新プログラムをリリースします。 このページでは、HoloLens の毎月の新機能を確認できます。 最新の HoloLens 2 更新プログラムを入手するには、更新プログラムを確認して手動で更新するか、Full Flash Update (FFU) を入手して Advanced Recovery Companion を介してデバイスをフラッシュします。 ダウンロードは最新の状態に保たれ、一般公開されている最新のビルドを提供します。

注意

最近の Windows 11 の発表は、Windows の PC バージョンに重点を置いていました。 マイクロソフトでは、2021 年 10 月に HoloLens 2 に主要 OS のアップデートを開始したばかりであり、お客様からのフィードバックに基づいて今後のリリースに取り組んでいます。

HoloLensリリースについて

HoloLens 2は、時間の経過と同時に多くの更新が行われています。 機能リリースが同じコード ベースにある場合や、前に進む場合があります。 これは、ビルドのメジャー バージョン番号で確認できます。 更新プログラムは、"2004" や "20H2" などの同じコード ベースを共有する場合、同じメジャー バージョン番号 (19041) も共有します。 次の機能リリースでは、コード ベースを更新し、新しいメジャー ビルド番号は 20346 であるため、次の機能リリース "21H1" のバージョンがあります。

注意

遅延ポリシーを使用する場合、メジャー ビルド番号の変更のみが機能更新と見なされます。

Windows Holographic バージョン名は、リリースが利用可能になった時刻を示します。 現在の名前付け規則は年/半分です。 たとえば、バージョン 21H1 は 2021 年前半に利用可能になりました。 名前の "21" は年 (2021) を示し、"H1" はその年の前半を示します。 それ以前の名前付け規則は、年/月に基づいていました。

機能更新プログラムの間に、修正プログラムと機能強化、およびセキュリティ更新プログラムもリリースされます。 これらは常にマイナー更新であり、メジャー ビルド番号は変更されません。

わかりやすくするために、このリリース ノート ページでは、最新のリリース バージョンに関する情報のみが提供されます。 ダウン レベル バージョンの更新プログラム (または以前の主要な機能リリースを表示する) について知りたい場合は、次の表を参照してください。

メジャー リリース番号 機能のリリース名 Date ビルド番号
20348 Windows Holographic バージョン 22H1
Windows Holographic、バージョン 21H2
Windows Holographic、バージョン 21H1
2022 年 4 月
2021 年 10 月
2021 年 5 月
20348.1501
20348.1432
20346.1002
19041 Windows Holographic、バージョン 20H2
Windows Holographic バージョン 2004
2020 年 11 月
2020 年 5 月
19041.1128
19041.1103
18362 Windows Holographic バージョン 1903 2019 年 11 月 18362.1039

ヒント

機能を検索しても、このページで見つかりませんでしたか? 前の機能リリース ページからチェックアウトしてみてください。 上のリンクまたは目次を使用して、そこに移動できます。

Windows Holographic バージョン 22H1 - 2022 年 5 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1503

更新プログラムの改善と修正:

  • ApplicationManagement/AllowAllTrustedApps GPO が無効になっている場合HoloLensユーザーがMicrosoft Edgeを起動できないという既知の問題を修正しました。
  • 特にサイズが大きいログの場合、Microsoft Intuneを使用したリモート診断ログ収集の信頼性が向上しました。
  • IntuneからHoloLens 2のデバイス ワイプを開始すると、デバイスがワイプされた後、Intuneの本体のデバイスが削除されます。
  • AutoRestartRequiredNotificationDismissal ポリシーと ScheduleRestartWarning ポリシーを使用するときの信頼性が向上しました。

Windows Holographic バージョン 22H1

  • ビルド 20348.1501

Windows Holographic バージョン 22H1 が利用可能になり、ユーザーと IT プロフェッショナルHoloLens 2優れた新機能セットが提供されます。

皆さんの多くは、今年の1月と2月に一部の機能更新プログラムをリリースしました。 これらのいくつかは、最後のリリースの主要な項目の移動プラットフォーム モードの機能強化と管理容易性です。 HoloLens 2 の新しい優れた機能をすべてご確認ください。

この最新リリースは、バージョン 21H1 (および 21H2) の "月次更新プログラム" であり、これには新機能が含まれています。このため、メジャー ビルド番号は変わらず、Windows Updateバージョン 21H1 (ビルド 20348) の月次リリースが示されます。 22H1 を確実に受信するには、バージョン番号が 20348.1501 以降であることを確認してください。 設定 -System ->>About 画面でビルド番号を確認して、使用可能な最新のビルド 20348.1501 以降を確認できます。

最新リリースに更新するには、設定アプリを開き、[更新とセキュリティ] に移動して、[更新プログラムの確認] をタップします。 HoloLens の更新プログラムを管理する方法の詳細については、「HoloLens 更新プログラムの管理」を参照してください。

機能 説明 対象読者 次のビルドで使用可能
カラー ブラインド モード カラー ブラインド ユーザーの表示色を調整するフィルターを適用します。 エンド ユーザー 22H1
他のアプリを起動するためのシングル アプリ キオスク ポリシー セカンダリ アプリのアプリ起動を許可します。 IT 管理者 22H1
Power および Thermal SDK for Apps アプリが熱への影響を減らすために適応できるようにします。 開発者向け 22H1
プラットフォーム モードの設定の移動 プラットフォームの移動モードなどを設定で切り替える エンド ユーザー 2 月
プラットフォーム モード MDM ポリシーの移動 MDM を使用して新しい MPM 設定を構成する IT 管理者 2 月
プラットフォーム モード SDK の移動 アプリを使用して MPM を構成する 開発者向け 2 月
スタート ジェスチャの設定 [スタート] メニューを開く方法に関するカスタム制限。 エンド ユーザー 1 月

IT 管理者機能チェックリスト - 22H1

✔️ 1 つのアプリ キオスク (設定など) から別のアプリの起動を許可する場合は、他のアプリを 起動するための新しい単一アプリ キオスク ポリシーを確認してください。
✔️ 動的な移動がある場所でHoloLens デバイスを使用する場合は、これらの新しい移動プラットフォーム モード MDM ポリシーを設定することを検討してください。

カラー ブラインド モード

カラー ブラインド モードは、HoloLensのアクセシビリティを高めるのに役立つ機能です。 新しいカラー ブラインド モードは、設定 アプリの 設定 -Ease of Access ->>Color filters にあります。 いくつかの新しいフィルターを使用できます。 使用可能ないくつかのフィルターの表示例を次に示します。

オフ 灰色のスケール 第三色覚異常
Color filter off Color filter grey scale Color filter tritanopia

他のアプリを起動するためのシングル アプリ キオスク ポリシー

新しい MDM ポリシー MixedReality\AllowLaunchUriInSingleAppKiosk が導入されました。 これを有効にすると、他のアプリを 1 つのアプリ キオスクで起動できます。これは、デバイスの調整や Wi-Fi の変更のために設定 アプリを起動する場合などに便利です。

既定では、起動ツール API (起動ツール クラス (Windows) を使用してアプリケーションを起動します。システム) - Windows UWP アプリケーション) は、シングル アプリ キオスク モードで無効になっています。 アプリケーションが HoloLens デバイスで単一アプリ キオスク モードで起動できるようにするには、ポリシー値を true に設定します。

新しいポリシーの OMA-URI: ./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/MixedReality/AllowLaunchUriInSingleAppKiosk

  • Bool 値

Power および Thermal SDK for Apps

HoloLens 2 が暖かい環境で実行されている場合、または高パフォーマンス要件 (CPU/GPU 使用率、周辺機器の使用状況など) で実行されている場合は、オーバーヒートを防ぐために自動的にアクションが実行されるほど熱くなることがあります。 アプリで高い周辺機器パフォーマンスが必要な場合は、 PowerThermalNotification Software Development Kit (SDK) を使用して通知イベントをサブスクライブし、独自のカスタム アクションを実装することを検討してください。

この新しい SDK を使用すると、アプリがシステムによって閉じられる可能性がある状況で、デバイスの動作が長くなる可能性があります。

修正と機能強化

  • 下方向を検出するときの移動プラットフォーム モードが改善されました。
  • 更新ダイアログに関する問題が修正されました。
  • 受信トレイの Microsoft Edge ブラウザーのバージョンが更新されました。
  • オプションの診断データを切り替えると、再起動後にテレメトリ設定ページで選択した設定が保持されませんでしたが、この問題が修正されました。
  • ローカル アカウントのランタイム プロビジョニングで適用されたときに MDM 登録が停止する問題を修正しました。
  • AAD グループ ベースのキオスク構成でエラーが発生した場合に、キオスク モードがグローバル キオスクにフォールバックしない (構成されている場合) 問題を修正しました。
  • 一部のカメラの使用シナリオでグラフィックス メモリがリークする問題を修正しました。
  • HoloLens受信トレイMicrosoft Edgeブラウザーバージョンを 98.0.1108.43 に更新しました。

Windows Holographic バージョン 21H2 - 2022 年 3 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1450

更新プログラムの改善と修正:

  • プロキシ ネットワーク上のバックグラウンド MDM 同期エラーを修正しました。

Windows Holographic バージョン 21H2 - 2022 年 2 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1447
機能 説明 対象読者
プラットフォーム モードの設定の移動 プラットフォームの移動モードなどを設定で切り替える ユーザーを終了する
プラットフォーム モード MDM ポリシーの移動 MDM を使用して新しい MPM 設定を構成する IT 管理者
プラットフォーム モード SDK の移動 アプリを使用して MPM を構成する 開発者向け

✔️ 動的な移動がある場所でHoloLens デバイスを使用する場合は、これらの新しい移動プラットフォーム モード MDM ポリシーを設定することを検討してください。

プラットフォーム モードの設定の移動

プラットフォーム モードの移動を構成および制御するために、設定 アプリに新しいページが追加されました。 プラットフォーム移動モードを有効にできるため、デバイス ポータルを使用する必要がなくなり、使いやすさとセキュリティが向上します。 ユーザーは、設定 アプリを開き、-System ->>ホログラム を選択し、下にスクロールして [移動プラットフォーム モード] セクションを表示し、[プラットフォームモードの移動のセットアップ] を選択することで、新しいページにアクセスできます。

