XmlDataSource クラス

定義

データ バインドされたコントロールへの XML データ ソースを表します。Represents an XML data source to data-bound controls.

public ref class XmlDataSource : System::Web::UI::HierarchicalDataSourceControl, System::ComponentModel::IListSource, System::Web::UI::IDataSource
[System.Drawing.ToolboxBitmap(typeof(System.Web.UI.WebControls.XmlDataSource))]
public class XmlDataSource : System.Web.UI.HierarchicalDataSourceControl, System.ComponentModel.IListSource, System.Web.UI.IDataSource
type XmlDataSource = class
    inherit HierarchicalDataSourceControl
    interface IDataSource
    interface IListSource
Public Class XmlDataSource
Inherits HierarchicalDataSourceControl
Implements IDataSource, IListSource
継承
属性
実装

このセクションには、2 つのコード例が含まれています。This section contains two code examples. 最初のコード例では、コントロールXmlDataSource TreeViewとコントロールを使用して、サンプル xml ファイルの xml データを表示する方法を示します。The first code example demonstrates how to use an XmlDataSource control with a TreeView control to display XML data from the sample XML file. 2番目の例では、 XmlDataSourceコントロールとテンプレートRepeater化されたコントロールを使用して XML データを表示する方法を示します。The second example demonstrates how to use an XmlDataSource control with a templated Repeater control to display XML data.

XmlDataSource コントロールTreeViewとコントロールを使用して XML データを表示する方法を次のコード例に示します。The following code example demonstrates how to use an XmlDataSource control with a TreeView control to display XML data. XmlDataSourceDataFileプロパティで識別される xml ファイルから xml データを読み込みます。The XmlDataSource loads XML data from the XML file identified by the DataFile property.

<%@ Page Language="C#" %>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>ASP.NET Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
      <asp:xmldatasource
        id="XmlDataSource1"
        runat="server"
        datafile="books.xml" />

      <!- TreeView uses hierachical data, so the
          XmlDataSource uses an XmlHierarchicalDataSourceView
          when a TreeView is bound to it. -->

      <asp:TreeView
        id="TreeView1"
        runat="server"
        datasourceid="XmlDataSource1">
        <databindings>
          <asp:treenodebinding datamember="book" textfield="title"/>
        </databindings>
      </asp:TreeView>

    </form>
  </body>
</html>
<%@ Page Language="VB" %>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>ASP.NET Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
      <asp:xmldatasource
        id="XmlDataSource1"
        runat="server"
        datafile="books.xml" />

      <!- TreeView uses hierachical data, so the
          XmlDataSource uses an XmlHierarchicalDataSourceView
          when a TreeView is bound to it. -->

      <asp:TreeView
        id="TreeView1"
        runat="server"
        datasourceid="XmlDataSource1">
        <databindings>
          <asp:treenodebinding datamember="book" textfield="title"/>
        </databindings>
      </asp:TreeView>

    </form>
  </body>
</html>

コード例の XML ファイルには、次のデータが含まれています。The XML file in the code example has the following data:

<books>  
   <computerbooks>  
     <book title="Secrets of Silicon Valley" author="Sheryl Hunter"/>  
     <book title="Straight Talk About Computers" author="Dean Straight"/>  
     <book title="You Can Combat Computer Stress!" author="Marjorie Green"/>                  
   </computerbooks>  
   <cookbooks>  
     <book title="Silicon Valley Gastronomic Treats" author="Innes del Castill"/>  
   </cookbooks>  
</books>  

次のコード例では、 XmlDataSourceコントロールとテンプレートRepeater化されたコントロールを使用して XML データを表示する方法を示します。The following code example demonstrates how to use an XmlDataSource control with a templated Repeater control to display XML data. コントロールRepeaterは、XPath データバインディング式を使用して、がXmlDataSource表す XML ドキュメント内のデータ項目にバインドします。The Repeater control uses an XPath data-binding expression to bind to data items within the XML document that the XmlDataSource represents. XPath およびXPathSelect データXPathBinderバインディング構文の詳細については、クラスを参照してください。For more information about XPath and XPathSelect data-binding syntax, see the XPathBinder class.

<%@ Page Language="C#" %>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>Order</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
      <asp:XmlDataSource
        runat="server"
        id="XmlDataSource1"
        XPath="orders/order"
        DataFile="order.xml" />

      <asp:Repeater ID="Repeater1"
        runat="server"
        DataSourceID="XmlDataSource1">
        <ItemTemplate>
            <h2>Order</h2>
            <table>
              <tr>
                <td>Customer</td>
                <td><%#XPath("customer/@id")%></td>
                <td><%#XPath("customername/firstn")%></td>
                <td><%#XPath("customername/lastn")%></td>
              </tr>
              <tr>
                <td>Ship To</td>
                <td><%#XPath("shipaddress/address1")%></font></td>
                <td><%#XPath("shipaddress/city")%></td>
                <td><%#XPath("shipaddress/state")%>,
                    <%#XPath("shipaddress/zip")%></td>
              </tr>
            </table>
            <h3>Order Summary</h3>
            <asp:Repeater ID="Repeater2"
                 DataSource='<%#XPathSelect("summary/item")%>'
                 runat="server">
                <ItemTemplate>
                     <b><%#XPath("@dept")%></b> -
                         <%#XPath(".")%><br />
                </ItemTemplate>
            </asp:Repeater>
            <hr />
        </ItemTemplate>
    </asp:Repeater>

  </form>
  </body>
</html>
<%@ Page Language="VB" %>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>Order</title>
</head>
<body> 
    <form id="form1" runat="server">
      <asp:XmlDataSource
        runat="server"
        id="XmlDataSource1"
        XPath="orders/order"
        DataFile="order.xml" />

