バックアップ、復元、および障害回復Backup, restore, and disaster recovery

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

データ保護計画の一環として、データの保護方法について理解し、どの方法が組織のニーズに最も適しているかを判断することが重要です。データ保護計画は、展開の計画段階で行う多くの決定に依存する複雑なプロセスです。As part of your data protection planning, it's important that you understand the ways in which data can be protected, and to determine which method best suits your organization's needs. Data protection planning is a complex process that relies on many decisions that you make during the planning phase of your deployment.

従来、次のシナリオにバックアップが使用されてきました。Traditionally, backups have been used for the following scenarios:

  • 障害復旧: ハードウェアまたはソフトウェア障害が発生した場合、DAG 内の複数のデータベースコピーによって、高速フェールオーバーによる高可用性とデータ損失のほとんど、またはまったくない状態が実現されます。Disaster recovery: In the event of a hardware or software failure, multiple database copies in a DAG enable high availability with fast failover and little or no data loss. これにより、ダウンタイムとそれに伴う生産性の低下 (すなわち従来の時刻を指定したディスクまたはテープへのバックアップからの回復にかかる大きなコスト) がなくなります。This eliminates downtime and the resulting lost productivity that's a significant cost of recovering from a past point-in-time backup to disk or tape. DAG を複数のサイトに拡張し、ディスクやサーバー、ネットワーク、データセンターの障害からの復元に利用することもできます。DAGs can be extended to multiple sites and can provide resilience against disk, server, network, and datacenter failures.

  • 誤って削除されたアイテムの回復: 従来から、ユーザーが後で回復する必要があるアイテムを削除した場合、復元する必要のあるデータが保存されたバックアップメディアを見つけた後、目的のアイテムをユーザーに提供します。Recovery of accidentally deleted items: Historically, in a situation where a user deleted items that later needed to be recovered, it involved finding the backup media on which the data that needed to be recovered was stored, and then somehow obtaining the desired items and providing them to the user. Exchange 2013 の新しい [回復可能なアイテム] フォルダーを使用し、フォルダーに保留ポリシーを適用すると、すべての削除済みデータと変更済みのデータを特定の期間、保持することができるため、アイテムをより簡単に回復できます。With the new Recoverable Items folder in Exchange 2013 and the Hold Policy that can be applied to it, it's possible to retain all deleted and modified data for a specified period of time, so recovery of these items is easier and faster. エンド ユーザーが誤って削除したアイテムを自分で回復できるようにすることで、1 つのアイテムの回復に関連する複雑さおよび管理コストが減少するため、Exchange 管理者や IT ヘルプ デスクの負担が軽減されます。This reduces the burden on Exchange administrators and the IT help desk by enabling end users to recover accidentally deleted items themselves, thereby reducing the complexity and administrative costs associated with single item recovery. 詳細については、「 メッセージングのポリシーと準拠」および「データ損失防止」を参照してください。For more information, see Messaging policy and compliance and Data loss prevention.

  • 長期データストレージ: バックアップはアーカイブとしても使用されますが、通常、コンプライアンス要件に従って長期間にわたってデータのポイントインタイムスナップショットを保持するためにテープを使用します。Long-term data storage: Backups have also been used as an archive, and typically tape is used to preserve point-in-time snapshots of data for extended periods of time as governed by compliance requirements. Exchange 2013 の新しいアーカイブ機能、複数のメールボックスの検索機能、およびメッセージ保持機能により、エンド ユーザーがアクセス可能な方法で長期間、データを効率的に保存する機構が得られます。The new archiving, multiple-mailbox search, and message retention features in Exchange 2013 provide a mechanism to efficiently preserve data in an end-user accessible manner for extended periods of time. これにより、高価なテープからの復元がなくなり、生産性が高まります。This eliminates expensive restores from tape, and increases productivity. 詳細については、「 Exchange 2013 のインプレース アーカイブ」、「インプレース電子情報開示 (eDiscovery)」、および「インプレース保持と訴訟ホールド」を参照してください。For more information, see In-Place Archiving in Exchange 2013, In-Place eDiscovery, and In-Place Hold and Litigation Hold.

