分析情報Insights

SharePoint Online は、組織がデジタル情報を格納、共有、および管理するのに役立つ web ベースのツールとテクノロジの集合です。SharePoint Online is a collection of web-based tools and technologies that help your organization store, share, and manage digital information. このホスト型サービスは Microsoft SharePoint Server 2013 上に構築されており、プロジェクトの作業、データとドキュメントの一元的な保存、および他のユーザーとの情報の共有を行うのに適しています。Built on Microsoft SharePoint Server 2013, this hosted service is ideal for working on projects, storing data and documents in a central location, and sharing information with others. 組織では、次の 洞察力 機能により、データベース、レポート、ビジネス アプリケーションの情報を使用して、特定のビジネス ニーズに対処できます。The following Insights features allow organizations to use the information in databases, reports, and business applications to address their specific business needs.

ビジネス インテリジェンス センターBusiness Intelligence Center

ビジネスインテリジェンスセンターサイトを使用すると、データ接続、ブック、レポート、スコアカード、およびダッシュボードを中央の安全な場所に格納できます。The Business Intelligence Center site lets you store data connections, workbooks, reports, scorecards, and dashboards in a central, secure location. 詳細については、「ビジネスインテリジェンスセンターの構成」を参照してください。Learn more about configuring Business Intelligence Center.

計算されるメジャーとメンバーCalculated measures and members

ピボットテーブル レポートのピボットグラフ レポートを作成し、SQL Server Analysis Services に保存されているデータを使用するときは、計算メジャーと計算メンバーをそのレポートに作成できます。Excel Services のビジネス インテリジェンス機能について詳細情報を参照してください。When you create PivotChart reports of PivotTable reports that use data that is stored in SQL Server Analysis Services, you can create calculated measure and calculated members for that report. Learn more about Business intelligence capabilities in Excel Services.

データ接続ライブラリData connection library

データ接続ライブラリは特別な SharePoint ライブラリであり、共有データ接続の保存と管理のために設計されています。A data connection library is a special SharePoint library that is designed to store and manage shared data connections. これらには、Excel を使用して作成した ODC ファイルを含めることができます。These can include ODC files that you create by using Excel. 信頼できるデータ接続ライブラリの詳細については、「SharePoint Server 2013」を参照してください。Learn more about trusted data connection libraries in SharePoint Server 2013.

分離ピボットテーブルおよびピボットグラフDecoupled PivotTables and PivotCharts

ピボットグラフ レポートを作成すると、対応するピボットテーブル レポートが自動的に作成されます。When you create a PivotChart report, a corresponding PivotTable report is automatically created. Excel 2013 では、対応するピボットグラフレポートと同じワークシートにピボットテーブルレポートを表示する必要はありません。In Excel 2013, you don't have to display a PivotTable report on the same worksheet as its corresponding PivotChart report. ピボットグラフ レポートのみ表示することを選択できます。You can choose to display only the PivotChart report. この機能は、分離されたピボットテーブルとピボットグラフと呼ばれます。This capability is called decoupled PivotTables and PivotCharts. ピボットテーブルとピボットグラフの詳細については、を参照してください。Learn more about PivotTables and PivotCharts.

Excel ServicesExcel Services

Excel Services では、ブックを他のユーザーと共有したり、レポートを操作したり、ブラウザーウィンドウで情報を表示および参照したり、データを更新したりできます。Excel Services lets you share workbooks with others, interact with reports, view and explore information in a browser window, and refresh data. Excel Services では、ブックのすべてまたは一部を他のユーザーと共有したり、それらのブックに表示される情報を制御したりすることもできます。Excel Services also lets you share all or parts of workbooks with others, and control what information is displayed in those workbooks. SharePoint 2016 では、Excel Services 機能は Office Online Server の web 用 Excel から入手できます。In SharePoint 2016, Excel Services capabilities are available through Excel for the web on Office Online Server. Excel Services にはオンプレミス環境の Office Online Server が必要です。Excel Services requires Office Online Server in the on-premises environment. Excel Servicesの詳細については、こちらを参照してください。Learn more about Excel Services.