      <asp:Repeater ID="Repeater1"
        runat="server"
        DataSourceID="XmlDataSource1">
        <ItemTemplate>
            <h2>Order</h2>
            <table>
              <tr>
                <td>Customer</td>
                <td><%#XPath("customer/@id")%></td>
                <td><%#XPath("customername/firstn")%></td>
                <td><%#XPath("customername/lastn")%></td>
              </tr>
              <tr>
                <td>Ship To</td>
                <td><%#XPath("shipaddress/address1")%></font></td>
                <td><%#XPath("shipaddress/city")%></td>
                <td><%#XPath("shipaddress/state")%>,
                    <%#XPath("shipaddress/zip")%></td>
              </tr>
            </table>
            <h3>Order Summary</h3>
            <asp:Repeater ID="Repeater2"
                 DataSource='<%#XPathSelect("summary/item")%>'
                 runat="server">
                <ItemTemplate>
                     <b><%#XPath("@dept")%></b> -
                         <%#XPath(".")%><br />
                </ItemTemplate>
            </asp:Repeater>
            <hr />
        </ItemTemplate>
    </asp:Repeater>

  </form>
  </body>
</html>

コード例の XML ファイルには、次のデータが含まれています。The XML file in the code example has the following data:

<?xml version="1.0" encoding="iso-8859-1"?>  
 <orders>  
   <order>  
     <customer id="12345" />  
     <customername>  
         <firstn>John</firstn>  
         <lastn>Smith</lastn>  
     </customername>  
     <transaction id="12345" />  
     <shipaddress>  
         <address1>1234 Tenth Avenue</address1>  
         <city>Bellevue</city>  
         <state>Washington</state>  
         <zip>98001</zip>  
     </shipaddress>  
     <summary>  
         <item dept="tools">screwdriver</item>  
         <item dept="tools">hammer</item>  
         <item dept="plumbing">fixture</item>  
     </summary>  
   </order>  
</orders>  

注釈

このトピックの内容:In this topic:

はじめにIntroduction

XmlDataSourceコントロールは、データバインドコントロールに XML データを提供するデータソースコントロールです。The XmlDataSource control is a data source control that presents XML data to data-bound controls. コントロールXmlDataSourceは、データバインドコントロールによって、階層データと表形式データの両方を表示するために使用できます。The XmlDataSource control can be used by data-bound controls to display both hierarchical and tabular data. このXmlDataSourceコントロールは、通常、読み取り専用のシナリオで階層 XML データを表示するために使用されます。The XmlDataSource control is typically used to display hierarchical XML data in read-only scenarios. コントロールはXmlDataSource HierarchicalDataSourceControlクラスを拡張するため、階層データで動作します。Because the XmlDataSource control extends the HierarchicalDataSourceControl class, it works with hierarchical data. またXmlDataSource 、このコントロールはIDataSourceインターフェイスを実装し、表形式、またはリストスタイルのデータで動作します。The XmlDataSource control also implements the IDataSource interface and works with tabular, or list-style, data.

注意

セキュリティ上の理由から、 XmlDataSourceコントロールのプロパティはビューステートに格納されません。For security purposes, none of the XmlDataSource control properties are stored in view state. クライアントでビューステートの内容をデコードすることは技術的に可能であるため、データ構造またはその内容に関する機密情報を格納すると、情報漏えいの脅威にさらされる可能性があります。Since it is technically possible to decode the contents of view state on the client, storing sensitive information about the data structure or its contents could expose you to an information disclosure threat. プロパティなどXPathの情報をビューステートに格納する必要がある場合は、 @ Pageディレクティブでを設定ViewStateEncryptionModeすることにより、暗号化を有効にしてコンテンツを保護することができます。Note that if you need to store information such as XPath property in view state, you can enable encryption to protect the contents by setting ViewStateEncryptionMode on the @ Page directive.

ページ開発者はXmlDataSource 、コントロールを使用して、データバインドコントロールを使用して XML データを表示します。Page developers use the XmlDataSource control to display XML data using data-bound controls.

XML データのソースSources of XML Data

は、 DataFile通常、プロパティによって指定された xml ファイルから xml データを読み込みます。 XmlDataSourceThe XmlDataSource typically loads XML data from an XML file, which is specified by the DataFile property. XML データは、 Dataプロパティを使用して、データソースコントロールによって文字列形式で直接保存することもできます。XML data can also be stored directly by the data source control in string form using the Data property. データバインドコントロールによって表示される前に XML データを変換する場合は、変換のための拡張スタイルシート言語 (XSL) スタイルシートを提供できます。If you want to transform the XML data before it is displayed by a data-bound control, you can provide an Extensible Stylesheet Language (XSL) style sheet for the transformation. XML データと同様に、通常はTransformFileプロパティで示されるファイルからスタイルシートを読み込みますが、 Transformプロパティを使用して直接文字列形式で格納することもできます。As with the XML data, you typically load the style sheet from a file, indicated by the TransformFile property, but you can also store it in string form directly using the Transform property.

XML データの更新Updating XML Data

XmlDataSourceコントロールは、データバインドコントロールに XML データが表示される読み取り専用データのシナリオでよく使用されます。The XmlDataSource control is commonly used in read-only data scenarios where a data-bound control displays XML data. ただし、コントロールを使用してXmlDataSource XML データを編集することもできます。However, you can also use the XmlDataSource control to edit XML data. Xml データを編集するには、 GetXmlDocumentメソッドを呼び出してXmlDataDocument 、xml データのメモリ内表現であるオブジェクトを取得します。To edit the XML data, call the GetXmlDocument method to retrieve an XmlDataDocument object that is an in-memory representation of the XML data. オブジェクトXmlDataDocument およびXmlNodeオブジェクトによって公開されているオブジェクトモデルを使用するか、XPath フィルター式を使用してドキュメント内のデータを操作できます。You can use the object model exposed by the XmlDataDocument and XmlNode objects it contains or use an XPath filtering expression to manipulate data in the document. XML データのメモリ内表現を変更した場合は、 Saveメソッドを呼び出してディスクに保存できます。When you have made changes to the in-memory representation of the XML data, you can save it to disk by calling the Save method.