How to reach the Moving Platform Mode page

この新しいページから、ユーザーはトグルを調整することで、プラットフォームの移動モードを手動で有効にすることができます。

たとえば、重力を下方向にしたくないような方法でデバイスを使用している場合、ユーザーは手動でダウン方向を設定することもできます。 これは、作業中の作業内容の下に横たわっている場合や、プラットフォームが重力に対して回転している場合に適切に機能します。 あなた自身のスペースに合わせてこれを自由に使用してください。 また、デバイスの使用が完了したときにダウン方向をクリアして、すべてが後で既定値に戻るようにすることもできます。

Moving Platform Mode page

プラットフォーム モード MDM ポリシーの移動

MixedReality/ConfigureMovingPlatform

このポリシーは、HoloLens 2でプラットフォーム機能を移動する動作を制御します。つまり、オフ/オンにするか、ユーザーが切り替えることができるかを制御します。 これは、ダイナミックな運動が少ない動く環境で HoloLens 2 を使用することを意図しているお客様だけが使用する必要があります。 背景情報については、「HoloLens 2プラットフォーム移動モード」を参照してください。

新しいポリシーの OMA-URI: ./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/MixedReality/ConfigureMovingPlatform

サポートされる値:

  • 0 (既定値) - ユーザーの基本設定を最後に設定します。 初期状態はオフであり、その後は、再起動してもユーザーの設定が保持され、システムの初期化に使われます。
  • 1 強制オフ - プラットフォームの移動は無効になっており、ユーザーが変更することはできません。
  • 2 強制オン - プラットフォームの移動が有効になっており、ユーザーが変更することはできません。

MixedReality/ManualDownDirectionDisabled

このポリシーは、ユーザーが手動で下方向を変更できるかどうかを制御します。 ユーザーが下方向を設定しない場合は、システムによって自動的に計算された下方向が使用されます。 このポリシーは ConfigureMovingPlatform ポリシーに依存せず、個別に設定できます。

新しいポリシーの OMA-URI: ./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/MixedReality/ManualDownDirectionDisabled

サポートされる値:

  • False (既定値) - ユーザーが必要に応じて下方向を手動で変更できます。それ以外の場合は、測定された重力ベクトルに基づいてダウン方向が自動的に決定されます。
  • True - ユーザーは手動で下方向を変更できません。下方向は、測定された重力ベクトルに基づいて常に自動的に決定されます。

プラットフォーム モード SDK の移動

移動プラットフォーム モードを使用するかどうかを状況に応じて決定したい場合や、自分のアプリまたは特定のアプリを使っているときだけに有効にすることが必要な場合があります。 このような場合は、SDK を使ってアプリから移動プラットフォーム モードを有効にすることができます。

2022 年 2 月の更新プログラムの機能強化と修正

  • 特定のシナリオでサイド ロードされたアプリのアンインストールを妨げる問題に対処しました。
  • Media Foundation Media Capture を使用しているときに、開発者が HEVC を使用して MediaEncodingProfile を作成できないエラーを修正しました。
  • アプリケーションがユーザーのビデオ フォルダーにアクセスできない問題を修正しました。

Windows Holographic バージョン 21H2 - 2022 年 1 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1442
機能 説明 対象読者
スタート ジェスチャの設定 [スタート] メニューを開く方法に関するカスタム制限。 エンド ユーザー

スタート ジェスチャの設定

作業中 (手術などで手を見るとき、およびリモート アシストなどのアプリを使用するとき) に [スタート] メニューがポップアップされないようにするために、チームはソリューションを実装しました。 もちろん、これは他のシナリオでも役に立ちます。

[スタート] メニューを開き、[設定] アプリ ->[システム] ->[Start gestures]\(スタート ジェスチャ\) を選択します。

Start menu settings in the Settings app

[Start gesture]\(スタート ジェスチャ\) のオプション:

  • [Allow tapping the Star icon on your wrist to open the Start menu]\(手首上の [スタート] アイコンをタップして [スタート] メニューを開くことができるようにする\) - 既定: オン
    • [Require the Start icon to be looked at when you tap it]\([スタート] アイコンをタップするとき、[スタート] アイコンを見る必要がある\) - 既定: オフ
    • [Require the Start icon to be pressed for 2 seconds]\([スタート] アイコンを 2 秒間押し続ける必要がある\) - 既定: オフ
  • [Allow pinching your thumb and index finger, while looking at the Start icon on your wrist, to open the Start menu]\(手首上の [スタート] アイコンを見ているときに、親指と人差し指でつまんで [スタート] メニューを開くことができるようにする\) - 既定: オン
  • [Allow voice commands to open the Start menu]\(音声コマンドで [スタート] メニューを開くことができるようにする\) - 既定: オン

音声を使用して [スタート] メニューを開いたり閉じたりするには、次のようにします。

  • [スタート] メニューを起動するには "Go to Start (スタートに移動)"
  • 閉じるには、それを見ているときに "Close (閉じる)"

2022 年 1 月の更新プログラムの機能強化と修正

  • 以前のフライトでデバイスが正しく起動できなくなる問題を修正します。
  • Internet Explorer 11 からアクセスすると、Windows Device Portal の [アプリの展開] パネルで問題が修正されました。

Windows Holographic バージョン 21H2 - 2021 年 12 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1440

更新プログラムの改善と修正:

  • キオスク モードを使用して一部のアプリでキーボードが表示されなくなる問題を修正しました。

Windows Holographic、バージョン 21H2 - 2021 年 11 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1438

更新プログラムの改善と修正:

  • バッテリの残りが 18% になるといつも突然デバイスが自動的にシャットダウンするという既知の問題を修正しました。
  • 45/135 度に向けられたマイクロ QR コードは、十分な頻度で検出されなかったり、まったく検出されないことがありました。 この問題は対応され、確実に検出されるようになりました。
  • [設定] ページの HoloLens リリース識別子 "バージョン" は、お使いのデバイスで実行されている OS のバージョンを識別するための一意の説明ではないため、削除しました。 お使いのビルドを確認するには、[設定] ->[システム] ->[バージョン情報] 画面で示されるビルド番号を使用する必要があります。

Windows Holographic、バージョン 21H2

  • ビルド 20348.1432

Windows Holographic、バージョン 21H2 が利用可能になりました。HoloLens 2 ユーザーと IT プロフェッショナルにすばらしい新機能のセットを提供します。 これは、トラブルシューティングとデバイス レポートの改善、キオスク モードと証明書ビューアーのいくつかの修正されたバグ、拡張された管理面の強化、更新プログラムの信頼性の向上に関するものです。 HoloLens に提供されるこの機能更新プログラムの新しい主力機能が、移動プラットフォーム モードです。 HoloLens 2 の新しい優れた機能をすべてご確認ください。

この最新リリースは、バージョン 21H1 の月単位の更新プログラムですが、今回は新機能が含まれています。そのため、メジャー ビルド番号は変わらず、Windows Update はバージョン 21H1 (ビルド 20348) の月単位のリリースを示します。 21H2 を受信したことを確認するには、バージョン番号が20348.1432 以降になってることを確認してください。 [設定] ->[システム] ->[バージョン情報] の画面で、お使いのビルド番号が利用可能な最新のビルド 20348.1432 以降になっていることを確認できます。

最新リリースに更新するには、設定アプリを開き、[更新とセキュリティ] に移動して、[更新プログラムの確認] をタップします。 HoloLens の更新プログラムを管理する方法の詳細については、「HoloLens 更新プログラムの管理」を参照してください。

機能 説明 ユーザーまたはシナリオ
移動プラットフォーム モード 移動プラットフォーム モードのベータ版が導入されました。これを構成すると、低ダイナミック モーションが発生する大型の海洋船舶で HoloLens 2 を使用できるようになります。 すべて
証明書マネージャーの PFX ファイルのサポート 設定 UI を使用した PFX 証明書の追加 エンド ユーザー
HoloLens の [設定] で詳細な診断レポートを表示する デバイスでの MDM 診断ログの表示 トラブルシューティング
オフライン診断の通知 ログ収集に関するオーディオビジュアル フィードバック トラブルシューティング
低ストレージでのログ収集の改善 ストレージが不足している場合のログ収集シナリオの改善。 トラブルシューティング
HoloLens の詳細を報告するための CSP の変更 データを照会するための新しい CSP IT 管理者
CSP によって制御される自動ログイン ポリシー アカウントを自動的にログインするために使用されます IT 管理者
更新の再起動の検出と通知の向上 更新プログラム用の新しい有効なポリシーと UX。 IT 管理者
アプリの更新のスマート再試行 IT 管理者がアプリの更新の再試行をスケジュール設定できるようにします。 IT 管理者
Microsoft Store にプライベート ストア アプリのみを使用する 組織のアプリのみを表示するようにストア アプリを構成します IT 管理者
WDAC と LOB のアプリを使用する IT 管理者が独自のアプリを使用し、引き続き WDAC を使用して他のアプリをブロックできるようにします。 IT 管理者
修正と機能強化 HoloLens の修正と機能強化。 すべて

IT 管理者機能チェックリスト - 21H2

✔️ 自動的にログインするように 1 つの Azure AD アカウントを設定する場合は、 この新しい CSP を構成します。
✔️ 更新に失敗した後に自動的に更新を試行するようにアプリを構成する場合は、 スマート再試行用にこの新しい CSP を設定します。
✔️ OS の更新をより詳細に制御する場合は、これらの新しく有効になった更新ポリシーを確認してください。
✔️ 組織のアプリを Microsoft Store 経由で会社のストアで利用できるようにする必要があるが、ストア全体ではなく組織のアプリへのアクセスのみを許可する場合は、このポリシーを設定します
✔️ HoloLens デバイスの空きストレージ領域、SSID、または BSSID を知りたい場合は、これらのレポート CSP を確認してください。
✔️ WDAC を使用してアプリやプロセスの起動をブロックしたいが、独自の基幹業務アプリも使用する必要がある場合、WDAC ポリシーで LOB を許可できるようになりました