  • ポイントインタイムデータベーススナップショット: メールボックスデータの過去のポイントインタイムコピーが組織の要件である場合、EXCHANGE は DAG 環境で時間差データベースコピーを作成することができます。Point-in-time database snapshot: If a past point-in-time copy of mailbox data is a requirement for your organization, Exchange provides the ability to create a lagged database copy in a DAG environment. これは、DAG でストアの論理的な破損が複数のデータベースのコピーにレプリケートし、過去の時点に戻る必要が生じるという稀な場合に役立ちます。This can be useful in the rare event that store logical corruption replicates to multiple database copies in the DAG, resulting in a need to return to a previous point in time. 管理者が誤ってメールボックスまたはユーザー データを削除した場合にも役立ちます。It may also be useful if an administrator accidentally deletes mailboxes or user data. 時間差コピーには、時間のかかるバックアップ サーバーから Exchange サーバーへのコピー処理が必要ないため、時間差コピーからの回復の方が、バックアップからの復元より速い可能性があります。Recovery from a lagged copy can be faster than restoring from a backup because lagged copies don't require a time-consuming copy process from the backup server to the Exchange server. ダウンタイムを短縮することで、総所有コストを大幅に削減できます。This can significantly lower total cost of ownership by reducing downtime.

これらの各シナリオに効率的で費用効果の高い形で適合するネイティブの Exchange 2013 機能があるため、ご使用の環境における従来型のバックアップの使用を減らすか、なくすことができる可能性があります。Because there are native Exchange 2013 features that meet each of these scenarios in an efficient and cost effective manner, you may be able to reduce or eliminate the use of traditional backups in your environment.

Exchange Native Data ProtectionExchange Native Data Protection

Supported Backup TechnologiesSupported Backup Technologies

Exchange 2013 VSS WriterExchange 2013 VSS Writer

Server RecoveryServer Recovery

Unified Contact Store RecoveryUnified Contact Store Recovery

Recovery DatabaseRecovery Database

Database PortabilityDatabase Portability

Dial Tone PortabilityDial Tone Portability

Exchange ネイティブ データ保護Exchange Native Data Protection

Microsoft の「優先するアーキテクチャ」 (Exchange Server 2013) では、Exchange ネイティブ データ保護という概念を活用しています。Exchangeネイティブ データ保護は、Exchange の組み込みの機能に依存して、バックアップを使わずにメールボックスのデータを保護します (これらの機能を使用してバックアップを作成することもできます)。Exchange 2013 には、いくつかの新機能と重要な変更があり、これらを正しく展開し、構成することで、従来のデータ バックアップを作成する必要がなくなるネイティブのデータ保護を行えます。Exchange 2013 に組み込まれている高可用性機能を使用して、障害の発生時にダウンタイムとデータ損失を最小限に抑えると、メッセージング システムの総保有コストも削減できます。これらの機能を法的情報保留などの他の組み込みの機能と組み合わせることにより、従来の時刻を指定したバックアップの使用を減らしたり、なくすことで、関連コストを抑制できます。Microsoft's preferred architecture for Exchange Server 2013 leverages a concept known as Exchange Native Data Protection. Exchange Native Data Protection relies on built-in Exchange features to protect your mailbox data, without the use of backups (although you can still use those features and make backups). Exchange 2013 includes several new features and core changes that, when deployed and configured correctly, can provide native data protection that eliminates the need to make traditional backups of your data. Using the high availability features built into Exchange 2013 to minimize downtime and data loss in the event of a disaster can also reduce the total cost of ownership of the messaging system. By combining these features with other built-in features, such as Legal Hold, you can reduce or eliminate your use of traditional point-in-time backups and reduce the associated costs.

