コンテンツContent

SharePoint Online は、組織がデジタル情報を格納、共有、および管理するのに役立つ web ベースのツールとテクノロジの集合です。SharePoint Online is a collection of web-based tools and technologies that help your organization store, share, and manage digital information. このホスト型サービスは Microsoft SharePoint Server 2013 上に構築されており、プロジェクトの作業、データとドキュメントの一元的な保存、および他のユーザーとの情報の共有を行うのに適しています。Built on Microsoft SharePoint Server 2013, this hosted service is ideal for working on projects, storing data and documents in a central location, and sharing information with others. 次のコンテンツ機能により、エンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) がだれにとっても簡単なものになります。The following Content features makes Enterprise Content Management (ECM) easy for everyone. これは、従来のコンテンツ管理、ソーシャル機能、および強力な検索を組み合わせたものです。It's the combination of traditional content management, social capabilities, and powerful search.

アクセシビリティ標準のサポートAccessibility standards support

リンク、フォーム コントロール、ボタンなど、SharePoint の多くのユーザー インターフェイス (UI) 要素は、Microsoft Active Accessibility (MSAA) を使用するように設計されています。Most SharePoint user interface (UI) elements, such as links, form controls, and buttons are designed to use Microsoft Active Accessibility (MSAA). MSAA を使用すると、障碍のあるユーザーが、スクリーンリーダーなどの支援テクノロジを使用してコンテンツを操作できます。MSAA lets people with disabilities interact with content by using assistive technologies, such as a screen reader. アクセシビリティ機能の詳細について説明します。Learn more about accessibility features.

アセットライブラリの機能強化/ビデオサポートAsset Library enhancements/video support

アセット ライブラリは特別な機能を使用するようにあらかじめ構成されており、ユーザーは、画像ファイル、オーディオ ファイル、ビデオ ファイルなどのリッチ メディア アセットを管理できます。詳細については、「アセット ライブラリ」を参照してください。An Asset Library is pre-configured to use special features that help users manage rich media assets, such as image, audio, and video files. Learn more about Asset Library.

監査Auditing

SharePoint Online サイトコレクション管理者は監査機能を使用して、サイト、コンテンツタイプ、リスト、ライブラリ、リストアイテム、およびサイトコレクションのライブラリファイルに対してどのユーザーがどのような操作を行ったかを追跡できます。SharePoint Online site collection administrators can use the audit feature to track which users have taken what actions on the sites, content types, lists, libraries, list items, and library files of site collections. 詳細については、「サイト コレクションの監査設定の構成」を参照してください。Learn more about configuring audit settings for a site collection.

監査&レポート (ドキュメントの編集、ポリシーの編集、削除など)Auditing & reporting (e.g., doc edits, policy edits, deletes)

SharePoint Online サイト コレクション管理者は監査機能を使用して、サイト コレクションのサイト、コンテンツ タイプ、リスト、ライブラリ、およびリスト項目でどのユーザーがどのような処理を行ったかを追跡できます。詳細については、「サイト コレクションの監査設定の構成」を参照してください。SharePoint Online site collection administrators can use the audit feature to track which users have taken what actions on the sites, content types, lists, libraries, and list items of site collections. Learn more about configuring audit settings for a site collection.

CatalogCatalog

プライベート サイト コレクションにだけ使用できます。カタログは、その他のサイトとサイト コレクションで共有されるライブラリまたはリストです。詳細については、「ライブラリまたはリストをカタログとして有効にする」を参照してください。Only available for Private Site Collections. A catalog is a library or list that is shared across other sites and site collections. Learn how to enable a library or list as a catalog.

カテゴリページとカタログアイテムページCategory page and catalog item page

プライベートサイトコレクションでのみ使用できます。Only available for private site collections. カテゴリ ページとカタログ アイテム ページは、サイト全体で一貫した方法で表示する必要のあるカタログ コンテンツのために使用可能なページ レイアウトです。Category pages and catalog item pages are page layouts that you can use for catalog content that you want to display consistently across your site. 詳細については、「SharePoint 2013 でカタログベースのサイトのページ レイアウトをカスタマイズする方法」を参照してください。Learn how to customize page layouts for catalog-based sites.