XmlDataSourceコントロールの編集機能にはいくつかの制限があります。There are some restrictions to the editing capabilities of the XmlDataSource control:

  • Xml データは、プロパティDataFile Dataで指定されたインライン xml ではなく、プロパティによって示される xml ファイルから読み込む必要があります。The XML data must be loaded from an XML file that is indicated by the DataFile property, not from inline XML specified in the Data property.

  • またはプロパティではTransform TransformFile 、XSLT 変換を指定できません。No XSLT transformation can be specified in the Transform or TransformFile properties.

  • メソッドSaveは、異なる要求による同時保存操作を処理しません。The Save method does not handle concurrent save operations by different requests. 複数のユーザーがを使用しXmlDataSourceて XML ファイルを編集している場合、すべてのユーザーが同じデータを操作しているという保証はありません。If more than one user is editing an XML file through the XmlDataSource, there is no guarantee that all users are operating with the same data. また、 Save同じ同時実行の問題が原因で操作が失敗する可能性もあります。It is also possible for a Save operation to fail due to these same concurrency issues.

XSL 変換の指定Specifying an XSL Transformation

XML データを使用して実行される一般的な操作では、ある XML データセットから別のデータセットに変換されます。A common operation performed with XML data is transforming it from one XML data set into another. コントロールXmlDataSourceではTransformFile 、プロパティとプロパティTransformを使用した xml 変換がサポートされています。このプロパティは、データバインドコントロールに渡される前に xml TransformArgumentListデータに適用する XSL スタイルシートとプロパティを指定します。これにより、変換中に XSL スタイルシートによって使用される、XSLT スタイルシートの動的引数を指定します。The XmlDataSource control supports XML transformations with the Transform and TransformFile properties, which specify an XSL style sheet to apply to XML data before it is passed to a data-bound control, and the TransformArgumentList property, which enables you to supply dynamic XSLT style sheet arguments to be used by an XSL style sheet during the transformation. XPathプロパティを使用して XPath フィルター式を指定した場合は、変換が行われた後に適用されます。If you specify an XPath filtering expression using the XPath property, it is applied after the transformation takes place.

注意

クラスXmlDataSourceは、非推奨XslTransformのクラスを使用して XSL 変換を実行します。The XmlDataSource class uses the deprecated XslTransform class to perform XSL transformations. クラスのXslTransform非推奨となった後に導入されたスタイルシートの機能を使用する場合は、 XslCompiledTransformクラスを使用して変換を手動で適用します。If you want to use style sheet features that were introduced after the XslTransform class was deprecated, apply the transforms manually by using the XslCompiledTransform class.

XPath 式を使用したフィルター処理Filtering using an XPath Expression

既定でXmlDataSource は、DataFileコントロールはプロパティによって識別される xml ファイル内のすべての xml データを読み込むか、プロパティにインラインで検出されますが、XPath式を使用してデータをフィルター処理できます。DataBy default, the XmlDataSource control loads all the XML data in the XML file identified by the DataFile property or found inline in the Data property, but you can filter the data using an XPath expression. プロパティXPathは、XML データが読み込まれて変換された後に適用される XPath 構文フィルターをサポートします。The XPath property supports an XPath-syntax filter that is applied after XML data is loaded and transformed.

キャッシュCaching

パフォーマンス上の理由から、既定ではXmlDataSource 、コントロールのキャッシュが有効になっています。For performance purposes, caching is enabled for the XmlDataSource control by default. 要求されたページが要求されるたびにサーバー上の XML ファイルを開いて読み取ると、アプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。Opening and reading an XML file on the server every time a page requested can reduce the performance of your application. キャッシュを使用すると、Web サーバー上のメモリを犠牲にしてサーバーの処理負荷を軽減できます。ほとんどの場合、これは良いトレードオフです。Caching lets you reduce the processing load on your server at the expense of memory on the Web server; in most cases this is a good trade-off. プロパティがにXmlDataSource true設定されている場合、は自動的にデータをキャッシュします。プロパティは、キャッシュが無効になる前にキャッシュがデータを格納する秒数に設定されます。CacheDuration EnableCachingThe XmlDataSource automatically caches data when the EnableCaching property is set to true, and the CacheDuration property is set to the number of seconds that the cache stores data before the cache is invalidated. を使用CacheExpirationPolicyすると、データソースコントロールのキャッシュ動作をさらに細かく調整できます。You can use the CacheExpirationPolicy to further fine-tune the caching behavior of the data source control.

その他の機能Additional Features

次の表に、 XmlDataSourceコントロールでサポートされているその他の機能を示します。The following table lists additional features that are supported by the XmlDataSource control.