Exchange 2013 によって従来の時刻を指定したバックアップから移行できるかどうかを判断すると共に、現在のバックアップ インフラストラクチャのコストを評価することをお勧めします。既存のバックアップ インフラストラクチャを使用して障害からの回復を試みる場合の、エンドユーザーのダウンタイムとデータ損失のコストを考慮してください。また、ハードウェア、インストール、ライセンスの各コスト、およびデータの回復とバックアップの維持に関連する管理コストも含めます。組織の要件によっては、少なくとも 3 つのメールボックス データベース コピーを使用する純粋な Exchange 2013 環境の総保有コストの方が、バックアップを使用する環境の総保有コストより少ない可能性があります。In addition to determining whether Exchange 2013 enables you to move away from traditional point-in-time backups, we recommend that you evaluate the cost of your current backup infrastructure. Consider the cost of end-user downtime and data loss when attempting to recover from a disaster using your existing backup infrastructure. Also, include hardware, installation, and license costs, as well as the management cost associated with recovering data and maintaining the backups. Depending on the requirements of your organization, it's quite likely that a pure Exchange 2013 environment with at least three mailbox database copies will provide lower total cost of ownership than one with backups.

Exchange 2013 に組み込まれた機能を従来のバックアップの置き換えとして使用するには、いくつかの問題を考慮する必要があります。組織に固有の考慮事項が存在する可能性もあります。以下は考慮すべき問題の一例です。There are several issues that you should consider before using the features built into Exchange 2013 as a replacement for traditional backups. There may also be considerations unique to your organization. Consider the following issues, and note that this isn't an exhaustive list:

  • 展開するデータベースのコピーの数を特定する必要があります。RAID (Redundant Array of Independent Disks) や従来の VSS ベース バックアップのような、従来の形式のデータベース保護をやめる前に、少なくとも 3 つのメールボックス データベースの (時間差なし) コピーを展開することを強くお勧めします。You should determine how many copies of the database need to be deployed. We strongly recommend deploying a minimum of three (non-lagged) copies of a mailbox database before eliminating traditional forms of protection for the database, such as Redundant Array of Independent Disks (RAID) or traditional VSS-based backups.

  • 目標復旧時間と目標復旧時点を明確に定義し、従来のバックアップの代わりに組み込みの機能を組み合せて使用して、これらの目標を達成できることを立証する必要があります。You should clearly define the recovery time objective and recovery point objective goals, and you should establish that using a combined set of built-in features in lieu of traditional backups to enable you to meet these goals.

  • システムで保護対策を講じた障害に対して、さまざまな障害シナリオをカバーするために各データベースのコピーがどれだけ必要かを決定する必要があります。You should determine how many copies of each database are needed to cover the various failure scenarios against which your system is designed to protect.

  • DAG またはその一部のメンバーの使用をとりやめることで、従来のバックアップ ソリューションをサポートするための十分なコストが得られるかどうかを判断する必要があります。その場合、そのソリューションにより、目標復旧時間または目標復旧時点のサービス レベル契約 (SLA) が向上するかどうかを判断する必要があります。You should determine whether eliminating the use of a DAG or some of its members captures sufficient costs to support a traditional backup solution. If so, you should determine whether that solution improves your recovery time objective or recovery point objective service level agreements (SLAs).

  • コピーをホストしている DAG メンバーで、コピーまたはコピーの整合性に影響する障害が発生した場合、特定時刻のコピーを失っても対処できるかどうかを判断する必要があります。You should determine whether you can afford to lose a point-in-time copy if the DAG member hosting the copy experiences a failure that affects the copy or the integrity of the copy.

  • Exchange 2013 では、推奨最大メールボックス データベース サイズ 2 テラバイト (複数の高可用性メールボックス データベース コピーの使用時) というはるかに大きなメールボックスを展開できます。ほとんどの組織がより大きなメールボックスを展開すると思われますが、データベース コピーまたは時間差データベース コピーをアクティブにするときに、大量のログ ファイルの再生を必要とする場合は、目標復旧時点を決定する必要があります。Exchange 2013 allows you to deploy much larger mailboxes, with a recommended maximum mailbox database size of 2 terabytes (when two or more highly available mailbox database copies are being used). Based on the larger mailboxes that most organizations are likely to deploy, you should determine your recovery point objective if you have to replay a large number of log files when activating a database copy or a lagged database copy.