コンテンツ オーガナイザーContent Organizer

コンテンツ オーガナイザーはドキュメントのゲートキーパーとして動作します。フォルダー サイズの管理およびさまざまなライブラリやフォルダーへのドキュメントのルーティングなど、いくつかの重要なライブラリ タスクを自動的に管理できます。これによって時間を節約できるだけでなく、ドキュメント ライブラリを一貫して管理できます。詳細については、「コンテンツ オーガナイザー」を参照してください。The Content Organizer acts as a gatekeeper for documents. You can automatically manage some important library tasks, such as managing folder sizes and routing documents to different libraries or folders. This not only saves time, but can help make sure that a document library is managed consistently. Learn more about Content Organizer.

クロスサイト発行Cross-site publishing

プライベートサイトコレクションでのみ使用できます。Only available for private site collections. クロスサイトコレクション発行は、発行方法です。Cross-Site Collection Publishing is a publishing method. この方法を使用すれば、1 つ以上のオーサリング サイト コレクションでコンテンツの作成と管理を行い、検索 Web パーツを使用してそのコンテンツを 1 つ以上の発行サイト コレクションで公開できます。It lets you create and maintain content in one or more authoring site collections and publish that content across one or more publishing site collections using Search Web Parts. クロスサイトコレクション発行機能をアクティブ化する方法について説明します。Learn how to activate the Cross-Site Collection Publishing feature

デザイン マネージャーDesign Manager

組織では、デザイン マネージャーにより、マスター ページ、ページ レイアウト、モバイル ビューなどを変更できます。この機能は特に、高度なサイト設計、および一般向け Web サイト、内部サイト コレクション、またはポータルのブランド化に役立ちます。詳細については、「SharePoint 2013 サイト開発の新機能」を参照してください。Design Manager lets organizations change master pages, page layouts, mobile views, and more. This feature is especially useful for advanced site design and branding to your public-facing website or your internal site collection or portal. Learn more about site development.

ドキュメントセットDocument sets

ユーザーはドキュメント セットにより、複数のファイルを単一エンティティとして保存、操作、エクスポートしたり、説明を追加したりできます。作成されたどのドキュメント セットにも、ポリシー、タグ付け、およびテンプレートを適用できます。詳細については、「ドキュメント セット」を参照してください。Document sets let users store, act on, export, and add a description to multiple files as a single entity. Policies, tagging, and templates can be applied to any document set that is created. Learn more about Document Sets.

Word で web 用のドキュメントを翻訳するDocument translation in Word for the web

閲覧ビューでは、web 用の Word は、組織が自分のドキュメントをブラウザーで直接翻訳できるようにするためのオプションを備えています。In Reading View, Word for the web now features an option to let organizations translate their documents directly in the browser. これにより、ドキュメントのコメントも翻訳されます。Even document comments are translated.

電子情報開示の検索では、コンプライアンスの証拠や訴訟支援として利用できる、電子的に格納された情報 (ESI) を検索できます。検索可能なコンテンツには、ドキュメントやリスト アイテムなどの構造化コンテンツ、およびブログ、Wiki、ニュースフィードや、Exchange メールボックスのコンテンツがあります。コンテンツを検出可能にするには、検索によってインデックス付けされている必要があります。詳細については、「電子情報開示センターでクエリを作成して実行する」を参照してください。eDiscovery search allows users to search for electronically stored information (ESI) that can be used as evidence for compliance and litigation support. Searchable content includes structured content, like documents and list items, as well as blogs, wikis, newsfeeds, and content in Exchange mailboxes. To be discoverable, content must be indexed by search. For more information, see Create and run eDiscovery queries.