機能Capability 説明Description
並べ替えSorting コントロールではXmlDataSourceサポートされていません。Not supported by the XmlDataSource control.
フィルター処理Filtering プロパティXPathは、適切な XPath 式を使用して XML データをフィルター処理するために使用できます。The XPath property can be used to filter the XML data using an appropriate XPath expression.
ページングPaging コントロールではXmlDataSourceサポートされていません。Not supported by the XmlDataSource control.
UpdatingUpdating XmlDataDocument直接操作してから、 Saveメソッドを呼び出すことによってサポートされます。Supported by manipulating the XmlDataDocument directly and then calling the Save method.
削除中Deleting XmlDataDocument直接操作してから、 Saveメソッドを呼び出すことによってサポートされます。Supported by manipulating the XmlDataDocument directly and then calling the Save method.
挿入Inserting XmlDataDocument直接操作してから、 Saveメソッドを呼び出すことによってサポートされます。Supported by manipulating the XmlDataDocument directly and then calling the Save method.
キャッシュCaching 既定では、プロパティはCacheDuration 0 (無限) に設定され、 CacheExpirationPolicyプロパティはにAbsolute設定されています。Enabled by default, with the CacheDuration property set to 0 (infinite) and the CacheExpirationPolicy property set to Absolute.

データビューオブジェクトData View Object

コントロールはXmlDataSource 、階層データを表示するデータバインドコントロールと、表形式データを表示するコントロールをサポートしているので、データソースコントロールは、基になる XML データに対して複数の種類のデータソースビューオブジェクトをサポートします。Because the XmlDataSource control supports data-bound controls that display hierarchical data as well as controls that display tabular data, the data source control supports multiple types of data source view objects on its underlying XML data. コントロールXmlDataSourceは、表形式のXmlDataSourceViewデータを表示するデータバインドコントロールと共に使用する場合に、単一の名前付きオブジェクトを取得します。The XmlDataSource control retrieves a single named XmlDataSourceView object when used with a data-bound control that displays tabular data. メソッドGetViewNamesは、この単一の名前付きビューを識別します。The GetViewNames method identifies this single named view. 階層データを表示するデータバインドコントロールで使用する場合、コントロールXmlDataSourceは、 GetHierarchicalViewメソッドXmlHierarchicalDataSourceViewに渡される一意の階層パスのを取得します。When used with a data-bound control that displays hierarchical data, the XmlDataSource control retrieves an XmlHierarchicalDataSourceView for any unique hierarchical path passed to the GetHierarchicalView method.

宣言型の構文Declarative Syntax

<asp:XmlDataSource  
    CacheDuration="string|Infinite"  
    CacheExpirationPolicy="Absolute|Sliding"  
    CacheKeyDependency="string"  
    DataFile="string"  
    EnableCaching="True|False"  
    EnableTheming="True|False"  
    EnableViewState="True|False"  
    ID="string"  
    OnDataBinding="DataBinding event handler"  
    OnDisposed="Disposed event handler"  
    OnInit="Init event handler"  
    OnLoad="Load event handler"  
    OnPreRender="PreRender event handler"  
    OnTransforming="Transforming event handler"  
    OnUnload="Unload event handler"  
    runat="server"  
    SkinID="string"  
    TransformArgumentList="string"  
    TransformFile="string"  
    Visible="True|False"  
    XPath="string"  
>  
    <Data>string</Data>  
    <Transform>string</Transform>  
</asp:XmlDataSource>  

コンストラクター

XmlDataSource()

XmlDataSource クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the XmlDataSource class.

プロパティ

Adapter

コントロール用のブラウザー固有のアダプターを取得します。Gets the browser-specific adapter for the control.

(継承元 Control)
AppRelativeTemplateSourceDirectory

このコントロールが含まれている Page オブジェクトまたは UserControl オブジェクトのアプリケーション相対の仮想ディレクトリを取得または設定します。Gets or sets the application-relative virtual directory of the Page or UserControl object that contains this control.

(継承元 Control)
BindingContainer

このコントロールのデータ バインディングを格納しているコントロールを取得します。Gets the control that contains this control's data binding.

(継承元 Control)
CacheDuration

データ ソース コントロールが取得したデータをキャッシュする時間 (秒単位) を取得または設定します。Gets or sets the length of time, in seconds, that the data source control caches data it has retrieved.

CacheExpirationPolicy

キャッシュの存続期間と組み合わされた、データ ソース コントロールが使用するキャッシュの動作を記述するキャッシュの有効期限のポリシーを取得または設定します。Gets or sets the cache expiration policy that is combined with the cache duration to describe the caching behavior of the cache that the data source control uses.

CacheKeyContext

ビューステートからデータ ソース コントロールのキャッシュ キーの値を取得または設定するか、キャッシュ キーをビューステートに追加します。Gets or sets the value of the cache key for the data source control from view state, or adds the cache key to view state.

CacheKeyDependency

データ ソース コントロールによって作成されたすべてのデータ キャッシュ オブジェクトにリンクされる、ユーザー定義のキー依存関係を取得または設定します。Gets or sets a user-defined key dependency that is linked to all data cache objects created by the data source control. すべてのキャッシュ オブジェクトは、キーの有効期限が切れると、明示的に期限切れになります。All cache objects explicitly expire when the key expires.

ChildControlsCreated

サーバー コントロールの子コントロールが作成されたかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the server control's child controls have been created.

(継承元 Control)
ClientID

ASP.NET によって生成されたサーバー コントロール ID を取得します。Gets the server control identifier generated by ASP.NET.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
ClientIDMode

このプロパティは、データ ソース コントロールでは使用されません。This property is not used for data source controls.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
ClientIDSeparator

ClientID プロパティで使用される区切り記号を表す文字値を取得します。Gets a character value representing the separator character used in the ClientID property.

(継承元 Control)
Context

現在の Web 要求に対するサーバー コントロールに関連付けられている HttpContext オブジェクトを取得します。Gets the HttpContext object associated with the server control for the current Web request.

(継承元 Control)
Controls

UI 階層内の指定されたサーバー コントロールの子コントロールを表す ControlCollection オブジェクトを取得します。Gets a ControlCollection object that represents the child controls for a specified server control in the UI hierarchy.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
Data

データ ソース コントロールのバインド先の XML データのブロックを取得または設定します。Gets or sets a block of XML data that the data source control binds to.