移動プラットフォーム モード

Windows Holographic バージョン 21H2 において、HoloLens 2 上の低ダイナミック モーション移動プラットフォームでの追跡用にベータ サポートを追加しました。 ビルドをインストールしてプラットフォーム移動モードを有効にすると、大型船や大型船舶など、以前はアクセスできない環境でHoloLens 2を使用できるようになります。 現在、この機能は、これらの特定の移動プラットフォームを有効にすることのみを目的としています。 この機能を他の環境で使用してはいけないことはありませんが、この機能はそもそもこういった環境にサポートを追加することに重点を置いています。

サポートされている機能と、この新機能を有効にする方法の詳細については、移動プラットフォームに関するページを参照してください。

移動プラットフォーム モードを試すための概要

  1. 開発者モードとデバイス ポータルを有効にします
  2. デバイス ポータルを使用して移動プラットフォーム モードを有効にします
  3. デバイスを大規模な移動プラットフォームに持っていき、ホログラムがどれほど安定しているかを観察します。

証明書マネージャーの PFX ファイルのサポート

Windows Insider ビルド 20348.1405 で導入されました。 証明書マネージャーにサポートが追加され、.pfx 証明書を使用できるようになりました。 ユーザーが [設定]>[更新とセキュリティ]>[証明書] に移動し、[証明書をインストールする] を選んだときに、UI で .pfx 証明書ファイルがサポートされるようになりました。 ユーザーは、秘密キーを使用して .pfx 証明書をユーザー ストアまたはコンピューター ストアにインポートできます。

証明書マネージャーで PFX ファイルを試すための概要

  1. PFX ファイルを準備します。
  2. USB-C ケーブルを使用して、ファイルをデバイスにコピーします。
  3. 設定アプリを開き、証明書マネージャーに移動して証明書を適用します。

HoloLens の [設定] で詳細な診断レポートを表示する

動作のトラブルシューティング時にマネージド デバイスの場合、予期されるポリシー構成が適用されたことを確認することが重要な手順です。 この新機能が登場する前は、[設定] ->[アカウント]>[職場または学校へのアクセス] で、[Export your management logs]\(管理ログのエクスポート\) を選択して、収集した MDM 診断ログをエクスポートした後、MDM を介してデバイス外から、またはデバイスの近くでこれを行い、近くの PC で表示する必要がありました。

現在は、Edge ブラウザーを使用してデバイスで MDM 診断を表示できるようになりました。 MDM 診断レポートをより簡単に表示するには、[職場または学校にアクセスする] ページに移動し、[View advanced diagnostic report]\(詳細な診断レポートの表示\) を選択します。 これにより、レポートが生成され、新しい Edge ウィンドウで開きます。

View advanced diagnostic report in Settings app.

詳細な診断レポートを試すための概要

  1. [設定] アプリを開きます。
  2. [アカウント] ページに移動し、新しいリンク [Export your management logs]\(管理ログのエクスポート\) をクリックします。
  3. お使いのバイスの構成に関する詳細情報を表示します。

オフライン診断の通知

これは、オフライン診断と呼ばれる既存の機能に対する更新です。 以前は、ユーザーが診断の収集をトリガーしたこと、またはその収集が完了したことをユーザーに明確に知らせる指標がありませんでした。 Windows Holographic バージョン 21H2 では、オフライン診断用に 2 つの形式のオートビジュアル フィードバックが追加されました。 1 つ目は、収集の開始時と完了時の両方に表示されるトースト通知です。 これらは、ユーザーがログインし、ビジュアルがあるときに表示されます。

Toast for collecting logs.

Toast when log collection is complete.

ユーザーは、多くの場合、ディスプレイにアクセスできない場合のログ収集メカニズムとしてオフライン診断を使用するため、ログインできないか、OOBE に残っている場合は、ログの収集時にオーディオ キューも再生されます。 このサウンドは、トースト通知に加えて再生されます。

この新機能は、デバイスの更新時に有効になるため、有効にする必要や管理する必要はありません。 この新しいフィードバックを表示または聞くことができない場合でも、オフライン診断は引き続き生成されます。

私たちは、オーディオビジュアルフィードバックのこの新しい追加により、診断データを収集する方が簡単で、より迅速にあなたの問題をトラブルシューティングできることを願っています。

この情報は、後で診断ログ ページで表示できます。

診断通知を試すための概要

  1. デバイスのロックを解除して装着します。
  2. 電源音量を下げるボタンの組み合わせを押して、オフライン診断を収集します。
  3. デバイスが起動してログ収集が完了すると、トースト通知が表示され、オーディオ キューが聞こえます。

低ストレージでのログ収集の改善

診断ログの収集時にデバイスのディスク領域が不足している可能性がある状況では、StorageDiagnostics.zip という名前の追加のレポートが作成されます。 低ストレージのしきい値は、Windows ストレージ センサーによって自動的に決定されます。

この情報は、後で診断ログ ページで表示できます。

低ストレージの機能強化を試すための概要

  1. お使いのデバイスの記憶域スペースをいっぱいにします。
  2. 電源音量を下げるボタンの組み合わせを押して、オフライン診断を収集します。
  3. HoloLensの [ドキュメント] フォルダーに格納されているログのコレクションに新しいファイルがあることを確認します。

HoloLens の詳細を報告するための CSP の変更

次の CSP は、HoloLens デバイスからの情報を報告する新しい方法で更新されました。

DevDetail CSP - 空き記憶域

DevDetail CSP で、HoloLens デバイスの空き記憶領域も報告されるようになりました。 これは、設定アプリの [記憶域] ページに表示される値とほぼ一致しているはずです。 この情報を含む特定のノードを次に示します。

  • ./DevDetail/Ext/Microsoft/FreeStorage (GET 操作のみ)

DeviceStatus CSP - SSID および BSSID

DeviceStatus CSP で、HoloLens がアクティブに接続されている Wi-Fi ネットワークの SSID と BSSID も報告されるようになりました。 この情報を含む特定のノードを次に示します。

  • ./Vendor/MSFT/DeviceStatus/NetworkIdentifiers/Wi-Fi アダプターの MAC アドレス/SSID
  • ./Vendor/MSFT/DeviceStatus/NetworkIdentifiers/Wi-Fi アダプターの MAC アドレス/BSSID

NetworkIdentifiers を照会するための syncml BLOB (MDM ベンダー向け)

<SyncML>
<SyncBody>
	<Get>
        <CmdID>$CmdID$</CmdID>
        <Item>
            <Target>
            <LocURI>
                ./Vendor/MSFT/DeviceStatus/NetworkIdentifiers?list=StructData
			</LocURI>
            </Target>
        </Item>
    </Get>
    <Final/>
</SyncBody>
</SyncML>

CSP によって制御される自動ログイン ポリシー

この新しい AutoLogonUser ポリシーは、ユーザーが自動的にログオンするかどうかを制御します。 一部のお客様は、ID に関連付けられているものの、サインイン エクスペリエンスが不要なデバイスを設定する必要があります。 すぐにデバイスを手に取って、リモート アシストを使用することを想像してみてください。 または、HoloLens デバイスを迅速に配布し、エンド ユーザーがログインを迅速に行えるようにするという利点があります。

ポリシーが空以外の値に設定されている場合は、自動ログオン ユーザーのメール アドレスを指定します。 自動ログオンを有効にするには、指定されたユーザーがデバイスに少なくとも 1 回ログオンする必要があります。

新しいポリシー ./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/MixedReality/AutoLogonUser 文字列値の OMA-URI

  • 同じメール アドレスを持つユーザーは、自動ログオンが有効になります。

このポリシーが構成されているデバイスでは、ポリシーで指定されたユーザーが少なくとも 1 回ログオンする必要があります。 最初のログオン後にデバイスを再起動すると、指定したユーザーが自動的にログオンされます。 1 人の自動ログオン ユーザーのみがサポートされています。 有効にすると、自動的にログオンしたユーザーは手動でログアウトできなくなります。 別のユーザーとしてログオンするには、まずこのポリシーを無効にする必要があります。

Note

  • 主要な OS の更新などの一部のイベントでは、指定されたユーザーがデバイスにもう一度ログオンして、自動ログオンの動作を再開することが必要になる場合があります。
  • 自動ログオンは、MSA および AAD ユーザーに対してのみサポートされています。

自動ログオン CSP を試すための概要

  1. カスタム ポリシーを使用して、新しい CSP を目的のユーザーに構成します: ./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/MixedReality/AutoLogonUser
  2. プロビジョニング パッケージまたは MDM を使用して、CSP をデバイスに適用します。
  3. 指定されたアカウントにサインインします。
  4. デバイスを再起動し、ユーザーが自動的にログインしていることを確認します。

更新の再起動の検出と通知の向上

アクティブ時間ポリシーとインストール時間ポリシーの間で、使用中のデバイスHoloLens再起動を回避できます。 ただし、必要な更新プログラムのインストールを完了するために再起動が発生しない場合、更新プログラムの導入も遅れる可能性があります。 そこで、IT が期限と必要な再起動を強制でき、更新プログラムのインストールが適切なタイミングで完了するためのポリシーを追加しました。 ユーザーは再起動が開始される前に通知を受け取ることができ、IT ポリシーに従って再起動を遅らせることができます。

次の更新ポリシーが追加されました。

新しい更新通知を試すための概要

  1. プロビジョニング パッケージまたは MDM を使用して、新しい更新 CSP のいずれかを構成します (上記のリンクの一覧を参照し、1 つ選んでください)。
  2. スケジュールされた時間内にデバイスを使用します。
  3. 更新とデバイスの再起動の必要性についてユーザーに通知されることを確認します*。

* 結果は、使用する更新ポリシーによって異なる場合があります。

アプリの更新のスマート再試行

HoloLens で有効になった新しいポリシーにより、IT 管理者は、定期的または 1 回限りの日付を設定して、アプリが使用中であったために更新に失敗したアプリを再起動して、更新プログラムを適用することができます。 これらは、スケジュールされた時刻やサインインなど、いくつかの異なるトリガーに基づいて設定できます。 このポリシーの使用方法の詳細については、「ApplicationManagement/ScheduleForceRestartForUpdateFailures」を参照してください。