SharePoint 用の Excel Web Access Web パーツExcel Web Access Web Part for SharePoint

Excel Web Access Web パーツを使用して、SharePoint サイト上で Excel コンテンツを表示することができます。You can use the Excel Web Access Web Part to display Excel content on a SharePoint site.

フィールドリストとフィールドのサポートField List and field support

Web 用 Excel を使用すると、フィールドリストとフィールドリストを開くことができます。これは、ブラウザーウィンドウに表示されるピボットグラフレポートおよびピボットテーブルレポートに対して適しています。Excel for the web lets you open the Field List and Field Well for PivotChart reports and PivotTable reports that are viewed in browser windows. この機能により、Excel を開かずに、ピボットグラフ レポートまたはピボットテーブル レポートに表示される情報を一時的に変更しやすくなります。This capability makes it easy to temporarily change the information that is displayed in a PivotChart report or a PivotTable report without having to open Excel. Excel Services のビジネスインテリジェンスの詳細について説明します。Learn more about business intelligence in Excel Services.

フィルターの機能拡張Filter enhancements

スライサーを作成してレポートに接続する操作が簡単になりました。スライサーのサイズと向きを調整できます。組み込みスタイルを適用するか独自のスタイルを定義して、スライサーをフォーマットすることもできます。Slicers are easier to create and connect to reports. You can adjust the size and orientation of a slicer. You can also format slicers by applying built-in styles or defining your own style.

フィルター結果を検索すると、長いリストで特定の項目に簡単にジャンプできます。フィルターとスライサーの使用方法について詳細情報を参照してください。You can search on filter results, which makes it easy to jump to a particular item in a long list. Learn more about using filters and slicers.

ODC ファイルのサポートODC file support

ODC ファイルを使用すると、エンタープライズデータソースへのデータ接続を管理、共有、再利用できます。ODC files let you manage, share, and reuse data connections to Enterprise data sources. 特定のデータ ソースへのデータ接続は、IT 担当者によって構成および一元管理され、ODC ファイルを使用するすべてのブックで使用できます。Data connections to particular data sources can be configured and managed centrally by IT personnel, and be made available for any workbook that consumes the ODC files. SharePoint ファームの中央の場所にある ODC ファイルのセットは保持でき、これらのファイルを使用するために Excel ブックを編集することができます。You can maintain sets of ODC files in central locations on the SharePoint farm, and you can edit Excel workbooks to use these files.

PerformancePoint ServicePerformancePoint Services

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。Not available to SharePoint Online customers. PerformancePoint Services を使用すると、SharePoint Server 2013 のお客様は、主要業績評価指標 (Kpi) を表示する対話型ダッシュボードを作成し、スコアカード、レポート、およびフィルターの形式でデータを仮想で検索できます。PerformancePoint Services lets SharePoint Server 2013 customers create interactive dashboards that display key performance indicators (KPIs) and data virtualizations in the form of scorecards, reports, and filters. PerformancePoint Servicesの詳細については、を参照してください。Learn more about PerformancePoint Services.

Power BI web パーツPower BI web part

Power BI は、クラウドベースのビジネス分析ツールのスイートであり、すべてのユーザーがデータに接続して、データをより速く、効率よく、そして理解できるようにします。Power BI is a cloud-based suite of business analytics tools that lets anyone connect to, visualize, and analyze data with greater speed, efficiency, and understanding. 使いやすいダッシュボードを使用してユーザーが広範囲のライブ データに接続し、対話式レポートを提供し、データを魅力的にビジュアル化して配信することで、データを有効に活用できるようになります。It connects users to a broad range of live data through easy-to-use dashboards, provides interactive reports, and delivers compelling visualizations that bring data to life. Power BI の詳細については、「Power BI サービスの概要」を参照してください。To learn more about Power BI, see Get started with Power BI service.