DataFile

データ ソースのバインド先 XML ファイルの名前を指定します。Specifies the file name of an XML file that the data source binds to.

DataItemContainer

名前付けコンテナーが IDataItemContainer を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。Gets a reference to the naming container if the naming container implements IDataItemContainer.

(継承元 Control)
DataKeysContainer

名前付けコンテナーが IDataKeysControl を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。Gets a reference to the naming container if the naming container implements IDataKeysControl.

(継承元 Control)
DesignMode

コントロールがデザイン サーフェイスで使用されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether a control is being used on a design surface.

(継承元 Control)
EnableCaching

XmlDataSource コントロールでデータ キャッシュが有効かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the XmlDataSource control has data caching enabled.

EnableTheming

このコントロールがテーマをサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether this control supports themes.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
EnableViewState

要求元クライアントに対して、サーバー コントロールがそのビュー状態と、そこに含まれる任意の子のコントロールのビュー状態を保持するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the server control persists its view state, and the view state of any child controls it contains, to the requesting client.

(継承元 Control)
Events

コントロールのイベント ハンドラー デリゲートのリストを取得します。Gets a list of event handler delegates for the control. このプロパティは読み取り専用です。This property is read-only.

(継承元 Control)
HasChildViewState

現在のサーバー コントロールの子コントロールが、保存されたビューステートの設定を持っているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current server control's child controls have any saved view-state settings.

(継承元 Control)
ID

サーバー コントロールに割り当てられたプログラム ID を取得または設定します。Gets or sets the programmatic identifier assigned to the server control.

(継承元 Control)
IdSeparator

コントロール ID を区別するために使用する文字を取得します。Gets the character used to separate control identifiers.

(継承元 Control)
IsChildControlStateCleared

このコントロールに含まれているコントロールに、コントロールの状態が設定されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether controls contained within this control have control state.

(継承元 Control)
IsTrackingViewState

サーバー コントロールがビューステートの変更を保存しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the server control is saving changes to its view state.

(継承元 Control)
IsViewStateEnabled

このコントロールでビューステートが有効かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether view state is enabled for this control.

(継承元 Control)
LoadViewStateByID

コントロールがインデックスではなく ID によりビューステートの読み込みを行うかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the control participates in loading its view state by ID instead of index.

(継承元 Control)
NamingContainer

同じ ID プロパティ値を持つ複数のサーバー コントロールを区別するための一意の名前空間を作成する、サーバー コントロールの名前付けコンテナーへの参照を取得します。Gets a reference to the server control's naming container, which creates a unique namespace for differentiating between server controls with the same ID property value.

(継承元 Control)
Page

サーバー コントロールを含んでいる Page インスタンスへの参照を取得します。Gets a reference to the Page instance that contains the server control.

(継承元 Control)
Parent

ページ コントロールの階層構造における、サーバー コントロールの親コントロールへの参照を取得します。Gets a reference to the server control's parent control in the page control hierarchy.

(継承元 Control)
RenderingCompatibility

レンダリングされる HTML と互換性がある ASP.NET のバージョンを表す値を取得します。Gets a value that specifies the ASP.NET version that rendered HTML will be compatible with.

(継承元 Control)
Site

デザイン サーフェイスに現在のコントロールを表示するときに、このコントロールをホストするコンテナーに関する情報を取得します。Gets information about the container that hosts the current control when rendered on a design surface.

(継承元 Control)
SkinID

HierarchicalDataSourceControl コントロールに適用するスキンを取得または設定します。Gets or sets the skin to apply to the HierarchicalDataSourceControl control.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
TemplateControl

このコントロールを格納しているテンプレートへの参照を取得または設定します。Gets or sets a reference to the template that contains this control.

(継承元 Control)
TemplateSourceDirectory

現在のサーバー コントロールを格納している Page または UserControl の仮想ディレクトリを取得します。Gets the virtual directory of the Page or UserControl that contains the current server control.

(継承元 Control)
Transform

XmlDataSource コントロールで管理されている XML データに対して実行される XSLT 変換を定義する拡張スタイルシート言語 (XSL) データのブロックを取得または設定します。Gets or sets a block of Extensible Stylesheet Language (XSL) data that defines an XSLT transformation to be performed on the XML data managed by the XmlDataSource control.

TransformArgumentList

XSLT 引数リストを提供します。この引数リストは、XML データに対する変換を実行するために、Transform プロパティまたは TransformFile プロパティで定義されたスタイル シートと組み合わせて使用されます。Provides a list of XSLT arguments that are used with the style sheet defined by the Transform or TransformFile properties to perform a transformation on the XML data.

TransformFile

XmlDataSource コントロールで管理されている XML データに対して実行される XSLT 変換を定義する拡張スタイルシート言語 (XSL) ファイル (.xsl) のファイル名を指定します。Specifies the file name of an Extensible Stylesheet Language (XSL) file (.xsl) that defines an XSLT transformation to be performed on the XML data managed by the XmlDataSource control.

UniqueID

階層構造で修飾されたサーバー コントロールの一意の ID を取得します。Gets the unique, hierarchically qualified identifier for the server control.

(継承元 Control)
ValidateRequestMode

ブラウザーからのクライアント入力の安全性をコントロールで調べるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the control checks client input from the browser for potentially dangerous values.

(継承元 Control)
ViewState

同一のページに対する複数の要求にわたって、サーバー コントロールのビューステートを保存し、復元できるようにする状態情報のディクショナリを取得します。Gets a dictionary of state information that allows you to save and restore the view state of a server control across multiple requests for the same page.

(継承元 Control)
ViewStateIgnoresCase

StateBag オブジェクトが大文字小文字を区別しないかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the StateBag object is case-insensitive.