電子情報開示の保留eDiscovery hold

保留の適用とは、オリジナル コンテンツがユーザーによって変更される場合や削除される場合に備えて、そのコピーを保存することを意味します。SharePoint サイト (OneDrive for Business サイトなど) や Exchange メールボックス (Skype for Business のスレッドのアーカイブなど) のコンテンツを保留状態にできます。保留は、保留が適用されたときの元の形式でコンテンツを維持するために使用されます。ユーザーがサイトやメールボックスに対して保留を適用すると、コンテンツは元の場所でインプレースのままになります。詳細については、「電子情報開示ケースにコンテンツを追加して、ソースを保留にする」を参照してください。Applying a hold means preserving a copy of the original content in case it's modified or deleted by a user. Holds can be placed on content in SharePoint sites (including OneDrive for Business sites) and in Exchange mailboxes (including archived Skype for Business conversations). A hold is used to retain the content in its original form at the time when the hold is applied. When users apply a hold to a site or mailbox, the content remains in-place in its original location. For more information, see Add content to an eDiscovery case and place sources on hold.

電子情報開示のエクスポートeDiscovery export

電子情報開示のコンテンツを当局に提出する準備が完了したとき、または別の法律プログラムを使用して作業を続ける場合には、電子情報開示センターからコンテンツをエクスポートできます。コンテンツがエクスポートされるとき、ほかの電子情報開示プログラムによって利用できる標準 EDRM 形式でエクスポートされます。エクスポートされるアイテムに関するメタデータを提供するために、電子情報開示参考モデル XML マニフェストが検索結果に含まれます。詳細については、「電子情報開示コンテンツをエクスポートし、レポートを作成する」を参照してください。When users are ready to deliver eDiscovery content to an authority or want to work on it with another legal program, they can export content from the eDiscovery Center. When content is exported, it's delivered in a standard EDRM format that can be used by other eDiscovery programs. An Electronic Discovery Reference Model XML manifest is included with the search results to provide metadata about the exported items. For more information, see Export eDiscovery content and create reports.

外部共有: 外部アクセスExternal sharing: external access

ベンダー、クライアント、またはお客様とのドキュメント共有や直接的なコラボレーションを含む作業を組織で実行する場合は、1 つ以上の SharePoint Online サイトを使用して、組織の Microsoft Office 365 サブスクリプションのライセンスを持っていない組織外部の人物とコンテンツを共有できます。サイトを SharePoint Online で共有すると、サイトへの参加の招待状を含む電子メール メッセージが外部ユーザーに送信されます。user@gmail.com、user@contoso.com、user@Comcast.net など、あらゆる種類の電子メール アドレスのユーザーに招待状を送信できます。外部のユーザーは、自分の電子メール アドレスと Microsoft アカウントとの 1 回限りの関連付けを介して共有サイトにサインインします。詳細については、「外部共有」を参照してください。If your organization performs work that involves sharing documents or collaborating directly with vendors, clients, or customers, then you might want to use one or more of your SharePoint Online sites to share content with people outside your organization who do not have licenses for your organization's Microsoft Office 365 subscription. When a site is shared in SharePoint Online, an email message is sent to the external user containing the invitation to join the site. Invitations can be sent to people with any type of email address, such as user@gmail.com, user@contoso.com, or user@Comcast.net. External users sign in to the shared site via a one-time association of their email address with a Microsoft account. Learn more about external sharing.

サイト ユーザーはゲスト リンク (ドキュメントへの匿名リンク) を作成することにより SharePoint Online で保存されたドキュメントを外部ユーザーと共有でき、外部ユーザーはサインインする必要がありません。また、サイト ユーザーは [リンクの取得] ボタンを使用して、OneDrive for Business やチーム サイト ライブラリなどのドキュメントの保存場所からゲスト リンクをすぐに作成できます。詳細については、「外部ユーザーとサイトを共有する」を参照してください。Site users can generate a Guest Link (an anonymous link to a document) to share documents stored in SharePoint Online with external users without requiring the external user to sign in. Site users can create a Guest Link right from where the document is stored, such as in OneDrive for Business or a team site library, by using the "Get a link" button. Learn more about sharing a site with external users.