SharePoint の Power Pivot for ExcelPower Pivot for Excel in SharePoint

Power Pivot for Excel を使用すれば、強力なデータ分析を実行して、洗練されたデータ モデルを構築できます。With Power Pivot for Excel, you can perform powerful data analysis and create sophisticated data models. さまざまなソースの大量のデータを細分化し、迅速にデータを分析して見識を共有することもできます。You can also mash up large volumes of data from various sources, analyze data quickly, and share insights. SharePoint Online では、Excel を web に使用して、ブラウザーウィンドウでグラフ、表、ピボットグラフレポート、ピボットテーブルレポートを表示し、操作することができます。With SharePoint Online, you can use Excel for the web to view and interact with charts, tables, PivotChart reports and PivotTable reports in a browser window. Excel Web Access Web パーツを使用して、SharePoint サイト内で Excel コンテンツを表示することもできます。You can also use the Excel Web Access Web Part to display Excel content in a SharePoint Site. Power Pivot シートを SharePoint で表示するには、その前に Excel で作成しなければなりません。Power Pivot sheets must be created in Excel before being viewed in SharePoint. 詳細については、「Power Pivot In Excel」を参照してください。Learn more about using Power Pivot in Excel.

SharePoint の Power View for ExcelPower View for Excel in SharePoint

Power View for Excel を使用すれば、高度にインタラクティブな視覚エフェクト、アニメーション、スマート クエリを利用して、モデル化したデータを視覚化して操作できます。With Power View for Excel, you can visualize and interact with modeled data by using highly interactive visualizations, animations, and smart querying. SharePoint Online では、Excel を web に使用して、ブラウザーウィンドウに Power View シートを含むブックを表示して操作します。With SharePoint Online, you use Excel for the web to view and interact with workbooks that contain Power View sheets in a browser window. Excel Web Access Web パーツを使用して、SharePoint サイト内で Excel コンテンツを表示することもできます。You can also use the Excel Web Access Web Part to display Excel content in a SharePoint Site. Power View シートを SharePoint で表示するには、その前に Excel で作成しなければなりません。Power View sheets must be created in Excel before being viewed in SharePoint. 詳細については、「Excel での Power View の使用」を参照してください。Learn more about using Power View in Excel.

クイック調査Quick Explore

クイック調査を使用すると、組織はピボットグラフレポートまたはピボットテーブルレポートの値を選択し、その値に関する追加情報を確認できます。Quick Explore lets organizations select a value in a PivotChart report or a PivotTable report and see additional information about that value. たとえば売上報告書を表示していて合計売上金額を表す値を選択した場合は、クイック調査を使用して、さまざまな製品カテゴリや地理的な場所の売上金額などの詳細情報を表示できます。For example, if you are viewing a sales report and you select a value that represents total sales amounts, you can use Quick Explore to view additional information such as sales amounts across different product categories or geographical areas. 詳細については、「概要」を参照してください。Learn more about Quick Explore.

Excel ブックの対話的な更新Refresh Excel workbooks interactively

外部データソース (たとえば、MS SQL データベース) に接続されている web ブックの最新データを Excel で表示できます。Allows you to see up-to-date data in your Excel for the web workbooks that are connected to external data sources (for example, MS SQL databases). Excel で excel でブックを表示する前に、Excel で外部データソースにブックを接続する必要があることに注意してください。Note that you must connect your workbooks to external data sources in Excel before viewing them in Excel for the web.

SQL Server Reporting Services (SSRS) 統合モードSQL Server Reporting Services (SSRS) integrated mode

SQL Server 2012 Reporting Services を SharePoint と統合すると、SharePoint の強力なコラボレーション機能とドキュメントの一元的な管理機能を SQL Server 2012 Reporting Services コンテンツに使用できます。When SQL Server 2012 Reporting Services is integrated with SharePoint, you can use powerful SharePoint collaboration and centralized document management features for SQL Server 2012 Reporting Services content. レポートは、SharePoint ドキュメントライブラリに格納されます。これは、web ファイル用の Excel などの他のレポートと同じです。Reports are stored in SharePoint document libraries, alongside other reports such as Excel for the web files. SharePoint のアクセス許可を使用すると、Reporting Services コンテンツへのアクセスを制御でき、ユーザーは、レポート デザイナー、モデル デザイナー、レポート ビルダーをドキュメント ライブラリ内から起動できるようになります。SharePoint permissions can be used to control access to Reporting Services content, and people are able to start Report Designer, Model Designer, and Report Builder within a document library. 詳細については、「 Reporting Services レポートサーバーの概要」を参照してください。Learn more about Reporting Services report server.

