IT プロフェッショナルIT Professional

SharePoint Online は、組織がデジタル情報を格納、共有、および管理するのに役立つ web ベースのツールとテクノロジの集合です。SharePoint Online is a collection of web-based tools and technologies that help your organization store, share, and manage digital information. このホスト型サービスは Microsoft SharePoint Server 2013 上に構築されており、プロジェクトの作業、データとドキュメントの一元的な保存、および他のユーザーとの情報の共有を行うのに適しています。Built on Microsoft SharePoint Server 2013, this hosted service is ideal for working on projects, storing data and documents in a central location, and sharing information with others. 次の SharePoint 機能を使用すると、IT プロフェッショナルは組織の SharePoint 環境のセキュリティを確保し、管理することができます。The following SharePoint features support IT Professionals in securing and managing their organization's SharePoint environment.

Active Directory の同期Active Directory synchronization

企業のローカル Active Directory 環境に既存のユーザーが存在する場合、これらのユーザーをエンタープライズ ディレクトリ用に Office 365 と同期するためのツールがあります。同期後に、Office 365 ディレクトリから SharePoint Online ユーザー プロファイルが提供されます。「オンプレミス ID と Azure Active Directory の統合」の詳細情報を参照してください。If your company has existing users in a local Active Directory environment, there are tools for synchronizing those users to your Office 365 for enterprise directory. The Office 365 directory then feeds the SharePoint Online user profile. Learn more about Active Directory Synchronization.

Alternate Access Mapping (AAM)Alternate Access Mapping (AAM)

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。Not available to SharePoint Online customers. SharePoint Server 2013 のお客様は、代替アクセスマッピングを構成して、インターネットインフォメーションサービス (IIS) で受信した web 要求の URL がユーザーによって入力された URL とは異なる場合に、その要求をマップすることができます。SharePoint Server 2013 customers can configure alternate access mapping to map requests where the URL of a web request received by Internet Information Services (IIS) differs from the URL that was typed by a user.

マルウェア対策保護Anti-malware protection

ドキュメント ライブラリにアップロードされ、保存されたファイルのためのマルウェア対策保護を提供します。この保護は Microsoft マルウェア対策エンジンによって提供されており、Exchange にも統合されています。このマルウェア対策サービスは、すべての SharePoint Online のコンテンツ フロント エンド (CFES) 上で実行されます。SharePoint Online provides anti-malware protection for files uploaded and saved to document libraries. This protection is provided by the Microsoft anti-malware engine that is also integrated into Exchange. This anti-malware service runs on all SharePoint Online Content Front Ends (CFEs).

クレームベース認証のサポートClaims-based authentication support

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。SharePoint Server 2013 のカスタマーは、SharePoint Server 2013 のサーバー間認証およびアプリ認証をサポートしている Web アプリケーションに対してクレームベース認証を構成します。「SharePoint 2013 でクレーム ベースの Web アプリケーションを作成する」の詳細情報を参照してください。Not available to SharePoint Online customers. SharePoint Server 2013 customers configure claims-based authentication for web applications that support SharePoint Server 2013 server-to-server authentication and app authentication. Learn more about claims-based authentication.

データ損失防止Data loss prevention

データ損失防止 (DLP) は SharePoint Online に格納された機密データを識別します。機密データを識別することにより、組織へのリスクを軽減できます。電子情報開示センターを使用して、組織内の機密情報の種類を検索できます。機密性の高いコンテンツが検出されると、記載および格納され、電子情報開示センターで承認されているユーザーのみが使用できます。また、分類結果を簡単にエクスポートすることもできます。機密データの種類の詳細については、「Exchange での機密情報の種類の検索基準」を参照してください。「サイトに保存された機密データを確認するために SharePoint Online で DLP を使用する」方法の詳細を参照してください。Data loss prevention (DLP) identifies sensitive data stored in SharePoint Online. Identifying sensitive data can help you reduce risks to your organization. You can search for the sensitive information types in your organization using the eDiscovery Center. Sensitive content detections are noted, stored, and only available to approved users in the eDiscovery Center, and the classification results can be easily exported. To learn more about sensitive data types, see Sensitive information types inventory. Learn more about how to Use DLP in SharePoint Online to identify sensitive data stored on sites.