ファセットナビゲーションFaceted navigation

ファセットナビゲーションを使用すると、用語セット内の用語に関連付けられた絞り込み条件をフィルター処理することによって、コンテンツのブラウザーをより簡単にすることができます。Faceted navigation helps users browser for content more easily by filtering on refiners that are tied to terms in a term set. ファセット ナビゲーションを使用すると、SharePoint Server 2013 管理者は、別のページを作成せずに、用語セットのさまざまな用語のさまざまな絞り込み条件を構成できます。By using faceted navigation, SharePoint Server 2013 administrators can configure different refiners for different terms in a term set without having to create additional pages. 認証された SharePoint Online ユーザーのみが、ファセット ナビゲーション付きのプライベート サイト コレクションにアクセスできます。Only authenticated SharePoint Online users can access private site collections with faceted navigation.

フォルダーの同期Folder sync

ユーザーは SharePoint ライブラリをコンピューターに同期してから、エクスプローラーを使用してライブラリのファイルを操作できます。ユーザーがオンラインのとき、ファイルの更新は SharePoint に同期されます。OneDrive for Business やチーム サイトのドキュメント ライブラリは同期できます。詳細については、「Office 365 で OneDrive for Business のファイルを同期するようにコンピューターを設定する」を参照してください。Users can sync a SharePoint library to their computers, and then work with those files in the library by using File Explorer. Updates to files sync to SharePoint when users are online. OneDrive for Business or a document library on a team site can be synched. Learn more about syncing a library to your computer.

画像表示Image renditions

画像表示により、組織ではサイズの大きいソース イメージを SharePoint サイトに含めることができます。また、ページで小さいバージョンしか使用しないサイトの場所も含めることが可能です。Image renditions let organizations have large source images on a SharePoint site and also have places on a site where pages only use smaller versions.

Information Rights Management (IRM)Information Rights Management (IRM)

SharePoint Online IRM では、Office 365 の情報保護技術である Azure Information Protection が使用されます。IRM 保護は、SharePoint リストのファイルおよびライブラリ レベルで適用されます。詳細については、「SharePoint 管理センターにおける Information Rights Management (IRM) の設定」を参照してください。SharePoint Online IRM uses Azure Information Protection, an information protection technology in Office 365. IRM protection is applied to files at the SharePoint list and library levels. Learn more about IRM in SharePoint Online.

管理されたメタデータ サービスManaged metadata service

メタデータ管理では、テナントレベルのストア サービスから複数の分類とフォークソノミーが提供され、サイト コレクション レベルで利用できるようになります。メタデータ フィールドもドキュメントに埋め込むことができます。詳細については、「管理されたメタデータ」を参照してください。Metadata management provides multiple taxonomies and folksonomies from a tenant-level store service that can be consumed at the site collection level. Metadata fields can even be embedded in documents. Learn more about managed metadata.

メタデータ駆動型ナビゲーションMetadata-driven navigation

メタデータ駆動型ナビゲーションでは、サイズの大きいリストやライブラリでのコンテンツの検出が簡単になります。ユーザー タグ付けインセンティブが導入され、場所とコンテキストに基づいて適切なメタデータが予測されて提案されます。詳細については、「メタデータ ナビゲーションをセットアップする」を参照してください。Metadata-driven navigation makes it easier to discover content in large lists and libraries. User tagging incentives are introduced and offer anticipatory suggestions of appropriate metadata based on location and context. Learn more about setting up metadata navigation.

複数段階の廃棄Multi-stage disposition

アイテム保持ポリシーに複数のステージを含めて、ドキュメントのライフサイクル全体を 1 つのポリシーとして指定できます。たとえば、契約を毎年確認して 7 年後に削除します。詳細については、「レコードの保存と管理の方法を選ぶ」を参照してください。Retentions policies can have multiple stages, allowing you to specify the entire document lifecycle as one policy. For example, review contracts every year, and delete after seven years. Learn more about storing and managing records.