(継承元 Control)
ViewStateMode

このコントロールのビューステート モードを取得または設定します。Gets or sets the view-state mode of this control.

(継承元 Control)
Visible

コントロールが視覚的に表示されているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the control is visually displayed.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
XPath

Data プロパティに格納された XML データ、または、DataFile プロパティで指定された XML ファイル内の XML データに対して適用する XPath 式を指定します。Specifies an XPath expression to be applied to the XML data contained by the Data property or by the XML file indicated by the DataFile property.

メソッド

AddedControl(Control, Int32)

子コントロールが Control オブジェクトの Controls コレクションに追加された後に呼び出されます。Called after a child control is added to the Controls collection of the Control object.

(継承元 Control)
AddParsedSubObject(Object)

XML または HTML のいずれかの要素が解析されたことをサーバー コントロールに通知し、サーバー コントロールの ControlCollection オブジェクトに要素を追加します。Notifies the server control that an element, either XML or HTML, was parsed, and adds the element to the server control's ControlCollection object.

(継承元 Control)
ApplyStyleSheetSkin(Page)

ページのスタイル シートに定義されたスタイル プロパティをコントロールに適用します。Applies the style properties that are defined in the page style sheet to the control.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
BeginRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを開始します。Begins design-time tracing of rendering data.

(継承元 Control)
BuildProfileTree(String, Boolean)

ページのトレースが有効な場合、サーバー コントロールに関する情報を収集し、これを表示するために Trace プロパティに渡します。Gathers information about the server control and delivers it to the Trace property to be displayed when tracing is enabled for the page.

(継承元 Control)
ClearCachedClientID()

キャッシュされた ClientID 値を null に設定します。Sets the cached ClientID value to null.

(継承元 Control)
ClearChildControlState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールについて、コントロールの状態情報を削除します。Deletes the control-state information for the server control's child controls.

(継承元 Control)
ClearChildState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報およびコントロールの状態情報を削除します。Deletes the view-state and control-state information for all the server control's child controls.

(継承元 Control)
ClearChildViewState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報を削除します。Deletes the view-state information for all the server control's child controls.

(継承元 Control)
ClearEffectiveClientIDMode()

現在のコントロール インスタンスおよびすべての子コントロールの ClientIDMode プロパティを Inherit に設定します。Sets the ClientIDMode property of the current control instance and of any child controls to Inherit.

(継承元 Control)
CreateChildControls()

ASP.NET ページ フレームワークによって呼び出され、ポストバックまたはレンダリングの準備として、合成ベースの実装を使うサーバー コントロールに対し、それらのコントロールに含まれる子コントロールを作成するように通知します。Called by the ASP.NET page framework to notify server controls that use composition-based implementation to create any child controls they contain in preparation for posting back or rendering.

(継承元 Control)
CreateControlCollection()

サーバー コントロールの子コントロール (リテラルとサーバーの両方) を保持する新しい ControlCollection オブジェクトを作成します。Creates a new ControlCollection object to hold the child controls (both literal and server) of the server control.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
DataBind()

呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。Binds a data source to the invoked server control and all its child controls.

(継承元 Control)
DataBind(Boolean)

DataBinding イベントを発生させるオプションを指定して、呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。Binds a data source to the invoked server control and all its child controls with an option to raise the DataBinding event.

(継承元 Control)
DataBindChildren()

データ ソースをサーバー コントロールの子コントロールにバインドします。Binds a data source to the server control's child controls.

(継承元 Control)
Dispose()

サーバー コントロールが、メモリから解放される前に最終的なクリーンアップを実行できるようにします。Enables a server control to perform final clean up before it is released from memory.

(継承元 Control)
EndRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを終了します。Ends design-time tracing of rendering data.

(継承元 Control)
EnsureChildControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。Determines whether the server control contains child controls. 含まれていない場合、子コントロールを作成します。If it does not, it creates child controls.

(継承元 Control)
EnsureID()

ID が割り当てられていないコントロールの ID を作成します。Creates an identifier for controls that do not have an identifier assigned.

(継承元 Control)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
FindControl(String)

指定した id パラメーターを使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。Searches the current naming container for a server control with the specified id parameter.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
FindControl(String, Int32)

指定した id および検索に役立つ pathOffset パラメーターに指定された整数を使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。Searches the current naming container for a server control with the specified id and an integer, specified in the pathOffset parameter, which aids in the search. この形式の FindControl メソッドはオーバーライドしないでください。You should not override this version of the FindControl method.

(継承元 Control)
Focus()

コントロールに入力フォーカスを設定します。Sets input focus to the control.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
GetDesignModeState()

コントロールのデザイン時データを取得します。Gets design-time data for a control.

(継承元 Control)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetHierarchicalView(String)

XmlDataSource コントロールのデータ ソース ビュー オブジェクトを取得します。Gets the data source view object for the XmlDataSource control. viewPath パラメーターは Xpath 式である場合もあります。The viewPath parameter can be an XPath expression.

GetRouteUrl(Object)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。Gets the URL that corresponds to a set of route parameters.

(継承元 Control)
GetRouteUrl(RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。Gets the URL that corresponds to a set of route parameters.

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, Object)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。Gets the URL that corresponds to a set of route parameters and a route name.

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。Gets the URL that corresponds to a set of route parameters and a route name.

(継承元 Control)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetUniqueIDRelativeTo(Control)

指定されたコントロールの UniqueID プロパティのプレフィックス部分を返します。Returns the prefixed portion of the UniqueID property of the specified control.