この情報は、後でビジネス向けのアプリ展開ストアのページで見つけることができます。

アプリの更新のスマート再試行を試すための概要

  1. 新しいスマート再試行機能を構成します。
  2. アプリをまだ受信しておらず、正しく構成されているデバイスで、オンライン環境にログインします。
  3. デバイスをオフにするか切断して、アプリをダウンロードできないようにします。
  4. トリガーされた時間内にデバイスの電源をオンにし、インターネットに接続し、ダウンロードを再試行します。

Microsoft Store にプライベート ストア アプリのみを使用する

RequirePrivateStoreOnly ポリシーが HoloLens に対して有効になっています。 このポリシーを使用すると、ビジネス向け Microsoft Store を使用して組織用に構成されたプライベート ストアのみを表示するように Microsoft Store アプリを構成することができます。 利用可能にしたアプリのみにアクセスを制限します。

ApplicationManagement/RequirePrivateStoreOnly の詳細を確認する

この情報は、後でビジネス向けのアプリ展開ストアのページで見つけることができます。

プライベート ストア アプリのみを試す方法の概要

  1. MDM を使用してお使いのデバイスに新しいポリシーを構成します。
  2. ポリシーが適用されているデバイスにログインします。
  3. Microsoft Store アプリを開き、組織のアプリしか表示されていないことを確認します。

WDAC と LOB のアプリを使用する

WDAC を使用して、アプリまたはプロセスの起動をブロックし、独自の基幹業務アプリを引き続き使用できるようになりました。 WDAC ポリシーでそれらを許可できるようになりました。 このポリシーを使用するには、WDAC ポリシーを作成するときに、PowerShell で追加のコード行を実行する必要があります。 手順については、こちらを参照してください。

WDAC を使用して他のアプリをブロックしながら独自のアプリを試す方法の概要

  1. お使いの LOB アプリとブロックするアプリの AUMID を収集します。
  2. 新しい手順に従って、新しい WDAC ポリシーを作成します。
  3. MDM を使用してお使いのデバイスにポリシーを展開します
  4. そのデバイスにサインインし、独自のアプリを起動して他のアプリをブロックできることを確認します。

修正と機能強化

開発者向け

エンタープライズ向け

  • HoloLens デバイスからのコンプライアンス プロパティの報告に関する問題に対処します。Insider ビルドで正しいレポートをトリガーするには、再起動が必要な場合があります。
  • 新しいフラッシュにインストールされている Remote Assist のインボックス バージョンを更新しました。
  • AAD グループベースのキオスク構成が使用されているシナリオで、最初のユーザー サインイン後に OOBE が終了される問題を修正しました。
  • デバイスの再起動を促す更新通知とダイアログの表示に関する問題を修正しました。
  • デバイスの再起動後に、Xbox コントローラーや他の Bluetooth LE 周辺機器を再度ペアリングして接続する必要がある問題を修正しました。
  • リモート アシスト通話中に送信ビデオが短時間フリーズする可能性があるビデオ エンコーダーの問題を修正しました。 Wi-Fi の "フラグメントとフォージ" の脆弱性に対処するための Wi-Fi ドライバーとファームウェアの変更。
  • Wi-Fi の "フラグメントとフォージ" の脆弱性に対処するための Wi-Fi ドライバーとファームウェアの変更。
  • 移動プラットフォーム モード (MPM) を使用している場合、短時間で重力を平均することで "ダウン" が推定されます。 この値を、移動プラットフォーム モードでの真の重力に置き換えます。
  • 3DoF モードの場合、または追跡が失われたときのホログラムの周期的なぐらつきを修正しました。
  • 以前のリリースからの 21H1/21H2 リリースの更新プログラムに影響を与える問題に対処します。

Windows Holographic、バージョン 21H1 - 2021 年 9 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1018

更新プログラムの改善と修正:

  • システム時刻が予期せずジャンプする可能性がある問題を解決するための修正。

Windows Holographic、バージョン 21H1 - 2021 年 8 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1014

更新プログラムの改善と修正:

  • コントローラーのサポートにより、イマーシブ アプリケーションで Xbox コントローラーが動作しない問題を修正しました。
  • デバイスの更新エラーの診断を改善しました。

Windows Holographic、バージョン 21H1 - 2021 年 7 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1010

更新プログラムの改善と修正:

  • デバイス ポータルで、エクスプローラーでロックされたファイルを開く際に問題が発生した場合に顧客に通知する方法が改善されています。
  • サポートされているすべてのブラウザーで https を使用する場合の、ファイルのアップロード、ダウンロード、名前変更、削除が修正されました。
  • [設定] > [ネットワークとインターネット] > [状態] > [プロパティ] で Wi-Fi プロパティ UI を起動すると、Wi-Fi プロキシを保存できない問題を修正しました。
  • OS 更新プログラム全体での eSIM 証明書の削除に関する問題に対処しました。 この修正により、21H1 リリースに更新するときに eSIM 証明書と関連コンポーネントが確実に削除されます。
  • OS のリセット全体でプレインストールされているアプリに影響する問題を修正しました。
  • バッテリーの充電パフォーマンスは、CPU 負荷を増やして充電するときにランタイムを増やすように調整されました。 HoloLens 2 デバイスの充電中に、デバイスが熱くなっていることが検出されると、内部バッテリーは充電速度を遅くして、熱を下げます。 肯定的なトレードオフは、温度の問題のためにデバイスがシャットダウンする可能性が低く、デバイスの実行時間が長くなるという影響があります。 デバイスが冷えた状態で実行されている場合、充電速度に影響はありません。

注意

Remote Assist ユーザーに影響を及ぼしていた 21H1 ビルドの既知の問題が解決されたため、Windows Holographic バージョン 21H1 更新プログラムの提供を一時的に停止しました。 また、既定の Advanced Recovery Companion (ARC) ビルドを Windows Holographic、バージョン 20H2 – 2021 年 6 月の更新プログラムに変更しました。 この ARC ビルドで 21H1 ビルドのターゲット設定が再開されます。

Windows Holographic、バージョン 21H1 – 2021 年 6 月の更新プログラム

  • ビルド 20348.1007

職場または学校向けの OneDrive のカメラ ロールのアップロード

HoloLens 2 設定アプリに新機能が追加されました。これにより、お客様は、デバイスの [ピクチャ] > カメラ ロール フォルダーから、対応する職場または学校向けの OneDrive フォルダーに Mixed Reality の写真とビデオを自動的にアップロードできます。 この機能は、HoloLens 2 の OneDrive アプリ内の機能のギャップに対処し、お客様の個人用の Microsoft アカウント (職場や学校のアカウントではない) へのカメラ ロールの自動アップロードのみをサポートします。

動作のしくみ

  • [設定] > [システム] > [Mixed Reality カメラ] にアクセスして、[カメラのアップロード] を有効にします。
  • この機能をオンの位置に設定すると、デバイスにキャプチャされた Mixed Reality の写真やビデオは、職場または学校のアカウントの OneDrive の [ピクチャ] > カメラ ロール フォルダーにアップロードするために自動的にキューに入れられます。

    Note

    この機能を有効にする前にキャプチャされた写真とビデオは、アップロードのキューに "入れられない"ため、手動でアップロードする必要があります。

  • [設定] ページのステータス メッセージには、アップロードが保留されているファイルの数が表示されます (または、保留中のすべてのファイルがアップロードされたら、"OneDrive は最新です" と表示されます)。
  • 帯域幅が気になる場合や、何らかの理由でアップロードを "一時停止" したい場合は、この機能をオフの位置に切り替えることができます。 この機能を一時的に無効にすると、カメラ Roll フォルダーに新しいファイルを追加するとアップロード キューが増え続けますが、機能を再度有効にするまでファイルはアップロードされません。
  • 最新のファイルが最初にアップロードされます (後入れ先出し)。
  • OneDrive アカウントに問題がある場合 (パスワードの変更後など)、[設定] ページに [Fix Now]\(今すぐ修正\) ボタンが表示されるようになります。
  • ファイルの最大サイズはありませんが、大きなファイルのアップロードには時間がかかります (特にアップロード帯域幅が制限されている場合)。 大きなファイルのアップロード中にアップロードを "一時停止" またはオフにすると、部分的なアップロードが保持されます。 アップロードが "一時停止" またはオフになってから数時間以内に再び有効になると、アップロードは中断されたところから続行されます。 ただし、アップロードが数時間後に再度有効になると、大きなファイルのアップロードは最初から再開されます。

既知の問題と注意点

  • この設定には、現在の帯域幅使用量に基づく調整は組み込まれていません。 別のシナリオで帯域幅を最大化する必要がある場合は、手動で設定をオフにします。 アップロードは一時停止されますが、この機能によりカメラ ロールに新しく追加されたファイルが引き続き監視されます。 続行する準備ができたら、アップロードを再び有効にします。
  • この機能は、デバイスの各ユーザー アカウントごとに有効にする必要があります。また、デバイスに現在サインインしているユーザーのファイルのみをアクティブにアップロードできます。
  • [設定] ページのアップロード数をリアルタイムで監視しながら写真やビデオを撮影している場合は、現在のファイルのアップロードが完了するまで、保留中のファイル数が変更されない可能性があることに注意してください。
  • デバイスがスリープ状態になるか、電源がオフになると、アップロードは一時停止します。 保留中のアップロードを確実に完了するには、[設定] ページに "OneDrive は最新の状態です" と表示されるまでデバイスをアクティブに使用するか、[電源とスリープ] 設定を調整します。

一部のテレメトリ ポリシーのサポートの追加

次のテレメトリ ポリシーが HoloLens 2 でサポートされるようになりました。

  • ConfigureTelemetryOptInSettingsUx
  • DisableDeviceDelete
  • AllowDeviceNameInDiagnosticData
  • FeedbackHubAlwaysSaveDiagnosticsLocally