SQL Server Reporting Services (SSRS) Web パーツSQL Server Reporting Services (SSRS) Web Part

SQL Server 2012 Reporting Services Web パーツを使用すると、ユーザーは既存の Reporting Services レポートを SharePoint サイト内の独自の Web パーツに表示できます。The SQL Server 2012 Reporting Services Web Part lets people display an existing Reporting Services report in its own web part in a SharePoint site. Reporting Services レポートにパラメーターが含まれている場合、ユーザーは web パーツの設定を使用して、そのレポートにフィルターを接続できます。If the Reporting Services report contains parameters, people can connect filters to that report using the web part settings. 詳細については、 「レポートビューアー Web パーツ」を参照してください。Learn more about Report Viewer Web Part.

タイムラインスライサーTimeline slicer

タイムラインのスライサーは、Excel を使用して作成したダッシュボードに追加できるコントロールです。A timeline slicer is a control that can be added to a dashboard created by using Excel. タイムラインコントロールを使用すると、ユーザーは特定の期間情報を表示できます。A timeline control lets people view information for a particular period of time. Excel Services のビジネスインテリジェンスの詳細について説明します。Learn more about Business Intelligence in Excel Services.

データ モデルを含む Excel ブックの使用と対話Use and interact with Excel workbooks containing data models

Excel ブックには、Power Pivot データ モデルが含まれていることがあります。このモデルにより、強力なデータ分析を実行する、さまざまなソースから大量のデータを組み合わせる、迅速にデータを分析する、洞察を共有するといったことができます。Excel Workbooks sometimes contain Power Pivot data models that allow you to perform powerful data analysis, mash up large volumes of data from various sources, analyze data quickly, and share insights.

ユーザー定義関数User-defined functions

ユーザー定義関数 (Udf) を使用すると、web ワークシートのセルに Excel の式を使用して、マネージコードで記述されたカスタム関数を呼び出すことができます。User-defined functions (UDFs) give you the ability to use formulas in Excel for the web worksheet cells to call custom functions written in managed code. Udf は、企業が web ワークシートに対してカスタムコードを開発して Excel にプラグインできるようにする高度なプログラミング機能です。UDFs are an advanced programmability feature that allows your enterprise to develop and plug custom code into Excel for the web worksheets. Udf を作成して、カスタムの数学関数を呼び出し、カスタムデータソースからワークシートにデータを取得し、web サービスを Udf から呼び出すことができます。You can create UDFs to call custom mathematical functions, get data from custom data sources into worksheets, and call web services from the UDFs.

Visio ServicesVisio Services

Visio Services は、ユーザーが Microsoft Visio 図面 (*.vsdx) と visio 2010 の web 図面 (*.vdw) ファイルを共有および表示できるようにするサービスアプリケーションです。Visio Services is a service application that lets users share and view Microsoft Visio Drawing (*.vsdx) and Visio 2010 web drawing (*.vdw) files. Visio Services は、SharePoint Online では使用できなくなりました。Visio Services is no longer available with SharePoint Online. Visio Services は、SharePoint Server 2010、SharePoint Server 2013、および SharePoint Server 2016 で引き続き使用できます。Visio Services will continue to be available in SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, and SharePoint Server 2016. Visio Servicesの詳細については、こちらを参照してください。Learn more about Visio Services.

機能の可用性Feature availability

Office 365 プラン、スタンドアロンのオプション、オンプレミスソリューション全体の機能の可用性を表示するには、「 SharePoint Online サービスの説明」を参照してください。To view feature availability across Office 365 plans, standalone options, and on-premises solutions, see SharePoint Online service description.