(継承元 Control)
GetXmlDocument()

XML データを、基になるデータ ストレージから直接メモリに読み込むか、キャッシュからメモリに読み込むことにより、それを XmlDataDocument オブジェクトの形式で返します。Loads the XML data into memory, either directly from the underlying data storage or from the cache, and returns it in the form of an XmlDataDocument object.

HasControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。Determines if the server control contains any child controls.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
HasEvents()

コントロールまたは子コントロールに対してイベントが登録されているかどうかを示す値を返します。Returns a value indicating whether events are registered for the control or any child controls.

(継承元 Control)
IsLiteralContent()

サーバー コントロールがリテラルな内容だけを保持しているかどうかを決定します。Determines if the server control holds only literal content.

(継承元 Control)
LoadControlState(Object)

SaveControlState() メソッドによって保存された前回のページ要求からコントロールの状態情報を復元します。Restores control-state information from a previous page request that was saved by the SaveControlState() method.

(継承元 Control)
LoadViewState(Object)

SaveViewState() メソッドによって保存された前回のページ要求からビューステート情報を復元します。Restores view-state information from a previous page request that was saved by the SaveViewState() method.

(継承元 Control)
MapPathSecure(String)

仮想パス (絶対パスまたは相対パス) の割り当て先の物理パスを取得します。Retrieves the physical path that a virtual path, either absolute or relative, maps to.

(継承元 Control)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnBubbleEvent(Object, EventArgs)

サーバー コントロールのイベントをページの UI サーバー コントロールの階層構造に渡すかどうかを決定します。Determines whether the event for the server control is passed up the page's UI server control hierarchy.

(継承元 Control)
OnDataBinding(EventArgs)

DataBinding イベントを発生させます。Raises the DataBinding event.

(継承元 Control)
OnDataSourceChanged(EventArgs)

DataSourceChanged イベントを発生させます。Raises the DataSourceChanged event.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
OnInit(EventArgs)

Init イベントを発生させます。Raises the Init event.

(継承元 Control)
OnLoad(EventArgs)

Load イベントを発生させます。Raises the Load event.

(継承元 Control)
OnPreRender(EventArgs)

PreRender イベントを発生させます。Raises the PreRender event.

(継承元 Control)
OnTransforming(EventArgs)

Transforming コントロールが XML データに対して XSLT 変換を実行する前に XmlDataSource イベントを発生させます。Raises the Transforming event before the XmlDataSource control performs an XSLT transformation on its XML data.

OnUnload(EventArgs)

Unload イベントを発生させます。Raises the Unload event.

(継承元 Control)
OpenFile(String)

ファイルの読み込みで使用される Stream を取得します。Gets a Stream used to read a file.

(継承元 Control)
RaiseBubbleEvent(Object, EventArgs)

イベントのソースおよびその情報をコントロールの親に割り当てます。Assigns any sources of the event and its information to the control's parent.

(継承元 Control)
RemovedControl(Control)

Control オブジェクトの Controls コレクションから子コントロールが削除された後に呼び出されます。Called after a child control is removed from the Controls collection of the Control object.

(継承元 Control)
Render(HtmlTextWriter)

提供されたクライアントに表示される内容を書き込む HtmlTextWriter オブジェクトに、サーバー コントロールの内容を送信します。Sends server control content to a provided HtmlTextWriter object, which writes the content to be rendered on the client.

(継承元 Control)
RenderChildren(HtmlTextWriter)

クライアントに表示される内容の書き込みを行う、指定された HtmlTextWriter オブジェクトに、サーバー コントロールの子を出力します。Outputs the content of a server control's children to a provided HtmlTextWriter object, which writes the content to be rendered on the client.

(継承元 Control)
RenderControl(HtmlTextWriter)

指定の HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力し、トレースが有効である場合はコントロールに関するトレース情報を保存します。Outputs server control content to a provided HtmlTextWriter object and stores tracing information about the control if tracing is enabled.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
RenderControl(HtmlTextWriter, ControlAdapter)

指定した ControlAdapter オブジェクトを使用して、指定した HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力します。Outputs server control content to a provided HtmlTextWriter object using a provided ControlAdapter object.

(継承元 Control)
ResolveAdapter()

指定したコントロールを表示するコントロール アダプターを取得します。Gets the control adapter responsible for rendering the specified control.

(継承元 Control)
ResolveClientUrl(String)

ブラウザーで使用できる URL を取得します。Gets a URL that can be used by the browser.

(継承元 Control)
ResolveUrl(String)

要求側クライアントで使用できる URL に変換します。Converts a URL into one that is usable on the requesting client.

(継承元 Control)
Save()

XmlDataSource プロパティが設定されている場合に、DataFile コントロールが現在メモリ内に保持している XML データをディスクに保存します。Saves the XML data currently held in memory by the XmlDataSource control to disk if the DataFile property is set.

SaveControlState()

ページがサーバーにポスト バックされた時間以降に発生したすべてのサーバー コントロール状態の変化を保存します。Saves any server control state changes that have occurred since the time the page was posted back to the server.

(継承元 Control)
SaveViewState()

ページがサーバーにポスト バックされた時間以降に発生した、サーバー コントロールのビューステートの変更を保存します。Saves any server control view-state changes that have occurred since the time the page was posted back to the server.

(継承元 Control)
SetDesignModeState(IDictionary)

コントロールのデザイン時データを設定します。Sets design-time data for a control.

(継承元 Control)
SetRenderMethodDelegate(RenderMethod)

サーバー コントロールとその内容を親コントロールに表示するイベント ハンドラー デリゲートを割り当てます。Assigns an event handler delegate to render the server control and its content into its parent control.

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object)

トレース データ キーとトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。Sets trace data for design-time tracing of rendering data, using the trace data key and the trace data value.

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object, Object)

トレースされたオブジェクト、トレース データ キー、およびトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。Sets trace data for design-time tracing of rendering data, using the traced object, the trace data key, and the trace data value.