System\AllowTelemetry と System\ConfigureTelemetryOptInSettingsUx の両方を一緒に使用して、設定アプリのテレメトリと動作を完全に制御する必要があります。

更新プログラムの改善と修正:

  • 色の調整を使用して、主要なビデオの破損を修正します。
  • 電源メニューでテキストが切り捨てられる場合がある問題に対処します。
  • RequirePrivateStoreOnly ポリシーのサポートを有効にします。

Windows Holographic、バージョン 21H1

  • ビルド 20346.1002

この更新プログラムには、2 つの対象ユーザー向けの機能 (デバイス上の誰でも、エンド ユーザーが使用できる機能および IT 管理者が構成できる新しいデバイス管理オプション) が含まれています。 次の表は、各対象ユーザーに関連する機能を示しています。 IT 管理者の場合は、 IT 管理者のチェックリストの更新をご覧ください。

重要

このビルドに更新するには、HoloLens 2 デバイスで現在、2021 年 2 月の更新プログラム (ビルド 19041.1136) 以降が実行されている必要があります。 この機能の更新プログラムが利用できない場合は、まずデバイスを更新してから、もう一度お試しください。

Note

現在、Microsoft HoloLens 2 では、次のリリースの毎月のサービス更新プログラム (バグとセキュリティの修正) がサポートされています。

  • Windows Holographic、バージョン 20H2 (ビルド 19041.1128 以降)
  • Windows Holographic、バージョン 2004 (ビルド 19041.1103 以降)
  • Windows Holographic、バージョン 1903 (ビルド 18362 以降)

Windows Holographic バージョン 21H1 の導入により、Windows Holographic バージョン 1903 の毎月のサービス更新プログラムを終了します。 これにより、より新しいリリースに集中し、有益な改善を引き続き提供できます。

機能名 簡単な説明 対象読者
新しい Microsoft Edge 新しい Chromium ベースの Microsoft Edge が HoloLens 2 で利用できるようになりました。 エンド ユーザー
WebXR および 360 ビューアー イマーシブ Web エクスペリエンスと 360 ビデオ再生をお試しください。 エンド ユーザー
新しい設定アプリ 従来の設定アプリは、新しい機能と設定で更新されたバージョンに置き換え中です。 エンド ユーザー
ディスプレイの色の調整 HoloLens 2 表示の代替カラー プロファイルを選択します。 エンド ユーザー
既定のアプリ ピッカー ファイルまたはリンクの種類ごとに起動するアプリを選びます。 エンド ユーザー
アプリごとのボリューム制御 システム ボリュームとは独立してアプリ レベルのボリュームを制御します。 エンド ユーザー
Web アプリのインストール 新しい Microsoft Edge ブラウザーを使用して、HoloLens 2 に Microsoft Office などの Web アプリをインストールします。 エンド ユーザー
スワイプして入力する ホログラフィック キーボードで指のヒントを使用して単語を "スワイプ" します。 エンド ユーザー
[スタート] の [電源] メニュー [スタート] メニューで、HoloLens デバイスを再起動してシャットダウンします。 エンド ユーザー
[サインイン] 画面に複数のユーザーが表示される [サインイン] 画面に複数のユーザー アカウントを表示します。 エンド ユーザー
USB-C 外部マイクのサポート アプリや Remote Assist には USB-C マイクを使用します。 エンド ユーザー
キオスクのビジターの自動ログオン ビジター アカウントの自動ログオンをキオスク モードで使用できるようにします。 IT 管理者
キオスク モードの新しいアプリの新しい AUMID 新しい設定アプリと Edge アプリ用の AUMID。 IT 管理者
キオスク モードのエラー処理の改善 キオスク モードでは、空のスタート メニューの前にグローバル割り当てアクセスが検索されます。 IT 管理者
ページ設定の可視性のための新しい設定 URI Settings/PageVisibilityList ポリシー用の 20 以上の新しい設定 URI。 IT 管理者
フォールバック診断の構成 設定アプリでのフォールバック診断動作の設定。 IT 管理者
近くのデバイスとの共有 HoloLens から PC にファイルや URL を共有します。 すべて
新しい OS 診断トレース OS の更新のための設定の新しいトラブルシューティング ツール。 IT 管理者
配信の最適化のプレビュー 複数の HoloLens デバイスからのダウンロードの帯域幅の消費を削減します。 IT 管理者

関連するリリース ノートを確認してください。

新しい Microsoft Edge について

Animation of legacy Microsoft Edge logo to new Microsoft Edge logo.

新しいMicrosoft Edge は、Chromiumオープンソース プロジェクトを採用して、顧客との互換性を向上し、Web 開発者向けの Web の断片化を減らします。

重要

この新しい Microsoft Edge は、新しいリリースではサポートされなくなったレガシの Microsoft Edge を自動的に置き換える機能です。

New Microsoft Edge screenshot.

新しい Microsoft Edge を起動する

新しい Microsoft Edge new Microsoft Edge icon.(青と緑のスワイル アイコンで表されます) は、スタート メニュー にピン留めされ、Web リンクをアクティブ化すると自動的に起動します。

注意

HoloLens 2 で新しい Microsoft Edge を初めて起動するとき、設定とデータはレガシの Microsoft Edgeからインポートされます。 新しい Microsoft Edge を起動した後も従来の Microsoft Edge を引き続き使用すると、新しいデータは従来の Microsoft Edge から新しい Microsoft Edge に同期されません。

新しい Microsoft Edge のポリシー設定を構成する

この新しいMicrosoft Edgeでは、IT 管理者に、従来の Microsoft Edge で以前に使用していたよりも、HoloLens 2 に対するはるかに広範なブラウザー ポリシーのセットを提供します。

新しい Microsoft Edge のポリシー設定の管理の詳細については、次のリソースを参照してください。

重要

新しい Microsoft Edge でサポートされているブラウザー ポリシーの量が多いので、チームは新しい各ポリシーが HoloLens 2 で動作することを保証できません。 ただし、以前に HoloLens 2 でサポートされている各レガシの Microsoft Edge ポリシーと同等の新しい Microsoft Edge をテストし期待どおりに機能することを確認しました。 HoloLens 2 で使用していた各レガシ Microsoft Edge ブラウザー ポリシーと同等の新しい Microsoft Edge を確認するには、「Microsoft Edge レガシと Microsoft Edge ポリシーのマッピング」を参照してください。

次の 2 つ以上の当社が把握している新しい Microsoft Edge ポリシーは、HoloLens 2 では機能しません

  • EnterpriseModeSiteList
  • EnterpriseSiteListServiceURL

HoloLens 2 で新しい Microsoft Edge から期待するもの

新しい Microsoft Edge は、新しい UWP アダプター レイヤーを備え、HoloLens 2 のような UWP 専用デバイスで実行できるネイティブ Win32 アプリなので、一部の機能はすぐには使用できない場合があります。 今後数か月間に新しいシナリオと機能をサポートする予定なので、この領域で最新の情報を確認してください。

機能することが想定されるシナリオと機能:

  • 初回実行エクスペリエンス、プロファイルへのサインイン、同期
  • Web サイトがレンダリングされ、期待どおりに動作する必要がある
  • ほとんどのブラウザー機能 (お気に入り、履歴など) は期待した通りに動作する必要があります
  • ダーク モード
  • デバイスへの Web アプリのインストール
  • 拡張機能のインストール (HoloLens 2 上で正常に機能しない拡張機能がある場合は、お知らせください)
  • PDF の表示と設定
  • 1 つのブラウザー ウィンドウからの空間サウンド
  • ブラウザーの自動更新と手動更新
  • [印刷] メニューから PDF を保存する ([PDF に保存] オプションを使用)
  • WebXR および 360 ビューアー拡張機能
  • 環境内に配置された複数のウィンドウ間で参照する場合の、正しいウィンドウへのコンテンツの復元

機能することが想定されないシナリオと機能:

  • 同時オーディオ ストリームを使用した複数のウィンドウからの空間サウンド
  • 「見て発音する」
  • 印刷

トップ ブラウザーの既知の問題:

  • ホログラフィック キーボードの拡大鏡プレビューは、新しい Microsoft Edge では無効になっています。 拡大が正しく機能したら、今後の更新プログラムでこの機能を再び有効にしてください。
  • 別のブラウザー ウィンドウが開いておりアクティブな場合、間違ったブラウザー ウィンドウからオーディオが再生される可能性があります。 この問題を回避するには、オーディオを再生していてはいけない他のアクティブ ウィンドウを閉じます。
  • "一緒に移動" モードでブラウザー ウィンドウからオーディオを再生している場合、"一緒に移動" モードを無効にしても、オーディオが再生され続けます。 この問題を回避するには、"一緒に移動" モードを無効にする前にオーディオ再生を停止するか、[X] ボタンでウィンドウを閉じます。
  • アクティブな Microsoft Edge ウィンドウとやりとりすると、他の 2D アプリ ウィンドウが予期せず非アクティブになる可能性があります。 これらのウィンドウは、もう一度操作すれば再アクティブ化できます。

Microsoft Edge Insider アイコン

このMicrosoft Edge チームは、Edge Insider コミュニティで 3 つのプレビュー チャネル (ベータ、開発、カナリア) を利用できます。 プレビュー チャネルをインストールしても、リリースされたバージョンの Microsoft Edge は HoloLens 2 でアンインストールされません。また、複数を同時にインストールできます。

Edge Insider コミュニティの詳細については、Microsoft Edge Insider のホームページを参照してください。 さまざまな Edge Insider チャネルの詳細と使用を開始するには、Edge Insider のダウンロード ページを参照してください。

Microsoft Edge Insider チャネルを HoloLens 2 にインストールするには、複数の方法があります。

デバイスへの直接インストール (現在はアンマネージド デバイスでのみ使用可能)

  1. お使いの HoloLens 2 で、Edge Insider ダウンロード ページにアクセスします。
  2. インストールする Edge Insider チャネルの [HoloLens 2 のためにダウンロード] ボタンを選択します。
  3. ダウンロードした .msix ファイルを Edge ダウンロード キューから、またはデバイスの "ダウンロード" フォルダーから起動します (エクスプローラーを使用)。
  4. アプリ インストーラーが起動します。
  5. [インストール] ボタンを選択します。
  6. インストールが成功すると、スタートメニューの [すべてのアプリ] の一覧に、Microsoft Edge Beta、Dev、または Canary が別のエントリとして表示されます。