Web 用 Office (作成/編集)Office for the web (create/edit)

Office 365 をご利用のお客様の場合は、インターネットブラウザーから office を使用して office ファイルを自動的に作成および編集できます。If you're an Office 365 customer, then you can automatically create and edit Office files using Office for the web from an internet browser. Web 用に Office で使用できる機能については、「 office for the web service description」を参照してください。To learn which features are available in Office for the web, see Office for the web service description.

Web 用 Office (ビュー)Office for the web (view)

既定では、web 用の Office は表示のみです。By default, Office for the web is view-only. 表示専用の機能は無料で提供されます。View-only functionality is provided for free. 詳細については、「組織の SharePoint サイトでの web 用 Office の使用について」を参照してください。Learn more about using Office for the web in your organization's SharePoint site.

Office Web Apps サーバーの統合Office Web Apps Server integration

SharePoint Online のお客様には該当しません。SharePoint Server 2010 では、Office Web Apps は SharePoint サービス アプリケーションです。SharePoint Server 2013 では、新しい Office サーバー製品の Office Web Apps サーバーがあります。単一の Office Web Apps サーバー ファームは、SharePoint Server 2013、Exchange Server 2013、共有フォルダー、および Web サイトで Office ファイルにアクセスするユーザーをサポートできます。これにより、オンプレミスの環境で Office のオンライン バージョンを展開および管理することができます。詳細については、「Office Web Apps サーバーの統合」を参照してください。Not applicable to SharePoint Online customers. In SharePoint Server 2010, Office Web Apps is a SharePoint service application. For SharePoint Server 2013, there is a new Office server product, Office Web Apps Server. A single Office Web Apps Server farm can support users who access Office files through SharePoint Server 2013, Exchange Server 2013, shared folders, and websites. This lets you deploy and manage the online version of Office in an on-premises environment. Learn more about Office Web Apps Server Integration.

アイテム保管ライブラリPreservation hold library

保留されているコンテンツは保管されますが、ユーザーはそのコンテンツを変更できます。コンテンツの保管時の状態が記録されます。ユーザーがコンテンツを変更または削除した場合でも、アイテムは削除時に保持され、元の保管されたバージョンが使用可能です。詳細については、「電子情報開示ケースにコンテンツを追加して、ソースを保留にする」を参照してください。Content that is placed on hold is preserved, but users can still change it. The state of the content at the time of preservation is recorded. If a user changes the content or even deletes it, the item is retained at the time of deletion and the original, preserved version is still available. Learn more about placing content sources on hold.

発行分析Publishing analytics

分析処理コンポーネントにより、管理者は、ユーザーが最も便利で関連性があるとみなしているコンテンツを特定し明らかにできます。コンポーネントは、コンテンツ自体 (検索分析) と、ユーザーがそのコンテンツを操作する方法 (利用状況分析) の両方を分析します。分析結果は検索インデックスのアイテムに追加されるため、検索の関連性は時間とともに自動的に改善されます。結果はレポートでも使用され、検索管理者はどの手動手順によって検索システムを改善できるかを確認できます。詳細については、「SharePoint Server 2013 の分析処理の概要」を参照してください。The Analytics Processing Component helps administrators identify and surface content that users consider to be the most useful and relevant. The component analyzes both the content itself (Search analytics), and also the way users interact with it (Usage analytics). The results from the analysis are added to the items in the search index so that search relevance improves automatically over time. Also, the results are used in reports that help search administrators see which manual steps they can take to improve the search system. Learn more about analytics processing in SharePoint Server 2013.

クイック編集Quick Edit

以前よりデータシート ビューとして知られているクイック編集は、SharePoint リスト上で簡単かつ迅速に項目をインライン編集することができます。スプレッドシートに似たグリッド内からリストまたはライブラリの多くの項目を同時に編集する必要がある場合は、クイック編集が役立つことがあります。詳細については、「リスト アイテムを編集する」を参照してください。Quick Edit, formerly known as Datasheet View, allows you to simply and quickly edit items inline on a SharePoint list. Quick Edit can be helpful if you have to edit many items in a list or library at the same time from within a grid, similar to a spreadsheet. Learn more about editing list items.