  • データベースのパッシブ コピーへの複製においてアクティブ データベース コピーの論理的な破損の検出および防止方法を明確にする必要があります。これには、このような状況が発生した場合の回復計画や、過去にこのような状況が発生した頻度も含まれます。論理的破損が組織で頻繁に発生する場合、そのシナリオを設計に取り込むことをお勧めします。それには、1 つ以上の時間差コピーを十分な再生の時間差があるウィンドウで使用し、論理的破損が発生したときに、他のデータベース コピーに破損がレプリケートされる前に検出して対応できるようにします。You should determine how you'll detect and prevent logical corruption in an active database copy from replicating to the passive copies of the database. This includes determining the recovery plan for this situation and how frequently this scenario has occurred in the past. If logical corruption occurs frequently in your organization, we recommend that you factor that scenario into your design by using one or more lagged copies, with a sufficient replay lag window to allow you to detect and act on logical corruption when it occurs, but before that corruption is replicated to other database copies.

正常に実行された完全または増分バックアップの最後に実行される機能の 1 つが、データベース回復で不要になったトランザクション ログ ファイルの切り詰めです。バックアップが実行されていない場合は、ログの切り詰めは発生しません。ログ ファイルの作成を防ぐには、レプリケーション データベースの循環ログを有効にします。循環ログと連続レプリケーションを組み合わせると、Extensible Storage Engine (ESE) 循環ログとは異なる、連続レプリケーション循環ログ (CRCL) と呼ばれる新しい種類の循環ログが得られます。ESE 循環ログが Microsoft Exchange Information Store サービスによって実行および管理されるのに対して、CRCL は Microsoft Exchange Replication サービスによって実行および管理されます。ESE 循環ログを有効にすると、追加のログ ファイルが生成されることはなく、必要に応じて現在のログ ファイルが上書きされます。ただし、連続レプリケーション環境では、ログの配布や再生用にログ ファイルが必要です。その結果、CRCL を有効にすると、現在のログ ファイルは上書きされず、ログの配布や再生処理用に閉じられたログ ファイルが生成されます。One of the functions performed at the end of a successful full or incremental backup is the truncation of transaction log files that are no longer needed for database recovery. If backups aren't being taken, log truncation won't occur. To prevent a buildup of log files, you enable circular logging for your replicated databases. When you combine circular logging with continuous replication, you have a new type of circular logging called continuous replication circular logging (CRCL), which is different from Extensible Storage Engine (ESE) circular logging. Whereas ESE circular logging is performed and managed by the Microsoft Exchange Information Store service, CRCL is performed and managed by the Microsoft Exchange Replication service. When enabled, ESE circular logging doesn't generate additional log files and instead overwrites the current log file when needed. However, in a continuous replication environment, log files are needed for log shipping and replay. As a result, when you enable CRCL, the current log file isn't overwritten and closed log files are generated for the log shipping and replay process.

具体的には、Microsoft Exchange Replication サービスではログの連続性を維持するように CRCL が管理されるため、レプリケーションに必要なログが削除されることはありません。Microsoft Exchange Replication サービスと Microsoft Exchange Information Store サービスは、どのログ ファイルを削除できるかに関してリモート プロシージャ コール (RPC) を使用して通信します。Specifically, the Microsoft Exchange Replication service manages CRCL so that log continuity is maintained and logs aren't deleted if they're still needed for replication. The Microsoft Exchange Replication service and the Microsoft Exchange Information Store service communicate by using remote procedure calls (RPCs) regarding which log files can be deleted.

高可用性 (時間差なし) メールボックス データベース コピーで切り詰めが発生する場合は、以下を満たしている必要があります。For truncation to occur on highly available (non-lagged) mailbox database copies, the following must be true:

  • ログ ファイルがバックアップされている、または CRCL が有効になっている。The log file has been backed up, or CRCL is enabled.

  • ログ ファイルがチェックポイント未満である。The log file is below the checkpoint.

  • データベースの他の時間差なしコピーが削除に同意する。The other non-lagged copies of the database agree with deletion.

  • ログ ファイルがデータベースのすべての時間差コピーによって検査されている。The log file has been inspected by all lagged copies of the database.

時間差データベース コピーで切り詰めが発生する場合は、以下を満たしている必要があります。For truncation to occur on lagged database copies, the following must be true:

  • ログ ファイルがチェックポイント未満である。The log file is below the checkpoint.