コンピューターを使用してWindows デバイス ポータル(HoloLens 2 で開発者モードを有効にする必要あり) をインストールします

  1. お使いのコンピュータで、Edge Insider ダウンロード ページにアクセスします。
  2. インストールする Edge Insiderチャネルの [Windows 10 用にダウンロード] ボタンの横にあるドロップダウン矢印ボタンを選択します。
  3. ドロップダウンの [HoloLens 2] を選択します。
  4. .msix ファイルを PC の "ダウンロード" フォルダー (または簡単に見つけられている別のフォルダー) に保存します。
  5. PC 上のWindows デバイス ポータルを使用して、HoloLens 2 上のダウンロードした .msix ファイルをインストールします。
  6. インストールが成功すると、スタートメニューの [すべてのアプリ] の一覧に、Microsoft Edge Beta、Dev、または Canary が別のエントリとして表示されます。

WDAC を使用して新しい Microsoft Edge をブロック

WDAC ポリシーを更新して新しい Microsoft Edge アプリをブロックする IT 管理者の場合は、ポリシーに次を追加する必要があります。

<Deny ID="ID_DENY_D_3_0" FriendlyName="C:\Data\Programs FileRule" PackageVersion="65535.65535.65535.65535" FileName="msedge.exe" />

新しい Microsoft Edge のエンドポイントを管理する

一部の環境には、考慮すべきネットワーク制限がある場合があります。 新しい Edge でスムーズなエクスペリエンスを実現するには、これらの Microsoft エンドポイントを有効にしてください。

現在使用可能な HoloLens 用エンドポイントの詳細について参照してください。

Web アプリのインストール

注意

Holographic Windowsバージョン 21H1では、Office Web アプリはプレインストールされなくなりました。

新しい Edge を使用して、Microsoft Store アプリと共に Web アプリをインストールします。 たとえば、Microsoft Office Web アプリをインストールして、SharePoint または OneDrive でホストされているファイルを表示および編集できます。 Office Web アプリをインストールするには、 https://www.office.com にアクセスし、アドレス バーの [使用可能なアプリ] または [Office をインストール] ボタンをクリックします。 [インストール] を選択 して確定します。

重要

Office Web アプリの機能は、HoloLens 2 にアクティブなインターネットがある場合にのみ使用できます。

WebXR および 360 ビューアー

新しいMicrosoft Edge には WebXR のサポートが含まれています。これは、イマーシブ Web エクスペリエンスを作成するための新しい標準です (WebVR の後継)。 多くのイマーシブ Web エクスペリエンスは、VR を念頭に置いて設計されました (実際の視野を仮想環境に置き換えます)。ただし、これらのエクスペリエンスは、HoloLens 2 でもサポートされています。 また、WebXR 標準では、物理環境を使用する拡張および Mixed Reality イマーシブ Web エクスペリエンスも可能になります。 開発者が WebXR により多くの時間を費やすと、HoloLens 2のお客様が試してみるため、新しい拡張および Mixed Reality イマーシブ エクスペリエンスが到着することが予想されます。

360 Viewer 拡張機能は WebXR 上に構築され、HoloLens 2 上で新しい Microsoft Edge と共に自動的にインストールされます。 この Web 拡張機能を使用すると、360 度のビデオに取り入れすることができます。 YouTube では最大 360 本の動画が提供されているため、そこから開始することをお勧めします。

WebXR の使用方法

  1. WebXR がサポートされている Web サイトに移動します。

  2. Web サイトの [VR の入力] ボタンを選択します。 このボタンの場所と視覚的な表現は、Web サイトごとに異なる場合がありますが、次のような場合があります。

    Enter VR button example.

  3. 特定のドメインで初めて WebXR エクスペリエンスを起動しようとすると、ブラウザーでイマーシブ ビューに入る同意を求められます。 [許可] を選択 してください。

  4. HoloLens 2 ジェスチャ を使用して、エクスペリエンスを操作します。

  5. エクスペリエンスに [終了] ボタンがない場合は、スタート ジェスチャを使用してホームに戻ります。

推奨される WebXR サンプル

360 ビューアーの使い方

  1. YouTube で 360 度のビデオに移動します。

  2. ビデオ フレームで、[Mixed Reality ヘッドセット] ボタンを選択します。

    Button to activate 360 Viewer.

  3. 特定のドメインで初めて 360 ビューアーを起動しようとすると、ブラウザーでイマーシブ ビューに入る同意を求められます。 [許可] を選択します。

  4. エア タップ で再生コントロールを表示します。 ハンド レイとエア タップ を使用して、再生/一時停止、前方/戻るスキップ、キャプションのオン/オフの切り替え、エクスペリエンスの停止 (イマーシブ ビューを終了) を行います。 再生コントロールは、数秒の非アクティブ状態の後に消えます。

WebXR と 360 ビューアーの既知の問題

  • WebXR エクスペリエンスの複雑さによっては、フレームレートが低下したり、つまずく場合があります。
  • WebXR での多関節手関節のサポートは、既定では有効になっていません。 開発者は、"WebXR ハンド入力" を有効にすることで、edge://flags でサポートを有効にできます。
  • YouTube 以外の Web サイト 360 本の動画は想定通り動作しない場合があります。

WebXR と 360 ビューアーに関するフィードバックの提供

新しい Microsoft Edge のフィードバックを送る機能を通じて当社のチームにフィードバックやバグをお知らせください。

新しい設定アプリ

このリリースでは、設定アプリの新しいバージョンが導入されています。 新しい設定アプリには、サウンド、電源とスリープ、ネットワークとインターネット、アプリ、アカウント、コンピューターの簡単操作などの領域における HoloLens 2 の新機能と拡張設定が含まれています。

注意

新しい設定アプリは従来の設定アプリとは別であるため、以前に環境に配置した設定の windows は、更新時に削除されます。

New Settings app homepage.

新機能と設定

  • 設定の検索: キーワードまたは設定の名前を使用して、設定ホームページから設定を検索します。
  • [システム] > [サウンド]:
    • 入出力オーディオ デバイス: 入力と出力のオーディオ デバイスを個別に選択します (たとえば、Bluetooth ヘッドホンを使用してオーディオをリッスンするか、オーディオ入力に USB C マイクを使用します)。

      注意

      Bluetooth のマイクは、HoloLens 2 ではサポートされていません。

    • アプリのボリューム: 各アプリのボリュームを個別に調整します。 「アプリごとのボリューム制御」を参照してください。
  • [システム] > [電源とスリープ]: 操作のない状態が一定期間続いた後にスリープに移行するときに選択します。
  • [システム] > [バッテリ]: バッテリ節約モードを手動で有効にするか、バッテリ省モードが自動的にオンになるようにバッテリのしきい値を設定します。
  • [デバイス] > [USB]: USB 接続を既定で無効にすることができます。
  • [ネットワークとインターネット]:
    • USB-C イーサネット アダプタが [ネットワークとインターネット] に表示されます。
    • USB-C イーサネットアダプターの設定が、IP アドレスを含めて使用できるようになりました。
    • HoloLens 2 で機内モードを有効にできるようになりました。
  • アプリ: ファイルとリンクの種類に使用される既定のアプリをリセットできます。 詳細については、「既定のアプリ ピッカー」を参照してください。
  • [アカウント] > [他のユーザー]: デバイス所有者は、ユーザーを追加し、標準ユーザーをデバイス所有者にアップグレードし、デバイス所有者を標準ユーザーにダウングレードして、ユーザーを削除することができます。
  • 簡単操作: テキストのサイズと視覚効果を変更します。

既知の問題

  • 以前に配置した設定ウィンドウは削除されます (上のメモを参照)。
  • 設定アプリでは、デバイスの名前を変更できなくなります。 IT 管理者は、Windows Autopilot for HoloLens 2 のデバイス名テンプレートまたは MDM DevDetail CSP Ext/Microsoft/DNSComputerName ノードを使用してデバイスの名前を変更できます。
  • イーサネットのページには、常に仮想イーサネットデバイス ("UsbNcm") が表示されます。
  • 新しい Microsoft Edge のバッテリ使用量は、UWP アダプター レイヤーによってサポートされている Win32 デスクトップ アプリケーションの性質上、正確ではない可能性があります (近日対応予定の修正プログラムはありません)。

ディスプレイの色の調整

この新しい設定を使用すると、HoloLens 2 ディスプレイ用に代替カラー プロファイルを選択できます。 これにより、特にディスプレイの明るさが低いレベルで、色が正確に表示される場合があります。 ディスプレイの色の調整は、設定アプリの [システム] > [調整] ページで確認できます。

注意

この設定により、ディスプレイ ファームウェアに新しいカラー プロファイルが保存されるため、デバイスごとの設定になります (各ユーザー アカウントに固有ではありません)。

ディスプレイの色の調整を使用する方法
  1. 設定アプリを起動して、[システム] > [調整] に移動します。

  2. [ディスプレイの色の調整] で、 [ディスプレイの色の調整を実行する] ボタンを選択します。

  3. ディスプレイのカラー調整エクスペリエンスが起動し、バイザーが正しい位置にあることを確認することをお勧めします。

  4. 指示のダイアログボックスが表示された後、ディスプレイは自動的にグレーで30% の明るさになります。

    ヒント

    お使いの環境で単色表示されているシーンが表示されない場合は、デバイスの左側にある [明るさ] ボタンを使用して HoloLens 2 の明るさのレベルを手動で調整できます。

  5. ボタン1-6 を選択すると、各カラープロファイルが瞬時に表示され、最もよく見られるものを見つけることができます (これは通常、シーンを最もニュートラルにするのに役立つプロファイルで、グレースケール パターンとスキントーンが予想どおりに見えることを意味します)。

    Display color calibration scene.