(継承元 Control)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TrackViewState()

サーバー コントロールにビューステートの変更を追跡させ、サーバー コントロールの StateBag オブジェクトに変更を格納できるようにします。Causes tracking of view-state changes to the server control so they can be stored in the server control's StateBag object. このオブジェクトは、ViewState プロパティによってアクセスできます。This object is accessible through the ViewState property.

(継承元 Control)

イベント

DataBinding

サーバー コントロールがデータ ソースに連結すると発生します。Occurs when the server control binds to a data source.

(継承元 Control)
Disposed

サーバー コントロールがメモリから解放されると発生します。これは、ASP.NET ページが要求されている場合のサーバー コントロールの有効期間における最終段階です。Occurs when a server control is released from memory, which is the last stage of the server control lifecycle when an ASP.NET page is requested.

(継承元 Control)
Init

サーバー コントロールが初期化されると発生します。これは、サーバー コントロールの有効期間における最初の手順です。Occurs when the server control is initialized, which is the first step in its lifecycle.

(継承元 Control)
Load

サーバー コントロールが Page オブジェクトに読み込まれると発生します。Occurs when the server control is loaded into the Page object.

(継承元 Control)
PreRender

Control オブジェクトの読み込み後、表示を開始する前に発生します。Occurs after the Control object is loaded but prior to rendering.

(継承元 Control)
Transforming

Transform プロパティで定義されたスタイル シート、または TransformFile プロパティで指定されたスタイル シートが XML データに適用される前に発生します。Occurs before the style sheet that is defined by the Transform property or identified by the TransformFile property is applied to XML data.

Unload

サーバー コントロールがメモリからアンロードされると発生します。Occurs when the server control is unloaded from memory.

(継承元 Control)

明示的なインターフェイスの実装

IControlBuilderAccessor.ControlBuilder

このメンバーの詳細については、「ControlBuilder」をご覧ください。For a description of this member, see ControlBuilder.

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.GetDesignModeState()

このメンバーの詳細については、「GetDesignModeState()」をご覧ください。For a description of this member, see GetDesignModeState().

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetDesignModeState(IDictionary)

このメンバーの詳細については、「SetDesignModeState(IDictionary)」をご覧ください。For a description of this member, see SetDesignModeState(IDictionary).

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetOwnerControl(Control)

このメンバーの詳細については、「SetOwnerControl(Control)」をご覧ください。For a description of this member, see SetOwnerControl(Control).

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.UserData

このメンバーの詳細については、「UserData」をご覧ください。For a description of this member, see UserData.

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.DataBindings

このメンバーの詳細については、「DataBindings」をご覧ください。For a description of this member, see DataBindings.

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.HasDataBindings

このメンバーの詳細については、「HasDataBindings」をご覧ください。For a description of this member, see HasDataBindings.

(継承元 Control)
IDataSource.DataSourceChanged

このメンバーの説明については、DataSourceChanged のトピックを参照してください。For a description of this member, see DataSourceChanged.

IDataSource.GetView(String)

データ ソース コントロールに関連付けられた名前付きデータ ソース ビューを取得します。Gets the named data source view associated with the data source control.

IDataSource.GetViewNames()

このメンバーの詳細については、「GetViewNames()」をご覧ください。For a description of this member, see GetViewNames().

IExpressionsAccessor.Expressions

このメンバーの詳細については、「Expressions」をご覧ください。For a description of this member, see Expressions.

(継承元 Control)
IExpressionsAccessor.HasExpressions

このメンバーの詳細については、「HasExpressions」をご覧ください。For a description of this member, see HasExpressions.

(継承元 Control)
IHierarchicalDataSource.DataSourceChanged

データ バインド コントロールに影響を与える変更が HierarchicalDataSourceControl に加えられたときに発生します。Occurs when the HierarchicalDataSourceControl has changed in some way that affects data-bound controls.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
IHierarchicalDataSource.GetHierarchicalView(String)

IHierarchicalDataSource インターフェイスに対する、指定されたパスのビュー ヘルパー オブジェクトを取得します。Gets the view helper object for the IHierarchicalDataSource interface for the specified path.

(継承元 HierarchicalDataSourceControl)
IListSource.ContainsListCollection

このメンバーの説明については、ContainsListCollection のトピックを参照してください。For a description of this member, see ContainsListCollection.

IListSource.GetList()

このメンバーの詳細については、「GetList()」をご覧ください。For a description of this member, see GetList().

IParserAccessor.AddParsedSubObject(Object)

このメンバーの詳細については、「AddParsedSubObject(Object)」をご覧ください。For a description of this member, see AddParsedSubObject(Object).

(継承元 Control)

拡張メソッド

FindDataSourceControl(Control)

指定されたコントロールのデータ コントロールに関連付けられているデータ ソースを返します。Returns the data source that is associated with the data control for the specified control.

FindFieldTemplate(Control, String)

指定されたコントロールの名前付けコンテナー内にある、指定された列のフィールド テンプレートを返します。Returns the field template for the specified column in the specified control's naming container.

FindMetaTable(Control)

格納しているデータ コントロールのメタテーブル オブジェクトを返します。Returns the metatable object for the containing data control.

GetDefaultValues(IDataSource)

指定されたデータ ソースの既定値のコレクションを取得します。Gets the collection of the default values for the specified data source.

GetMetaTable(IDataSource)

指定したデータ ソース オブジェクト内のテーブルのメタデータを取得します。Gets the metadata for a table in the specified data source object.

TryGetMetaTable(IDataSource, MetaTable)

テーブル メタデータが使用できるかどうかを判断します。Determines whether table metadata is available.

適用対象

こちらもご覧ください