  • ログ ファイルが ReplayLagTime + TruncationLagTime より古い。The log file is older than ReplayLagTime + TruncationLagTime.

  • ログ ファイルがデータベースのアクティブ コピーで削除されている。The log file is deleted on the active copy of the database.

サポートされているバックアップ テクノロジSupported Backup Technologies

Exchange 2013 は、Exchange 対応の VSS ベースのバックアップのみをサポートしています。Exchange 2013 には、Windows Server のバックアップ用プラグインがあります。このプラグインでは、Exchange データの VSS ベースのバックアップを作成し、復元できます。Exchange 2013 をバックアップおよび復元するには、Windows Server バックアップ (VSS プラグイン付き)、Microsoft System Center 2012 - Data Protection Manager、サード パーティの Exchange 対応 VSS ベース アプリケーションなど、Exchange 2013 用の VSS ライターをサポートする、Exchange 対応アプリケーションを使用する必要があります。Exchange 2013 supports only Exchange-aware, VSS-based backups. Exchange 2013 includes a plug-in for Windows Server Backup that enables you to make and restore VSS-based backups of Exchange data. To back up and restore Exchange 2013, you must use an Exchange-aware application that supports the VSS writer for Exchange 2013, such as Windows Server Backup (with the VSS plug-in), Microsoft System Center 2012 - Data Protection Manager, or a third-party Exchange-aware VSS-based application.

Windows Server バックアップを使用して Exchange データをバックアップおよび復元する詳細な手順については、「Windows Server バックアップを使用した Exchange データのバックアップと復元」を参照してください。For detailed steps about how to back up and restore Exchange data using Windows Server Backup, see Using Windows Server Backup to back up and restore Exchange data.

Exchange 2013 VSS ライターExchange 2013 VSS Writer

Exchange 2013 では、Exchange 2010 と Exchange 2007 で使用していた VSS ライター アーキテクチャを大幅に変更しました。これらの Exchange の以前のバージョンには、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービス (store.exe) と Microsoft Exchange Replication サービス (msexchangerepl.exe) に 1 つずつ、2 つの VSS ライターが組み込まれていました。Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスにあった VSS ライター機能は、Exchange では Microsoft Exchange Replication サービスに移動しました。新しいライター Microsoft Exchange Writer は、今では Exchange 対応の VSS ベースのアプリケーションが使用して、アクティブ データベース コピーやパッシブ データベース コピーのバックアップを作成し、バックアップしたデータベース コピーを復元します。新しいライターは Microsoft Exchange Replication サービスで実行しますが、このライターを通知するためには Microsoft Exchange Information Store サービスが実行されている必要があります。そのため、Exchange データベースのバックアップの作成や復元には両方のサービスが必要です。Exchange 2013 introduces a significant change from the VSS writer architecture used in Exchange 2010 and Exchange 2007. These earlier versions of Exchange included two VSS writers: one inside the Microsoft Exchange Information Store service (store.exe) and one inside the Microsoft Exchange Replication service (msexchangerepl.exe). In Exchange, the VSS writer functionality previously found in the Microsoft Exchange Information Store service has been moved to the Microsoft Exchange Replication service. The new writer, which is named Microsoft Exchange Writer, is now used by Exchange-aware VSS-based applications to back up active and passive database copies, and to restore backed up database copies. Although the new writer runs in the Microsoft Exchange Replication service, it requires the Microsoft Exchange Information Store service to be running for the writer to be advertised. As a result, both services are required to back up or restore Exchange databases.

Exchange Server の回復Exchange Server Recovery

メールボックス サーバーとクライアント アクセス サーバーの構成設定はそのほとんどが Active Directory に保存されます。Almost all of the configuration settings for Mailbox and Client Access servers are stored in Active Directory. 以前のバージョンの Exchange と同様、Exchange 2013 には失われたサーバーを復元するための Setup パラメーターがあります。As with previous versions of Exchange, Exchange 2013 includes a Setup parameter for recovering lost servers. このパラメーター /m: 回復サーバーは、Active Directory に格納されている設定および構成情報を使用して、失われたサーバーを再構築および再作成するために使用されます。This parameter, /m:RecoverServer, is used to rebuild and re-create a lost server by using the settings and configuration information stored in Active Directory. ただし、ローカルの web.config およびその他の構成ファイルなど、復元されていない複数の設定があることをご承知おきください。However, be aware that there are several settings which are not restored, such as changes to local web.config and other configuration files. さらに、カスタムのレジストリ エントリは復元されません。In addition, custom registry entries are not restored. 信頼性の高い変更管理プロセスを使用してこれらの変更を追跡し、作成し直すことをお勧めします。We recommend that you use a reliable change management process to track and recreate these changes.