  6. 選択したプロフィールに満足している場合、[保存して終了] ボタンを選択します

  7. 変更しない場合は、[キャンセルして終了] ボタンを選択すると、変更が元に戻されます

ヒント

ディスプレイの色の調整設定を使用する際に留意すべき便利なヒントを次に示します。

  • 必要に応じて、設定からディスプレイの色の調整を再実行することができます
  • デバイス上のすべてのユーザーが以前にカラー プロファイルを変更する設定を使用していた場合は、最新の変更の日付/時刻が [設定] ページに反映されます
  • ディスプレイの色の調整を再実行すると、以前に保存されたカラープロファイルが強調表示され、プロファイル 0 は表示されません (プロファイル 0 はディスプレイの元のカラープロファイルを表します)
  • ディスプレイの元のカラー プロファイルに戻す場合は、[設定] ページから変更できます (「カラープロファイルをリセットする方法」を参照してください)
カラープロファイルをリセットする方法

HoloLens 2 に保存されたカスタム カラー プロファイルに不満がある場合は、デバイスの元のカラー プロファイルを復元できます。

  1. 設定アプリを起動して、[システム] > [調整] に移動します。
  2. [ディスプレイの色の調整] で、 [既定のカラー プロファイルにリセット] ボタンを選択します。
  3. ダイアログ ボックスが開いたら、HoloLens 2 を再起動して変更を適用する準備ができたら、 [再起動] を選択します。

ディスプレイの色調整に関する既知の問題の上位

  • [設定] ページで、カラー プロファイルが最後に変更された日時を示すステータス文字列は、その設定のページを再度読み込むまで最新の状態になっていません。
    • 回避策: 別の設定ページを選択し、[調整] ページを再選択します。

既定のアプリ ピッカー

ハイパーリンクをアクティブ化するか、複数のインストール済みアプリでファイルの種類を開くと、そのファイルまたはリンクの種類を処理するインストール済みアプリを選択するよう求めるメッセージが表示されます。 このウィンドウでは、選択したアプリがファイルまたはリンクの種類を「一度のみ」または「常時」として処理するように選択することもできます。

[常時] を選択した後、特定のファイルまたはリンクの種類を処理するアプリを変更する場合は、[設定] > [アプリ] で保存されている既定値をリセットできます。 ページの下部までスクロールし、[ファイルの種類の既定のアプリ] または [リンクの種類の既定のアプリ] の下にある [クリア] ボタンを選択します。デスクトップ PC での同様の設定とは異なり、個々のファイルの種類の既定値をリセットできない。

アプリごとのボリューム制御

この Windows ビルドで、ユーザーが各アプリの音量レベルを手動で調整できるようになりました。 これにより、ユーザーは、必要なアプリに集中することができます。また、複数のアプリを使用する場合は、より適切に聞くことができます。 たとえば、あるアプリのボリュームを下げる必要があるものの、別のユーザーは別の場所でリモート アシスタンスが必要な場合などです。

個々のアプリのボリュームを設定するには [設定]>[システム]>[サウンド] に移動し、[高度なサウンドオプション] で [アプリのボリュームとデバイスの設定] を選択します。

App volume and device preferences.

スワイプして入力する

一部のお客様は、入力しようとしている単語の形をスワイプして仮想キーボードで "入力" する方が速いと感じています。Microsoft では、ホログラフィック キーボード用にこの機能をプレビューしています。 ホログラフィック キーボードの平面に指の先を渡し、単語の形をスワイプし、キーボードの平面から指先を引っ込めることで、一度に 1 つの単語をスワイプできます。 単語と単語の間ではキーボードから指を離せば、スペース バーを押さなくてもフォローアップ ワードをスワイプできます。 キーボード上で指の動きの後にスワイプ の跡が見えれば、機能が動作しているということです。

この機能は、(携帯電話のディスプレイとは異なり) 指に抵抗を感じないホログラフィック キーボードの性質上、使い方をマスターするのが難しい場合があります。

[スタート] の [電源] メニュー

ユーザーがデバイスをサインアウト、シャットダウン、再起動できる新しいメニュー。 システム更新プログラムが使用可能な場合に表示される HoloLens スタート画面のインジケーター。

使用方法

  1. スタート ジェスチャを使うか、「ホームに移動」と言って HoloLensの開始画面を開きます。

  2. ユーザー プロファイルの画像の横にある省略記号アイコン (...) に注意してください。

    ser context dots, ...
  3. 手または音声コマンド "Power" を使用して、ユーザー プロファイルの画像を選択します。

  4. メニューが表示され、デバイスのサインアウト、再起動、シャットダウンのオプションが表示されます。

    User context menu
  5. メニュー オプションを選択して、HoloLens をサインアウト、再起動、またはシャットダウンします。 デバイスが 1 つの Microsoft アカウント (MSA) またはローカル アカウントに設定されている場合は、[サインアウト ] オプションを使用できない場合があります。

  6. メニューを閉じるには、他の場所にタッチするか、スタート ジェスチャでスタート メニューを閉じる必要があります。

更新プログラムのインジケーター

更新プログラムが利用可能になると、省略記号アイコンが点灯し、再起動によって更新プログラムがインストールされることを示します。 メニュー オプションも、更新プログラムの存在を反映するように変更されます。

User context menu showing update

サインイン画面に複数のユーザーが表示される

以前のサインイン画面には、最後にサインインしたユーザーと "その他のユーザー" のエントリ ポイントのみが表示されていました。 複数のユーザーがデバイスにサインインしている場合、これでは不十分であるというお客様からのフィードバックを受け取りました。 ユーザーはさらに自身のユーザー名などを再入力する必要がありました。

この Windows ビルドからは、PIN 入力フィールドの右側にある [その他のユーザー] を選択すると、[サインイン] 画面に、以前にデバイスにサインインしたことがあるユーザーが複数表示されるようになりました。 これにより、ユーザーは自分のユーザー プロファイルを選び、自分の Windows Hello 資格情報を使用できます。 この [その他のユーザー] ページから [アカウントの追加] ボタンを使用して、新しいユーザーをデバイスに追加することもできます。

[その他のユーザー] メニューでは、[その他のユーザー] ボタンにデバイスに最後にサインインしたユーザーが表示されます。 このボタンを選ぶと、このユーザーのサインイン画面に戻ります。

Sign-in screen default.


Sign-in screen other users.

USB-C 外部マイクのサポート

重要

USB マイクを 接続すると、入力デバイス として自動的に設定されません。 USB-C ヘッドホンのセットを接続すると、ユーザーは、ヘッドホンのオーディオが自動的にヘッドホンにリダイレクトされることがわかりますが、HoloLens OS では、他の入力デバイスよりも内部マイク配列が優先されます。 USB-C マイクを使用するには、次の手順に従います。

ユーザーは、 [サウンド] 設定パネルを使用して USB-C 接続外部マイク を 選択できます。 USB-C マイクは、通話や録音などに使用できます。

設定 アプリを開いて [システム]>[サウンド] を選択します。

Sound Settings.

重要

外部マイクを Remote Assist で使用するには、[サウンド デバイスの管理] ハイパーリンクをクリックする必要があります。

次に、ドロップダウンを使用して、[既定] または [通信の既定値] として外部マイクを設定します。[既定] を選択すると、外部マイクがすべての場所で使用されます。

[通信の既定値] を選択すると、外部マイクは Remote Assist や他の通信アプリで使用されますが、HoloLens マイク 配列は他のタスクにも引き続き使用できます。

Manage sound devices.


Set microphone default.

Bluetooth のマイクのサポートについてはどうですか?

残念ながら、Bluetooth マイクは現在まだ HoloLens 2 でサポートされていません。

USB-C マイクのトラブルシューティング

一部の USB-C マイクでは、誤ってマイク "および" スピーカーの両方として報告される点に注意してください。 これはマイクの問題であり、HoloLens の問題ではありません。 これらのマイクの 1 つを HoloLens に接続すると、音が聞こえなくなる場合があります。 さいわいなことに、簡単に修正できます。

[設定]>[システム]>[サウンド] で、組み込みのスピーカー (Analog Feature Audio Driver)[既定のデバイス] として明示的に設定します。 マイクを取り外して後で再接続した場合でも、HoloLens でこの設定が記憶されます。

Troubleshooting USB-C microphones.

キオスクのビジターの自動ログオン

この新機能により、ビジター アカウントの自動ログオンをキオスク モードで使用できるようになります。

AAD 以外の構成の場合、ビジターの自動ログオン用にデバイスを構成するには、次の手順を実行します。

  1. 次のプロビジョニング パッケージを作成します。
    1. ビジター アカウントを許可するようにRuntime settings/AssignedAccess を構成する。
    2. 必要に応じて、後で管理できるように MDM (Runtime settings/Workplace/Enrollments) にデバイスを登録する。
    3. ローカル アカウントを作成しない
  2. プロビジョニング パッケージを適用します

AAD 構成の場合、ユーザーはこの変更を行わずに、現在と同様のことを実現できます。 キオスク モード用に構成された AAD 参加済みデバイスでは、サインイン画面からボタンを 1 回タップするだけでビジター アカウントにサインインできます。 ビジター アカウントにサインインすると、ビジターがスタート メニューから明示的にサインアウトするか、デバイスが再起動されるまで、そのデバイスで再度サインインを求められることはありません。

ビジターの自動ログオンは、カスタム OMA-URI ポリシーを使用して管理できます。

  • URI 値: ./Device/Vendor/MSFT/MixedReality/VisitorAutoLogon
ポリシー 説明 構成
MixedReality/VisitorAutoLogon キオスクへのビジターの自動ログオンを許可します 1 (はい)、0 (いいえ、既定値)。

キオスク モードで新しい設定アプリと Edge アプリを使用する

キオスクにアプリを含める場合、IT 管理者は多くの場合、そのアプリ ユーザー モデル ID (AUMID) を使用してアプリをキオスクに追加します。 設定 アプリとMicrosoft Edge アプリの両方が新しいアプリと見なされ、古いアプリとは異なるためです。 これらのアプリに AUMID を使用するキオスクは、新しい AUMID を使用するように更新する必要があります。