暗号化Encryption at rest

SharePoint Online 用の暗号化には 2 つのレベルがあります。 SharePoint Online の暗号化は、すべての顧客のドキュメント ライブラリ、ユーザーの OneDrive for Business のデータ、および Office 365 データ センター内に存在するサイトのデータに対して既定で BitLocker 暗号化を提供します。ファイルごとの暗号化の場合、SharePoint Online と OneDrive for Business に格納されている個々のファイルはすべて、独自の一意のキーを使用して暗号化されます。 SharePoint Online と OneDrive for Business では、送信中の暗号化を常に提供します。静止時の暗号化の詳細については、「Office 365 — セキュリティおよびコンプライアンスにおける最新のイノベーション」を参照してください。There are two levels of encryption at rest for SharePoint Online. SharePoint Online Encryption at rest will provide BitLocker encryption by default on all customer document libraries, users' OneDrive for Business data, and site data that reside in the Office 365 datacenters. Per-file encryption will encrypt every individual file stored in SharePoint Online and OneDrive for Business with its own unique key. SharePoint Online and OneDrive for Business always provide encryption in-transit. To learn more about Encryption at rest, see Innovations in security and compliance.

ホストヘッダーサイトコレクションHost header site collections

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。Not available to SharePoint Online customers. SharePoint Server 2013 サイト コレクションには、固有のホスト ヘッダーを設定できます。SharePoint Server 2013 site collections can have their own unique host header. ホスト名付きサイトコレクションを作成すると、組織は複数のサイトコレクションをバニティ Url でホストできるようになります。これにより、ユーザーにとって覚えやすくなります。Creating a host-named site collection lets an organization host multiple site collections with vanity URLs, which are easier for people to remember.

Mobile Device Management for Office 365Mobile Device Management for Office 365

Mobile Device Management (MDM) for Office 365 を使用して、デバイスのセキュリティ ポリシーやアクセス ルールを設定したり、紛失や盗難があったときにモバイル デバイスのデータをワイプしたりできます。MDM for Office 365 を使用すると、WindowsPhone、Android、iPhone、iPad など、多くの種類のモバイル デバイスを管理できます。組織内のユーザーによって使用されるモバイル デバイスを管理するには、各ユーザーが該当する Office 365 ライセンスを持っていることと、ユーザーのデバイスを MDM for Office 365 に登録することが必要です。You can use Mobile Device Management (MDM) for Office 365 to set device security policies and access rules, and to wipe mobile devices if they're lost or stolen. You can use MDM for Office 365 to manage many types of mobile devices, such as Windows Phone, Android, iPhone, and iPad. To manage mobile devices used by people in your organization, each person must have an applicable Office 365 license and their device must be enrolled in MDM for Office 365.

OAuthOAuth

OAuth は、アプリ id を作成および管理するためのインターネットプロトコルです。OAuth is an internet protocol for creating and managing app identity. OAuth を使用すると、アプリ id をユーザー id とは別に認識できます。OAuth allows for app identity to be recognized apart from user identity. このクロスプラットフォーム メカニズムでは、現在のユーザーが持つアクセス許可より多くのアクセス許可をアプリに付与できます。This cross-platform mechanism means apps can be granted more permissions than the current user has. SharePoint 2013 の認証の新機能」の詳細情報を参照してください。Learn more about server-to-server authentication.

パッチ管理Patch management

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。SharePoint Server 2013 の更新プログラムは、次の 2 段階フェーズのプロセスを使用してリリースされます。パッチおよびアップグレード。パッチ段階では、新しいバイナリ ファイルが全体管理サーバーにコピーされます。置き換える必要があるファイルを使用しているすべてのサービスは、一時的に停止されます。サーバーを再起動する必要がある場合もいくつかあります。Not available to SharePoint Online customers. SharePoint Server 2013 updates will be released by using a two-step phase process: patching and upgrading. During the patching steps, new binary files are copied to the Central Administration server. Any services that are using files that have to be replaced are temporarily stopped. There are some instances when a server must be restarted.