レコード管理Records management

SharePoint では、アーカイブ内のレコードを管理したり、アクティブなドキュメントとして同じドキュメント リポジトリに配置済みのレコードを管理することができます。詳細については、「レコードの保存と管理の方法を選ぶ」をご覧ください。In SharePoint, you can manage records in an archive or you can manage records in-place in the same document repository as active documents. Learn more about choosing how to store and manage records.

Recycle Bin (SharePoint admin center)Recycle Bin (SharePoint admin center)

SharePoint Online の管理者は SharePoint 管理センターを使用して削除されたサイト コレクションを復元することができます。SharePoint Online administrators can restore a deleted site collection by using SharePoint admin center. 詳細については、「削除されたサイト コレクションを復元する」を参照してください。To learn more, see Restore a deleted site collection.

Recycle Bin (site collection)Recycle Bin (site collection)

SharePoint ユーザーのゴミ箱には、削除されたコンテンツが保存されています。必要であれば、ユーザーは削除された文書やリストを回復するためにごみ箱にアクセスすることができます。ごみ箱内のアイテムは 90 日間保持されます。以下のデータ型はごみ箱に入ります。SharePoint users have a Recycle Bin where deleted content is stored. They can access the Recycle Bin to recover deleted documents and lists, if they need to. Items in the Recycle Bin are retained for 90 days. The following data types are captured by the Recycle Bin:

  • サイト コレクションSite collections

  • サイトSites

  • リストLists

  • ライブラリLibraries

  • フォルダーFolders

  • リスト アイテムList items

  • ドキュメントDocuments

  • Web パーツページWeb part pages

SharePoint Designer によって行われるサイトのカスタマイズはごみ箱には入りません。Site customizations made through SharePoint Designer are not captured by the Recycle Bin.

詳細については、「SharePoint Online サイト コレクションのごみ箱を管理する」を参照してください。To learn more, see Manage the Recycle Bin of a SharePoint site collection.

検索 web パーツSearch web parts

プライベートサイトコレクションでのみ使用できます。Only available for private site collections. 検索 Web パーツは、検索結果を SharePoint Web ページで表現するのに役立ちます。Search web parts help you render search results on SharePoint web pages. コンテンツ検索、カタログアイテムの再利用、タグに一致するアイテム、ページ、画像、人気のあるアイテム、最近変更されたアイテム、推奨アイテム、ビデオ、Web ページ、Wiki ページなど、いくつかの検索型 web パーツがあります。There are several search-driven web parts, including Content Search, Catalog-Item Reuse, Items Matching a Tag, Pages, Pictures, Popular Items, Recently Changed Items, Recommended Items, Videos, Web Pages, and Wiki pages. コンテンツ検索 Web パーツ (CSWP) では、コンテンツを表示するために検索技術が使用されます。The Content Search Web Part (CSWP) uses search technology to display content. 訪問者が CSWP を含むページを参照すると、web パーツは自動的にクエリを発行し、検索結果が CSWP 内に表示されます。When visitors browse to a page that contains a CSWP, the web part automatically issues a query and the search results are displayed within the CSWP. ほとんどの場合、訪問者が、見ているコンテンツの表示に検索技術が使用されていることに気付くことはありません。In most cases, visitors won't even know that search technology is being used to display the content they're viewing. 訪問者には他の Web ページと変わらないように見えます。To them, it will look and feel like any other webpage. 詳細については、「コンテンツ検索 Web パーツを構成する」を参照してください。Learn how to configure the Content Search Web Part.

共有コンテンツタイプShared content types

サイト コレクションでコンテンツ タイプを共有するには、コンテンツ タイプ ギャラリーに管理メタデータ サービスの "ハブ" を作成し、サイト コレクションを含む各 Web アプリケーションからそのサービスへの接続を作成して、サイト コレクションでそのサービスのコンテンツ タイプを使用することを指定します。詳細については、「用語セットおよびコンテンツ タイプの共有を計画する (SharePoint Server 2013)」を参照してください。To share content types among site collections, you make on content type gallery the "hub" of a managed metadata service, create connections to the service from each web application that contains a site collection, and specify that site collections should use the content types in the service. Learn more about sharing term sets and content types in SharePoint Server 2013.