失われた Exchange 2013 サーバーのサーバー回復を実行する詳細な手順については、「Exchange Server を回復する」を参照してください。データベース可用性グループ (DAG) に属している失われたサーバーを回復する詳細な手順については、「データベース可用性グループのメンバー サーバーを回復させる」を参照してください。For detailed steps about how to perform a server recovery of a lost Exchange 2013 server, see Recover an Exchange Server. For detailed steps about how to recover a lost server that's a member of a database availability group (DAG), see Recover a database availability group member server.

統一された連絡先ストアの回復Unified Contact Store Recovery

Exchange 2013 環境で Microsoft Lync Server 2013 を使用すると、ユーザーの Lync 連絡先情報はユーザーのメールボックスの特別な連絡先フォルダーに保存されます。このフォルダーを、統合連絡先ストア (UCS) と呼びます。UCS 移行メールボックスを復元すると、ターゲット ユーザーのインスタント メッセージング連絡先一覧に影響が出る場合があります。たとえば、前回のバックアップ後にユーザーが移行した場合、そのメールボックスを復元するとそのユーザーの連絡先一覧はすべて失われます。それほど重大なケースではなくても、前回のバックアップ後に行われた連絡先一覧の変更は失われます。このようなデータ損失をできるだけ防ぐため、メールボックスを復元する前に、インスタント メッセージング サーバーにユーザーのデータを戻しておいてください。When Microsoft Lync Server 2013 is used in an Exchange 2013 environment, the user's Lync contact information is stored in a special contact folder in the user's mailbox. This is referred to as the unified contact store (UCS). If you restore a UCS-migrated mailbox, the instant messaging contact list for the target user may be affected. If the user was migrated after the last backup, restoring the mailbox will result in a complete loss of the user's contact list. In less severe cases, modifications to the contact list made by the user since the last backup will be lost. To mitigate this potential data loss, ensure the user is migrated back to the instant messaging server prior to restoring the mailbox.

回復用データベースRecovery Database

回復用データベースは特別な種類のメールボックス データベースで、回復操作の一部として、復元されたメールボックス データベースをマウントし、復元されたデータベースからデータを抽出できます。New-MailboxRestoreRequest コマンドレットを使用すると、回復用データベースからデータを抽出できます。抽出後、データをフォルダーにエクスポートしたり、既存のメールボックスに結合したりできます。回復用データベースを使用すると、現在のデータへのユーザー アクセスを妨げずに、データベースのバックアップやコピーからデータを回復できます。A recovery database is a special kind of mailbox database that allows you to mount a restored mailbox database and extract data from the restored database as part of a recovery operation. You can use the New-MailboxRestoreRequest cmdlet to extract data from a recovery database. After extraction, the data can be exported to a folder or merged into an existing mailbox. Recovery databases enable you to recover data from a backup or copy of a database without disturbing user access to current data.

Exchange の以前のバージョンのメールボックス データベースに回復用データベースを使用することはできません。また、データの結合と抽出に使用されるターゲット メールボックスは、回復用データベースにマウントされたデータベースと同じ Active Directory フォレスト内に存在する必要があります。Using a recovery database for a Mailbox database from any previous version of Exchange isn't supported. In addition, the target mailbox used for data merges and extraction must be in the same Active Directory forest as the database mounted in the recovery database.

詳細については、「回復用データベース」を参照してください。回復用データベースを作成する方法の詳細については、「回復用データベースを作成する」を参照してください。回復用データベースを使用する方法の詳細については、「回復用データベースを使用してデータを復元する」を参照してください。For more information, see Recovery databases. For detailed steps about how to create a recovery database, see Create a recovery database. For detailed steps about how to use a recovery database, see Restore data using a recovery database.