クォータ テンプレートQuota templates

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。クォータ テンプレートは、サイト コレクションに格納できるデータの最大量を指定する記憶域の制限値から構成されています。記憶域の制限に達すると、クォータ テンプレートは、サイト コレクション管理者に警告の電子メールをトリガーすることもできます。SharePoint Online 管理者と SharePoint Server 2013 ファーム管理者は、すべてのサイト コレクションに適用可能なクォータ テンプレートを作成できます。Not available to SharePoint Online customers. A quota template consists of storage limit values that specify the maximum amount of data that can be stored in a site collection. When the storage limit is reached, a quota template can also trigger an email alert to the site collection administrator. SharePoint Online administrators and SharePoint Server 2013 farm administrators can create a quota template that can be applied to any site collection.

読み取り専用データベースのサポートRead-only database support

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。Not available to SharePoint Online customers. SharePoint Server 2013 管理者は、コンテンツ データベースを読み取り専用に設定できます。SharePoint Server 2013 administrators can set content databases to be read-only.

Remote BLOB StorageRemote BLOB Storage

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。リモート BLOB ストレージ (RBS) は、Microsoft SQL Server 用のアドオン機能パックです。RBS は、バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) のストレージをデータベース サーバーからコモディティ ストレージ ソリューションに移動するように設計されています。Microsoft SharePoint Server 2013 のコンテンツ データベースが 4 GB 以上の場合、データ ストレージ ソリューションの一部として RBS を使用することを検討してください。Not available to SharePoint Online customers. Remote BLOB Storage (RBS) is an add-on feature pack for Microsoft SQL Server. RBS is designed to move the storage of binary large objects (BLOBs) from database servers to commodity storage solutions. If the content databases in Microsoft SharePoint Server 2013 are 4 gigabytes (GB) or larger, consider using RBS as part of your data storage solution.

要求管理Request management

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。SharePoint Server 2013 管理者は Request Manager を使用することによって、要求のルーティングと調整を行いパフォーマンスを向上させるルールを定義できます。Not available to SharePoint Online customers. SharePoint Server 2013 administrators can define rules, by using Request Manager, to do request routing and throttling to improve performance.

リソースの調整Resource throttling

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。Not available to SharePoint Online customers. リソース調整により、SharePoint Server 2013 管理者は、web アプリケーションのサーバーリソースおよび大規模なリストを監視および調整するためのオプションを使用できます。Resource throttling provides SharePoint Server 2013 administrators with options for monitoring and throttling server resources and large lists for web applications. リソースの調整では、CPU、メモリ、待機時間などのリソースを監視し、5 秒ごとにリソースを確認できます。Resource throttling can monitor such resources as CPU, memory, and Wait Time, checking resources every 5 seconds.

サービスアプリケーションプラットフォームService application platform

SharePoint サービスは、任意の web アプリケーションから個別に使用できます。SharePoint services can be individually consumed from any web application. このプラットフォームでは、アプリケーションのニーズに応じてサービスを柔軟に使用できます。This platform provides the flexibility needed to use services, depending on application needs. Web Analytics は、もはやサービス アプリケーションではありません。Web Analytics is no longer a service application. 分析とレポート作成プロセスは、Search service アプリケーションに組み込まれました。Analyses and reporting processes were incorporated into the Search service application. Web 用の Office はサービスアプリケーションではなくなりました。Office for the web is no longer a service application. Office Web Apps サーバーは別のサーバー製品になりました。Office Web Apps Server is now a separate server product. 組織が加入している Office 365 プランによっては、web 用の Office を SharePoint Online のお客様が利用できる場合があります。Depending on what Office 365 plan your organization subscribes to, Office for the web may be available to SharePoint Online customers. SharePoint サービス アプリケーション」の詳細情報を参照してください。Learn more about SharePoint service applications.