新しいアプリを含めるようにキオスクを変更する場合は、前の AUMID を残すだけでなく、新しい AUMID を追加することをお勧めします。 これにより、ユーザーが OS を更新するときに簡単に切り替えが行われ、意図したとおりにキオスクを使用し続けるために新しいポリシーを受け取る必要はありません。

アプリ AUMID
古い設定 アプリ HolographicSystemSettings_cw5n1h2txyewy!App
新しい設定 アプリ BAEAEF15-9BAB-47FC-800B-ACECAD2AE94B_cw5n1h2txyewy!App
古いMicrosoft Edge アプリ Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge
新しいMicrosoft Edge アプリ Microsoft.MicrosoftEdge.Stable_8wekyb3d8bbwe!MSEDGE

キオスク モードでのエラー処理の動作変更

以前のビルドでは、デバイスに、グローバル割り当てアクセスと AAD グループ メンバー割り当てアクセスの両方の組み合わせであるキオスク構成がある場合、AAD グループ メンバーシップが失敗した場合、ユーザーには [スタート画面に何も表示されません] メニューが表示されます。

このWindowsリリース以降、キオスク エクスペリエンスは、AAD グループ キオスク モード中に障害が発生した場合に、グローバル キオスク構成 (存在する場合) に移動します。

ページ設定表示用の新しい設定 URI

Windows Holographic バージョン 20H2 では、設定 アプリ内で表示されるページを制限するために、設定/PageVisibilityList ポリシーを追加しました。 PageVisibilityList は、IT 管理者がシステム設定アプリの特定のページを表示またはアクセスできないようにしたり、または指定されたページ以外のすべてのページで同様に行うことを許可するポリシーです。

Page 設定 Visibility にアクセスすると、この CSP を使用する手順と、以前のリリースで使用できる URI の一覧を確認できます。

IT 管理者が管理できる使用可能な設定 URI の一覧を拡大しています。 これらの URI の一部は、新しい設定 アプリ内の新しく利用可能な領域用です。 設定/PageVisibilityList ポリシーを使用している場合は、次の一覧を確認し、必要に応じて許可またはブロックされたページを調整します。

Note

非推奨: ms-settings:network-proxy

これらの新しいビルドでは、1 つの設定ページが非推奨になりました。 古い Network &InternetProxy> ページは、グローバル設定として使用できなくなりました。 新しい接続ごとのプロキシ設定は、Network &InternetWi-FiProperties>> または Network &InternetEthernetProperties>> にあります。


[設定] ページ URI
アプリアプリ > の & 機能 ms-settings:appsfeatures
Apps > Apps の & 機能 > の詳細オプション ms-settings:appsfeatures-app
アプリ > オフライン マップ ms-settings:maps
アプリ > オフラインマップ > マップのダウンロード ms-settings:maps-downloadmaps
デバイス > マウス ms-settings:mouse
デバイス > USB ms-settings:usb
ネットワーク & インターネット > 機内モード ms-settings:network-airplanemode
プライバシー > 全般 ms-settings:privacy-general
プライバシー > インクの & 入力のパーソナル化 ms-settings:privacy-speechtyping
プライバシー > モーション ms-settings:privacy-motion
プライバシー > のスクリーンショットの境界線 ms-settings:privacy-graphicsCaptureWithoutBorder
プライバシー > のスクリーンショットとアプリ ms-settings:privacy-graphicsCaptureProgrammatic
システム > バッテリー ms-settings:batterysaver
システム > バッテリー ms-settings:batterysaver-settings
システム > サウンド ms-settings:sound
システム > サウンド > アプリのボリュームとデバイスの基本設定 ms-settings:apps-volume
System > Sound サウンド > デバイスの管理 ms-settings:sound-devices
システム > Storage > Storage Sense の構成 ms-settings:storagepolicies
時刻 & 言語 > 日付 & 時刻 ms-settings:dateandtime
タイム & ランゲージ > キーボード ms-settings:keyboard
時間&言語> ms-settings:language
時間&言語> ms-settings:regionlanguage-languageoptions
セキュリティ リセット&の回復を更新&する> ms-settings:reset

更新された URI

以前は、次の 2 つの URI は、指定されたページにユーザーを直接移動せず、メインの更新ページのみをブロックしていました。 次の項目は、ページに移動するように更新されています。

  • ms-settings:windowsupdate-options
  • ms-settings:windowsupdate-restartoptions

設定 アプリを使用したフォールバック診断の構成

設定アプリで、ユーザーはフォールバック診断の動作を構成できるようになりました。 設定 アプリで PrivacyTroubleshooting> ページに移動して、この設定を構成します。

Note

デバイスに対して MDM ポリシーが構成されている場合、ユーザーはこの動作をオーバーライドできません。

近くのデバイスとの共有

PC とその他のHoloLens 2 デバイスの両方を含む、Windows 10 デバイスで近くのデバイスと情報を共有します。 設定>SystemShared> エクスペリエンスで試して、HoloLensから PC にファイルまたは URL を共有できます。 詳細については、Windows 10で近くのデバイスと物を共有する方法の詳細を参照してください。

この機能は、 Connectivity/AllowConnectedDevices を使用して管理できます。

新しい OS 診断トレース

設定アプリ内の以前のトラブルシューティング ツールに加えて、OS 更新用の新しい設定アプリの追加された新しいトラブルシューティング ツールが追加されました。 設定>Update &SecurityTroubleshoot>> に移動しWindows Updateスタートを選択します。 これにより、IT またはサポートによるトラブルシューティングを支援するために、OS の更新に関する問題を再現しながらトレースを収集できます。

配信の最適化のプレビュー

このHoloLens更新により、Windows Holographic for Businessでは配信の最適化設定を有効にして、複数のHoloLens デバイスからのダウンロードの帯域幅消費量を削減できます。 推奨されるネットワーク構成と共に、この機能の詳細な説明については、「Windows 10 更新プログラムの配信の最適化」を参照してください。

次の設定は管理画面の一部として有効にされ、Intune から構成できます

このプレビューの内容に関する注意点を次に示します。

  • HoloLens のサポートは、このプレビューでは OS の更新プログラムにのみ制限されます。
  • Windows Holographic for Business は、HTTP ダウンロード モードと Microsoft 接続キャッシュ エンドポイントからのダウンロードのみをサポートします。ピア ツー ピア のダウンロード モードとグループの割り当ては、現時点では HoloLens デバイスではサポートされていません。
  • HoloLens では、Windows Server Update Services エンドポイントのデプロイまたは配信の最適化はサポートされていません。
  • トラブルシューティングには、接続キャッシュ サーバー上の診断か、設定Update &SecurityTroubleshooting> Windows Update を使用してHoloLens>のトレースを収集する>必要があります。

IT 管理者 - 更新チェックリスト - 21H1

このチェックリストは、現在のデバイス管理構成に影響を与える可能性があるこの機能更新プログラムで追加される機能や、使用を開始する可能性がある新機能を知るのに役立ちます。

キオスク モードの更新

✔️キオスク モードの新しいアプリの新しい AUMID:

以前にキオスクで 設定 アプリまたは Microsoft Edge アプリを使用していた場合、これらのアプリは別のアプリ ID を使用する新しいアプリに置き換えられました。 以下の キオスク モードで新しいアプリの新しい AUMID を 読み取ってください。 これにより、キオスクで引き続き設定 アプリを使用するか、新しいMicrosoft Edge アプリを含めることができます。 これらの変更は今すぐ実行でき、すべてのデバイスに展開され、更新時のスムーズな移行が可能になります。

✔️キオスクのビジター自動ログオン:

訪問者はキオスクに自動的にログインできるようになりました。 この動作は既定でオンになっていますが、管理および無効化できます。

✔️キオスク モードの障害の引き渡しが改善されました

サインイン済み AAD ユーザーの AAD グループ メンバーシップが正常に決定されない場合、スタート メニューにはグローバル キオスク構成 (存在する場合) が使用されます。ない場合は、ユーザーには空のスタート メニューが表示されます。 空のスタート メニューは直接設定できる構成ではありませんが、構成に適用される場合や、割り当てられたアクセス構成に対して自分で新しい調整を行う必要がある場合があるため、キオスクを使用している際はこの新しい処理についてサポート部門に知らせる必要があります。

ページ設定の可視性の更新

✔️ページ設定の可視性のための新しい設定 URI

現在、ページ設定の可視性を使用している場合は、許可またはブロックした既存の URI を調整することをお勧めします。

WDAC ポリシーの更新

✔️ 以前に WDAC 経由で Microsoft Edge をブロックしていた場合は、お使いの WDAC ポリシーを更新することをお勧めします。 以下を確認し、提供されているサンプル コードを使用してください。

Edge の新しいエンドポイントを有効にする

✔️ プロキシやファイアウォールなどのネットワーク エンドポイントの構成を含むインフラストラクチャがある場合は、新しい Microsoft Edge アプリに対してこれらの新しいエンドポイントを有効にしてください。

新しく構成可能になった項目

✔️ フォールバック診断の構成: フォールバック診断を収集するかどうか、および収集できるユーザーを構成できます。

✔️近くのデバイスとの共有: 新しい近くの共有機能を無効にできます。

✔️ 新しいMicrosoft Edgeのポリシー設定の構成: Microsoft Edgeに使用できる新しい構成を確認します。

新しい診断ツール

✔️新しい OS 診断トレース: OS の更新プログラムに関連するログを収集します。

更新プログラムの改善と修正:

  • オフライン診断には、シリアル番号と OS のバージョンに関する追加のデバイス情報も含まれます。
  • ランタイム プロビジョニング パッケージを使用した基幹業務アプリケーションの展開に関する問題を修正します。
  • 基幹業務アプリケーションのインストール状態レポートに関する問題を修正します。
  • デバイスのリセット全体での新しいアプリ パッケージの永続化に関する問題を修正します。
  • 日本のお客様向け Edge で正しくないシンボルが入力される可能性がある問題を修正します。
  • Edge などのプレインストールされたアプリに関する OS 更新プログラムの回復性を改善します。
  • Microsoft Edge のインストールに影響を与える更新プログラムの信頼性に対処します。