データベースの移植性Database Portability

データベースの移植性は、Exchange 2013 メールボックス データベースを同じ組織の他の Exchange 2013 メールボックス サーバーに移動またはマウントできるようにする機能です。データベースの移植性を使用すると、回復プロセスでのいくつかのエラーの発生しやすい手動による手順をなくすことで、信頼性が強化されます。また、さまざまな障害のシナリオで、データベースの移植性によって回復時間全体が短縮されます。Database portability is a feature that enables an Exchange 2013 mailbox database to be moved to and mounted on any other Exchange 2013 Mailbox server in the same organization. By using database portability, reliability is improved by removing several error-prone, manual steps from the recovery processes. In addition, database portability reduces the overall recovery times for various failure scenarios.

詳細については、「データベースの移植性」を参照してください。データベースの移植性を使用する詳細な手順については、「データベースの移植性を使用して、メールボックス データベースを移動する」を参照してください。For more information, see Database portability. For detailed steps to use database portability, see Move a mailbox database using database portability.

ダイヤル トーンの移植性Dial Tone Portability

ダイヤル トーンの移植性は、メールボックス データベース、サーバー、またはサイト全体に影響を与える障害に対し、制限付きのビジネス継続性ソリューションを提供する機能です。ダイヤル トーンの移植性によって、ユーザーは、自分のメールボックスが復元中または修復中の場合に、電子メールの送受信用に一時メールボックスを持つことができます。一時メールボックスは、同じ Exchange 2013 メールボックス サーバー上、または組織内の他のExchange 2013 メールボックス サーバー上に持つことができます。これにより、使用できなくなったサーバー上に存在していたユーザーのメールボックスを、代替サーバーでホストできるようになります。Microsoft Outlook などの自動検出をサポートしているクライアントは、ユーザーのデスクトップ プロファイルを手動で更新する必要なしに、新しいサーバーに自動的にリダイレクトされます。ユーザーの元のメールボックス データが復元された後、管理者は、そのユーザーの復元されたメールボックスとダイヤル トーン メールボックスを 1 つの最新のメールボックスに結合できます。Dial tone portability is a feature that provides a limited business continuity solution for failures that affect a mailbox database, a server, or an entire site. Dial tone portability enables a user to have a temporary mailbox for sending and receiving e-mail while the original mailbox is being restored or repaired. The temporary mailbox can be on the same Exchange 2013 Mailbox server or on any other Exchange 2013 Mailbox server in your organization. This allows an alternative server to host the mailboxes of users who were previously on a server that's no longer available. Clients that support Autodiscover, such as Microsoft Outlook, are automatically redirected to the new server without having to manually update the user's desktop profile. After the user's original mailbox data has been restored, an administrator can merge a user's recovered mailbox and the user's dial tone mailbox into a single, up-to-date mailbox.

ダイヤル トーンの移植性のプロセスは、ダイヤル トーン回復と呼ばれます。ダイヤル トーン回復を行うには、メールボックス サーバーに空のデータベースを作成し、エラーが発生したデータベースと置き換えます。ダイヤル トーン データベースと呼ばれるこの空のデータベースによって、エラーが発生したデータベースの回復中でもユーザーは電子メールの送受信が可能となります。エラーが発生したデータベースの回復後、ダイヤル トーン データベースと回復されたデータベースが交換され、ダイヤル トーン データベースのデータが回復されたデータベースに結合されます。The process for using dial tone portability is called a dial tone recovery. A dial tone recovery involves creating an empty database on a Mailbox server to replace a failed database. This empty database, referred to as a dial tone database, allows users to send and receive e-mail while the failed database is recovered. After the failed database is recovered, the dial done database and the recovered database are swapped, and then the data from the dial tone database is merged into the recovered database.

詳細については、「ダイヤル トーンの移植性」を参照してください。For more information, see Dial tone portability. ダイヤル トーン回復を実行する詳細な手順については、「ダイヤル トーン回復を実行する」を参照してください。For detailed steps to perform a dial tone recovery, see Perform a dial tone recovery.