SharePoint Health AnalyzerSharePoint Health Analyzer

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。SharePoint Server 2013 の新機能であるサイト コレクションのアップグレード前正常性チェックは、サイト コレクションを調べ、潜在的なアップグレードの問題や問題の対処方法を記載したレポートを生成します。たとえば、ファイルがカスタマイズされている場合、そのフラグが付けられます。こうすることで、組織では、カスタム ファイルを特定し、必要に応じてサイト定義でデフォルトのテンプレートにリセットできます。Not available to SharePoint Online customers. New for SharePoint Server 2013, site collection pre-upgrade health check examines a site collection and then generates a report listing ay potential upgrade issues and how to address the issues. For example, if a file has been customized, it will be flagged, so your organization can identify the custom file and reset it to the default template if the site definition, if you want.

SharePoint 管理センター (Office 365)SharePoint admin center (Office 365)

SharePoint 管理センターは、特定の SharePoint Online のお客様のみが利用でき、管理者は次のような機能を管理できます。The SharePoint admin center, available to certain SharePoint Online customers only, lets administrators manage features such as the following:

  • サイト コレクションSite collections

  • InfoPath フォームInfoPath forms

  • ユーザー プロファイルUser profiles

  • Business Connectivity Services (BCS)Business Connectivity Services (BCS)

  • 管理されたメタデータおよび用語ストアManaged metadata and the Term Store

  • レコードの管理Records management

  • 検索Search

  • Secure StoreSecure Store

  • SharePoint 用アプリApps for SharePoint

  • 外部共有External sharing

  • Information Rights ManagementInformation Rights Management

  • セルフサービス サイト作成Self-service site creation

一般法人向け Office 365 の SharePoint サイト - 管理者向けヘルプ」の詳細情報を参照してください。Learn more about SharePoint admin center.

サイトコレクションのコンプライアンスポリシーSite collection compliance policies

サイト コレクション ポリシーは、サイト コレクションの最上位サイトのサイト コレクション ポリシー一覧で作成できます。A site collection policy can be created in the Site Collection Policies list for the top-level site in a site collection. サイト コレクション ポリシーを作成したら、他のサイト コレクションの管理者がサイト コレクション ポリシー一覧にインポートできるようにエクスポートできます。After a site collection policy is created, it can be exported so that site administrators of other site collections can import it into their Site Collection Policies list. エクスポート可能なサイトコレクションポリシーを作成すると、SharePoint 管理者は組織内のサイト全体で情報管理ポリシーを標準化できます。Creating an exportable site collection policy lets SharePoint administrators standardize the information management policies across the sites in an organization.

利用状況のレポートとログUsage reporting and logging

SharePoint Online のカスタマーは利用できません。SharePoint Server 2013 管理者は監査ログ レポートを使用して、サイト コレクションの監査ログのデータを表示できます。「監査ログ レポートを表示する」の詳細情報を参照してください。Not available to SharePoint Online customers. SharePoint Server 2013 administrators use audit log reports to view the data in the audit logs for a site collection. Learn more about Site Collection audit logs.

Windows PowerShell のサポートWindows PowerShell support

SharePoint Online 管理者は、SharePoint Online Windows PowerShell コマンドレットを使用して、次のようなスクリプトを作成して、サブスクリプション用の管理タスクを自動化することができます。SharePoint Online administrators can use SharePoint Online Windows PowerShell cmdlets to script and automate administrative tasks for their subscription, such as the following:

  • サイトの作成Site creation

  • サイトのアップグレードの評価Evaluation for site upgrade

  • サイトのアップグレードSite upgrade

  • SharePoint ユーザーおよびグループの追加と削除Adding and removing SharePoint users and groups

  • サイトの修復Site repair

  • ごみ箱の管理Recycle Bin management

SharePoint Online 管理シェルの概要」の使用方法を参照してください。Learn more about how to use SharePoint Online Management Shell.

機能の可用性Feature availability

Office 365 プラン、スタンドアロンのオプション、オンプレミスソリューション全体の機能の可用性を表示するには、「 SharePoint Online サービスの説明」を参照してください。To view feature availability across Office 365 plans, standalone options, and on-premises solutions, see SharePoint Online service description.