SharePoint translation servicesSharePoint translation services

Machine Translation Service により、ユーザーはドキュメントを自動翻訳できます。The Machine Translation Service lets users automatically translate documents. サーバーの全体管理または Windows PowerShell を使用して、機械翻訳サービスアプリケーションを作成し、機械翻訳サービスを構成することができます。You can create a Machine Translation service application and configure the Machine Translation Service by using Central Administration or Windows PowerShell. 詳細については、「SharePoint Server 2013 でドキュメントの自動翻訳を有効にする」を参照してください。Learn more about creating and configuring Machine Translation services in SharePoint Server 2013.

サイト メールボックスSite mailbox

サイト メールボックスは Exchange Online の共有受信トレイで、SharePoint Online サイトのメンバーがアクセスできます。これは SharePoint Online でアプリとして実装されます。SharePoint のサイト メールボックスでメールの開封、整理、返信、削除を行うには、Exchange Online と SharePoint Online の両方が必要です。A site mailbox is a shared inbox in Exchange Online that members of a SharePoint Online site can access. It is implemented in SharePoint Online as an app. You need both Exchange Online and SharePoint Online to read, organize, reply to, or delete mail from a site mailbox in SharePoint.

Unique Document IDsUnique Document IDs

一意の Document ID サービスでは、コンテンツのすべての部分に一意で読解可能な識別子が割り当てられて、コンテンツが元の場所から移動した場合でも簡単に特定できるようになり、情報の管理と追跡が改善されます。詳細については、「ドキュメント ID」を参照してください。The unique Document ID services improves the managing and tracking of information by assigning a unique, human-readable identifier to every piece of content, making it easier to locate, even if the content was moved from its original location. Learn more about Document IDs.

アセット ライブラリは特別な機能を使用するようにあらかじめ構成されており、ユーザーは、画像ファイル、オーディオ ファイル、ビデオ ファイルなどのリッチ メディア アセットを管理できます。詳細については、「アセット ライブラリをセットアップして、画像ファイル、オーディオ ファイル、またはビデオ ファイルを保存する」を参照してください。An Asset Library is pre-configured to use special features that help you manage rich media assets, such as image, audio, and video files. Learn more about setting up an Asset Library to store image, audio, or video files.

WCM: 検索エンジンの最適化 (SEO)WCM: Search Engine Optimization (SEO)

公開用 Web サイトの検索を最適化することは新規および戻ってきた顧客の接続に非常に重要です。Optimizing a public website for search is very important to connecting with new and returning customers. SharePoint Online はカスタマイズ可能な robots.txt やページ レベルのメタタグなどの SEO 機能を内蔵しているため、簡単により良い検索結果を得るようにサイトを調整することができます。SharePoint Online includes built-in SEO features, such as customizable robots.txt and page-level metatagging so organizations can easily tune sites for better search results.

Word Automation ServiceWord Automation Services

SharePoint Online のお客様は使用できません。Word Automation Services では、Microsoft Word によってサポートされるドキュメントをサーバー側で自動変換できます。Word Automation Services を使用すると、以前は Word デスクトップ アプリケーションを実行する必要があったタスクを SharePoint Server 2013 で自動化できます。Not available to SharePoint Online customers. Word Automation Services enables unattended, server-side conversion of documents that are supported by Microsoft Word. With Word Automation Services, tasks that previously required you to run the Word desktop application can be automated in SharePoint Server 2013.

機能の可用性Feature availability

Office 365 プラン、スタンドアロンのオプション、オンプレミスソリューション全体の機能の可用性を表示するには、「 SharePoint Online サービスの説明」を参照してください。To view feature availability across Office 365 plans, standalone options, and on-premises solutions, see SharePoint Online service description.